おしゃれでおすすめのラブソファ人気ランキング!【一人暮らしにも】

ソファはインテリアの主役として活躍し、ゆったりとした座り心地やラグジュアリーな雰囲気から、自宅に採用したい家具の一つです。一方で、そういう家具だからこそ、圧迫感がある荘厳なフォルムをイメージしてしまいます。部屋のスペースや製品の大きさを心配して、導入の機会を延ばしたり、諦めたりしたことはありませんか。そういう場合におすすめなのがラブソファです。ラブソファはコンパクトなサイズで、必要ならパートナーや家族との2人掛けにも対応できます。また、適切なセレクトを心掛ければ、コンパクトでもソファの良さや雰囲気は失いません。今回はラブソファについて深く掘り下げて解説しますので、選び方の参考にして下さい。




ラブソファとは?

1.5から2人用を想定したややコンパクトなソファ

ラブソファは座面幅がコンパクトなソファです。一般的に2人から2.5人掛けの座面はスタンダードで130㎝程度、コンパクトで110㎝程度です。一方でラブソファは1.5人から2人掛けを想定しており、座面幅が100㎝を切る製品も選べます。個々により全体幅は様々ですが、座面幅がコンパクトなら全体幅もコンパクトになるのが通常です。そのため、個人専用の幅に余裕があるソファとしても活躍できます。

ラブソファの特徴

二人掛けソファの中でも、より近い距離感で座ることができる

ラブソファの魅力は、その名の通りパートナーや大切な家族と、親密な距離で座れるところにあります。今日、スキンシップを苦手とするタイプの男女は少なくありません。しかし、相手に幸福感を与え、より良い関係を築くための大切な手段でもあります。自然とスキンシップが取れるラブソファをリラックスできる空間に配置するのは、自身や家族にとっても非常にメリットが大きいのです。

狭いスペースでも設置を検討できるのが魅力

ラブソファは日本の住環境に合わせ、ややコンパクトな1.5人から2人掛けサイズに設定されているのが特徴です。そのため、ワンルームなど狭いスペースに合わせ、幅を選べるメリットを持ちます。そして、コンパクトながらソファとしての外見や機能は失っていません。それどころか、サイズを逆手に取ったデザインや機能性は秀逸と言えます。座り心地や使い勝手も、大型のソファに後れを取ることはありません。

ラブソファの種類

ロータイプ(脚が短く床との距離が近い)

ロータイプの特徴は座面と床の距離が短いことです。3種類に分かれており、短い脚のタイプと元から脚が無いタイプの2種。加えて取り外し式の足を持つタイプがあります。取り外し式の脚を使用した場合、スタンダードな座面高のラブソファとして2WAYでの活用が可能です。

ロータイプは座面が低いため、脚を伸ばして座ることもできます。また、座面が低いので目線が広くなり、視界にも空間が生まるのです。ソファ特有の圧迫感が少なくなり、座った場合も座らない場合も部屋が狭苦しくなりません。こたつとも相性が良く、リラックスできる家具として優秀な効果を発揮します。また、乳幼児の体型にも優しく、落下した場合のダメージも少なくて済むでしょう。少し広めのスペースがある場合や子育て中の家庭には、非常におすすめできるタイプのラブソファなのです。

ハイバックタイプ(背もたれが高くリラックスした体勢が取れる)

ラブソファの座面はコンパクトで、当然ながら個人専用での使用も想定されます。そのケースにおいて、リラックスできる場になるか否かは重要です。設置の成否を左右する、分岐点になることも少なくありません。その点において、ハイバックタイプの特徴は大きなポイントでしょう。背もたれが高く頭から太ももまで預けることを許し、ロータイプであれば足を投げ出すことも可能です。また、オットマン(脚置き)などを併用できれれば、全身をカバーすることもできます。癒しを求めるなら、おすすめできるラブソファのタイプです。

デメリットとして主に挙げられるのは、部屋に圧迫感を与える高さや重厚感でしょう。そのケースで入手を尻込みする場合は、2つのポイントを重視して選ぶと対策になります。1つ目は色で、壁紙や家具に近い色、または白系を中心に選ぶのがおすすめです。2つ目はロータイプを選ぶのが有効になります。両者とも圧迫感を軽減する効果に期待が持てるので、セレクトする際には注視するといいでしょう。

ラブソファの選び方

環境に適したサイズを選ぶ

1人暮しや狭いスペースに使用するなら1.5人掛けを

好みの問題や家族構成、想定している使用人数に座面は左右されます。また、1人での使用を前提にすれば、2人掛けサイズの幅が必要ない場合もあるでしょう。1.5人掛けが選べるラブソファは、特に全体幅のコンパクトさに優れています。狭いスペースへの設置や個人専用を想定するなら、非常におすすめできるサイズなのです。それでも広い座面が欲しいときは、ひじ掛けが無い製品を選ぶといいでしょう。座面幅がひじ掛け分だけ広くなっています。

パートナーや子供がいるなら2人から2.5人掛けを

パートナーや子供との使用を想定する場合、体型が普通なら座面が90㎝程度から110㎝程度が、ラブソファのコンパクトなサイズになります。今後の子育てや、使用人数またはサイズにゆとりを求める場合、座面幅が110㎝以上の2人から2.5人掛けを選ぶといいでしょう。2.5人掛けなら、子供が小さな間は親子で座ることも可能です。スキンシップの面でもメリットが大きいので、家族構成に添ってサイズを選ぶのが良法になります。

座面や肘掛け部分にもこだわって選ぶ

フレームやアームが腰掛けた体勢に合わせて曲線を描いていると座りやすい

座り心地を決定する大きな要素に、フレームやアームの曲線が挙げられます。シートバッグやアームが体勢に添ってフィットしていれば、心地いい感覚を得ることができるのです。座り心地を心配する場合、リクライニング機能があるラブソファを選ぶといいでしょう。中材やフレームの材質は製品によって違い、リラックスできる姿勢は十人十色です。背もたれやひじ掛けの角度を調整できれば、理想的な曲線を作れます。ひじ掛けが倒せる場合はソファベッドとしても活用可能です。さらなる癒しにも繋がるでしょう。

コンパクト設計だからこそお互いの座り心地が良いものを

コンパクトな設計だからこそ、均一な座り心地は重要になります。ラブソファは互いが座って得られるメリットも多く、それを崩してしまっては意味がありません。注視するポイントは衝撃吸収の中材です。主に3種類で、ウェービングテープにS字バネ、コイルスプリングがあります。均一な座り心地求める場合は、コイルスプリングとS字バネがおすすめです。コイルスプリングは全体的に均一な座り心地。親密な座り方を目指すなら、中央ほど心地いいS字バネが良いでしょう。また、硬めの感触が好みならコイルスプリング、ソフトで爽やかな心地ならS字バネと分けられます。正し、耐久力はバネを使っている点で、コイルスプリングに一日の長があります。

お部屋に合わせて色を選ぶ

圧迫感を無くしたいなら壁紙に近い色を

部屋の面積で最も広い部分を占める色は、ベースカラーと呼ばれます。狭いスペースの場合は、壁紙の色に当たることが少なくありません。ラブソファが求められる部屋の条件とも言えます。圧迫感を軽減するおすすめの色は、壁紙に近しい色と言えるでしょう。中でもロータイプなら、最も圧迫感を軽減できる製品ということになります。奥行を短くする方法もありますが、無理なく寝ころべるサイズは確保するのが理想です。

調和を考えるならアソートカラーに合わせた色を

ベースカラーの次に面積を占めるのは家具類です。それらの色はアソートカラーと言い、色を外すとアクセントになってしまう場合も考えられます。すでに設置してある家具との調和性を考えるなら、アソートカラーに近しい色の製品を選ぶといいでしょう。部屋の雰囲気を崩したくない場合、おすすめできる選び方です。

ラブソファのおすすめブランド・メーカー

Armonia(アルモニア)

モダンなデザインと高級素材が特徴

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

アルモニアの特徴はモダンなデザインです。職人の手作業と高級素材も加わり、フォルムと座り心地でユーザーを満足させる、極上品質のソファが揃っています。特におすすめなのが北欧デザイナーズで、魅力的で独特なフォルムと座り心地を体感できるでしょう。

LOWYA(ロウヤ)

住宅事情に合わせ小ぶりなサイズを扱う

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

ロウヤはシンプルでスタイリッシュなデザインが魅力と言えます。そして、豊富にラインナップされた家具も非常に魅力的です。ソファも例に漏れず、ラブソファも様々な角度からセレクトできます。国内の住環境に合わせた製品も多く、小ぶりなサイズを選ぶことも可能なメーカーです。

モダンデコ

1人から2人で丁度良く使えるソファが揃う

モダンデコはデザイナーズコレクションに長けたメーカーです。ラグジュアリーで重厚感があるデザインは魅力的で、ラブソファの価格帯にも夢が詰まっています。デザイン性と快適性に優れた製品を独自のコストカットで提供している点は、選ぶ側に優しいと言えるでしょう。

IKEA(イケア)

国内の住環境に配慮したソファは魅力的

美しいデザインと使用感が受け入れられ、すでに国内で成功したと言ってもいいメーカーです。デザインは日本の住宅事情に合わせ、進化洗練されています。ラブソファも例に漏れず、コンパクトなサイズ感と機能性は流石の一言です。北欧のメーカーらしく、インテリアとの調和性が高いラブソファを選べます。

おすすめ&人気のラブソファランキング

一人暮らし用でおすすめのラブソファ

アルモニア-ラブソファ (159,990円)

見た目のインパクトとメッセージ性に特化している

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

名は体を表すと言いますが、一目でラブソファと解るメッセージ性の強いデザインが特徴です。アルモニアの良さが出た斬新で大胆なフォルムは、インパクトが強くインスタ映えは必至でしょう。ハート形の外見や座面の作りから見ても親密な座り方を想定しており、スキンシップを取るにはピッタリの製品です。

ラブソファとしては大型に当たるサイズで、横幅が160㎝で奥行が95㎝、高さは120㎝になります。見た目のインパクトや大きさから、部屋の雰囲気を容易に変える製品です。模様替えの一環でスペースを確保し、レイアウトのバランスを見ながら導入するのが良策です。部屋にアクセントと癒し、スキンシップの場を同時にもたらす、一石三鳥のラブソファになるでしょう。

ロウヤ-MOSA (17,990円)

余裕のあるワンルームに最適なサイズでベッドにもなる

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

バックシートは14段階、ひじ掛けが6段階で可動する、角度調整が自由自在のラブソファです。座面は109㎝あり、二人でもゆったり座れる魅力を持ちます。また、ひじ掛けを倒せば全長162㎝のソファベッドとして活躍できるので、常時の寝床としても期待できるでしょう。ひじ掛けを上げた本体幅は141.5㎝です。スタンダードなサイズで、奥行が81.5㎝あります。そのうち30㎝は転倒防止用のセーフティーボードになっており、壁際につけてもバックシートの角度にゆとりが出る仕組みです。

中材はウレタンチップとピュアウレタン、シリコンフィルの三層構造が採用されています。また、S字バネが採用されており、人肌のような心地いい弾力を味わえるラブソファです。サイズに加えてデザインがスタンダードで、張地とカラーを8タイプから選べます。協調性に長けた性質を持ち、部屋の雰囲気や家具に馴染む製品です。今のスタイルを維持したい場合には、おすすめできるラブソファになります。

モダンデコ-FACILO (12,990円)

オーソドックスなデザインでバランスが優れている

シンプルイズベスト。この言葉はFACILOにピッタリと言えるでしょう。個性的なフォルムのラブソファが多い中で、これぞソファのスタンダードという姿をしています。カラーバランスも非常に優秀で、6色のベースカラーとアソートカラーにまとまっています。素材面もスタンダードであり、木製フレームにシートはウレタンフォームです。また、S字バネとウェービングテープの併用を採用しており、総合力に優れる近代的な製品と言えるでしょう。

ここまで来ると平凡な既製品に思えますが、サイズは1人暮らし用として絶妙です。全体幅は116㎝で奥行が61㎝、高さは68.5㎝で小型になります。狭いスペースや個人専用ソファとしては、相当におすすめです。さらに協調性が高い白系のベージュも、カラーバリエーションから選べます。部屋の雰囲気や圧迫感を気にせず導入できる色とサイズ、デザインの三拍子が揃った、非常に魅力的なラブソファです。

アットホームインテリア-デニムソファ (22,800円)

デニムだがユニセックスで女性にもおすすめ

今日はSNSを通じて、部屋のコーディネートや家具について検索することも多いです。デニムソファの人気は高まっており、目する機会も少なくありません。西洋海岸風やアメリカンスタイルを目指すなら、非常におすすめできるラブソファと言えるでしょう。

サイズは全体幅115㎝で奥行が73㎝、高さは72㎝あります。1.5人掛けのラブソファとしては、やや大きめで余裕があるタイプです。デニムと言えばボーイッシュになりがちですが、デザインはユニセックスになるよう工夫されています。そのため、男性のみならず女性にも使って頂きたい逸品です。敷居は低くなっているので、デニムソファに興味があるならチャレンジをおすすめします。

クオリアル-カウチソファー1.5人掛け (21,384円)

狭い部屋に安心なサイズでフォルムにも抜かりがない

姫系寄りにも感じますが、極端にブリブリしていないデザインは高ポイントでしょう。大人の女性でも違和感なく使えます。それでいてピアノを連想させるフォルムは、姫系特有の愛らしさを失っていません。部屋のアクセントとしても使い勝手がよく、女子力アップにはおすすめのラブソファと言えるでしょう。

サイズと機能、色にも魅力があり、全体幅111㎝で奥行が63㎝、高さは79㎝と小ぶりです。また、座面幅が96㎝なので、パートナーとも親密に座ることができます。脚は取り外しが可能になっており、ロータイプとしても活躍可能です。色はアクセントに使えるピンクと、圧迫感が少ないアイボリーから選べます。狭いスペースでも容易に導入できる、非常に優れた気品あるラブソファなのです。

ハートマークショップ-ファブリックソファ (18,600円)

104㎝の全体幅と正統派の北欧風デザインが魅力

北欧のソファと言えば、重厚感がある豪華で幅広の高級品を連想します。しかし、探せばコンパクトで設置感が抜群のラブソファを、見つけられるかもしれません。このファブリックソファは、その典型とも言える製品です。シンプルで木や色の温かみがあるデザインはアルカイックで、和風の部屋に設置しても雰囲気を保てるでしょう。

サイズも男女ともに使いやすい小型で、全体幅は104㎝、奥行きが73㎝、高さは39㎝に納まっています。1人なら優雅に、2人なら適度に座れる座面は魅力的です。部屋のスタイルに関わらず導入できますが、木製の家具とは相性が抜群です。また、フローリングとのマッチが容易なので、木の温かみを基調とする部屋には非常におすすめできます。

ロータイプでおすすめのラブソファ

ロウヤ-リクライニングソファー (9,990円)

座椅子とベッドの機能を持ち3WAYの活躍ができる

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

便利な3WAYを採用しており、ラブソファと長座椅子、ソファベッドとして活躍する製品です。折り畳み式のロータイプで、5段階のリクライニング機能が付いています。角度に加えサイズを自由に調整できるラブソファは少なく、リラックスの時間をゆっくりと堪能するのに向いています。

ロータイプでも、座面高が30㎝を超すことは少なくありません。しかし、リクライニングソファーは折り畳んでも24㎝と、非常に低い位置に座れます。小さな子供が使っても落下ダメージの心配が殆どありません。ソファベッドに変形すると幅100㎝で奥行が207㎝になり、二人でも十分にくつろげます。親子での昼寝にもピッタリでしょう。重さも14.9㎏と扱いやすいため、女性でも十分に操作できます。そのため、特に子育て中の家庭におすすめしたい便利なラブソファです。

クオリアル-Fio (21,600円)

姫系だが調和性がある程よいラブリー感が秀逸

姫系のラブソファとしても使えますが、デザインは非常に上品です。張地はレザーが選べ、そのことが結果としてエレガントさを増しています。ファブリック生地も負けておらず、高級感漂う見た目と肌触りです。一方で丸みを帯びたフォルムに仕上げており、調和性とラブリー感が両立したデザインは秀逸と言えるでしょう。

奥行きは77㎝で全体幅は116㎝、高さは66㎝と少しコンパクトです。座面は更にコンパクトで73㎝と狭く、寄り添う形で座ることになります。親密な相手がいる場合には、一緒に座り心地を楽しむことができるでしょう。脚は10㎝と元々短いですが、外して使用することも可能です。脚がある場合は上品に、脚を外した場合は可愛らしく使えます。エレガントな存在感を生かしたアクセントとして、模様替えにもおすすめするラブソファです。

ストレージ-Funny (10,999円)

正統派スタイルで家具との協調性が抜群

ソファと言えば、Funnyに似たフォルムを想像することも珍しくないでしょう。正統派とも言えるデザインに加え、ファブリック生地やS字バネの程よい感触も、万人に好まれる特性の1つです。座面幅も95㎝と程よく、1人でも2人でも場面に合わせて、柔軟に対応できるラブソファと言えます。

サイズは狭いスペースや1人暮らしにおすすめです。全体幅が115㎝、奥行きが63㎝で高さは69㎝に納まっています。12㎝の脚を外してロータイプで使用すれば、更に圧迫感を軽減できるでしょう。色は5色から選べますが、アソートカラーに寄ったカラーバリエーションです。部屋のバランスを崩さずにラブソファを導入したい場合に、近い色でセレクトするといいでしょう。

イケア-シーヴィク (43,832円)

日本仕様にアレンジされたスペックが特徴

イケアは日本の住環境に合わせた、コーディネート製品が秀逸です。ラブソファも例に漏れず、機能面やサイズへの配慮は嬉しいポイントです。また、長期的な品質保証にも魅力があり、保証書は10年対応になっています。ヘタリが心配なラブソファにおいて、大きなメリットと言えるでしょう。

サイズとしてはオーソドックスな2人掛けです。シートは101㎝と余裕がある幅で、全体幅は138㎝、奥行きが87㎝で高さが67㎝になっています。最大のメリットはカバーを洗濯できる点です。取り外して洗濯機で洗うことが可能で、清潔面では他のラブソファよりも有利と言えるでしょう。子供が児童に差し掛かっても十分に座れ、カバーを汚しても洗濯できます。保証期間も含め、長期的な運用を視野に入れた場合、非常に優秀なラブソファなのです。

すず陶-バスラ ラブソファ (21,600円)

圧倒的な軽さでロータイプながら掃除が簡単

カジュアルからモダンテイストに向けて違和感なく設置できる、アイボリーカラーとデザインは非常に魅力的です。サイズは全体幅136㎝で奥行き74㎝、高さは48㎝で、やや幅を取ります。しかし、全高の低さに加えて座面高は19㎝です。圧迫感の心配はありません。中材はウレタンフォームで柔らかく、幼児でも安心して使えるラブソファです。

最大の特徴であり他にないメリットは、素晴らしく軽量という点です。全体重量は7㎏程度しかありません。持ち運びに便利なラブソファは少なく、設置には相当に便利です。また、ロータイプは下の掃除に苦労しますが、バスラなら移動して掃除機もかけられるでしょう。清潔面の高さについても、幼児に安心と言える製品です。

北欧デザイナーズでおすすめのラブソファ

アルモニア-CUARO (99,980円)

独自のデザインで耐久度と使用感が抜群

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

アルモニアの独創的なデザインが、前面に出たラブソファです。ひじ掛けと背もたれの高さを合わせて囲むことで、安心感があるシンプルなデザインになっています。密度が違うポリウレタンフォームとシリコンの三層構造シートで、人肌のような心地よい肌触りを実現。フレーム木材はユーカリ天然木であり、どれをとっても最高級の品質になっています。

サイズはインパクトがある全体幅は160㎝、奥行きが90㎝で高さは70㎝です。また、個性的なデザインが加わっています。しかし、圧迫感を心配する必要はありません。無駄を落とし機能美を追求したフォルムは、シックな色と合わせて極めて高い調和性を発揮します。モダンスタンダードの部屋なら、特にセレクトして頂きたいラブソファです。

モダンデコ-コルビジェ (32,990円)

コルビジェの名作に独自の技術を盛り込んだ復刻盤

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

北欧家具に詳しいなら、ル・コルビュジェという名でピンと来ることもあるでしょう。画家や建築家としても知られる巨匠です。意匠権を過ぎたオリジナルデザインに、モダンデコの技術を追加して復刻生産しています。ヴィンテージラブソファの決定版と言っても過言ではありません。時に高額で扱われる北欧デザイナーズですが、この製品は手頃とも取れる値段設定になっています。高いメリットがあると言えるでしょう。

巨匠のデザインを忠実に再現しており、デザイン性や機能面で妥協が無いのは言うまでもありません。重厚でスタイリッシュなフォルムとは裏腹に、座面幅は100㎝と2人掛けに程よいサイズです。また、全体幅は130㎝で奥行が70㎝、高さは66㎝であり、余計な出っ張りが一切ありません。家具と家具の間や窓下にも、工夫次第でピッタリと納まるでしょう。ゲスト用やビジネスシーンにも使える高級感が持ち味です。部屋の高級感を増したい場合など、ワンランク上のレイアウトを目指す場合におすすめします。

QUOLI-バローネ (85,176円)

追求された機能美が魅力のデザイナーズソファ

中材に工夫を凝らしており、シリコンフィル綿でウレタンフォームを包んだ多重構造になっています。衝撃吸収材は独特の構造で、S字バネとポケットコイルの複合材です。均一さに加えて、爽やかで心地いいフィット感を実現しています。また、特徴的な脚部のデザインで、装飾や構造バランスに拘っている点も魅力の1つでしょう。機能美を追求したラグジュアリーなラブソファなのです。

座面幅は101㎝になっており、2人掛けのスタンダードです。幅143㎝で奥行95㎝のサイズは、やや大型に当たります。高さは95㎝になっており、ハイバック特有の長躯です。コンパクトなラブソファに比べて、どうしても圧迫感は出るでしょう。しかし、ソファにとって重要な条件である、座り心地や癒しを理想的にクリアした製品とも言えます。長時間をラブソファで過ごすなら、非常におすすめできる製品です。

まとめ

屋内の性質や家族構成に合わせて選ぶのがおすすめ

ラブソファは限定された空間で使用することも多く、コンパクトさが利点の1つです。そのため、ベースカラーやアソートカラーに合わせて、圧迫感の軽減を狙うといいでしょう。また、家族構成に添って座面を選ぶことで、適した人数で使用することが可能です。専用なら1.5人掛け、親子での使用なら2.5人掛けというように、サイズを考えて選ぶのがおすすめです。