おしゃれでおすすめのパーソナルソファ人気ランキング!【高級な北欧デザイナーズも】

日々の生活で疎かになりがちな自分だけの時間。仕事や勉強、家事に育児にと追われ、そういう時間自体を確保できないこともあるでしょう。また、住環境によっては個室を設けられないかもしれません。ライフスタイルの中で少しだけでも、自分だけのリラクゼーションスペースを手にしたいと考えたことは無いでしょうか。そういった悩みに適したメリットを持つのがパーソナルソファです。パーソナルソファは座るだけでもユーザーに安らぎを与え、狭いスペースや短い時間をも有効に使えます。今回は、パーソナルソファを深く掘り下げての解説です。自身に合わせた選び方の参考にして下さい。




パーソナルソファとは?

1人の空間を楽しむため、座り心地を重視したソファ

複数人で座るソファは想定した人数に対して、均一な座り心地や癒しを与えるよう設計されています。また、求められるニーズの点から、住環境やサイズ、フォルムのデザインに優れているのが魅力です。一方でパーソナルソファは、個人専用に向けて必要なツボを的確に突いた魅力があります。座り心地や機能性を重視し、それに沿ったフォルムを取ることで、高いリラックス効果を追い求めているのです。1人の空間や座る時間に焦点を当てた絶妙たる製品のラインナップは、非常に魅力的と言えるでしょう。

パーソナルソファの特徴

コンパクトで限られたスペースにも設置できる

パーソナルソファは複数人での使用を想定したソファほど、座面を多く取る必要はありません。ソファと呼ばれる製品の中で、全体幅がコンパクトな種類なのです。そして、ソファとはいいつつも、設置感のみなら椅子に近い存在と言えるでしょう。そのため、セレクトに際して相当に限定された空間でも、壁際の設置やスペースの確保に捕らわれることはありません。1人で楽しむスペースに対して、非常に導入しやすいソファなのです。

デザイン性の高い高級デザイナーズソファも多い

パーソナルソファはニーズの面から見ても、高い総合力が求められる家具です。その中に機能美が含まれることは間違いありません。座り心地と利便性を両立させるため、デザインの要素を軽んじることが無いのです。そのため、高級デザイナーズソファの需要も高く、多くがラインナップされるカテゴリーとも言えます。北欧や英国のデザイナーズソファは国内でも人気が高く、ラグジュアリーな製品の数々は魅力的です。特に木造家屋と縁深い北欧デザイナーズは、日本の住環境に見合っています。セレクトの際に支持されることは少なくありません。

パーソナルソファの種類

リクライニング(ひじ掛けや背もたれの角度を調整できる)

様々な体型や好みに対して細かな対応が効く製品が揃っているのは、パーソナルソファのメリットであり特徴です。代表的な機能として挙げられるのが、リクライニング機能になります。ユーザーがひじ掛けや背もたれの角度を自在にコントロール可能で、大きな可動範囲が備わるなら、ベッドのような使い方も可能です。

座位を取るときに座面やひじ掛け、背もたれの緩やかなカーブが好みにマッチしていると、楽な姿勢で体を預けることができます。パーソナルソファのリクライニング機能は自由度が高く、電動やレバーで座ったままの調整が可能です。曲線を座ったままコントロールすることで、製品のオリジナリティーは高まります。理想的な姿勢でパーソナルソファを楽しめるのです。

ハイバック(背もたれが高く頭部までカバーできる)

高いリラックス効果を求められるパーソナルソファには、背もたれが高く設定されることも少なくありません。ハイバックのパーソナルソファは高さがあり、リクライニング機能が付属する場合は奥行が広くなります。圧迫感を増しますが、それ以上のメリットを持つパーソナルソファです。

身長が高い場合、伴って座高は高くなります。背もたれが低く設定されていると上半身を預けて休むことができません。しかし、ハイバックなら身長が高くても、頭部まで背もたれのクッションでカバーできます。また、圧迫感以上にラグジュアリーな雰囲気を持ち、高級感を空間にプラスすることが可能なのです。

オットマン付き(脚を伸ばしてリラックスできる)

オットマンはパーソナルソファの前に置いて使う、足を乗せるソファです。ハイバックを持ってしても膝下はカバーできませんが、オットマン付属なら足先までカバーが可能になります。ユーザーは全身を預けてリラックスできるのです。

複数人掛けのソファは通常、本体とオットマンが別々になっています。一方でパーソナルソファは、一体型になっている製品も少なくありません。オットマンと本体が一体になっている場合、リクライニング機能で理想の角度に調整できます。ディープな好みに合わせたパーソナルソファの使い方もできるでしょう。

パーソナルソファの選び方

体格を意識して選ぶ

身長の25%に近い高さの座面なら楽な姿勢になる

体型や足の長さ、座高は人それぞれです。そのため大凡な目安にはなりますが、身長の25%付近に座面高があれば、楽な姿勢で座ることができます。座面高が高すぎると、ズルズルと後方に後退して足底が浮きます。そうなると楽な姿勢とは言えません。座り心地の大方を左右するのは、パーソナルソファにおいて座面高と言っても過言では無いのです。しっかりと意識したセレクトが肝要でしょう。

オットマン付属なら低身長でも楽に座れる

低身長なら低い座面高を選ぶ方法があります。しかし、選択肢の幅は狭まるでしょう。そういった場合にはオットマンが付属する製品も、視野に入れるのがおすすめです。オットマンを置けば足を預けることが可能で、臀部が一杯まで下がっても足を乗せておけます。楽な姿勢を維持することが可能なのです。さらにリクライニング機能付属であれば、低身長を気にすること無く自然な形で座ることが可能でしょう。

座り方を意識して選ぶ

体を預けるならハイバックやオットマン付きがおすすめ

体を預ける場合において、背もたれの高さは重要です。ミドルタイプを選んでしまうと、頭部をクッションでカバーできません。ハイバックの定義は色々で、ミドル程度の高さでもハイバックソファとして位置付けした製品があります。一般的な目安を挙げるなら、全高が90㎝以上なら頭部までカバー可能な製品が殆どです。高身長の場合はヘッド調節機能がある製品がおすすめです。高さを調整し楽な姿勢を維持できます。また、オットマンに足のカバーを任せることで、全身を預けることが可能になるのです。

胡坐をかくなら座面が広いタイプかひじ掛けが無いタイプを

好みの座位は千差万別になります。全身を預けることだけが理想ではありません。胡坐が楽というケースも少なくないでしょう。ひじ掛けがないパーソナルソファなら、胡坐をかいても遮蔽されることがありません。また、製品によっては1.5人掛けと1人掛けの中間的な座面幅が選べます。ひじ掛けが付いていても面積が保て、開放的に胡坐をかくことが可能です。

パーソナルソファのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

多機能なパーソナルソファが豊富に揃う

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ロウヤはデザインと機能面の両方において、質の高い家具が選べるポータルサイトです。パーソナルソファも当然ながら、多機能でフォルムの良さも申し分ないラインナップです。さらに言えば住環境に合わせての工夫は秀逸で、日本の住宅事情を考慮しています。非常に魅力的なパーソナルソファが揃っているメーカーです。

エアリゾーム

インテリア性の高いデザインが魅力

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

エアリゾームはパーソナルソファのラインナップに富みますが、中でも高品質な製品は際立っています。素材の選定から手作業で行われる丁寧さ、デザイナーが手掛けたインテリア性が高いデザイン。そのどれもがラグジュアリーであり秀逸です。また、ユーザー側にとって、もう1つ嬉しいポイントがあります。高品質なパーソナルソファを落ち着いた価格帯で扱っているケースが、決して少なく無いところです。

モダンデコ

優れたデザインで座り心地に加え高級感が味わえる

デザイナーズ製品に長けたモダンデコ。機能美を追求した優れたデザインは、清良の域と言っていいでしょう。リプロダクトにも力を入れており、通常では手に入らないような価格帯で扱うパーソナルソファもあります。独自の創意工夫を盛り込むことで、ただの復刻版に留まらない点も注目です。北欧デザイナーズに関しては、おすすめと言わざるを得ません。

IKEA(イケア)

豊富な種類の中でもハイバックが魅力的

日本の住環境に合わせてコーディネートされたソファ類は、注目すべきと言えます。パーソナルソファに関しても例に漏れませんが、ハイバックは特に魅力的でしょう。コンパクトで協調性が高く、機能面にも手を抜いていません。モダンテイストやスタイリッシュに拘るなら、一度はラインナップに目を通すといいでしょう。

おすすめ&人気のパーソナルソファランキング

ハイバックタイプでおすすめのパーソナルソファ

ロウヤ-電動リラクゼーションソファ (39,990円)

電動リクライニング機能と厚みがあるクッションを持つ一級品

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

全高が98㎝あり、高身長にもおすすめできるパーソナルソファです。座面高は48㎝と高めですが、オットマンがリクライニングできるので、身長が低くても心配ありません。幅が89㎝あり奥行94㎝ですが、壁際に置くことも十分に可能です。5から6㎝ほど余裕を持たせておけば140度の角度まで調整できる、省スペースリクライニング機能が付属しています。

電動リクライニングは複雑な操作は必要とせず、ひじ掛け下のボタンをワンタッチすれば調節できます。クッションには隅々にまで中材のシリコンフィルが詰まり、最大28㎝の厚みは座り心地にとって魅力な要素と言えるでしょう。張地色は合皮の他にアイボリーがあり、圧迫感が減らせるのも魅力です。色と機能面を合わせて、女性にも非常におすすめです。

エアリゾーム-パーソナルハイバックチェア (20,829円)

ひじ掛けがあるが座面が広く開放的に座れる

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

全高は95㎝、背もたれは60㎝で、リクライニング機能などが無いシンプルなデザイン性が魅力です。パーソナルソファとしてコンパクトで、幅65㎝で奥行70㎝、重さは11㎏という手頃さもメリットでしょう。座面幅が43㎝あり、ひじ掛けが逆ハの字に広がっているため、見た目より3次元にワイドな面積が稼げています。胡坐をかきやすい性質と言えるでしょう。座面高は42㎝とスタンダードですが、座面奥は43㎝で背もたれは遠くありません。また、中材のウレタンフォームは沈むため、低身長でも使いやすいでしょう。

選べる色はブルーとレッドで、アクセントにピッタリです。また、北欧風のシンプルなデザインは、室内のスタイルを問わず使える性質を持ちます。性別を問わず取り入れやすく、お洒落に楽しめるのです。屋内での持ち運びやすさとサイズは、狭いスペースでの運用にも向いています。空間を有効利用できるでしょう。

エアリゾーム-アリンコソファ (37,800円)

国産の完全手作業に加え高いデザイン性も兼ね備える

ハイバックにしては低めの78㎝ですが、座面は魅力的と言えます。座面高38㎝で低身長にも使いやすく、座面幅は57.5㎝と座り方に自由も効きます。大きく上品に見えますが、幅76㎝で奥行69㎝と意外にコンパクト。重さも13㎏と動かせる範囲です。

色は個性的な7色でアソートカラーが主です。そのため、家具やカーテンなどに合わせると良いでしょう。一括して職人の手で作られており、張地のコットンは見た目と感触が共にラグジュアリーです。柔らかなフォルムを加え、全体が美しく上品なデザインに仕上がっています。ワンランク上の部屋にするため、存在感を生かして家具の主役に用いると良いでしょう。

Asilart interior market-LuLu (18,144円)

素朴でシンプルだが高性能で初心者にも安心

素朴でシンプルなデザインとカラーラインナップは、スタイルや家具との協調性が抜群です。色は15色から選べ、部屋の基調に添った選定を可能にしています。また、非常にコンパクトであり、幅は65㎝で奥行が76㎝と狭いスペースでも安心して導入できるでしょう。

LuLuの魅力はもう1つあり、見た目には信じられない程の多機能だという点です。3段階のリクライニング機能が付いており、脚を取り外せばロータイプになります。脚自体も15㎝しかなく、どの身長でも全身を自由に伸ばせるでしょう。また、衝撃吸収材にポケットコイルスプリングを用いています。ウレタンフォームと合わせて、体圧分散性と同時に耐久度も稼いでいるのです。値段も決して高くない点を含めると、初めてパーソナルソファを購入する際には非常におすすめと言えます。

grazia-Eugene (19,990円)

33㎝の座面高とハイバックの背もたれで姿勢が安定する

ビジネスライクな一面を持つパーソナルソファで、フォルムは正統性の高い上品なデザインになっています。応接間や接客に用いられるため、座り心地に関しては妥協していません。フレームは天然木で、S字バネとウェービングテープの衝撃吸収材を使用。中材にはウレタンとシリコンフィル、不織布を加えた5層構造の豪華仕様です。外見に勝るとも劣らない上質さなのです。

最も魅力的と言えるのは座面と背もたれです。座面は33㎝と、威風堂々な外見にしては高くありません。また、やや硬めのクッションにすることで沈み込みを防ぎ、背もたれの角度もスタンダードです。身長を問わず楽な姿勢を万人がキープできます。サイズは幅85㎝で奥行が80㎝と大ぶりで、重さは30㎏です。設置場所を決めて据え置くと良いでしょう。スタンダードなソファを求める方には、非常におすすめできるパーソナルソファです。

リクライニング機能付きでおすすめのパーソナルソファ

ロウヤ-1人掛けワイドソファ (9,990円)

ソファと座椅子の良さがあり低身長でも安心の座面高

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

中材に工夫があり、弾力に拘った7重構造になっています。ウレタンに衝撃吸収のポケットコイルスプリングを挟むことで、座椅子よりも高い座面高32㎝を実現。シリコンフィルを最上部に配置しており、コンパクトでもクッション性が高いパーソナルソファと言えるでしょう。高さは74㎝ですが背もたれが55㎝あり、ハイバックになっている点も魅力です。幅が60㎝、奥行は背もたれを最大に倒して105㎝と、設置はしやすいでしょう。また、重量が10㎏のため、設置場所を固定する必要はありません。

シンプルなデザインでひじ掛けが無く、3段階のリクライニング機能も付いています。また、座面高32㎝は低身長でも楽な姿勢をキープできる高さです。よって、座り方への対応力が高い製品と言えるでしょう。胡坐や体操座りでパーソナルソファを使いたい場合、おすすめできる製品です。

ロウヤ-リクライニングソファ (29,990円)

150度の角度調節と新機能で極上の時間が味わえる

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

S字バネとコイルスプリングを連結した衝撃吸収材が特徴的で、中材はウレタンフォームです。構造は3層構造と一般的ですが、豪勢に使われたウレタンフォームで全体にボリュームがあります。サイズも少し大きめで幅が90㎝、奥行はリクライニング機能を使うと163㎝です。高さもあり102㎝と、圧迫感は出るでしょう。気になる方はベージュの選択をおすすめします。360度回転するパーソナルソファで、リクライニング機能を使う際の方向を正確に考えれば、設置スペースの有効利用が可能です。

25度で前後に揺れるロッキングチェアのような機能が付いており、電動リクライニングは150度まで調整が効きます。肉厚なハイバックやオットマンから見ても、コンパクトさやインテリア性よりも、座り心地に重きを置いた製品です。パーソナルソファ本来の目的を追求している製品とも言えます。とにかく癒しを求める場合には非常におすすめです。

エアリゾーム-ジェイク (22,163円)

コーデュロイ張地と42段階リクライニング機能が秀逸

フォルムは非常にシンプルでスリーク。サイズにも好感が持てるタイプです。全体幅は68㎝と大人しく、奥行は通常で85㎝と場所を取りません。42段階の魅力的なリクライニング機能をフルに使うと、奥行きは132㎝になります。しかし、11.6㎏で持ち運びできる重さなので、リクライニングを使うときは移動させるのも良いでしょう。座面高は30㎝でひじ掛けが無く、性別や座り方への対応力が高い点も魅力的です。

色は3色でアソートカラーに寄っています。デザインが大人しいことから、家具やフローリングとの相性が良く、各スタイルで簡単に馴染む性格です。また、張地のコーデュロイとハンマートーン加工の脚部はシルエットが上品です。どちらも凹凸が作る陰影は美しく、肌触りや座り心地以外にも、インテリアとして価値があります。部屋の隅に捕らわれることなく、日の当たる場所に移動させて使うと、シルエットまで生かし切れるでしょう。

ニトリ-1人用電動本革リクライニングソファ (64,692円)

無段階のリクライニングが可能と本革の張地が魅力

やや大きめのサイズで、全体幅91㎝の奥行は96㎝です。しかし、省スペース機能が付いています。壁から10㎝さえ空けておけば、壁際設置も可能なのは嬉しいポイントでしょう。また、オットマン付きの電動リクライニングで、女性にも座りやすい性格になっています。座面高45㎝は気にせずに選択することが可能です。

無段階のリクライニング機能は魅力的で、柔軟な好みへの対応は高ポイントです。また、手入れが簡単な牛革の張地に加え、比較的に長い5年保証があります。ソフトレザーを選んだ場合にも耐久度を上げる工夫がされており、中性洗剤で拭き掃除が可能です。オーソドックスなフォルムも合わせて、長期間に渡り愛用できるよう仕上がっています。パーソナルソファに初挑戦する場合にも、セレクトをおすすめしたい逸品です。

アウトレット家具リバップ-リクライニングソファ (34,800円)

ヘッド調節機能で様々な座高に対応できる

リクライニング機能付属ですが省スペース機能は付属しておらず、最大奥行の121㎝は確保する必要があります。しかし、360度回転するので、狭いスペースでも上手く活用することが可能です。全体幅83㎝に加え高さが98㎝で、オットマンと本体が別になっています。重厚感があるデザインと言え、インテリア性よりリラックス効果を重視する場合に有効です。

このパーソナルソファはヘッド調節機能が魅力です。ヘッドレストが可動式で、出し入れすることにより好みの高さを実現します。また、オットマンと本体の距離を調整することも可能です。そのため、背もたれの高さを心配せずにセレクトできます。耐荷重は100㎏で座面面積も大きいです。高身長でサイズ感が心配なら、非常におすすめできる製品と言えるでしょう。

北欧デザイナーズでおすすめのパーソナルソファ

モダンデコ-バルセロナチェア (44,990円)

近代建築の巨匠がデザインした高級パーソナルソファ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ファン・デル・ローエがデザインを手がけた作品を、リプロダクト製品として復刻したパーソナルソファです。機能美を追求して極限まで無駄をそぎ落としたフォルムは、幅78㎝で奥行73㎝、高さが43㎝と非常にコンパクト。流石はデザイナーズソファと言ったところでしょう。比較的に硬めのウレタンを中材に採用し、姿勢のキープを前面に押し出した製品です。オットマン付属というスタイルからも、それは見て取れます。

スタイルとしてはミッドナイトセンチュリーです。20世紀中盤のレトロな雰囲気を取り入れたいなら、ど真ん中のパーソナルソファと言えます。近代的で上品なフォルムはスタイリッシュな室内と相性が抜群です。体を預けるより座ることを楽しむ製品で、読書やティータイムに向けてセレクトすると良いでしょう。

イケア-ヴァレントゥナ (95,186円)

ソファベッドモジュールで本格的ベッドに早変わり

やや大きめなサイズで幅が113㎝、奥行93㎝で座面高も46㎝あります。しかし、無駄な出っ張りを排除することで、コーナーを利用した設置が簡単です。特徴的なソファベッドモジュールを生かせるよう、ベッドとして機能するポジションでの使用がおすすめです。

ベッドとしては長さが200㎝で、カバーを洗える利便性があります。また、10年間保証も魅力と言えるでしょう。元々がソファであり、クッション性を心配する必要はありません。シングルベッドとしても高い性能を持つ製品です。ソファベッドモジュールの展開は簡単で、シングルベッドに変えてヴァレントゥナを置き、スペースを確保する方法もおすすめです。模様替えで部屋をスッキリ見せたい場合などに、セレクトすると良いでしょう。

カーサヒルズ-GE290 (58,500円)

ハンス・J・ウェグナーが手掛けた人気シリーズの復刻版

北欧家具デザイナーの代表格とも言える、デンマークのハンス・J・ウェグナー。今日、日本におけるミッドナイトセンチュリーの概念では、北欧デザイナーズを外しがちです。しかし、米国では取り入れられて作品も評価されています。GE290は復刻版として生産せれており、ハンス・J・ウェグナーらしい温かみがある機能美は、非常に魅力的と言えるでしょう。幅76㎝で奥行77㎝、高さは71㎝と狭いスペースにも対応したフォルムは、国内の住環境にマッチしています。

そもそも厳寒な地である北欧は、室内で時間を過ごすことも多くなります。そのため、デザイナーズ家具は使用感とフォルムに徹底して拘ります。このパーソナルソファは、典型とも言えるでしょう。リプロダクト製品は、忠実に再現した設計思想に独自技術を盛り込むため、座り心地を心配する必要はありません。カラーバリエーションはアソートカラーにまとまっていますが、デニムも選べます。リプロダクト製品ならではの、トレンドを意識したバリエーションです。木製を基調とした温かみが深い部屋や、アメリカンスタイルにも非常におすすめと言えるでしょう。

激安輸入雑貨店-ルレオ・エスディ ダ (38,664円)

有機的な機能美と木の質感がユーザーに安らぎを与える

パーソナルソファとしては小ぶりで、幅が73㎝で奥行が75㎝です。コンパクトサイズに当たり狭くても活躍できます。また、全高は75㎝で背もたれ43㎝のミドルタイプです。座高面も40㎝であり、万人に合わせて均整を取ったパーソナルソファと言えます。機能美が感じられる上品なフォルムや木製パーツ、取り入れやすいグレーを選べる点も高ポイントです。スタイルに捕らわれない協調性も、万人向けを指した性質になっています。

パーソナルソファは個人で楽しむ傾向が強い家具です。しかし、ルレオ・エスディ ダに関しては、シリーズで揃えることも視野に入れると良いでしょう。2人掛けや3人掛けソファも比較的に見てコンパクトで、テーブルとの相性が素晴らしい製品です。単体でも圧迫感が強いカテゴリーの中で、シリーズを通じて圧力が少ないフォルムは秀逸と言えます。新居や大掛かりな模様替えなどにも、非常に適した製品です。

まとめ

自身の体型や座り方に添った座面を選ぶのがおすすめ

パーソナルソファは、個人の時間や空間に華を添える存在です。身長に合わせた座面高や、座り方に合わせた座面幅を選ぶことで、リラックスできる座位のキープを目指すと良いでしょう。また、補助的な役割としてリクライニング機能やオットマン、ヘッド調節機能は重要です。身長や好みの座位に合わせて使用の是非を定め、目的の機能が付属するかチェックしてセレクトして下さい。