【高性能イヤホンも】ふるさと納税で貰えるオウルテックの返礼品まとめ

オウルテックという日本企業があるのをご存知でしょうか。決して世間一般での知名度が高い企業とは言えません。しかし、キーボードや電源装置といったパソコンパーツの製造では特に有名で、パソコンの自作や改造をする方たちの間では非常に有名な企業です。
パソコンパーツ以外にも、ドライブレコーダーやスマーフォンアクセサリー、充電器、電源タップなどのIT関連グッズやOA機器の製造を行っています。ノベルティや名入れにも迅速に対応してくれるため、企業から配られたUSB充電器がオウルテック製品ということもあるかもしれません。
そんなオウルテック製品の一部がふるさと納税の返礼品としてエントリーされています。今回は返礼品となっているオウルテック製品をご紹介いたします。

ふるさと納税で貰えるオウルテック返礼品の人気の種類

オウルテック ヘッドホン(寄附金額15,000~)

機能に優れたモデルが多い スクリーンリーダーのサポートを有効にしました。

オウルテック製のヘッドホンの特徴一つ目は機能に優れていることです。音質の面では有名な音響メーカーの高級モデルには太刀打ちできないかもしれません。しかし、ハンズフリー通話用のイヤホンが付いているなど、機能が充実しています。

Bluetooth対応モデルのラインアップが豊富

特徴二つ目はBluetoothに対応している点です。最新のiPhoneやスマートフォンの中にはイヤホンジャックのないモデルが増えてきているため、Bluetooth対応か否かはヘッドホン選びの非常に重要なポイントとなっています。

オウルテック イヤフォン(寄附金額12,000~)

コスパの良さが売り

続いて、オウルテック製イヤホンです。イヤホンはコストパフォーマンスに優れています。有名メーカーの高級イヤホンには音質では負けてしまうかもしれませんが、価格を考えると十分です。イヤホンはコードが断線することもあり、消耗品と考えて、コストパフォーマンスの良いイヤホンを好む方も多いです。

ラインナップが豊富

他の特徴としてはラインナップの豊富さです。特にBluetoothモデルはマイク付きイヤホンやネックバンド式、イコライザー機能付きの上級モデルなどがあります。音響機器専門メーカーではないですが、合わせて10種類近く展開しています。ラインナップが充実しているため、必ずニーズに合ったモデルが見つかります。

オウルテック スピーカー(寄附金額25,000~)

アイデアスピーカーが話題に

オウルテックのスピーカーは一風変わった製品が多いです。ふるさと納税の返礼品として、クラウドファンディングから製品化された360度スピーカーがエントリーされています。その他にもアウトドアやお風呂で活躍する水に浮く防水スピーカーなどもあります。

オウルテック その他(寄附金額10,000~)

充電器などのOA機器も製造

オウルテックではイヤホンやスピーカーなどの音響機器以外にも充電器や電源タップ、USBなどのケーブルといったOA製品も製造しています。このカテゴリーの中からは、ワイヤレス充電器もふるさと納税の返礼品にエントリーされています。

流行りのドライブレコーダーも製造

他にもドライブレコーダー(車載カメラ)も製造しています。数年前、マナーの悪い運転者の存在が社会問題になった際、ドライブレコーダーが飛ぶように売れました。オウルテックの製品もコストパフォーマンスの良さと安心の日本メーカー製ということもあり、多く売れたようです。

ふるさと納税でオウルテックの返礼品が貰える自治体

神奈川県海老名市(寄附金額10,000~)

サービスエリアでおなじみ

肝心のオウルテック製品が返礼品としてエントリーされている自治体ですが、神奈川県海老名市のみです。海老名市といえば海老名パーキングエリアが有名ですが、交通の便が良く首都圏という一大消費地に近いため、近郊栽培を行う農家が多く、緑が豊かな自治体です。しかし、緑だけでなく、交通の便が良く首都圏に近いため、工場を置いているメーカーも何社かあります。また、交通の便が良く首都圏に近い、という点はベットタウンとしてもポテンシャルを秘めているといえます。住むのにおすすめの街として紹介するサイトも増えてきました。

返礼品は種類が豊富

海老名市は農業もあれば工場もあるため、返礼品もそれに合わせてバリエーションが多岐に渡ります。フルーツや豚肉などの農産物もあれば、海老名市に工場のある雪印メグミルクの乳製品詰め合わせやコカ・コーラ社製品の詰め合わせといった加工品もあります。そして、オウルテック製品やリコーの時計など工業製品もあります。

なぜふるさと納税の返礼品でオウルテックの返礼品が貰えるのか?

オウルテックの本社所在地

では、なぜ海老名市がオウルテック製品を返礼品としてエントリーしているかといいますと、オウルテックの本社が海老名市内にあるからです。JR相模原線沿いに位置し、隣りには工場見学で隠れた人気観光スポットである雪印メグミルク海老名工場があります。ちなみに、このオウルテック本社は配送センターとしての役割があるようです。残念ですが、工場見学のようなかたちで一般の方が入ることはできないようです。また、本社には売り場がなくオウルテック製品の展示や販売なども行われていません。

ふるさと納税でオウルテックの返礼品分の寄附が全額控除できる年収目安

全額控除できる年収目安は約300万円~

続いては、オウルテック製品を受け取るのに必要な控除額の目安を確認しておきます。ご存知かと思いますが、あくまでふるさと納税とは寄付金控除の一形態です。つまり、寄付した分だけ、税金の支払いを軽くしてくれるという仕組みになっています。

ということは、納める税金以上の金額をふるさと納税をしても、その分の金額は何の効果もありません。ふるさと納税をする前に前もって自分の年収だといくらくらいまでふるさと納税をする価値があるのかを把握しておくことがとっても重要です。

ふるさと納税でオウルテックの返礼品に寄附申込できるサイト

ふるなびならオウルテック製品の返礼品あり

海老名市のふるさと納税自体は他のサービス会社からも提供されていますが、オウルテック製品の返礼品取り扱いがあるのは、現状、ふるなびのみです。かつては他のサービス会社からも提供されていましたが、提供中止となってしまったようです。

その理由はご存知かと思いますが、2017年に総務省より各自治体に対して還元率は3割以下が好ましいとする通知が出たのを受け、各自治体で内容の見直しが進められています。オウルテック製品のいくつかがこの基準を満たしていなかったため、今後ラインナップに変更が入る可能性が高いです。

ふるさと納税で貰えるオウルテック ヘッドホンで人気の返礼品

オウルテック イコライザー機能搭載ワイヤレスイヤホン(寄附金額15,000~)

イコライザーで自分好みの音が作れる

イコライザーというのは聞いている音楽のタイプや自分の好みに合わせて、低音がより響くように調整するなど、どのように聞こえるか音を調整する機能のことを言います。通常は音楽再生装置に搭載されている機能ですが、こちらのヘッドホンの場合、ヘッドホン側にもイコライザー機能があります。

メリットとしてはプレーヤーを変えても自分好みの音が維持される点です。外ではスマートフォン、家ではパソコンで音楽を聴く方を想定しましょう。この場合、音楽プレーヤーとパソコンそれぞれのイコライザーを調整する必要があります。しかし、ヘッドホンにイコライザー機能があればヘッドホンを調整するだけで済みます。あるいは、スマートフォンを買い替えるなどした際、せっかく苦労して設定したものをもう一度、再設定するのは手間です。モデルが異なるために、どんなに頑張っても、同等の音質にならないこともしばしばです。ですが、ヘッドホン側にイコライザーがあれば、そのような手間は発生しません。

黒と赤の二色から選択可能

こちらのイコライザー付きヘッドホンですが、カラーは黒と赤の二種類があります。ふるさと納税の返礼品としても、黒と赤両方がラインナップに入っているため、好きな方のカラーを選択可能になっています。もちろん色が違うだけで機能などは同じものです。

還元率は43%

気になる還元率は43%と非常に高い部類に入ります。総務省から各自治体に通達された3割を大きく超えているため、今後、見直しされて、ラインナップから消える可能性が非常に高い返礼品の一つと言えます。気になる方は早めに申し込む方が良いです。

ふるさと納税で貰えるオウルテック イヤホンで人気の返礼品

オウルテック カプセルデザインワイヤレスイヤホン(寄附金額12,000~)

8時間もの長い連続再生時間

ラインナップに富んだオウルテックのBluetoothワイヤレスイヤホンの中でもデザイン重視モデルが、このカプセルデザインワイヤレスイヤホンです。デザイン重視モデルですが、機能も充実しています。生活防水機能付きですし、ハンズフリー通話用のマイクも搭載されています。連続再生時間は約8時間を誇ります。

黒と白の二色から選択可

オウルテックのカプセルワイヤレスイヤホンは黒色と白色が発売されており、返礼品としてもどちらのカラーともエントリーされています。ですので、お手持ちのスマートフォンなどに合わせて好きなカラーを指定可能です。もちろん、どちらも色以外は同じ性能です。

還元率は25%

還元率は25%と最近の返礼品の中では標準的な範囲です。還元率は高ければ高いほど望ましいと考える方には物足りないかもしれません。しかし、すでに何度も触れたとおり、還元率に関する総務省の通達が出されたので、今後、この25%というのがデファクトスタンダードになる可能性は高いです。

オウルテック 耳かけタイプワイヤレスイヤホン(寄附金額12,000~)

人間工学に基づくデザイン

総重量19gという軽さと、人間工学に基づいた耳にフィットするデザインが人気です。特にスポーツをしながら音楽を聴きたい人に支持されているモデルです。こちらもカプセルワイヤレスイヤホン同様に生活防水機能やハンズフリー通話用のマイクを搭載しています。

カプセルワイヤレスイヤホンとの違いとしては、軽量化された分、連続再生時間が短くなりました。それでも約6時間と同クラスのイヤホンの平均並みですので、十分な性能といえます。長時間再生のカプセルワイヤレスイヤホン、スポーツ向きの耳かけタイプワイヤレスイヤホンと対になるイヤホンと言えるかもしれません。

AAC/aptX対応

オウルテックの耳かけタイプワイヤレスイヤホンはただ機能が豊富で使いやすいだけでなく、AAC/aptX対応されているため音楽再生面でも優れています。AACはiPhoneなどiOS系端末で使われる音のデータを圧縮する(コーディック)方式のことです。もう一つのaptXはandroid端末で使われています。どちらも従来のコーディック方式を使ったワイヤレスイヤホンに比べて音の遅延が少なく、音質にも優れるという特徴があります。耳かけタイプワイヤレスイヤホンはAAC/aptXの両方に対応しているので、このイヤホン一本でiPhoneでもandroidスマホでも良音を楽しめます。

黒と白の二色から選択可能

オウルテックの耳かけタイプワイヤレスイヤホンも黒色と白色の二色が発売されており、ふるさと納税の返礼品にどちらの色もエントリーされています。自分の好きなカラーを選択して受け取ることが可能です。どちらか、テンションの上がるカラーを選ぶと良いでしょう。

還元率は25%

オウルテックの耳かけタイプワイヤレスイヤホンの還元率はカプセルデザインワイヤレスイヤホンと同じく25%です。上でも触れましたが、この二つのイヤホンはある意味対となる立ち位置の商品のため、この二つのどちらを受け取るかで悩む方も多いのかもしれません。

ふるさと納税で貰えるオウルテック スピーカーで人気の返礼品

オウルテック ワイヤレススピーカーSUOONO(寄附金額25,000~)

部屋のどこにいても音楽を楽しめる

ワイヤレススピーカーSUOONOはクラウドファンディングサービス「Makuake」で300万円以上の資金を集めて商品化されました。注目された秘密は丸い筐体に四つの高性能スピーカーを配置することで、360度どこの方向でも同じように聞こえるようになっている点です。

普通のスピーカーだと音が出る方の反対側や、障害物の裏側だと、あまり音が聞こえなくなったり、聞こえても変…ということがありました。しかし、360度どこからも音が出るワイヤレススピーカーSUOONOでは同じ部屋にいる限り、理論上そういったことが起きません。

還元率は39%

ワイヤレススピーカーSUOONOの還元率は39%と、昨今の情勢を考えると比較的高い部類です。なお、クラウドファンディングから生まれた商品ということで、家電量販店の店頭にはなく、オウルテックの公式ストアでしか買えないレア商品です。

ふるさと納税で貰えるオウルテック その他で人気の返礼品

オウルテック 急速充電Qiワイヤレス充電器(寄附金額10,000~)

Qi対応スマホなら置くだけで充電可能

急速充電Qiワイヤレス充電器は名前の通り、ワイヤレス給電の国際規格Qiに対応した充電器です。Qiという仕組みが登場した当初は充電速度が遅いなどの理由で、あまり広がりませんでした。しかし、最近になって実用的になってきたためiPhone8も対応しています。

このオウルテックのQiワイヤレス充電器は2017年12月に投入された新製品で、実用的になったQiの技術が投入された注目の新製品です。具体的にどこが新しいかというと急速充電です。従来のワイヤレス充電器の出力電力は5Wでしたが、Quick Charge 2.0に対応したことで10Wになっています。

還元率は40%

急速充電Qiワイヤレス充電器の還元率は40%と昨今の事情を考えると、非常に高い数字です。オウルテックにとって、多くの方に知ってもらいたい期待の新製品だと推測することも可能です。もしお持ちのスマホがQi対応モデルであれば、一考の価値ありです。

オウルテック 高性能ドライブレコーダー(寄附金額30,000~)

高コスパで人気のドライブレコーダー

高コスパドライブレコーダーとして非常に評価が高いオウルテックのドライブレコーダーもふるさと納税の返礼品にエントリーされています。充実した機能は他社の同クラスはもちろん上位モデルと比べても遜色がないといわれますが、一番の売りは画質です。

この高性能ドライブレコーダーには広角156度のレンズを搭載しているため、フロントガラスの端が見切れているということはありません。さらに1280×720のハイビジョンだけでなく、1920×1080のフルハイビジョンにも対応しているため、鮮明な撮影が可能です。

還元率は25%

高性能ドライブレコーダーの還元率は25%です。やはり、この数値が一つ基準になっているのかもしれません。前々からドライブレコーダーを付けたいと思っていたけれど、まだ購入していない、という方にはうってつけの返礼品です。ちなみに、このドライブレコーダーはフロントガラス用です。

オウルテックの返礼品ならスピーカーがおすすめ

オウルテックの返礼品はいずれも良いものですが、敢えて一番を決めるのであればスピーカーがおすすめです。なぜならば還元率が高く、だれでも使えて、中古品でも引き取り手が出てきやすいからです。もちろん、自分に必要なものを受け取るのが最善です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。