おしゃれでおすすめのランドセルラック人気ランキング!【完成品も】

子どもが小学生になるとランドセルの置き場所を考えなくてはなりません。出し入れがしやすく、ランドセルにも良い環境を確保するのは意外と難しいものです。そこで利用したいのが、ランドセルのための置き場所が搭載されたランドセルラック。ここでは、使いやすく便利なランドセルラックの選び方や種類、人気のブランドとそれを踏まえた人気商品をご紹介します。ランドセルの置き場所に困っている人はぜひ、参考にしてください。




使い勝手の良いランドセルラックの特徴

学習用品をひとまとめに収納できると学習机が自然と片付く

学校に行くようになると教科書や持って帰ってくるプリント、絵の具や習字道具などの道具類と、荷物が多くなります。置き場所が決まっておらず、学習用品の収納場所がバラバラだと使い終わったものを片付けに行くのが手間になりがち。結果そのまま放置してしまう結果につながります。学習用品はまとめて収納すると、片付けも自然と身に付きやすくなります。

子供部屋に限らずリビングにも馴染むナチュラルなデザインが人気

昔は学習机を利用して、自分の部屋で学習する方法が良いとされていましたが、今ではリビング学習をおこなう家庭も増えています。リビングにランドセルや学習用品を収納するランドセルラックを配置する場合、子どもの好みで選ぶのはおすすめしません。リビングの家具などの相性を考えて選ぶと部屋に馴染み、長期的に愛用できますよ。

ランドセルラックの種類

ボックスタイプ

天板の上にランドセルを置けるタイプが多く簡単に取り出せる

ランドセルラックのなかでも種類が多く、サイズも選べるため設置場所に合わせて選びやすいのがボックスタイプです。このタイプのランドセルラックは、ランドセルを天板の上に置けるものが多く、出し入れしやすいのが魅力です。6年間ランドセルを綺麗な状態で愛用したい人におすすめです。

出し入れ時、ランドセルをラックに引っ掛ける心配もなく、ランドセルの傷を付けにくいメリットもあります。安定感もあるので、ラックに乗せたままランドセルを開けて明日の用意をしやすいのが特徴。低学年から使いやすいランドセルラックです。

ポールタイプ

習い事のバッグなども一緒に収納できる場所を取らないスリム型

場所があまりない環境には、ポールタイプのランドセルラックがおすすめです。ほかの学習用品の収納場所は別にあるという場合は、ランドセルを収納する場所があれば十分。かけて収納するポールラックで、ランドセルをすっきり収納しましょう。

ポールタイプのランドセルラックはランドセルのほか、絵の具や上履きなどかけられる学習用品も一緒に収納できます。子どもが大きくなった後は、バッグや上着などを掛けて家族で便利に使い続けられます。部屋や玄関など、使いやすい場所に気軽に持ち運ぶことも可能です。

ランドセルラックの選び方

子供の成長を考えてサイズやデザインを選ぶ

ランドセルの置き場所が子供の背丈を上回らないものを

ランドセルを置く場所が自分の背丈より高いと、出し入れがしにくくなります。1年生の身長の平均は、男女共に120㎝前後です。その身長で出し入れがしやすい高さは70㎝前後となります。ランドセルの重さは、教科書や筆記用具などが入ると5kg以上になることもあるので、出し入れしやすい高さを選び、負担を減らせるようにしましょう。

高さ調節ができるタイプだと長く使用できる

子どもは年齢を重ねるごとに身長が高くなり、ランドセルラックの適した高さも徐々に変わっていきます。いつでも使いやすい高さで利用したい場合は、ラックの高さ調節ができるアイテムを選ぶと便利です。高さを変える時に、6角レンチなどで調節できるものなら仕上がりも丈夫で、不慣れな人や女性でも簡単に高さ調節できますよ。

高学年まで使うならシンプルな無垢材を使用した日本製がおすすめ

低学年から高学年や、その先まで使い続けたいとお考えなら、デザインにも気を配りたいもの。小さい頃は柄の付いたカラフルなものを選びたくなりますが、大きくなるとそれが幼く感じてしまいがちです。年齢関係なく長く使いたいなら、シンプルな木製がおすすめ。なおかつしっかりとした作りの日本製なら壊れにくく、木製の味わい深い色合いも楽しめます。

家族構成と子供部屋の広さを考えて選ぶ

双子や兄弟で同じ部屋ならワイドタイプでランドセルを2つ一緒に

兄弟のいる家庭で、小学校に通う時期が一緒の時は、ランドセルを置く場所も2つ必要になります。そんな時にワイドサイズのランドセルラックがあれば、1台で2つのランドセルを収納できるので、買い足す必要がなく便利です。ランドセルの幅の外寸が26.5㎝前後なので、ラックの幅が60㎝以上あれば2つ置くことができます。

スペースを消耗したくないなら学習机を無くしてデスク付きラックを置く方法も

学習机は大きいものが多く、そのほかにランドセルラックを配置するとより場所をとってしまいます。省スペースにランドセルラックと学習机が欲しい場合は、デスク付きのランドセルラックを選ぶのもひとつの方法です。使わない時にデスクを収納できるものなら、一見学習机には見えないので、リビングやダイニングでも違和感なく使えます。

ハンガーラック付きで服の収納を増やすと更に省スペース

ランドセルラックには収納能力が高いものも売っています。教科書やプリントなどを収納できるものは多くありますが、さらに上着などを一緒にかけられる大容量タイプのものもあります。登校時、季節によっては上着や、雨が降っていればレインコートを着ることもあるでしょう。ランドセルと一緒にかけて収納できれば、朝の用意がスムーズにできますよ。

組み立て時やレイアウト変更の場合も考慮する

忙しいママにおすすめなのはDIYより完成品

ランドセルラックのほとんどは、自宅で組み立てて使用するものが多いです。時間のある人やDIY好きの人は、組み立てるのも楽しみのひとつになりますが、組み立てるのが苦手な人や、忙しい人には組み立てはネックになります。そんな組み立てが難しい人におすすめなのが、完成品を利用する方法。同じ商品でも自分で組み立てるか、組み立て済みかを選べるものもあります。組み立て済みのものの方が、価格は少し高くなる傾向にありますが、家に到着したらすぐに使えると言ったメリットを得られます。

キャスター付きだとちょっとした移動にも役に立つ

ランドセルラックは定位置に配置しておく場合と、その時に応じて移動させて使う場合がありますよね。クローゼットの扉の近くにランドセルラックを設置せざるを得ない場合、キャスターが付いていればクローゼットを開ける時に難なくずらすことができます。また掃除の時も、ランドセルラックの下のほこりを簡単に取り除けるので、部屋を衛生的に保てます。

ランドセルラックのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

おしゃれでリーズナブルな家具

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

通信販売でおしゃれなインテリア、家具、家電を扱っている幅広い人に人気のショップです。購入はネットと電話でできるので、利用しやすい方で購入可能です。ほかにはないアイデア商品もあるので、どれにするか迷う楽しさも味わえますよ。

ニトリ

店舗とネットで便利に購入できる

北海道から沖縄まで、全国に店舗展開されているインテリアや家具を扱うショップです。お手軽な価格であると便利な家具や、雑貨を購入できます。シンプルなデザインで、部屋に馴染みやすい家具が多く、ファミリーに人気です。

ディノス

幅広いジャンルのアイテムが集結

カタログやテレビ、インターネットなどによるファッションや家具、家電、食品などを販売している総合通信販売ショップ。すきま収納や、限られたスペースに設置できるベッドなど、日本の住宅に適した家具を多く扱っています。

ベルメゾン

ファッションから大型家具まで手軽に購入できる

株式会社千趣会が運営するオンラインショップです。カタログからも購入できます。ファッションを中心に、インテリア、家具、調理家電なども扱っています。キャラクターのかわいいものから、機能性の高いシンプルなものまで幅広いデザインで、多くの人に利用されています。

おすすめ&人気のランドセルラックランキング

おしゃれでおすすめのランドセルラック

LOWYA-黒板付ランドセルラック(9,990円)

楽しくインテリアにもなる優れもの

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

こちらのランドセルラックは、引き出しと棚、ハンガーラックも搭載した大容量タイプ。幅広なのでランドセルを置くときも簡単にさっとおけるため、ストレスフリーです。ランドセルを2個置くこともできるので、兄弟でも使えます。

引き出しの表面は、黒板になっており、チョークでお絵描きもできます。引き出しの下部には黒板消しや、黒板消しを置ける溝もあるため、チョークの置き場所にも困りません。子どもたちへのメッセージを書いて利用するのにも活躍しますよ。

ディノス家具-天然木仕様ランドセルラック(44,015円)

子どもっぽくないデザインが人気

こちらのランドセルラックの素材には、高級感のある天然木が使われています。デザインも落ち着いているため、子どもが大きくなってランドセルを使わなくなっても、電話代や収納家具としてリビングなどで重宝します。

棚には細かく分けられるトレーが付いています。縦横に付け替えができるため、プリントや教科書を立てたり、積み重ねたり使いやすい方向に自由に設置できます。引き出しもあるため、見せたくないアイテムや細かいものの収納も可能です。

nico-キッズランドセルラック(15,984円)

北欧風のナチュラルデザイン

こちらのランドセルラックは幅40㎝のスリムサイズ。北欧のパイン材を使用しており、温もりある優しい風合いが特徴です。上段にはランドセルを置くことができ、両サイドには絵の具や手提げ袋などを掛けられる便利なフックを搭載。

棚には、取り外し可能な棚板が5枚付いています。教科ごとに細かく分けたい時には、棚板を取り付けると整理整頓が身に付きます。取り出したい時には前に引き出せるため、使いやすさも魅力的です。そのほかに引き出しもあり、コンパクトながらも使い勝手を考えられたランドセルラックです。

山崎実業-ランドセルスタンド(4,800円)

ランドセルを掛けてコンパクトに収納

既に学習机やラックがあるけど、ランドセルを収納する場所はないと困っている人におすすめなのが、こちらのポールタイプのランドセルスタンドです。場所をとらずにランドセルや、習字道具、手提げ袋なども一緒に掛けられるため、部屋がすっきり片付きます。

ランドセルを掛けた状態で、ランドセルを開けられるため、明日の準備や宿題が便利にできます。左右に2個のランドセルも掛けられるので、兄弟での使用も可能です。子どもが大きくなってからも大人の上着や帽子を掛けるのに使えるため、長期間愛用できます。

ideaco-Giraffe(19,440円)

個性的で機能性の高いアイテム

オープンラックにポールの付いたこちらのランドセルラックは、その名もキリンを意味するGiraffe。名前もデザインもユニーク。子供部屋、リビング、玄関などさまざまな場所で便利に使え、インテリアとしても活躍してくれます。

使い方はアイデア次第。棚にランドセルを置いて、ポールに帽子を掛けてもいいですし、玄関先において、ラックは靴を履くためのベンチとしての利用もできます。ラックにはちょっとしたものも収納できるので、バラバラになりがちな小物類を収納するのにもおすすめ。

収納でおすすめのランドセルラック

ベルメゾン-学校用品丸ごと収納ラック(20,900円)

細かい筆記用具や大事な教科書も全て収納可能

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

こちらのランドセルラックは、幅88㎝のワイドサイズ。また、高さも110㎝あるので、ランドセルのほかにも多くの収納が可能です。背の高さに合わせて、ランドセルの置き場を下段や上段に自由に決められますよ。

引き出しは3個、扉付きの棚が1個あるので見せたくないものの収納にも困りません。棚板で細かく分けて収納もできるので、教科ごとに分けて収納すれば忘れ物の軽減にも効果的。コンセントが2口付いているため、電気スタンドや、ゲームの充電などもできます。

ニトリ-ランドセルラック(5,990円)

収納力がありながら圧迫感が少ない

こちらは奥行30㎝の薄型ランドセルラックです。ランドセルのフックにかけて収納できます。そのほかにも給食袋、上履き袋などを掛けられるフックも搭載。ランドセルを収納したまま、明日の準備ができるのも便利ですよね。

上段の棚は、絵本棚のように一目でわかりやすい設計を搭載。教材を見つけやすく準備のしやすさが高まります。装飾がないシンプルデザインなので、兄が使って、妹が受け継ぐことも可能です。その後はリビングでの収納棚としても重宝します。

Valor-2wayランドセルラック(10,486円)

安全性にも気を付けた安心性の高いラック

引き出し2つとランドセルを置くスペース、さらに大容量の収納スペースが搭載されたランドセルラックです。引き出しは、スライドレール使用のため、スムーズな開閉と、出過ぎて落下する恐れもなく安心です。

上部の棚は置き方によって教科書などを縦に立てて置けたり、横に積み重ねて置けたり、2通りの使い方ができます。引き出しや棚の角には丸みを出し、怪我の防止と見た目にも優しい雰囲気を引き出しています。

houseBOAT-ハンガー付きランドセルラック(16,100円)

2人で使っても広々使えるワイドサイズ

ランドセル置き場のほか、服を掛けられるハンガーラックも、ひとつにまとめたこちらのランドセルラック。引き出しと収納棚、細かく分けられた棚はそれぞれを組み替えることが可能なので、使いやすい高さに配置して片付けやすさを高められます。

ランドセルと教科書、服も全てまとめて収納できるので、片付けの習慣も身につけやすくなります。収納できる量は棚の段によって異なるため、収納するアイテムによって最適な場所に分けて収納ができます。部屋に合わせて豊富なカラーから選べます。

CLOVER-ハンガーラック付きランドセルラック(10,800円)

落ち着いたシンプルデザインで長く使える

こちらのランドセルラックは、ランドセルを上部に置くタイプのランドセルラック。低学年でも手の届く高さで、毎日の習慣にしやすい高さ設計となっています。置いた状態でランドセルを開けられるため、明日の準備も簡単にできます。

収納棚と引き出しのほか、下部にはキャスター付きの大型収納ボックスも搭載。おもちゃの収納もできます。ハンガーラックには上着やセーターなども掛けられ、すっきり収納が可能です。ラックには隠しキャスターが内蔵されているため、掃除の際は簡単に移動させることもできます。

完成品でおすすめのランドセルラック

良品プラス生活-ランドセルラック完成品(21,800円)

無駄のない収納スペースを作り出す

こちらのランドセルラックは収納するアイテムによって、棚の高さを細かく変えられます。ハンガーラックも不要な場合は、取り外して棚にすることもできます。子どもの成長に合わせて必要な大きさの棚を自由に設定できるので、常に使いやすいラックとして活躍します。

側面にはフック穴が両側合わせて8個も付いています。荷物が多くて、たくさん掛けたい人の要望にも応えてくれます。付属のフックは4個なので、使いやすい配置で部屋をすっきりさせましょう。引き出しには取り出し可能な間仕切りが付いているため、収納する物に合わせて使えます。

Curio Life-ランドセルラック(28,800円)

機能性と安心が詰まったこだわりの商品

こちらのランドセルラックは、子ども部屋にはもちろん、リビングやダイニングでもほかの家具と馴染みやすいデザインにこだわっています。素材にもこだわり、低ホルムアルデヒドで安心の日本製。小さな子どものいる家庭でも安心して使用できます。

送られてきたら、キャスターとフックを取り付けるだけですぐ使えます。また、組み立て式よりも耐久性も高く、長く安心して使えるのも魅力のひとつです。キャスターは隠しタイプのため、見た目にはスタイリッシュなままで移動は簡単です。

LGYplus-ランドセルラック(39,744円)

フックまで木製のナチュラルデザイン

スリムで優しい風合いのこちらのランドセルラックは、省スペースな中にもランドセル置き場、教科書やノートなどを収納する棚、高さの異なる3つの引き出しが搭載された充実の内容です。サイドには手提げ袋などを掛けられるフックも付いています。

大きな本が入る棚ですが、小さな本が埋もれがちな棚を使いやすくするブックスタンドが付いています。奥行を調整できるブックスタンドを使えば、小さな本が奥に行くのを防ぎ、どの本も手に取りやすくなります。

ポッケ-デスク付きシェルフ3点セット(31,800円)

どの部屋にも置きやすいシンプルデザイン

ランドセルラックと学習机もセットのものが欲しい、と探している人におすすめなのがこちら。扉付きとオープン棚のシェルフと、大容量の収納ボックス、デスクの3点セットです。デスクと収納ボックスにはキャスターが付いており、移動も楽々です。

デスクは使用しない時にはシェルフに収納できるため、部屋のスペースを有効活用できますよ。シェルフの扉は、押すと簡単に開け閉めできるタイプ。見た目にすっきりで、目隠し効果も果たします。オープンラックはランドセルを収納できるサイズです。

まとめ

背の高さにあったランドセルラックがおすすめ

ランドセルラックは必要な機能によって選ぶべき種類は変わります。どのタイプであっても、利用する子どもの身長に合っているランドセルラックを選ぶことが大切です。ランドセルを収納しやすいランドセルラックなら、自然と習慣化していきます。ぜひ、子どもの使いやすいランドセルラックを用意してあげてくださいね。