おすすめの炭酸水メーカー比較人気ランキング!【ドリンクメイト・ツイスパソーダも】

ここ数年、健康面や美容に気を付ける人にとって人気が高くなっている炭酸水。血行促進効果や美容効果として洗顔や美容に気を使っている人も多いのではないでしょうか。そこで美容や健康に気を付ける人に特におすすめなのが、強力な炭酸や微炭酸など、それぞれの好みに合わせて作れる炭酸水メーカー。炭酸水メーカーは、シリンダーやカートリッジなどに充填された炭酸ガスを水に送り込むことで炭酸水を作り出せます。今回は、そんな炭酸水メーカーの選び方と人気商品を詳しく解説。美容や健康に炭酸水を取り入れたいという人は是非この記事を参考にしてみてくださいね。




炭酸水メーカーのメリット

毎日飲むなら買うより断然お得

炭酸水メーカーは、初期費用には数千円から2万円ほどかかってしまいますが、市販の炭酸水を買い続けるよりはコストを抑えることが出来ます。500mlの炭酸水は、通販サイトで65円から100円前後で販売されています。一方、炭酸水メーカーで作る炭酸水はメーカーにより違いますが500ml当たり20円から30円ほどのコストで出来上がります。自宅で毎日飲むのであれば、新鮮な炭酸水を低コストで作ることが出来るでしょう。長い目で見れば、ランニングコストを抑えられるので毎日美容や健康で炭酸水を使う人には特におすすめといえます。

好みに合わせて炭酸の強さを調節できる

炭酸水メーカーは種類によって炭酸の強さを調節できるものがあります。水代わりに飲むときは微炭酸で、炭酸洗顔やお酒やジュースで飲むときは強炭酸など炭酸の強弱を用途や好みに合わせて調節できるのはメリット。急な来客の時にもサッと炭酸水を使って、おしゃれなスパークリングドリンクやお酒のソーダ割りでおもてなしが叶います。

炭酸水メーカーのデメリット

初期費用が高い

前述でもお伝えした通り、炭酸水メーカーはブランドによって様々ですが初期費用が掛かってしまいます。最初の出費が1万円弱から2万円ほどかかってしまうことは避けられないでしょう。しかし、例えば90円の炭酸水を市販で買うと毎日一本購入、半年で16,200円かかります。一方炭酸水メーカーで炭酸水を作ると1回30円ほど。同じ半年でも5,400円ほどと市販で買うよりも半額以下のコストで済みます。これが一年以上続くとはるかに初期費用の元分は回復できることは確か。シリンダーやカートリッジを買ったとしても、トータル的なランニングコストは良くなるので長い目で見ればお買い得と言えます。

炭酸水メーカーの種類

カートリッジ式

初心者にとって使いやすい

炭酸ガスメーカーには炭酸ガスの充填方法の違うカートリッジ式とシリンダー式の2つのタイプがあります。カートリッジ式はガスカートリッジを炭酸ガスメーカーにセットして炭酸ガスを作り出す方式です。カートリッジ式のデメリットはシリンダー式に比べてランニングコストがかかること。1回分、約1リットルの炭酸水を作れるガスカートリッジが主流になっています。

1度にひとつのカートリッジを使い切る方法なので初心者には扱いやすく使い勝手の良い方式になっています。一回分ですが約1リットル分と充分な容量を作ることが出来るので、少量で何度もカートリッジを替える必要があるわけではありません。また、ガスカートリッジの炭酸水メーカーはコンパクトで持ち運びにも便利なのでアウトドアなどでも活用できるでしょう。使用後は燃えないゴミとして不燃物で処分する必要があります。

シリンダー式

炭酸1L当たりのコストが安く済む

シリンダー式は、ボンベ型のシリンダーを炭酸水メーカーにセットして炭酸ガスを充填します。一般的にガスシリンダー1本で約60リットル分の炭酸水を作ることが出来ます。炭酸の濃度が調整できるのもシリンダー式のメリットといえるでしょう。シリンダー式は多いもので最大142リットルもの炭酸水が作れるものもあります。

使用後のシリンダーは家庭で処分が出来ません。メーカーに返却して処分するか、使い終わったシリンダーを返却して新しいシリンダーを購入する方法があります。シリンダーの強みは、高いコストパフォーマンスと炭酸の強さを調節できる点。強炭酸が特に好きという方は是非、シリンダー式をおすすめします。

炭酸水メーカーの選び方

用途に合わせて選ぶ

お酒を割る用になら強炭酸がつくれるものを

お酒や果実シロップを炭酸で割るサングリアなどには強炭酸がおすすめです。炭酸水メーカーの中には、価格は高めですが炭酸の強度を選べるタイプがあります。このタイプは炭酸水の活用の幅が広がって色々楽しむことが出来るでしょう。また、女性の間で流行っている炭酸水パックや炭酸水洗顔なども強炭酸がおすすめ。よりきめの細かい泡の粒子が肌の角質層まで洗い流して効果を高めることが出来るのでおすすめですよ。

水以外のジュースなどにも炭酸の注入が可能なモデルも

また、炭酸水メーカーの使い方としておすすめなのが、一度抜けてしまったコーラなどの炭酸復活や、ジュースや微炭酸の飲み物に強炭酸を加える方法。そのままで飲むよりもカロリーが抑えられるだけでなく、のどごしが良くなりパンチが効くので若い人には特におすすめです。炭酸水メーカーには水以外のジュースやお酒などに、直接炭酸ガスを注入できるものがあります。濃い味わいで爽快なのどごしが欲しいという方は、様々な液体に対応するタイプを選んでくださいね。

使いやすさで選ぶ

1人分用なら350mlから500mlのミニタイプを

炭酸水メーカーを選ぶ際に、ぜひ考慮してほしいのが1回に作ることのできる炭酸水の容量です。特にカートリッジ式は1度に作れる量が決まっていますので購入の際に注意が必要です。1人暮らしであまり多くの量を飲まないという場合には350mlから500mlのミニタイプのもので充分。不必要に多く作ってしまうと飲みきることが出来ずかえってコストがかかってしまいます。一方家族が多い、来客がよく来てお酒を飲む、美容にも使いたいという人にはシリンダー式がおすすめ。カートリッジ式でも、1度に作れる量が1L以上のものを選べば問題なく使いきることが出来るでしょう。

自動ガス抜き機能付きなら時短できる

炭酸水メーカーに自動ガス抜き機能が搭載されているものは、ボトルを外す際に自動でガス抜きしてくれるのでお手入れが楽に済みます。ガス抜きのために炭酸ガス注入後、しばらく放置してガス抜きを待たなければならないものがあります。このタイプは、欲しいと思ったときにすぐに炭酸水を作ることが出来ないので面倒さを感じてしまうことでしょう。予算は高くなりますが、自動ガス抜き機能があればストレスや手間なく炭酸水を作ることが出来るので忙しい人には特におすすめです。

炭酸水メーカーのおすすめブランド・メーカー

Soda Sparkle(ソーダスパークル)

簡単な操作とシンプルデザインが魅力のブランド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

水はもちろん、ジュースやアルコールにも炭酸水が注入可能なソーダスパークル。スタイリッシュで持ち運びが便利なシンプルなデザインが特徴です。ソーダスパークルのボトルには耐久性と安全性の高いトライタン素材を使用しているので長く愛用できるでしょう。また、コンパクトなので自宅でも外出先でもそのまま持ち運びができるのもポイント。

Soda Stream(ソーダストリーム)

元祖炭酸水メーカーで世界中で大人気ブランド

ソーダストリームは、毎年約20億リットル分の炭酸水を提供している世界No.1の炭酸水メーカーブランド。ガスシリンダー式でシリンダーの返却や追加購入が必要ですが、取扱店舗は全国に多数点在。東京都だけでも取り扱い店舗は270店舗を超えます。また、ソーダストリームの公式サイトではソーダストリーム製品を使ったおすすめレシピや活用法が多く載っています。炭酸水生活を存分に楽しむための工夫がいっぱいです。

GREEN HOUSE(グリーンハウス)

使い手が使ってうれしくなるモノづくりにこだわったブランド

グリーンハウスはパソコン関連機器から、キッチンやライフスタイルに至るまで様々な製品やブランドを扱う国内ブランド。そんなグリーンハウスから出ているオーストリア生まれの炭酸水マシン「ツイスパソーダ」はとても人気の高い商品です。カートリッジ式でありながら、今まで難しかった水以外の飲みものにも対応しています。炭酸カートリッジにはオーストリアの製造者、製造時期、原料すべての情報が一括開示ができるシリアルナンバー付き。徹底的な安全管理の元に製作された製品が消費者にとって安心だと評価が高くなっています。

drink mate(ドリンクメイト)

様々なサイズ展開でお気に入りの大きさが必ず見つかる

直接炭酸注入が可能な製品や、水のみのシンプルモデル、最大142Lもの大容量タイプなど様々なカテゴリーからご自身の用途に合ったものが選択できます。特に、ドリンクメイトのマグナムシリーズは1L当たり約25円の最安値コストパフォーマンスを実現。ノズルは丸ごと丸洗い可能なので、いつでも清潔に使用できるメリットもあります。お好みに合わせたカラーと種類、大きさから選択肢が広がり欲しいサイズやカラーが見つかることでしょう。

おすすめ&人気の炭酸水メーカーランキング

カートリッジ式でおすすめの炭酸水メーカー

SodaSparkle‐スターターキットイージーモデル (7,538円)

炭酸水づくり初心者のためのスターターキットモデル

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

いつでもどこでも持ち運べるサイズ感がいい。欲しい時にフレッシュな炭酸水が、たった35秒で完成するのもストレスフリーで嬉しいですよね。初めて使う人でも簡単に炭酸水づくりができるようにスターターキットとして改善されています。キャップの中にガスカートリッジをセットしてしっかり蓋を閉めた後、一気にキャップをひねると出来上がり。面倒な手間がかからず短時間で誰でも簡単に作れます。

サイズはちょうどいい1L。ボトルのまま保存できる便利なキャップ付きなので、キャップを閉めて冷蔵庫で保管も可能です。カートリッジが5つ付属されていますので、購入したその日からすぐに炭酸水づくりが楽しめます。

グリーンハウス‐ツイスパソーダ(6,461円)

ドリンクの量が少量でもしっかり炭酸注入可能

飲み残して炭酸が抜けたジュースやごく少量のドリンクに炭酸を注入したい。強炭酸がいいからドリンクは少なめに。そんなドリンクの量が少なくノズルが液体部分に届かなくてもしっかり炭酸を注入出来るのがこの製品のポイントです。

スタイリッシュなデザインは、キッチンやリビングどこにおいてもおしゃれに見えます。また電源不要なので、いつでもどこでも使うことが出来るのもメリット。水なら最大950ml、ジュースやお酒なら720mlの炭酸飲料を作ることが出来ます。

セブンセブン‐ソーダサイフォン(12,150円)

タンブラー専門の会社が作る安心の日本製

バーやクラブでバーテンダーがカクテルやアルコール割りに使う微炭酸の炭酸が作れます。見た目もスタイリッシュでおしゃれ、炭酸が抜けにくいサイフォン式です。広口ボトルなので、氷をそのまま入れて冷たさをしばらくキープできるのもポイント。

サイフォンで炭酸ガスを注入後、ステンレスボトルに入れたまま冷蔵庫でしっかり冷やすのがおすすめの飲み方。30分ほどしっかり冷やすと炭酸ガスがボトル内で水にうまく溶けて滑らかで細かい微炭酸が出来上がります。ジュースやお酒割りに特におすすめです。

日本炭酸瓦斯‐ステンレスサイホン(13,000円)

高級感のあるシックなスタイルが魅力的

サイフォン式は、完全に密封されているため3日から4日は炭酸の刺激を楽しめるのが魅力です。必要な分だけ、グラスに注いだ水やお酒にシュッとひと吹きするだけで、炭酸飲料に早変わりします。お客さんが来た時のパフォーマンスには最適の方法で炭酸注入が叶うでしょう。

ソーダカートリッジ1本で1Lの炭酸飲料を作ることが出来ます。1Lでは少し多いという人も、数日炭酸が抜けずに密閉保存が出来るので忙しい人に最適でしょう。サイフォン式炭酸メーカーならではの、優しく滑らかな泡の舌触りを感じられます。

日本炭酸瓦斯‐エスプーマスパークリング(23,541円)

フルーツにも炭酸ガス注入ができてフルーツデザートが楽しめる

こちらのモデルの嬉しいポイントは、水や液体はもちろん液体以外にも炭酸注入が可能なこと。フルーツを絞ったペーストや、カットしたフルーツに炭酸を加えることが出来ます。シュワシュワとしたフルーツの新感覚な食感が楽しめます。

このカートリッジ式メーカーのデメリットは炭酸注入まで3時間ほど時間がかかる点。ほんの数秒で炭酸水を作りたいという人には向きません。ただし、ペースト状の果汁や、ゼラチンを加えたゼリーやムースなどにも炭酸注入が可能な製品はほとんどないので、デザートづくりに役立てたいという人にはおすすめのモデルです。

メイスイ‐ソーダメーカー(12,800円)

品質にこだわった炭酸ガスが作れる安心の日本製

これまで見てきた通り、サイフォン式は炭酸が抜けにくいのが特徴。冷蔵庫でそのまま保存が可能なので、飲みたい分だけ新鮮な炭酸水を味わえます。
この製品の特長は広口ボトルになっているので、氷をそのまま入れて冷たさキープも可能なのも嬉しいポイント。

品質にこだわる浄水器メーカーの炭酸水メーカーだからこそ、きめの細かい良質な炭酸がカートリッジ式で楽しめます。カートリッジ1箱で500mlのペットボトル20本分のごみを節約でき、使用済みのカートリッジは不燃物として処理が可能。メーカーに返却する必要がないのもおすすめのポイントです。

シリンダー式でおすすめの炭酸水メーカー

ソーダストリーム‐GenesisDeluxe v2(12,960円)

同ブランドの中でも安価モデルですが炭酸濃度は他より高め

この製品のポイントは、水受けを搭載していること。万が一こぼれた時や、汚れた時にもお手入れをしやすいモデルになっています。同ブランドの他の炭酸水メーカーと比べて安価モデルですが、「ガスのシリンダー交換がしやすい」、「炭酸濃度が濃い」などの高評価のレビューが多い製品です。

ランニングコストは1L当たり61円と決して安くはありませんが、シリンダーの取り扱いのしやすさや手入れのしやすさが高評価につながっています。炭酸の濃度はプッシュ数に応じて調節できるのも、お好みに合わせて使いやすいポイントといえるでしょう。

ドリンクメイト‐マグナムスマートスターターセット(10,350円)

水専用モデルで美容に取り入れたい人に使いやすい

炭酸洗顔や炭酸パックで美容効果を体感している人にとっておすすめの水専用モデル。水のみでの扱いなので価格も1万円前後で手に入ります。1Lあたり25円で炭酸水を作ることができ、1本のシリンダーで最大142Lの炭酸水を作ることが出来ます。

毎日、美容や健康に気をつけて炭酸水を飲んでいるヘビーユーザーや、美容に取り入れている人にとっては容量が大きいのは必須。毎朝1L作れば飲んでも、洗顔に使っても充分な量を得られるので、多くの美容愛好家や女性に愛用されています。

sodastream-スピリットスターターキット(15,120円)

500ml当たり約18円の低コスパの炭酸水メーカー

世界で一番売れている炭酸水メーカーのスターターモデル。炭酸水は500ml当たり約18円、コーラやジンジャエールなどの炭酸飲料水は、約54円で作ることが出来ます。また、同ブランドで販売されている凝縮シロップを使えば、美味しい炭酸飲料がより経済的に出来上がるでしょう。

またこの製品の嬉しいポイントは、通常の1Lボトルのほかに500mlのミニサイズボトルが付属されていること。飲みきることが出来ないくらい少量で充分という時に500mlと1Lのボトルがあれば、用途に合わせて選ぶことが出来ます。毎日のように炭酸を飲んだり使ったりする方は、よりお財布にエコなソーダストリームがおすすめ。

ドリンクメイト‐マグナムグランド(21,470円)

圧倒的な炭酸ガスの注入パワーと真空性が魅力

ドリンクメイトのマグナムシリーズの炭酸持続パワーは圧倒的。一般的なペットボトルの強力炭酸クラスを上回る炭酸濃度を実現しています。5分経っても強力炭酸がコップの中でシュワーと弾け続けるのを実感できることでしょう。加えてこのモデルは水だけでなく、水以外の飲み物にも炭酸注入が可能な上位モデルになっています。

操作の仕方も簡単なのもポイント。本体上部のボタンを3回ほど1、2秒ずつ押すと超強力炭酸が瞬時に出来上がり。水以外のジュースやお酒なら1回で350ml作ることが出来、コップ3杯分を注ぐことが出来ます。また、ガス注入口も丸ごと水洗いが可能なのも衛生的にお手入れができる嬉しいポイントになっています。

sodastream- Source v3(20,520円)

従来モデルより2つの新機能が加わった最新モデル

専用ボトルをワンタッチで簡単に取り付けられるスナップロック機能で従来モデルよりも着脱がスムーズに。機械正面のLEDランプは炭酸の強弱を目で知らせてくれるおしゃれなお知らせ機能が追加されました。忙しい生活の中でも、使いやすさとスムーズさ、おしゃれ度を完成させた上位機種になっています。

有名デザイナーのイヴ・ベアール氏と共同開発したシンプルな中にも、クオリティの高いおしゃれな外観が魅力的。置く場所のインテリアを邪魔せず、キッチンに置くとよりスペースをおしゃれに演出してくれることでしょう。自動ガス抜き機能が搭載されているので、ガス抜きの必要がなく不快な音もしない静音設計なのも魅力的。

コスパでおすすめ炭酸水メーカー

SODAMINI‐炭酸水メーカー(10,584円)

市販の500mlのペットボトルでは多すぎるという方におすすめ

本体はスリムで置きやすい、350ml分の炭酸水を作れるコンパクトサイズの炭酸水メーカーになっています。見た目のカラーもブラック・ホワイト・レッドの3色展開で、おうちのインテリアによく馴染むカラーとデザインが魅力的でしょう。

市販の500mlでも大きすぎる、コップ一杯分の炭酸水が作れるコンパクトサイズが良いという人に特におすすめ。見た目は可愛いのにガスの注入濃度はとてもハードに入るので、強力な炭酸が欲しい人には大満足でしょう。微炭酸がいい人には自分好みの調整を見極めて使う必要があります。

ドリンクメイト‐炭酸水メーカースターターキット(16,070円)

ガス注入ボタンを押す回数で炭酸の強弱を選択可能

電源接続不要なこちらのタイプはキッチンやリビングはもちろん、キャンプやアウトドアなど置き場所を選びません。水はもちろん、水以外の飲み物にも対応できます。使った後はノズルごと丸洗い可能なので、ニオイ残りや味の残りを感じず衛生的にお使いいただけます。

取り外し可能なインフゥーザー(ボトルキャップ)は、ガスを安全にリリースできる特許登録済みのコントロールタブを使用。より扱いやすく、安全に使用できるモデルです。1本のシリンダーで最大142Lの炭酸水を作れ、1Lあたり25円のコスパになっています。

sodastream-ソースパワースターターキット(31,320円)

他では味わえない極上の炭酸水が1杯たった18円で

同ブランドモデルと同様、エコで炭酸水が作れるのに加え、こちらのモデルは全自動タイプ。ボタン1つで微炭酸から強炭酸まで3つのレベルを自動で生成してくれます。購入時には付属で約60L分の炭酸水が作れるガスシリンダーも付いてくるので、たっぷり長く1本で使っていただけます。

ワンタッチでボトルの着脱ができるスナップロック機能や、炭酸の強弱をガスが注入されるたびにLEDランプでお知らせしてくれるなど機能性もばっちり。製品デザインも、プラダの香水ボトルを手掛ける世界的デザイナーとの共同企画なので、洗練されたおしゃれな見た目になっています。

sodastream-ミニデラックス(12,960円)

シリーズ最小設置サイズのスリムデザインを実現

ソーダストリームの高性能機能はそのままに、どんな空間にもフィットするスリムデザインを実現したモデル。ソーダストリームの1Lサイズでは自分には多い人や、1人暮らしの人におすすめのサイズでしょう。25Lのガスシリンダーになっています。

ソーダストリームシリーズの快適な使いやすさに加えて、口コミでも炭酸の強さや美味しさが高評価。下がしびれるような荒っぽい炭酸ではなく、飲みやすく上品な強炭酸が魅力的。ホワイトとレッドの2色展開でお好みに合わせて選ぶことが出来ます。

まとめ

自分の好みの炭酸水を作れる炭酸水メーカーを選ぶのがカギ

炭酸水メーカーを選ぶ際に重要視したいポイントは、自分がどんな炭酸を飲みたいかということ。ご自身が炭酸水に求めるもの、炭酸の強弱やお酒やジュースに使いたいなど考えることです。中には美容用に取り入れたいという人もいることでしょう。より経済的に、より自身のお好みに合わせて楽しく使うためにも、好みにピッタリ合ったものを選ぶようにしましょう。そうすれば、もう市販のものでは物足りなくなりますよ。ぜひ皆さんもこれからずっと毎日のドリンク生活に寄り添う最適な炭酸水メーカーを選んでくださいね。