【人気のライスポット】ふるさと納税で貰えるバーミキュラの炊飯器と還元率まとめ

今の時代、大勢の人から注目されることの多くなったふるさと納税。気になっているけれど迷われている方や、既にどこかの自治体へ納税された方もいらっしゃるのではないでしょうか?ふるさと納税を考えていらっしゃる方が気になる事といえば、やはり自治体から送られてくる家電の返礼品かと思います。中でも炊飯器の返礼品象印シャープの返礼品が人気ですが、今回はお料理好きな方からも大評判の「バーミキュラ」をご紹介します。海外製品の流行により、日本でもよく知られるようになった鋳物ホーロー鍋。バーミキュラは安心の日本製品の鋳物ホーロー鍋なのです。複数の商品を愛用される方も多くみえます。「普通のお鍋とどう違うの?」「バーミキュラの炊飯器もあるって本当?」「トースターや他のキッチンウェアもあるの?」といった、皆様からの素朴な疑問にもお答えします。

バーミキュラとは?

バーミキュラは安心の日本製炊飯器&鍋

バーミキュラの商品は鋳物ホーロー鍋である「オーブンポットラウンド」と、鋳物ホーロー鍋とIHヒーターが一つになった炊飯器「ライスポット」があります。その他、エプロンなどのキッチンリネンやレシピ本などの書籍がありますが、トースターは現時点ではありません。

バーミキュラで野菜も美味しく食べられる

オーブンポットラウンドは「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」として、日本の職人の手により開発された鍋です。無水調理を可能とする非常に気密性の高い鍋で、野菜の水分や食材の旨味を逃がしません。その高い機能性は、日々の暮らしもより良く変化させてくれます。

バーミキュラと通常の鍋との違い

鍋底の形状が異なる

「子供が野菜を食べるようになった」「調味料を使わなくなった」「外食しなくなった」などの口コミも、バーミキュラ愛用者から多く寄せられています。バーミキュラの鍋底は平らでは無く、グリルパンのような特殊なリブ加工の凹凸になっています。この凹凸により焦げ付きを防止することができます。

蓋にもひと工夫されているのが特徴

そして食材を対流熱や輻射熱で、周りから加熱出来るよう配慮されています。また鋳物ホーローの製品は、高性能ですがどれも重たいのが難点です。しかし日本製のバーミキュラは、蓋の両側に取っ手がついています。女性にも嬉しい心配りが感じられますね。

ふるさと納税でバーミキュラの返礼品が貰える自治体

福島県南相馬市(寄附金額280,000円)

バーミキュラを返礼品として扱う唯一の自治体は福島県南相馬市

現時点で返礼品としてバーミキュラを取り扱っているのは、福島県南相馬市のみとなります。そしてホーロー鍋とIH調理器が一体となった、バーミキュラの炊飯器「ライスポット」が返礼品となります。

「ライスポット?炊飯器はもう持っているし、うーん…」と思われる方も多いかと思います。しかし、バーミキュラの「ライスポット」は、一般的な炊飯器とは一味も二味も違います。まず、お米を炊く内釜にあたる部分がホーロー鍋で出来ています。

バーミキュラ炊飯器の内釜は取り外し可能でお鍋としても使用出来る

ホーロー鍋は取り外し可能でコンロでも使用出来るのが、バーミキュラの炊飯器の嬉しい特徴です。この炊飯器には炊き上がった後の保温機能はありませんが、冷えても美味しいお米はこのライスポットの特徴です。

保温機能が無い炊飯器と聞くと不安になる方も少なくないかと思います。しかし、常温でも美味しく頂けるお米でしたらお弁当にも最適ですし、今では、レンジなど温めるツールをお持ちの方が殆どではないでしょうか?

お米を炊くだけでなく様々な料理も作れるバーミキュラのライスポット

「バーミキュラ ライスポット」は、炊飯はもちろんのこと、煮物、蒸し物、低温調理、蒸し物まで1台で何でもこなせる、万能調理器具です。無水料理やローストなどの料理も出来ます。 

お洒落なパーティーメニューもおまかせ

このバーミキュラのライスポットが手に入ったら、ホームパーティーの主役級のメニューも簡単に作ることが出来ます。外食しなくとも、ご家族でレストランに行かれたような気分が味わえるかと思います。

なぜふるさと納税の返礼品でバーミキュラの返礼品が貰えるのか?

東日本大震災の復興支援としてふるさと納税の返礼品に

福島県南相馬市は2011年の震災で大きな被害を受けました。市を支援する団体が立ち上げたふるさと納税のサイトからのみ、返礼品が受け取れます。現在も復興中の南相馬市を、ふるさと納税で支援することにも繋がります。

東日本大震災から年月は経ちましたが、まだ震災の爪跡は様々なところに多く見られます。震災を風化させず復興の輪を広げて行くため、普遍的に愛される商品を返礼品として取り扱っているのは素晴らしい取り組みですね。

ふるさと納税でバーミキュラの返礼品分の寄附が全額控除できる年収目安

ふるさと納税でバーミキュラの寄附金全額控除できる年収目安は約1,500万円

寄附金の全額控除を受ける場合の、必要年収の目安は1,500万円前後です。一般の平均的な年収の方には少し厳しいですが、被災地の復興支援に直接貢献することができます。あなたの納税で救われる方がきっといらっしゃるでしょう。

全額控除は無くとも、返礼品を受け取る以外のメリットを感じられる方も多いのではないでしょうか?ふるさと納税をし返礼品を受け取ると同時に、納税先の自治体や、南相馬市で暮らしを営んでいらっしゃる皆さんの事も考えられたらいいですね。

ふるさと納税でバーミキュラの返礼品に寄附申込できるサイト

南相馬市をファッションで支援 Noma-style

Noma-styleは、ファッションとライフスタイルから福島県南相馬市を支援する、ふるさと納税サイトです。取り扱っている返礼品は南相馬市で作られたものではありません。

日本各地で作られた返礼品が南相馬市との架け橋に

取り扱っている返礼品はNoma-styleのプロジェクトに賛同している企業やブランドのものになります。たとえ南相馬市産や福島県産のもので無くても、復興支援に貢献したい思いが多くの企業やブランドと南相馬市との繋がりを生んでいます。

ふるさと納税で貰えるバーミキュラで人気の返礼品と還元率

バーミキュラ ライスポット(VERMICULAR RICEPOT)寄附金額280,000円(福島県南相馬市)

炊飯器というより万能調理器具という呼び名が相応しいライスポット

前述いたしましたように、現時点で唯一のふるさと納税の返礼品であるバーミキュラ商品です。炊飯器として使用していただくのはもちろん、内釜にあたる部分を取り外してお鍋として使って頂いている方もたくさんみえます。

炊飯器は既に1台はお持ちの方が、ほとんどでしょう。しかし、このライスポットは炊飯器という呼び名では表せないほどの、多機能で高性能な商品。お手持ちの炊飯器もそのまま使いつつ、こちらは毎日のメインディッシュやおかずの調理に使うのもおすすめです。食卓に並ぶ料理の種類がますます増えそうですね。

還元率は31%

還元率は31パーセントと決して高いとは言えません。しかしあなたが南相馬市へ納税し、南相馬市の復興支援への貢献に賛同しているバーミキュラの返礼品を受け取ることが出来るのは、とても意味のあることではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。