おすすめの卓上IHクッキングヒーター人気ランキング!【一人暮らしにも】

引っ越し先に備え付けのコンロがない場合や、団欒の際に使用したい卓上タイプをお探しの方におすすめの卓上IHクッキングヒーター。設置工事が不要で、その日からすぐ使うことの出来る調理家電です。特に、卓上IHクッキングヒーターは、火を使わないので安全性が高く、お年寄りやお子さんがいる家庭にも使いやすい仕様になっています。特に一口の卓上IHクッキングヒーターは食卓を囲んで楽しむ鍋料理にもおすすめ。料理が一層安全に楽しく行えるIHクッキングヒーターの特徴やおすすめの選び方をご紹介します。購入を検討しておられる方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。




卓上IHクッキングヒーターの特徴

火を使わずに調理が可能なので火災が発生しにくい

磁力線の働きにより、鍋底自体を加熱する仕組みの卓上IHクッキングヒーター。使用できる鍋やフライパンの素材は、鉄やステンレス製などIH対応素材でを使用する必要があります。すでに持っている調理器具が使えないということで、不便さを感じる人がいるのも現実。しかし、火やガスを使わないので火災発生率はグッと低く、お年寄りの火の消し忘れによる火災の発生を各段に減らすことが出来ます。また、調理後はガラスプレートを拭くだけで手入れが可能、掃除が簡単なのも卓上IHクッキングヒーターのメリットと言えるでしょう。

ガスを使わないので光熱費は電気代だけ

卓上IHクッキングヒーターの場合、必要なのは電気代です。一方、同じ卓上タイプのカセットボンベ式ガスコンロは、ガスボンベを使用することになりますが、ガス式とIH式どちらがコストが安いのでしょうか。例えば、カセットガスコンロを強火で約1時間使用すると、250gのボンベ1つがなくなってしまいます。そこで、同じ強火でIHクッキングヒーターを使った場合、1時間の消費電力は大体、1.5KWhで37.5円ほどになります。ですから、カセットボンベ1本が100円弱だとすると、卓上IHクッキングヒーターの方が消費コストが安いことになるのです。

またガスボンベの廃棄には手間がかかることや、ガスボンベを消費するたびに補充するという手間を考えるとIHクッキングヒーターはおすすめ。1時間調理を強火で行い続けるということはまずないので、さらに電気代コストを軽減することが出来るでしょう。

卓上IHクッキングヒーターの種類

1口タイプ

一人暮らしにの方にもおすすめのコンパクト型

卓上IHクッキングヒーターには1口タイプと2口タイプの物が一般的です。特に、1人暮らしで新居に備え付けのコンロがないときは重宝します。1口タイプはコンパクトで場所もとらないので、狭いキッチンでも置きやすいでしょう。

また、このタイプはマグネット式のコンセントになっているので、簡単に取り外しが可能。友人たちと鍋料理を囲みたい時はそのままテーブルに持っていくことが出来る手軽さがポイントです。メインコンロとして使えるのはもちろん、家庭用の補助コンロとしても常備して置ける手軽さは1口コンロの魅力と言えます。

2口タイプ

ガスコンロのように家庭調理用として使える

2口用IHクッキングヒーターの最大の魅力は、メインコンロとして使って申し分のないところです。そこで、2口タイプを購入する際に考慮してほしいポイントは、W数。一般的な家庭や、集合住宅、マンションで使用できる100V20Aのブレーカーで使える電力は最高でも1500Wまで。ですので、1400Wまでの卓上IHクッキングヒーターを選びましょう。

1400Wに対応した製品の機能の中には、1000Wのセーブ運転が可能なものもあります。このタイプは、よりブレーカーが落ちる心配は回避されますので選ぶ際の参考にしましょう。特に単身者用の賃貸住宅の場合は、さらに契約している電気の容量が少ないので事前に確認してから購入するようにしてくださいね。

卓上IHクッキングヒーターの選び方

火力が何段階に調節できるか確認する

鍋料理には1000wを目安にパワーのあるタイプを

前述でも述べた通り、一般家庭は100V20Aで使える電力は1500Wになっています。限界電力を考えて、800Wほどの少ない電力タイプの製品を選んでしまうと火力が弱く後悔することも。特に鍋料理や、しゃぶしゃぶ料理など火力を一定に保つ場合には、火力の少ない低いW数のものを選ぶと物足りなさを感じてしまうのでご注意くださいね。家庭用鍋料理などに使いたい場合は、パワーがありながらも火力を調節できるものを選ぶと様々なシチュエーションで使うことが出来ます。

お菓子や揚げ物料理には調節できる温度の段階もチェック

火事の原因で多いのは揚げ物中の事故。この点でIHクッキングヒーターは火を使わずに調理が可能なので、火災のリスクを一層低くしてくれます。特に様々な料理に対応する調理モードが付いていたり、揚げ物モードなどの機能は便利。ガスと比べてモードをONにしておけば、一定の温度にキープしてくれるので調理がしやすくなるでしょう。特に、お菓子や揚げ物作りでIHクッキングヒーターを導入したい方は、ぜひ調理モードが豊富に搭載された製品を選びましょう。

使いやすいタイプを選ぶ

食事の際に使うならコードの長さが長いものを

食卓で鍋を囲みながら楽しむために卓上IHクッキングヒーターの購入をお考えの方は、コードの長さも念頭に入れて選びましょう。コンセントの長さが短いと、別に延長コードを用意する必要があります。電気コードに足や物を引っかけて調理中のヒーターを動かしてしまってはとても危険です。十分な長さのコードが付属してある商品を選んで、家族の団欒を快適なものにしましょう。

運転音が気にならない静音設計だと食卓の会話を遮らない

意外にもIHクッキングヒーターを購入した人の後悔した意見で多かったのは、モーター音のうるささでした。特に、テーブルの上に置いたときに感じるモーター音と振動が気になるもの。普段の会話の声や静かと言える騒音値は50㏈程度。それ以上の大きさのデジベル数値はうるさいと感じてしまうので選ぶ際の参考にしてくださいね。インターネットの口コミや商品情報を確認しながら、静音性のあるものを選ぶようにしましょう。

安全機能のついているもので選ぶ

コードがマグネット式なら足を引っかけても安心

ダイニングテーブルや、座卓でIHクッキングヒーターを使用する場合、安全性も考慮に入れておきましょう。特に、コードで足を引っかけて鍋ごとひっくり返ってしまうのは大きな事故につながりかねません。そこでおすすめなのが、マグネット式コードです。万が一の場合もコードが本体からすぐ外れる仕組みになっていますので、鍋ごとひっくり返る危険が大幅に回避できます。十分な長さのコードを選ぶか、このようなマグネット式タイプを選ぶようにしましょう。

お子さんがいるならチャイルドロック機能付きのものを

家庭に小さなお子さんがいる場合に気を付けたいのが、不慮の事故ではないでしょうか。子どもの行動は予測が付かないので、卓上IHクッキングヒーターを選ぶ際には、安全機能が充実しているものを選ぶことをおすすめします。特に、電源の切り忘れを防ぐ機能や、何も載っていないときに自動で電源を落とす機能は知らずに子どもが触った時に火傷するリスクを防げます。また、金属製のフォークやスプーンにIHが反応しないようにする小物発熱防止機能なども。こどもが興味本位で触って、設定を変えられないようにするチャイルドロック機能もありますのでそれぞれの必要性に合わせて選ぶようにしましょう。

卓上IHクッキングヒーターのおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

キッチン周りのレベルアップはPanasonicにお任せ

家庭で使う家電ならパナソニックが1番というほど、国内メーカーの中では信頼を置く大手メーカー。パナソニックのIHクッキングヒーターは1人暮らしに最適な卓上タイプから、ビルトインや据え置きタイプなど多くの種類を輩出しています。また、製品によってはアルミや雪平鍋など今までIHクッキングヒーターでは使用不可だった素材も使用可能な高性能タイプも充実。機能やでデザインが豊富なので、ご自身に最適な1台が見つかることでしょう。

アイリスオーヤマ

低価格で最良のIHクッキングヒーターが見つかる

コスパ抜群の卓上IHクッキングヒーターが欲しいなら、アイリスオーヤマがおすすめ。コンパクトで機能性の高い製品が低価格で販売されているのでお財布に優しく手に入れられます。2口タイプのガラストップでも価格は1万円以内。静音設計で安全、便利機能も充実しているのにお財布に優しいのは嬉しいポイント。低価格で手に入るので、補助コンロを探している方にも選択肢に入れやすいでしょう。

T-fal(ティファール)

シンプルなデザインでありながら様々な料理に使える機能性が抜群

調理器具メーカーだからこそ、自社デザインのフライパンや鍋を引き立てるシンプルデザインが魅力的。シンプルでありながらもスタイリッシュで洗練された見た目になるようにプロダクトデザイナーによって設計されています。ボタンも少なく、シンプルなのに機能面はとても充実。煮る、揚げる、湯沸かしなど6段階、4つのコースを選べる機能性が搭載されています。調理をより楽しく安全に、正確にをモットーとした自社の心意気を感じられる製品が充実。

おすすめ&人気の卓上IHクッキングヒーターランキング

火力でおすすめの卓上IHクッキングヒーター

Cusimax-卓上IHクッキングヒーター(7,260円)

最大火力は安心の1.4kwで炒め物や揚げ物も調理可能

7段階の加熱調理機能で温め、焼く、煮るはもちろん、一定の火力がないと料理がおいしく仕上がらない揚げる、蒸す、炒める機能が充実。これ1台ですべての調理が美味しく作れるので、1人暮らしの方のメインコンロとしてもお使いいただけます。サイズも幅27.6cm、奥行き34.5cmとコンパクトタイプになっているので、ワンルームの小さなキッチンでも使いやすいサイズになっています。

100V電源なので、一般家庭やアパートの電力にもしっかり対応。専用電気工事も必要ありません。鍋センサー機能や、異常温度上昇防止機能、電源切り忘れ機能など、火事や事故を防ぐ安全機能も充実しています。安全面でも機能面でもバランスの取れた製品と言えるでしょう。

アイリスオーヤマ-卓上IHクッキングヒーター(7,980円)

みんなでわいわい楽しめる鍋用が欲しいならこれに決まり

こんなIHクッキングヒーターが欲しかった、ありそうでなかった便利な対面スイッチ付き。前後どちらからも火力調節が可能なので、だれか1人に鍋奉行を任せなくても大丈夫。みんなでワイワイ鍋を囲みながら、会話を遮ることなく温度調節が可能です。メインパネルには充実の機能が満載で、コース選択や1000Wセーブ機能も搭載されています。

最大火力は1400Wとどんな調理にも対応可能。消費電力を抑えたい時には1000Wにキープして調理も可能ですので、状況に応じて調理を楽しむことが出来るでしょう。電源コードは1.8mと長さも十分。マグネット式なので、万が一手足を引っかけてもコードが本体からすぐ外れるので安心です。

コイズミ-IHクッキングヒーター(5,340円)

メインコンロとしても使用可能な火力が魅力

揚げ物機能は140度から200度までの細かい温度設定が可能。ドーナツなどの低温で揚げるお菓子作りから、コロッケやとんかつなどの高温で揚げる揚げ物料理に使えます。高温でしっかり揚げることが出来るので、中までしっかり火を通しながらカリッと仕上がり献立の質が向上。

また、揚げ物機能に加えて長時間の煮込み調理にも最適。1分から9時間55分までタイマーを設定でき、じっくり低温で煮込みたい煮物やカレーの時にも大活躍します。一方、急速加熱機能もあるので忙しい朝でも素早くお湯を沸かしたり、調理を可能にするのも便利。時間や献立に合わせて様々な調理方法を楽しめるでしょう。

アイリスオーヤマ-IHクッキングヒーターセット(13,100円)

鍋も焼肉も楽しめる嬉しいIHクッキングヒーターセット

焼肉プレートと、IHに対応した深鍋付きなのでわざわざ鍋やフライパンを購入する必要がありません。焼肉プレートは30cmの大判サイズになっているので3、4人前を一気に焼くことが出来ます。深鍋も満水容量3.6Lと4人家族でも大満足な容量。どちらにもダイヤモンドコーティングが施されているので食材のこびりつきや焦げを防ぎます。

深鍋には透明のガラス蓋を採用し、蓋を閉めたままでも中の調理具合を確認することが出来て便利。カレーやシチューなどの煮込み料理にも使用しやすいでしょう。また、焼き肉プレートをより使いやすくするための焼肉モードも搭載。付属の焼き肉プレートで温度を一定に保ちながら、端までしっかり温めるので、最大限に活用できます。

ティファール-デイリーIH(6,770円)

パワフル火力でスピード調理が可能

1400Wのハイパワー火力なので、温度の立ち上がりも早く調理スピードが速くなります。それぞれの調理に合わせた調理コースボタンは、適した火力と温度設定がプログラミングされていて使いやすい。料理から目を離しても勝手にIHクッキングヒーターが温度調節してくれるので、煮込んでいる間に他の仕事が出来るメリットがあります。

ソースパンから中華鍋までの幅広いサイズの調理器具をしっかり検知し対応しています。点字表記もボタンに施されているので、目が不自由な方にも安心して使用していただけるでしょう。IHトッププレートにはセラミックガラスを使用し、フラットでお手入れがしやすい仕様になっています。

東芝-IH調理器(11,666円)

最大火力は1420Wの高火力機能搭載のIHクッキングヒーター

この製品は高火力性能搭載なので、あらゆる調理の時短調理が叶います。従来の製品では、1Lの水を沸騰させるのに6分半かかっていましたが、本製品では5分50秒と最速化に挑んでいます。少しでも高火力製品が欲しいという人にはおすすめ。購入の際は、ご家庭の限界W数を考慮して選んでくださいね。

本体の薄さを重量も業界トップクラスの軽量化を実現。薄さは39㎜、重量は3kgとコンパクトで軽量タイプになっています。ですので、使わないときはどんな隙間にもすっぽり収まって収納可能なので、片付けの邪魔になりません。最大火力でも34㏈と静音設計なのも嬉しいポイントです。火力と静音性を兼ねそろえた製品になっています。

静かでおすすめの卓上IHクッキングヒーター

アイリスオーヤマ-2口IHコンロ(12,480円)

薄型でスタイリッシュなIHコンロはどんなキッチンにも馴染みやすい

新居に備え付けのコンロがなくても大丈夫。より使いやすく、火事の心配が少なくて済む2口タイプのIHクッキングヒーターを置きませんか。2口タイプのメリットは、左右同時に違う料理が作れるので、時短に調理が可能になります。左側は1400Wまでの高火力調理が可能、右側は、700Wまでの低温調理に対応しています。

調理の方法によって口を選べるのも嬉しいポイント。また、これだけ火力が強く、2口同時に使っても約30㏈ととても静かに調理が出来るので快適です。湯沸かしモードは、お湯が沸くと自動で電源がオフになるので余計な電力を消費しないのも嬉しい。ガステーブルよりも、光熱費の削減が可能で経済的に使用できます。

パナソニック-卓上IH調理器(11,132円)

火力調節機能が広く静音な口コミ満足度大モデル

とろ火から強火まで幅広い火力調節に対応したモデル。お鍋の出汁が作れる鍋だし作りコースや、鍋が煮立ったタイミングで自動的に火力を抑える機能など鍋奉行にとっては充実した機能がたくさんです。また、揚げ物モードでは油の温度を一定に保ち、料理がムラなく均一に仕上げるようになっています。

鍋を囲むときに大切にしたいのは、家族や友人との会話。会話を遮らないよう、最大火力時でもモーター音は35㏈、弱火時に至っては25㏈とかなりの静音設計になっているので、不快感を感じずに会話を楽しむことが出来ます。鍋につきっきりにならずとも、最適な温度と煮込み具合を提供してくれる満足度の高い製品になっています。

山善-卓上IHクッキングヒーター(6,490円)

大きめの表示窓はカラー液晶パネルで見やすく使いやすい

軽量コンパクトで横置きも縦置きも可能な使いやすく、収納しやすい卓上IHクッキングヒーター。高火力1400Wでどんな調理にも対応していることに加え、静音設計なので不快な音や振動を感じることなく調理を楽しめます。

価格も他のIHクッキングヒーターよりも安価で手に入るのも嬉しいポイント。大きな表示窓はカラー設計になっていますので、お年寄りにも見やすく操作しやすい仕様になっています。家庭でのサブコンロとして、お客さんが来た時でも取り出しやすく使いやすい製品。ロック機能を解除するには2秒以上の長押しが必要。この機能のおかげで、誤操作やお子さんが誤って触っても心配ありません。

アイリスオーヤマ-卓上IHクッキングヒーター(7,680円)

運転音を抑えた設計で静かに快適に調理が可能

深型の鍋の中身を取り出すには、少し立ち上がって中身を確認していませんでしたか。高さが4cmと圧倒的な薄さの製品になっているので、深型の鍋を使っても中身が見えやすく、取り出しやすくなっています。同メーカーの薄型タイプの中でも、静音性質を向上したモデルなので運転音も静か。

コードも2.5mとさらに長くなっているので、どんな場所でも使いやすいのも嬉しいですね。ブラックのガラストップに、フラットな液晶ボタンになっているので、洗練されたおしゃれな卓上IHクッキングヒーターになっています。ボタン部分も全面フラットなので、汚れてもサッと拭くだけで綺麗になるのはポイント。見た目にも機能面でも使いやすい製品です。

一人暮らしにおすすめの卓上IHクッキングヒーター

アイリスオーヤマ-ricopaパーティーIHコンロ鍋セット(8,380円)

コロンとしたフォルムが可愛い卓上IHと鍋のセット

レトロでころんとした丸いフォルムの鍋とのセットは、女子が集まるパーティーシーンでも大活躍。見た目の優しいパステルカラーと、取っ手やつまみがレトロなゴールドカラーとなっているので細かい部分にもおしゃれさをプラスしています。IHの面にもノルディック模様がかかれていてレトロなアクセントとしてデザイン性が高い製品です。

火力の調節用つまみが付いているシンプルな設計。見た目にはわかりませんが、鍋無し探知機能や自動電源オフ機能など5つの安全機能が搭載されているので使い手にとっても安心。デジタル表示が一般的な中で、あえてアナログデザインにしているおしゃれさが、多くの若い人や新婚カップルに愛されています。プレゼントにも最適。

パナソニック-IHデイリーホットプレート(53,870円)

どこでも馴染むスタイリッシュなデザインでデイリー使いが可能

そのまま、テーブルに出したままでも食卓に映える美しいデザインの卓上IHクッキングヒーター。新開発の薄型ターボファンを搭載しているので、テーブルにおいても圧迫感を感じないデザイン。他のIHクッキングヒーターにはない全面ホワイトのカラーになっています。

プレートは、左右異なる温度で個別に調理ができる2口タイプになっているので、1度に2品調理が可能。食材に合わせて左右異なる温度で調理が可能です。さらに焼きムラを抑えて仕上げる嬉しい機能付き。前面にはツマミ付きで操作位置をわかりやすく知らせます。オレンジの液晶もおしゃれ。意図せずツマミに触れても加熱開始を防ぐ、スタンバイモードも搭載し、安全性にも配慮しています。

山善-IH調理器プリリオ(9,217円)

丸型タイプで従来の角型よりも約20%コンパクトに

狭いテーブルや、ワンルームの狭いキッチンにもコンパクトに置くことの出来る丸型タイプの卓上IHクッキングヒーターです。従来の縦型デザインよりも約20%テーブルが広く使えるコンパクト設計。どこにおいても邪魔にならずスタイリッシュな見た目が特徴的です。

口コミでも丸い形状は使いやすく、テーブルにおいても他の料理が置きやすいと評判は上々。火力を半分にするセーブ加熱モードを搭載しているので省エネで使用が可能です。また、とろ火で沸騰させずに適温が保てる設定や、異常温度上昇防止機能も搭載。より家で快適に調理が出来る安全性能もしっかり付属している使いやすい製品といえるでしょう。

日立-IH調理器(8,930円)

ガスコンロのような細かな火力調整が可能

料理が好き、一人暮らしでも美味しい料理を自炊したい人におすすめのモデル。8段階の細かな火力調整機能は、ガスコンロのような機能性と低コストを併せ持ったメリットといえるでしょう。操作ボタンも見やすく使いやすい。メインボタンは色で印分けしているので、判断がしやすいのもポイントです。とろ火と強火を細かく温度調節せず、ワンタッチで切り替えられるのも嬉しいですね。

保温機能も60、70、80度の3段階で設定が可能。チーズフォンデュなどの低温保温が不可欠な保温から、鍋やおでんに最適な80度と献立に合わせられるのも使いやすいでしょう。36.6cmと大きめサイズなので、家庭のメインコンロとして使うのがおすすめです。購入の際にはキッチンスペースのサイズの確認をしてくださいね。

ドリテック-IHクッカーピコ(5,979円)

A4サイズよりも小さいので狭いテーブルや1人暮らしに最適

縦25cm、横幅19cmとコンパクトなのでテーブルにおいても圧迫感を感じずに調理や食事を楽しめます。使用できる鍋やフライパンのサイズは12cmから18cmなので、1人暮らしの方にピッタリ。小鍋やスキレットなどちょっとした料理がササっと作れます。タッチセンサーになっているので見た目もフラットでおしゃれ。指で触れるだけで操作が可能です。

IH部分の熱さを知らせる安心機能も付いているので、完全に冷めてから掃除を始めることが出来ます。また、この製品の特長は鉄やホーローにも対応しているところ。IH対応調理器具はもちろん、スキレットやおしゃれなホーロー鍋にも使えるのが嬉しいですね。スキレットを使ったチーズフォンデュも低温モードで60度に保ちながら楽しめます。最大200度まで低温調理が可能なので揚げ物も楽々。小さいのにハイパワーなIHクッカーです

まとめ

選ぶ際に重要なポイントは対応W数と安心設計

卓上IHクッキングヒーターを購入する際、考慮に入れておきたいポイントはW数と誰もが使いやすい設計かどうかという点です。特に、ボタンで操作がしやすかったり、調理モードが一目見て把握できる液晶パネルなどは誤操作がなく安全。ガスと比べて安全に使えるからこそ、より快適に安全に使いたいものです。特に静音設計や、お子さんの誤作動を防ぐチャイルドロックなどはより使いやすさを向上する機能と言えるでしょう。様々なポイントや、ご自身が使う際に必要な機能を考慮して最適な製品を選んでくださいね。