2019おすすめのカーボンヒーター人気ランキング!【おしゃれなデザインも】

近年、電気ストーブの主流となりつつあるカーボンヒーター。すぐに温かくなり、部屋の空気も汚さないクリーンな暖房として、人気を集めています。他の暖房と比較してどんなところが優れているのか?使い方や選び方の注意点は?カーボンヒーターの仕組みやメリット・デメリットを解説し、選ぶ際に考慮するポイントやおすすめの製品を紹介します。自分の使い方にぴったりのカーボンヒーターを見つけてくださいね。




カーボンヒーターとは?

炭素繊維を発熱体として熱を放射する電気ストーブの一種

カーボンヒーターは電気を熱源とする電気ストーブの一種で、発熱体に炭素繊維(カーボン)を使うことから、この名前が付いています。カーボンヒーターは、水を含む有機物に吸収されやすい波長の遠赤外線を放射し、対象物を効率よく温めます。暖房器具として優れた特性を持つので、近年では電気ストーブの主流となりつつあるストーブです。

小型で使いやすいモデルやおしゃれなデザインのものも

カーボンヒーターは基本的に、狭い場所で暖を取る用途や、スポット的な暖房として使われます。そのため、小型サイズやスリムサイズなど、場所を取らず使いやすいモデルが豊富です。また、おしゃれなデザインやシンプルでスタイリッシュな形など、見た目のバラエティも豊富。ひとシーズンずっと使うことになりますから、デザイン重視でインテリアにマッチするものを選ぶのも大事です。

カーボンヒーターのメリット

遠赤外線を多く放射するのでハロゲンヒーターより暖かい

ハロゲンヒーターもまた、発熱体から放射する赤外線によって対象物を温めますが、発熱体の素材が違います。カーボンヒーターは石英管の中に不活性ガスとともに閉じ込めた炭素繊維を使いますが、ハロゲンヒーターはハロゲンランプを使います。デスクライトの電球が温まるのと同じような仕組みで、対象物を温めるのです。カーボンヒーターとハロゲンヒーターの放射する赤外線は、波長の領域が少し異なります。ハロゲンヒーターの光線は近赤外線領域、カーボンヒーターの光線は遠赤外線領域に波長のピークを持つ光です。遠赤外線は近赤外線よりも水に吸収されやすく、そのため水分の含有率の高い人間の体を、より効率よく温めてくれます。結果としてカーボンヒーターは、より早くより暖かい電気ストーブとして、今ではハロゲンヒーターに代わる存在となっています。

灯油を燃料にする石油ストーブのように換気をする必要がない

灯油を燃料に使う暖房器具の場合、灯油を正常に燃焼させるには、十分な量の空気(酸素)が必要です。酸素が不足すると不完全燃焼を起こし、有毒な一酸化炭素が発生してしまいます。一酸化炭素は無色無臭のため気付きにくいですが、非常に毒性が強く、少しでも吸い込んでしまうと重篤な中毒を起こす危険があります。そのため石油ストーブを使う時は、1時間に1~2度、定期的な換気をする必要があるのです。カーボンヒーターは燃料を燃やして温めるタイプの暖房器具ではありませんから、換気の必要がありません。安心して使い続けることができるので、子供や高齢者用の暖房器具に向いています。

室内の空気が乾燥しないので快適な空間を維持できる

エアコンで部屋の暖房をすると、部屋内の気温が上昇し、湿度が下がって部屋が乾燥してしまいます。エアコンは、室外機の冷媒と室内機との間の熱交換サイクルによって、高温高圧の空気を室内に送り、室内を温める仕組みです。人間の体を取り巻く空気の温度を変えることで、間接的に人の体を温めるのです。カーボンヒーターは部屋の空気を温めるのではなく対象物を温めるので、空気を乾燥させることがありません。秋冬に喉を痛めてしまいがちな人や、寝室での使用におすすめの暖房器具です。

カーボンヒーターのデメリット

部屋全体が暖まりにくい

カーボンヒーターとエアコンのこのような仕組みの違いは、逆の観点から見ると、カーボンヒーターのデメリットにもなります。カーボンヒーターは部屋全体を温める能力がないので、広い部屋のメインの暖房機として使うのには、向かないのです。カーボンヒーターはキッチンや脱衣所、寝室など狭い部屋の暖房や、手元足元を温めるスポット暖房として使うのがおすすめです。

発熱体に触れると熱いので火傷に注意

ハロゲンヒーターなど電気ストーブ一般に言えることですが、発熱体は高熱になるので、注意が必要です。カーボンヒーターの場合、発熱体の石英管は1,000℃前後まで温度が上がります。発熱体、またはその前面に取り付けられているガードの金網でも、触ると火傷のおそれがありますから、使う際には気を付けましょう。

カーボンヒーターの選び方

使用場所の広さを考えて消費電力を確認する

キッチンや脱衣所で使うなら300W程度で十分

カーボンヒーターの暖房能力は、消費電力の大きさを反映します。キッチンや脱衣所など比較的狭いところで使うのであれば、300W程度の出力でも十分温まります。動作の邪魔にならないよう、小型の製品やスリムタイプのヒーターを選びましょう。

リビングのような広い部屋なら900~1000Wを

リビングのように広い部屋で使う場合は、もう少し高い暖房能力が欲しいもの。900~1,000 W程度の製品を選びましょう。さらに首振り機能などが付いていて、放射の方向を変えつつ部屋全体に広げられるタイプであれば、より効率的に暖かく使えます。

電気代も考えて機能を選ぶ

W調整機能付きは電気使用量を抑えランニングコストを下げる

電気ストーブを使う際に気になるのが、電気の使用料です。W調節機能が搭載されているヒーターであれば、使用電力のW数を下げることができ、電気代を安く抑えられます。電気代を節約しランニングコストを下げたい人は、W調節機能付きの製品がおすすめです。また、W調節機能を使うと、ブレーカーが落ちにくいというメリットも。パソコン作業など電気製品を同時並行で使うことが多い人も、W調節機能があると安心です。

就寝時に安心なのはタイマー機能付き

カーボンヒーターは、寝室で使うのもおすすめの暖房器具です。就寝時の使用で便利なのが、タイマー機能。寝る前にタイマーをセットして眠りに就けば、数時間後自動的に電源がOFFになります。発火などの心配をせず安心して使えますし、電気代の節約にも繋がりますね。

カーボンヒーターのおすすめブランド・メーカー

ブルーノ(BRUNO)

愉しさ重視で遊び心に満ちた大人のためのライフスタイルブランド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ブルーノは、インテリア雑貨やトラベル雑貨、コスメなどを中心に展開する株式会社イデアインターナショナルのオリジナルブランド。キッチンライン、ピクニック&アウトドアライン、インテリアラインの3つの製品ラインで、大人のおしゃれなライフスタイルを支えます。そんなブルーノのカーボンヒーターは、スリムなデザインと上品なカラー展開が魅力の、インテリア性の高い製品。こだわりのある人におすすめのブランドです。

コロナ

暖房器具を中心に幅広く住宅設備を取り扱う老舗メーカー

コロナは、石油ファンヒーターやエアコン、給湯機など暮らしに欠かせない設備を幅広く取り扱う、総合住宅設備メーカーです。1937年に石油コンロの製造からスタートした、老舗のメーカー。暖房器具のラインナップは豊富で、石油ストーブから電気ストーブ、エアコン、床暖房システムとニーズに合わせて導入できます。その実績ある歴史や高い技術で、製品の品質に信頼のおける、安心のブランドです。

アラジン

ブルーフレームヒーターで有名なイギリス生まれの伝統ブランド

青い炎で燃える石油ストーブ、ブルーフレームヒーターが有名な、創業80年を超える伝統のイギリスブランドです。その製品は遠赤外線を発する石油ファンヒーターへと進み、遠赤グラファイトを利用したカーボンヒーターに発展しました。アラジンのカーボンヒーターは、どこか懐かしさの残るデザインと最先端のテクノロジーが融合した、魅力あるラインナップです。

コイズミ

快適な生活空間を提供する住宅設備や家具のグループ企業

コイズミは小泉産業株式会社のブランド。家庭用の家具や照明器具、住宅設備など、事業分野に特化した複数のグループ企業を擁します。コイズミの電気ストーブは、種類の豊富さが魅力。スリムな形やスクエア型、多彩な出力段階、機能のバラエティなど、ニーズに応じて選ぶことができます。価格帯がそれほど高くないことも、うれしいポイントのひとつです。

山善

産業用から家庭用まで様々な機器を取り扱う専門商社

YAMAZENブランドの家電製品で幅広く知られる株式会社山善は、工作機械や産業用機器、家庭用機器などを取り扱う、大手専門商社です。扇風機を中心とした家電、収納ラックやデスク、寝具などの家具、デジタル家電などにオリジナルブランドがあります。山善の暖房器具はオイルヒーターから電気ストーブまで多岐に渡りますが、実用的な機能と価格のバランスのよい製品揃いです。こちらも希望に沿った製品を見つけやすいブランドです。

おすすめ&人気のカーボンヒーターランキング

おしゃれなデザインでおすすめのカーボンヒーター

ブルーノ-カーボンファンヒーターNostal Stove L plus(10,206円)

やわらかみのある曲線形状が温かさを感じさせるスリムヒーター

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

インテリアとして完成度の高い製品を揃えるブルーノの、すっきりとシンプルながら、温かみを感じさせるヒーター。スリムな形ですが、上から見ると丸みを帯びたやわらかいフォルムデザインで、安らぎの空間にぴったりです。カラーもグレーニュアンスの中間色が中心。

スイッチを回して10秒で立ち上がる即暖設計。人の動きを感知して自動でON/OFする人感センサーも備え、必要な時にすぐに温めてくれます。出力は500~1000Wの無段階調整で、同じく無段階のタイマー付き。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのヒーターです。

コロナ-スリムカーボン(16,800円)

スタイリッシュで家電らしいシャープさを備えたヒーター

機能性がそのまま形に表れたような、高機能家電らしいスタイリッシュなデザインのカーボンヒーターです。余分な装飾がなく、合理的で使いやすいすっきりとしたデザイン。高さ89.7cmとそれなりに大柄ですが、上部の大型とってが持ち運びやすくしてくれます。

左右70°の広角稼働で、首を振りながら暖房してくれるので、部屋中が効率的に温まります。運転を自動で停止してくれるタイマーや転倒時のOFFスイッチ、チャイルドロックなど安全対策も充実。機能的な美しさを求める人におすすめします。

アラジン-遠赤グラファイトヒーター CAH-G42GA(10,800円)

アラジンらしい懐かしさを残すデザインと先進機能の融合

大きなランプ型のロゴマーク、周囲をぐるっと囲む金属のガードと、アラジンの伝統的なストーブの面影が残るヒーター。アラジンのレトロな雰囲気が好きな人におすすめ。大型ガードは、可燃物がかかった際の火災防止にも有効です。

中身は最先端の遠赤グラファイトヒーター、品質の高さは折り紙付きです。スイッチを入れてわずか0.2秒で立ち上がる素早さ。出力は200Wと400Wの2段階切り替えです。本体が防滴仕様のため、キッチンや脱衣所などの水回りでも使用できます。

スリーアップ-レトロカーボンヒーター クラシック70's(9,504円)

懐古的でクラシックな味わいを前面に出したデザイン

こちらも昔ながらの石油ストーブをモチーフにデザインした、懐かしい雰囲気が一杯に漂うカーボンヒーターです。発熱体の温かみのある発光で、まるで揺れる炎を眺めているような安らいだ気持ちに。レトロ調インテリアの部屋におすすめ。

インテリアに調和するマットな質感で、柔らかなパステル調カラーの3色展開です。出力は強弱2段階の切替式で、切り替えスイッチは懐かしいダイヤル式のデザイン。転倒時の自動オフ機能や温度が上昇しすぎた時のサーモスタット機能など、安全面の対策も充実しています。

スリーアップ-カーボンヒーター シャトル レトロブルー(6,458円)

アンティーク家具のような風合いのあるレトロなヒーター

独特の丸みを帯びたデザインと乳白色のニュアンスを持つ青みカラーの、おしゃれなカーボンヒーターです。ロシアのアンティーク湯沸かし・サモワールにも似たフォルム。柔らかなブルーグレーは、陶器ブランド・ウェッジウッドのジャスパーも思わせますね。

落ち着いた雰囲気のインテリアによく調和するデザインです。強600W、弱300Wの2段階切替出力で、自動首振り機能付き。部屋をしっかりと暖めてくれます。転倒時の自動オフスイッチや温度ヒューズ、サーモスタットなど安全装置も万全。

スリーアップ-スリムカーボンヒーター フィガロ(5,378円)

どんなインテリアにもなじむシンプルスリムな縦型デザイン

どんなテイストのインテリアにもおすすめできる、雰囲気に調和しやすい、シンプルデザインのカーボンヒーターです。直径16cmのスリムなポール型デザイン。ベーシックなホワイトとブラウン、落ち着いたグリーンの3色展開です。

出力は400Wのみ、狭い部屋での使用や足元などを温めるサブ用の暖房として、ちょうどよいサイズ感と強さです。操作は上部に設置されたスイッチひとつのみで、とても簡単。転倒時の自動オフスイッチや温度ヒューズ、サーモスタットも備え、狭い場所でも安心です。

小型でおすすめのカーボンヒーター

スギヤマ-カーボンヒーター ピアンテ(5,378円)

ころんとした丸い形と小ぶりサイズの持ち運びしやすいミニヒーター

小型のカーボンヒーターというとスリムタイプが多い中、こちらは円を基本にした丸い形の小ぶりサイズヒーターです。この形を可能にしたのは、U字型の発熱体の採用によるもの。一昔前の近未来SFマンガに出てくるメカのような、可愛らしさがありますね。

発熱体には、綿花で作られた布を炭化させた植物性の炭素繊維を使用。世界初の植物性カーボンヒーターで、環境に配慮したエコなヒーターです。出力は300Wで、狭い場所やスポット使用にちょうどよい強さ。持ち運びも楽なため、必要に応じて移動させて使うスタイルにおすすめです。

コイズミ-グラファイトヒーター(7,980円)

小型でスリムなどこでも使いやすいスタイリッシュデザイン

スリムでシンプルな形の縦型グラファイトヒーターです。直径約25cmで高さは68.4cmと、狭い場所や足元、ソファやテーブルの脇などに置いても邪魔にならないサイズ感。1.5kgの軽量なので、必要に応じて持ち運ぶのも簡単です。

小型サイズながら機能は充実。出力は600Wと300Wの2段切り換えで、強出力を使えば広い範囲も十分温かくなります。3時間オフタイマーや二重安全転倒スイッチなど安全対策もばっちり。場所を取らないコンパクトサイズで機能の充実した製品の欲しい人におすすめです。

シーネット-ミニカーボンヒーター(4,708円)

軽量ミニサイズの超コンパクトスリムヒーター

こちらのスリムタイプのカーボンヒーターですが、コイズミのグラファイトヒーターよりさらに小型、軽量ボディ。直径は約18cm、高さは53cmで、重さはわずか0.8kgです。洗面所や脱衣所など、狭い場所での使用におすすめします。

出力は400Wで、狭い場所で使うには十分な強さ。サーモスタットや転倒OFFスイッチ機能など、安全対策もしっかりしています。脱衣所などは、無人になるタイミングやお年寄りや子供が一人で使うことも多い場所ですが、安心して使用することができますね。

山善-ツインヒートプラス (9,700円)

カーボンとシーズーのツインヒート仕様でも薄型で場所を取らない

速暖性の高いカーボンヒーターと遠くまで届き温かさの持続するシーズーヒーターのダブル仕様で、部屋をしっかり暖めます。強弱の切り替えは3段階。中央のカーボンヒーターのみで300W、左右のシーズーヒーターで900W、すべて使えば1200Wのパワーを発揮します。

強い出力でしっかり暖めるハイパワーのヒーターですが、本体が薄型なので圧迫感を感じません。自動首振り式で回転するので直径33cmのスペースを取る必要がありますが、見た目にはスリムで軽やかです。広めの部屋ですっきりと使いたい人におすすめ。

価格が安いおすすめのカーボンヒーター

山善-遠赤外線カーボンヒーター(4,780円)

シンプルかつ十分な機能とパワーを備えたリーズナブルなヒーター

山善から発売されている、5,000円を切る低価格のリーズナブルなカーボンヒーターです。幅25×奥行25×高さ62cm、重量1.2 kgとサイズもコンパクト。出力は600Wと比較的しっかりしているので、寝室や勉強部屋での使用がおすすめです。

転倒OFFスイッチやサーモスタットなどの安全装置もきちんと装備しています。子供の部屋で使わせても安心。シンプルかつ十分な機能を持ち価格も手頃ですから、サブ暖房として各部屋に1台備えてもいいのではないでしょうか。

テクノス-スリムカーボンヒーター CH-305M(4,800円)

低価格かつ低コストでコンパクトサイズの購入しやすいヒーター

こちらも5,000円を切る低価格で、気軽に購入しやすいカーボンヒーター。幅18×奥行18×高さ48.5cmのかなりのコンパクトサイズで、出力も300Wとマイルドです。押すだけの入切スイッチと転倒OFFスイッチのみの、シンプルで簡単な造り。

300Wの控えめな消費電力のため、ランニングコストが抑えられるところも嬉しいポイントです。1時間使用して電気料金は7~8円程度。スポット的に使用すれば、1か月200円程度で済みます。洗面所や廊下の隅など、冷える場所の補助暖房としていかがでしょうか。

テクノス-スリムカーボンヒーター木目調(5,378円)

ナチュラルなデザインで和室にもなじむ低コストヒーター

こちらも同じくテクノスのリーズナブルなヒーターですが、ナチュラルな木目調で和室にもなじみやすいのが特徴です。茶の間や和風リビングなどでの使用におすすめ。幅19×奥行19×高さ48.5cmのスリムサイズなので、場所も取りません。

300Wのマイルドな出力で、消費電力と電気料金をともに抑えることができます。和風の部屋で、こたつやホットカーペットと併用したい家庭なら、ぴったりの製品です。温度ヒューズ、転倒OFFスイッチなど安全装置も備えているので、使用時も安心。

アラジン-遠赤外線グラファイトヒーター AEH-G422N(W) (4,990円)

アラジンのおしゃれでスリムかつリーズナブルなグラファイトヒーター

アラジンから発売されているヒーター、高機能な遠赤グラファイトを採用していますが、このスリムタイプは価格もリーズナブル。気軽に購入することのできる価格帯です。立ち上がり0.2秒の即暖、200Wと400Wの2段階切り替えは、先に紹介した製品と変わりません。

幅19×奥行19×高さ53.5cmのコンパクトサイズ、重量も1.2kgと軽量です。二重安全転倒OFFスイッチで安全対策もしっかり。部屋ごとのサブ暖房としての配置や、すぐに温めたい脱衣所などでの使用におすすめです。

サンライズ-カーボンヒーター(5,990円)

一人暮らしにぴったりの機能と価格のカーボンヒーター

リーズナブルで購入しやすい価格のカーボンヒーターですが、機能は充実しています。出力は450Wと900Wの2段階切り替え、首振りモードも備えているので、部屋を全面的に温めます。操作はダイヤルを回すだけの簡単設計。

長方形のボックス型デザインですが、厚みが19.2cmと薄手のスリムボディなので、部屋に置いて邪魔になりません。重さ約3.8kgで取っ手付きなので、片手でも楽々移動ができます。転倒時自動電源OFF機能やサーモスタットなど安全装置も万全。一人暮らしの最初の年に、購入をおすすめしたい機能と価格です。

まとめ

出力切り替えと首振り機能を備えたスリムタイプがおすすめ

サブ暖房として限られた使い方に留めるのでなければ、高性能のヒーターをおすすめします。場所を選ばない省スペース設計のスリムタイプが使いやすいでしょう。ブルーノのNostal Stove L plusなら出力レンジが広く無段階に調節が可能。コロナのスリムカーボンならきめ細かい機能で、快適な使い方をサポートしてくれます。速暖性を重視するなら、アラジンの遠赤グラファイトヒーターもおすすめです。