おしゃれでおすすめのウォータージャグ人気ランキング!キャンプに!【自宅でも】

日常を営むのに必要不可欠な水。キッチンはもちろん、部活動などのスポーツシーンやキャンプサイト、災害時に至るまで、近くに使える水場があれば重宝します。しかし、必ずしも近い距離に水があるとは限りません。屋外などで水に困ったことや、何度も水場を往復した経験はありませんか。また、家族のために適度な量の飲み物を、キッチンに常備しておきたいと考えたことはないでしょうか。そんな時に役立つアイテムが、ウォータージャグです。ウォータージャグはアウトドアに欠かせない貯水用のタンクで、水場が遠い場合にも人数分の水を少ない運搬で確保できます。どこでも使いやすいようにデザイン面や機能面で優れた製品が多く、おしゃれな製品も少なくありません。上手に選べば屋内でも、違和感なく便利に使えるのです。今回は、注目アイテムであるウォータージャグを解りやすく掘り下げます。是非とも選び方の参考にして下さい。




ウォータージャグとは?

手軽に給水できる貯水タンク

ウォータージャグは持ち運びに便利なアイテムです。空の場合はもちろんですが、満水にして重くなったとしても、ハンドルなどを使って持ったまま移動できます。容量を対象の人数に合わせておけば、必要な量の水を目的地まで1回で運ぶことが可能です。また、水の取り出しも簡単であり、コックからワンタッチで必要な量を取り出せます。水を手軽に補給したり供給したりできる、便利なアイテムなのです。

ウォータージャグは必要?

水道が遠いキャンプ場や運動場で水汲みの手間を減らす

キャンプ場や運動場は広く、水場が近いとは限りません。また、大型連休などにキャンプ場を利用する場合は、水場が混みあい自由に使えないこともあります。ウォータージャグを持っていれば必要な量の水を1度で運べるため、水場まで往復する必要がなくなるのです。大容量のウォータージャグもスタンダードに当たり、人数が多くても対応できる製品は少なくありません。

おしゃれでかわいいタイプは自宅でも上手く活用できる

ウォータージャグはアウトドアのイメージが強く、無骨で男らしいデザインを想像してしまうかもしれません。しかし、ウォータージャグを取り扱うメーカーは様々で、有名な陶器やガラス、キッチン用品などのメーカーもウォータージャグを製造しています。実際にはおしゃれでかわいい製品が揃っているのです。中でも北欧や英国などのデザイナーズ製品は良い例でしょう。そういった製品はミニマルデザインに長けており、機能面も抜かりなく備わっています。屋内の雰囲気を崩すことなく、便利に利用できるのです。

ウォータージャグの種類

ハードタイプ

容量確認できる製品が多く安定感がある

ハードタイプはプラスチックやガラス、ステンレスが主で、容量確認が容易です。ガラスやプラスチックの透明なウォータージャグは、一目で中身が確認できます。中身が見えない場合にも内部の目盛が見やすく、水量の管理が簡単です。また、保冷力や保温力が高い製品は構造上で重く、水を入れると重さが増して更に安定します。そのため、固定設置にもおすすめできるタイプです。

ソフトタイプ

携帯に便利で値段も安いが保冷力はない

ソフトタイプは名前の通りに柔らかく、折り畳み式がスタンダードです。単純な貯水タンクの場合が多く、保冷力や保温力には期待が持てません。一方で重量は非常に軽く、コンパクトになるのも大きなメリットです。携帯のしやすさやウォータージャグ本体の保管では、ハードタイプよりも便利と言えるでしょう。

ウォータージャグの選び方

素材の特徴を活かして選ぶ

ステンレス製なら保冷に加え保温も可能でお湯を汲んで使える

ステンレス製のウォータージャグには2WAYで使える製品があり、保冷力だけでなく高い保温力にも期待できます。お湯を汲んだり、お茶やコーヒーなどを保温したりできるのです。夏場やアウトドアなど、ウォータージャグは限定した使い方になることが少なくありません。1年を通して安定的に使用できるステンレス製の特徴は、ユーザーにとって嬉しいメリットと言えるでしょう。

軽量で持ち運びやすいプラスチック製

プラスチック製のウォータージャグは軽く、保冷力が高い肉厚の製品でも、それほど重くありません。折り畳み式やポリタンクタイプのウォータージャグは特に軽量で、緊急時の携帯や大きな容量に期待が持てます。そのため、災害時の必需アイテムとしても注目されているのです。

インテリアにも馴染むガラス製は家庭用におすすめ

ガラス製のウォータージャグはシンプルな無色透明が多く、フォルムが独創的でもインテリアの雰囲気を壊しません。さらに生活感を隠すアイテムとしても注目です。冷蔵庫の中身やボトルの数を減らし、統一感と清潔感を出せます。また、調味料などのストックも雑多感を出さずに行えるのです。高品質なガラスを使った製品が多く、屋外よりも家庭用としておすすめでしょう。

使い方に合わせて容量を選ぶ

4人家族の場合、1日に使用する水の量は3Lが目安

成人男性が1日当たりに飲む飲料水の量は、2.5Lと言われています。アウトドアで使うにしても備蓄用で使うにしても、余裕を持たせるなら3Lが目安です。4人がキャンプで1泊する場合には12L程度の容積があれば、飲み水を一回の運搬で確保できます。しかし、手洗いや食器洗いなど、水を他に使うことも想定するなら、一回り大きな容量がいいでしょう。逆算して必要になる容積を選んで下さい。

水筒用には小型のソフトタイプや保冷タイプを

レジャーなどを個人で楽しむ場合にも、水筒の代わりにウォータージャグを持つと便利です。ソフトタイプや保冷タイプは1Lから3Lの小型が揃っており、満水にしても手軽に持ち運べます。ダイレクトドリンクボトルなどもあり、個人用としては最適な機能です。

使うシーンに合わせて選ぶ

キャンプなどのアウトドアにはしっかりと固定できるスタンド付き

ウォータージャグは水を入れると重くなります。キャンプなどで使うアウトドア用のテーブルでは、設置場所が不安定になることも少なくありません。また、下部ギリギリにコックがある場合は、高さがないと水を出すのに不便です。しっかりと固定できて高さも出せるスタンド付きウォータージャグは、アウトドア用として高い適性を持ちます。

部活などのスポーツシーンならスポーツドリンク対応の製品を

酸性飲料を金属製の容器に長期保管すると、食中毒を起こす可能性があります。そういった事例は少なからずあり、被害に遭わないとも言い切れません。おおよその製品は問題ありませんが、念を入れて選んでおけば安全です。ウォータージャグにはスポーツドリンク対応を明記した製品があり、部活などのスポーツシーンに向けて選ぶといいでしょう。

便利な機能性から選ぶ

プッシュ式やレバー式のコックは片手で使えて利便性が高い

蛇口は流量の微調整に長けていますが、固く閉まっていた場合には両手を使わなければいけません。また、小さな子供がウォータージャグを使う場合にも、蛇口が固いと操作に苦労します。その点、ワンタッチで扱えるプッシュ式やレバー式のコックは、片手でも開閉できて便利です。段階的に流量を調整できる製品もあり、利便性は高いと言えるでしょう。

広口の製品を選べば中までキレイに洗える

ウォータージャグはサイズや深さから、洗いにくい製品があります。給水口が狭いと奥まで手が入らず、細部まで手入れが行き届かないこともあるでしょう。広口の製品は水や氷などを入れやすいだけでなく、奥の奥まで手が届きます。スポンジなどで内部を完璧に洗えるため、衛生管理がしやすいタイプなのです。

ウォータージャグのおすすめブランド・メーカー

RIVERS(リバーズ)

持ち運びに長けた大人数対応の大容量ウォータージャグ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

リバーズは「飲む」にスポットを当てて製品を送り出す、日本発のドリンクウェアブランドです。製品は機能的でありながらシンプルにまとまっており、非常に好感が持てます。この焦点を絞ったスマートな使用感やフォルムは、ミニマルデザインに長けたブランドならではでしょう。ウォータージャグも例外ではなく、機能美においておすすめのブランドです。

STANLEY(スタンレー)

保冷性に長けたハードタイプが魅力

スタンレーはアメリカを代表するアウトドア用品の老舗ブランドで、国内外で長く愛されています。そのため、昔気質な人気のロングランから新しいスタイルに至るまで、豊富な製品が揃っています。高性能の水筒やクーラーボックスは人気が高く、ブランド特有のデザインが非常に魅力的でもあります。ウォータージャグにも、その技術が不断に詰め込まれています。

ピーコック魔法瓶

価格帯が幅広くステンレス製が充実

ピーコック魔法瓶は幅広いキッチン用品を扱い、キッチン家電も有名なメーカーです。水筒やウォータージャグは得意分野で、2WAYで使えるステンレス製品には高い信頼性があります。スポーツドリンク対応の製品も多く、子供が参加するイベントや部活などで活躍するメーカーです。

コールマン

登山用品メーカーらしく機能性とデザイン性が両立

個性的でレトロなデザインが日本でもお馴染みのコールマン。アウトドア好きなら外すことはできない、アメリカの有名メーカーです。コールマンの製品には信頼と品質に裏打ちされた人気があり、ただ持っているだけでも少しだけ日常を忘れさせてくれます。ウォータージャグも例外ではなく、個性的なデザインと機能性の両方を楽しめるのです。

キャプテンスタッグ

容量や素材が充実しており品揃えは抜群

キャプテンスタッグはアウトドア用品の総合ブランドで、品揃えの幅は目を見張るものがあります。よく使う道具からコアなアイテム、単品からシリーズまで、魅力的な製品は見逃せません。ウォータージャグも容量や素材が充実しており、品揃えは抜群と言えるでしょう。

おすすめ&人気のウォータージャグランキング

プラスチック製でおすすめのウォータージャグ

リバーズ-クーラージャグ モーク ブラック (12,960円)

持ち運びに長けた大人数対応の大容量ウォータージャグ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

大容量の23Lで大人数のアウトドアには非常におすすめです。また、この製品は2WAYで、クーラーボックスとしても活躍します。蓋のドリンクホルダーや椅子替わりに使える構造、移動に便利なオフローダー用のタイヤなど、スマートさと機能性が両立しています。ミニマルデザインが得意なリバーズならではのウォータージャグです。

幅が31㎝で奥行が26.5㎝、高さ36.8㎝の大きめサイズですが、割と持ち運びやすい重さの4.6㎏です。ハンドルとタイヤのおかげで移動は快適であり、女性でも使いやすい大容量タイプと言えるでしょう。アウトドアでは水の量に余裕があれば、手洗いや皿洗いなどに水を回せます。大きくても持ち運びやすい特性は、アウトドア用として非常におすすめなのです。

スタンレー-ウォータージャグ (7,560円)

分解して細部まで洗えて実用性も高い

スタンレーが誇る人気のウォータージャグで、3.8Lと7.5Lが選べます。3.8Lのサイズは直径が25.4㎝で高さが30.2㎝、重さは1.1㎏です。7.5Lは一回り大きく直径が29.7㎝で高さが34.3㎝になっています。容量が倍近く増えた割には1.6㎏と重さに余裕があり、持ち運べるなら7.5Lを選ぶのも有効でしょう。

スタンレーのウォータージャグには優れた機能が2つあり、1つは高い保冷力です。目安の10度以下13時間は相対的に見て長く、アウトドアや丸1日のスポーツシーンで重宝するでしょう。もう1つが細かく分解できるコックで、簡単に細部まで洗浄できます。部活などでは毎日ウォータージャグを使うことになり、清潔を保てるシステムは非常におすすめです。また、こまめに洗えばコック詰まりがないため、安定した流量も期待できます。

コールマン-ビバリッジクーラー  (6,853円)

2日の保冷力や内側抗菌が魅力の大容量ウォータージャグ

キャンプサイトにおすすめする、大容量18.9Lのウォータージャグです。サイズは幅が37㎝の奥行が31㎝、高さが47㎝で大型ですが、本体重量は2.3㎏に抑えられています。抗菌仕様の内側にはガロンの目盛りがあり、水量の管理は簡単です。なお、ガロンは国によって量が違います。アメリカでは1ガロンが3.785Lであり、憶えておくと役立つでしょう。

広口で洗いやすく、大きな蓋にスクリュー式を採用しています。倒れても水漏れしないシンプルでタフな構造は、コールマンの製品らしい特徴でしょう。蛇口部分を取り外して洗えるので、清潔性にも魅力があります。また、目安2日という非常に高い保冷力を持ち、長時間の温度管理ができるのはアウトドア用として大きなメリットです。

キャプテンスタッグ-リガード ウォータージャグ (6,045円)

保冷用アイテムとして欲しい機能が揃っている

屋外のイベントやスポーツシーンにおすすめする、広口のウォータージャグです。保冷できるプラスチック製としては薄い構造で、幅37㎝で奥行34㎝、高さ37㎝でも13Lの容量があります。容積だけでなく保冷力にも優れた製品で、15度以下に8時間キープできます。

キャプテンスタッグのリガードは多機能なウォータージャグで、保冷用として欲しい機能が揃っています。まずは2WAYでクーラーボックスとして使え、広口で洗いやすい構造です。スポーツドリンク対応で内部に目盛があり、粉からドリンクを作る際の目安になります。蓋の溝は簡易的なテーブルになり、ドリンクホルダーとしても活躍。缶やペットボトルがキレイに収まるようデザインされています。アウトドア向けの総合力が高い製品と言えるでしょう。

イグルー-ウォータージャグ (5,780円)

手頃な価格と程よい容量のトップブランド製品

デザインのかわいさで人気があるウォータージャグですが、品質と信頼性の高さでをおすすめできます。イグルーは世界トップクラスのシェアを持つ、クーラーボックスのトップブランドです。ウォータージャグも古くから扱っており、高密度ウレタンフォームは群を抜く保冷力を持ちます。この製品も保冷時間の目安は3日で、非常に優秀と言えるでしょう。

容量は7.5Lですが本体重量は1.5㎏です。容量に対してサイズはコンパクトで、幅29.5㎝で奥行28.5㎝、高さは37.5㎝になっています。重量の軽さやサイズ感はウレタンフォームに強いイグルーならではの強みでしょう。値段は比較的お手頃な価格と言えます。トップブランドの技術や信頼があることを加味すれば、コストパフォーマンス面でもおすすめです。

ステンレス製でおすすめのウォータージャグ

ピーコック魔法瓶-ウォータージャグ INC-100 (4,270円)

スポーツシーンにおすすめできる安心の日本製ウォータージャグ

ステンレス製としてオーソドックスな機能とデザインで、保冷と保温の2WAYで活躍します。サイズは幅24.5㎝で奥行27.6㎝、高さ36.4㎝とスリムに見えます。しかし、容量はしっかり確保されており、9.5Lと見た目以上です。外国製が多いなか、日本製でボディの精度はしっかりしています。安心して使える点は非常に魅力的です。

機能面ではスポーツシーンに最適で、スポーツドリンクや炭酸飲料に対応しています。広口で洗いやすい点や、2WAYコックで飲料水が出しやすい機能は、低年齢層がいる地域のスポーツクラブや部活動にもおすすめでしょう。保冷と保温の目安時間である6時間も、ピンポイントの活動に向いています。

タイガー-ポータブルクーラー (7,560円)

1年を通して使える安定した使い勝手が魅力

タイガーと言えば魔法瓶を思い浮かべますが、ウォータージャグも実用性が高くておすすめです。幅24.5㎝で奥行27㎝、高さ36.13㎝のボディは容量が9.5Lあり、本体重量は1.6㎏で運搬しやすくなっています。業務用キッチン家電にも定評があるタイガーらしく、シンプルで尖りがないデザインは屋内で使ってもおかしくありません。

1年を通じて使える安定した機能で、保冷と保温の2WAYで活躍します。18.7㎝の広口タイプで非常に洗いやすく、衛生面は安心です。そのため、毎日使うウォータージャグとして適しています。スポーツシーンやイベントなどに活躍しますが、デザインや機能はオフィス用などの屋内常設にもおすすめです。

marchisio-オイルドラム (11,880円)

宿泊施設を使うグランピングなどで雰囲気を盛り上げる

本来はオリーブオイルを入れるオイルドラムですが、ウォータージャグとして注目の製品です。容量の自由度が高く、コンパクトな3Lに2人用として使いやすい5L、中間サイズの10Lや12Lに大容量の25Lと、5タイプから選べます。

国内でも人気あるグランピングは、自然と共に宿泊施設を楽しめるコンテンツです。グランピングはただ楽しむこともできますが、場を盛り上げるアイテムがあればワンランク上の雰囲気を味わえます。牧場や農場、レトロを連想させるオイルドラムは、ステンレス製でも場を壊しません。そのため、デザイン面でもキャンプサイトにおすすめです。

ステルトン-EM77 バキュームジャグ (10,260円)

機能性とデザイン性の両方が洗練された北欧デザイナーズ製品

直径は0.5㎝で幅17㎝、高さは21㎝のコンパクトなウォータージャグです。ステルトンはデンマークのステンレスメーカーで、多くのデザイナーズアイテムを世に送り出した実績があります。バキュームジャグの機能美も流石と言え、一流のミニマルデザインを味わえるのです。

屋内の卓上用として非常におすすめで、全8種のカラーバリエーションがあります。北欧アイテムらしいシンプルなフォルムも魅力で、部屋のスタイルを選びません。また、ステンレス製らしく2WAYで活躍し、保温力と保冷力が優秀です。1年を通じてインテリアとしてもウォータージャグとしても活用できる点は、ユーザーにとって魅力的なポイントでしょう。

ガラス製でおすすめのウォータージャグ

ヨークシャー-メイソンジャー 8L (5,940円)

容量たっぷりでスタンドが付きパーティーにもおすすめ

スムージーなどと共に日本でメジャーになったメイソンジャーは、多方面に活躍する便利なアイテムです。本来の使い方である保存用容器の他にも、食器として利用できます。コックが付いた製品はウォータージャグとして利用でき、インテリアの1つとしても同時に重宝するのです。

ヨークシャーのメイソンジャーは自宅用にピッタリで、ホームパーティーなどにもおすすめです。幅と奥行は19㎝、高さは32㎝で、必要なら卓上に置いても利用できます。別売りの専用スタンドを利用すれば、さらに設置場所は広がるでしょう。容量もしっかり8Lあり、広口で洗いやすい構造です。また、飲み物を入れた際にはメイソンジャーの利点である高い気密性が生き、衛生面も信頼性があります。何を入れても華があり、場を盛り上げるヴィンテージスタイルは、人が集まる場所にピッタリでしょう。

キッチンディレクト-ガラス製ジャグ (1,680円)

1人暮らしにおすすめする1日飲み切りサイズ

1人暮らしに向いた3Lの容量を持つ、幅21㎝で奥行15㎝、高さは39㎝のガラス製ジャグです。本体はコンパクトで設置場所を選びませんが、縦横15㎝で高さ17㎝のスタンドがセットになっています。デッドスペースを生かした設置にも期待が持てるため、ワンルームなどの狭いキッチンでも有効活用できるでしょう。

1人用の飲み切りウォータージャグとして程よい容量ですが、パッキンが付いたクリップ式の蓋を採用しています。気密性に長けた構造であり、保存用容器としても価値がある製品です。また、常備で中身があれば一石二鳥の効果があり、インテリアとしての価値はグッと上がります。水割りで飲む洋酒や果実酒を保存しておけば、ホームパーティーや宅飲みに華を添えられるアイテムです。無駄なボトルが減って生活感も隠せるため、省スペースには非常に有効な方法でしょう。

キルナー-バレルディスペンサー (4,104円)

卓上で楽しめる容量1Lのスモールタイプ

お酒好きにおすすめしたい卓上サイズの1Lウォータージャグで、サイズは幅21㎝で奥行が11.5㎝、高さは16.5㎝です。持ち運びに便利なサイズで場所を選ばず使えるカップ蓋があり、自宅だけでなくアウトドアでも活用するといいでしょう。カップ蓋は50㏄と切りがよく、計量用としても使いやすくなっています。

キルナーは英国のグラスメーカーで、古い歴史と高い技術力には定評があります。このバレルディスペンサーも、キルナーらしい上質さが魅力です。肉厚があるソーダガラスながら透明度が高く、高級感は値段以上と言えるでしょう。また、キルナーのネームバリューも付きます。そのため、ギフト用アイテムとしても、是非おすすめしたい逸品です。

キルナー-フロステッド ディスペンサー (5,616円)

ガラスの色が選べるフロスト加工されたウォータージャグ

ガラス製のウォータージャグは無色透明が非常に多く、中身がないとインテリアとしては薄味になることが少なくありません。この製品はその点で嬉しく、フロスト加工が施された色付きガラスです。クリップ式の蓋を採用したフォルムはウォータージャグとして存在感があり、置くだけのインテリアとしても非常におすすめです。

均一に美しい艶消しや、ホワイトとパープルの2色が共に鮮やかなところは、ガラスとグラスの専門メーカーであるキルナーらしい技術です。容量は5Lで少人数の家族に使いやすく、サイズは幅25㎝で奥行が18.5㎝、高さは31㎝あります。メーンのウォータージャグとして利用するなら、蛇口を利用しやすい場所へ設置するといいでしょう。

まとめ

場所や人数に合わせた機能のウォータージャグがおすすめ

ウォータージャグは想定する人数に合わせた容量と、使うシーンに合った機能を持つ製品がおすすめです。屋外なら持ち運びに便利なスタンド付きの保冷タイプ、屋内ならデザイン重視のおしゃれなガラス製品というように、TPOを大切にした選び方が肝要でしょう。