おしゃれでおすすめのキッチンスケール人気ランキング!【防水タイプも】

お菓子作りやパン作りは、正確な分量で量ることが重要ですよね。0.1gまで正確に量りたいという方におすすめなのがキッチンスケールです。キッチンスケールにはアナログ式やデジタル式など、形状も性能も様々。一昔前までは機械的だったアナログ式キッチンスケールも、インテリアに馴染む北欧スタイルやインダストリアルなデザインも豊富に揃っています。デジタル式は、0.1gまで正確に量れることに加え薄くて軽量なのでより使いやすいでしょう。今回はそんなキッチンラックの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。おしゃれで実用的なキッチンスケール選びに悩んでいる方や、より正確な重量を量りたいと考えている人は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。




キッチンスケールの特徴

お菓子作りなど正確な計量が必要なときに活躍する

キッチンスケールとは、料理やお菓子作りなどの材料の分量を量る調理用具です。特にお菓子作りには0.1g単位での正確な計量が不可欠。スポンジケーキやシフォンケーキは砂糖や小麦粉の正確な分量が、生地を膨らませるのに大きなポイントになっています。分量が正確でなければ、泡立てるときに卵白やクリームの泡立ちが悪くなったり、泡がつぶれてしまい失敗することになりかねません。お菓子作りに挑戦しようと思う人は一番に正確な分量が量れるキッチンスケールを用意する必要があるでしょう。

デジタルとアナログのクッキングスケールに分かれる

キッチンスケールには、アナログ式とデジタル式の2種類があります。アナログ式は受け皿が付いていて、目盛りバーが数字を指し示すことにより分量を計量するタイプのもの。一方、デジタル式は薄くてコンパクトなのが特徴です。また、デジタル数字表示で重量を指し示すので瞬時に数値が把握できわかりやすいでしょう。どちらのタイプにもデザインや使いやすさなどのメリットとデメリットがあり、それぞれ使いやすいポイントがあります。それぞれの特徴を考慮しながら自分にとって使いやすいキッチンスケールを選んでくださいね。

キッチンスケールの種類

アナログタイプ

デザインが豊富でランニングコストがかからない

アナログ式のキッチンスケールは、電池が不要なので1度購入すれば電池替えの心配がなく、半永久的に使えます。キッチンスケールは毎日頻繁に使うものではないので、いざ取り出した時に電池が切れていたということもあるかもしれません。そんな心配はアナログ式にはなくランニングコストもかからないのはメリットです。

一方、アナログ式は目盛り方式なので自分で目盛りを読んで計量したり、計算する必要があります。瞬時に目盛りの数値を確認できるデジタル式に比べると時間がかかるデメリットも。しかし、アナログ式はレトロな雰囲気なので、キッチンに置いたままでも違和感がありません。最近では、おしゃれでデザイン製が豊富なものも多いので魅せる収納としても活用出来るでしょう。たとえ、面倒な計量になったとしても見た目重視というおしゃれな主婦たちの間で人気のタイプになっています。

デジタルタイプ

一目で計量した数値が分かる

材料のわずかな数値を正確に量りたいという人にはデジタル式がおすすめ。家庭用のキッチンスケールであれば最大5kgまで0.1g単位で数値を指し示すでしょう。パン作りやお菓子作りなどをすることが多く、常に正確で瞬時に計量を判断できるタイプのものが欲しい人はデジタル式を選択してくださいね。細かく量れる上に、軽量コンパクトなので置き場所や収納場所にも困らずおすすめですよ。

また、デジタル式のキッチンスケールの特徴は風袋機能です。風袋機能とは別名「0表示機能」とも呼ばれ、ボウルなどをキッチンスケールに乗せた状態を0基準にして量ることが出来る機能のことです。この機能があればボウルに、バターや砂糖、小麦粉などの材料を順番に計量しながら入れていくことが出来ます。いちいち別々に量る必要がないので、時間と洗い物の節約になるのでおすすめです。

キッチンスケールの選び方

作る量に合わせて選ぶ

最大計量値と最小計量の単位を確認する

デジタル式もアナログ式も家庭用で使うキッチンスケールなら、計量出来る最大量には限界があります。製品にもよりますが、一般的に2kgから5Kg対応のキッチンスケールが主になっています。基本的なレシピは全体量が1kgから2kg弱のものがほとんどですが、作り置きをする際や大人数分の容量を作ることがあるなら、最大計量値が高いものを選びましょう。また、アナログとデジタルどちらのタイプを選ぶとしても最小計量表記がより細かいものを選べば、正確な分量を量るうえで失敗が少なく済むでしょう。

目盛りの見やすいタイプがおすすめ

特に、アナログ式のキッチンスケールを選ぶ際に注意したいのが、目盛りの読みやすさです。自分で目盛りを読む必要があるので、より正確な数値を把握するためにも文字盤のカラーや、数字の大きさで見やすいものを選びましょう。より細かく、0.5gの目盛りが付いているものならより正確性が増すので選ぶ際の基準にしてくださいね。

便利な機能で選ぶ

ボールに入れながら軽量するなら0表示機能

レシピによっては、複数の材料を正しく計量することもあります。粉や砂糖、液体の場合はボウルや容器に入れながら計量しますよね。その際に、あらかじめ容器の重さを量って、後から材料の重さを計量するのは面倒。容器をキッチンスケールに乗せた状態で、重量を0にできれば面倒な計算が不要でさらに計量が簡単になります。この0表示にする機能を風袋機能というので購入の際の参考にしてくださいね。

液体をミリリットルで軽量する機能も便利

レシピの中には、牛乳や水を加えるときもありますよね。その時に便利なのが液体物を容量で測る機能が付いているキッチンスケールです。わざわざ、計量カップを取り出す必要がなく、キッチンスケールで計測ができるのでとても便利。すべての材料をキッチンスケールで1度に計量できます。お菓子作りやパン作りのレシピには、牛乳や生クリームが必要なことが多いのでぜひ、キッチンスケールを選ぶ際のオプションとして選択してみてはいかがでしょうか。

ダイエットや健康管理が可能なカロリー計測できるものも

デジタルキッチンスケールの中には、カロリー計測も可能なタイプもあります。例えば、タニタのキッチンスケールはご飯の量を量ることに加え、ごはんカロリーモードで白米のカロリーを重量によって知らせてくれます。加えて、パンやうどんなどの好きな食材のカロリーをあらかじめ設定しておくことで、計量した際にカロリー計算することが出来るものも。材料の計量に加えてダイエットにも活用できる機能は、使える幅が広がるので便利でしょう。

使用後のお手入れや収納方法も考える

粉ものを使うお菓子作りやパン作りに最適な防水タイプ

キッチンスケールは、調理中の汚れが付きやすいのでお手入れのしやすさは重要なポイントです。特にデジタル式の場合は電子機器なので、汚れが付きにくく粉などが入り込まない形状のものを選ぶようにしましょう。少数ですが完全防水タイプの丸洗いが出来るストレスフリーなアイテムもあります。アナログ式の場合は、受け皿が取り外し可能なものかを確認して選ぶようにしましょう。

フック穴付きや折りたたんで縦置きできると収納しやすい

特にデジタル式のキッチンスケールは、スペースが不要な薄型仕様がほとんど。もともとコンパクトなうえに、冷蔵庫などにピタッとくっつけることが出来るマグネット式やフック式なら収納に困ることはありません。必要な時にサッと取り出せてサッとしまえる機能は、細かい点ではありますがより使い勝手を良くしてくれる機能といえるでしょう。

キッチンスケールのおすすめブランド・メーカー

DULTON(ダルトン)

とにかくおしゃれなツールが揃うインテリア雑貨の総合メーカー

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

時計やディスペンサーなどの小物からインテリア雑貨まで幅広いラインナップを誇るダルトン。シンプルでスタイリッシュなデザインからまるで外国のおうちにあるようなおしゃれなアイテムが揃います。見た目重視のキッチンアイテムが欲しいという人はダルトンをチェックしてみましょう。

タニタ

キッチンスケールの種類は80以上で欲しいタイプが必ず見つかる

アナログ式からデジタル式まで幅広い商品がラインナップされているタニタ。量る道具の老舗メーカーならではの用途に応じたキッチンスケールが豊富です。完全防水で丸洗い可能な洗えるクッキングスケールから、自動計算モード搭載のカロリー対応商品まで使いやすい機能や性能が揃います。家庭で使う人から、業務用で使うプロ向けまで使いやすく、正確な数値表示のキッチンスケールを選ぶことが出来るでしょう。

ドリテック

スタイリッシュなデザインのキッチンスケールが揃う

ご飯のカロリーや炭水化物量が測れる機能性の高い製品、スタイリッシュでインダストリアル的なシルバーやブラックのキッチンスケールが揃います。見ためのデザインも、豊富なカラー展開や大文字表記のワイド画面など種類が様々。見た目的にも気に入った商品が見つかることでしょう。また、キッチンスケールには珍しいタイマー機能や時間表示のあるドリップスケールは、美味しいコーヒーを淹れるのにも最適です。

ティファール

レトロでポップなキッチンスケールならティファールで

2013年にグッドデザイン賞を受賞したおしゃれで機能的なティファールのキッチンスケール。デジタル式キッチンスケールでは珍しいガラストップで、取り外して洗えます。ボタン周りも凹凸がなくフラットな設計、拭き取りやすく衛生的に使い続けることが出来ます。アメリカンなポップな印象のデザインもあり、使いながら気分も高めてくれることでしょう。

Eteki

美しいデザインでスタイリッシュに計量したいならEtekiがおすすめ

使用者レビューでもとにかくおしゃれで機能的、キッチンに立てかけておいても生活感を感じさせないとの評価がたくさん。高精度で多機能でありながらスタイリッシュさとの両立を兼ねそろえた魅力的な製品です。単位も1gから最大5kgまで量ることができ使える幅が広がることでしょう。キッチンの外観を損なわない美しいデジタルキッチンスケールならEtekiで決まりです。

おすすめ&人気のキッチンスケールランキング

アナログでおすすめのキッチンスケール

イデアオンライン-DIET SCALE アイボリー(2,916円)

魅せる収納として飾っておきたいキッチンスケール

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

見ているだけで心が癒されるキッチンツールを作りたい、そんなブランド製作者の気持ちが表れたキッチンスケール。使わないときでも、隠しておきたくない魅せる収納で目立つところに飾っておきたい、そんな気持ちにさせてくれるキッチンスケールといえるでしょう。カラー展開もアイボリー、レッド、サックスブルー、ミントグリーンの4種類の展開。

アメリカンテイストの英語表記になっているので、どのカラーを選んでもシックでおしゃれなデザインが完成します。受け皿部分は皿型になっているので、根菜や果物の計量も量りやすいでしょう。おしゃれで見た目重視のキッチンスケールが欲しい方にぜひ、おすすめしたいアイテムです。

ダルトン-オールドファッションスケール(5,832円)

レトロ感たっぷりのアナログ式キッチンスケール

まるで何年も使い古したようなアンティーク感が魅力のフォルムは、とってもおしゃれ。ぜひキッチン出したままインテリアにしてほしいキッチンスケールです。奥行きがないスリムなデザインなので、キッチンに置いておいても邪魔になりません。

文字盤は、赤い中心盤に2つのネジと量りの針がにっこり笑った顔にも見えます。見えるところに置いておくと、見ているだけで心が和むアイテムなのも魅力的。錆の風合いや製品の色味が一つ一つ違うので、同じものが2つとない自分だけのキッチンスケールを手に入れられることでしょう。

デジタルでおすすめのキッチンスケール

ドリテック-デジタルスケール(1,890円)

木目調で柔らかくおしゃれなデジタルスケール

シンプルでおしゃれな木目調のデジタル式キッチンスケールはドリテックだけ。どのタイプのキッチンにも馴染みやすいナチュラルウッドなホワイトと、シックで洗練されたキッチンにマッチするダークウッドの2種類の展開です。重量を表示する液晶画面は斜めになっているので、表示が見やすいのもポイント。

最大2kgまでの計測が可能で、ボタンが押しやすく見やすいのも特徴です。風袋機能付きでボウルを乗せた後、0表示にすれば中身の計量だけ行うことが出来ます。電源を切り忘れても安心な4分オートパワーオフ機能付き。見た目にも機能面でも申し分ない商品です。

TOKAI-デジタルスケール(1,000円)

個数も測れるPCS機能付き

大豆や黒豆など個数を1つ1つ数えるよりも、瞬時に個数を計測してくれる機能があれば便利ではありませんか。PCS機能付きなので個数を重量から計算し、手間や時間を省くことが出来ます。また、豆などの転がりやすいものもしっかり計量できるように大小の計量トレー付き。用途に合わせて使い分けることが出来るでしょう。

見た目はシルバーでインダストリアルなテイスト。スタイリッシュなデザインがキッチンにおいても生活感を感じさせず、自然に馴染みます。また、液晶画面はどんな場所でも時間でも見やすく計量が可能なLEDバッグライト付き。シンプルで見やすいのでストレスなく情報を読み取ることが出来るのもポイントです。

ASHOP-高精度デジタルキッチンスケール(980円)

外国のレシピ本も単位変換機能で簡単に挑戦可能

外国のレシピ本を使う時や海外生活をしている人にとって、レシピに記載されている外国の単位表記は難しいものがありました。いちいち計算してg表記に直すのは結構大変。そんな悩みを解決する5パターンの単位変換機能は便利で機能的です。

最大5kg分の重量が、リブラやオンサで軽量できるので面倒な計算は不要。単位変換ボタンを押していくだけでアルファベットで単位表記で知らせてくれます。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、表面もサッと拭いて衛生的。サイズも18cm×14cmとコンパクトで軽量なので収納もしやすいでしょう。

HARIO-ドリップスケール(4,195円)

ドリップコーヒーを淹れるのにも活躍する万能スケール

料理やお菓子作りに使えるだけでなく、本格的なドリップコーヒーを淹れるときにも活躍するキッチンスケールです。コーヒー豆の分量やお湯の量を量るだけでなく、抽出時間や蒸らし時間を計測出来ます。もちろん、コーヒー以外にも紅茶や緑茶を美味しく淹れるときにもとっても便利。

見た目もブラック一色でクールでかっこいい。暮らしをおしゃれに演出し、良いものにするための工夫が施されたキッチンスケールは使い方も様々。コーヒーもよりおいしく、料理作りもより正確においしく完成する汎用性に優れた製品になっています。

防水でおすすめのキッチンスケール

タニタ-洗えるクッキングスケール (3,780円)

防水と防塵仕様で丸洗いができて衛生的

防水と防塵機能が付いているのでパン作りなどの粉ものの計量もお任せ。粉が本体に侵入することを防ぐので機器の故障を防ぐことが出来ます。ただ、つけおき洗いや食器洗浄機での使用には対応していませんの気を付けて使用してくださいね。食器を洗う感覚での丸洗いに対応しています。

電池の消費を最低限に抑えるために、オートパワーオフ機能も搭載。約6分後、電源をオフにしなくても自動で電源がOFFになるので無駄な電池消費が発生しません。より正確な計量が叶う地域設定機能により、高低差による重力の影響を補正する機能も付いています。普段使いに役立つ機能が満載のデジタル式キッチンスケールです。

タニタ-デジタルクッキングスケール(3,218円)

上皿を取り外して丸ごと水洗い可能で衛生的

こちらの製品は、キッチンスケール丸ごと洗えるタイプではありませんが、取り外し可能なシリコンゴム製の上皿カバーが付いています。カバーはシリコンになっているのでこの上にボウルを乗せても滑りにくく、しっかり支えます。汚れてもすぐに取り外して洗うことが出来るので、面倒な取り付け作業が不要なのも嬉しいですね。

タニタ製のキッチンスケールの中でも、文字高28㎜の大文字表記は誰にでも見やすく正確な計量を把握しやすい仕様になっています。mlモード付きなので、計量カップを使わずに水や牛乳を量ることが出来るでしょう。微量モードに設定すれば0.1g単位の計量も可能、イーストや調味料などの細かな計量にも便利に活用できます。

ドリテック-マイスケール(2,980円)

健康管理もしてくれるキッチンスケール

ご飯のカロリーや炭水化物量を量って健康管理をサポートするキッチンスケールです。操作は簡単で、モード切替ボタンを押すだけ。ごはんモードにすれば、大画面の液晶表示により炭水化物量とカロリー、重量を同時に表示します。

カバーはシリコン製カバーになっており、キズがつくのを防ぎます。カバーは取り外し可能なので丸洗い可能。いつでも清潔な状態で使用できます。画面部分は凹凸がなくフラットな形状なので、汚れてもサッと拭き取れるのが嬉しいですね。

タニタ-デジタルクッキングスケール(3,327円)

計量皿は取り外しても丸ごと洗いも可能な万能タイプ

お皿も本体も丸ごと洗える嬉しい防水キッチンスケールです。少し汚れたら計量皿だけ取り外して洗えますし、粉や汚れが本体についたら丸ごと洗えるのは便利でしょう。小麦粉や片栗粉など粉が舞い上がりやすいものの計量にもストレスなく利用でき、掃除も楽々。

高精度の量りに起こりがちな、重力による重量の誤差を防ぐ地域設定機能付き。9つの地域設定によりより正確な計量が可能です。液晶画面と計量皿に高低差があるので、ボウルや食材を乗せても表示が見やすくなっています。

収納しやすいおすすめのキッチンスケール

ティファール-キッチンスケール(4,895円)

まるでミニフライパンのような可愛い吊るせるはかり

まるでティファールのミニフライパンのような見た目がとてもかわいいキッチンスケール。最大2kgの分量を通常モードと微量モードで計量が可能です。本物のフライパンのようにフック穴が付いているので、壁掛け収納が可能。他のキッチンツールと一緒に吊るしておけば、収納スペースを取らずにすみます。

操作部分はフラットなデザインのタッチセンサーボタンになっているので、拭き取りやすくお手入れが簡単に出来ます。液晶画面は表示が見やすいバックライト付きなのでキッチンの照明が暗めの時でも、明るく光って分量をしっかり確認出来るでしょう。

タニタ-デジタルクッキングスケール(1,500円)

重量は約300gなので壁にも掛けやすい

横幅11cm×奥行15.4cmのコンパクトなボディのキッチンスケールなので、狭いキッチンや収納場所がない場所でも邪魔になりません。重量は電池を含んで300gと超軽量。背面には、フック穴があるので壁や冷蔵庫側面にフックで掛けるのもおすすめです。

電源のスイッチを入れると瞬時に0g表示になりますし、風袋機能で素早く数値が定まります。素早い計量は、材料の入れすぎを防ぐことが出来るのでより快適に数値の確認が可能です。性能の高さとコンパクトさ、計量値の素早さを考えると高コスパの製品といえるでしょう。

ドリテック-スプーンスケール(1,980円)

300gまでのちょっとした計量におすすめ

スプーン型のキッチンスケールは収納するときも、場所を取らないのでおすすめ。引き出しに他のキッチンツールと一緒に入れても、目立つレッドですぐに見つけられます。スプーンは容量目盛りが付いた大小2つのセット。量るものに合わせて使用することが出来ます。

スプーンは取り外して食器洗い機でも手洗いでも洗浄可能。いつでも衛生的に使用できます。0.3gから最大300gまで計量でき、0表示ボタンで追加計量も可能な高性能が魅力的です。瓶や容器に入ったジャムや味噌もすくってそのまま計量できる便利なキッチンスケールになっています。

アイリスオーヤマ-デジタルキッチンスケール(1,280円)

簡単シンプル設計で誰でも使いやすいキッチンスケール

0.1gの細かい単位で計量可能、小数点切り替えにすれば1g単位と0.1g単位で単位を変換できます。液晶画面は、はっきり見やすいバックライト付きデジタル表示。暗いところでもはっきり見やすく数値を瞬時に識別することが出来るでしょう。

ボタンを押したときに底面に滑り止めが付いていれば、ぐらつきや滑りを抑えて使いやすい。自動的に電源が切れるオートパワーオフ機能付きなので消し忘れも安心です。重量も約200gと超軽量なので、壁掛けもS字フックにも対応しています。

まとめ

0表示機能付きや丸洗い可能な商品は特におすすめ

正確な分量を計量できるキッチンスケールは、お菓子作りやパン作りを楽しむうえで欠かせないアイテムです。キッチンスケールを購入するうえでこだわりたいポイントは機能性。ボウルに入れたまま中の材料だけを量れる風袋機能や、防水機能はとても便利に使うことが出来るでしょう。特に、デジタル式でありながら丸洗いできる防水性を兼ねそろえたキッチンスケールは、いつでも清潔さを保つことが出来るのでおすすめです。今回はキッチンスケールについて、人気ブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんもより料理を楽しくさせ、美味しく仕上がる手助けをするキッチンスケールを選んでくださいね。