おすすめのスマホ用タッチペン人気比較ランキング!【イラスト向けも】

スマホを手で操作するとき汚れが気になる、細かい操作ができないから不便、そんな悩みをお持ちではありませんか。スマホのタッチペンがあれば、それらの悩みを全て解決することができます。スマホのタッチペンには用途や素材などさまざまな種類が販売されているので、おすすめの人気タッチペンをランキング形式で紹介します。また、DSのタッチペンで代用できるのか、どんな種類があるのか、ツムツムをするときに便利なものはあるのか、などの疑問を持つ方にもおすすめのタッチペンを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホのタッチペンの特徴

微力な静電気で反応する静電式のペン

スマホは指先の微量な静電気に反応して動いています。そのため、スマホのタッチペンは静電気を発生させる静電式。具体的には充電が必要のない導電式のペン先と、充電が必要な静電容量式のペン先があります。ペン先に電気伝導率の高い素材を使用し、静電気を流すことで反応を入力する導電式のペン先です。静電容量式は電池や充電によって静電気を流し反応を入力しています。

DSについている感圧式のタッチペンでは反応しない

DSは画面を押す圧力を感じて反応する感圧式です。そのためDSのタッチペンは、静電気を流すことができないため、スマホでは全く反応しません。DSのタッチペンは樹脂タイプのペン先とよく似ています。しかし、樹脂タイプのペン先は充電や電池で静電気を流しているので反応します。DSのタッチペンではスマホを操作できないので、スマホ専用のタッチペンを購入しましょう。

スマホのタッチペンの種類

シリコンゴムタイプ

最もベーシックなタイプであり種類が豊富で安い

ペン先に導電性のシリコンゴムを使用しています。最もベーシックなので種類も豊富で価格も安いものが多いです。シリコンゴム製なので弾力があり、液晶を傷つける心配はありません。しかし、長期間使用していると摩耗し、買い換える必要があります。

導電性繊維タイプよりは摩擦があり文字を書いたり、ゲームをしたりするときに気になる方もいるでしょう。しかし、ページをスクロールするだけならば問題ありません。安価なので初めてタッチペンを購入する方にはおすすめです。また、シリコンゴムは導電性が高い素材で、充電が必要ありません。そのため、電池や充電を気にせずいつでも使用できます。

導電性繊維タイプ

導電性の繊維を編み込んだペン先でシリコン製より滑りやすい

導電性の繊維を編み込んだタイプは摩擦が少なく、滑らかな操作ができます。そのため、サラサラとストレスなく文字を書くことができます。摩擦の少なさからパズルゲームなどにも向いています。ペン先も球状で柔らかいので、液晶が傷つく心配はありません。

導電性繊維タイプのペン先は8mmと大きいので、字やイラストはやや描きにくいです。そのため、イラスト作成などではペン先が細い樹脂タイプなどが使用されます。シリコンゴム同様充電や電池が必要ないため、いつでも使用できますよ。

導電性の樹脂タイプ

ペン先が導電性の樹脂でできておりボールペンのように細い

樹脂タイプはペン先が細く、ボールペンで書いているような書き心地を実感できます。ペン先が太いものよりも、普段通りに文字が書きやすいでしょう。ペン先が硬いため、液晶を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。傷が心配ならば保護シートを貼ると良いでしょう。

また、樹脂タイプは電池を入れたり、充電したりする必要があります。購入してもすぐに使用できない場合があるので、説明書をしっかり確認しましょう。ペン先が細いため文字を書いたり、イラストを作成したりする方におすすめのペン先です。

ディスクタイプ

透明の円盤が付いておりペン先が見やすいためイラスト制作に最適

ディスクタイプは、ディスク部分が自由に動いて液晶との接地面積を保ってくれます。従来のタッチペンは、ペンを倒し過ぎてしまうと反応しないことがありました。しかし、ディスクタイプはペン先のディスクが自由に動くことで接地面積を保つので、ペンを倒しても問題なく反応します。

ディスクは透明なのでペン先の画面を見ることができます。そのためイラストの制作などでよく使用されています。また、ペンを倒しても反応するので、鉛筆やペンで書くような感覚で電子イラストを作成できるでしょう。

スマホのタッチペンの選び方

用途で選ぶ

イラストを描くならば誤タッチ防止機能付き

誤タッチ防止機能とは、手で触れても反応しない機能です。絵を描くときペン先だけでなく手首など他の部分が触れてしまい、反応してしまうことが多々あります。手が触れることで起きる誤操作を防止するために手袋を着用する人もいました。しかし、誤タッチ防止機能があれば手が触れても反応せず、ストレスなくイラストを描けますよ。

仕事で使用するならばボールペン付きなどの多機能ペン

タッチペンには、ボールペンと一体になった2wayのものがあります。ボールペンでメモをとりながら、スマホやラブレットの操作でタッチペンを使うこともでき、持ち替える必要がいらないので便利ですよ。ペン1つで2つの機能があるため、持ち物も少なくて済みます。クリップ付きのものも多く手帳に挟んだりポケットに引っ掛けたりして持ち運べますね。

疲れにくさで選ぶ

筆圧が強い方ならペン軸が8mm程度の太いものだと握る手が疲れにくい

ペンの太さもさまざまで、8mm程度の太いものが疲れにくいです。筆圧が強く、長時間の使用で疲れてしまう方は、ペン軸の太さも確認してみましょう。他にもグリップがついていたり、握る部分だけ太いデザインになっていたり、疲れにくい工夫がされているペンは多数あります。より自分の手にフィットするものを探してみると、疲れにくいものが見つかるでしょう。

ゲームなどで長時間使用する方ならば重心が低いものだと疲れにくい

重心が低いものは、軽い力で操作でき長時間の使用でも疲れにくい魅力があります。低重心のものは軽い力で操作できるため、指よりも力を使わずにゲームができます。また、指よりも摩擦が少なくより滑らかな操作が可能でしょう。低重心のゲーマーズモデルやゲーム専用のタッチペンもあり、ゲームで使用したい方におすすめですよ。

機能性で選ぶ

ストラップ付きなら紛失防止になる

ペンにストラップがついており、紛失防止に便利なものがあります。イヤホンジャックに刺すタイプのものがあり、スマホと一緒に保管できます。このようにスマホと一緒に持ち歩けるものは、使いたいときにわざわざペンを探し、取り出す必要がありません。紛失防止だけでなく、探す手間が省けるのでストレスなく使用できるでしょう。

伸縮式ならコンパクトに持ち運びができる

コンパクトに収縮できる、伸縮式のタッチペンもあります。短く収縮することで持ち運びやすくなり、荷物が少ない方におすすめです。ポケットに入れて持ち運びできるので、ペンケースを持ち歩く必要もありません。使用するときは伸ばすことができるので、使いやすさも問題ないでしょう。小さいので紛失しやすいタイプですが、ストラップがついていれば紛失防止になりますよ。

スマホのタッチペンのおすすめブランド・メーカー

Apple(アップル)

高性能だが対応機種はiPhoneなどのApple社製品のみ

Apple Pencilはワイヤレスで充電ができ、マグネットでiPadにくっつくため紛失の心配もありません。しかし、Apple社専用ですので、Androidのスマートフォンでは使用できません。筆圧を感知し細かい表現ができるなど機能性が高いため、iPhoneやiPadで使用したい方にはおすすめです。

ELLECOM(エレコム)

ディスクタイプや導電性繊維など様々な種類がある

ELECOMは大手コンピューター周辺機器メーカーですが、スマホのタッチペンもたくさん製造、販売しています。ゲーム専用のものなどたくさんの種類があります。特にゲーマーズモデルは画面の邪魔にならないようクリアウィンドウが付いているなど機能的ですよ。

MetaMoji(メタモジ)

重心などを工夫したゲームでの使用に特化した種類がある

MetaMojiのゲーマーズモデルのタッチペンもあり、ゲームをする方に人気です。重心や重みなど工夫されており、より快適にゲームをすることができます。文字の書きやすさにもこだわったデザインで、使用感の良さが魅力です。

PGA(ピージーエー)

かわいいディズニーデザインとノック式の抗菌仕様と高機能

PGAで販売しているタッチペンは、ディズニーなどの可愛らしい柄のものがあります。可愛いだけでなく、ノック式なのでペンケースに入れていてもペン先が汚れることはありません。また、ペン先は抗菌使用なので、公共の場でタッチパネルを使用するとき、またエレベーターのボタンを押すときなどにも活用されています。

DAISO(ダイソー)

安価で円盤タイプやシリコンタイプなどさまざまな種類がある

DAISOでもタッチペンは販売しています。シリコンタイプや円板タイプ、ボールペンと一体型のものなどさまざまなものが110円で購入できるので初めて購入する方に最適です。安いのでいろんな種類を試してみても良いでしょう。

おすすめ&人気のスマホ用タッチペンランキング

Android使用可能でおすすめのスマホ用タッチペン

QUEEN ROCK(クイーンロック)-充電式タッチペン (2,480円)

充電式でペン先1.4mmと極細のiPadやiPhoneだけでなくAndroidで使用可能

ペン先は1.4mmと細く超高感度なので、リアルな筆感を感じることができます。銅製のペン先で耐久性が高く磨耗する心配がありません。繊維タイプのペン先もあり用途に合わせて使い分けができ、とても便利でしょう。イラストの作成やゲームなど幅広い場面で活用できますよ。

1回の充電で約18から25時間程度使用可能です。ペン上部にある電源ボタンを押すだけで、使用することができます。もし、使用後に電源ボタンを切り忘れても30分後に自動でオフになるので、無駄に充電を消費する心配がありません。

Gutto(ぎゅっと)-2WAY TOUCH PEN(ツーウェイタッチペン) (598円)

ディスクタイプと導電性繊維タイプの2種類を用途に合わせて使い分けできる

ディスクタイプと繊維タイプの2種類のペン先があり、用途に合わせて使い分けができます。ディスクタイプのペン先の方には、グリップがついており握りやすくなっています。長時間でも疲れにくくイラストを描くのに最適でしょう。

カラーバリエーションも豊富なのが魅力です。上品なローズゴールドやグレーなどもあり、好みに合わせて選ぶことができます。仕事などの場面でも違和感のない上品なデザインですし、好みの色があると仕事のモチベーションも上がるでしょう。

PGA(ピージーエー)-ノック式抗菌タッチペンディズニーキャラクター (1,848円)

ノック式でペン先をしまい持ち歩けてペン先は抗菌仕様のため感染予防にも最適

ペン先が抗菌使用なのでATMやエレベーターのボタン操作など、感染予防のために使用することができます。また、繊維タイプのペン先は動きが滑らか。ゲームなどでもストレスなく使用でき、さまざまな場面で活用できますよ。

可愛らしいディズニータイプは、ディズニー好きの方にとって嬉しいでしょう。コンパクトなサイズでポケットやカバンに入れて持ち歩きやすいところが魅力です。クリップも付いているのでポケットに引っ掛けて持ち運べるため、紛失防止にもなります。

円網堂-タッチペン(伸縮タイプ)(387円)

ストラップ付きの伸縮タイプタッチペンなのでコンパクトだが紛失しにくい

イヤホンジャックコネクタがついており、スマホを使用するときにわざわざペンを取り出す手間がなく使用できます。常にイヤホンジャックに挿入しておけば紛失予防にもなるでしょう。イヤホンジャックのないiPhoneなどでは使用できないので、購入前には、ご使用の端末にイヤホンジャックがあるか確認してくださいね。

短縮しているときは長さ6cmとコンパクトなので邪魔になりません。使用したいときは長さ10cmまで伸びるので、使いやすさも問題ないでしょう。ペンケースにしまう必要がなく取り出す手間が省けるため、頻繁に使う方におすすめです。

セキセイ-スマタテペン (297円)

ボールペンやタッチペンの機能だけでなくスマホを立てられる多機能ペン

ボールペンとタッチペンが両方使えてビジネス場面に最適です。また、特徴的な窪みにスマホを立てることができ、スマホホルダーとしても使用できる3wayと機能的。昼食時に動画を見たい、そんな方にもおすすめですよ。

特徴的なペンの形ですがクリップもついており持ち運びは簡単。シンプルなデザインは年齢や性別問わず使えるでしょう。スマホで動画を見るときに机に置くだけでは見づらい、そんな悩みをお持ちの方へおすすめですよ。

ツムツム等ゲームでおすすめのスマホ用タッチペン

MetaMoji(メタモジ)-Su-Pen(スーペン)ゲーマーズモデル (3,565円)

重量バランスを調整されており快適にゲームができる

摩擦が少なく軽い力で操作できるので、快適にゲームをすることができます。繊維タイプのペン先は摩擦が少なく滑らかな操作が特徴で、ツムツムなどのパズルゲームにおすすめですよ。また、指での操作とは違い、汗などで液晶が汚れることを気にせずプレイに集中できるでしょう。

キャップもついておりペン先が汚れないので、ペンケースに入れて持ち運びもできますよ。滑らかな操作で文字の書き心地もよく、タブレットやスマホにメモをする際も最適です。しかし、長期間使用しているとペン先が磨耗してしまうことがあります。そのときは交換用のペン先を購入することで、より長く使用することができますよ。

ELLECOM(エレコム)-タッチペン パズルゲーム専用 (1,616円)

ペン先に高密度ファイバーチップを使用し軽い力で滑らかな操作が可能

軽い力で反応する超感度ファイバーチップを採用しており、滑らかな操作でストレスなくゲームに集中できます。感度が高いため、ガラスフィルムを使用していても反応します。そのため、画面が傷つかないようフィルターを使用している方にはおすすめですよ。

また、このタッチペンは画面の邪魔にならないように、ペン先が透明になっています。画面を常に見ることができるので、ストレスなくゲームに集中できるでしょう。別売りですが交換用のペン先も販売しており、長く使用することができるのも魅力です。

ELLECOM(エレコム)-タッチペン ロングタイプ ゲーム向けクリアウィンドウ (1,360円)

クリアウィンドウがありペンが視界を遮らない

ペン先にクリアウィンドウがついており、画面の邪魔にならないことが魅力です。パズルゲーム専用のタッチペンよりクリアウィンドウな部分が広いので、より視界を邪魔されることないためストレスなくゲームに集中できるでしょう。

ペン径は10mmと太めで強く握ってしまう人も疲れにくい設計です。長さも128mmと他のタッチペンに比べ長く、スタイリッシュな見た目も魅力ですよ。長時間の使用でも疲れることなくプレイに集中できるでしょう。

aibow(アイボウ)-スタイラスペン (1,099円)

交換できるペン先が3本ついており長く使える

繊維タイプのペン先で摩擦が少ないので、ツムツムなどのパズルゲームにおすすめです。高感度なので画面保護フィルターを使用していても反応します。保護フィルターを使用している方でも安心して使用できますよ。

また、このタッチペンの魅力は交換用のペン先が3個ついていることです。どうしても長期間使用するとペン先が磨耗してしまうでしょう。しかし、交換用がセットになっているため、新たに買い換えたり別売りのペン先を購入したりする必要がありません。

Hamee(ハミィ)-アルミスタイラスペン (1,320円)

約10gと軽量で握る部分には滑りにくい凹凸付き

ペンの重さは約10gと軽量で、握る部分は滑りにくい凹凸があり使用しやすい設計です。繊維タイプのペン先は滑りも滑らかで、ストレスなくゲームができます。重さも軽いため長時間使用していても、手が疲れにくいでしょう。

美しいアルミボディは上品な見た目で、ビジネス場面でも違和感がありません。クリップが付いているので、胸ポケットや手帳に引っ掛けて持ち運びができます。仕事でタブレットやスマホを使用する場面が多い方にもおすすめですよ。

イラスト用でおすすめのスマホ用タッチペン

スマホ未来館-iPad専用誤操作防止タッチペン (2,580円)

iPad専用だが誤タッチ防止機能があるため画面に手をつきながら描ける

誤操作防止機能がついており、画面に手をつけたまま絵や文字を書くことができます。手に反応しないよう手袋をしたり、変に手を浮かせて描いたりする必要がありません。より紙に書いているような感覚でイラストを描けるでしょう。

iPadにしか使えないため、Androidのスマホやその他のタブレットを使用している方は気をつけましょう。マグネット吸着や1.0mmという極細のペン先など素敵な機能が満載なので、iPadを使用している方にはおすすめです。

ANANKO(アナンコ)-スタイラスペン 極細 (2,599円)

iPadのみ対応だが耐摩耗性に優れており傾き感知機能などもある

誤タッチ防止機能があり、手が反応しないよう手袋をする必要がありません。また、傾き感知機能があり、傾きによって線の太さを変えることができます。よりアナログで描いているように、イラストの作成ができるのでおすすめですよ。

充電タイプで1回の充電で約10時間使用することができます。自動スリープ機能や自動オフ機能があるので、無駄に充電を消費することもありません。何度も充電するストレスがなく、イラスト作成に集中できるでしょう。

KINGONE(キングワン)-タッチペンKINGONEスタイラスペン (3,199円)

急速充電可能で超高精度のセンサーにより遅延がないためストレスなく描ける

iPadだけでなくその他のタブレットやスマホで使用することができます。耐摩耗性が高く、画面との摩擦で磨耗しにくいため長く使用することができます。また、ペン先が固すぎず、画面を傷つけることもありません。

Bluetoothでの接続が必要なく、面倒な設定もせずに使用できます。1回の充電で約20時間使用でき、こまめに充電する必要がありません。また、5分で自動的にオフになるため充電を節約することもできるのも魅力的ですね。

Apple(アップル)- Apple Pencil(第2世代) (19,077円)

マグネットでiPadに装着できワイヤレス充電可能なのでいつでもすぐ使える

iPadにくっつけて充電ができるため、わざわざUSBに接続する手間がありません。カバンの中など移動中でも充電できるため使いたいときにいつでも使用することができます。また、マグネットでiPadにくっつくので紛失の心配もありません。

高価ですが書き心地やダブルタップ機能など他のタッチペンにはない機能も搭載されています。ダブルタップ機能とはペン先付近をダブルタップすることで最後に使ったツールに変更することができるものです。ペンと消しゴムを切り替えるなど簡単にできるのでより作業に集中できるでしょう。

Semiro(セミロ)-スタイラスペン (3,969円)

銅製の極細ペン先と導電性繊維タイプの2Wayを使い分けできる

銅製のペン先と繊維タイプのペン先の2wayで用途に合わせて使用できます。銅製のペン先は1.45mmと極細なので普通のペンのような書き心地です。よりリアルな書き心地なのでイラスのとの作成や文字を書くことにおすすめですよ。

銅製のペン先は約5年耐久する設計で長く使用できます。USBで充電するタイプですが、繊維タイプのペン先は充電なしで使用できるので安心ですね。繊維タイプはページのスクロールやゲームなどにおすすめです。

まとめ

スマホで使用できるタッチペンは種類が豊富

スマホで使用できるタッチペンはペン先やペンの軸などさまざまな種類があります。2種類のペン先が使用できるものやスマホホルダーとしてもしようできるものなど多機能なものがおすすめですよ。誤タッチ防止機能など機能的なものもありとても便利です。見た目や値段、機能などいろんな面を考慮して好みのタッチペンを検討してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*