おすすめのグリルパン人気ランキング!【使い方やお手入れ方法も】

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

食材の美味しさを引出し、調理も簡単で人気なのが焼き物料理です。プロのように表面はパリっとしながらふっくらジューシーにできたらと思うことはありませんか。鉄や陶器でできたグリルパンを使えば、短時間でとても上手に調理できますよ。調理した後そのまま並べることができ、おしゃれな食卓を演出してくれます。今回はそんなグリルパンについて詳しく説明します。魚焼きグリルに入れて使えるものもありとても便利なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。




グリルパンとは?

網焼きしたような焼き目が付くフライパン

焼き物料理と言えば普通フライパンを使うことが多いですよね。グリルパンは底が波型になっているので、プロの料理のようなきれいな網目を簡単に付けることができます。手間がかかりテクニックも必要で、後片付けも大変な網焼きも、フライパンの感覚で作れてとても便利です。

熱伝導性が良いのでフライパンでは出来ない焼き上がりに

グリルパンは2mmから3mm以上のものが多く、ほとんどが鉄や鋳鉄製です。鉄の伝導率はガラスの約100倍以上ととても高く、高温調理をする鍋としてとても適しています。一方、同じ鉄製でもフライパンは片手で持ち、振ることも考えて1mm台から2.3mmくらいの薄いものが家庭用として使われています。熱伝導性が高い素材が多く厚さもあるので、グリルパンで調理すると蓄熱性も高く表面はカリっとしながら中はジューシーに美味しくなるのですね。

グリルパンの種類

鉄製

食材をムラなくふっくら焼き上げる

鉄鉱石の酸化鉄を溶かして酸素を取り除いたものがせん鉄というもので、一般的に鉄Feのことです。鉄の持つ熱伝導性の高さで一気に高温になり、熱の持続性も高いので短時間で調理が可能。均一に熱を通し食材の持つ旨味を逃がすことなく美味しい料理が作れるのでプロもよく使う材質です。

丈夫で硬い鉄は傷にも強く、使用後に金たわしで力を入れて洗っても安心。焦げ付きが心配な材質ですが、油が馴染めば扱いも楽になり、使うごとに味わいが出て長期使用できます。プロが愛用するアイテムという点も魅力ですし、食材に溶け込んだ鉄分を摂取できる点も女性には嬉しいですね。

鋳鉄製

熱伝導率と保温性が高い

せん鉄を溶かして型に流し込んで固めたものが鋳鉄で、削りやすい性質で加工しやすいのが特徴です。炭素含有量が多く水分や油分を浸透させるので油馴染みが良く、とても蓄熱性に優れています。大きいサイズだと重くなりますが、お手入れは洗った後乾燥させて、油を塗るだけで比較的簡単です。

じっくりと穏やかに熱を通す性質の鋳鉄で焼き物料理をすると、食材を外はカリッと中はジューシーに美味しく焼き上げることができます。一旦温度が上がると均一に保てるので、弱火調理で光熱費の節約にもなります。この特長からダッチオーブンに使われるのも理にかなっていますね。

陶器製

電子レンジの使用が可能

粘度から作られる焼き物が陶器で、その素朴で温かみのあるほっこりした風合いが一番の魅力。陶器製の調理器具と言えば真っ先に土鍋が思い浮かびますよね。その陶器を使ったグリルパンは熱伝導性や保温性は鉄より低いですが、おしゃれな物も多く金属製のものにはない味わいで人気があります。

陶器製のグリルパンは使い勝手の良さも魅力。金属製は使えない電子レンジにも入れられるのでとても便利です。遠赤外線効果があるので栄養や旨味を逃がさない点や、電子レンジで下ごしらえした後、グリルやオーブンで仕上げができ、そのまま食卓に出してもおしゃれな点も魅力です。蓋をして蒸し料理をしたり、蓋なしでグラタンなどの焼き物など、使い分けが可能。

グリルパンの選び方

自宅の調理器具と合うもので選ぶ

IHやガス火のみなど自宅の熱源に対応したものを

グリルパンの熱源はガスコンロ、IH、オーブン、卓上コンロなどに対応しています。オール熱源対応の物も中にはありますが、ガスコンロまたはIHでしか使用しないのか、その他シーンによってはオーブンや卓上コンロでも使うことがあるのかなどを考えて選ぶことが重要です。エネルギー効率の良いIHですが、使えるグリルパンは底がIH調理器と接する平らなもの、磁石がくっつくものや、鉄や鋳鉄製のものに限られ陶器製は使えません。

魚焼きグリルを使うならサイズも要チェック

グリルパンはコンロの魚焼きグリルに入れて使うことができます。その場合にはグリルのサイズに合わせることが大切です。リンナイの場合、魚焼きグリル部分の横幅は22cmから23cmの普通サイズと、約25cmのワイドサイズがあり、長さは30cmから32cm。また、庫内の高さは約11cmですが、グリルパンを乗せる部分は下から4cmほど高くなっており、蓋の高さが3cmくらいのグリルパンを入れると上部までの空間は1cmになります。このように、グリルパンのサイズが庫内に余裕を持って収まるかよく確認しましょう。

調理する時の利便性を考えて選ぶ

魚焼きグリルやオーブンレシピに必須な耐熱性の蓋付き

焼き物料理の後に一番困るのが、油や汁などが飛び散って高熱でこびりついてしまうこと。油汚れ用の洗剤を使っても完全には取れず、どんどんひどくなってしまいます。魚焼きグリルの庫内は特に手が届きにくく、材質も油汚れが取れにくいものです。耐熱性の蓋が付いているグリルパンなら、しっかり飛び散りを防ぐことができ、庫内やオーブンの中のお手入れもほとんど不要になりとても便利ですよ。

蓋が付いていると、調理中に中の状態がよく分かるのでとても便利ですが、魚焼きグリルの中などではガラス製の蓋は使えないものがほとんどです。蓋には金属製のものもありますがシリコン樹脂塗装された鉄製で、こちらもつまみ部分が耐熱性でないものもあるので注意しましょう。また、金属製でも高温下での使用ができないものもあるので注意書きをよく確認しましょう。

鍋つかみを使う手間が省ける取っ手付きが便利

高温加熱のグリルパン調理はやけどの危険もあります。魚焼きグリルで使用した後は300度以上にもなっているので注意が必要です。鍋つかみも厚手のものでないと高温は防げませんし、グリルパンは手がかけづらく不安定なこともあります。その点、取り外し可能なフライパンのように長い取っ手が付いていれば取り出す時も安心。本体より熱伝導性の低い取っ手が付いたグリルパンも多く、熱々の料理を運ぶ時にとても便利ですし、ロゴ入りなどもありデザイン的にもしゃれたイメージでおすすめです。

フッ素加工が施されているとお手入れしやすい

鉄や鋳鉄製が多いので、使用後にはお手入れも必要なグリルパン。プロと違って、どのくらい洗ってどのくらい油を残したらいいのか素人にはなかなか分からないものです。洗い過ぎればサビが出やすくなり、足りなければ保管の間カビが出たりすることもあります。フライパンのように表面がフッ素加工されたグリルパンならその匙加減も簡単。たわしでゴシゴシ洗い過ぎないように注意すれば難しいメンテナンスも不要ですよ。

グリルパンのおすすめブランド・メーカー

BRUNO(ブルーノ)

食卓をパーティに変えてしまう愉しさがコンセプト

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

愉しむことが上手な大人のライフスタイルブランド、ブルーノ。変貌自在な独自の観点からインテリアをファッションに変えてくれるおしゃれでセンス溢れるキッチングッズなどが揃っています。幅24cm、奥行き14cmならLサイズならかわいいトースターグリルに1個、幅14cm、奥行き11cmのMサイズなら2個入り、朝食などにぴったりで気分も上がりそうです。

GRILLER(グリラー)

遠赤外線効果のある陶器製ダッチオーブン

グリラーは北欧の陶器製蓋付きグリルパンです。陶器から出る遠赤外線がじっくり食材を蒸し焼きにする原理で、美味しい蒸し焼きが作れてとても人気になった商品です。無機質さのないシンプルでスタイリッシュなグリラーはとてもシックな雰囲気。陶器製の蓋裏は鋳物鍋の蓋裏のように沢山の突起があり、食材の水分を内部で対流し下に落とすことで旨味を引き出してくれます。陶器なのでIH以外の熱源に対応しています。

リンナイ

快適便利なガスコンロなど豊富なラインナップ

リンナイと言えば給湯機器が有名でその技術力の高さには定評があります。コンロも主力部門でガスコンロからガステーブル、ビルトインコンロなど優れた製品が揃っています。コンロやオーブンで使用する鉄製のグリルパンはフッ素コーティングではなく、鉄の表裏両面に凸凹加工をすることで素早い加熱が可能。旨味を閉じ込め、味も食卓に置いた見た目もプロの焼き上がりで、直径18cmで500gと鉄製としては軽く使い勝手も優れています。

南部鉄器

長い歴史を持つ伝統工芸品メーカーのグリルパン

職人が丁寧に作り上げ、高い品質で鉄器と言えば南部鉄器と言われて来た有名な岩手県のブランド。調理すると吸収されやすい鉄分が流出する性質から貧血予防にいいとされて来ました。焦げ付きにくさ、冷めにくさ、温度ムラの少なさとまろやかな味が特徴で、グリルパンは24,5cmくらいの丸形が使いやすく、角形や工芸品のような形まであります。いずれも肉厚なのが特徴です。重厚で和のイメージですが、キッチンアイテムとして普段使い出来る数千円の価格帯のグリルパンも多く、IHにも対応しています。

おすすめ&人気のグリルパンランキング

鉄製でおすすめのグリルパン

BRUNO-オーブングリルパン L(1,944円)

BRUNOトースターグリルにぴったり収まる

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

カップルやちょっとしたパーティなど、気軽におしゃれな食卓を演出したい人におすすめのグリルパン。幅23,9cm、奥行き141cm、高さは3,1cmとグラタン皿くらいの丁度いいサイズです。鋳鉄製で重さは1480g、取っ手が付いてそのまま食卓に並べるだけで、ブルーノならではのセンスで雰囲気を変えてくれます。

斜めに溝があり、取っ手や裏にロゴが入っていておしゃれなグリルパン。フレンチシックなセンスでこれだけでも素敵ですが、ブルーノの人気のトースターグリルと組み合わせて使えばさらにおしゃれな食卓になります。使用後は中性洗剤で洗って完全に乾かしてから油を塗っておきます。

リンナイ-オークスレイエ(2,051円)

魚焼きグリルで本格石釜風ピザができる

家で気軽に美味しいピザが焼けたらいいですね。焼くだけの手間のかからないピザもたくさんありますが、トースターで焼くとチーズが溶ける程度で生地の裏は焦げたりしがちです。このグリルパンは18cmのピザにぴったりのサイズ。幅28cm、奥行き20cm、高さは3,5cmで重さは590g、シリコン塗装の鉄製です。

石釜風ピザを作るには、まずコンロの上で加熱した後、魚焼きグリルに入れて焼くだけの簡単さ。ビルトインコンロのスライドレールタイプのコンロ対応で、焼き網が幅21cm、奥行き27cm以上で、焼き網からグリル入り口の高さが4.5cm以上のスペースが必要です。1,6mmと薄いので軽量な点も使いやすいですね。

南部鉄器-長方形オイルプレートグリル(6,159円)

本格的な焼き物料理が手軽にできる

重厚感のある南部鉄で作られたグリルパン。幅29cm、奥行き25cm、高さは2cmで、取手から取手までは約36cmあります。角型でフラットなのでステーキやバーベキュー風焼き物にも、またサンマや焼き鳥も焼けるサイズ。落ちた脂が燻されて独特の風味が味わえます。

南部鉄の持つ熱伝導性の高さや温度ムラの少なさが料理を格段に美味しくしてくれ、業務用としても使われています。鉄器表面の凸凹は調理する時に油が沁み込み焦げ付きにくくする効果があります。使い始めは油を多めに塗って油膜を馴染ませていくと、使うごとに味わいが生まれますよ。

陶器でおすすめのグリルパン

GRILLER-ツールズグリラー(3,240円)

北欧テイストがおしゃれな陶器製グリルパン

幅25,5cm、奥行き18,5cm、高さは5cmでガスコンロの魚焼きグリルにも入りやすいサイズのグリルパン。陶器製が持つ遠赤外線効果の特長を活かした調理が短時間で簡単にできます。食卓にあるだけでおしゃれな雰囲気が演出できるインテリア雑貨感覚な点も人気です。

陶器製ならではのおすすめの使い方は、電子レンジで火の通りの悪い食材をまず加熱してから、コンロやオーブンに入れて焼き上げること。イモ類などは特に適していて、しっかり火が通り焼き上がりはホクホクと美味しくできますよ。

Hygge-グリルパン ヒュッゲ 大(3,240円)

ヒュッゲを実現する陶器製グリルパン

デンマーク語のヒュッゲは、居心地の良い空間を作り出し、その中でほっと安らぐ幸福感を感じる心の持ち方やライフスタイルを意味します。そのヒュッゲが商品名のこのグリルパンは陶磁器で有名な美濃で作られています。時短料理で美味しくほっこり素敵な時間が過ごせそうなかわいいイメージが特徴。陶器製ならではの特長も活かされたグリルパンです。

このシリーズは3サイズ揃っています。一人分のサイドメニューに適した幅13cm、奥行き11,2cm、高さ5,3cmのSサイズ。一人から二人の軽食向きに幅21,5cm、奥行き14,5cm、高さ5,5cmのMサイズ、そして大人数には幅26,4cm、奥行き17,3cm、高さは6cmのLサイズがおすすめ。Sサイズはトースターに二個並べることもできます。

萬古焼-グリルパン(1,296円)

魚焼きグリルでノンフライ料理も可能

葉長石という石を利用した陶磁器で有名な四日市市の萬古焼きのグリルパン。鉄製の半分以下の重さで扱いやすく、魚焼きグリルに入れられるサイズも便利。幅19cm、奥行き12,5cm、高さ4,5cmで300ccくらいの容量です。

直火もオーブンも電子レンジも使える耐熱陶器製なので、さまざまな料理が可能。一人分のアヒージョやグラタン、野菜の焼き物からデザートの焼き物まで簡単に調理できます。魚のフライやコロッケもフライにしなくても魚焼きグリルでできるので、とてもヘルシーですね。

IBUKI CRAFT-ディッシュ&ベーカー(2,376円)

魚焼きグリルから時短でおしゃれな食卓へ

日本製ですが北欧テイストのカフェで使われるようなおしゃれ雑貨感覚のグリルパン。幅24,5cm、奥行き20,5cm、高さ4cmで直火にかけた時も安心して使えるサイズです。シックでシンプルなイメージなので、カラフルな野菜料理などコントラストがとてもおしゃれですよ。

こちらはLサイズですが、MサイズやSサイズもあり、Sなら朝食の時トーストを焼きながらサイドメニューが作れてとても重宝。また、焦がす工程が難しいブリュレが魚焼きグリルを使って家庭で簡単に美味しく作れます。シリーズには角形で溝付きのものなどもあります。

IH対応でおすすめのグリルパン

ロッジ-グリルパン(3,370 円)

鋳鉄のトップブランドの使い勝手の良いグリルパン

アメリカ、ピッツバーグのブランド、ロッジ。創業当初から鋳鉄製にこだわり続け、優れた製品がたくさんあります。直径25,4cm、深さ5cmで重さは2,9kgのグリルパン。スキレットのような形でステーキなどを焼くととても美味しくなると人気です。IHで調理でき焼いた後の掃除も楽で、難しい火力調整も不要です。

ステーキをよく食べるアメリカということもあり、高い肉でなくてもとても美味しくなるという評価が多いグリルパンです。フライパンでは上手く焼けない厚切り肉も、鋳鉄の特長を活かして、プロでなくても簡単に焼き上げることができます。持ち手が高温になるので厚手の鍋つかみを使うと安心。

エバークックアルファ-タブレット(4,980円)

アンカー構造でフッ素が剥がれない

エバークックは、アルミから剥がれやすいフッ素コーティングを、接着剤不使用で剥がれにくくしたアンカー構造とアルマイトコーティングを採用しています。耐摩耗性と耐食性試験をクリアした2年間の保証付のグリルパン。幅35,7cm、奥行き22、高さ5,5cmで重さ1.26kgで、パーティなどにもピッタリです。

IH100、200対応、その他シーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーターやラジエントヒーターにも対応。ガスコンロでももちろん使えまてとても便利です。大きいサイズなので、朝食ならトースト二枚の脇でサイドメニューも同時に作れます。ホームパーティでのパエリアやデザートを作るのにもぴったりですね。

蓋付きでおすすめのグリルパン

アサヒ軽金属-スペースパンワイド(12,852円)

スリット入り蓋が特長の軽量のグリルパン

本体はアルミニウム合金で、蓋は鋳造製、持ち手はステンレスのグリルパン。幅27cm、奥行き18,4、高さ4,4cmで重さは本体0,7kg、蓋0,3kgで、直火はもちろん、魚焼きグリルに入れてさまざまな料理が美味しく手軽に作れます。本体の外側はセラミック塗装、内面はフッ素樹脂加工です。12000円台と少し高めですが、アサヒのオールパンと同じ多孔質アルミ構造で高品質。

対応する魚焼きグリルのサイズは、グリルパンを置く網から上までの高さが5cm、入り口幅は19cm以上、網の奥行は28cmが必要です。スリット付きの蓋が美味しさを増すポイントで、食材に適度な焼き目を付け、同時に内部の余分な水分を逃がすこともできます。焼き上がりは表面はパリっとしながら、中はふっくらジューシーに仕上がりますよ。また、スリットは脂の飛び散りを防ぐように設計されているので、庫内の汚れも防げます。

パロマ-ラ・クック(6,345円)

深さと蓋で脂の飛び散りをガード

魚焼きグリルで魚を焼く時に最も敬遠されるのが、飛び散った脂汚れの掃除と、周囲に広がる魚臭さです。幅25cm、奥行き23cm、高さ5cmで重さは本体0,86kgで、本体と蓋はセラミック塗装の鉄です。持ち手は本体より高温になりにくい、クロムメッキされたシリコンゴムと鉄製。リンナイのコンロに対応したサイズなので確認が必要です。

本体の波型の高さは4mmと従来より高くなったので、より脂落ちが改善されました。耐久性に優れたダブルセラミックコートで使用後のお手入れも台所洗剤で洗うだけと、とても簡単。臭いもカットし、庫内の掃除も不要な上、時短メニューもいろいろ作れるのでとても便利ですね。

グリルパンの使い方

ハンバーグは肉汁を逃さないように予めグリルパンを温めておく

グリルパンは熱伝導率が高く、高熱で加熱すると熱源の部分だけがとても高温になり素材が焦げてしまいがちです。しかし、焦げるのを避けようと初めから弱火で焼くと表面がカリっとせず美味しく仕上げることができません。その為、表面はしっかり、中はジューシーに仕上げたいハンバーグを焼く場合、肉を入れる前にグリルパンを加熱して高温にします。そして、温度が適温になってから焼くと、焦げを防ぎながら表面をしっかり焼けるので美味しい焼き上がりになりますよ。

焼き目にこだわらないなら蓋をすることで肉や魚の臭いをカット

焼き魚など、焼き物料理をする時に気になるのが周囲に広がる臭いですよね。換気扇を回してもどうしてもキッチンに広がり、特に脂の多い魚を焼いた後は臭いが数日残ることもあります。耐熱で強化ガラスの蓋が付いたグリルパンもあるので、臭いを防ぎたいときにはおすすめです。水分も閉じ込めることになるので焼き上がりはどうしても蒸し焼きのようになるので、最後に蓋を外して焦げに注意しながら水分を飛ばすようにするといいですよ。

グリルパンのお手入れ方法

シーズニングをして簡単にサビ予防

鉄製や鋳鉄製が多いグリルパンを長く良い状態で使うにはお手入れが必要です。サビを防ぐ目的で表面を保護する加工がされていますが、まず空焚きしてこれを除去しましょう。そして、このまま使用すると焦げ付きの原因になりますので、使い始めにシーズニングをするのがおすすめです。シーズニングとは、油馴しという意味ですが、空焚き後、油を入れて馴染ませ、その油を含ませたキッチンペーパーで縁など全体に塗っておきます。

焦げ付きはお湯を沸騰させて浮かせて落とす

シーズニングして、焦げに気を付けながら調理しても、高温加熱した後は調味料や食材の水分などによって焦げが残ってしまうことが多いものです。基本的には、グリルパンにはサビを防ぐ為に適度な油分を残しておく必要がある為、たわしで優しくこそげ落とすように洗います。それでも落ちない時は、熱湯を入れて放置するとグリルパンのコーティングされた表面から汚れや焦げが浮き上がり、取り除くことができて簡単。

グリルパンは新聞紙に包んで保管することで長持ちさせる

使い続けるごとに材質の持ち味が出て質感が変わってくるグリルパンは、少しのお手入れでその良さを保つことができます。使用後にはきれいに洗い、よく乾かしてから軽く油を塗り湿気の少ない場所に保管するだけです。そのまま置いておくよりも、新聞紙にくるんでおくと次に使う時まで湿気ないように保て、サビから守ることができますよ。

まとめ

熱源や料理に適した材質を選び的確なお手入れをして使いこなそう

何だかメンテナンスが大変そう、と敬遠していた方もご紹介したようなポイントを押さえれば、フライパン感覚で使えるのがグリルパン。使い方はとても簡単でコンロだけでなく、魚焼きグリルやオーブンも使えてとても汎用性の高いアイテムです。面倒くさいからとしまい込まずに、ほんの少しのお手入れで良い状態が保て、使うほどに油が馴染んで使いやすくなります。普段使いにして、料理のバリエーションを増やすお気に入りにしてくださいね。