おしゃれでおすすめの麦茶ポット人気ランキング!【洗いやすい冷水筒・ピッチャーも】

麦茶を作ったはいいけど、入れる場所がないと悩んではいませんか?汗ばむ季節は、麦茶をたくさん作って冷蔵庫に入れておくのが醍醐味。そんなときに活躍するのが麦茶ポットです。麦茶ポットがあれば、多く作った麦茶を冷蔵庫に保存し、取り出してこまめに水分補給することが可能。最近では、横置きできるものや洗いやすい冷水筒やピッチャータイプを探す方も増えてきています。今回は麦茶ポットの選び方、おしゃれでおすすめの麦茶ポットメーカーやアイテムをご紹介します。




麦茶ポットの特徴

冷蔵庫に入れておけば冷たい麦茶をいつでも飲める

麦茶ポットは冷水筒とも言われ、冷たいものを入れておくのに便利。冷蔵庫にまるごと収まり、常に麦茶を冷たい状態にキープしてくれます。もちろん麦茶だけでなくレモン水や緑茶など他の飲み物を入れておくこともでき、さまざまなシーンで活躍してくれます。

片手で開け閉めできるワンタッチの蓋が便利

飲みたいときにすぐに飲めるのが麦茶ポットの魅力ですが、蓋が開けにくくてはその魅力は半減してしまいます。開け閉めしやすいワンタッチの蓋なら、すぐに開閉できて便利。片手に麦茶ポットを持ちもう片方の手にコップを持って注げるので、時間がかかりません。

麦茶ポットの種類

プラスチック製

軽量で割れにくい

麦茶ポットで最もよく使われている素材がプラスチックです。ガラス製に比べて軽量で、少し落としたくらいでは割れないという耐久性の高さがあります。バリエーションが豊富でたくさんの種類から選べるので、お気に入りを見つけられるでしょう。

迷ったらこれというくらいに数多くの種類が販売されているプラスチック製ですが、水垢がつきやすいという欠点もあります。水垢はプラスチック製のポットを洗う際についた小さな傷に汚れが入り込み、発生するもの。水200mlにクエン酸小さじ1を混ぜてスプレーボトルに入れて付け置き洗浄することで、清潔に使い続けることができますよ。

ガラス製

おしゃれで中身が冷えやすい

おしゃれな麦茶ポットを探している方にはガラス製がおすすめ。透き通ったガラス独特の質感が、キラキラと輝きおしゃれな雰囲気を演出します。キンキンに冷えた麦茶は最高においしいもの。特に耐熱性のガラスを使ったものは、中身が冷えやすくて人気です。

素材の特性上水垢はつかないのですが、ガラス製の麦茶ポットはプラスチック製に比べて重いのがデメリット。1Lのものなら片手で持ち運びやすいのですが、2Lの大容量タイプとなると、片手では持ち運べません。ガラス製を選ぶなら、1L程度のものがおすすめです。

ステンレス製

水垢がつかずお手入れしやすい

ステンレスもガラスと同様、水垢がつかずに洗いやすい素材。保冷・保温性も高く、蓋だけにステンレスが使われているおしゃれなタイプも多く販売されています。お手入れが楽なだけでなく、スタイリッシュな見た目なのでそのまま外に持ち歩くこともできますね。

ガラス製とは違い、ぶつけても割れないこともステンレス製の良いところ。小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えますね。また、おしゃれな麦茶ポットなら冷蔵庫と持ち歩きの両用という使い方もできます。外出時にそのまま持っていける麦茶ポットを探している方におすすめです。

麦茶ポットの選び方

冷蔵庫の大きさと飲む人数に合わせたサイズを選ぶ

大きめの冷蔵庫で家族が多いなら2Lの大容量がおすすめ

麦茶ポットを選ぶときは、1日に飲む麦茶の量をイメージして選ぶと選びやすくなります。家族の数が3人以上で麦茶の消費量が多いなら、2Lくらいある方が安心。取っ手があって持ちやすいものを選びましょう。また、冷蔵庫に入らなくては意味がないので、冷蔵庫の開閉ポケットに入るサイズをあらかじめ計っておくこともおすすめします。

1人暮らしの小さい冷蔵庫には1Lが使いやすい

1人暮らしなど、飲む人数が少ない場合には1L程度の小さなものが使いやすいです。大きすぎると飲みきれず、水垢やカビの原因にもなります。1日で飲みきれる小さめのものなら、頻繁に洗えて清潔なまま長く愛用することができます。また、片手で持てるくらいに軽量で、扱いやすいのも小さめの麦茶ポットのメリットといえるでしょう。

お手入れや衛生面を考えて素材を選ぶ

洗いやすさにこだわるなら扱いやすいプラスチック製を

麦茶ポットを選ぶなら、何を重視するのか考えてみましょう。毎日洗うものだからと洗いやすいものを探しているなら、割れにくく軽いプラスチック製がおすすめ。分解して洗うパーツが少なく、開閉口が広いものなら手間なく洗うことができます。たくさんのパーツを洗ったうえに、容器に手が入らないといった日頃のストレスを軽減してくれるはずです。

衛生的面を重視したいなら汚れがつきにくいガラス製がおすすめ

清潔に使い続けられるものを探しているなら、ガラス製を選びましょう。ガラス製にもカビは生えることはありますが水垢は付かないので、頻繁に洗っていればそれほど汚れは目立たずに使い続けることができます。大きすぎるサイズは避け、一日で飲みきれるサイズを選んだ方が衛生的に使えます。カットが施されたデザイン性が高いものもあるので、選ぶのが楽しくなりますね。

耐熱ガラス製なら食洗器対応も

麦茶ポットで人気があるのが耐熱ガラス製です。耐熱ガラスだと、湧かした麦茶を冷ますことなくすぐにポットに注げて便利。熱湯消毒も可能なものがほとんどです。さらに食洗器対応のものなら、飲み終わるたびに洗う手間が省けます。まだ洗い終わっていないから新しい麦茶が作れないという悔しいハプニングも回避できますね。

密閉性を考えて選ぶ

密閉性が高く収納の場所を選ばない横置きタイプ

麦茶ポットの中でも絶大な人気を集めているのが横置きできるタイプ。冷蔵庫のドアポケットには入らなくても、横に置いておけるので場所をとらず、余裕をもって収納できます。密閉力が高く水漏れしないので、他の食材に麦茶がかかってしまう心配もありません。冷蔵庫の開閉ポケットに余裕がなく、省スペースのものを探している方におすすめです。

洗いやすさを優先するならパッキンなし

麦茶ポットは飲み終わるたびに洗うもの。洗いやすいものを探している方には、パッキンなしのものがおすすめです。パッキンがあると、いちいち外して洗うのが面倒。そしてパッキンにはカビが生えてしまい、カビの臭いが付いてしまうことも。しかしパッキンなしのものを選べばとても洗いやすく、カビの生える心配もいりません。パッキンが痛んでしまい、買い替えることもなくなりますね。

麦茶ポットのおすすめブランド・メーカー

エア・リゾーム

シンプルな中にも使いやすさを追求したメーカー

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

シンプルで他の食器にも馴染みやすいエア・リゾームの麦茶ポットは、使いやすさを追求して作られています。取っ手部分を実際に持ち上げたときにかかる負担や指の位置などを検証し、手への負担を最小限にして作られたアイテムは使いやすさ抜群。持ちやすさにアッと驚くものが揃っています。

HARIO(ハリオ)

耐熱ガラス製品では国内トップクラスのメーカー

スリムで美しいシルエットが魅力の麦茶ポットを数多く提供しているメーカーです。中でも耐熱ガラス製の熱湯も使えるものが有名。クリアですっきりしたデザインの耐熱ガラスが、食卓をパッと明るくしてくれます。

HOMMA(本間冬治工業)

プラスチック製の麦茶ポットは使い勝手の良さが抜群

プラスチックを扱うメーカーで、プラスチック製の麦茶ポットを販売しています。特にラーメン屋さんやファミレスで目にするような、大容量のウォーターポットは、二重構造で結露が付きにくい設計。テーブルに置きっぱなしにしても大丈夫です。

KINTO(キントー)

時代を先取りする先進的なメーカー

キントーの麦茶ポットは、すっと手に馴染むすっきりとしたデザインが魅力。アイスコーヒー用やフィルター付きなど時代の先取りをするアイテムを揃えています。リラックスしながらおしゃれに麦茶を味わいたい方におすすめです。

おすすめ&人気の麦茶ポットランキング

おしゃれでおすすめの麦茶ポット

エア・リゾーム-CAPSULE(カプセル)ウォーターカラフェ(3,240円)

傾けるだけで注げる新感覚のおしゃれな麦茶ポット

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

エア・リゾームのウォーターカラフェは、注ぐのがとても楽。傾けるだけで開閉する画期的なデザインなうえ、360度どの方向からでも注げる今までみたことのないデザインです。片手でも楽々注ぐことができて開け閉めの手間がかかりません。

耐熱ガラス製のポットに、ステンレス製の蓋のついたスタイリッシュなデザインも魅力です。インテリア性を高めてくれるデザインが、北欧テイストのインテリアにもマッチし、快適な食卓を作り出します。1つあればおしゃれなティータイムを楽しめますね。

KINTO(キントー)-傾けるだけで自然にフタが開く冷水筒(2,160円)

機能的でリーズナブルな麦茶ポット

新感覚の麦茶ポットは、リーズナブルです。傾けるだけで注げる仕組みはエア・リゾームのウォーターカラフェと同じ。また、機能性もさほど変わらないのに安いのが魅力です。エア・リゾームのものが3,240円かかるところ、2,160円で購入できます。

注ぎやすいのに大きなものは通らない仕組みなので、レモンの入ったレモネードや氷を入れても楽しめます。すっきりとどんなインテリアにも馴染みやすいシンプルなフォルムがおしゃれ。白い蓋は、シルバーのステンレスにはない温かみがあります。

KINTO(キントー)-BOTTLIT カラフェ ボトリットカラフェ(2,160円)

フレーバーティーやレモンティーにもおすすめ

食事の邪魔をしない美しいシルエットの麦茶ポットです。蓋部分はシリコンパッキン付きで、持ち上げてパカッと開けるタイプ。食卓でも冷蔵庫でも、置いてあるだけでおしゃれに見えるデザイン性の高さが魅力です。

フレーバーウォーターなどいろいろな飲み物を楽しみたい方におすすめ。耐熱ガラス製で臭いや色が移りにくく、幅広の飲み口なのでレモンやハーブなどを無理なく入れることができます。お花を入れてディスプレイとして飾っておくだけでも絵になりますね。

uca(ユーシーエー)-ジャグハマー(942円)

美しいテクスチャーでティータイムをおしゃれに彩る

ucaのジャグハマーは、ガラス製のように見えて実はガラス製ではありません。AS樹脂でできているため、強度が高く、ちょっとやそっとのことでは割れない丈夫さがあります。シリコンなどの細かいパーツがないので洗いやすいのも大きな魅力です。

ガラスのようなボコボコしたテクスチャーから透けてみえるカラフルな色がとても綺麗なアイテム。槌目風のパステルカラーの色合いは、見ていて飽きることがありません。暑い季節でも爽やかに冷たい飲み物を楽しめますね。

洗いやすいおすすめの麦茶ポット

ドウシシャ-モッシュ mosh! タンク(3,500円)

可愛らしく洗いやすい麦茶ポットを食卓に沿えて

麦茶ポットは、底まで手が届かずに洗いにくいものもあります。しかしドウシシャのモッシュタンクは、蓋全体が大きく開くため、非常に洗いやすくて手間いらず。中が洗えずにカビが生えてしまう心配はありません。

ミルクポットのような淡いカラーの可愛いポットは、卓上に映えるデザイン。無造作に置いておくだけで、ペットボトルを置いておくのとは全く違ったおしゃれな雰囲気になります。冷蔵庫には入りませんが、氷も入る大口なので氷を入れておくと1日くらいは保冷できます。

KINTO(キントー)-OVA ウォーター カラフェ (1,944円)

絶妙のシルエットが手にぴったりフィット

キントーのウォーターカラフェは、丸みを帯びたちょっと変わったフォルム。持ち手がないので持ちにくいのではと心配になりますが、手にフィットする形により計算しつくされた持ちやすさを叶えています。さらに注ぎ口の位置にもこだわって作られているので、一度使うともう他のポットは使えなくなります。

パッキンがないので洗いやすいことも大きな魅力。蓋と本体の2パーツしかないので、洗うのに手間がかかりません。パッキンがないのに中身が漏れず、傾けても蓋が落ちないように作られているので安心です。

タケヤ化学工業-フレッシュロック ピッチャー(880円)

手がすっぽり入る広口設計で洗いやすい

タケヤ化学工業-フレッシュロック ピッチャーは、場所をとりません。牛乳パックと同じ大きさのスリム設計のため、冷蔵庫のドアポケットにすっぽり入ります。取っ手のないすっきりとしたデザインで、牛乳がたくさん入った冷蔵庫にもほどよく収まります。

麦茶ポットといえば、洗いやすいものがいいと考えている方におすすめ。蓋が全て開く大口設計なので、手がすっぽりと入りポットに付いた汚れを洗い流すことができます。簡単に分解できて洗いやすい麦茶ポットは、清潔なまま長く愛用できますね。

耐熱性でおすすめの麦茶ポット

ハリオ(HARIO)-耐熱ガラス製ウォータージャグ(1,296円)

熱湯でもすぐに注げる耐熱ガラス製麦茶ポット

沸かした麦茶は冷めるまで待ってからポットに入れるのは面倒なもの。また、麦茶そのまま放っておくと、やかんの中でカビが繁殖しやすくなります。しかしハリオのウォータージャグは耐熱ガラス製なので、待たずにすぐに注ぎ込むことができます。

耐熱ガラス製の麦茶ポットは、汚れが付きにくいのも魅力の一つ。落ちにくい水垢が付いて、手に負えなくなってしまうことがありません。今までプラスチック製の麦茶ポットを使っていて、水垢に悩んでいた方におすすめです。

ベルメゾン-熱湯も注げるワンプッシュ開閉縦横兼用ピッチャー(790円)

ワンタッチオープンで横置きもできる麦茶ポット

ベルメゾンの麦茶ポットは、使っている人を楽にします。麦茶ポットを冷蔵庫から取り出し、一旦両手で持って蓋を開けるのは一苦労。しかしベルメゾンの麦茶ポットは親指で持ち手部分をスライドさせることで、簡単に麦茶を注ぐことができます。

沸かした麦茶をすぐに入れられる耐熱ガラス製なことも大きな魅力。小さなお子さんがいて忙しいママでも簡単に麦茶を作ることができます。蓋がしっかり密閉されて横置きできるので、ドアポケットがいっぱいで入らないということもありませんね。

大容量でおすすめの麦茶ポット

HOMMA(本間冬治工業)-ノンウエットピッチャー (結露防止) (1,857円)

水滴が付かない大容量の麦茶ポットでお店気分

HOMMAのノンウエットピッチャーは、ラーメン屋さんで見かけるような氷の入れられるポット。容量は1.7Lと大きく、二重構造になっていて結露が表面に出てこないため、テーブルを汚すことはありません。氷を入れれば、ペットボトルと違って大量の麦茶を冷たいまま入れておくことができますね。

二重構造になっているため、中に入れた氷が溶けにくいのも魅力の一つ。お家の食卓に置いて使っても、お店屋さんのような雰囲気が楽しめるでしょう。家族が多く、毎日たくさんの麦茶を消費する方におすすめです。

お弁当グッズのカラフルボックス-ピッチャー 冷水筒(1,130円)

冷たい飲み物をがんがん飲みたい方に

シンプルなデザインですが、実用性の高い麦茶ポットです。容量は2.1lと家族が多くても安心。毎日麦茶を作り置きしている方の悩みに寄り添い、横置きできるうえに蓋部分には茶シブ付着防止加工がされていて清潔に使えます。

デザインはシンプルで構わないけれど、毎日家族全員で使える麦茶ポットを探している方におすすめです。蓋をロックする手間はかかりますが、しっかり閉まって漏れを防ぐことが可能。指を離せばそのまま蓋が閉まるという満足のいく構造になっています。

横置きタイプでおすすめの麦茶ポット

sarasa design store-b2cウォータージャグ(3,024円)

スリムなフォルムがキッチンのインテリアを格上げ

シンプルなのにおしゃれな見た目でスタイリッシュな麦茶ポットです。四角形で無理なく横置きでき、置いてある冷蔵庫内もおしゃれに収まります。さらに冷蔵庫から取り出してもおしゃれなデザイン性の高さで、キッチンのインテリアを格上げしてくれます。

麦茶ポットとしては珍しく、蓋を少し回してから傾けると注ぐことができる仕組みです。蓋を回す手間はかかりますが、スリムな省スペース設計なので、おしゃれに食卓を飾りたい方におすすめ。無駄のないデザインは、他の食器を邪魔することはありません。

BACKYARD FAMILY-スリムジャグ(756円)

カラフルでリーズナブルな麦茶ポット

BACKYARD FAMILYのスリムジャグは本体が丸形なので、どうやって横置きできるのか不思議に思うかもしれません。しかしボディの底部分は角型になっているので、横置きしても転がることはありません。蓋が明るいカラーなので、見るたびにテンションを上げてくれます。

横置きできるのに756円という低価格なのも人気の秘密。麦茶ポットを変えたいけれどどれにしようと悩んでいた方でも、この価格なら試してみることができます。安いだけでなく、見た目が可愛いく熱湯が注げることで胸が高鳴りますね。

まとめ

洗いやすくて注ぎやすい麦茶ポットがおすすめ

麦茶ポット選びは、なんといっても実用性の高さがポイント。口が大きく開く洗いやすいものや、片手で開け閉めできるものがおすすめです。それでいて美しいデザインのものなら、毎日使うのが楽しくなりますね。今回はおすすめの麦茶ポットについて解説しました。気になるものがあったら、是非チェックして買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。お気に入りの麦茶ポットが見つかれると、毎日の食器洗いも楽しみになるはずですよ。