おすすめのクレープパン人気ランキング!【ストウブも】

クレープはお店でしか食べられないものと思っていませんか?自宅にある一般的なフライパンでは、薄くてきれいなクレープの皮を焼くのは難しいですよね。しかし、クレープ作りに特化したクレープパンなら、お店のような皮を簡単に焼くことができます。お子様のおやつ作りにも活躍しますよ。また、オーブン調理にも使えるクレープパンを選ぶと、クレープ以外の調理の幅も広がり、さまざまな食材を使って料理を楽しめます。そこで今回は、クレープの使い道やおすすめのクレープパンをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。




クレープパンとは?

クレープを焼く専用のフライパン

クレープパンは、自宅で簡単にクレープ生地を作れる調理器具。今までお店で味わっていたクレープを、自宅でも楽しめます。自分で好きな具材を巻いて、オリジナルのクレープを作れるのが魅力。クレープパンがあれば、クレープ生地だけでなく、ガレットや焼き料理にも重宝しますよ。

クレープパンの使い道

大きいサイズのものなら一度に複数のホットケーキが焼ける

クレープパンのサイズは大きなものだと35㎝ほどのものあります。大きなクレープパンなら、クレープの皮以外にも、ホットケーキや目玉焼きなど、一度に数個焼くことができて便利。忙しい朝食の準備にも手間いらずで活躍しますよ。クレープパンは、さまざまな調理にも使えるのがメリットです。

フチが低いのでヘラを使うお好み焼きにも便利

クレープ生地を作るためのクレープパンは、フチが浅く設計されています。そのため、焼きあがったクレープ生地が取り出しやすく、丸くて薄い生地をキレイに仕上げることが可能。お好み焼きなどフライ返しをする際にも、フチが浅いのでラクに返すことができます。

クレープパンの選び方

サイズ感で選ぶ

家庭用に選ぶなら収納にも便利な26㎝程がベスト

クレープパンのサイズ展開は、一般的なフライパンとほぼ同じです。家庭で使うなら、24㎝程のクレープパンがおすすめ。大きなクレープを作りたい場合は、30㎝程のものもありますが、収納スペースの確保が必要です。また、大きなクレープパンは扱いにくい難点も。初心者であれば、大きくても28㎝程までのサイズにしましょう。クレープパンは、だいたい2㎝刻みでサイズ展開があるので、自分に合うサイズを探してみてくださいね。

小さなクレープには16㎝の小型がおすすめ

自宅でのホームパーティーなど、ちょっとしたスイーツを作りたいときに便利な16㎝タイプのクレープパンもあります。小さなクレープが完成するので、パクッと一口で食べられるような可愛らしい仕上がりに。焼きあがった生地に具材をのせて半分に折り曲げ、くるくる巻いた時の完成形をイメージしてクレープパンのサイズを考慮すると失敗しにくいですよ。

材質で選ぶ

初心者には食材がくっつきにくい表面加工タイプ

クレープ生地はとても薄く、扱いが難しいですよね。せっかく上手に焼きあがった生地がフライパンにくっついてしまうと、破れてしまうことも。ストレスなくクレープ生地を焼くなら、表面加工を施したクレープパンがおすすめです。表面加工タイプは、食材がくっつきにくいだけでなく、手入れも簡単。一般的に、フッ素加工やホーロー加工などの加工タイプがあります。

長く愛用したいなら愛着の湧く鉄製のものを

鉄製のクレープパンは、耐久性の高さが最大の魅力。手入れの手間はありますが、使い方のコツをつかめば長く愛用できる優れた素材です。表面加工が施されていないので、しっかり加熱してから使うことで、くっつきを防いでスムーズにクレープ生地を焼くことができます。また、使えば使うほど油が馴染みやすくなり、徐々に扱いやすくなりますよ。本体を育てる楽しみも体感できるので、愛着も湧くのがポイントです。

軽さを重視するならアルミニウム製

アルミニウム製は、熱伝導率が良く、さっと焼けるのが魅力。また、28㎝程の大きめタイプでも、重さはわずか600gくらいと軽量です。一度に何枚も焼く場合や、腕の力に自信がない人におすすめの材質。生地をたくさん焼いて作るミルクレープにも向いていますよ。時短でさっと焼くことができるので、ホームパーティーでも重宝します。熱伝導率と軽さで選ぶなら、アルミニウム製のクレープパンを試してみてくださいね。

取っ手は樹脂製や木製のものが安全

クレープパンは、取っ手部分まで同じ素材のタイプと、取っ手が樹脂製や木製のタイプもあります。クレープ生地を何枚も焼いているうちに、取っ手部分まで熱くなってしまうと火傷などの危険も。そのため、熱が伝わりにくい樹脂製や木製の取っ手が付いていると安心です。クレープパンは、見た目のデザイン性も考慮しながら、安全であることも考慮して選んでみてくださいね。

利便性で選ぶ

熱源はガス火とIHどちらに対応しているかチェック

クレープパンを選ぶときは、自宅で使用する熱源に対応しているか確認することが大切。特に、IHヒーターの場合は要注意です。さまざまな材質のクレープパンが登場していますが、IH非対応の製品も多いので、自宅の熱源に合っているか必ずチェックしましょう。また、ガス専用やIH専用ではなく、どちらにも対応しているクレープパンを選ぶのも賢い選択。引っ越しなどで熱源が変わっても使用できるため、長く愛用することができますよ。

付属品の有無によってセット購入の選択肢も

クレープ生地を作る時は、生地を伸ばすスプレッダーやひっくり返すスパチュラなどがあると上手に仕上げることができます。商品によっては、これらのアイテムが付属しているものもあり、クレープを作るために道具を揃える必要がないのでおすすめ。しかし、一般的なフライ返しなど身近なもので代用することも可能なので、セット購入はしっかり吟味して選択しましょう。付属品のないクレープパンでも、別売りしているものを後から購入することもできますよ。

オーブンにも対応しているとクレープ以外の料理にも使える

オーブン対応のクレープパンは、クレープ生地のほかにも、お好み焼きやガレット、ホットケーキ、肉料理、野菜のグリルなど、さまざまな調理に使用できます。クレープパンに食材を入れたら、丸ごとオーブンに入れるだけで調理できるので、時短料理にも最適。日々の料理にも気軽に使えて便利ですよ。クレープパン一つで、幅広いメニューを仕上げることができるのは大きな魅力。クレープ以外の調理にも使ってみたい人は、オーブン対応のクレープパンをチェックしてみてくださいね。

クレープパンのおすすめブランド・メーカー

ティファール

軽さと機能性の高さが人気の秘訣

コスパの良さで人気のティファール。焼き始めのベストタイミングをマークで知らせてくれるので、失敗しにくい機能性の高さも魅力の一つです。また、軽量で扱いやすいため、初心者の方にもおすすめ。本体の裏面にはフランスをイメージしたエッフェル塔のイラストが付いていて、おしゃれですよ。

deBUYER(デバイヤー)

手入れをしながら長く愛用できる

フランスの老舗メーカーであるdeBUYER。家庭用はもちろんのこと、業務用の定番でもあります。高品質で耐久性にも優れているので、長く愛用したい方におすすめ。しっかり手入れすることが必要ですが、比較的お手ごろ価格で手に入るので、コスパも抜群です。

staub(ストウブ)

デザイン性と高い熱伝導率に定評あり

スタイリッシュなデザインが魅力のstaub。フランスの人気メーカーで、重圧感のある見た目や使い心地は多くのファンから定評があります。ただ、他のメーカーに比べて重さがあるので、一度手にとってみるのがおすすめ。staubのクレープパンは、熱伝導率に優れていて、均一に生地を焼くことができますよ。

マトファー

ユーザーの使いやすさを追求した信頼あるブランド

創業から200年もの間、調理器具を作り続けているフランスの老舗メーカーです。シンプルで美しいフォルムが特徴。アルミノンスティック加工を施したタイプは、軽量で熱伝導率にも優れています。取っ手が長めなので、扱いやすいのも人気の秘訣。手軽に使いたい人におすすめです。

おすすめ&人気のクレープパンランキング

くっつきにくいおすすめのクレープパン

ティファール-クレープパン(2,580円)

お知らせマークで焼き始めのタイミングがわかる

日常生活に溶け込む愛らしいデザインが人気のティファールのクレープパン。焼き始めのベストタイミングがわかるお知らせマーク付きなので、初心者でも綺麗に焼き上げることができます。マークで適温の合図をしてくれるのは安心ですよね。サイズは27㎝と扱いやすい大きさです。

本体内面は、薄い皮でもスルスルと滑るティファール独自の5層チタン・プレミアムコーティング。使い始めのくっつきにくさを長期間キープできます。また、磨耗に強く、金属ヘラを使用しても傷つきにくいのが魅力。使用後のお手入れも簡単で、自宅で手軽にクレープ作りを楽しめますよ。

deBUYER-アルミノンスティック クレープパン(2,570円)

オーブン調理にも使える画期的なクレープパン

アルミニウム製のクレープパン。ノンスティック加工を施したdeBUYERのクレープパンは、油慣らし不要でもくっつきにくいのが人気の秘訣です。熱伝導率も高いので、手軽にサッと焼くことができますよ。ホームパーティなどでたくさん作りたい時におすすめです。

本体の厚みがあるため、温度のムラなく焼けるのも魅力の一つ。また、フライパンのフチが斜めになっていて、薄いクレープの皮を返すのもラクにできます。フライパン自体も640gと軽量のため、使いやすさも抜群。ガスはもちろんのこと、電磁調理器やオーブンにも対応しています。

マトファー-アルミノンスティック クレープパン(4,705円)

熱が伝わりやすく手軽に使えるのが魅力

熱伝導率に優れたマトファーのクレープパンは、レストランでも多く使われいる製品です。サイズは28㎝で、少し大きめのクレープの皮を焼くことができますよ。短時間で焼くことができるだけでなく、均一に熱が伝わってムラなく仕上げることが可能です。

本体の柄の部分は、一般的なものより205㎜と長めの設計で扱いやすいのが魅力。また、本体はシンプルかつレトロなデザインで、キッチンの壁にかけていてもお洒落です。こびりつきを防ぐノンスティック加工なので、ストレスのないスイーツ作りを叶えてくれますよ。

パール金属-フッ素加工クレープパン(1,920円)

自宅で本格的なクレープ作りが簡単にできる

薄い生地でもくっつきにくいフッ素樹脂でコーティングしたパール金属のクレープパン。サイズは26.5㎝で、ガス火専用です。素材は熱伝導率の高いアルミニウム製。軽量なので、取っ手を持ちあげて皮を取り出すのも手軽にできますよ。お子様のおやつも、サッと作れて便利です。

本体のフチが直立タイプのため、皮を取り出しやすいようにクレープの生地は一回り小さめに伸ばすのが上手に焼くポイント。クレープ生地だけでなく、薄焼き卵やパンケーキ作りにも重宝しますよ。リーズナブルで使いやすいクレープパンを探している方におすすめです。

ル・クルーゼ-クレープパン(29,980円)

食洗機も使えて後片付けもラクラク

ル・クルーゼの基本カラーであるチェリーレッドが目を引く26㎝のクレープパン。木製のスプレッダーが付属していて、セット購入を考えている方におすすめです。スプレッダーは生地をキレイに丸く整えて、皮の厚みを均一にすることができるので便利ですよ。

表面はノンスティックコーティングを施し、薄い皮でも破けることなくキレイに取り出すことができます。本体は約2.5㎏と重量感はありますが、取っ手部分の絶妙な角度で持ちやすさ抜群。フライパンのフチがほぼないタイプなので、フライ返しを入れやすいのも嬉しいポイントです。

鉄製でおすすめのクレープパン

deBUYER-鉄クレープパン(2,705円)

リーズナブルでガスとIHに対応したクレープパン

IHにも対応しているdeBUYERのクレープパン。大きさは24㎝とコンパクトで、スタイリッシュなデザインが魅力です。熱伝導率の高い鉄製ですが、取っ手部分は熱が伝わりにくいようにコーティングされていて安心。キャンプなどのアウトドアでもダイナミックに使えて重宝しますよ。

鉄製のクレープパンは、たわしでゴシゴシ洗えるので、焼き野菜や肉料理にも向いています。自宅で鉄板焼きのような気分を味わうことができますよ。表面がコーティングされていないので、手入れの手間はありますが、耐久性があるので、長く愛用したい方におすすめです。

LODGE-ラウンドグリドル(4,752円)

オーブン調理も可能な利便性の高さが人気

本体を丸ごとオーブンに入れられる時短料理にも便利なロッジのスキレットタイプ。フチが低くなっていて、クレープパンとしても重宝します。加熱後に油塗りの作業を繰り返すシーズニングの手間がないラウンドグリドルなら、手軽に調理を始められるので便利ですよ。

クレープ作り以外にも、肉料理やピザを手作りする際にも活躍します。本体は2.0㎏と重さはありますが、重圧感のある風格も魅力の一つ。サイズは26㎝なので、家庭でも使いやすく、収納もしやすいですよ。さまざまな調理に使えるスキレットで、クレープ作りも楽しんでみてくださいね。

リバーライト-極ジャパン クレープパン(6,000円)

鉄のデメリットを打ち消した扱いやすさが魅力

特別な熱処理を施して、サビつきにくさを追求したリバーライトのクレープパン。鉄製フライパンのメンテナンスの手間を最小限に抑えた製品です。手入れが簡単なので、鉄製にも挑戦しやすいですよね。さらに、一般的なものより硬さが約5倍もあり、摩耗の強度も抜群です。

本体表面の熱処理加工により、特殊な層の形成で油が馴染みやすく、クレープ生地をきれいに焼き上げることが可能。熱源は、ガス火以外にIHにも対応しています。また、斜めになったフチは深さがあるため、オムレツやお好み焼きなどの調理もしやすいですよ。

和田助製作所-鉄クレープパン(2,805円)

高い蓄熱性で調理がラクにできる

サイズ20㎝の超コンパクトなクレープパン。小さなクレープを作りたい方におすすめです。クレープだけでなく、ホットケーキもミニサイズを作れるのでお子様のおやつにピッタリ。収納も省スペースで済むので邪魔になりません。ソロキャンプへの持ち運びも便利ですよ。

取っ手は本体と同じ鉄製で、長時間使っていると熱くなりやすいためミトンの使用がおすすめ。使い込むほど、どんどん油が馴染んで扱いやすくなり、焦げ付きなく調理できます。耐久性に優れているので、長く愛用してフライパンを育てる感覚を楽しめますよ。

TAKAGI-クレープパン(3,108円)

鉄と表面加工のメリットを生かした優れもの

自宅で手軽にクレープやガレットが作れるTAKAGIのクレープパン。スプレッダー付きなので、皮を薄く伸ばしてきれいに仕上げることができます。本体表面は、透明シリコン樹脂塗装を施し、生地の焦げ付きを防止。熱源は、ガス火とIHの両方に対応しているのもポイントです。

鉄製のフライパンを初めて使う方でも、ファイバーライン加工で扱いやすさを実現。熱伝導率が高いので、焼きムラがなく、ミルクレープのように何枚も皮を焼く作業もラクにできますよ。サイズは24㎝で、クレープ以外の調理にも使いやすい大きさです。ステーキにも最適で、ジューシーな仕上がりを楽しめます。

IH対応でおすすめのクレープパン

staub-クレープパン(11,429円)

持ち手が木製で高いデザイン性と機能性が魅力

熱伝導率の高い鉄製のクレープパン。素材の味を生かしながら均一に火を通すことができます。肉料理でも美味しさを逃さず、じっくり焼き上げることが可能。本体表面は、ストウブ独自の黒マットエマイユ加工で素材の焦げ付きを防ぎ、クレープの薄い皮も上手に仕上がることができますよ。

表面が凹凸になっているので油馴染みも良く、鉄製でも扱いやすいのがポイント。また、ガスやIHのほか、ハロゲンヒーターや電磁調理器にも使えて便利です。本体は28㎝サイズで、2.7㎏と一般的なクレープパンより重量はありますが、耐久性が高いので使用頻度が高い方におすすめですよ。

鉄板市場-プロ仕様 クレープ鉄板(2,860円)

クレープ屋さんのような皮が作れる鉄板タイプ

本格的なクレープ作りの気分を自宅でも楽しめるクレープ鉄板です。ふわふわ感ともちもち感を兼ね備えた美味しいクレープの皮を焼くことができますよ。クレープ作りに便利なスプレッダーも付属しています。また、ガス以外にもIHに対応していて、電磁調理器の上に乗せて使えます。

家族でテーブルを囲って、クレープ作りを楽しむのもおすすめ。熱伝導率に優れているので、熱を均一に行き渡らせることができ、高い蓄熱性により何枚焼いても同じ焼き色の皮を作れますよ。サイズは20㎝と小さめのクレープ鉄板で、歪みや反りがないので、きれいな形に仕上がります。

シャスール-クレープパン(16,000円)

クレープ作りをすぐに始められる便利なセットが人気

本体直径が30㎝と、大きめサイズのシャスールのクレープパン。お店で食べるような大きさのクレープを、自宅でも楽しむことができます。重さは2.8㎏と重量感はありますが、蓄熱性が高いので、弱火でも調理することが可能で、焼きムラのない皮に仕上がりますよ。

本体には、生地を伸ばすスプレッダーと生地を剥がす時に便利なスパチュラがセットになっているのも魅力。購入後すぐに本格的なクレープ作りができます。ただ、持ち手が短めなのでミトンを使用して安全に調理してくださいね。IHで使用する時は、はじめは弱めの火力から調整していきましょう。

フィスラー-ルノ クレープパン(11,649円)

シックなデザインで優れた保温性と耐久性が魅力

フッ素加工のプロテクタルコーティングを施した高品質なクレープパンです。サイズは28㎝で、軽さを追求したアルミニウム製。金属の膨張率をしっかり計算した設計により、IHでの調理で加熱した際も、平坦度の高さを実現した耐久性の高いアイテムです。

ステンレス製の持ち手は、スマートヒートバッファー構造で溝を用いることにより、熱くなりにくく安全性も確保。食材がくっつきにくいので、目玉焼きなど朝食作りにも便利に使えますよ。また、使用後のお手入れが簡単なのも魅力。生地をきれいに伸ばすスプレッダーも付属しています。

キッチンものの助-IH対応鉄クレープパン(4,200円)

ムラなくきれいに仕上がる燕三条製品

風格ある燕三条の鉄製クレープパン。大きさは22㎝のコンパクトサイズで、鉄製の利点である熱伝導率の高さが特徴です。均一に熱が伝わるので、美しいクレープの皮に仕上げることができますよ。フチの深さがあるタイプのため、お好み焼きやホットケーキも作りやすいのもメリットです。

使用後はキッチンペーパーで軽く汚れをふき取るだけで、お手入れもラクラク。使う時に古い油をしっかり落として、きれいな油を熱してから使用するのがポイントです。また、持ち手と本体のつなぎ目はしっかりと溶接されているため、耐久性も抜群。キャンプなどのアウトドアでも活躍します。

まとめ

クレープ以外にも使える利便性の高いクレープパンがおすすめ

薄い皮をきれいに焼き上げてくれる便利なクレープパンは、使う頻度を考慮して、さまざまな調理に使えるタイプを選ぶのがおすすめです。スイーツ作りだけでなく、オーブン調理などにも使えると夕食の準備の時短につながりますよね。利便性の高いタイプなら、ホームパーティでもクレープパンが一台あると重宝するので、ぜひ活用してみてくださいね。