おすすめの深型フライパン人気ランキング!【揚げ物にも】

フライパンでチャーハンや野菜炒めを作っていると、具材が外に飛び散ってしまうことがありませんか。量が多いほど飛び出し率も大ですよね。そんな時に助かるのが深型フライパン。深さが壁となって飛び出しを防いでくれます。また汁物を注いでもこぼれないため、カレーなどの煮物や揚げ物も可能です。そこで今回は深型フライパンの種類や選び方を解説。小さい20cmサイズや大きい28cmサイズ、IH対応品や日本製、一人暮らし向けや揚げ物好適品など多角度からアプローチした商品を紹介します。深型フライパンの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

深型フライパンの特徴

深さがあるので揚げ物も煮物もできる万能調理器になる

深型フライパンは1台で何役もこなせるオールマイティーな調理器。平均8cmの深さがあるため焼いたり炒めたりするほかに、煮たり揚げたり蒸したりゆでたりと、さまざまな調理が可能です。揚げ物をすれば天ぷら鍋より油の量が少なくて済むうえ、口が広いため一度にたくさん揚げられます。また炒めたり焼いたりした後、スープを注いで蓋をすれば、カレーなどの煮込み料理やパエリアなどの鍋料理も時短で完成。使い勝手の良い調理器です。

作る量が多くても具材が飛び散りにくい

一般的な浅いフライパンで炒め物やチャーハンをあおると、中身が飛び散ってしまうことがありませんか。深型フライパンを使えば、壁となって飛び散りを防いでくれますよ。家族の人数が多かったり食べ盛りのお子さんがいる家庭では、ぜひ置いておきたいフライパンです。

深型フライパンの種類

アルミ製(フッ素加工)

焦げつきにくくお手入れがラク

軽いアルミ製のフライパンにフッ素でコーティングを施した最もポピュラーなタイプ。こびりつきにくく焦げ付きにくいのが特徴で、油を使わずに調理できるのと値段も手頃なため普段使いのフライパンとして人気です。よく聞くテフロン加工とはアメリカのデュポン社の開発したフッ素樹脂加工のこと。

またマーブル加工、ダイヤモンド加工、チタン加工などもあり、それぞれフッ素樹脂に大理石(マーブル)の粉、ダイヤモンドの粉、チタンを混ぜたものをコーティングしています。フッ素樹脂加工は多少剥がれやすいのが弱点ですが、マーブル加工、ダイヤモンド加工、チタン加工の順に剥がれにくくなり耐久性が増します。その分値段もアップすると考えていいでしょう。

鉄製

プロも愛用する一生モノの本格派

高熱に強く熱伝導が良いため、チャーハンや炒め物を短時間でおいしく仕上げます。使うほどに油馴染みが良くなるため一生使い続けられるでしょう。またフライパンから自然に鉄分が料理に入るため健康にも良いといえます。妊婦さんや貧血気味の方にはおすすめといえるでしょう。

ただし重いのが難点です。大きいサイズを選ぶと、料理の重量によっては片手で持ちきれなくなることも。また使い始めに空焚きと油慣らしが必要だったり、さびやすいので使用後はしっかり水分をふき取るなどの手入れが欠かせません。しかし最近は窒化加工が施されているタイプが増え、面倒なお手入れ不要になっています。

ステンレス製

保温性が良くさびない

ステンレスは別名さびない鋼と呼ばれるほどさびにくいのが特徴です。とても丈夫で耐久力があり、高熱にも強いためステーキを焼いたりするのにおすすめのフライパンです。また保温効果が高いため一度加熱すると冷めにくく、蓋を利用すれば肉の煮込みや鍋料理などにも向いています。

ただしオールステンレスは高価です。また調理前に十分加熱して油をなじませ、いったん濡れ布巾で冷ましてから使うなど使い方に多少コツがあるため、プロ仕様といえるでしょう。家庭用ではステンレスにフッ素樹脂加工などを施したタイプが一般的といえます。

深型フライパンの選び方

何を何人分作るかによって大きさや深さを選ぶ

一人暮らしなら大きさは20cm、4人暮らしなら28cm以上

何人分の料理を作るか、量によってフライパンの大きさを選びましょう。一人暮らしなら通常1~2人分ですが、作り置きすることやお客さんが来た時のことも考え、直径20cmがおすすめです。2人なら24cm、3人なら26cm、4人なら28cm以上を目安にするといいでしょう。ちなみに24cmの深型フライパンでカレー半箱分、28cmで1箱分作れるので基準にしてみてくださいね。

焼き物メインなら深さ6~7cm、揚げ物なら8cm以上

何の料理を作るかによってフライパンの深さを選んでください。深型フライパンのほとんどが深さ8cmですが、中には10cm近いものもあります。揚げ物をメインに考えているなら、深型でも8cm以上のものを選ぶといいでしょう。焼き物や炒め物が多いなら6~7cmでも構いませんが、量の多い炒め物をあおると中身が飛び散ってしまいますよね。大は小を兼ねるといいますから、やはり深さは8cmくらいあったほうが無難。さまざまな料理にトライできます。

使う環境に合わせて選ぶ

オール電化ならIHに対応したものを

IH対応型は底面に鉄の粉やステンレスがついており、IHの磁力と結びついて加熱する仕組みとなっています。銀色の丸がたくさん並んだ底面はIH対応型なので、磁石がくっつきますよ。IH対応型かガスコンロ専用型かは商品によって異なるので、購入前に表示を確かめておきましょう。また、ガスコンロ専用型フライパンをIHに使っても加熱されません。磁力に反応する加工が底面に施されていないためです。ガスコンロ専用型はガスの火力で直接加熱されますから、高熱にも強く、火の伝わりも早いためおいしく仕上がります。また底面加工が施されていない分、IH対応型より値段も安いため、自宅コンロがガスであるならガス専用型のほうがいいでしょう。

蒸し料理や煮込み料理にも使う場合は蓋付きが便利

蓋がセットになった商品を購入すれば、本体の形状に合わせて蓋がぴったりと嵌まり、熱を逃しません。深さを上手く活用して、ことこと煮込むことも長時間蒸すことも可能。ビーフシチューや温野菜もお手の物です。ガラス蓋を採用しているものが多いため、調理中も中の様子が確認できてとても便利ですよ。

深型フライパンのおすすめブランド・メーカー

T-fal(ティファール)

取っ手が取れるから大きいサイズでも省スペース収納

深型フライパンは大きいサイズが利用価値大ですが、収納スペースをとってしまうのが難。取っ手の取れるティファールなら場所を取らずスッキリしまえるばかりか、そのまま食卓に出したり冷蔵庫に入れたりが可能。しかもチタンコーティングされているためこびりつきにくく、3倍長持ちします。一つはもっておきたいブランドですね。

Vita Craft(ビタクラフト)

こだわりの無水・無油調理でもっとヘルシーでおいしく

創業80年。アメリカ製のビタクラフトは家庭料理で健康を唱えるブランド。野菜を無水でゆでてうまみや栄養を凝縮させたり、肉を油なしで焼いてカロリーダウンさせたりとヘルシーな調理が可能です。ステンレスとアルミニウムを重ねた熱しにくく冷めにくい構造にコーティングを施し、料理をこびりつかせません。ガラス蓋を上手に用いて煮込みや鍋料理もおいしく仕上げます。

和平フレイズ

深型フライパンの代表レミパンなど多数ブランドを展開

新潟県燕市の調理用品メーカー、和平フレイズはテレビでも有名な料理研究家、平野レミさんプロデュースのレミパンの会社です。深型フライパンの認識を世の中に一気に浸透させた画期的な商品であるレミパンをはじめ、レミパン進化系のremy(レミー)、スキレットライクなDish&Chill、日本製にこだわったLa base(ラバーゼ)など多くのブランドを展開しています。

パール金属

軽くて深くて使い勝手がいい3拍子揃ったフライパン

耐熱容器のPyrex(パイレックス)やニューヨークの食器ブランドCORELLE(コレール)も扱うパール金属のフライパンは、マーブル加工やダイヤモンド加工が施された多層構造。大きなサイズでも800gもしない軽量なので、女性でも扱いやすいのが特徴です。また炒め鍋の深さは10cm以上のものもあり、あおってもこぼれないばかりか揚げ物にもいいですね。

おすすめ&人気の深型フライパンランキング

揚げ物におすすめの深型フライパン

パール金属-ブラゾン 200V対応 鉄製厚板深型フライパン 26cm (1,680円)

深さ12㎝の鉄製全熱源対応で家族の揚げ物の主役に

厚い鉄板材のため高熱に強く、炒め物をすればシャッキリおいしく仕上がり、あおっても中身が飛び散りません。深さも十分にあるため、天ぷらなどの揚げ物はもちろん、カレーなどの煮込み料理にも向いています。

ガス火にもIHにもハロゲンヒーターにも対応しているため、食卓に持ち出してみんなでワイワイ揚げ物をしながら楽しく食事することもできますね。お客を呼んで串揚げパーティなどすると盛り上がれるでしょう。

栗原はるみ-深型フライパン 24cm ガス火専用 (4,320円)

人気料理研究家の栗原はるみさんプロデュース

料理研究家だけでなく、ライフスタイルの研究家としても人気の栗原はるみさん。フライパンは深さが8.5cmあるため揚げ物に限らず、炒め物、煮物、蒸し物などオールマイティ―にこなせます。持ち手は人気のワイヤーハンドル。熱くなりませんから安心して持てますよ。

シックなネイビーカラーはさすがナチュラルおしゃれの達人、栗原はるみさんならではといっていいでしょう。フライパンごと食卓に持ってきても映えるデザインなので、エスニックなカレーやアクアパッツァなど作ってみては。

和平フレイズ-レミパン 24cm (7,960円)

フライパンと鍋が合体した画期的な深型フライパン

人気料理研究家の平野レミさん考案のレミパンは深さ16cm。煮る・焼く・蒸す・炊く・揚げる・炒めるがこれ一つで全てできる1台6役のスグレモノです。そればかりか細かいところにも主婦としての目線が活きています。

たとえば付属品のガラス蓋はスタンド式で収納しやすく省スペース。調理中は蓋を外さなくとも蒸気穴から水や調味料を足すことができるので、パエリアなど炊飯調理にもピッタリ。一家に一つは欲しい万能調理器です。

パール金属-ライズ ブルーダイヤモンドコートIH対応深型フライパン26cm (1,711円)

強力コーティングでこびりつかずお手入れも簡単

人工ダイヤの粉を混ぜた特殊なダイヤモンド加工を施しているため一般的なフッ素樹脂加工よりも耐久性が高く、金属ヘラを使っても剥がれません。また、焦げ付きやこびりつきを防ぎ、油なし調理も可能です。

深さは13cmと揚げ物をするのに十分な深さ。また炒め物をしても中身が飛び散りません。普段使いのフライパンとして、煮る、揚げる、炒める、焼くなどに惜しみなく使えてこの値段ですから、コスパが良いといえるでしょう。

パール金属-ニューチャコ ふっ素加工IH対応いため鍋28cm (1,167円)

大きく深く軽くて安い4拍子揃ったお得なフライパン

直径28cmで深さ12.5cmと家族の揚げ物を作るのに十分なサイズ。しかも746gと軽いのが魅力です。1㎏を下回ると軽量といいますが、このフライパンなら食材を入れても1㎏程度なので、炒め物をしても片手であおれるうえ中身が飛び出しません。

しかもフッ素樹脂加工なので焦げつきにくく、こびりつきを防いでくれますから、お手入れもラクです。4人以上の家族におすすめの28cmと、サイズが大きめでありながらこの値段は激安といっていいでしょう。

一人暮らしにおすすめの深型フライパン

パール金属-極深ストロングマーブルフライパン20cm (1,428円)

諦めていた一人天ぷらも深型だから楽しめる

深さが約10cmもあるため、揚げ物にも十分対応できます。一人暮らしではなかなか作れないフライやてんぷらにチャレンジできますよ。また縁に注ぎ口が付いているため、煮込み料理など汁気のある料理をお皿に移し替えるときなどに便利です。

フッ素樹脂加工よりも耐久力のあるマーブル加工が施されているため丈夫。金属ヘラを使っても傷みません。また焦げつきにくくこびりつきづらいのでお手入れも簡単。ただし、ガス火専用ですのでIHには対応できません。

和平フレイズ-メガフッカ IH対応スーパーディープパン 20cm (1,099円)

お鍋のように深いから揚げ物もカレーもこれ一つで可能

一人暮らしだとスペースの関係もあって、なかなか調理器具をたくさん揃えられませんよね。しかしこのフライパンなら深さが約13cmもあるため、これだけで炒める・焼く・煮る・揚げる・ゆでるといったさまざまな調理が可能。

しかもフッ素樹脂加工よりもワンランクアップした耐久力のあるマーブル加工が施されているため、金属ヘラも使えます。こびりつきにくく焦げ付きを防ぐため、後片付けもラク。自炊が弾みそうな使い勝手の良い一品です。

和平フレイズ-かちこれ ガラス蓋付フライパン16cm(532円)

ちょっとした調理にとても重宝するセカンドフライパン

直径16cmと小さめなので、一人暮らしはもちろん、家族のいる家庭のサブ用のフライパンとしても大活躍する一品。目玉焼きやパンケーキなど一人分の朝食やお弁当作りに大きなフライパンでは使い勝手が悪く、こうした小ぶりのフライパンが重宝するのです。

また、耐熱ガラスの蓋がセットでついているのもポイント。蒸し焼きや煮物などにピッタリサイズの蓋が大活躍してくれますよ。こびりつきにくいフッ素樹脂加工なので汚れ落としもラク。ガス火専用でIHには使えません。

Vita Verde(ビタベルデ)-コンテンポ クォーツグレイ フライパン 20cm (2,246円)

品質とデザイン性を兼ね備えたインスタ映えフライパン

ビタベルデはベルギーのブランド。サーモロンノンスティックコーティングという独自のセラミックコーティングで傷や摩擦に強く、エネルギー効率の良い調理が可能。食材を均一に加熱し、こびりつきや焦げ付きもありません。

また日本製ではなかなか得られない、デザイン性の高いきれいなカラーも魅力。出来上がった料理とともに思わず写真をアップしたくなるようなフライパンなので、一人暮らしを華やかに演出してくれそうですね。

岩鋳(IWACHU)-フライパン17cm (2,680円)

滋味あふれる鉄器のフライパンで贅沢な一人すき焼きも

岩鋳は岩手県盛岡市の伝統ある南部鉄器メーカー。味わいのある優れた鉄器のキッチン用品もいろいろ作っています。鉄の調理器具からは自然と鉄分が摂取できるため、普段なかなか鉄分を取りにくい一人暮らしの方には、特に鉄のフライパンはおすすめです。

しかもこれ一つでさまざまな調理ができるため、自炊生活が豊かに。すき焼きなどの鍋料理にもピッタリなので、一人暮らしの健康管理に役立ちますね。注ぎ口二つと持ち手もついていて、使い勝手も考慮されています。

28cm以上でおすすめの深型フライパン

パール金属-キャストフライパン 深型 いため鍋28cm(1,566円)

大きくて軽くて深いから毎日の料理にこれ一つで大活躍

直径28cmでありながら約800gと軽量なので、量の多い料理を作っても負担になりません。深さも8.8cmあるため揚げ物を一気に作ることも可能です。耐久性のあるマーブルコーティングで、焦げつきにくくこびりつきにくいので毎日のお手入れもラク。

さらに本体から取っ手にかけて出っ張りがなく、スムースにコーティングされているため汚れにくく、洗いやすいのもポイントです。キャスト製(鋳型鋳造品)なので底面が厚く、均一な熱伝達でムラなく仕上げ、耐久性も高いといいことづくめです。

リバーライト-極 JAPAN 炒め鍋 28cm ガス火 IH対応 (7,236円)

一生使える日本製の本格鉄フライパンでおいしい料理を

リバーライトは知る人ぞ知る純国産の鋼板製フライパンにこだわるメーカーで、世界中にファンがいます。丈夫で使うほどに味わいのある国産鉄製フライパンの極JAPANシリーズは、窒化加工を施しているため焦げにくくお手入れも簡単。

使い始めの空焚きも必要なければ、鉄の弱点でもあるさびやすさも克服。面倒なお手入れがないため2~3か月で馴染み、木製の取っ手も傷んだら自分で取り替えられます。フッ素樹脂加工のフライパンの平均寿命が2年に対し、鉄は一生付き合っていけることが実感できるでしょう。

T-fal (ティファール)-インジニオ・ネオ マホガニー・プレミア ウォックパン 28cm (3,630円)

取っ手が取れるティファールだから収納場所も困らない

直径28cm、深さ8.2cmで、家族の揚げ物も煮物も鍋料理もすべてこれ一つで可能です。しかも重さが730gと軽量なうえ、従来品の3倍高い耐久力を持つチタンコーティングが施されているため焦げつきにくく、こびりつきません。

ガス火専用なのでIHには使えません。また本体だけの商品なのでティファールの専用取っ手が必要です。ティファールを一度使うとセットで揃えたくなる方が多く、取っ手や専用蓋をすでにお持ちの方もいるでしょう。あなたのティファールにもう一点、加えてみませんか。

Vita Craft(ビタクラフト)-ソフィア2 No.1758 ウォックパン 28cm(4,730円)

優れたコーティングと多層構造でこびりつかず油不要

熱効率の良いステンレスとアルミの全面2層構造に加え、独自の高密度フッ素樹脂加工ナヴァロン3コートを実施。熱効率が良く、焦げつかないのでヘルシーな無油調理が可能です。また耐久性にも優れ、金属ヘラを使っても傷つきません。

ガス火はもちろん、IH、ハロゲンヒーターにも対応。均一に熱が伝わりムラなく加熱できます。ウォックパンシリーズは深さがあるのが特徴。28cmサイズでは深さが7.5cm。蒸し焼きや蒸し煮、炒め煮などが楽しめますよ。

北陸アルミニウム-センレン キャストフライパン 炒め鍋32cm(4,580円)

直径32cmでも軽いから大家族の普段使いにぴったり

鋳物の街、富山県高岡市の北陸アルミニウム。中でもセンレンシリーズは文字通り洗練された丈夫なフライパンです。32cmと大きいのに約910gと比較的軽量なため、大量の料理を一度に作れます。深さは8.8cmあり、炒め物をあおっても中身が飛び散りません。

通常のテフロン加工の7倍の耐久性を持つテフロンプラチナプラス加工で、丈夫さと軽さを兼ね備えています。さらに熱伝導率の良い波状底面を採用。大きな食材でも火の通りは均一。家族の食の屋台骨になってくれる、日本製フライパンです。

まとめ

深さ8cm以上のコーティングされた深型フライパンがおすすめ

深型フライパンの魅力は深さ。炒め物の飛び散りを防いだり、揚げ物や煮物などさまざまな調理が可能になるからです。加えてフッ素樹脂加工などコーティングされたものであれば焦げ付かず、こびりつきが抑えられるのでお手入れもラク。普段使いには深さ8cm以上でコーティングされたタイプを選ぶといいでしょう。