おしゃれでおすすめのキッチンストッカー人気ランキング!【隙間収納にも】

防災意識が高まる中、食品ストックをされる方が増えています。しかしストック食材はかさばるので、どこにどのように片づければよいかお困りの方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのがキッチンストッカーです。キッチンストッカーを使うことで、コンパクトに収納することができ、なおかつおしゃれに人目から隠すことも可能ですよ。今回はそんなキッチンストッカーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。まとめ買いや災害に備えてストックをお持ちの方や、ストックの収納に悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。




キッチンストッカーの特徴

大容量でストック食材や調味料をたくさん収納できる

食材や調味料を安い時に買いだめしたいけれど収納場所がないので買えない、買ったけれど部屋に直置きしているとお悩みの人もいるのではないでしょうか。背の高さほどあるハイタイプなら、大容量なのでストック食材や調味料をたくさん収納することができます。セールや箱買いなどで賢く備えることができますよ。

キッチンの高さに合わせて隙間収納できるタイプも

キッチンストッカーの中にはキッチンの作業台やシンクの高さに合わせたタイプもあります。家具や配線の関係でできてしまった隙間にも、ぴったりと収納することができて無駄がありません。ワゴンタイプを選んで移動を楽にするのもおすすめ。移動のしやすさは掃除機のかけやすさに繋がります。

キッチンストッカーの選び方

開け方に着目して選ぶ

キッチン動線を考慮するなら引き戸タイプがおすすめ

キッチンの通路は一般的にはあまり広くありません。冷蔵庫や食器棚などを設置する場合、マンションなどであれば1mあれば広いほうで、これは大人が二人すれ違うのがやっとという幅。そのため、キッチン動線を考慮に入れるならば扉が通路を邪魔しない引き戸タイプがおすすめですよ。出し入れをしやすく、ストッカーが開いたままでも支障がないので家事もはかどりますね。

両開きなら扉裏も冷蔵庫のように収納スペースとして活用できる

観音開きになる扉のキッチンストッカーは、扉裏にもこまごましたものを収納できるのが最大の魅力。調味料や食品保存袋のような比較的軽いものを収納することができます。扉が全面的に開くので、水の箱買いや米のようにサイズが大きなものも出し入れしやすくて便利ですよね。

引き出して使えると出し入れが簡単

キッチンストッカーの一部や棚を引き出して使うことができると、奥までストック食材を簡単に入れることができます。引き出した部分全体を見渡せるので、賞味期限がいつの間にか切れていたということもなく無駄が出ません。キャスターがついていると、食材をたくさん入れても引き出しやすくてさらに便利ですね。

何を収納するかを考えて耐荷重を確認する

水や油を収納するなら耐荷重10kg以上のものを

水の備蓄の目安は大人一人当たり2kgから3kgで、家族全員分を備蓄すると3人家族でも9kgにもなります。そのため水や油などの重たいものも一緒に収納するならば、耐荷重が10kg以上のものを。丈夫であれば、底が抜けたり棚が湾曲する心配がないので安心ですよね。

重たいものが無ければ移動がしやすいワゴンタイプも

料理の最中にちょっと調理途中のものや食材を置いておけるスペースがあったら便利なのにと思うことはありませんか。そんな人には移動がしやすいキャスター付きのワゴンタイプもおすすめ。天板にタイルなどが貼ってあるタイプは作業台として使うことも可能です。小回りが利いて使いやすいのが魅力的ですよ。

サイズに注意して選ぶ

置き場所のサイズを測ってデッドスペースを有効活用する

キッチンストッカーを購入する際に、まず設置場所のサイズを測るのは必須。家具や配線の関係でできてしまった隙間も、サイズがぴったりのストッカーを入れれば見栄えが良くなりおしゃれになりますよ。置きたい場所にコンセントなどがないか、事前にチェックするのもポイントです。

キッチンストッカーの内寸を測ってシンデレラフィット

キッチンストッカーには、商品仕様の欄に棚の内寸が記載されているものがあります。ペットボトルなどを何本も収納する際には、どのように置くことができるかシミュレーションしてから選ぶと棚の中で無駄なスペースが出にくくなりますよ。ストックしているものがシンデレラフィットで整然と並べれば、雑多な印象はやわらぎ美しさを出すこともできます。

使い方に合わせて素材で選ぶ

たくさん収納するならスチール製だと丈夫でゆがみにくい

より多くのものを収納したいと考える場合には、素材をスチールにすると安心です。スチール製ならば丈夫でありながら武骨でモダンなおしゃれをインテリアにプラスすることもできますよ。重たいものを乗せても棚や底がゆがみにくいのもうれしい点です。

プラスチック製はシンプル構造が多くお手入れしやすい

プラスチック製のものは構造がシンプルなので拭き掃除がしやすいのが魅力。料理の際にはねやすい油などもさっと拭くだけできれいになります。破損のしやすさや丈夫さに欠けるデメリットはあるものの、本体の軽さや移動のしやすさなどで、コストパフォーマンスのよい素材と言えるでしょう。

食材をそのまま保管したいなら通気性の良い木製がおすすめ

じゃがいもや玉ねぎなど、常温で保存する食材は季節によってはカビが発生しやすいものです。これらを保管するのにぴったりなのが木製のキッチンストッカーです。穴の開いたデザインやすのこ状のデザインは通気性に優れているのでカビや湿気を防いでくれますよ。調湿機能のある桐材を選べば、さらに機能的に食材を守ってくれます。

キッチンストッカーのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

ロータイプが豊富で作業スペースをおしゃれに増やす

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

LOWYAでは、キッチンワゴンというカテゴリーでストッカーの役割を担う商品が豊富にそろっています。テイストの多様性と、インテリアを格上げする高品質なたたずまいがポイントです。ロータイプだと調理スペースと高さが揃うので調理中の食材を仮置きしたり作業をするのにも便利ですよ。

山善

人や場所を選ばない実用的でシンプルなデザイン

山善は快適な暮らしに役立つ家具や家電製品をはじめとして幅広い分野で活躍する会社。シンプルで飽きのこないデザインが特徴で、インテリアや好みに合わせることのできる良さがあります。山善のキッチンストッカーは無塗装のパイン材でできているので、塗装することで自分の好みにアレンジできるというところが他のキッチンストッカーにない面白い魅力です。

ニトリ

少しの隙間を無駄にしないスマートさ

日本に400以上の店舗を構えるニトリはリーズナブルなだけでなく、多彩な商品を提案しているという特徴もあります。ニトリのキッチンストッカーにはワゴンが多く、ほんの少しの隙間も逃さないスリムタイプが豊富です。デッドスペースとなりがちな20cmの隙間でも収納場所に変えて、すっきりと見せることができますよ。

IKEA(イケア)

清潔感と機能性が北欧らしさを作る

IKEAはスウェーデン発祥の家具メーカーです。品質やデザインのおしゃれさと相対的にリーズナブルな価格設定であることが、特徴でありファンの心を捉えている理由。IKEAでは食品用収納というジャンルでキッチンストッカーを取り扱っています。多くの商品に丈夫なスチール材が使われ、白を基調とした清潔感のあるデザインでキッチンを明るくしてくれますよ。

おすすめ&人気のキッチンストッカーランキング

引き戸でおすすめのキッチンストッカー

ディノス-引き戸大量収納キッチンストッカー(31,880円)

防災備蓄にも対応の頑丈ストッカー

このストッカーの最大の長所は、全体耐荷重が100kgととても頑丈なところです。一段当たりも約20kgまで耐えられるので、水や調味料などの重たいものをまとめ買いしてもきれいに収めます。奥行きが34cmなので、災害用の備蓄水が箱ごと入りますよ。

キッチンにあるものは、調理の際の油などで汚れがちですよね。このストッカーは扉に光沢仕上げのポリエステル化粧合板を使用しています。これによって一般的なシステムキッチンになじむだけでなく、水はねや汚れを簡単にお手入れできます。

fam+ファムプラス-木製引き戸大量収納庫(18,334円)

選べるカラーで部屋を選ばない多目的ストッカー

ブラウンとナチュラルのカラーリングで、あらゆるインテリアの邪魔にならないのがこのストッカーの魅力。キッチンだけでなくリビングなどでも使用しやすいデザインです。たくさんの食材を入れるとカラフルなラベルで雑然としがちなところを、すっきりとまとめてくれますよ。

このストッカーは棚が可動式になっているので、背の高いものなども収納しやすいところが魅力です。食材だけでなく新聞や雑誌などの一時置きにも使用できて便利です。扉の開け閉めにスペースを取らないので、コンパクトなキッチンにも対応できるところがうれしいですね。

引き出し付きでおすすめのキッチンストッカー

ディノス-引き出して使える頑丈ワゴン付き キッチンストッカー(28,380円)

頑丈ワゴンに多用途ありのストッカー

このキッチンストッカーの最下段は引き出して使えるワゴンになっています。耐荷重が30kg、高さが42cmあるので食材のストックにとどまらず生活スタイルに合わせて使うことができます。飲料水の収納はもちろん、お米やビールのケースを立てて収納したりゴミ箱を設置することもできるのでキッチンの生活感を抑えることも可能ですよ。

通常のストッカーとしても機能も優秀で、扉には調味料などを収納できるポケットが6か所もついています。小さくて奥に紛れがちなスパイスも使い残しがありません。3cmピッチで11段階に調節できる可動棚が4枚付いているので、好みのストック食材に合わせられて無駄がありません。

ディノス-スライドトレー式大量収納キッチンストッカー(26,880円)

6杯のトレーで無駄のない大量収納

食料品や日用品をストックしていると、奥の方が見にくくて同じものを買ってしまいがちですよね。そんな方にはトレーが6杯もついているこのストッカーがおすすめです。トレーを引き出せば奥まで見渡せるので賞味期限を逃すこともありません。無駄なく収納ができるので、省スペースでより多くの食材をストックすることができますよ。

トレーは全て可動式になっていて、6cmピッチで調節が可能です。棚の高さの変更もスムーズにできるので、急にかさばるものを買っても柔軟に対応できますよ。組み立て時に扉を右開きにも左開きにも設定できるので、あらゆるキッチンにマッチするのもうれしいポイントです。

木製でおすすめのキッチンストッカー

山善くらしのeショップ-野菜ストッカーワゴン(10,999円)

育てる喜びが拡がるDIY可能なキッチンストッカー

DIYがお好きな方には無塗装のストッカーがおすすめです。無塗装のパイン材が使用されたこのストッカーはアンティークやナチュラル、モダンなどのあらゆるテイストにカスタマイズ可能。その年のトレンドカラーや置き場所にに合わせて、塗り替える楽しみ方もできます。

キッチンストッカーとしての機能も優秀で、引き出しは浅型が3杯、深型が3杯の合計5段に分かれていて、飲料水や根菜など細かいニーズに合わせて収納可能です。天板が展開できる形になっているので、調理中の作業スペースや物の一時置きとしても重宝しますよ。隠しキャスターがついているので楽に移動でき、掃除機がかけやすいので食材をストックするのに安心ですね。

make space-キッチンストッカー大容量

シンプルで安心の国産ストッカー

ホワイトウッドやエリーゼアッシュ、レベッカオークの3色のラインナップは、キッチンはもちろんリビングをはじめとしたほかのどの部屋でも便利に使えるストッカーです。国産なので、食材を入れても安心して使うことができます。大容量な上に、内側に6つのポケットがついているので、家族の多いご家庭にもぴったりです。

上段の奥行きが29cmなのに対して、下段の奥行きは39cm。下に行くにつれて安定するように計算されているので、お子さんのいるお部屋でも使いやすくなっています。可動棚が4段ついている可動棚の下段に、重たいお米や背の高いペットボトルなどを入れると更に安定しますよ。

フローデ-フナモコジャストシリーズ食器棚(42,540円)

追加してカスタマイズできる利便性の高さが魅力

このシリーズにはレンジ台付きの食器棚や上置きがあり、目的や設置場所に合わせて増やすことができます。上置きは1cm刻みのオーダースタイルになっているので、キッチンのスペースを無駄にせず美しく収納することができますよ。引き出し部分はフルスライドレールで、奥まで使いやすくなっています。

上部扉に耐震ロック機能付き。いざというときにストックしてある食品が飛び出してきてケガをするのを防ぎます。別売りの天井突っ張り金具もあるので、さらに備えればお子さんがいるご家庭でも安心ですよね。特殊プリント化粧板でお手入れも簡単です。

ワゴンタイプでおすすめのキッチンストッカー

LOWYA-鍋もそのまま置けるタイル付天板 キッチンワゴン(12,990円)

ぬくもりのあるおしゃれな作業スペースが増える

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

このキッチンストッカーは3色ありますがすべてパイン材でできているので、ナチュラルなぬくもりがあるのが特徴です。天板にはタイルが貼ってあるため、調理したての熱々のお鍋も置けてとても便利。もちろん通常の作業スペースとしてもとても重宝しますよ。

多くの機能を備えているので、おしゃれでありながら使い勝手がよいのが最大の魅力。キッチンの限られたスペースで重宝しますよ。棚板が可動式なので大きなお鍋やフライパンの収納としても使えます。

LOWYA-アイランドキッチンワゴン(25,917円)

置くだけでインテリアの印象をランクアップさせるワゴン

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

このワゴンの美点は何といってもその佇まい。ブラックスチールと木目のコントラストは2色あるカラーによって印象の強さを調整することができます。天然木の突板が生む高級感は、インテリア全体を無骨でありながらおしゃれなヴィンテージ調に格上げしてくれますよ。

機能面も充実していて、大容量の引き出しは両引きできるように工夫されています。中の仕切りも自由に動かせるので、スパイスやカトラリーなど入れたいものに合わせられて使い分けられますよ。ストッパー付きのキャスターで移動できるので、リビングでお茶をサーブするために使ったり、調理中の一時置きにしたりと汎用性が高いのもポイントです。

IKEA-RASKOGワゴン(6,400円)

家じゅうのあらゆるところで使える人気ストッカー

このワゴンは頑丈なスチールでできています。造りがしっかりしていて安定性があるので、重たいものを乗せても安心です。キャスターで必要に応じて自由に移動可能。コンパクトなデザインは狭いスペースでも便利に使うことができますよ。収納するものに合わせて中段のシェルフの高さを調節できるのもポイントです。

このワゴンはお手入れが簡単でフォルムがおしゃれなので、キッチンで使わなくなってもあらゆるところで使うことができます。お子さんの学習用品や教科書を入れたり、ご自身の趣味のものを収納したりと様々なシーンで活躍しますよ。カラーによっては、インテリアのアクセントとしても最適です。

ニトリ-ワゴン 3段(KSS WG200-3) (2,990円)

スリムなワゴンで隙間に収まる

このワゴンは幅が20cmととてもスリム。これは大人が手をいっぱいに広げたくらいのサイズで、キッチンのちょっとした隙間にぴったりと収まりますよ。スチールの持ち手がついているので、移動が軽々とできるところも使いやすさに繋がります。

スチール製のため、スリムでもとても頑丈です。天板の耐荷重は30kg、棚は20kgもあるので根菜などの重たい食材も安心して乗せられますね。常備したい飲料水を収納する際にも玄関先まで持ってきて収納し、冷蔵庫まで運んで冷やすことも可能です。

COCOTERIOR-RECKSキッチンワゴンキャスター付き(8,480円)

持ち手付きバスケットとしても使える稀有なストッカー

通気性のよいアミ状の引き出しは、麻袋や紙袋と併用することで根菜を収納することに役立ちます。全体量を把握しやすいので使い残しや二重ストックなどの無駄が出にくいのもうれしいところ。引き出しが持ち手付きのバスケットになるので、車に乗せてストックの買い出しに行けばそのまま収納することもできて便利ですよ。

天板の上にはちょっとしたものを置けるので、調理の補助台として使うこともできます。高さが91.5cmと作業しやすい高さに考えられているもの魅力の一つ。シンクやカウンターで作業していてもスムーズに作業ができますよ。耐荷重が約8kgなので炊飯器なども置くことができて便利です。

隙間収納でおすすめのキッチンストッカー

エアリゾームインテリア-towerキッチンワゴン(9,720円)

収納していることを感じさせないほどのスマートさ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

このワゴンは幅が13cmなのでキッチンのデッドスペースにすっきりと収まります。また、隙間に収納したときにフラットな本体部分が食材を隠してくれるので、隙間収納が収まっているとは思えないような適度な存在感。本体フレームは粉体塗装仕上げのスチールを採用しているので、丈夫で錆びにくく美しさを保ってくれるのもおしゃれな人にはうれしいところですね。

ホワイトとブラックの本体カラーに合わせて天板のカラーも色調を変えてあり、モダンでどのようなインテリアにもなじみます。3段それぞれ高さが違うので、一番高さのある下段に重いものを入れると薄くても安定性が増しますよ。キャスター付きなので、隙間を掃除したいときにもさっと取り出すことができます。

山善くらしのeショップ-リセスリムストッカー(4,499円)

7種類の展開でどのような部屋にも万能に使えるストッカー

このストッカーは、近年人気のグレーアイボリーとクリアの2色展開。サイズは4種類ありそれぞれ棚の高さが異なるので自分が入れたいものに合わせて選べば、無駄のない収納ができるようになっています。高さは85cmなので、調理スペースの高さとほぼ同じで悪目立ちせずにおくことができますよ。

背面や側面に隙間がない設計なので、キッチン周りで使って汚れてもお手入れ簡単。天板には少し溝があるので、調味料や水などをこぼしてしまっても、引き出しの中身は安心です。キャスターはついていませんがストッカーの後ろには車輪がついているので、傾ければ移動しやすく掃除機がかけやすいのもうれしいところですね。

アイリスオーヤマ-メタルラック メタルスリム(2,980円)

耐久性に優れたメタルで安心して長く使えるストッカー

メタルラックに使用されているフレームは3種類の金属を層にしてあるためさびや腐食に強く、汚れやすいキッチンでも安心して使うことができます。さびにくいことで棚板の高さの変更などもスムーズに行えるので、使いたい部屋やニーズに合わせやすくなります。さっと水拭き掃除をすることもできるので、美しさも長くキープできますよ。

幅が4サイズ、高さが3サイズの合計12種類の展開であらゆるものが収納可能。棚板の側面に立ち上がった縁がついているので、収納したものも落ちにくい設計になっています。キャスターもしくはアジャスターが付属で付き、豊富なオプションパーツをつけてカスタマイズすれば自由度も用途も広がりますよ。

まとめ

キッチンストッカーは収納スペースに合わせて選ぶのがおすすめ

キッチンストッカーを選ぶ際に大切なことは、どこに収納するかということ。購入の際には、まず収納スペースをどこにするかということを決めてサイズを測ることがおすすめです。ぴったりとフィットしたキッチンストッカーならば、食材を十分ストックしながらも生活感を隠してくれますよ。今回はキッチンストッカーの種類や選び方と、おすすめのキッチンストッカーを紹介しました。ぜひお気に入りを見つけて下さいね。