おしゃれでおすすめのラップケース人気ランキング!【切りやすい】

日々の料理に欠かせないサランラップ。使用することの多いサランラップだからこそ、すぐに取れる棚の上に置いておきたいという方も多いですよね。ただ、市販のサランラップをそのまま置くと生活感が出てしまうと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがラップケースです。市販のサランラップの中身をラップケースに移すだけで生活感を感じさせなくなりますよ。また、刃の切れ味がいいものなら、よりサランラップが切りやすくなることも。今回は、そんなラップケースの選び方のコツやおすすめ商品をご紹介します。おしゃれなラップケースを探している方は参考にしてみて下さいね。

切りやすいラップケースの特徴

刃がプラスチック製ではなく金属製

ラップケースで大切なのが切れ味。切れ味の悪い刃だと、なかなか上手く切り取ることができず、イラッとしてしまうこともありますよね。ラップケースで使用されている刃は金属製のものが多く、プラスチック製の刃と比べて切れ味抜群。市販のサランラップに付属している刃と比べても切れ味のいいものが多く出ていますよ。

刃のギザギザが細かいほど切れ味が良い

切れ味のよさは素材だけでなく、刃の形状も重要。切れ味が悪いと感じるものの多くが刃のギザギザがあまり細かくありません。刃のギザギザが細かければ細かいほど、サランラップとの接地点が多くなり、より切れ味が鋭くなりますよ。切れ味のいいラップケースを探す場合は、刃の形状にも注目して選んでみて下さいね。

ラップケースの種類

プラスチック製

濡れた手で使用しても大丈夫

ラップケースで多い素材がプラスチック。紙製のものと比べて耐久性が高く壊れにくいので、お気に入りを長く使用することができますよ。汚れてもサッと拭けばすぐきれいになるのも嬉しいところですよね。マグネット付きなど機能性が高いものが多く、使い勝手もいいですよ。

料理中は何かと手を濡らすことが多いですよね。そんなときに便利なのもプラスチック製のラップケース。濡れた手で触っても紙製と違って破れることなく使用可能。サランラップを使いたいときにすぐに使えるので、使用するたびに手を拭くといった煩わしさがありませんよ。

紙製

自分好みにアレンジ可能

紙製のラップケースの魅力はなんといってもリーズナブルなところ。プラスチック製と比べて安価なものが多く、手軽に利用しやすいところが魅力ではないでしょうか。手が濡れたまま使用すると破れてしまう可能性がありますが、リーズナブルだからこそ買い替えもしやすいですよね。

おしゃれなデザインのものも多く、カラフルなデザインからシンプルなものまで揃っています。好みのデザインを選べますよ。また、ペンやマスキングテープを使用して、自分だけのデザインに仕上げることも可能。自分だけのラップケースを作れるのも紙製ならではといえるのではないでしょうか。

ラップケースの選び方

サランラップに合うサイズを選ぶ

よく使われるサランラップは30cmと22cm

ラップケースを選ぶ際に大切なのがサイズ。せっかく購入したのに使用できないとなると困ってしまいますよね。家庭でよく使用されるサランラップは30cmと22cm。ラップケースを選ぶときは、この2つのサイズを意識して選ぶと失敗するリスクを減らすことができますよ。筒の直径は約4.5cm、芯の長さをプラス2cmと考えて選ぶのがおすすめです。また、30cm対応のラップケースの中には、22cmのものも使用できるように仕切り付きのものもありますよ。兼用で使用したい場合はそういった商品もおすすめです。

業務用の100mのラップを使用している場合は適応しているものを

毎日使用するサランラップなので、業務用の100mの長さのものを使用したいと考えている方もいるのではないでしょうか。その場合はラップケースを選ぶ際に注意が必要です。家庭用の50mを元に作られているものだと、せっかく購入しても使用できないことになってしまいます。長さ100mのサランラップを使用する場合は、奥行きや高さが6cm以上あるものがおすすめですよ。

あると嬉しい機能で選ぶ

マグネット式だと冷蔵庫にくっつけられて便利

サランラップの収納にも便利なのが、マグネット付きのラップケース。冷蔵庫にくっつけることができるので、収納する場所を取りませんよ。おしゃれなラップケースなら見せる収納にもなりますね。また、冷蔵庫にくっつけられるのでいちいちサランラップを取り出す必要がなく、すぐに使用することができるようになりますよ。また、サランラップを持つ必要もなくなるので、片手で使用することも可能に。忙しい調理中にとても便利です。

ラップのズレが気になる方にはストッパー付きがおすすめ

サランラップを使用するときにズレてしまって上手く出せないということはありませんか。その悩みを解決するのがストッパー付きのラップケース。サランラップの芯を固定するので、使用中にサランラップがズレることがなくなり、スムーズに出すことが可能になります。また、芯が固定されるので、ラップを引っ張っているときに外に飛び出るのも防止されますよ。

巻き戻り防止機能付きならラップの位置がわからなくならない

サランラップを使用していると、サランラップがずれてしまって先端がわからなくなるなんてことはありませんか。先端を探すのに時間がかかり、忙しいときにはストレスにもなりますよね。そんな方におすすめなのが、巻き戻り防止機能付きのラップケース。サランラップが巻き戻らないように先端を固定してくれますよ。先端がわからなくなるのが嫌という方は、ぜひ巻き戻り防止機能付きのものをチェックしてみて下さい。

ラップケースのおすすめブランド・メーカー

山崎実業

創業60年を超える老舗インテリアメーカー

山崎実業は大正初期に創業し、昭和46年に設立された老舗インテリアメーカーです。扱っている商品は、どれもシンプルながらおしゃれ、かつ実用的なものが多いですよ。ラップケースもとてもシンプル。使い手のことも考えられており、料理の際に使いやすいように作られていますよ。

カインズ

ホームセンターを展開しオリジナル商品を販売

カインズは関東を中心にホームセンターを展開する会社です。多くの商品を開発しており、人気の商品を多数取り揃えていますよ。カインズのラップケースもオリジナル商品の1つ。刃が指に触れにくいように作られており、使う際に怪我をしないよう考えられていますよ。

ideaco(イデアコ)

シンプルで心地よい商品が人気

ideacoはファッションデザイナーの羽場一郎氏が、これまでなかったコンパクトな傘立てを開発したのをきっかけに設立されたインテリアブランドです。数々の商品がグッドデザイン賞を受賞するなど、デザインに定評がありますよ。ラップケースは家庭用の50m用以外に業務用の100m用、コストコで販売されている750フィート(231m)用のものもありますよ。

mon・o・tone(モノトーン)

モノトーンを貴重としたインテリアや雑貨を展開

黒や白などモノトーンを基調としたインテリアや雑貨を多数扱うmon・o・tone。詰め替え用の洗剤ボトルや、それに合わせたラベルシールなども販売しており、インテリアをモノトーン調にしている方におすすめのブランドです。ラップケースも白を基調としたモノトーン仕上げ。シンプルかつおしゃれなラップケースですよ。

おすすめ&人気のラップケースランキング

切りやすいおすすめのラップケース

カインズ-スパッと切れるラップケース(2,161円)

ふたを閉めるだけでラップが切れる

2015年にグッドデザイン賞を受賞したカインズのラップケース。よくあるラップケースは四角い形ですが、こちらは丸くて可愛らしい形ですよ。蓋を開けると中央に凹みがあり、次に使うときに取り出しやすいようになっています。また、巻き戻り防止機能が付いているので、サランラップの始まりがどこかわからなくなることもありませんよ。

カインズのラップケースは、サランラップの切り方が他とは違い独特。サランラップをピンと張り、そのまま蓋を閉めるだけ。それだけで、スパッと切ることができますよ。切ろうと思ってねじると逆に切れなくなるので注意が必要です。また、刃が指に触れにくくなっているので、お子さんがいる方でも安心して使用できますね。

山崎実業-tower(1,944円)

シンプルでキッチンデザインの邪魔にならない

シンプルでスタイリッシュな山崎実業のラップケース。白と黒の2色展開で、どのキッチンにも馴染むデザインですよ。棚にしまうのももちろんいいですが、マグネット付きなので冷蔵庫にくっつけて見せる収納にするのも可能。冷蔵庫にくっつけたまま片手で使用することもできますよ。

ケースに芯を固定するストッパーがついているので、サランラップがズレたり飛び出したりすることがありません。スムーズに回転し引き出せるので、気持ちよくサランラップを使用することができますよ。刃はステンレスを使用しているので、切れ味も抜群。その切れ味が長く続く、嬉しいラップケースです。

ideaco(イデアコ)- wrap holder 100(2,484円)

業務用の長さ100mのサランラップも使用できる

なかなか無い業務用の長さ100mのサランラップも使用可能なideacoのラップホルダー100。コストパフォーマンスを考えると業務用を使いたいという方におすすめのラップケースですよ。マグネットは付いていませんが、手で持ちやすい形を考えられているので、女性でも使用しやすい形状になっています。

長さ100m用ではありますが、もちろん家庭用の長さ50mのサランラップも使用可能。刃はステンレス製で深さ1.5㎜。切れ味も抜群です。端をホールドすれば開閉も簡単。片手でも開けられて、ノンストレスで使用できますよ。サランラップの他、アルミホイルやクッキングペーパーでの使用も可能です。

日立化成-ビューカッター(584円)

サランラップを販売する会社が作るラップケース

サランラップを製造、販売する日立化成が作るラップケース。サランラップのプロが作っているのもあって、利便性をより追求した作りになっていますよ。まずは安全性。刃が隠れる仕組みになっているので怪我の心配もなく、小さなお子さんがいる家庭でも安心です。

丈夫で長く使用することができ、サランラップを交換するときも作業しやすいよう配慮されています。無機抗菌剤を練りこんであり、調理中も安心な抗菌仕様になっていますよ。プラスチック製なので、水回りにも強いです。22cmサイズはありませんが、業務用の45cm幅のサランラップに対応するものがありますよ。

パール金属-キッチリ切れるラップケース(500円)

ラップが切りやすいステンレス刃

キッチン用品やアウトドア用品を扱うパール金属のラップケース。シンプルな四角いラップケースで、白と黄色の2色から選ぶことができます。ステンレス製の刃を使用しているので、サランラップが切りにくいというストレスを感じることがありません。商品名の通り、キッチリ切ることが可能ですよ。

機能面も充実していて、飛び出し防止のストッパーや巻き戻り防止機能付き。その上リーズナブルとあって、コストパフォーマンスもいいです。サイズは22cmと30cmの2つがあり、普段使用しているサランラップに合ったものを選ぶことができますよ。

30cm対応でおすすめのラップケース

mon・o・tone(モノトーン)-ラップケース3個セット(850円)

とてもシンプルでおしゃれなラップケース

モノトーンのラップケースは紙製。市販のサランラップと同じ形状です。真っ白なラップケースで、シンプルかつおしゃれなのでキッチンにあっても生活感が出ませんよ。サランラップの他に、アルミホイルやクッキングペーパーにも使用可能。ラップケース本体の他にラベルシールも付いてくるので、中身が何かわからなくなることもありませんよ。

紙製ですが、機能も十分。端には飛び出し防止ストッパーが付いているので、使用中に中のサランラップが出てくることはありません。また、中央部分には巻き戻り防止機能として粘着テープが付いていますよ。3個セットで価格もリーズナブルなので、初めてラップケースを購入する方におすすめです。

Chic Wlap(シックラップ)-ラップディスペンサー(1,620円)

カラフルでかわいいラップケース

シンプルなデザインが多いラップケースですが、こちらのラップケースはとてもカラフルで元気の出るようなデザイン。アメリカ製のラップケースならではといったポップな見た目で、6種類から選ぶことができます。存在感がありますが、キッチンの棚に置いておいてもサランラップとはわからないですよ。

こちらのラップケースはステンレスのギザギザの刃ではなく、スライドカッター。ジップロックのようなつまみを横にスライドさせるだけで、サランラップを切り取ることができます。購入時には762mロールのサランラップ付きなので、すぐに使用することができますよ。紙製なので濡れた手での使用はできませんが、ポップなデザインのものが欲しい方にはおすすめです。

EMSA(エムザ)-ラップケース(2,160円)

アクセントカラーがポップでかわいい

エムザのラップケースは白を基調としたシンプルなプラスチック製。パッと見た姿はとてもシンプルですが、中央の開閉部と両端のサランラップの芯を固定するストッパー部分に差し色を使用しています。4色展開で、どれも明るい元気の出る色になっていますよ。

頻繁に使用するラップケースだからこそ、開閉しやすいものがいいですよね。エムザのラップケースの開閉はバネ式のスライダーになっているので、簡単に開けることができますよ。サランラップの芯を固定できるので、使用中に外に飛び出ることもありません。

金石衛材-エコラップケース(442円)

リーズナブルで手軽に使えるラップケース

手軽に利用できる安価なラップケースを探している方におすすめしたいのが、金石衛材のエコラップケース。初めてラップケースを使用するという方にも手に取りやすい価格ですよね。仕切り付きで22cm~30cmまでのサランラップに使用可能。リーズナブルな上に、1つで何通りもの使用方法があるのは嬉しい点といえるでしょう。

このラップケースの嬉しい点はとても軽いこと。なんと約100gしかないんです。ラップケースが重たいと、そこにサランラップをセットするとさらに重たくなってしまい使用しにくくなりますが、こちらはそんなことにはなりませんよ。ストッパーなどの機能は付いていませんが、まずは1つ使用してみたいという方にもおすすめです。

WMF (ヴェーエムエフ)-ラップケース(4,780円)

ステンレス使用のスタイリッシュなラップケース

ドイツの老舗キッチンブランドのWMFのラップケース。プラスチック製が多い中、このラップケースはステンレス製。ステンレス独特の光沢が高級感を出し、生活感が出やすいサランラップをおしゃれに仕上げてくれますよ。ラップケースのデザインにもこだわりたい方におすすめです。

こちらのラップケースは高品質な18-10ステンレススティール素材を使用しています。耐久性が高く、錆びにも強いので水回りに置いておいても安心。長く使用することが可能。値段は他のラップケースと比べて少し高めですが、長く使用できるのでコストパフォーマンスも悪くありませんよ。

マグネット付きでおすすめのラップケース

ideaco(イデアコ)- wrap holder30(1,944円)

両手を使ってラップを巻くことが可能

イデアコのラップケースは強力マグネット付きで冷蔵庫にしっかりくっつけられますよ。30cmや22cmとサイズが大きいサランラップは収納が難しい場合がありますが、冷蔵庫にくっつけられるので収納場所を考える必要がありません。30cmサイズは背面に切れ込みがあるので、曲面にくっつけることも可能ですよ。

シンプルな1色使いなので、キッチンのデザインに合わせやすいです。手で持って使用するのはもちろん、蓋を開けっ放しで使用することができるので、冷蔵庫にくっつけたまま使用することも可能。切り口が残るマチを作ってあるので、先端がわからなくなることもありませんよ。

ヒロコーポレーション-ラップホルダー(1,470円)

仕切り付きなので22cm~30cmまで対応

こちらは、背面に大きなマグネットが付いているラップケースです。マグネット付きでも小さいマグネットだと、冷蔵庫にくっつけてもすぐにズレてしまうことがありますよね。こちらは大きなマグネットなのでそういったことはなさそう。片手だけでサランラップを使用することができますよ。

このラップケースは中に動く仕切りが付いています。この仕切りによって、22cm~30cmまでのサランラップに対応が可能。サイズを問わず使用できますよ。他に巻き戻り防止機能もついているので、サランラップの端がどこかわからなくなることがありません。

山崎実業-マグネットラップケースアクア(1,512円)

出っ張りが付いていて開閉しやすい

山崎実業のラップケースアクアは、蓋の部分に出っ張りが付いていて開閉しやすくなっています。何も付いていないツルっとしたラップケースだと開閉がしづらい場合がありますが、このラップケースだとそういったことがありませんよ。手が濡れていても開けやすく、料理中も便利です。

飛び出し防止のストッパーが付いているので、サランラップをスッと引き出せます。マグネットで冷蔵庫にしっかりくっつけられるので、片手での使用も可能。ノンストレスで使用できますよ。赤や緑など明るいカラー展開ですが、ポップ過ぎない落ち着いた色なので、可愛くなりすぎることがありません。モノトーンではなく、明るい色のラップケースを探している方はチェックしてみて下さいね。

ライフ・トゥ-ラップカッター節約名人(1,922円)

誰でも使用可能なユニバーサルデザイン

ラップカッター節約名人は美容師さんの声から生まれたラップケースです。もちろん、ご家庭での使用もできますよ。どんな方にも使いやすいようにユニバーサルデザインにになっており、片手でも使用可能。女性でも片手で使いやすいサイズになっているので、毎日の料理でも使いやすいですよ。

中のサランラップが飛び出ないようにストッパー付き。さらに巻き戻り防止機能やマグネットも付いています。さらに、指に刃が当たりにくい設計になっているので怪我もしにくいですよ。サランラップを切るときには、蓋を下ろすだけなのでとても簡単。サランラップを切り取るのが上手くいかないなんて方にもおすすめです。使う側のことをしっかり考えられたラップケースになっていますよ。

まとめ

片手が塞がっていても使えるマグネット付きがおすすめ

毎日のように使用するサランラップもおしゃれに収納したいという方におすすめのラップケース。いろいろな選び方がありますが、おすすめなのはマグネット付きのラップケースです。忙しい主婦の方には、手を拭いて両手でサランラップを取り出すのも煩わしさを感じますよね。その煩わしさを改善してくれますよ。サランラップによる生活感を出さずに、おしゃれに演出してくれるラップケース。ぜひ、日常に取り入れてみて下さいね。