おすすめのピザカッター人気ランキング!自転車型も【使い方まで】

ホームパーティや人が集まる時にみんなが喜ぶピザ。ピザを切り分ける時に、包丁やナイフを使ってチーズや具材がべとべとにくっついてしまった経験をされた方は多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが、ピザカッターです。ピザカッターとは、ピザの具材と生地を素早くきれいに切ることができる特殊なカッターのこと言います。自宅にピザカッターが一つあれば、焼きたてのピザを上手に切り分けることができますよ。車輪型のピザカッターの他に、野菜のみじん切りにも使える半月型や見た目もかわいい自転車型もあります。100均やニトリにも売っていますが、長く使う道具なのでできれば切れ味が良く使いやすいものを選びたいですね。今回はこれから買う人におすすめのピザカッターをご紹介します。




ピザカッターの種類

車輪型

コロコロ滑らせるだけで素早くカットできる

車輪型の刃を回転させながらピザを切る一般的なピザカッターです。ブレードの大きさは小さいもので直径6cm程度、大きいものでは直径10cm以上。ご家庭で普段食べるピザのサイズに合った大きさのものを選ぶのがオススメです。ブレードの素材はステンレス製の他に樹脂製やプラスチック製のものがあります。ブレードに具材やチーズがこびりつかないようノンスティック加工を施してあるものなら、いちいち汚れを拭き取る手間がいらず便利です。

車輪型のピザカッターの場合、ブレード部分に劣らず重要なのがハンドル部分です。グリップが握りやすく、刃に力を伝えやすいものを選ぶと良いでしょう。持ち手に工夫があり、角度がついているものが人気です。ブレードの切れ味はもちろん重要ですが、ハンドル部分が良いピザカッターは力を入れすぎなくてもピザの耳まで一度でしっかりカットしてくれますよ。

半月型

チョップドサラダも作れるイタリアのハーブナイフ

イタリア語で「半月」を意味するメッツァルーナは、湾曲したナイフ部分の両端に持ち手がついた調理器具のことです。元々はハーブを細かく刻むためのナイフですが、チーズやピザを切るのにも使われます。両手でハンドルを握って食材の上でガシガシと動かしていくだけでスピーディにカットすることができます。

メッツァルーナをピザカッターとして用いる場合は刃渡り25cm以上の大きなものを購入した方が良いですが、その大きさが場所取りという声も。また、ブレード部分がカーブしていて広いので、お子さんのいる家庭では取り扱いに注意が必要です。一度使い方に慣れると、他のナイフにないカットの楽しさがあるため、手放せない道具となりそうです。流行りのチョップドサラダを作るのにもオススメです。

ピザカッターの選び方

ブレードの素材で選ぶ

切れ味重視ならステンレス製ブレード

ステンレスは鉄をベースにクロムやニッケルなどを混ぜた合金で、錆びにくく手入れしやすいという特性があります。油にも高温にも強く、汚れも付きにくいためメンテナンスは簡単。硬い素材で切れ味も良く、劣化しませんが、ステンレスの質にはピンからキリまであるため、切れ味の良いピザカッターはその分価格が高くなります。ステンレス製ピザカッターは100均でも買えますが、切れ味が良く長持ちするものを選びたい場合は良いステンレスが使われているピザカッターがオススメです。

安全性重視なら樹脂製やプラスチック製ブレード

お子様のいる家庭にもオススメなのが樹脂製ブレードのピザカッターです。ブレードに使用されるメタクリル樹脂や飽和ポリエステル樹脂は耐熱性と防汚性を兼ね備えた丈夫なもので、食洗機対応のことが多いです。十分な厚みと硬さがあり、思ったよりスムーズにピザをカットすることができます。刃の部分に触った時に危ない感じがしないので扱いやすいです。

刃の枚数や形状から選ぶ

1枚刃より2枚刃の方が切り分ける効率が上がる

ピザを切る時にピザカッターを何度も往復させると切り口がずれたり具材がこぼれたりします。その点2枚刃のピザカッターなら一度滑らせるだけで2回カットすることができるので、効率的です。自転車型のピザカッターの場合は前輪の切り残しを後輪が切ってくれます。まっすぐ切れるストレート刃と厚い生地も切れる波型の刃が2枚になっているタイプもありますよ。

波型ブレードならデニッシュやパイも楽に切れる

生地が厚いピザやホールサイズのパイやデニッシュを切る場合、波型ブレードのピザカッターがあると便利です。ギザギザしている分刃の表面積が広くなり、少ない力でカットすることができます。ギザギザ部分がブレードと具材との密着を防いでくれるためチーズなどもべっとりとくっつきにくくなります。見た目も可愛らしく珍しいギザギザブレードのピザカッターはプレゼントにもオススメです。

ピザの大きさに合わせてサイズを選ぶ

薄型ピザには直径6cm前後の小型タイプ

イタリアンレストランで一人分のピザを注文すると付いてくるのが直径6cm前後のピザカッターです。直径6cmで刃を一回転させると約18cm。直径18cm程度のピザであればちょうど一回転でピザを半分に切ることができます。市販されている冷凍ピザも直径20cm前後のものが多いので、一人前のピザを食べるにはオススメのサイズです。

大型宅配ピザには10cm前後の大型ブレードのものを

某宅配デリバリーピザのMサイズが直径25cm、Lサイズが直径36m。ピザカッターの同じ部分で何度も繰り返し切ると刃に具材が付着して次第に切れ味が悪くなるので、一回転でピザの直径を切れるのが理想です。ピザカッターの直径が8cmの場合一回転で約25cm、直径10cmの場合約31cmです。パーティサイズのピザを年に数回食べる方にはブレードの直径が10cm以上ある大型のピザカッターがオススメです。

メンテナンスしやすさで選ぶ

食洗機対応なら片付けも楽々

食洗機対応の食器に必要な耐熱温度は約90℃です。オールステンレス製であれば問題ありませんが、持ち手がプラスチック製の場合耐熱性がある素材かどうか確かめた方が良いでしょう。回転するステンレス刃を回しながら手洗いするのは、入り込んだ汚れを落とすのが難しく、スポンジや手を切らないか少し心配になりますね。食洗機対応のピザカッターであればメンテナンスがずっと楽になります。

洗いやすいのは分解できるピザカッター

ステンレス製と比べると汚れ落ちの面でやや落ちるプラスチックブレードですが、ブレード部分を分解して洗うことができれば衛生的です。ブレードの表面だけでなく、円盤の中心部分に入り込んだ油や具材の汚れをすぐにきれいにすることができます。ブレードとハンドルが一緒では大きすぎて食洗機に入らないという場合も、分解できれば刃とハンドルを個々に入れることが可能です。

ピザカッターのおすすめブランド・メーカー

貝印

日本製刃物ならこちらのブランド

貝印は110年以上の歴史を持つ刃物のリーディングカンパニーです。あらゆるジャンルの刃物を手がけている貝印のピザカッターは、使い手のニーズに合った確実な切れ味とコスパの良さが魅力です。買いやすく使い勝手のいいラインが揃っています。

OXO(オクソー)

ユニバーサルデザインが世界中で人気

ニューヨークに本社を構えるOXOはユニバーサルデザインの理念の元に数多くの人気商品を生み出している会社です。特に人気のあるシリーズが、グッドグリップと呼ばれる独特な持ち手を持つキッチン道具たち。ピザカッターの持ち手もグッドグリップです。

T-fal(ティファール)

ピザカッターもこびりつかない

世界で初めてノンスティックフライパンを発明したT-fal。調理器具だけでなく、キッチン小物でも耐久性があり使いやすい商品が揃っています。ピザカッターにもフッ素樹脂加工の技術が用いられています。

サンクラフト

日本製ピザカッターらしい良心的なライン

刃物の名産地岐阜県関市で創業したサンクラフト。生活を豊かにしてくれるキッチン道具のラインが揃っています。包丁なども手がけており、ピザカッターも使いやすく切れ味のいいものが選べます。

おすすめ&人気のピザカッターランキング

切れ味でおすすめのピザカッター

貝印-NEW COOKDAY ピザカッター(691円)

日本の家庭になじむピザカッター

一人前のピザを切るのにちょうどいい小型ピザカッター。刃物メーカーの貝印は日本の家庭のニーズに合った商品を提供してくれます。切れ味の良さはもちろんのこと、お手頃価格も魅力。自宅用にとりあえず揃えたいという方にオススメです。

直径5.8cmの小さめステンレスブレードは薄焼きピザをスマートに切り分けるのにぴったり。ハンドル部分はポリプロピレン製で、耐熱温度は100℃。食洗機で洗うことができます。持ち手には掛けられる穴が空いており、吊るして収納できます。

ヘンケルス-ツヴィリング ピザカッター (1,944円)

切れ味抜群ドイツの高級ステンレスピザカッター

ドイツの歴史あるブランド、ツヴィリングJ.A.ヘンケルス社のピザカッター。双子マークのツヴィリングは刃物で有名なヘンケルスの高級ブランドです。現在は岐阜県関市の提携工場で作られています。切れ味が良くおしゃれなピザカッターを探している方にオススメ。

ツヴィリングの包丁やナイフは数万円する高価なものが多いですが、ピザカッターでしたら手の届く価格で購入することができます。ブレード部分は直径7cmと小型でも、切れ味がいいので大きなピザでも楽に切ることができます。シンプルでミニマルなデザインも人気です。食洗機対応なのもありがたいところ。

Rosle(レズレー)-18-10ステンレス製ピザカッター ギザ (3,089円)

ステンレスの質感が美しい一生モノのピザカッター

一生ものの調理道具を提供するドイツのレズレー社は創業1888年。ピザカッターにしては珍しい波型ブレードは、パイ生地やデニッシュもさくっと切り分けてくれます。タルトやデニッシュの飾り切りにも使えて便利です。年に何度かはホールのパイを食べるという方にもオススメです。

ブレードは耐久性があり上質な18-10ステンレス製。直径6cmと小型ですが、大きなサイズのピザでも問題なく切ることができます。ハンドルの端には丸い引っ掛けが付いており、キッチンのフックに吊るして収納することができます。食洗機対応で丸洗いも可能。

OXO(オクソー)-ピザカッター ステンレス製 (1,404円)

グッドグリップで大きなピザも楽に切れる

OXOのピザカッターはキッチンツールに一段上の使いやすさを求める人にオススメです。一番の特徴はサントプレーンゴムでできたグリップ部分。握りやすく力がかけやすい作りとなっています。大きめのピザもサクッと切ることができますよ。

18-8ステンレス製の刃は直径8cmと大きめで、パーティ用のピザでも安心のサイズです。全体の長さも22cmとやや大きめ。使う人のことを考えられたおしゃれなデザインはいかにもOXOらしく、長く愛用できること間違いなしの商品です。

ドリームファーム-scizza ピザカッター(2,520円)

ありそうでなかったハサミ型ピザカッター

オリジナルなキッチン用品を数多く生み出しているオーストラリアのブランドDreamfarm(ドリームファーム)のピザカッターです。耐熱性があり、ホットプレートやフライパンの上でも食材を切ることができます。お皿を傷つける心配がないのがありがたいです。

ただ、耐熱温度は205℃なので、ホットプレートの温度が高すぎる際は注意が必要です。ハサミの切れ味が良く、ピザ以外にもお好み焼きやホットケーキを切る際にも役立ってくれます。一味違ったピザカッターが欲しい方にオススメです。

小型でおすすめのピザカッター

ナガオ-ワイワイキッチン ピザカッター (756円)

笑顔に癒される小型のピザカッター

笑顔がかわいい小型のピザカッターは、ステンレス製品の一大産地である新潟県燕市のメーカーが作った商品です。切れ味も申し分ありません。持ち手の部分には天然木が使われており、ステンレスの鋭さを和らげてくれます。

ステンレス製のブレードは直径6.6cmと小さめですが、どんなピザもきちんと切り分けてくれる優れものです。使った後は立てておけます。シリーズで揃えるのもかわいくてオススメです。

遠藤商事-18-10ステンレス製 キッチンヘルパー ピザカッター (548円)

シンプルで高品質の燕三条製

新潟県燕市のキッチン道具メーカー、遠藤商事から発売されている18-10ステンレス製ピザカッターです。ステンレスツールに定評のある燕三条地区の道具はいずれも高品質で、業務用としても愛用されています。

ブレードに使われている18-10ステンレスは鉄にニッケルが18%、クロムが10%配合されている高級な素材で、耐久性もあり切れ味は抜群。食洗機で洗うこともできます。ブレードの直径は5.8cmで、一人前にオススメの小型サイズです。

モクハウス-ピザカッター (1,188円)

カフェ風キッチンツールをお探しなら

サンクラフトのナチュラルキッチン道具シリーズ「モクハウス」のピザカッターです。持ち手にブナ材の天然木が使われており、ナチュラルな雰囲気のキッチン道具が好きな方におすすめ。ロングセラーのシリーズです。

ブレード部分はステンレス製で、回転刃の直径は7.5cm。Mサイズのピザも楽に切ることができる使いやすい設計です。ブナ材のハンドルは手にフィットしやすいように工夫されています。収納時に安心な安全カバー付き。

Doiy(ドゥアイワイ)-Fixie ピザカッター 自転車 (2,484円)

インスタで人気の自転車型ピザカッター

スペインのバルセロナ発ホームウェアブランドDOIYから、チャーミングなフィクシーバイク型のピザカッターが発売されています。前輪と後輪はともにピザカッターとなっており、ピザの上を走らせるだけでキレイにカットできます。パーティやプレゼントにもオススメです。

サイズは横幅18cm×高さ10cmとコンパクト。専用スタンドが付いており、駐輪時は立てておくことができます。カラーバリエーションも10パターン以上あり、好みの色を選ぶことができます。後輪にはブランドのロゴマークが印字されています。ピザカットの瞬間が一層楽しくなるカッターです。

Lucien-2枚刃デュアルピザカッター (680円)

2枚刃で多用途に使えるおしゃれカッター

ストレート刃と波型刃が2枚セットされた珍しいピザカッターです。ピザをカットする他に、波型のブレードを使ってパイやデニッシュ、タルトを切ったり、タルトやお菓子の端をカットするなど様々な用途に使うことができます。こっちで切れなかったらこっち、と使い分けられるのが便利です。

ハンドルを握って力が入っても刃に指が当たらない安全ストッパー付き。ブレードはどちらも直径4.5cmと小型ですが持ち手はしっかりとしており全長は18.8cm。持ち手の端に引っ掛けが付いており、吊るして収納できます。

大型でおすすめのピザカッター

T-fal(ティファール)-インジニオ ピザカッター (735円)

分解して洗えるプラスチック製ブレード

樹脂製ブレードのメンテナンスしやすいピザカッターを探している方にオススメの商品がこちら。赤と黒のボディにステンレスプレートのデザインで統一されているT-falのキッチン道具シリーズ「インジニオ」のラインは、220℃までの耐熱性を持つナイロンが使われており、優れた耐久性とお手頃価格を両立しています。

T-falのインジニオ ピザカッターの最大のメリットは、刃の部分を分解して洗えることです。食洗機でも洗うことができ、取り外して個々に洗うこともできるので、衛生的です。また樹脂製ブレードはお皿を傷つけないので、安心して使うことができます。お子様のいるご家庭にもオススメです。

サンクラフト-ペガサス プラ柄ピザカッター(2,080円)

有名チェーン店でも使われる大型ピザカッター

シンプルで使いやすく、大きめのピザカッターをお探しの方にオススメなのがこちら。ステンレス製のブレードは切れ味良く、グリップの形に工夫のあるプラスチックの持ち手はデザイン的にもおしゃれです。食洗機で丸洗い可能。

ブレードの大きさは直径10.3cmで、Lサイズのピザでも楽に切ることができます。ペガサスのイラストが小さく入っているのも可愛いです。色は3色から選ぶことができます。有名ピザチェーン店でも用いられている商品です。

EPPICOTISPAI(エピコティスパイ)-半月型包丁(メッツァルーナ)

みじん切りにも使える本場イタリア製メッツァルーナ

本場イタリア製の半月型包丁です。ピザのカットの他、ピザの具材を細かくカットするのにも使えます。両端に付いたハンドルを握って、左右交互に揺らしながら食材を切るのが楽しく、新しい道具を試してみたい方にもオススメです。

サイズは25.4cmと大きめで、一般的なピザカッターに比べると場所を取りますが、シンプルな作りのためメンテナンスは簡単です。野菜のみじん切りにも使うことができます。切る楽しみを感じられる野性的な作りがかえって目を引きます。写真に撮ってもおしゃれです。

三宝産業-YUKIWA UK ステンレス ピザカッター 35cm (1,014円)

スケッパー型のシンプルなピザカッター

ホットケーキやクッキー生地、つきたてのお餅を切り分けるスケッパーとしても使えるピザカッターが欲しい方におすすめ。エッジにカーブがあるため、ピザのトッピングを乱さずに切ることができます。

サイズは幅35cm×高さ9cmと大きく、Lサイズのピザでも十分にカットすることができます。オールステンレス製のシンプルなデザインで、価格も高くありません。新潟県燕市のステンレスメーカーの商品です。

ピザカッターの正しい使い方

初めに円の中心を決めてからピザカッターを動かす

ピザカッターで上手にピザをカットするコツは、端から円の中心に向かって動かすことです。中心がずれないように直径で切ることができれば、同じサイズに美しく切り分けることができます。一番生地が厚い端の部分は力をかけるようにして切り、中心からずれないようにまっすぐ動かしていき、反対の端でまた力をかけて切り離すようにすると一度できれいに切れます。

寝かさずに起こした状態で端から中心に向かって往復する

ピザカッターを垂直に立てて切るのも上手に切るコツです。刃がまっすぐに当たっていると一番力がかかりやすく、一度に生地をカットすることができます。刃が斜めになっているとうまく力が入らず、具材も上手に切れません。ピザカッターを何度も往復させると具材がこぼれたり、生地が二重に切れてしまったりするため、なるべく少ない回数でカットできると良いでしょう。

まとめ

綺麗に切り分けるにはある程度大きめのサイズを選ぶ

ホールのピザを切り分けて食べる楽しさを引き立ててくれるピザカッター。時々使う道具だからこそ、切れ味が長持ちし、愛着の持てるデザインのものを選ぶといいですね。華があるのはやはり海外メーカーの品々。そしてパーティサイズのピザも楽に切れる大きめのものがオススメです。ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね。