2019おすすめのHDMIケーブル人気ランキング!4Kにも【種類別】

テレビやパソコンに挿すHDMIケーブル。最近名前は良く聞くようになりましたが、ショップを覗いてみると種類がたくさんあまりすよね。それぞれに価格も大きく違うので、いざ購入するとなるとどれを買えば良いのか分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はHDMIケーブルの種類をはじめ、使用目的に合った選び方や人気のブランド、厳選したおすすめの商品などをご紹介していきます。使いたい機器に合うHDMIケーブルの種類や特徴など分かりやすくお伝えしていきますので、HDMIケーブルの購入を考えている方はぜひ参考にしてみて下さいね。




HDMIケーブルとは?

テレビなどに繋いで画像と音声を再生するためのケーブル

デジタルの画像と音声を一緒に転送するケーブルで、テレビやBDプレーヤー、ゲーム機やPC、デジカメ、ビデオなど様々な機器の間で映像を送るために使われます。同じような機能を持ったケーブルは赤白黄色の3本に分かれたコンポジェット端子や、台形の端子のなかにたくさんのピンがついたDVI端子など。その中でもHDMIケーブルは比較的新しい規格で、音声も同時に転送できるのが大きな特徴。最近ではほとんどのテレビにHDMI接続用の端子が付いています。

HDMIケーブルの特徴

変換ケーブルを使ってiPhoneやAndroidの画像をテレビに映せる

HDMIケーブルで繋げばスマホで撮った思い出の画像や動画を、テレビの大きな画面で見ることもできます。普段スマホでプレイしているゲームも、TVの大画面に映すと迫力がありますよ。スマホ側にHDMIの端子が用意されていない場合もありますが、変換ケーブルを使えば大丈夫。iPhoneの場合には用意されている端子はLightning端子のみ、Lightning端子とHDMIの変換アダプタを使用して接続しましょう。Androidの場合にHDMIケーブルを繋げられる端子は大体3種類で、micro HDMIケーブル端子、USB micro BもしくはUSB Type-Cです。USB micro BやUSB Type-Cしかなくても、MHL変換アダプタやMHL変換ケーブルを使えば接続ができますよ。

ハイスピード(Ver.2.0以上)のケーブルなら美しい4K画像が見られる

HDMIケーブルを使えば、4K対応のテレビとブルーレイを繋げて高精細な映像を見ることもできます。ただしその場合には、スピードやバージョンのチェックが必要。スピードは転送速度、バージョンは解像度に関係します。例えばPCで3DゲームをするならハイスピードのVer.1.4以降、4Kでフレームレートの高い動画を見るならハイスピードのVer.2.0以降のHDMIケーブルが必要。さらにHDRの画像を見るならVer.2.0a以降、8KならプレミアムハイスピードのVer2.1などを選びましょう。スピードやバージョンによって、価格も違うので必要に応じて購入して下さいね。

HDMIケーブルの種類

HDMI-HDMI端子

パソコンやテレビなどを接続する

両側にHDMI端子が付いたケーブルで、タイプAケーブルとも呼ばれます。用途としてはテレビとBDやDVDプレーヤーを繋いで映画を鑑賞したり、レコーダーを繋いで録画や再生をしたり。PCとモニターを繋いで画像を映したり、テレビとPS4を繋いでゲームをする時などにも使われます。

HDMIケーブルとしてはスタンダードな形で、ラインナップが多い商品です。価格は長さ1mの安価なもので300円程度からありますが、高級なものは5,000円以上のものも。HDMIをDVIやDisplay Port、USBなど他の映像端子に変換するアダプタを使う際にもよく使われます。

HDMI-HDMIミニ端子

デジタルカメラやビデオカメラを接続する

片側がHDMI端子で、反対側がHDMIより少し小さめのHDMIミニ端子になっているケーブル。タイプCケーブルとも呼ばれます。HDMIミニ端子はビデオカメラや一部のデジタルカメラに用意されている端子。最近ではビデオカメラも4K対応など高詳細になっているので、テレビの大きな画面に映すと見応えがありますよ。

HDMI-HDMIケーブルに比べるとラインナップは少な目で、価格も600円程度と少しですが高価になります。HDMI端子をHDMIミニ端子に変換するアダプタも300円程度から販売されているので、すでにHDMI-HDMIケーブルをお持ちの方は検討してみても良いでしょう。

HDMI-HDMIマイクロ端子

スマホやタブレットを接続する

片側がHDMI端子で、反対側はMicroUSBくらいのサイズのHDMIマイクロ端子になっているケーブル。タイプDとも呼ばれ、一部のスマホやタブレットデジタルカメラに接続することができます。写真や動画はもちろん、スマホのゲームアプリをテレビの大画面でプレイすれば迫力満点ですよ。

デジタルカメラはHDMIミニ端子のものと、HDMIマイクロ端子のものがあるのでお持ちのカメラをご確認ください。スマホやタブレットではUSBのみの機種も多いのですが、例えばスマホならXperia Z5、GALAXY S5、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eなど。タブレットならXperia Z4 TabletなどはHDMIマイクロ端子が付いています。他にも多数あるので、お持ちの機種をチェックしてみて下さいね。

HDMIケーブルの選び方

接続する機器のレイアウトにあったケーブルの長さを選ぶ

PCとモニターを繋ぐならなるべく短いケーブルがおすすめ

HDMIケーブルは映像を転送する距離が長くなると信号がだんだん弱くなり、画面にも影響が出てしまうのでなるべく短いケーブルを使うのがおすすめ。もちろん価格も短いケーブルほうがリーズナブルです。デスクトップPCとモニターを並べて置く場合には0.5mでも足りますし、足元にPCを置く場合でケーブルを少し引き回したとしても1~2mあれば十分。実際に測ってから購入すると失敗がありませんよ。

5m以上必要ならノイズに強い長尺ケーブルがおすすめ

広めの会議室でプロジェクターとPCを繋いでプレゼンをするなど、どうしても長いケーブルが必要な場合もあります。HDMIケーブルの長さが長くなるとノイズが乗ったり映像が映りにくくなることもありが、この影響が出やすくなるのは5mが境目と言われています。そんな時は長尺ケーブルを使うと良いでしょう。信号を補正するイコライザーや信号を増幅するブースター、リピーターなどが付いているので長い距離でもきれいな画像が送れます。他の部屋に送りたいなどさらに長距離の場合は、少し高くなりますがLANケーブルに繋ぐエクステンダーや光ケーブルを使ったHDMIケーブルもあります。

使い方に合わせた規格で選ぶ

プロジェクターとテレビやBDを接続するならARC対応ケーブルが便利

プロジェクターにBDレコーダー、テレビやスピーカーもいくつか繋げて、ホームシアターのように楽しみたいという人も多いのではないでしょうか。ホームシアターのセットも販売されているので、各機材を繋げていけば案外簡単に本格的なシアターが出来上がりますよ。その際はテレビとホームシアター、それに2つを繋ぐHDMIケーブルがARCに対応していれば、テレビを見るときもスピーカーから良い音がでますよ。

PS4をオンラインで使うならHEC対応ケーブルですっきり接続

PS4などのゲーム機はインターネットに繋ぐと世界中のプレーヤーと対戦したり、友達を誘って協力プレイを楽しんだりすることができて楽しさも倍増。ゲーム機でネット接続するなら、HEC対応のHDMIケーブルがおすすめです。HEC対応ケーブルはHDMIケーブルと、インターネットを接続するためのLANケーブルが一緒になったようなケーブル。映像や音声と共にインターネットにも接続できます。テレビにインターネットが接続されている場合は、PS4などのゲーム機やレコーダーなどを別途LANケーブルで繋ぐ必要がないので配線がすっきりしますよ。

HDMIケーブルのおすすめブランド・メーカー

サンワサプライ

オフィス家具を中心にPC周辺機器を扱う国内大手メーカー

1970年代からPC周辺機器を扱う日本の老舗のメーカー、取扱商品は10,000点に上ります。特に電源タップなどのケーブル類やPCデスクなどのオフィス家具、マウスパッドやPCバックなどのPCアクセサリーが人気。HDMIケーブルは各種変換アダプタや光ケーブルなどラインナップも豊富な定番のブランドで、抜けにくく信頼性の高い長尺ケーブルも売れ筋商品です。

エレコム

国内のPC周辺機器メーカーで配線しやすい柔らかケーブルが人気

多くの商品でシェアNo.1を誇る、日本の大手PC周辺機器メーカーです。取扱商品は7,000点以上あり、海外からの輸入商品も充実しています。マウスやキーボードをはじめインターネット関連商品やストレージ、スピーカーなどの音響機器とそれらを繋ぐケーブル類も売れ筋。HDMIケーブルはレイアウトしやすい、やわらかいケーブルやスリムなタイプが人気商品です。

HORIC(ホーリック)

リーズナブルなオリジナルのケーブルが主力製品

ホーリックのHDMIケーブルは低価格で機能性も高いと、ネット通販などで人気の商品。電気量販店でも取り扱いが増えています。ホーリックは1994年に創立した比較的新しい会社で、ケーブルなどを主力製品とするメーカー。東京に本社を置く日本企業ですが、製品は中国の自社工場で生産されています。創立当初は輸入商品やOEM製造を行っていましたが、2006年からは自社製品の販売を開始していてHDMIケーブルもその一つ。リーズナブルな1m程度のケーブルに加え、10mなどの長尺ケーブルも好評です。

Hanwha(ハンファ)

韓国の最大手企業で低価格で扱いやすいHDMIケーブルが人気

ハンファQセルズジャパンは、世界各国に325の拠点を持つ韓国の最大手企業ハンファの日本法人。防犯カメラなどのセキュリティ商品をはじめ、ポリエチレンやポリ塩化ビニルなどの化学薬品、太陽光発電システムなどを扱っています。事業所向けの他に小売りも行っていて、防犯カメラや接続用ケーブルはamazonや楽天といったネット通販でも多く販売されています。HDMIケーブルは高品質で低価格、扱いやすいスリムな形と話題で、スタンダードな短めのケーブルが人気です。

おすすめ&人気のHDMIケーブルランキング

PCにおすすめのHDMIケーブル

ジェネシス-HDMIケーブル 1.8m(350円)

ネット通販の人気商品でリーズナブルなのに4K対応

楽天でHDMIケーブルのランキングトップを何度もとっている人気商品です。人気の秘密は厳しい出荷検査などで保たれている高い品質と、税込、送料無料で、350円というリーズナブルな価格。量販店などではこの倍以上することが多いのでおすすめです。ケーブルも細めなので配線もしやすくなっています。

最近のHDMIケーブルは4Kに対応したVer2.0のものが増えています。こちらのケーブルも低価格なのにVer.は2.0。モニターの代わりに4KTVを繋げば、4Kの画質で写真やビデオをPCから再生することもできます。長さは1.8mですが、同じシリーズで0.5mからラインナップされているのでレイアウトに合わせて購入できます。

上海問屋-HDMIケーブル2m(480円)

HDMI端子のないモニターにおすすめのDVI変換ケーブル

パソコンは買い換えたけどモニターは結構長く使っているという方も多いのではないでしょうか。HDMI ケーブルが普及されてきたのは2004年ぐらいからなので、それより前に買ったモニターなどには端子がないこともあります。ノートパソコンでは HDMI 端子しかない場合も多いので、接続したい場合にはDVI変換ケーブルが便利です。

HDMIとDVIの変換ケーブルは、比較的多い形状ということもありお値段も480円とリーズナブル。 Ver1.4対応でPCモニターとしては解像度もスピードも十分ですが、片側DVIなので音は転送されません。スピーカー内蔵のモニターやTVでは、別途オーディオケーブルを接続する必要があります。DVI端子にも種類がありこちらは現在一般的なDVI-Dというタイプなので、購入時にはお持ちの端子と比較してくださいね。

サンワダイレクト-HDMIケーブル 1.5m (550円)

デスク下のPCとモニターの接続におすすめ

こちらはPC周辺機器では人気の高いサンワのHDMIケーブル。やっぱり大手メーカーの商品が安心という方におすすめの商品です。長さは1.5mでPC本体をデスク下に置くときにちょうど良い長さ、価格も550円と国内メーカーとしてはリーズナブルです。

こちらのケーブルはVer.1.4で、最近はVer2.0のケーブルが多くなっているので物足りない気がする方も多いでしょう。しかしPCの画面は1920×1080画素のフルHD程度に設定している方が多いと思うので、解像度やスピードは十分で3Dゲームも楽しむことができます。一般的なフレームレートの30fpsなら、4Kの映像だって転送できますよ。

iPhoneにおすすめのHDMIケーブル

Apple-Lightning Digital AVアダプタ(6,399円)

安心のApple純正品でHDMIケーブルも付属

iPhoneにHDMIケーブルを繋げることができる、Apple純正の変換ケーブルです。アダプタにはHDMIとLightningケーブルが両方挿せる用になっていて、LightningケーブルをACアダプタに繋げて電力を供給しながら転送します。解像度は1920×1080のフルHD。HDMIケーブルが付いているので、着いたその日から使うことができますよ。

AppleはスマホやPCのハイブランド。iPhoneやMac PCをはじめデザイン性と機能性の高い、製品を数々生み出しています。中でもiPhoneは特に日本国内で人気が高く、2019年の国内スマホシェア率は40%となっています。こちらのアダプタは安心のApple純正品なので、iPhoneやiPad、iPodとの相性は抜群です。

Kobestar-HDMI 変換 ケーブル(2,500円)

USBにもLightningにも使える3in1仕様

片側はスタンダードなHDMI端子で、反対側の端子がスマホやタブレットに接続できる端子になっているケーブルです。スマホ側はAndroidに多いmicroUSBやType-CのUSB端子と、iPhoneに付いているLightningケーブルの3in1仕様。家族で共用するのにも便利です。

白いケーブルとアルミの端子でスタイリッシュな見た目で、ケーブルは少し離れても使える2m、解像度は1920×1080のフルHDです。microUSBの他にもう1本付いているUSBケーブルは給電用で、USBケーブルをPCやACアダプタに繋げて、電力を供給してあげる必要があります。

ハルキス-Lightning to HDMI 変換アダプタ(2,980円)

リーズナブルなLightning変換ケーブル

2,980円と値段的には、純正品よりかなりリーズナブルな変換アダプタです。iPhoneやiPadのLightning端子にHDMIケーブルを挿してTVに繋げば、保存しておいた写真などを家族や友人と大きな画面で見ることができます。ケーブルを挿して画面の指示に従うだけなので設定は簡単。解像度は1920×1080のフルHDで、Wi-Fiよりも安定した転送が可能です。

アダプタにはHDMIとUSBケーブルが両方挿せる用になっていて、USBケーブルをACアダプタに繋げて電力を供給しながら転送します。普段スマホで見ているYouTubeやアプリゲーム、SkypeなどもTV画面に映すことができますが、著作権保護のためするためamazon PrimeやHuluなど一部分有料動画は見られないものもあります。

PS4におすすめのHDMIケーブル

ハンファ-HDMIケーブル 1m(280円)

レイアウトもしやすい柔らかケーブルでHDRにも対応

価格は1mで280円とリーズナブルで、Ver.2.0bのHDR対応HDMIケーブルです。ケーブルは細くて柔らかいので、コントローラーなどでケーブルがごちゃつきがちなゲーム機周りでもレイアウトが楽。コネクタ部分もスリムなのですっきりしています。

こちらのケーブルはHECに対応しています。最近ではTVもインターネットに繋げてオンラインの動画などを見ている方も多いでしょう。その場合HEC対応ケーブルでPS4とTVを繋げば、PS4にLANケーブルを繋がなくてもオンラインで使うことができます。ケーブルが1本減るのですっきりしますよ。

えこじじいの店-HDMIケーブル 1m(339円)

HDR対応のVer2.0bがリーズナブル

PS4はHDRに対応しているので同じくHDRに対応したテレビとソフト、があればHDRのリアルな画面でゲームを楽しむことができます。その際にテレビとPS4の接続に必要になるのが、V2.0a以降のHDR対応HDMIケーブル。こちらのケーブルは送料無料339円と低価格ながらVer2.0bで、口コミも2,300を超え品質も良好な人気商品です。

HDRとは明るさを細かく表現する画像のこと。例えば真っ暗な夜空から光輝く太陽まで、画像の明るさを表現する場合に従来のSDRで画像の明るさを10段階で表現していたとします。それをHDRでは100倍の1000段階の明るさで表現します。いままで真っ黒だった影の部分やまぶしい光の中に、微妙な濃淡が生まれるのでリアルな画像になります。

パナソニック-HDMIケーブル 1.5m(5,476円)

高画質な映像と豊かなサウンドでゲームを楽しむ

画像もサウンドもハイクオリティなPS4だから、ぜひ国産の有名メーカーのケーブルを使いたいという方にはこちらがおすすめ。HDMIは映像と共に音声を転送するケーブルですから、音の質も忘れてはいけません。HDMIケーブルで転送される音は軽い音になりがちですが、こちらのケーブルはパナソニック独自の技術により迫力のある音でプレイできます。

4Kではなめらかな動きの60fpsの映像も転送可能なVer.2.0に対応。ケーブル内には伝導率の良いソリッド銅線を使い、シールド内にアースを2本入れることでノイズを極限まで抑え豊かなサウンドを転送します。プラグにも銅箔シールドを使いノイズの侵入を防止、PS4のハイレゾ対応ゲームも納得の高音質で再生します。

4KにおすすめのHDMIケーブル

エレコム-HDMIケーブル 1.5m(3,600円)

極細柔らかケーブルでTV周りの配線を楽に

オーディオ機器も人気の、国内の大手周辺機器メーカーエレコムのHDMIケーブルです。転送の性能に加えこちらのケーブルの魅力は配線のしやすさ。TVの後ろなどはレコーダーやBDプレーヤー、ゲーム機などがあると配線が混みあっていることも多いでしょう。隙間を塗って配線できる極細柔らかケーブルは嬉しいアイテムです。

4KやHDRにも対応するプレミアムハイスピードのケーブルで、ノイズを最小限に抑える三重シールド構造になっています。HECやARCにも準拠しているのでケーブルの本数も少なくて済み、コネクタも従来品に比べて57%小さくなっているので機器の裏側もすっきりした見た目に。束ねたりしえクセが付きにくいので、レイアウト変更の際にも便利ですよ。

ソニー-Premium HDMIケーブル 1m(6,350円)

振動とノイズに強いハイクオリティなケーブル

信頼性が高いソニー製でブラビアとの相性も抜群。1mで5,733円となかなか高価な商品にも関わらず、ネット通販サイト楽天の売れ筋ランキング上位にも名前を連ねる人気商品です。4KやHDRに対応したプレミアムハイスピードのケーブルで、高画質で高音質な転送が可能なハイクオリティな製品です。

ケーブルには信頼性の高い銅のツイスト線を使用し、コネクタには振動による影響を最小限に抑えるため、強度の高い独自のケースを採用。最高の音質と画質を届けます。リアルで迫力のある音を再現するBDやDVDの第3世代規格、Dolby TrueHDおよびDTS-HD Master Audioにも対応。対応の高級オーディオやプレーヤーを持っている方には、ぜひおすすめしたいケーブルです。

ホーリック-HDMIケーブル 10m(2,980円)

プロジェクターにもおすすめの長尺ケーブル

2,980円と10mを超えるものとしては、かなりリーズナブルなHDMIケーブル。会議でプロジェクターを離れた位置からPCで操作したい、ホームシアター用のプロジェクターをレイアウトするのにどうしても配線が長くなってしまう。そんな時に必要になる長尺ケーブルですが、なかなか高価なものが多いので嬉しい商品です。HECやARC規格にも準拠しているので、TVやPCを隣の部屋から繋ぐ場合などにもおすすめですよ。

口コミでも格安の上にノイズの影響もなく、品質が良いと高評価です。もちろん解像度は4Kに対応していますが、フレームレートは30fpsまで。ビジネス用のプロジェクターならほとんどが1280×800画素のWXGA程度までですが、ホームシアター向けのプロジェクターは最高クラスになると4K、60fpsのものもあるのでお持ちの機器をご確認下さいね。

Knowtek-HDMI-Type C 変換ケーブル(1,350円)

USB Type-C端子だからスマホやノートPCとの接続におすすめ

こちらはHDMIとUSB Type-Cの変換ケーブル。ケーブルの長さは約2m、4K対応で電力の供給も不要です。USBの中でもType-Cは比較的新しい規格で、スマホやデジカメ、ノートPCに多く採用されています。汎用性も高く価格も1,350円と手頃なので1本あると便利ですよ。

普段はノートPCで作業をしている方も大きなTVの画面に映すと作業が楽ですし、迫力のある映像でゲームを楽しむのもおすすめ。さらにビデオカメラやデジタルカメラでは、HDMI端子とUSB端子を両方備えている物も多いです。お持ちのスマホ、タブレットなどにType-Cが搭載されていれば、両方に使えるUSB変換ケーブルを購入するのも良いでしょう。

ホーリック-HDMIミニケーブル 1m(780円)

デジタルビデオカメラにおすすめのHDMIミニケーブル

デジタルカメラやデジタルビデオカメラとTVを繋ぐ、専用のHDMIケーブルを探しているならこちらがおすすめです。片側がテレビなどに繋ぐHDMI端子で、反対側がビデオカメラなどに多く採用されているHDMIミニ端子になっています。

三重シールドで金メッキ端子を使ったケーブルは、長さ1mで780円とリーズナブル。4K、60fpsに対応しているので、4Kビデオカメラで撮影した動画もきれいに再生が可能。おじいちゃんやおばあちゃんとみんなで見たい子供の入学式、卒業式や運動会、何度でも見たい結婚式の晴れ姿も精細な映像で見ることができますよ。

まとめ

コストパフォーマンスの良いHDMIケーブルがおすすめ

HDMIケーブルの種類やスピードグレード、人気のブランドなど見てきましたがいかがでしたか。どんな種類でどのくらいのスピードグレードのケーブルを買えばいいか、なんとなく分かって頂けたのではないでしょうか。それぞれに価格も大きく異なるHDMIケーブル。最高の画質と音質を求めるならハイクオリティなケーブルが必要ですが、PCとモニターを繋ぐ場合やスマホの画面をTVに映すといった場合にはコスパの良いHDMIケーブルがおすすめです。1~2mのケーブルなら比較的低価格で高品質の物も多いので、口コミなども参考にぜひ納得の商品を選んで下さいね。