2019おすすめのヘッドレストモニター人気ランキング!【DVDやHDMI対応も】

長時間ドライブしていると、後部座席のお子さんがぐずってしまって困ることがありませんか?そんな時にあると便利なものがヘッドレストモニターです。テレビやDVDなどを鑑賞できたり、機種によってはスマートフォンを接続してインターネット動画を視聴することもできますよ。今回はさまざまなタイプのヘッドレストモニターを紹介していきます。お子さんを退屈させないよう、車内で楽しめるものを探している方はぜひチェックしてみてくださいね。




ヘッドレストモニターの特徴

後部座席で綺麗な映像が楽しめる

ヘッドレストモニターは、後部座席でいろいろな映像を楽しめます。中には解像度WSVGAのワイドで画面が綺麗なタイプもあり、楽しみの幅が広がりますよ。またモニターの大きさも、商品によって7~11インチと幅があり、車内空間の広さに合わせたサイズを購入できます。

埋め込み式だと車検には通らない

後部座席の人が鑑賞を楽しめるヘッドレストモニターですが、実はこの商品が車内にあると、安全上の理由から車検に通りません。ヘッドレストモニターのうち、ヘッドレストのシャフトに取り付けるタイプのものは取り外しも簡単で、車検時に外しておけば問題はないです。しかし埋め込み式のタイプは、モニターだけを簡単に外すことができません。配線を外したり、モニターをヘッドレストから取り外す作業などは、素人ではとても難しいことです。その場合は、車検時だけヘッドレストモニターごと外して、最初に車に装備されていたヘッドレストをはめておきましょう。車検が通ったらまた戻してくださいね。

ヘッドレストモニターの取り付け方

ヘッドレストのシャフトにモニターを固定するアダプターを装着

まず、車の運転席または助手席のヘッドレストを持ち上げます。そして持ち上げた際に出てくるシャフトに、アダプターを装着します。このアダプターは、後でヘッドレストモニターをシャフトに固定するためのものなので、ぐらつかないようにしてくださいね。

モニターの位置を調節して固定

ヘッドレストモニターをアダプタに取り付けます。取り付ける際はぐらつかないよう、しっかりとネジで固定してくださいね。また固定する前に、ヘッドレストモニターの角度や水平位置も、画面がまっすぐ見やすい状態になるように調整しましょう。

ヘッドレストモニターの選び方

シャフトの幅や径で選ぶ

ヘッドレスト取り替えタイプはシャフトの幅や径を確認

モニター埋め込み式などのヘッドレスト取り替えタイプは、車に元々取り付けられていたヘッドレストのシャフトサイズに合わないと取り付けることができません。例えばランドクルーザー専用など、車自体のシャフトサイズに合わせてあるヘッドレストモニターならそのまま使えます。しかしどの車にも使える汎用タイプは、サイズの幅があるものの範囲は限られているので、まずは自分の車のヘッドレストのシャフトの幅と径を確認する必要があります。

シャフトサイズが分からない場合はフリーサイズのものを

自分の車専用の取り替え式ヘッドレストモニターが販売されていない、またはシャフトサイズの測り方がよく分からない場合は、フリーサイズのものを選びましょう。フリーサイズで販売されているものの多くは、シャフトの幅が120mm~200mm、シャフトの径は8、10、12mmのいずれかです。正確には分からなくても、自分の車のヘッドレストを外してみて、シャフト差し込みの2つの穴の間の距離(幅)と穴の径(直径)を測ってみましょう。例えばシャフトの幅が160mm前後で径が10mm前後であったとします。その場合、ヘッドレストモニターのサイズが、例えば幅150mm~200mm、径10~12mmであれば取り付けられます。

車内の広さに見合った画面サイズを選ぶ

軽自動車やコンパクトカーなど車内が狭いタイプは7~9インチがおすすめ

軽自動車やコンパクトカーなどの車は、5ナンバーの車の中でも特にサイズが小さめであるため、車幅が狭く車内スペースもあまり確保できていません。そのため、ヘッドレストモニターを選ぶ際も、モニターサイズは7インチから大きくても9インチまでのものがおすすめです。ヘッドレストモニターの中でも、運転席と助手席のヘッドレストの片側のシャフトにはめて間に配置されるタイプのものもあります。しかしそのタイプは空間が狭められるため、ヘッドレストの両シャフトにがっちりはめこんで運転席等の真後ろに取り付けるタイプの方が良いでしょう。

ミニバンやSUVなど前席との間隔が広いタイプは10~11インチがおすすめ

ミニバンやSUVなどのように、座席間隔もあって車内のスペースが広い車の場合は、モニターサイズが10インチ以上のタイプがおすすめです。逆に10インチよりも小さいサイズのヘッドレストモニターは、席とモニターの距離が空くため、画面が小さく見えてしまう可能性があります。場所を広く取れるので、運転席と助手席の間に配置されるタイプでも可ですが、この場合は席前後のウォークスルーができなくなってしまいますので注意が必要です。なお、大きいサイズでは11.6インチのものもあるので、候補に入れてみても良いかもしれません。

使用目的で選ぶ

移動中にDVDを楽しみたいならDVDプレーヤー内蔵タイプ

DVD内蔵タイプなら、家にあるお好みのDVDを持ち込んで、車内でゆっくり鑑賞できます。長時間のドライブなら映画を観ることもできますよね。中にはレジューム機能が付いているタイプもあり、前回、途中で再生を停止した箇所から観ることができます。またポータブルタイプのものもあり、車内だけでなく家に持ち込んで使用できるものもあります。

スマホと接続してゲームや動画コンテンツを視聴するならHDMI端子をチェック

HDMI端子付きのヘッドレストモニターなら、スマートフォンやタブレットなどと接続してさまざまなコンテンツを楽しめます。YouTubeなどの動画を観たりアプリを楽しむこともできますし、スマートフォンなどに保存した映像なども観ることができます。10インチ以上のサイズなら迫力の画面で鑑賞できますよ。ヘッドフォンを装着すれば、自分だけの空間を演出することも可能です。

後ろに小さい子供を乗せるなら内蔵カメラ搭載モニターがおすすめ

小さいお子さんの居るご家庭では、車の後部座席にお子さんを乗せると心配ですよね。そんな時は、内蔵カメラを搭載したヘッドレストモニターがおすすめです。このタイプは、カメラを通して後部座席の様子を見ることができます。運転席前のカーナビと連動して、運転席や助手席から振り返ることなく後部座席の様子を確認できるので、安心して運転することができますよ。

ヘッドレストモニターのおすすめブランド・メーカー

MAXWIN(マックスウィン)

自動車部品や関連部品の製造および販売を行う

MAXWIN(昌騰有限会社)は大阪府岸和田市に本社を置き、車載用液晶モニターや地上波デジタルチューナー、LED用品などの車載用品を製造し販売しております。MAXWINではこのような技術力を生かし、埋め込み式のヘッドレストモニターを開発し、画面はWVGA高画質モニターを採用しています。またHDMI端子を装備し、スマートフォンと接続させて多用途です。スピーカー内蔵でステレオ音声にも対応させ、迫力のサウンドも楽しめますよ。

carrozzeria(カロッツェリア)

パイオニアの車載用AV機器のブランド

カロッツェリアは、電機メーカーであるパイオニア株式会社のカーオーディオやカーナビゲーション事業のブランド名です。ヘッドレストモニターの製作にも力を入れており、主にHDMI対応の機種を製造しています。使用光源にはLEDを使用しており、消費電力を抑える設計です。またアドバンスドシャープネス回路を搭載した機種もあり、映像をシャープにして見やすい映像を映し出す工夫もこらされております。車載機器のメーカーの、ごだわりの製品を堪能してみてはいかがでしょうか。

光トレーディング

カー用品を独自に開発しインターネット販売を行う

光トレーディング(瑞豊商事株式会社)は、福岡県北九州市にあるカー用品の開発およびネット販売を行う会社です。ヘッドレストモニターでは、例えばマツダAZワゴン専用の埋め込み式モニターなど、こだわりの製品を開発しています。こだわりは画像にもあらわれており、日立製のWSVGA液晶画面を採用しております。デジタルディスプレイにより、高画質で劣化しにくいという高品質な画像を追求しました。独自の視点によるこだわり抜いた製品の数々は、顧客の心をつかんで離しません。

アルパイン

カーオーディオやカーナビなどの車載機器メーカー

アルパイン株式会社は、東京都大田区と福島県いわき市に本社を置く、自動車用の音響機器や情報通信機器のメーカーです。主には海外展開しており、海外の売上が全体の9割を占めています。ヘッドレストモニターの製造においてはその技術力を生かし、独自の製品を開発しています。可動式アームにより、モニターを見やすい位置へ調整ができるようにしたり、HCMI分配器を使って、ダブルゾーンという個々の視聴空間を作り出せる、など。個性あふれるアルパインの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

おすすめ&人気のヘッドレストモニターランキング

DVD内蔵でおすすめのヘッドレストモニター

PUMPKIN-ASINB07J51XPXP(19,800円)

車載用以外に家でも使える多用途なDVDプレーヤー

本製品はモニターが2台あり、搭載されているAV入出力ケーブルを接続することにより、2台同時に同じ映像を映し出すことができます。例えばお子さんが2人居れば、後部座席で一緒に同じ映画を観ることもできますよ。また搭載されているDVDプレーヤーは、吸い込み式で操作が簡単なため、小さいお子さんでも自分でDVDを出し入れできます。

取り付けブラケットの調整が可能で、さまざまなサイズのヘッドレストに合わせられます。画面の操作はタッチボタンで簡単です。また画面の角度を調整でき、自分のベストポジションに合わせられるので、長時間のドライブでも疲れませんよ。その他、本製品は持ち運びも可能で、家でもDVDの視聴を楽しめます。

EONON-C1100AJ(23,500円)

DVDのレジューム再生ができる2台セット

本製品はデジタルディスプレイ搭載で10.1インチの大画面モニターです。迫力のある映像を楽しむことができますよ。取り付けは誰でも簡単にでき、また対応シャフト幅が110mm~161mmあるため、多くの車のヘッドレストに取り付けることができます。

DVDはレジューム再生に対応しているため、前回停止したところから再生が可能です。また本製品は2台セットの販売で、連動して同じ映像を再生可能。その他、FAT32ゲームも付属していたり、HDMI端子でスマートフォンと接続もできます。さらにUSB端子やSDカードスロットも付いているなど、多種メディアに対応しています。

LOSKA-ASINB077SSYZ3L(14,980円)

CPRM対応の10.1インチモニター

本製品はCPRM対応のため、市販のDVDの他、テレビ番組などを録画したDVDの再生が
可能です。また各種メディアに対応しており、HDMI接続でスマートフォンの画面を大画面で見たり、USBメモリーやSDカードなどの映像を観ることもできます。その他にも映像入力端子も搭載しており、ビデオカメラなどの映像も楽しめますよ。

操作にはタッチパネルを採用しており、軽くタッチするだけの簡単操作。また内蔵されたスピーカーにより複雑な配線も必要なく、本体のみでサウンドを楽しむことができます。そして、本製品はポータブルタイプのため持ち運びも可能です。家に持ち込んでDVDなど鑑賞できますよ。

PUMPKIN-pify25933(15,300円)

スピーカーが下側にあるツインモニター

本製品はDVDプレーヤー本体とサブモニターの2個セットです。本体でDVDを再生すると、サブモニターの方でも連動して同時視聴可能。またスピーカーが下側についており、前席には音が届かないよう配慮すると同時に、後席ではしっかり聞こえます。DVDプレーヤーにはレジューム機能が搭載されており、前回の続きから再生できます。

ポータブルタイプのため、車内だけでなく家の中などでも使用できます。バッテリーが内蔵されているので、電源がなくても5時間の連続再生が可能。DVDは日本のものだけでなく海外のものも視聴できる他、CPRM対応によりテレビ番組を録画したDVDも視聴できます。

EONON -L0299A(12,800円)

解像度WSVGAで多機能な高画質モニター

本製品はデジタルディスプレイ搭載で解像度WSVGAの10.1インチ大画面で、迫力の映像を楽しめます。取り付けは簡単で、対応シャフト幅が110mm~161mmあるため、多くの車のヘッドレストに取り付けることができますよ。操作はタッチボタンで簡単です。

FAT32ゲームやIRヘッドフォン対応の他、USBメモリーおよびSDカード対応で、HDMI端子もついています。スマホと接続して大画面で楽しむのもよし、USBなどの映像データを再生して楽しむのもよし。楽しみが広がるモニターです。なお、ポータブルタイプなので、車内だけでなく家に持ち込んで楽しむこともできますよ。

HDMI端子対応でおすすめのヘッドレストモニター

カロッツェリア-4988028366376(36,363円)

9V型のワイドなプライベートモニター

本製品は9V型のワイドVGAモニターが2台セットになっております。使用光源はLEDで消費電力も抑えられますよ。ビデオの入出力端子もあるため、2台のモニターを連動させて同時に同じ映像を観ることも可能です。

またカロッツェリアは、パイオニアの車載機器専門ブランドで品質も安全で、安心して使用できます。HDMI入力端子があるため、スマートフォンやタブレットなどに接続できます。保存してある映像などのデータを再生したり、YouTubeなどの動画を大画面で視聴することもできますよ。

Panasonic-273710-983903(40,000円)

運転席からリアシートを確認できるカメラ付きリアモニター

本製品は、カメラを内蔵した9V型ワイドモニターです。運転席のカーナビと接続して、後部座席の様子をカーナビに映すことができます。運転しながらでも、後ろを振り返る必要なく後部座席に居る小さいお子さんの様子を確認できるので安心ですね。

内蔵カメラはまた、広角レンズを搭載しているため、後部座席のすみずみまで映し出すことができます。また後部座席のお子さんを飽きさせない工夫がされています。カーナビで再生するブルーレイディスクやDVDなどの映像を、本製品のモニターに映し出すことができて楽しめますよ。ヘッドホン端子はステレオミニジャックで、迫力のサウンドも味わえます。

カロッツェリア-4988028232145(25,300円)

モノラルスピーカー内蔵でテレビ中継も楽しめる

本製品は9V型のワイドVGAモニター1台です。高輝度LEDをバックライトに採用しているため、後部座席にて臨場感のある映像を楽しめますよ。付属の取り付け金具は助手席専用で、取り付けられるシャフト間の幅は120mm~190mm、径が10mmまたは13mmです。この範囲であれば、どの車種にも簡単に取り付け可能です。

画像については、アドバンスドシャープネスなどの処理回路の働きにより、くっきり見やすい高精細な映像の再生が可能です。入力端子はHDMIの他、RCAビデオ入力2系統も装備しており、複数の機器に接続できます。また内蔵スピーカにより、接続したDVDやテレビなどの音声をリアルに楽しめますよ。

カロッツェリア-carrozzeria-tvm-pw1000(47,800円)

オートディマー機能搭載の10.1型ワイドモニター

本製品は10.1型ワイドXGAタイプのモニター1台です。オートディマー機能を搭載しており、車内の明るさに応じて画面の輝度を自動調節し、いつでも見やすい画面で視聴できます。また取り付け部の周囲にブルーLEDが埋め込まれており、イルミネーションによって車内を彩りますよ。

本製品はアドバンスドシャープネス回路を搭載しており、映像の輪郭はシャープにし、ノイズは抑えめにしてくれます。さらに液晶パネルが最適な表示となるよう自動調整しているので、くっきり見やすい映像を観ることができますよ。ヘッドレスト間の幅は110mm~169mm、径は14mmで、この範囲内の車種なら取り付け可能です。またモニターの角度は手前に60度、奥へ30度と、自分の見やすい位置に調整できます。

アルパイン-ALSXH10T(88,500円)

ダブルゾーン機能搭載の10.1型大画面モニター

本製品は10.1型のWXGAモニターです。2台セットのため、お子さんが2人居ても、画面を取り合うことなく各席で視聴できます。可動式アームを採用しているため、自分の見やすい位置に調整し、快適に映像の視聴を楽しめますよ。

付属のHCMI分配器を使用して、お手持ちのカーナビと接続することにより、ダブルゾーンが実現。運転席などのフロントシートでは音楽を聴き、子供たちのリアシートではスマホ動画を観る、などの自由度があります。さらにリアシートでも、片方ではビデオカメラの映像を、もう一方でスマホ動画の視聴など、別々のメディアを楽しむこともできます。

埋め込み式でおすすめのヘッドレストモニター

光トレーディング-r-90-HEADREST-0(18,600円)

タッチ操作の日立製液晶モニター

本製品はマツダAZワゴン用のヘッドレストモニターです。2台セットで日立製のWSVGA液晶画面を採用しています。デジタルディスプレイのため、解像度が高くはっきり映るのに加え、画質の劣化が少ない点が特徴です。外部ノイズの影響も受けにくいですよ。またLEDバックライトにより高精細な画像で、色も鮮やかで美しい映像を映し出すことができ、さらに省電力で低発熱という利点もあります。

取り付けに関する装備は、配線ミスストッパーを採用し、取り付けミスによりモニターをショートさせるのを防ぎます。シャフトのサイズ合わせも楽にできるタイプです。シャフト間の幅は135mm~200mmで、径は10mmと12mmと、この範囲内のサイズであれば取り付け可能ですよ。またヘッドレスト本体は前後に動くよう設計されており、画面をお好みの角度に調整可能です。

MAXWIN-maxwin-1682(27,500円)

USB充電対応のWVGA高画質LED液晶モニター

本製品は9インチサイズのWVGA高画質モニターの2台セットです。HDMI端子を装備しているので、スマートフォンなどに接続して動画の視聴やメモリー内の画像を楽しむことができます。またスピーカー内蔵で、ステレオ音声に対応。迫力のサウンドを体験できます。

モニターはまた、LEDバックライトパネルを採用し、全体から細部まで高精細な映像を映し出します。シャフト間の幅は120mm~160mmで径は10mmまたは12mmで、この範囲内に対応する車種に取り付け可能。なおヘッドレスト部分に使用している生地は、高級感あるレザーか肌触りの良いモケットがあり、いずれかから選べます。

未来技術研究所-r-9K-HEADREST(17,780円)

9インチLEDモニターでリモコン付き

本製品は、トヨタ車のランドクルーザープラド用のヘッドレストモニターです。9インチモニターで2台セットです。WSVGAの高解像度で、ワイドな画面もくっきりと高精細。液晶モニターにはLEDバックライト技術を採用し、モニターの明るさを調整してくれます。

画面の操作はタッチパネルで、5種類のみの簡単操作。ボタンも押しやすくて使い勝手が良いです。その他にリモコンもあり、モニターから離れても操作が可能です。ヘッドレスト部分はシンプルなブラックで、使われている素材は高級感のあるレザーと肌触りの良いモケットがあり、いずれかから選べますよ。

XTRONS-HD929THD(28,480円)

モニターの角度調整が可能

本製品はモニターの角度調整ができる9インチモニターの2台セットです。モニター角度は、前後15度の範囲を手で押して簡単に調整できます。ヘッドレスト部分は高級感あふれるブラックのレザー素材の流線形のデザイン。操作はタッチスクリーンで簡単です。シャフト間の幅は120mm~200mmで径8mmのサイズとなっており、幅は調整ができます。

HDMI対応により、スマホなどと接続して大画面の映像を楽しめます。スロットイン式のDVDプレーヤーも搭載しており、小さいお子さんでも簡単に出し入れ可能。1080Pビデオにも対応しており、色鮮やかな映像を楽しめます。フリー32ビットのゲームも搭載され、リモコンで遊ぶことができますよ。さらにUSBメモリやSDカードも対応するなど多機能です。なお盗難防止に取り外しカバーも付いています。

Datasystem-LTB6001BEL-W(45,800円)

オートパワー機能搭載でシャフト間隔も調整可能

本製品は7インチサイズモニターの2台セットです。ヘッドレスト部分のカラーは明るめのベージュで本革仕様、モニターフレームは、ベージュに合わせて暖かみのあるウッド調です。オートパワー機能搭載で、モニターの電源をONのままイグニッションキーをOFFにした後、イグニッションキーをONにすると、モニターも連動して電源が入りますよ。

シャフト間の幅は150mm~180mmで径は10mmと12mmのいずれか、この範囲内に対応する車種は取り付けができます。アスペクト比は4:3と16:9の切り替えが可能で明るさや色合いなどの調整が可能、画像調整メモリー機能搭載など、便利な機能がそろっています。コンパクトリモコンも付属していますよ。

まとめ

ヘッドレストモニターでドライブをもっと楽しく

後部座席に座る者にとって、ヘッドレストモニターは車内を楽しく過ごすための娯楽機器です。DVD内蔵のタイプをはじめ、HDMI対応でスマートフォンと接続して動画などを楽しめるタイプもあります。その他にもUSBメモリまたはSDカードも対応するタイプもあり、エンターテインメント性に優れていると言って良いでしょう。今回はヘッドレストモニターについて、これらのさまざまなタイプのものを紹介してきました。車内空間を楽しくするために、好みにあったヘッドレストモニターを選んでみてはいかがでしょうか。なお、冒頭でも触れたように、ヘッドレストモニターが付いていると車検は通らないので、その時だけは外すよう気をつけてくださいね。