おすすめのフライパンの蓋人気ランキング!【立てる収納も】

普段の調理にフライパンばかり使っていると、他の鍋を使う料理が面倒と感じませんか。あるいは一人暮らしでフライパンしか持っていないからと、おかずはいつも炒めものか焼き物というかたもいるでしょう。こんな時、フライパンの蓋があると便利です。フライパンに蓋をするだけで、蒸し焼きはもちろん蒸し物から煮物、炊飯まで、どんな料理も調理可能になるからです。そこで今回はフライパンの蓋だけ買うならどれがいいか、素材やサイズ、使い勝手の良さなどを考慮し、おすすめの商品をご紹介します。手持ちのフライパンに合う蓋を買ってみようかな、と思っている方は参考にしてくださいね。




フライパンの蓋は必要?

フライパンに蓋をするだけで料理のレパートリーがグッと広がる

フライパンは焼いたり炒めたりするだけでなく、蓋をすれば煮物や蒸し物、炊飯などほとんどの調理が可能になるため、ぜひ一つは蓋を持つことをおすすめします。鶏肉の照り焼きやハンバーグは蓋をすれば蒸し焼きとなり、中まで早く火が通るうえにうまみが凝縮されることはよく知られていますよね。ほかにもシューマイやパエリアなど、フライパンに蓋をするだけで簡単に作れるので、料理のレパートリーがグッと増えますよ。

早く中まで火を通すから料理の時短と光熱費の節約につながる

フライパンはもともと熱伝導率の高い調理器具。蓋をすればさらに水分の蒸発を防ぎつつしっかりと効率よく素材の芯まで熱を行き渡らせるので、時短で料理が完成します。たとえばパスタを茹でるときもフライパンで湯を沸かし、パスタを入れたら通常の茹で時間の半分で蓋をし火を止めれば後は余熱で茹で上がるため、時短と光熱費の節約につながるのです。

フライパンの蓋の種類

ガラス製

蓋を取らなくても中が見える

蓋を取らなくても中がどんな状況かが見えるので、煮物や炊飯、蒸し物など比較的まとまった時間、蓋をし続ける料理に便利です。また重みもあるため、調理中に蓋がカタカタと浮き上がってくることもありません。一つ持っておくと安心できる蓋です。

ガラス製でもおすすめは蒸気口があるタイプ。調理中、蒸気が穴から適度に抜けることで吹きこぼれを心配する必要がありません。煮物や蒸し物、蒸し焼き調理が失敗なくできます。現在フライパンをお持ちで蓋だけないのなら、ぜひ購入をおすすめしたい種類です。

金属製

軽いので手軽に使える

中心にガラス窓のある金属製の蓋は、全面ガラス製の蓋に比べて軽量なのが特徴。中まで早く火を通そうとサッと蓋をしたいとき、あるいは中を確認しようと蓋をしていたのを外したいときなど調理中、負担にならずこまめに蓋の開け閉めが行えるのがメリットです。

手軽に使えて中身も見えるため、調理の進捗状況を蓋を外さなくても確認することができます。中が見えるガラスのメリットと軽くて手軽な金属のメリット、両方のいいとこ取りをした一石二鳥の使い勝手の良い蓋といえるでしょう。

フライパンの蓋の選び方

手持ちのフライパンに合ったサイズを選ぶ

フライパンの直径を測りピッタリサイズの蓋を

手持ちのフライパンが一つ、もしくはよく使うフライパンが一つだけなら、そのフライパンのサイズを測っておきましょう。底の直径ではなく、縁の直径です。24cm、26cmといったように2cm刻みになっていますから、そのサイズと同じサイズの蓋を選べばピッタリフィットします。今までできなかったフライパンを使った蒸し物や煮物も簡単にできるようになりますよ。全面ガラス製の蓋に多いタイプです。

1つの蓋で複数のサイズがカバーできるものを

大量のチャーハンや炒めものを作る時の28cmの深めのフライパンに、お弁当用の20cmのフライパン、それに普段使いの24cmのフライパン、といったように常時複数のフライパンを使っている方はそれぞれに蓋を用意するのも大変です。収納場所をとるうえ費用もかかってしまうからです。そんな時は一つの蓋で複数のサイズに対応できるものが便利。収納もラクでお財布に優しく、毎日大活躍してくれますよ。金属製の蓋に多いタイプです。

収納のしやすさで選ぶ

省スペースな蓋を立てるタイプがイチオシ

蓋は使っていないときの収納が厄介。特に大きなサイズのフライパンの蓋はムダに場所を取るのが困りものです。そんなとき便利なのがスタンディングタイプの蓋。狭いキッチンスペースを有効に使えるだけでなく、調理の途中に蓋をちょっと外すときも、そのまま立てかけておけるので衛生的。蓋に付着した汁がこぼれ落ちる範囲も狭くて済むので掃除もラクです。

蓋を積み重ねたり吊るしたりして収納するタイプも

蓋を食器棚に収納したい方には、出っ張った取っ手を折りたたむことで平らにし、お皿のように積み重ねられるタイプがおすすめです。またキッチンの壁面等にワイヤーネットを取り付けている方には、蓋の縁に金属製の輪が付いたものがおすすめ。フックを取り付ければ輪を引っ掛けて吊り下げられます。キッチン環境に適した収納方法ができるものを選びましょう。

利便性が高いものを選ぶ

金属製でもガラス窓があると食材の状態を確認できる

調理中こまめに蓋をしたり、外して中を確認したりといった動作を繰り返すときは軽い金属製の蓋のほうが便利ですが、ガラス窓付きであればいちいち蓋を外さなくても一目で中のようすを確認できます。たとえば厚い肉の芯に早く火を通したいときなど蓋を取らなくても食材の変化の様子が見えるため、焼き過ぎを防ぎ、おいしい頃合いで仕上げられます。

フッ素やシリコン加工が施されていると油汚れを拭き取りやすい

フライパンの蓋は焦げ付きこそありませんが油の汚れが付きやすく、特にフライパンと接触する縁の部分に汚れがたまりがち。しかしアルミニウムやステンレスなど金属製の蓋をフッ素やシリコン樹脂などでコーティングしたタイプですと汚れがこびりつきにくく、付着した油汚れがサッと簡単に落とせるため後片付けがとてもラクなのがメリットです。

フライパンの蓋のおすすめブランド・メーカー

T-fal(ティファール)

複数サイズに兼用できる立てる蓋と2種展開のガラス蓋

ティファールの蓋はこれ一つで複数サイズに兼用できるガラス窓付きマルチ蓋と、ジャストサイズの全面ガラス蓋との2種類。さらにガラス蓋は取っ手の取れないフライパン用と、取っ手の取れるフライパン用とに分かれています。マルチ蓋は立てて収納ができ、取っ手の取れるインジニオシリーズ用のガラス蓋は、平らに積み重ねて収納できるので場所を取りません。

パール金属

立てるタイプやワイドなガラス窓付きなど豊富な品揃え

ガラス窓のついたもの、ジャストサイズの全面ガラス製、手軽な金属製など種類が豊富。特に中央部のガラス窓が他社に比べ大きく見やすいのが特徴です。サイズも大きいものから小さいものまで多数展開。蓋一つで複数サイズがカバーできるタイプもあります。収納は吊るすタイプと立てるタイプとがあり、フッ素樹脂加工で汚れが落としやすいのもメリットです。

和平フレイズ

種類もサイズもよりどりみどりの選べる普段使いの蓋

小さな14cmサイズから大きな32cmまで豊富なサイズを取り揃え、全面ガラス製、金属製、ガラス窓付き金属製など種類もいろいろ。さらに立てるタイプや吊り下げられるタイプなど収納方法も工夫されています。多彩な展開で値段もリーズナブルなため、複数買ってもいいでしょう。

アイリスオーヤマ

機能的ありながら色遣いやデザインのかわいさも魅力

ガラス窓からフライパンの中身がよく見えるだけでなく、縁のデザインや色使いが明るく、キッチン全体が華やいだような印象を与える外観のため、調理の時間が楽しく過ごせます。耐熱温度が高く、蒸し焼きや高熱時短料理などにおすすめです。

おすすめ&人気のフライパンの蓋ランキング

収納しやすいおすすめのフライパンの蓋

ティファール-インジニオ・ネオ バタフライガラス蓋24cm(2,600円)

折りたためるつまみで皿のように平らに積み重ねられる

ティファールの取っ手が取れるフライパン専用のガラス蓋。バタフライ型のつまみが折りたためるため、皿のように平らに重ねてスッキリ収納できるのが特徴です。蓋を開けなくてもガラスから中身が見えるため、調理の過程をしっかり確認出来て便利です。

縁はシリコンでピッタリフィットするため熱を逃さず、蒸し焼きや煮物など素材のうまみを凝縮させ、おいしくふっくら仕上げます。また安定性にも優れているため、調理中にカタカタ浮き上がることもありません。

パール金属-ガラス窓付 立つ フライパン 鍋 蓋 24~28cm用(1,850円)

ガラス窓付きスタンディングタイプで複数サイズに対応

スタンド付きなので、調理中に蓋をちょっと外したいときも傍に立てかけておけるため便利で衛生的です。シリコン樹脂にフッ素コーティングされた縁は汚れが落としやすく、後片付けもラク。蓋を取らなくてもガラス窓から中の様子が確認できるのも嬉しいポイントです。

24~28cmまでのフライパンに対応できるため、これ1枚で家庭用フライパンのほとんどがカバーできます。何枚も蓋を買いそろえる必要がないため場所を取らず、省スペース収納が可能。またお財布にもやさしいお得なフライパン蓋です。

ティファール-フライパンカバー 24~30cmの取っ手付きフライパンに対応(1,880円)

30cmまで対応可能なガラス窓付きスタンディング型

24cmから30cmまでとサイズカバー力が高いため、これ1枚で家庭用のフライパンのほとんどに対応できます。複数の蓋を持ちたくない、蓋は1枚にとどめたい方におすすめです。握りやすい取っ手がついた大きな蓋ですが、しっかり自立できるため調理途中の立て置きも可能です。

アルミニウムをシリコンポリエステルでコーティングしているため、汚れがサッと落とせてこびりつきません。食後の後片付けもラクです。また、大きいのに600gと軽いのも魅力。何度も蓋を開けたり閉めたりするのも苦になりません。また蓋を開けずともガラス窓から中身の確認もできますよ。

北陸アルミ-ルックインスタンド カバー L 26~30cm(2,130円)

さびにくいスタンディング型で菜箸も置ける衛生的な蓋

取っ手を使えば立つため収納はもちろん、調理中ちょっと立てかけておきたいときにも便利。しかも使っている菜箸を蓋に置くことができるため衛生的でもあります。26~30cmまで対応できるため、大きいサイズのフライパンがあるならこれ1枚持っておくと安心ですよ。

中央の強化ガラスからは蓋を取らなくても中身が見えるうえ、ステンレス製なので錆びにくく丈夫です。蓋がフライパンの直径より小さいとフライパンの高さが十分に確保できず、料理に触れてしまったりしますが、こちらは大きな蓋なのでフライパン内の調理空間を狭めることがありません。

パール金属-パイレックス シリコーン加工窓付スタンドパンカバー24~29cm用(1,812円)

パイレックスのスタンディングは赤い取っ手がキュート

パイレックスのお馴染みのロゴに合わせた赤いデザインがとてもかわいい取っ手は、キッチンを明るく照らすチャームポイント。スタンディングタイプなので収納は省スペースで場所を取りません。調理中も立てかけておけます。

中央部のガラス窓は曇りにくく、調理中の中身がよく見えます。両面フッ素樹脂加工されたアルミニウム製なので軽く、汚れがこびりつかないためお手入れもラクです。取っ手付きのフライパンはもちろん、取っ手が外れるタイプのフライパンにも対応可能です。

サイズバリエーションでおすすめのフライパンの蓋

パール金属-LOOK LIFE 強化ガラス蓋14cm(453円)

一人暮らしの料理を激変させる14cmの格安ガラス蓋

16cm用はあってもなかなかない14cm用の蓋は、一人暮らしのフライパンにピッタリのサイズ。調理器具はフライパンだけという方でもこれさえあれば蒸し焼き、煮物、炊飯など料理の幅がグッと広がります。

シンプルな全面ガラス製の蓋なので調理中の中身がよく見えます。水分の蒸発を防ぎ、素材をふっくらおいしく仕上げるだけでなく、蒸気穴が付いているため調理中適度に蒸気が逃げ、吹きこぼれの心配もありません。

パール金属-LOOK LIFE 強化ガラス蓋32cm(998円)

大人数の料理もお任せの32cmシンプル強化ガラス蓋

全面ガラス製なので調理中でも蓋を取らずに中身がよく見えます。32cmと大きいサイズなので量の多い料理を作る時に大活躍する一品。値段も手頃なので一つはもっておきたいシンプルなフライパン蓋です。

強化ガラス製、金属部はステンレス鋼なのでとても丈夫。また蒸気穴付きなので調理中にカタカタ蓋が浮き上がることもありません。調理中、一時的に蓋を外すときは、取っ手を下にすれば蓋がどこにも触れず衛生的です。

パール金属-オイルパートナー ふっ素樹脂加工アルミガラス窓付(1,080円)

見やすいワイドガラス窓の大きなサイズ用マルチ対応蓋

26、27、28、30cmと大きなフライパン4サイズに対応できるため、4人以上の家族のフライパンどれでもこの蓋一つでOK。縁にフックが付いているので吊り下げ収納も可能。場所を取りません。重量は約700gと軽いアルミニウム製。蓋を使わなくてもできる料理も時短にしたいときサッと使えて便利です。

金属製の蓋でありながら中央部は強化ガラス製の窓付き。通常よりグッとワイドな窓のため、調理中も蓋を取らずにそのまま中身がよく見えます。またフッ素樹脂加工されているので油跳ねしてもこびりつかず、汚れを落としやすいのも魅力です。

和平フレイズ-レボック 回転ハンドル兼用カバー(1,359円)

回転ハンドルで立て置き収納可能な大きめサイズ兼用蓋

26~30cmまでの大きいフライパン全てに対応可能。中央のハンドルを回すと立て置きができるため省スペース収納もできます。大きい蓋なのに重量は約490gと非常に軽く、調理中蓋の開け閉めを頻繁に行っても苦になりません。

アルミニウム合金をフッ素樹脂加工しているため汚れが付きにくく、お手入れも簡単。中央部の強化ガラス窓からは調理中の中身がよく見えます。デザインもシンプルで、普段の料理に使い勝手の良い蓋といえるでしょう。

アイリスオーヤマ-ヨシカワ シンプルライフ フライパンカバー 26~30cm用(2,432円)

外は白、中は黒のフッ素樹脂加工の見た目がおしゃれ

内面は黒色のフッ素樹脂加工、外面は白色のフッ素樹脂加工が施されているため、見た目のおしゃれが楽しめます。調理中は外面の白が料理に映え、立てかけると白と黒の両面が現れてキッチンを明るくしてくれますよ。調理の過程を思わず撮影したくなる、フォトジェニックな蓋です。

26cmから30cmまでの大きめサイズのフライパンにこれ1枚で対応できる便利な蓋。大きくても重さ430gと超軽量。取っ手を使えば立てかけられるため、調理中ちょっと蓋をしたり外したりといった動作がラクにできます。

ガラス蓋でおすすめのフライパンの蓋

ZWILLING J.A. HENKELS(ツヴィリング J.A.ヘンケルス)-ガラス蓋 ツインスペシャル (2,000円)

家庭用品の伝統メーカーZWILLING公式ガラス蓋

創業1731年と世界で最も古いブランドの一つといわれるZWILLING(ツヴィリング)のシンプルな公式強化ガラス蓋。フライパンだけでなくソースパンや文化鍋など蓋のない調理器具全般に使えます。シンプルで飽きの来ないデザインはさすが信頼のブランドだけあります。

耐熱温度は200度。しっかりと重みのあるガラス蓋なので、煮込み料理や蒸し焼き料理に適しています。蓋を開けなくても中身がよく見えるのが嬉しいですね。パエリアやアクアパッツァなどおしゃれな料理もラクラク調理可能です。

アイリスオーヤマ-ダイヤモンドコートパンIH用 ガラス蓋 (1,520円)

220度耐熱なので高温の蒸し焼き料理にもおすすめ

アイリスオーヤマの人気商品ダイヤモンドコートパン専用の蓋。強化ガラスの窓や縁のフッ素樹脂加工された金属部分も共に高熱に強く、220度まで耐熱可能。分厚い肉の蒸し焼き料理や煮込み料理におすすめです。オーブンのように高温でしっかり火を通したい料理を時短で完成させます。

しっかりした強化ガラスの蓋なので調理中の中身がよく見えます。またサイズ26cmで重さ660gとガラス製でありながら軽量なので、使いやすいのもメリット。値段も手頃なのでフライパンに合わせて複数持っていてもいいでしょう。

MEYER(マイヤー)-グラス リッド 28cm ガラス蓋(1,900円)

有名調理器具メーカーMEYERのシンプルなガラス蓋

強化ガラスとステレンスでできたシンプルなガラス蓋。丈夫でさびにくく、飽きの来ないデザインのため長く使えます。フライパンにピッタリ合わせられるので熱を逃さず、密閉された空間で素材をおいしく風味豊かに仕上げます。

蒸気口がないため気密性が非常に高く、素材の芯までしっかり火を通します。蒸し焼きや煮込み、炊き込み、蒸し物と幅広く料理に使え、お湯を沸かすのもこの蓋を使うことで早く沸かせるので、料理の時間が短縮できます。

和平フレイズ-プレシャス全面物理強化ガラス蓋14cm(478円)

滅多にない14cmの蓋なら使い勝手の良いガラス製を

シンプルなガラス製の蓋は一つ持っておくと便利。14cmサイズの蓋はあまり売られてないため、一人暮らしの料理のレパートリーが増えるだけでなく、毎日のお弁当作りや朝食用のサブフライパンにも対応できます。

蒸気を逃す蒸気口がついているため、吹きこぼれの心配がありません。全面物理強化ガラスで高熱に耐えられ、煮込み、蒸し焼きなどほとんどの調理が可能。ガラス製なので蓋をしたまま中身が隅から隅までよく見えます。鍋にも使えるため、一つはもっておきたい蓋です。

ドウシシャ-エバークック アルマイトコーティング フライパン ガラス蓋(1,058円)

蓋をひっくり返して置いても縁が下に付かないので清潔

独特な取っ手のデザインにより調理途中に蓋を外し、逆さまにして付近に置くときも縁が下にくっつかず、汚れが付着しないため清潔です。また逆さまに置いた蓋を取る時も、取っ手下にすっと指を入れて簡単に持てます。

エバークックのアルマイトコーティングフライパンシリーズの専用ガラス蓋。全面強化ガラス製なので中身が見えやすくなっています。また蒸気口が付いているため、調理中に蓋が浮き上がることなく、しっかり温熱調理が可能です。

まとめ

フライパンのサイズに合った中身が見える収納しやすい蓋がベスト

フライパンの蓋はフライパン内の容積を阻害せず、気密性を高めて水分の蒸発を防いでくれる、フライパンの直径に合ったサイズを選びましょう。蓋を外さなくても中の様子が見えるガラス窓付き、もしくはガラス製がおすすめです。また蓋は置き場所を取るため、立てるタイプや吊るすタイプなど収納にも工夫を凝らしたものであることが大切です。あなたのフライパンに合ったお気に入りの蓋をぜひ見つけてくださいね。