おしゃれでおすすめのトイレブラシ人気ランキング!【使い捨ても】

トイレ掃除のときに大活躍する必須アイテムのひとつがトイレブラシです。トイレの清潔感を保つため、またトイレの便器に傷をつけず簡単に掃除をするためには、トイレブラシが欠かせないという人は多いですよね。トイレブラシと言えども、たくさんの種類があります。そのため、どのトイレブラシが適しているのか分からないという人もきっと多いはず。最近のトイレブラシは、流せるタイプ、収納が楽にできるタイプ、使い捨てタイプ、などバラエティ豊か。今回は、そんなトイレブラシの種類や選び方、特に人気が高いおすすめの商品について詳しく紹介していきます。とにかくトイレ掃除を頑張りたい人、トイレブラシの選択に悩んでいる人は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

トイレブラシの必要性

持ち手が長いので手を汚さず掃除できる

トイレ掃除用品の代表的な存在として、トイレブラシのほかにトイレシートがあります。トイレシートの場合、手でそのまま直接汚れをふき取る為、衛生的な面が気になることもあります。しかし、トイレブラシの場合、持ち手が長いため、楽に便器の中の全体的な掃除からこまかな部分の掃除まで手を汚さずに済ますことができます。

ワンタッチでヘッド部分を取り外せてそのまま流せるタイプも清潔

トイレブラシは掃除をするたびに洗って綺麗にすることはできますが、清潔さを保つことができる使い捨てタイプのトイレブラシも最近人気を集めています。トイレブラシの先端部分をプッシュするだけで取ることができ、さらにそのままトイレに流すことができます。

トイレブラシの種類

スポンジタイプ

便器を傷つけずに掃除できる

便器の中をこする部分がスポンジになっているタイプです。スポンジを想像してもらうと分かりやすいように、スポンジは柔らかいため便器を傷つける心配がないのが最大の特徴となっています。傷つきやすいと言われているコーティング便器でも安心して使用可能です。

そのため、トイレの汚れがあまり気にならないような便器に向いています。強すぎる汚れがなく、優しいタイプのスポンジで軽く落とせるような汚れにぴったり。トイレ掃除を2日に1回など日常的にすることができる人におすすめです。

ブラシタイプ

しつこい汚れを簡単に落とせる

ブラシタイプは、先端が硬くなっているため、力を強く加えずとも、汚れをしっかりと落とすことができます。また、長い期間放置されてしまったような、こびりついた古い汚れもブラシタイプなら問題なく綺麗にすることができるのも特徴です。傷つきやすいタイプの便器には向いていません。

取れにくいしっかりとした汚れに適しているブラシタイプのトイレブラシの最大のメリットは、一度のトイレ掃除であっても、汚れをしっかりと落とすことができるという点です。洗剤を使用しなくても、ブラシタイプならこびりついた汚れを難なく落とすことも可能です。週に一度程度の頻度など、頻繁にトイレ掃除をする時間が取れない人や、トイレが汚くなりやすい人に向いています。

シリコンタイプ

撥水性に優れていてトイレの床も安心

シリコンタイプのトイレブラシは、100%シリコン製や他の素材とシリコンが混合されているタイプのものがあります。シリコンが使われていると、トイレブラシの撥水性がぐんと上がるのがメリットです。便器を掃除した後、水を簡単にきるだけでトイレ周りがびしょびしょになる心配が軽減されます。

それだけでなく、シリコンは柔らかいため便器を傷つけてしまうことがありません。そんなシリコンタイプのトイレブラシは、便器を傷つけてしまうことを気にしている人や、トイレ掃除をするたびに便器の周りの水をふき取るのが面倒だと感じている人に特に支持されています。傷がつきにくいという意味でブラシタイプと少し似ている点もありますが、洗い心地はキュッキュと洗うスポンジタイプと違い、ブラシタイプはツルツルしたような感覚があります。

トイレブラシの選び方

トイレ掃除をする回数で選ぶ

毎日や2日に1回程度トイレ掃除ができる人はスポンジタイプを

トイレ掃除を毎日する人や2日に1回程度の頻度で行うことができる人は、スポンジタイプがおすすめです。トイレ掃除を頻繁にしていると、便器の汚れもそこまで溜まってしまうことは少ないため、スポンジの優しい圧力でも汚れを綺麗に落とすことができます。余計な負担をかけて便器を傷つけてしまう心配もないので安心感もあります。コーティングされた便器にも使えます。

トイレ掃除の頻度が週一以下の人はブラシタイプがおすすめ

トイレ掃除をする頻度が週に一回やそれ以下の人は、ブラシタイプを使うと良いでしょう。トイレ掃除をあまりしていないと、汚れはどんどん溜まっていき、古いものは頑固な汚れとして便器にこびりついてしまっていることもあります。そんな汚れがたまってしまっている便器には、しっかりと汚れを落としピカピカにすることができるブラシタイプが最適です。

収納時の状態を考慮しながら選ぶ

磁石内蔵だと先端を浮かせて収納できてブラシを清潔に保てる

収納をする際に気になるのが、トイレブラシの汚れが周りについてしまわないかという点。そんな悩みを解決してくれるのが、磁石が内蔵されているトイレブラシです。磁石の力でトイレブラシが浮いてくれるため、汚れを気にせずそのまま収納することができます。トイレブラシ自体を清潔に保つことができますし、便器周りの清潔さアップにも繋がります。

トイレの雰囲気が気になる人はデザイン性に優れたケース入り

トイレに置いていても、外見的な面で安心なのがデザイン性が高いケースに入っているトイレブラシです。トイレブラシが入っているとは思えないほどデザイン性に優れた商品が多くあります。おしゃれなものや、可愛いもの、またお花などがデザインされている綺麗系のものなど、バラエティ豊かです。自分の好み、トイレや部屋の印象に合わせて選ぶと良いですね。

トイレに物をあまり置きたくない人は使い捨てタイプがおすすめ

トイレの雰囲気をシンプルに保ちたい人は、一度使ってそのまま捨てられる使い捨てタイプのトイレブラシがぴったり。ブラシ部分がないため収まりが非常に良いです。お客さんが来たときでも、トイレ掃除用品がないと慌てて片づける必要がなかったり、トイレ全体の掃除をするときにも邪魔になりません。トイレブラシの収納スペースを考慮しないで済むのも使い捨てタイプのメリットです。

トイレブラシのおすすめブランド・メーカー

マーナ

おしゃれなトイレブラシが見つかる

マーナは、様々な家庭用品を取り扱う東京の会社です。どの商品もシンプルでありながらオシャレなデザインのものが多いです。トイレブラシは、トイレの端にさりげなく置くことができるような、すっきりとした見た目が特徴です。

サンコー

抜群の使いやすさ

サンコーは生活用品を中心に取り扱っている日本の会社です。利便性に特に焦点をあてている商品が多いと評判。トイレブラシにしても、使い手の気持ちがしっかりと考慮されていて、トイレ掃除に慣れていない人でも扱いやすい商品を取り揃えています。

3M

効率性を高めてくれる商品の宝庫

3Mはアメリカの化学素材などのメーカーです。トイレブラシを含むトイレ掃除用品も種類多く販売しています。時間や力をかけなくても、汚れをしっかりと落とすことができるような効率の良いトイレブラシが人気の理由です。

ニトリ

スタイリッシュで個性的なデザイン豊富

今や誰もが知っていると言えるほど有名なニトリ。ニトリの商品は良心的な価格帯に設定されていることが多いのに、使い勝手が非常に良いと評判です。トイレブラシも、どんな家庭のトイレにも似合うようなスタイリッシュなデザインになっています。

おすすめ&人気のトイレブラシランキング

便器を傷つけないおすすめのトイレブラシ

レットー トイレブラシ ソフト (1,944円)

丸いソフトなブラシでコーティングされた便器でも安心

こちらのトイレブラシは、10cm×10cmの正方形の形で高さ39cmのトレーに収まるサイズ感なので、トイレの隅のスペースにすんなり収まります。トイレブラシと当たるトレーの部分は、取り外し可能で洗うこともできるため、清潔感をキープできます。

見るだけでフワフワ感が伝わってくるようなブラシの先端部分は、丸い形をしています。とっても柔らかいだけでなく、汚れをしっかりと落とせるポリエスチルの素材が採用されているのも特徴です。便器を傷つけないのに汚れは簡単にとれる仕上がりになっています。

東和産業 トイレブラシ(防汚加工トイレ対応) PL2 (444円)

ソフトで水も簡単に切れるブラシが便利

こちらのトイレブラシは横8.3cm、奥行き10cm、高さ37.8cmのサイズ感です。コンパクトなのでトイレにトイレブラシを置くスペースがない場合でも問題ありません。使用されているブラシは、ソフトな仕上がりになっていて、さらに水切れの点も考慮されているため植毛のブラシになっています。

ブラシ部分は丸い形状をしていて、便器の洗いにくそうな場所でも力を込めずに汚れを書き出すことができるようになっています。トイレブラシがケースの底につかないよう工夫されているのも特徴です。比較的低価格でありながら、衛生面まで考慮されていていてトイレの清潔さをキープできます。

サンコー びっくりトイレクリーナー (1,098円)

水の力のみで汚れを落とすことができる

こちらのトイレブラシは、トイレブラシのケースを開けて底にたまった水を簡単に排出することができる便利さを兼ねそろえています。ケースだけでなく、エステルの繊維をたくさん密集させて作られているブラシ部分も注目すべきポイントです。繊維の力によって、洗剤を使用せず水だけでも便器の汚れを落とすことが可能になっています。

水とブラシの繊維の力だけで汚れを落とすことができるため、便器にかかる力ももちろんなし。傷がつきやすいコーティング便器でも安心して使用可能。汚れが気になるときは少量洗剤を加えるだけで、繊維の働きで泡立ち良く掃除ができます。

住マイル トイレブラシ サトミツ棒 (1,490円)

トイレクリーンマイスターにも認められて話題の商品

こちらの直径8cm、全長33.5cmのトイレブラシは、コンパクトで場所を取らないだけでなく、自立できるケースに入っているためトイレに置く際も安心感があります。トイレクリーンマイスターと呼ばれる資格を持つ芸人の佐藤満春さんに認められた商品だけあり、衛生面や洗い心地が考慮されています。ブラ氏部分には特殊な繊維が使用されているため便器の傷対策にも非常に有効です。

丸い形のブラシ部分は便器の淵の部分や汚れがたまりやすい場所にもダイレクトにアプローチすることができます。水ハネがしにくい仕組みになっているのも、全体的なトイレ掃除の効率もアップさせてくれます。

がんこ本舗 海をまもるトイレブラシ (1,134円)

ゴム加工されたブラシが汚れを吸い取る

こちらのトイレブラシは、ゴムラテックスの加工がブラシ部分に施されています。そのゴムのブラシが洗剤を使用しなくても、水だけで汚れをずらし吸着させることによって汚れを落とす仕組みになっています。

また、加工のされていない一般的な毛のブラシと異なり水ハネしにくいですし、便器にもフィットしてくれるため便器に傷がつくのを防ぐこともできるのも、こちらのトイレブラシの特徴です。さらに加工のおかげでブラシ自体の強度がアップしていて長持ちします。

おしゃれでおすすめのトイレブラシ

フルックス トイレブラシ (2,000円)

イタリアの人気デザイナーのセンスが詰まっている

トイレブラシなのにトイレブラシに見えない、スタイリッシュなデザインとして人気を集めています。トイレから生活感が感じられないため、トイレ全体の見た目や雰囲気を気にする人にもおすすめです。そのデザイン性の高さの秘密は、イタリアの人気デザイナーのこだわりがこのトイレブラシに詰まっているという点にあります。

高さ485mm、底辺直径193mmのサイズ感で、土台の部分は円形、シルエットとしては三角のような形をしています。大きすぎず小さすぎないサイズ感ですが、円形ではなく上に行くたびに細く三角になるため圧迫感がありません。シンプルなのに個性やオシャレな印象を見る人に与えるトイレブラシです。

ロイヤルアーデン 陶器トイレセット (3,000円)

どんなトイレでもこれだけで華やかな雰囲気に変えてくれる

こちらはクラシックさが融合されたイギリスの庭園を彷彿させるような花柄が可愛いらしいトイレブラシセットです。陶器製なので見た目は巧妙にデザインされたヨーロッパの雑貨のような雰囲気があります。

大きさは、直径12.6、高さ22cmでトイレブラシは長さ23.5mです。比較的小さいサイズ言えるので、トイレブラシのスペースをあまり気せずに置くことができます。トイレブラシの陶器となっているケースは半分はカバーされていないため、ブラシが乾きやすいという実用的な面もあります。

A237 カエルのトイレブラシ (3,350円)

可愛くて思わず微笑み返したくなるトイレブラシ

子供から大人まで思わずにっこりしてしまいそうになるのが、こちらのカエルのケースがついたトイレブラシ。直立して微笑んでいるカエルの姿に、トイレに入るたびに癒されます。可愛らしいカエルですが、色が落ち着いた薄めのグリーンなので大人でも抵抗なく使えます。

カエルの入れ物は幅13、奥行き13、高さ44.5cmでトイレブラシ自体は高さ32.5cm。大きめのサイズ感ですが、トイレブラシというよりも置物のように見えるのでインテリアての一部になります。トイレブラシの取っ手部分もすべてカエルの中に隠れるデザインです。トイレ掃除もこのカエルとなら楽しくできるような気分にさせてくれます。

ラスティックバーン アクリルトイレブラシホルダー (1,600円)

クリアと薔薇のデザインで清潔感と高級感がある

こちらのトイレブラシは、ケースの部分にもトイレブラシの持ち手の部分も全てクリア素材になっていて、さらにそこに薔薇のデザインが施されているデザインです。赤色と白色の2色の薔薇が描かれていてエレガントさがあります。

ケースは直径と奥行共に12cm、高さは10.5cmあり、ブラシは高さ35cm程度のサイズ感です。一般的なトイレブラシの大きさですが、透明なので実際に見ると小さく感じます。トイレブラシでありながら、清楚かつ豪華な印象があり、良い意味でトイレらしさを感じさせない雰囲気が漂っています。

La cuisine トイレブラシ (2,900円)

ほっこりするような優しい雰囲気に引き込まれる

清潔感を感じさせる白色の磁器に、青色で英語の文字が書かれていて、温かみを感じさせます。北ヨーロッパを対象として作られていたデザインのため、外国のカントリーサイドを思い浮かばせるようです。

カバーは直径11cm、縦が18cmでトイレブラシ自体は40cmの高さのサイズですが、白色の磁器なので膨らみを感じさせます。プラスチックのケースと異なり磁器のケースは万が一汚れがついてしまっても、お手入れがしやすいというメリットもあります。

清潔に保てるおすすめのトイレブラシ

ティディ プラタワ フォートイレ (1,000円)

便器のカーブに沿いながら曲がるトイレブラシ

こちらのトイレブラシは、先端部分が便器の形に合わせながら形を変えるよう工夫されて作られているため、洗いにくい便器の裏側でも簡単に洗うことができます。毛先が尖っているブラシなので便器の裏側の汚れにもアプローチ可能です。

また、ブラシの毛の長さが長短と2種類になっているのも特徴のひとつです。便器の凹凸部分であっても洗い残しなく汚れを落とせます。トイレブラシをケースに入れても、ケースの底にブラシがつかないように工夫されているので清潔感もあります。

マーナ フチ裏専用ミニブラシ (1,058円)

汚れをしっかり落とせるうえ収納時もラクチン

マーナのこちらのトイレブラシは、セカンドブラシとしても本命のブラシとしても使用することができます。最大の特徴は、ブラシが届きにくい裏側の部分でも簡単にブラシを直接あてて汚れを落とせるという点です。

サイズ感は幅7.7cm、奥行き7.6cm、高さ27.cmなので小さめのトイレブラシです。床に置くこともできますが、吸盤がついているためトイレのタンク部分に貼り付けることも可能。そのためトイレの床の掃除をする際にも邪魔にならず、ホコリも溜まりにくいです。

ニトリ 持ち運べる磁石収納トイレクリーナー (1,290円)

磁石のパワーで空中に浮いてくれて衛生的

ニトリのこちらのトイレブラシは、なんと磁石が内蔵されているため、空中に浮かせながら収納することができます。ケースの底につかないため衛生的ですし、さらに濡れたブラシ部分が乾きやすくなるというメリットもあります。

取っ手部分が磁石で付くようになっていますが、着脱はとても簡単にできるようになっていますし、持ち手を使って移動も可能です。さらに、ブラシ部分はウェーブ毛が使用されているため水ハネしにくいですし、便器に傷をつけにくい柔らかい毛が採用されています。

使い捨てタイプでおすすめのトイレブラシ

ジョンソン スクライングバブル 流せるトイレブラシ (558円)

洗剤付きブラシなので洗剤いらずで洗浄できる

こちらのトイレブラシは、手元のレバーを奥にずらすだけでブラシ部分を簡単に外して、そのままトイレへ流すことができます。ブラシ部分には、洗浄効果と汚れを防止する働きのある2種類の洗剤がついているため、洗剤を用意する必要もありません。

ブラシは弓状のカーブを描いているデザインなので、届きにくい便器のフチの裏にも難なくブラシが届くため洗い残しなくトイレ掃除ができます。持ち手の専用ホルダーがついているため、収納をするときも余分なスペースをとることもなく、清潔に管理できます。

3M スコッチブライトトイレクリーナー (591円)

使い捨てなのに丈夫なスポンジで洗いやすい

こちらのトイレブラシは、ジョンソンから販売されているスクライングバブルと異なりスポンジ部分をそのままトイレへ流すことはできません。しかし、同様に持ち手のレバーでスポンジを簡単に取り外すことができて、手が汚れる心配がありません。

スポンジ部分は、使い捨てとは思えないほどしっかりとした丈夫なつくりになっています。1回のトイレ掃除ではボロボロになることなどなく、力を込めて掃除しても壊れたり、外れたりすることがなく、綺麗にしっかりと掃除することができます。

まとめ

汚れが簡単に落ちるトイレブラシがおすすめ

トイレブラシを購入する際にもっともこだわりたいポイントは、汚れをどれほど簡単に落とせるかという点。汚れの落とし具合が高ければ、掃除の際に無駄な力をかける必要もないですし、便器を傷つけることもありませんし、なによりトイレを清潔に保つことができます。今回はぜひおすすめしたい人気のトイレブラシについての紹介をしたので、ぜひこれを参考にしながらトイレを容易に美しくしてくれるトイレブラシを見つけてくださいね。