2019おすすめのMac用キーボード人気ランキング!【純正以外も】

Macユーザーにとって仕事や趣味で使う外付けキーボードの選択は重要です。Macに対応した外付けキーボードには、Apple純正品に加え、ロジクールやバッファロー、エレコムなど多数のメーカーからサードパーティー製品が販売されています。これらの違いは、Macパソコンに似合うスタイリッシュなデザイン性と機能性で選び分けることが出来るでしょう。またキー配列や接続方式、打鍵感と使いやすさも選ぶうえで重要です。今回はそんなMac用キーボードの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。趣味や仕事の効率を快適にする、使い勝手の良いキーボード選びの参考にしてみてくださいね。

Mac用キーボードの特徴

Macパソコンを最大限に活用できる環境設定になっている

現在パソコンのOSつまり、コンピュータが管理するソフトウェアはWindowsとMac、iPhoneのIOSなどが主流です。Macユーザも年々増えているとはいえ、まだまだWindowsユーザーの方が多く占めているのは事実。ですので、ほとんどの外付けキーボードがWindows対応になっています。Windows用キーボードでもMacパソコンに使うことが出来ますが、MacOSのみに搭載されている特別なキーには対応していません。Mac用キーボードには「command(⌘)キー」と「optionキー」とWindowsOSには使わないキーがあります。ですので、Macパソコンを快適に利用できる環境設定に配慮したキーボードを選ぶことで、使用時に混乱することがなくなるでしょう。

USB接続タイプか無線タイプかで選べる

キーボードの接続方法にはパソコンをUSBでつなぐ有線タイプと、Bluetoothでパソコンを接続する無線タイプから選ぶことが出来るのも特徴です。有線タイプはパソコンから電気を供給するので、電池の取り換えなどのメンテナンスが不要というメリットがあります。一方無線タイプは電池の入れ替えは必要ですが、ワイヤレスなのでデスク周りがスッキリした状態で使えるメリットが特徴です。使いやすさや、仕事場の環境に合わせてお好みのタイプをそれぞれ選べる魅力があります。

Mac用キーボードの種類

Apple純正キーボード

MacOSとの親和性とエレガントな見た目が魅力

Macパソコンのエレガントでスッキリ美しい見た目が好きで使っているならApple純正キーボードがおすすめ。MacOSとキーボードを統一することで、操作の相互性を快適にさせ、使いにくさを感じることはまずありません。Macに調和するスマートなデザインで揃えることでユーザーの所有欲をも満たすことが出来るでしょう。

しかしApple純正キーボードには種類が少ないため選択肢がないのがデメリットと感じる人も。Windowsのキーを打ち込んだ時のがっしりとした感覚が好きな人は、軽い打鍵感の純正キーボードでは物足りなさを感じることもあります。細かな打ち心地や使い心地にこだわる人にはおすすめできません。

サードパーティー製

様々なOSに対応し利便性が高い

サードパーティーとはMac純正だけでなく様々なOSに対応しているキーボードのこと。パソコンにはMacとWindowsの2種類ですが、タブレットにはAndroidやIOSもあります。このようにマルチなデバイスに対応したキーボードならどんなOSでも対応しているので利便性は高くなっています。

たとえば仕事とプライベートでMacとWindowsを併用している場合、キーボード1つでシームレスに接続先の切り替えが可能。それぞれのOSに対応したキーボードが不要なのでデスク周りはスッキリするでしょう。またサードパーティー製品の中には切り替えスイッチが搭載されているものもあり、ボタン1つで切り替えるものもあります。複雑な環境設定が不要なのでより使いやすのが特徴です。

Mac用キーボードの選び方

打鍵感で選ぶ

軽やかに打ち込めるパンダグラフ

パンダグラフとは、ノートパソコンにも採用されているフラットなキー構造のこと。このタイプの特徴は静かで柔らかな打ち心地で早打ちがしやすい点です。キーを打ち込むときにキーが沈み込む深さ、キーストロークは浅めですが打ち心地はしっかりしているので、速いタイピングにも対応しています。もともとノートパソコンを使っていて、その扱いや打鍵感に慣れている人にはおすすめのタイプといえます。他の種類の打鍵感の中でも重すぎず軽すぎない中間タイプなので選択しやすいでしょう。

確かな打鍵感を感じたいならメカニカルがおすすめ

Windowsのデスクトップパソコンのようなカチャカチャと心地よく重みのある打鍵感が良いならメカニカルタイプがおすすめ。各キーの内部にスイッチを組み込んだ構造なので確実な打ち込み感を感じられると、デスクトップに慣れている人は満足できる感覚でしょう。長時間でハードなタイピングにも対応し、耐久性も他のタイプよりも高くなっています。

使いやすい機能で選ぶ

デスク周りをスッキリさせたいならワイヤレスタイプを

価格は有線タイプよりも無線タイプのワイヤレスタイプの方が便利ですが、その分価格も高くなります。しかしケーブルがないのでデスク周りがスッキリするのは最大のメリット。特にパソコンを使いながら書き物をしたり資料を読んだりすることが多いなら、ワイヤレスタイプがおすすめ。キーボードを簡単に移動させて、机の上を広く使えます。仕事や趣味で使うデスクがごちゃごちゃすることがないのでいつでも美しく保てるでしょう。

タイピングしやすいものが良いなら日本語配列がおすすめ

国内製のキーボードは基本的に日本語配列式のキーボードになります。今まで主流として使われてきたキーボードはこのモデルなので、使う時の安心感を感じやすいでしょう。日本語配列かな文字入力にも対応しているので、かな文字入力をする人にはおすすめです。しかし最近では、ローマ字入力するほうが一般的なのでかな文字がない日本語配列ではなくても問題がないと感じる人がいるのも事実。USキーボードはかな文字刻印が無い分、見た目にはスタイリッシュですが、日本語配列とはキー配列が異なる欠点があります。新たに配列を覚える面倒さがあるので、タイピングしやすい日本語配列がおすすめ。

お手入れのしやすさで選ぶ

キーがフラットなら埃が溜まりにくい

キーボードの形状によって、埃がたまりやすいか否かの違いがあります。特にキーボードは精密機器なので定期的な掃除やメンテナンスは大切。汚れたまま使い続けると故障の原因になりますので、清潔な状態を保てるよう掃除しやすいキーボードを選ぶようにしましょう。特にキーに縁がなく薄いフラットなデザインなら汚れにくくメンテナンスがしやすいのでおすすめです。見た目にもスタイリッシュでかっこいいイメージを与えますよ。

アイソレーションタイプなら掃除がしやすい

キーとキーの間が離れているアイソレーションキーボードも掃除がしやすいキーボードの1つ。このタイプの特徴は各キーの面積を少なくすることで、キーとキーの間の間隔を広くしているところ。2006年にMacBookで採用されたことで、国内製のデスクトップパソコン用の外付けキーボードとしても広く認知されています。この他にもキーボード自体に排水孔が付いた水洗いできるウォッシャブルキーボードも登場しています。水でバシャバシャ洗えるので細かい掃除が面倒という人には特におすすめですよ。

Mac用キーボードのおすすめブランド・メーカー

Apple

Mac用キーボードの王道は純正に勝るものなし

MacOSのために設計された純正品は、デバイスとの親和性は群を抜いているのが特徴。連携がスムーズなことはもちろん、Mac特有のキーや、音量と輝度などの調節が楽にすることが出来ます。充電式の内蔵バッテリーも一回フルで充電すると一か月使用可能など、電気の消費量も最低限。Mac愛用者なら、デザインと機能性で選びたいならデバイスもキーボードも揃えられる純正品が特に良いでしょう。

バッファロー

Mac特有キーに加えテンキー搭載でエクセルの表計算に便利

CommandキーなどMac特有のキーを採用しているのでMacユーザーでも使いやすい配列になっています。Apple純正のマジックキーボードが横サイズ28cmなのに対しテンキーが付いている分44.4cmと10cm以上長いのがポイント。エクセルやNumberなどの表計算や、数字の打ち込みが楽に行えます。価格も純正品より安価でお得に使いこなせるでしょう。

Anker(アンカー)

低価格でワイヤレスキーボードを手に入れたいならアンカー

Apple純正のキーボードが1万円以上するのに対し、アンカーのワイヤレス式キーボードは2千円台で購入が可能。欠点はUS配列なので記号の配列や各キーの大きさに多少の違いがありますが慣れれば簡単に使いこなせます。キー表面にはかな文字の刻印がされていないので見た目にもシンプルなものが多いのが特徴です。

Logicool(ロジクール)

Mac愛用者にも利用している人が多い納得のキーボード

Mac愛用者にとって重要視するキーボードの条件は、浅いキーでありながらも打鍵感がしっかり感じられ、静音性が高い製品。この条件を満たすのがロジクール社のキーボードです。特に「K380」は、高速タイピングに対応している打鍵感のうえ、3台まで同時にペアリングが可能という使いやすさ。面倒な切り替え設定をすることなく、シームレスに切り替えが可能と複数のデバイスを使い分けているユーザーに選ばれています。

おすすめ&人気のMac用キーボードランキング

ワイヤレスでおすすめのMac用キーボード

Apple-Magic Keybord(17,712円)

テンキーなしモデルで重厚で美しい純正キーボード

Apple純正ならではの高級感のある重厚な質感やスタイリッシュ性は他の製品とは比べ物になりません。テンキーがないのでスリムでコンパクトな見た目はデスク周りでも洗練された印象を与えてくれることでしょう。

Bluetoothの接続方式のペアリングを自動で検出して接続します。バッテリーも1回の充電で約1か月持続して可動するのもポイントです。無線特有の電池交換の手間も必要ありません。キー配列はJIS(日本語配列)とUS配列の2種類から選択できます。

Apple- Magic Keyboard テンキー付き(24,732円)

エクセルや会計ソフトを使うユーザーならテンキー付きを

Apple純正のテンキー付きキーボードです。エクセルや記事作成などで数字入力を頻繁に使用する人は、より効率的に数字を打ち込むことのできるテンキー付きが便利。テンキーなしのMagic Keyboardにはない操作キーが搭載されているので作業効率を上げる工夫が施されているのも魅力。

書類のスクロールや編集作業にも、マウスなしでも快適に操作が可能です。クオリティと機能性が高いので、テンキーなしモデルに比べると価格は倍以上しますが、仕事でMacを使うヘビーユーザーには作業効率を上げる強い味方になってくれることでしょう。

ロジクール-Multi-Device Wireless Keyboard(24,080円)

ブラインドタッチで早いタイピングを実現したいならコレ

正確かつ素早くタイピングが可能になるよう設計されたブラインドタッチに適したキーボードです。キーの打鍵性は安定しており、指先でキーを識別しやすいよう丸みのあるエッジが施されています。薄暗い場所でもキーの視認性を高めるバックライトが付いているのも作業を快適にさせる手助けをします。

またバックライトは照明条件に合わせて自動で輝度を調整するので、いつでも快適に使用できるのも嬉しいですね。キーボード本体の左上にはデータ編集をサポートするクリエイティブ入力ダイヤルを搭載。AdobeやOfficeなどの編集作業を快適に行うことが出来るでしょう。

ELECOM-コンパクトBluetoothパンタグラフキーボード(6,791円)

ノートパソコンの打鍵感を感じさせるパンダグラフ式キー

キー面積は19㎜とコンパクトキーボードの割にはキー幅は広め。日本語配列を採用しているので今までWindowsを使ってきた人には使いやすいキータッチを実現します。1つ1つのキーが独立しているアイソレーション式なので、打ち間違いが少なく掃除もしやすくなっています。

使わない時には直立させて収納が出来るよう、スタンドタイプになっているのもポイント。狭いデスクスペースも快適に作業が叶うでしょう。Webブラウザやメディアプレーヤーが専用キーで付いているのでワンタッチで操作が可能なのも使いやすい仕様になっています。

ロジクール-Multi-Device Bluetooth Keyboard(3,240円)

Macユーザにも愛用者が多いマルチデバイスキーボード

この製品の最大の特徴は最大3台のデバイスをワンタッチで切り替えられるEasy-Switchボタンが搭載されていること。外付けキーボードをパソコンでも、スマホやタブレットでも操作したい人にはこのキーボードがおすすめ。1つですべてのデバイスを操作できるので便利です。

ただキーの形状が特殊で小さいうえ、テンキーがないのでいままでデスクトップパソコンを操作してきた人には物足りなさを感じることも。気軽に持ち込めるコンパクトさと相互性のある機能は魅力的。女性の小さめの手の平でも広すぎることなくタイピングが出来る使いやすさと、打鍵感で男女かかわらず多くのMacユーザーに愛用されています。

五百蔵商店-Bluetooth折りたたみ式キーボード(3,990円)

折りたためば大きさは官製はがきとほぼ同等サイズに

高級感と耐久感を兼ね備えたアルミ合金を使用した美しい仕様のミニキーボード。折りたためばサイズは官製はがきサイズ、広げてもB5ノートの半分サイズと軽量かつコンパクトに使いこなせます。キーボードを開くだけで電源が自動でオン、閉じればオフになるので電源の切り忘れによる無駄なバッテリー消費を抑えるのも嬉しい。

キー構造は土台がX状になっているので、想像以上に快適なタイピングが可能。利便性を追求した機能キーも上部に設定されているのでキーボード上で基本的な音量調節や明るさ調整が叶うのも嬉しいポイントです。

有線でおすすめのMac用キーボード

マティアス-Wired Aluminum Keyboard (7,480円)

美しいアルミ製のMac用テンキー付き有線キーボード

キーボードにはUSB2.0の接続ポートが2か所ついているので、マウスやフラッシュメモリなどのデバイスが接続可能で便利。5種類のファンクションキーも搭載されているので、画面の輝度や音量調節がワンタッチで操作できます。

置いたときにキーボードが少し斜めになるので、奥のキーが見やすく打ち込みやすいのもポイント。打ち間違いが少なく済むのも嬉しいですね。テンキー付きのフルタイプでありながら、美しいアルミ製のヴィジュアルは見た目の高級さとスタイリッシュさを兼ねそろえたデザインになっています。

PFU-Happy Hacking Keyboard(6,836円)

メンブレンタイプキー採用でしっかりとした打鍵感が魅力

キー配列はApple純正と同様の配置になっているので、スムーズに操作が可能。CommandキーやOptionキーなどMacOS特有のキーも配置されています。キーには確かな打鍵感と深く打ち込めるキーが特徴のメンブレンタイプを採用。キーボードで打ち込んでいるという確かな感覚を味わえるでしょう。

接続方式はUSBケーブルによる有線接続なので、タブレットやスマホには専用のUSBポートが別途必要になります。本体キーボードの高さを2段階に調節できるので、打ち込みやすい角度に設置できるのもポイントです。

Azio-Mac用 メカニカルキーボード(16,800円)

Macのために造り上げたエレガントで現代的なデザインと性能

最上級のアルミニウムで作られた美しいホワイトボディは、正規品でなくてもMacとの相性は抜群。キーボード配置もユーザーにとっても親しみやすい忠実なレイアウトなので、使い心地がよく快適に操作が可能です。

キーボードにはホワイトバックライトを搭載し、薄暗い場所での作業も効率的に出来るようサポート。着脱可能なパームレストは曲線になったデザインなので、手のひらにぴったりフィットし手首への負担を軽減してくれるでしょう。正規品でなくても買ったことを決して後悔させない工夫が詰まった製品です。

ARCHISS-Maestroメカニカルキーボード(14,850円)

テンキーレスサイズなのにフルキーボード

一部のキー機能をFnキーとの合わせ押しにすることでコンパクト化に成功。一般的なキー面積は1.0㎜ですが、Maestroは1.5㎜と省スペースでありながらも確実なタッチタイピングが可能になります。インクをキーキャップに浸透させる昇華印刷を採用しているため、長期間の使用でも文字が薄れず、耐摩耗性に強いキーになっているのも魅力です。

キーボード背面に搭載されたキー入力の切り替えスイッチを入れ替えることで、専用ソフトウェアを使わなくてもキーボード側でキー配列を入れ替え、制限をすることが出来ます。使うOSに合わせて簡単に切り替えが可能なのも使いやすいポイントです。

JTTオンライン-タイプライター風メカニカルキーボード(4,980円)

レトロな気分を味わえるテープライタ風丸型キートップ

キーを押したときの打鍵感をしっかり感じられるメカニカル方式を採用し、素早くタイピングしてもキーの打ち漏らしが少ない仕様になっています。昔ながらのタイプライターのような丸形キートップがレトロで可愛く、温かみと親しみやすさを演出。

最大3台まで異なるデバイスをあらかじめ登録して置けるので素早く切り替えが可能。登録しているものはBluetoothで接続が可能なのに加え、USB接続すれば有線キーボードとしても使用できるのも嬉しい。暗所でもキー入力が快適に出来るLEDバックライト付き。気分が上がる16種類のパターン点灯でバッグライトを光らせることが出来ます。

リーズナブルでおすすめのMac用キーボード

バッファロー-有線キーボードMacモデル(2,008円)

軽いタッチで入力できるパンダグラフキー採用

テンキー付きの余裕サイズのフルキーボードが2千円台で手に入るのはお買い得。エレガントな見た目とスマートな打ち心地はApple純正品と一瞬見間違えるほどの高品質を叶えています。キー同士の中間距離(キーストローク)は2.5㎜と幅広なので掃除がしやすいのもポイント。

キー底面にはメタルシートを内蔵しているので、キーをタッチした時に確かに感じる重量感と打ちやすさがタッチタイピングに最適。便利なファンクションキーも装備されているので、音量調節や輝度調整もキーボード上で簡単に操作が可能なのも使いやすいポイント。コスパ最高のおすすめキーボードです。

iclever-静音ワイヤレスキーボード(3,599円)

人間工学に基づいた設計の高性能キーボード

本体の厚みはわずか13㎜なのでバッグにもスッキリ収まる薄さ。自宅でもオフィスでも、外出先でもそれぞれのデバイスを1台のキーボードで共有できます。人間工学に基づいた快適設計で、長時間のタイピングでも手首にかかる負担は最小限で済むのも嬉しい。静音設計なので、周りを気にせず快適にタイピングが可能です。

バッテリーには省エネの充電式タイプを採用。フル充電で最長約90時間の使用が可能です。外出先でも充電の持ちを心配せず操作が出来るのも安心ですね。持ち運びに便利な携帯ポーチ付きなので、鞄に入れて持ち歩いてもキーボードを傷つける心配もありません。

Winten-折りたたみ式コンパクトキーボード(3,180円)

タッチパッド付でスクロールや操作もずっと手軽に

折りたためばサイズはiPhoneサイズとかなりのコンパクトさがポイント。テンキーは付いていませんが、その代わりにタッチパッドが付いています。ノートパソコンに慣れている人にとっては使いやすいタッチパットで、スクロールもズームも快適に叶います。

口コミでも値段のわりには高級感があり、機能や使いやすさは最高との高評価が多いのもポイント。肝心のMacOSにも障害なく繋がり、操作がしやすいとのコメントも。ただタッチパッドはIOSには対応していないので注意が必要です。スマホスタンドが付属しているので、スマホやタブレットを立てかけて使えるのは嬉しいですね。

Anker-ウルトラスリムワイヤレスキーボード(2,235円)

軽量コンパクトで置き場所に困らないスリムモデル

コスパのわりに質が良いとMacユーザーからも評価が高いキーボードです。重量は200g以下と軽量コンパクト。持ち運びしやすいモデルといえるでしょう。この製品はマルチデバイス対応なので家ではMacに、外出先ではIpadやiPhone用キーボードとして用途に応じて切り替えられます。

優れた互換性により、配置されているショートカットキーもそれぞれのOSで使用が可能。また静音性にも優れているので、素早いタイピングでも不快感を感じずタイピングが可能なのも魅力です。省電力モードなら単四形電池で約3か月以上の使用が可能になるのも嬉しいですね。

まとめ

使い勝手が良く作業効率を向上させる設計のものがおすすめ

特別なOSのMacにとって相互性のあるキーボードを選ぶことは大切。特に仕事や趣味で頻繁に作業ツールとして使う場合には、Macにしかない特殊キーが搭載された製品を選択しましょう。その点Apple純正品なら間違いありませんが、純正品以外にもMac用キーボードとして申し分のない製品が多数あります。選ぶ際には作業効率を上げるためになくてはならない機能と条件を照らし合わせて選ぶこと。打ちやすいキータイプで選択するのもおすすめです。今回はMac用キーボードについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく解説しました。ぜひ皆さんも長く快適に使い続けられるキーボードを見つけてくださいね。