おすすめのヘッドレスト人気ランキング!椅子やソファに【後付け】

ヘッドレストという言葉はあまり聞きなじみがないかもしれません。例えば車を購入した際に、最初から運転席や助手席などの背もたれの上に取り付けられているものが、車用のヘッドレストです。これは頭部を守るためのアイテムで、事故の際のむちうちなどから守ってくれます。運転席と助手席にこのヘッドレストが付いていないと、車検に通らないほど重要なアイテムです。またチェア用では、作業する時に頭部を固定する作業用のタイプや、休憩用にリクライニングチェア等に取り付けてリラックスできるタイプのものも販売されています。そしてソファ用のヘッドレストは、取り付けることによって首や頭部全体の支えになり、リラックス効果を高めることができます。このように、座る時に首や頭部の支えなどに使われるものがヘッドレストで、上手に活用することで首の疲れや肩こりも改善できますよ。




ヘッドレストの必要性

ヘッドレストを後付けすることで座り心地が格段にアップする

ヘッドレストは、チェアやソファに取り付けるためのオプション品として販売されています。ヘッドレストを後付けすることで、頭部や首を固定して負担を和らげることができる他、リラックス効果も上がり、非常に座り心地が良くなります。なお車用のヘッドレストは、通常は最初から取り付けられており、これが付いていないと車検に通りません。なお、シートの追加オプションとして販売されているタイプもあります。

作業用や休憩用など用途に応じた種類が選べる

チェア用のヘッドレストは、作業に適した固定式のものと、主に休憩やリラックスするために使用する可動式のものがあります。ソファ用のヘッドレストは、長時間同じ姿勢でも耐えられるように比較的丈夫に作られており、頭部や首などを支える設計になっています。また車用のヘッドレストは、追突事故などの時に頭部を守るためのものです。後付けのタイプとしては、ヘッドレストの取り替え用や追加オプションとしても販売されており、運転時に使用したり仮眠用に使用するタイプもあります。

ヘッドレストの種類

チェア用

作業に適した固定式とリラックス時に使う可動式

チェア用の後付けヘッドレストで固定式のものは、例えばパソコン作業など、長時間座って作業することが多い場合に適したタイプです。このタイプは、事務所用等のデスクチェアの背もたれの上に取り付けるように設計されています。また、最初からデスクチェアとセットになっているタイプもあります。パソコン作業をする方には最適でしょう。

一方、可動式のヘッドレストは、例えばリクライニングチェアのように、リラックスするために体を後傾させることが多いタイプに適しています。こちらもチェアの背もたれの上に取り付けるタイプです。ヘッドレストの角度を代えることができるので、背もたれに体を預けつつ動画などを見るような方に向いています。首の角度の調整もできますよ。

ソファ用

頭部や首を支えてリラックス効果を高める

ソファ用の後付けヘッドレストは、ソファに長時間座る際、首から頭部全体を支えてくれるので疲れにくく、ソファをよりリラックスさせるアイテムです。販売されているヘッドレストによっては、ソファや部屋の色調に合わせて何十色もの色から選べるものもあります。設置する際は、背もたれクッションとソファ本体の間に上から差し込んで固定するだけなので簡単です。

ソファ用ヘッドレストも種類が分かれています。まず、頭部全体を包み込みつつホールドするタイプは、特に首や肩の疲れを軽減させてくれます。そして、ソファの専用ヘッドレストとして、背もたれの延長のようになってハイバックとして使用できるタイプのもの。またその他で、丈夫にできていて頭部があたる部分が硬いタイプのものもあります。どのタイプにしても、ソファで長時間過ごす方には、必須アイテムでしょう。

車用

事故の際に首や頭部を保護したり仮眠に利用

車用のヘッドレストは、最低でも運転席と助手席には必ず設置されていないと、保安基準不適合として車検に通すことができない必須アイテムです。形状としては、最初から取り付けられているものは、枕型やシート一体型などです。また車種によっては、追突時にヘッドレストを前傾させるアクティブヘッドレストという機能により、保護性を高めているものもあります。

車用のヘッドレストも種類が分かれています。まず、最初から設置されている運転席用や助手席用の取り替えタイプとしてのもの。ヘッドレストにこだわる方は、取り替えるという選択肢もあります。そして後部座席にヘッドレストが設置されていない車用には、オプションとして販売されているものです。シートにもたれたい方には必要でしょう。その他、オプション扱いとして、設置されているヘッドレストとシートのつなぎ目に取り付けて、首などを保護する補助的ヘッドレストのタイプもあります。長時間、運転したり助手席に乗る方には、首の負担を和らげられるので、おすすめのアイテムです。

ヘッドレストの選び方

チェア用を固定式か可動式かで選ぶ

入力などの作業を長時間行うことが多い場合は固定式で

可動式のヘッドレストは動く部分が多いため、壊れやすいものです。もし仕事がパソコン作業などが中心の場合は、首や頭部をあまり動かさない方が作業は進めやすくなるので、この場合は固定式のヘッドレストが良いでしょう。なお、ヘッドレストが自分の座高などに合った位置に調整しないと快適に使用できないので、ヘッドレストを10cmほど上下に動かせるタイプをおすすめします。首元から後頭部にヘッドレストがぴったり当たる状態であれば、長時間の作業でも疲れにくいでしょう。

パソコンのモニターや動画などを眺めることが多い場合は可動式で

例えば自宅で、リクライニングチェアに座って動画などを眺める場合などは、可動式のヘッドレストが良いでしょう。ヘッドレストを使用しつつ後傾姿勢を取ることで、眼精疲労や近視なども予防できます。また可動式であれば、もたれながら位置も調整できて、長時間眺めていても疲れにくく快適に過ごせるでしょう。可動式のヘッドレストは、上下や前後に位置を調整したり反発する機能など、製品によって付いている機能はさまざまです。上下には10cm程度、前後には20度程度調整の幅があるタイプがおすすめです。反発する機能は、その度合いは人それぞれ好みが分かれるでしょうから、荷重したときに、頭を起こすほどの高反発かまたは支える程度なのか等で選ぶと良いでしょう。

ソファ用は頭部をしっかり支えられるかどうかで選ぶ

首から頭全体も支えられるタイプは軽量でかつ丈夫なものを

ソファにもたれかかる時、背もたれが低いタイプの場合は、ヘッドレストがないと頭部から首は支えがなく、頭が後ろに反ってしまいます。これではリラックスができないため、丈夫で首から上を支えられるヘッドレストがあると安心です。構造的にはスチールフレームが頑丈です。ただ実際の使い心地を考える際、特に長時間ソファでくつろぐ場合は、頭から首のカーブに合わせてジャストフィットできるタイプが良いでしょう。頑丈な構造ながら頭部や首を優しく支えることで、長時間座っていても疲れずに楽な状態を保てます。

ハイバックとしても使えるタイプは簡単に着脱できるものを

ハイバックタイプのソファは、もともと背もたれ部分が通常のソファより高めです。ただ、例えば座高の低い人なら頭まですっぽりと支えられて楽でしょうが、そうでない方はやはり頭部全体までは支えられません。このタイプのソファに取り付ける場合、もともとソファの高さが高くて見通しが悪くなるため、もたれる時以外は簡単に着脱できるものが良いでしょう。

車用は取り替えるかオプションで取り付けるかで選ぶ

ヘッドレストを取り替えるタイプは運転時だけでなく仮眠にも使えるものを

車には通常、購入時からヘッドレストが取り付けられています。少なくとも運転席と助手席には必ず付いています。取り替えるタイプのヘッドレストは、最初から設置されているものをグレードアップさせるためのものです。例えば運転時だけでなく、シートを倒して仮眠する時も快適に過ごせるように、左右から包み込むような形状をしているものなどです。

オプションとして取り付けるタイプは首の疲れを軽減してくれるものを

運転席や助手席に最初から取り付けられているヘッドレストは、車検を通すために、頭を支えるだけなど最低限の機能しかないタイプが多いです。もし、首や頭部をもっと楽にしたいと考えた時、オプション扱いのヘッドレストを追加購入する選択肢もあるでしょう。このタイプは、主にシートと既存のヘッドレストの間に設置するタイプが多く、長時間の運転による首などの疲れを軽減させてくれます。その他、後部座席に設置されていない車のために、後付け用として販売されている製品もありますので、探してみるのも良いでしょう。

ヘッドレストのおすすめブランド・メーカー

カグナビ

高級な家具からお値打ちな家具まで幅広く取り扱う家具専門商社

カグナビは、日本でも有数な家具の産地である福岡県大川市に本社を置く、家具専門の販売会社です。日本だけでなく、ヨーロッパやアジアなど国内外を問わず良質な家具を取り寄せ、主にインターネット販売を行っています。製品については、高級なものから一般普及品まで幅広く取り揃えており、品質のみならずデザインに優れたものやお値打ちなものも販売しています。

オカムラ

オフィス家具の売上高では世界4位の実績

神奈川県横浜市に本社を置くオカムラは、主に家具や産業用機器などを製造しています。製造や営業の拠点を国内各地に置く他、米国や英国をはじめとした海外各地にも進出している、国内有数のメーカーです。特にオフィス家具では、コンテッサやバロンなど、機能やデザインに優れたデスクチェアを中心に製造しています。

SOFAMART(ソファマート)

輸入ものの本革ソファも扱うソファの販売専門店

SOFAMARTは、カグナビと同じく家具の産地である福岡県大川市に本社を置く家具販売店で、LIVINS MART株式会社が運営しているブランドです。取り扱う製品は主にソファを中心とした家具等で、輸入してきた本格的な本革ソファなども含め、これらのインターネット通販および卸売りを行います。ソファのバリエーションも、2人掛けソファからコーナーソファセットまであり、部屋のサイズに合わせたソファを選ぶことができます。おしゃれで高級感のあるデザインで、座り心地も抜群な特徴を持ちながら、インターネット通販での価格はお値打ちな点も魅力的です。

ニトリ

国内外に約650店舗を持つインテリア小売業の大手

ニトリは北海道札幌市に本社を置き、インテリア小売業の大手として、国内には約550店舗、中国をはじめとして海外に約100店舗を展開しています。CMのキャッチコピー「お、ねだん以上。ニトリ」の元に、現地生産から輸入、販売や配送までをほぼグループ直営で行っている点が特徴的です。実店舗のみならずインターネット販売にも力を入れており、家具などのデジタルカタログにより、気に入った商品をすぐに取り寄せることができます。

Easy Life

自然と生活になじむ家具を製造するメーカー

株式会社フライミー(ブランド名:Easy Life)は、東京都武蔵野市に本社を置き、家具やインテリアの販売を手がける会社です。自社にて、日本最大級の家具・インテリア通販サイトのFLYMEe(フライミー)を運営する他、楽天などの大型ショッピングモールへの出品も行っています。自社ブランドのEasy lifeの家具は、「簡単で楽、やさしい」のコンセプトの元、ソファやダイニングテーブルなどの全ての製品にオーク無垢材を使用しています。

おすすめ&人気のヘッドレストランキング

チェア用でおすすめのヘッドレスト

PREMOA-4589946136234(3,830円)

ヘッドレストに使えるゲーミングクッション

製品としては、主にはゲーミングクッションとして腰部に当てるタイプのものです。しかし弾力の良さと首裏にフィットさせる形状もあるため、ヘッドレストとしても販売されていますよ。リクライニング用の可動式ヘッドレスト同様、リラックスする際に使用します。

実際には、主にリクライニングを深めに倒す時に使用します。形状的に、仰向けになった際に頭を起こすような設計になっており、寝た姿勢でも前方の画面を見ることができますよ。角度の付け方はヘッドレスト自体ではなく、チェアのリクライニングによって変えるイメージです。寝そべってリラックスしながら、テレビや映画などを観たい方におすすめですよ。

オカムラ-CP502Y(38,016円)

バロン専用の可動式ヘッドレスト

オカムラ製のチェアであるバロンは、男爵の名を冠されたデスクチェア。多機能で快適な座り心地の製品で、本製品はそのバロンの専用ヘッドレストです。チェアの背もたれに近い幅広さで、後頭部をやさしく支えますよ。

調節機能は、高さが90mmで前後の角度調節は20度あります。この調節機能によって、使用者の座高や体型などに合わせた快適な位置に調整できます。なお、可動式のヘッドレストのため、リラックスする時にその機能を発揮するものであり、パソコン入力などの集中作業には向いていないかもしれません。そのため、デスクワークはするけれども、がっちり集中作業まではせず、時々、休憩を入れた時にリラックスしたい方にはおすすめですよ。

D shop one-B00745NBTQ(18,960円)

アーロンチェア専用の可動式ヘッドレスト

本製品は、ハーマンミラー社のアーロンチェア用に開発されたヘッドレストです。アーロンチェアの形状や機能など、アーロンチェアを知り尽くした開発者の手により製造されたものです。アーロンチェア同様、人間工学に基づいた設計により開発されました。そのため、並行輸入品となっております。

本製品は、アーロンチェアに合わせてメッシュ生地です。開発された機能により、適度な弾力が頭部全体を包み込みます。なお、上下や前後に動いたり角度も可動するタイプであるため、集中作業には向かないかもしれません。そのため、デスクワークもしつつ、途中で休憩したり、リラックスした体勢でディスカッションをする機会もある方には向いているかもしれません。

Business Furniture Shop-727315(2,678円)

デスクチェアCK-01HR専用の固定式ヘッドレスト

本製品は、弘益のデスクチェアCK-01HR専用のヘッドレストです。とても人気のある商品で、インターネット通販サイトでも多くの販売会社が取り扱っていますよ。デスクチェアの上に本製品を取り付ける固定式のヘッドレストです。

取り付けた状態は、ヘッドレストがデスクチェアのやや前方にせり出す格好になっています。そのため、首から上をしっかり固定して作業に集中できますよ。また、本製品は10段階の高さ調節ができ、座高の高さや頭部の微妙な位置なども合わせられる設計です。頭部を固定するため、タイピングなどのパソコン作業をする方に向いているでしょう。

Business Furniture Shop-740522(3,456円)

オートバランスロッキングの高機能タイプ

本製品は、トキオのオフィスチェアFCM-11専用のヘッドレストです。FCM-11は、オートバランスロッキング機構がある高機能タイプで、背もたれはメッシュ張り。ヘッドレストもメッシュ張りですがナイロン製です。最初からヘッドレストが付いているタイプもあります。

本製品を取り付ける際は、FCM-11の背もたれの後ろのフレーム部分に挟み込むようにがっちりと固定します。なお、上下に65mm調節して座高などに合わせられますよ。ヘッドレストはメッシュ生地で、形状は頭部を包み込み、やさしく固定するタイプの製品です。そのため、どちらかというと、パソコン作業などの集中的な仕事をする方に向いているでしょう。

ソファ用でおすすめのヘッドレスト

ニトリ-1138947(7,990円)

マイス専用のヘッドレスト

本製品は、布張りソファのマイス BE専用のヘッドレストです。色は温かみのあるベージュ。専用ヘッドレストのため、マイスの背もたれに差し込むと、ヘッドレスト下のスチール部分はぴったり高さが合います。

ヘッドレスト本体部分の幅は55cmで高さ15cmの奥行12cmと、ソファのサイズに合うように設計されています。そのため、幅はソファと同じで、奥行きもソファのクッションの厚みと合わせてあります。高さ15cmは低く感じるかもしれませんが、首を乗せるにはちょうどよいサイズですよ。家に帰ってリラックスしながらテレビを見たい方には最適の製品です。

カグナビ-rws-rf-headrest(4,480円)

カラーバリエーションが豊富でカバーの洗濯もできる

本製品は、ソファのリラックスフォーム専用として販売していますが、汎用タイプなので他のソファにも使えます。スチール部分を含んだ高さが56cmのため、背もたれ部分がこの高さより5cm以上余裕があるか確認した方が良いでしょう。取り付ける際は、クッション裏に差し込むだけの簡単設計です。

幅は50cmであり、通常のソファならこれ以上はありますが、ご自宅のソファがリラックスフォームでない場合は、念のために横幅を測っておくと良いでしょう。本製品はカラーバリエーションが豊富で、10種類以上の中から選べる点が特徴的です。また、フルカバーリングのため、カバーの洗濯が可能なので衛生的です。ヘッドレストも清潔にしたい方や、インテリアにこだわって、他の家具との色の調和をとりたいような方にもおすすめですよ。

SOFAMART-lm-head(4,800円)

高級本革でありハイバックになるシリコンファイバー仕様

本製品は本革のヘッドレストで、高級感があります。ヘッドレストの中身が通常のソファと同じシリコンファイバー仕様のためフィット感もよく、ハイバックとして使えますよ。色も6色の中から選ぶことができ、バリエーションが豊富です。そのため、インテリアにこだわって色を選びたい方にはおすすめですよ。

サイズ的には、ヘッドレストの高さが23cmあり、ゆったりしていてハイバックには最適です。また横幅50cmも通常のソファの背もたれ程度で、サイズ的に合わせやすいでしょう。取り付け部のスチール部分は簡単設計で取り付けやすいです。スチール部分の長さは43cmあり、差し込みは時につかえないよう、背もたれの高さには5cmは余裕を持って考えた方が良いでしょう。なお、ハイバックになるタイプのため、ソファに長時間座ることが多い方におすすめです。

KAG-Deli-r-skd-118-nile-hd(5,280円)

首元をサポートするNile専用ヘッドレスト

本製品は、カウチソファのNile専用のヘッドレストです。スチール部を合わせた高さは60cmありますが、Nileに使用する分には高さが合わせてありますので、気にする必要はありません。Nile自体はコンパクトなサイズですが、本製品を取り付けると背もたれが15cmアップし60cmとなりますので、ハイバックにできます。そのため、長時間ソファに座って過ごす方にはおすすめです。

60cmの高さがあれば、一般の成人男性でも首元を支えられるため、座り心地も楽になります。また、クッション部分の奥行は15cmとボリュームがあるので、もたれかかるのにも良いでしょう。なお、カラーはコーヒーとダークブラウンから選べます。どちらの色もシックで落ち着いた色のため、落ち着いた雰囲気の部屋に似合うでしょう。

ISSEIKI FURNITURE SHOP-102-00189(10,800円)

アテンポソファをハイバックにする

本製品は、北欧モダンデザインシリーズのアテンポソファ専用ヘッドレストです。色はソファの色調に合わせて、落ち着いたダークグレーです。アテンポソファに取り付けるのは、専用ヘッドレストのため簡単で、背もたれの後ろに差し込むだけでハイバックに早変わりしますよ。

サイズ的には、ソファ本体がゆったりしたタイプのためやや大きめです。一般的なソファのサイズは背もたれの幅が50cmのものが多いですが、本製品は64cmあるので、かなり余裕をもたせた設計であることがお分かりでしょう。高さ75cmもかなり高めで、本製品を取り付けると成人男性でも首元より上の後頭部付近までもたれかかれるほどで、まさにハイバックのサイズです。落ち着いたリビングなどでゆっくりくつろぎたい方におすすめですよ。

車用でおすすめのヘッドレスト

Easy Life-zj6486101(1,376円)

通気性が良いポリエステル性のヘッドレスト

ポリエステル性の本製品は通気性も良く、いつもさわやかに使用できます。形状は、後頭部から首と背中までの曲線に合わせフィットする形で、つけ心地も快適です。長時間車を運転する場合でも疲れにくく、安心して使用できますよ。

サイズは、幅27cmで高さが22cmと厚みは頂点で12cmあり、後頭部から首元は十分カバーできるでしょう。汎用で、運転席や助手席のヘッドレストと背もたれとの間に取り付ける後付けタイプです。色はブラックなどの4色から選べるので、ヘッドレストもシートの色に合わせたい場合に最適です。

Easy Life-zq294004(1,450円)

柔らかいコットン素材のクッション性ヘッドレスト

本製品はコットン素材のためとても柔らかく、首元をやさしくカバーします。形状は、後頭部から首と背中まで緩やかなカーブを描き、無理のないつけ心地です。これにより、長時間の運転でも疲れにくい状態を保てますよ。汎用で運転席や助手席のヘッドレストと背もたれとの間に取り付ける後付けタイプです。

サイズの内、幅は28cmと同メーカーの他製品と比べても大きめです。そのため、横を向いても首元をガードできます。高さは18cmとそれほど高くないですが、前述のように横へのガードを重視しているタイプです。厚みは頂点12cmと十分で、安心して首を預けられますよ。色はレッドをはじめ5色から選べるため、ヘッドレストもシートの色に合わせたい場合に最適です。

Easy Life-zj01801(617円)

骨の形をしたPUレザー素材のヘッドレスト

本製品は、肉の骨のような形をしています。人間工学に基づいた設計で、シートの背もたれとヘッドレストの間に取り付ける後付けのヘッドレストです。取り付けることによって、首元をしっかりガードしてくれるので、運転時に頭部を安定させたい方に最適ですよ。

素材は軽くて丈夫で弾力性などもあるPUレザーで、質感も本革に近い、柔らかい肌触りの合成皮革です。幅は26cmで高さ17cmと、同メーカーのzq294004に近いサイズで、やはり横へのガードを重視しております。色はブラックとグレーから選べるので、シートの色に合わせたい方や、車内を落ち着いた雰囲気にしたい方に向いているでしょう。

BLUME-プレミアムヘッドレスト(8,532円)

機能性とデザイン性を両立したオリジナルヘッドレスト

本製品は、ハイエースのカスタムパーツ専門店であるBLUMEから売り出された、ハイエース用のオリジナルヘッドレストです。ハイエースに装備されているヘッドレストを外して取り付ける、取り替え式です。そのため、通常の運転にも使用できますよ。

仮眠する時や車中泊する際はシートを倒して、安定したヘッドレストは枕代わりです。また、左右のサポーターは自由に角度を調整できます。ハイエース用に作られているため、色やデザインもシートにマッチしていますよ。ハイエースに乗るけれど、最初から設置されている装備では物足りない方には、取り替え用として最適のアイテムです。

まとめ

作業用は固定式でリラックス用はクッション性のものを

ヘッドレストは、最初から装備されている車用はともかく普段は聞きなじみがなく、使用することも少ないかもしれません。しかし座った姿勢が長いと、首は常に頭部の重みを支え、疲れやすくなります。パソコン入力などの集中作業をする際は、首を固定するタイプの方が作業もすすみやすくなります。また、ソファ用やリクライニング用などリラックスする際は、柔らかく首を包むといったクッション性のものが首などをより楽にして、リラックス度が上がります。また種類によっては、動画などを見る際に、首の角度を自由に変えられる可動式のタイプもあります。首に負担がかかると肩こりなどにもつながり、疲れが取れにくくなります。普段の生活の中に、ヘッドレストを上手に取り入れて活用してみてくださいね。