2020.01.21

おすすめのコンサート・ライブ用双眼鏡人気ランキング!【ジャニーズやAKBに】

双眼鏡

コンサートやライブに出かける時、ぜひ持って行きたいのが双眼鏡です。楽しみにしていたのに席が後ろの方だったり、会場が暗すぎたりして思うように見ることができなかったら残念ですね。そんな時に双眼鏡があれば、会いたかったスターがまるですぐそこにいるかのように見ることができます。コンサート用の双眼鏡にもたくさんの種類があり、会場の大きさや明るさによってちょうどいい倍率やレンズの大きさが変わります。長時間手に持っていても疲れない重さなど、様々な双眼鏡の中からタイプ別のおすすめを紹介します。

この記事を書いた専門家

コンサート・ライブ用双眼鏡の特徴

離れた場所からでもしっかり目標を捉えることができる

コンサートやライブの会場は席によって舞台から遠くなってしまうことがあります。そんな時は双眼鏡を持って行くことをおすすめします。コンサートやライブ用の双眼鏡があれば、たとえ席が後ろの方だったとしてもステージに立つ人を間近に捉えることができます。

長時間手に持っていても疲れない重さと機能性

コンサートの間中ずっと双眼鏡を構えていると、かなり腕が疲れてしまいますね。なるべく負担が掛からないように、少しでも軽い双眼鏡を選びましょう。手ブレ補正などの機能が付いているものは便利ですが、どうしてもその分重くなってしまいます。必要な機能と重さのバランスを考えるのが大切です。

コンサート・ライブ用双眼鏡の選び方

会場の大きさやステージからの距離を考えて倍率を選ぶ

小規模のホールやアリーナ席なら6倍から8倍が目安

双眼鏡の倍率は対象との距離をどれぐらい縮めて見ることができるかを表しています。たとえば10倍の双眼鏡であれば、100mの距離から覗いた時に10分の1、つまり10mまで近づいた大きさに見えるということです。倍率は高ければいいというものではなく、目標物との距離に合わせた数値で選ぶことが重要です。コンサート会場の場合はステージとの距離を考えて選びましょう。ライブハウスなど小規模な会場や、ドームコンサートでもアリーナ席の中ほどまでなら6倍が目安になります。アリーナ席後方なら7倍から8倍がおすすめです。

ドームコンサートでは10倍がおすすめ

スタジアムやドームコンサートのスタンド席は、場所にもよりますが10倍の双眼鏡をおすすめします。それ以上の倍率になると手振れがひどくなり、画面が揺れてよく見えなくなってしまいます。どうしてももっと高い倍率で見たいというときは、手振れ防止機能がついているものが必要になります。

会場の明るさを考慮して選ぶ

屋内では有効径20mm~30mmで

野外フェスなのか屋内コンサートなのかによって双眼鏡に必要な明るさが変わります。有効径とは対物レンズ(目で覗く方と反対側に付いているレンズ)の直径のことで、これが大きいほど光を多く取り込むため同じ倍率でも明るく見えます。双眼鏡のスペックを表す数値に「8×20」などの表示がありますが、この場合の8が倍率で、20が有効径です。つまり8倍で有効系が20mmということになり、このバランスで明るさが決まります。対物レンズの有効径が大きくなると双眼鏡自体も大きくなってしまうので、携帯性を考えると20mmから30mmがちょうど良いサイズです。

日中の屋外なら有効径30mm~50mmがおすすめ

双眼鏡の明るさは倍率と有効径の大きさで決まります。有効径の大きさが同じなら倍率が高くなるほど暗くなります。(有効系÷倍率)の2乗が「明るさ」になるので、この式に当てはめると「8×40」の場合、明るさは25になります。「10×40」の場合は明るさが16となり、倍率が高いほど明るさは低くなることがわかりますね。日中の野外なら明るさよりも倍率が高いほうがいいので、倍率が10倍なら有効径は30mmから50mmをおすすめします。

ステージ上の人数に合った視野の広さで選ぶ

ピンポイントで見たいなら実視界の狭いものを

実視界とは双眼鏡を動かさずに見える範囲のことで、6.5度のように角度で表します。実視界は広くなるほど解像度は悪くなります。ステージ上の人物をピンポイントで見たい時は視界が狭いほうが人物を鮮明に見ることができます。

大人数でのライブなら実視界6.5度以上の広角タイプがおすすめ

ステージ上に大人数が立つようなコンサートの場合は、広い視野が欲しいですね。広すぎると解像度は悪くなりますが、狭すぎても臨場感に欠けてしまいます。実視界6.5゜以上の広角タイプがおすすめです。双眼鏡の視野を表すものに、見掛け視界というものがあります。これは実視界と倍率を掛け合わせたもので、覚えておくと他の双眼鏡と比較する時に便利です。実視界6.5度で倍率が10倍なら見掛け視界は65度です。大人数でのライブの場合は見掛け視界60度から70度をおすすめします。

持ち運びに便利な重さを選ぶ

コンサート・ライブなら300g以下の軽量タイプがおすすめ

コンサートで双眼鏡を使う場合は2、3時間の間ずっと手に持っていることになります。野外のフェスの場合はさらに長時間になり、腕や肩に負担がかかりますね。双眼鏡はなるべく軽量のものを選ぶことをおすすめします。双眼鏡の重さは対物レンズ有効径の大きさに比例します。有効径が大きくなるほど重くなるのですが、有効径が小さすぎると光が集まらなくなり画像は暗く不鮮明になります。コンパクトでなおかつ明るく鮮明な画像を求めるなら、有効径25mm以下の双眼鏡がおすすめです。8倍で25mmの双眼鏡の重量はおよそ300gで、21mmなら200gです。

便利な手振れ補正機能付きは重量が重め

10倍以上の倍率の双眼鏡はどうしても手ブレがひどくなります。最近はデジタルビデオにも搭載されている、手ブレ防止の防振機能が付いた双眼鏡が販売されています。特にドームコンサートなどの大人数の規模の会場では活躍しそうですが、重量が500g以上になりますので注意が必要です。倍率と有効径が同じスペックのものでも2倍の重量になりますので、機能性と重さのバランスを考えて選ぶ必要があります。

コンサート・ライブ用双眼鏡のおすすめブランドメーカー

ニコン

高性能なプロモデルからカジュアルなコンパクトモデルまで

ニコンは日本でも有数の光学機器メーカーです。一眼レフなどのカメラの製造メーカーとして有名ですが、創業時に初めて手掛けたのが双眼鏡でした。以来、100年以上研究された高度な技術と優れた信頼性で世界中から高い評価を受けています。ニコンの双眼鏡はプロ仕様のモデルからカジュアルなコンパクトタイプまで充実したラインナップです。コンパクトな「スポーツスター」や「トラベルライト」はコンサートにおすすめです。

オリンパス

「コンパクト」・「スタンダード」・「プロ」の順に性能が上がる

オリンパスは世界的な精密機器メーカーで、特に医療機器の分野で有名です。中でも内視鏡は世界で70%以上のシェアを誇っています。その高度な光学技術が双眼鏡にも生かされているので、オリンパスの双眼鏡は総じて高性能です。ラインナップも整理されており、「コンパクト」「スタンダード」「プロ」の順に性能が上がります。コンサート向けは「RC」シリーズで、防水機能が備わっているのが特徴です。

キヤノン

高性能な手振れ補正と高い光学性を誇る防振双眼鏡

キヤノンといえばカメラやビデオカメラなどの映像機器、プリンターなどの事務機器を製造する精密機器メーカーと認識している人が多いことでしょう。ビデオカメラに搭載されている手ブレ補正機能の「防振機能」を備えているのがキヤノンの双眼鏡の特徴です。この「防振機能」は一度味わうとやめられないという人がいるくらい素晴らしいものですが、値段も高額になり、重量も重くなります。しかしその重さも気にならないと高評価で、どうしても手に入れたいという人が後を絶たないほどです。使う人の本気度がわかる高級で高性能な双眼鏡は、ヘビーユーザー向きといえるでしょう。

ビクセン

高品質でリーズナブルな天体望遠鏡メーカー

ビクセンは天体望遠鏡で市場を切り開いてきた光学機器メーカーです。ビクセンの双眼鏡には天体望遠鏡で培われた高度な光学技術が応用されているため、高品質でありながらリーズナブルでもあります。コンサート向けのコンパクトな「アリーナ」は5000円台でありながら防水機能が付くなど人気が高いシリーズです。天体望遠鏡メーカーなので、スターウォッチング用の双眼鏡「SG」シリーズもあり、性能にこだわった各種モデルの選択肢が多いのも特徴です。

おすすめ&人気のコンサート・ライブ用双眼鏡ランキング

ライブハウス・アリーナ席でおすすめの双眼鏡

ミザール 双眼鏡 フリーフォーカスモデル 6倍 (3,218円)

ピント合わせがいらないので見たいものを素早くキャッチできる

折りたためば手のひらに収まるコンパクトな双眼鏡です。6倍×18mmのフリーフォーカスで、約15m以遠は自動的にピントが合うように調節されています。実視界7.5゜、明るさ9.0と、広く明るい視界が得られるのでコンサートにおすすめです。重量125gと超軽量なので、長時間でも安心して使用できます。生活防水が付いているので、野外コンサートやスポーツ観戦も楽しめますね。

ミザールは天体望遠鏡などを製造している日本のメーカーです。その技術を生かして作られた双眼鏡は、性能だけではなくデザインにもこだわっています。このモデルはブルー、ピンク、シルバーの3色展開で折りたたんでから収納する専用ポーチも付いています。携帯する時に傷が付かないように配慮されているので、どこへでも安心して持ち歩くことができますね。

ケンコー コンパクト双眼鏡 V-TEX 7倍 (2,214円)

手のひらサイズの小型軽量で携帯に便利

コロンとしたフォルムが可愛らしいコンパクトな双眼鏡です。重量125gと超軽量でバラエティにとんだカラーバリエーションが魅力です。赤、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、黒の8色展開です。アーティストのカラーに合わせて応援できる、コンサートにピッタリの双眼鏡です。

真ん中のリングで左右のピントを一度に調整できる、センターフォーカス式を採用。倍率7倍は100m離れた距離から見たときに、ステージから約14.3mまで近づいて見ているのと同じ感覚です。臨場感のあるライブを楽しむことができます。

ニコン 双眼鏡 アキュロンT01 8倍 (6,800円)

ポップでスタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力

携帯に優れた軽量コンパクトボディで、3色のカラーバリエーションがおしゃれなニコンの双眼鏡です。操作性の高い大きなピントリングは、扱いやすいターンスライド方式を採用。誰でも簡単に操作できるセンターフォーカス仕様です。

倍率8倍で、対物レンズ有効径21mm。さらに多層膜コーティングで明るく鮮明な視野が得られます。接眼レンズと対物レンズの光軸を一直線にすることで、小型で軽量なダハプリズム式を実現しています。メタリックなカラーが都会的で、持っているだけで楽しくなりそうですね。

オリンパス 双眼鏡 Trip light RCII 8倍 (5,821円)

携帯電話の感覚で持ち歩ける折り畳み式双眼鏡

コンパクトで軽量でありながらデザイン性の高いオリンパス製の双眼鏡です。本体重量190gで、コンサートで長時間構えていても疲れない重さです。折りたたみ式なのでバッグに入れてもかさばらず、携帯に便利です。

8倍の倍率はアリーナ席の後ろの方でも対応できます。明るさも十分あるので、暗めの会場でも鮮明な画像でコンサートを楽しむことができるでしょう。目幅やピントの調整も簡単にできるので初めての人も安心して使うことができます。

キヤノン- 防振双眼鏡 BINOCULARS 8倍 (27,600円)

光学式手ブレ補正機能搭載で最軽量ボディ

キヤノンが出している防振双眼鏡の中で最もコンパクトで軽量なモデルです。倍率が8倍で手ブレ補正機能を搭載しているのは少し贅沢な位置づけになります。普通手ブレが気になるのは、10倍以上だといわれているからです。どうしても手ブレをしたくないという人に人気があるモデルです。鉛フリーガラスを採用するなど環境にも配慮した設計になっています。

リチウム電池1本で、手ブレ補正機能を最長6時間連続で使える省エネ設計です。重量は電池分を抜いて490gとやや重めですが、操作性は抜群です。高性能でハイスペックな防振双眼鏡を一度使ったら手放せなくなるかもしれませんね。

ドームコンサート・スタンド席でおすすめの双眼鏡

ナシカ CR-IR 双眼鏡 (2,190円)

レッドカラーコーテイングで目に優しい高性能双眼鏡

持ち運びに便利な155gの軽量コンパクトタイプでありながら、10倍の高倍率を実現した高性能双眼鏡です。ルビーコーティングと呼ばれる特殊なレッドカラーコーティングで、目に有害な紫外線と赤外線をカットします。ピント合わせリングと視度調整リングも付いていて、操作性もあります。2mから視界が得られるので絵画や美術品の鑑賞からアウトドアまで、いろいろな場面で活躍してくれそうです。

メタリックカラーの5色展開で、専用収納ケースとネックストラップ、レンズクロスまで付いてこのお値段は、かなりお得ですね。目幅調整も可能なポロプリズム双眼鏡です。初めて持つ双眼鏡としてもおすすめです。

TAKU コンサート用 双眼鏡 高倍率 10倍 (2,932円)

高品質レンズと広い視野をもつ超軽量ボディ

倍率10倍ながら重量137gの超軽量コンパクト双眼鏡です。持ちやすい丸みを帯びたフォルムで、女性やお子様でも手がしびれることなく長時間使うことができます。防振、防水機能も付いているので野外のコンサートでも安心です。

Bak4という超屈折率ガラスを採用しているため、コントラストの高い視界を得ることができます。マルチコーティングを施したレンズが光の損失を最小限に抑えるので明るくクリアに見えます。センターフォーカスでピント合わせも簡単にでき、目幅の調整も可能な操作性の高い双眼鏡です。

ケンコー・トキナー V-TEX 双眼鏡 10倍 (3,024円)

コンパクトに折りたためる2軸ダハプリズム双眼鏡

コンパクトでスタイリッシュなボディが特徴の V-TEX シリーズです。折りたたんで持ち歩ける双眼鏡で、重量は238gと軽量です。ピント合わせが簡単なセンターフォーカスを採用した使いやすい双眼鏡です。

ダハプリズム式は19世紀に主流だったポロプリズム式をよりコンパクトにするために、ドイツで考え出されました。ダハとはドイツ語で「屋根」という意味で、プリズムの一部が屋根型をしているのが由来です。軸が2つあって折りたためるものを2軸ダハといい、子供の目にも合わせられる利点があります。

ニコン 双眼鏡 アキュロン T01 10倍 (5,518円)

多層膜コーテイングで明るく鮮明な視界を実現

大きさと重さを気にすることなく持ち運べる195gの軽量ボディでありながら、10倍の高倍率双眼鏡です。光の透過率を高める多層膜コーティングを施したレンズで、明るく鮮明な視界を実現しています。ピントリングが大きく調節しやすいので、素早くピントを合わせることができます。

使いやすいターンスライド方式で接眼目当てを覗きやすい位置に調整することができます。ポップでスタイリッシュながら高級感のあるフォルムは、ニコンらしいデザインといえますね。カラーバリエーションも豊富で人気の高い双眼鏡です。

ケンコー・トキナー セレス-GIII 10倍-50倍 (5,470円)

変倍調整10倍から50倍でオールマイティに使える双眼鏡

倍率を10倍から50倍まで変倍できるズーム式の双眼鏡です。倍率を上げても安定して観測することができるので、どんな場面でもオールマイティに使用できます。マルチコートのレンズでくっきりクリアな視界を実現しました。

高性能でありながら重量は308gと軽量です。スタイリッシュな赤いボディには専用ケースとネックストラップも付いています。コンサート以外でもさまざまな場所で活躍しそうですね。

野外のコンサート会場でおすすめの双眼鏡

ソウシア コンサート双眼鏡 高倍率 防水 10倍 (2,780円)

ハイアイポイントで眼鏡着用でも最適なアイポイントに

10m以上の範囲で自動でピントを合わせるオートフォーカスを採用。視界の調節が不要です。ハイアイポイントのため眼鏡を掛けたまま画面を覗きこんでも大丈夫です。お子様でも最適なアイポイントで覗くことができます。

レンズには多層膜コーティングが施されているので、光量のロスを最低限まで抑えて明るい視界と色バランスを保ちます。重量は263gと軽量でアウトドアでも安心の防水仕様です。野外のコンサートにおすすめの双眼鏡です。

ビクセン 双眼鏡 コンサート アリーナ 防水 8倍 (5,761円)

コンパクトでキュートな原色系で野外でも安心な防水仕様

コンパクトでキュートな5色展開の双眼鏡です。レンズ面に3層の多層膜コーティングを施すマルチコートを採用。光の損失を抑えることで明るくシャープな視界を実現しました。防水仕様なので野外のコンサートやスポーツ観戦にも安心して持っていけます。

使い勝手の良い8倍率で、210gの重さも邪魔になりません。本体と同色のポーチとリボンストラップが付いているので、アクセサリー感覚で身に着けることができます。持っているだけで楽しくなるようなおしゃれな双眼鏡です。

ニコン 双眼鏡 ACULON W10 カムフラージュ 防水 8倍 (7,880円)

シンプルな操作性で本格的防水設計のアウトドア双眼鏡

マリンスポーツでも大丈夫な本格的防水設計なので、プールや海辺でのイベントにも安心して携帯できます。コンパクトでおしゃれなカモフラージュ柄のボディはアウトドアにぴったりです。すべりにくいラバーコートグリップを採用し、キャンプや登山にもおすすめな双眼鏡です。

多層膜コーティングを施した明るい視野と、シンプルで操作性の良い大きなピントリングが特徴です。210gの重さは超軽量といえるでしょう。ニコンらしいスタイリッシュな双眼鏡です。

ペンタックス 防水双眼鏡 タンクローUP 10倍 (13,980円)

天候を気にせず使える防水コンパクトモデル

フルマルチコーティングを施したレンズで、見やすくて明るい視界を確保した防水仕様の双眼鏡です。疲れにくいロングアイレリーフで、眼鏡を外さずに使用できます。回転スライド式目当てやラバーコートなど、使いやすい機能をコンパクトボディに盛り込んだ安心スペックのモデルです。

ペンタックスはリコーグループが提供する一眼カメラや双眼鏡を中心とした製品ブランドです。長年培われてきた光学技術で、高性能な製品を生み出しています。4シリーズある双眼鏡の中でもこのUseriesシリーズは、屋外でも屋内でも活躍する明るさと見やすさが特徴です。

サイトロン ミリタリー 双眼鏡 10倍 マルチライトセット (12,960円)

夜の野外ライブでも安心なマルチライトが付いた完全防水双眼鏡

サイトロンTACシリーズのミリタリー双眼鏡は、過酷な条件下での使用を想定して仕上げられた究極の双眼鏡です。光学性能と防水性能に加え耐久性など、考えられるすべての性能を最大限まで追求しています。ハイスペックでありながら280gの軽量型で長時間の使用でも疲れないコンパクトタイプです。野外でのコンサートにおすすめです。

この双眼鏡にマルチに使えるBRIGHT-TECH LEDライトが付いたセットです。手のひらにすっぽり収まるほど小型ですが、ヘッドライトとしても使えるなどとても便利なライトです。37gと超軽量なので夜の野外フェスにはもちろん、災害時にも役に立ちます。

まとめ

軽量でコンパクトなマルチコーティングの双眼鏡がおすすめ

コンサート会場の大きさや明るさに合わせた、コンサート・ライブ用の双眼鏡についてご紹介してきました。コンサートを楽しむためにはコンパクトで軽量であることはもちろん、見やすさや明るさのためにレンズをコーティングしてある双眼鏡がおすすめです。さらに防水仕様なら野外のコンサートでも安心して使うことができます。そして8倍が最も使いやすい倍率です。さまざまな条件によって選び方が変わる双眼鏡ですが、その時々のベストではなく、よりベターなものを見つけることが大切です。ぜひ皆さんにとってベターな双眼鏡を見つけて、コンサートを思い切り楽しんでくださいね。