ホワイトニング向け電動歯ブラシのおすすめ人気比較ランキング!【歯磨き粉のポイントも】

近年したことのあるという人も多くなってきた歯のホワイトニング。やってみたいけれど金額が高くて手が出せない、近くにホワイトニングの出来る歯科医院が無い、などの理由から迷っている方も多いのではないでしょうか。電動歯ブラシで行うホワイトニングなら、自分の好きなタイミングで行うことができ、決められた予算の物を選ぶことが出来るので簡単に始めることが出来ますよ。

電動歯ブラシといえば主流なのはフィリップス。しかし電動髭剃りで有名なブラウンなど、意外と多くのメーカーが作っていますよ。各メーカーに特徴がありそれぞれ内蔵されている機能も様々なので、いざ買おうと思っても選び方が分からないと迷ってしまいますよね。

この記事では電動歯ブラシの種類、機能から自分に合った電動歯ブラシの選び方をランキング形式でご紹介します。ホワイトニングに向いている歯磨き粉の紹介もありますよ。ランキングでは次の3つのポイントを踏まえて作成しています。

  • 電動歯ブラシでホワイトニングは出来るのか
  • どんな汚れが落とせるのか
  • どんなシーンで使えるのか

また、「歯の汚れの原因は?」「どのくらいの時間磨けばいいの?」などの疑問にもお答えしていきます。

電動歯ブラシでホワイトニング効果は得られるか

歯が黄ばむ原因のステインを手で磨くより効率良く取り除ける

ステインとは歯の表面についた着色汚れやヤニのことですが、主にコーヒーや紅茶など色の濃い飲み物などをよく飲む人につきやすい汚れです。また、煙草も原因としてよく挙げられます。時間が経つと着色しやすくなるので、定期的に毎日磨くことが重要になります。電動歯ブラシの細かい振動は人の手では再現できないほど細かく、かつ短時間で歯磨きを済ませることが出来ますよ。

ホワイトニング向け電動歯ブラシに合う歯磨き粉は?

泡立ちを抑えた電動歯ブラシ用の歯磨き粉やジェルがおすすめ

基本的に電動歯ブラシでは歯磨き粉は不要といわれていますが、フッ素や歯周病予防などの効果を得たい人もいるでしょう。普通の歯磨き粉では発泡剤が配合されている歯磨き粉が多いですが、電動歯ブラシで使用すると口の中がブクブクと泡立って磨きづらいです。発泡剤不使用の物を選んだり、ジェルタイプの物を選ぶと泡立ったり飛び散ることなく磨きやすいですよ。

ホワイトニング成分を含む歯磨き粉なら新たな着色を抑えやすい

電動歯ブラシでは、歯科医院のホワイトニングと違い歯の内部的な汚れは残念ながら落とすことはできません。しかし表面についた汚れを落とすことは可能です。ホワイトニング成分を含む歯磨き粉を継続的に使用することで、新たな着色汚れをブロックすることが出来ますよ。

ホワイトニング向け電動歯ブラシの種類

超音波式

1分間に10万回以上の超高速振動でバイオフィルムの除去も可能

超音波式電動歯ブラシとは音波式の電動歯ブラシよりずっと振動数が多く、高い周波数でブラシはほぼ震えることが無く汚れを除去します。歯周病の原因となるプラークの中に存在するバイオフィルムは、普通の歯ブラシでは落とせないといわれています。超音波式の電動歯ブラシでは、音波の作用で細菌のつながりを破壊し虫歯や歯周病に効果があるといわれていますよ。

超音波による振動の幅が小さいので、手で持っていても震える感覚が少ないのですが、手磨きのように歯ブラシを動かす必要があります。人には聞き取ることの出来ない波長なので、音がすることもなく静かな場所で使えるのも嬉しいですね。振動が無いので歯茎を傷める心配も少ないですよ。

音波式

1分間に3万回以上の高速振動で手をあまり動かさずに汚れを落とせる

音波が水流を発生させて汚れを落とす電動歯ブラシです。とても細かな振動で、歯の隙間の汚れまで落とします。超音波式と違って歯ブラシ自体が振動を起こして震えるので、手を動かすことなく汚れを落とすことが出来ますよ。歯茎への刺激は少なめです。

発生させる音波が、毛先が直接当たらない歯周ポケットの汚れまで落とせます。振動式歯ブラシと同じ見た目をしていて、販売されている電動歯ブラシの中では、一番種類が多いです。そのため、予算にあわせて多い選択肢から選べるのが嬉しいですね。

振動式

モーターによる毎分3000回以上の振動で優しく歯周ポケットの汚れを落とす

ヘッドが上下に毎分3000回から9000回の振動をすることで汚れを落とします。回転式と比べると歯垢除去率はやや低いですが、歯や歯茎への刺激が少ないため、歯茎トラブルがある人にお勧めです。また、振動音が小さいため外出先で使用するのにも適していますよ。

振動式は小回りがきいて磨きやすいので、歯の構造が入り組んだ生え方をしている人や、入れ歯や差し歯で凹凸が多い場合に適しています。普通の歯ブラシと形が最も近いので、いつもと変化なく使いやすいですね。価格も安価な傾向にありますので、手を出しやすいタイプと言えるでしょう。

回転式

ブラシの回転によって1本ずつしっかりとプラークを落とす

丸い形のブラシがくるくると高速で回ることで歯垢を除去します。こびりついた頑固な汚れも落としやすいのが特徴。ヘッドが小さく、歯を丸く包み込んで回転するので普通の歯ブラシでは届かないところまで汚れが落とせますよ。

汚れがしっかりと落せる分、歯茎への刺激が強いです。ですから歯茎トラブルがある人や、炎症を起こしやすい人は、使うのに注意が必要です。振動音は大きめなので、自宅で使用したいという人に向いていますね。

ホワイトニング向け電動歯ブラシの選び方

機能で選ぶ

ホワイトニングケア重視ならホワイトニングモード搭載のもの

ホワイトニングモードが搭載された歯ブラシなら、より一層ホワイトニング効果に期待が持てます。歯に付着したステインやヤニを除去できるように設計。通常のブラッシングモードと比較すると、より強力な振動のブラッシングができるようになっています。使用する際は通常のブラッシングモードの後にホワイトモードを使用するものやそうでないものがあるので、説明書で使い方をしっかりと確認しましょう。

磨き残しを無くしたいならBluetoothでアプリ連携できるもの

Bluetoothで専用のアプリと連携できる歯ブラシなら、磨き残しを無くすことが可能です。磨いた時間、場所を教えてくれ、自分の磨き癖を教えてくれるので、磨きが足りない場所をスマホの画面で確認しながら念入りに磨くことが出来ますよ。また、替えブラシの交換時期もアプリからお知らせしてくれます。お子さんの歯磨きの練習にもぴったりですね。

電源で選ぶ

常に持ち運ぶなら外出先で電池交換できる乾電池式

電池式歯ブラシは、持ち運びしやすいようコンパクトな設計の物が多いです。持ち運びを考えて蓋やケースがついている商品が多くありますよ。中に電池が入っている分重めで、パワーは充電式より劣ってしまうのがデメリット。しかし、電池を常備しておくことで、充電がなくなって使いたいのに使えないということはありません。電池が減ってくるとランプが光って教えてくれる機種もあるので便利ですよ。

パワフルなものを選びたいなら充電式

充電式は充電器が置台になっている機種が多く、自宅で使用するのに適しています。ぱっと手に取れるので手軽に使いやすいですね。電池式よりも防水性が高く、お手入れのしやすさでは充電式が勝っているといえます。高価格ですが、その分高性能な製品が多くありますよ。替えのヘッドの種類も豊富なので、家族で自分に合ったものを使い分けることも出来ますね。

ブラシ交換の有無で選ぶ

長く使用したいならブラシが交換ができるもの

歯ブラシは消耗品なのでどうしてもヘッドが汚れたり、毛が開いてきたりします。ヘッドブラシが交換できるものなら、本体さえ壊れなければ使いつづけることが出来ますね。ブラシにも種類がたくさんあるので、その時々で自分に合ったものを使うなど様々なものを試してみることが出来ます。ヘッドブラシの金額も様々なので、本体購入時に合わせて確認するとよいでしょう。

気軽に効果を試すなら安価でブラシ交換ができない使い捨てのもの

安価でヘッドブラシが交換できないタイプの電動歯ブラシは電池式の物が多いです。安価なものなら、とりあえず試してみたいときにも手を出しやすいですね。ブラシの毛が開いてきて替え時になっても手放しやすいですし、またその電池を次のブラシに付け替えることも出来ます。とりあえず手磨きよりワンランク上の歯磨きをしてみたい人にお勧めです。

ホワイトニング向け電動歯ブラシのおすすめブランド・メーカー

Philips(フィリップス)

音波水流で歯垢を掻き出す

電動歯ブラシの中でメジャーなメーカーです。一番の特徴は音波水流を使用して歯垢を取り除くこと。音波水流とは文字通り音波によって発生させる水の流れです。毛先が直接届かない部分の汚れを落とす効果がありますよ。

BRAUN(ブラウン)

丸形ブラシで一本ずつ磨ける

ブラウンは丸形の回転式電動歯ブラシを採用しています。歯科医院のクリーニング器具と形状が似ていて歯の一本一本を包み込むような形で回転し、高い歯垢除去力があります。ヘッドブラシの替えの種類が豊富なのが魅力的です。

Panasonic (パナソニック)

リニアモーターの横振動で歯垢を落とす

振動式のドルツ、という機種が主流です。横振動で毛先が歯の隙間に入り込みやすく、歯並びが悪い場所や入れ歯、歯科矯正の器具がある人にお勧めです。持ち運びがしやすい機種も販売しているので、外出用の歯ブラシを探している人にも適していますよ。

OMRON(オムロン)

独自の縦横振動で汚れを落とす

音波式のハブラシを採用しているため歯に当てているだけで歯垢除去ができ、歯茎へのダメージが小さいです。独自の立体振動がより効果的に歯垢除去してくれます。本体が細身なので、手磨きのように正しい持ち方をしやすいですよ。

おすすめ&人気のホワイトニング向け電動歯ブラシランキング

ホワイトニングモード搭載でおすすめのホワイトニング向け電動歯ブラシ

Philips-ソニッケアープロテクトクリーンプラス(9,571円)

付属ブラシで歯茎の健康まで促進

2分30秒のホワイトニングモードでステイン除去をしてくれます。替えブラシは全て互換性がありますが、付属のホワイトプラスというひし形のブラシを併用することで、よりホワイトニング効果が高まります。このホワイトブラシは手磨きと比べて7倍もの歯垢除去力がありますよ。

様々な機能も充実していて、磨く圧が強すぎると音でお知らせしてくれます。強いブラッシングは歯茎も傷めてしまいますし、ブラシの毛が寝てしまうため上手く磨くことが出来ません。ソニッケアーは磨く圧も手磨きの半分ほどの力でできますよ。

BRAUN-オーラルB PRO2(8,233円)

圧倒的な歯垢除去力

ホワイトニングモードでは、回転数に緩急をつけることで効率的にステインを落としてくれます。プラーク除去率も手磨きと比べて99.7%アップしていて確実に高い効果を出してくれますよ。手磨きでは再現できない左右反転運動で歯の一本一本の際に密着して汚れを落としてくれます。

回転式は歯茎を傷めやすいので、この歯ブラシでは2分の歯磨きを推奨しています。30秒おきに振動で時間を教えてくれるので磨き過ぎを防ぐことが出来ますよ。振動が鳴るたびに磨くブロックを変更することで均等に磨くことが出来ますね。

JTFソニック-P200(4,280円)

ハイテク磁気浮上モーターで持ち手の不快感が少ない

1分間に40,000回の高速音波振動と音波水流によって、歯間の汚れだけでなく歯茎の汚れまでしっかりと落してくれます。2つのホワイトニングコースがあり、ステインを集中的に落とすコース、歯の表面を白く磨き上げるコースがあります。汚れを落とすだけでなく、マッサージモードで歯茎に優しい刺激を与えることも出来ますよ。

充電式電動歯ブラシですが、2時間のフル充電で90日間使用することが出来ます。旅行に行く際にも、充電器を持っていく必要がありませんね。充電用のアダプターは付属されていませんが、USBケーブルは付属されていますよ。

MR:ーS310(5,880円)

5つのモードの音波振動で徹底的に汚れを落とす

1分に約40,000回の音波振動で、しっかりと歯垢を落とします。音波水流を同時に起こすことで、歯間の奥の汚れにまでアプローチすることが可能。縦長のブラシでさらに効率よく汚れを落とすことが出来ますよ。

5種類の歯磨きモードを搭載。そのうちのホワイトニングモードでは歯の黄ばみに効果を発揮します。黄ばみの原因は歯垢の付着や喫煙、色の付いた飲み物が主な原因といわれています。日常的にそういった嗜好品を好む人にお勧めの電動歯ブラシですよ。

乾電池式でおすすめのホワイトニング向け電動歯ブラシ

PhilipsーOne(2,464円)

スタイリッシュでカラーバリエーションも豊富

お洒落な4色から選べる細身の電動歯ブラシです。ケースも細くコンパクトなため、毎日の持ち運びにピッタリです。電池を抜いた重さで27gと非常に軽量ですので、毎日持ち歩いても重さを煩わしく感じることがないでしょう。

マイクロ振動で汚れを落としてくれます。さらに、ブラシが柔らかく歯間にフィットする形状なので、効率的に汚れを落としますよ。3か月を目安にブラシを交換するタイプですので、衛生的に長く使用することが出来ますね。

PanasonicーEWDS42W(3,164円)

男性でも握りやすいロングサイズの電動歯ブラシ

安価ながら、毎分16,000ブラシストロークで高速で汚れを落とす高性能電動歯ブラシです。先端は0,02mm極細毛ブラシになっていて、歯周ポケットなど細かい隙間に入り込み汚れを落とします。毛先3mmに段差が設けており、歯周ポケットには必要以上に毛先が入り込まないので、歯茎を傷める心配がありませんね。

ブラシの背面が舌ブラシになっています。小さい凹凸で舌を傷つけることなく優しく汚れを落とします。忙しいお昼休みなどでも、舌ブラシに持ち替えることなくパッと舌の汚れを落とすことが出来るので口臭予防が時間短縮で出来て一石二鳥ですね。

dretecーTB314WT(680円)

微細毛で細かい部分の汚れも落とす

非常に細い極細毛のブラシで、歯周ポケットの汚れを掻き出します。毛の長さが違う構造のブラシで、歯の表面の汚れはもちろん、複雑に入り組んだ場所の汚れも落とすことが出来ますよ。ブラシは交換することができるので、経済的に使えますね。

毛先のカバーなどは付属していないので、自宅での使用におすすめ。防滴仕様でぬれた手で使用しても問題ありません。コード類が不要の電池式なので、普通の歯ブラシと同様にすっきりと収納させることが出来ますね。

充電式でおすすめのホワイトニング向け電動歯ブラシ

OMRON-HTB322SL(9,120円)

独自の縦横振動で汚れを落とす

角度の付いたアングルヘッドブラシが特徴。絶妙な11度の角度の付いたブラシが、普通では届きづらかった汚れまで掻き出してくれます。ヘッドはかなり小さく、届きづらい奥歯を磨くのに適しています。ブラシもアーチ状になっていて歯にフィットしますよ。

用途によって使える複数のモードを搭載。通常モードでは、縦と横同時の楕円運動で効率的に汚れを掻き出します。ソフトケアモードでは横だけに振動し、優しく歯周ポケットの汚れを落とし、ポイントケアモードでは縦だけに振動して磨きにくい場所を集中的にケア。自分にあった磨き分けすることが出来ますね。

usmileーEF1APUEJP(18,468円)

1年間充電不要で電気代がかからない

充電式の歯ブラシですが、一度充電を満タンにすると、1日2回使用しても1年間使用することが可能。充電台を出しっぱなしにするのが嫌な人におすすめです。電気代があまりかからないのも嬉しいポイントですね。

ケースがついていて、中に歯ブラシをしまうことでUV除菌することが出来ます。価格は高めですが、長く使用することを考えて衛生を保てるのは嬉しいですね。除菌ケースを通して充電するので、お出かけする際にも清潔を保ったまま持ち出すことが出来ます。

BRAUN-キッズPRO(4,898円)

子供用のハイスペックモデル

子供用の回転式電動歯ブラシです。子供用もブラウン独自の3D丸形回転ブラシが歯垢を効率的に落としてくれます。歯磨きが嫌いなお子様でも、人気のキャラクターの絵柄付きで楽しく歯磨きをすることが出来ますね。

磨く力が強すぎると、上下運動を自動でストップしてくれる加圧ストッパーがついています。親が磨く力の強さを教えるのはなかなか難しいですよね。歯磨きを自分で覚え始めたお子様でも、歯茎を傷めることなく安心ですよ。

ReOra-アドワン(5,990円)

女性に嬉しい舌ブラシ付き電動歯ブラシ

しっかり磨きたい人から知覚過敏の人にまで対応できる5つのモードで、家族でブラシを変えれば共有できる電動歯ブラシです。ブラシのサイズはS、M、Lの3種類から選べるのでお子様から男性まで、それぞれに合ったブラシを選ぶことが出来ますよ。Lサイズでは舌専用ブラシも付属しているので、口臭が気になる悩みを持った人にもおすすめです。

充電スタンドに除菌器がついています。ヘッドブラシを除菌器にセットして蓋をすると除菌がスタートします。7分で除菌が完了するのですが、完了後は自動で除菌器の電源がオフになるので消し忘れることはありませんね。

EPEIOSーオーケアプロ(7,920円)

コスパ重視の高性能歯ブラシ

様々な機能を備えた電動歯ブラシです。4時間の充電で270日も使用することが出来ますよ。充電台はなく、歯ブラシ底面に直接端子を差し込みます。一度充電すれば長く使えますし、充電台に立てておく必要もないので、すっきりと収納できますね。

W型のブラシが歯の凹凸にフィットして汚れを掻き出します。ブラシは世界中で防護服や樹脂製品などを展開する信頼のデュポン社製。柔軟でありながら高い耐久性を持っています。吸水性が低く雑菌の繁殖も抑えるので清潔に使用することが出来ますね。

まとめ

歯の状態と悩みを踏まえた上で選択するのがおすすめ

電動歯ブラシには、種類が豊富にあります。ホワイトニングで歯を白くしたいという悩みはもちろん、自分の歯並びや使うシーン、ランニングなど、選ぶ際に考慮する点がいくつかありましたね。色々な電動歯ブラシの中から自分の決め手となる点を比較してみて、自分にピッタリなものを探してみてくださいね。

コメントを残す

*

About

モノナビはモノの比較サイトです。
各ジャンルの専門家がおすすめの商品を紹介して、あなたのモノ選びをより豊かにします。