ミラーレス一眼カメラの格安レンタルでおすすめの会社比較ランキング!

ミラーレスカメラの格安レンタルでおすすめの会社比較ランキング!

簡単に綺麗な写真を撮影できる、ミラーレスカメラ。ミラーレスはカメラを使ったことがない初心者の方でも、簡単にプロ並みの写真が撮影できるため、人気の高性能カメラです。一眼レフよりも軽くてオシャレなため、女性からも注目されているカメラです。そんな人気のミラーレスカメラ、買うと数万円はくだらないことから、買うのは難しい、という人も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、ミラーレスのレンタルサービスです。短期間だけ、数千円でまずは使ってみることができる便利なサービスです。買う前に一度、レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。今回はそんなミラーレスのレンタルサービスについて、レンタル会社の選び方やおすすめのレンタル会社まで幅広く紹介していきます。

ミラーレスカメラのレンタルとは?

短期間だけミラーレスカメラを借りることが出来るサービス

ミラーレスカメラのレンタルとは、ミラーレスカメラを格安でレンタルできるサービスのことです。ソニーやオリンパスなど、人気のメーカーのミラーレスカメラを短期間借りることが可能です。買うと10万円以上するカメラも数千円でレンタルすることができるお得なサービスです。

ミラーレスカメラレンタルのメリット

使いたいときに使える

買いに行く時間がない忙しい人におすすめ

使いたい日に事前に予約しておけば、ミラーレスカメラをその日に使うことができます。レンタル商品の受取は宅配が定番なので、商品を取りに行かなくても、自宅に届けてもらうことが出来ます。そのため、買いに行く時間がなくても、使いたい日に予約さえしておけば、自宅にミラーレスが届くので忙しい人にとっても便利ですよね。

買うよりも断然安く使える

日常的にミラーレスを使わない人におすすめ

機種やメーカーによってミラーレスカメラの価格帯は様々ですが、買うと安くても数万円、高ければ10万円以上するものです。値段が高い一方で、買っても毎日使うものではなく、利用頻度が少ない人も多いのではないでしょうか。そんな方にはレンタルがピッタリです。買えば数万円以上するものを数千円で使うことができるのです。ミラーレスのレンタルサービスは、お金を節約しながら賢く使うことができる手段です。

面倒なメンテナンスが必要なし

カメラのメンテナンスが苦手な人におすすめ

ミラーレスは精密機器なので、品質を維持するためには細かいメンテナンスが必要になります。使った後にレンズを掃除するのはもちろん、湿度を適度に保ち、カビの発生を防ぐ必要があります。しかし、レンズの掃除や湿度の維持はミラーレス初心者の方にとっては難しく、また掃除用具や防湿庫の購入に出費がかかってしまいます。一方で、レンタルでは、運営会社がメンテナンスを行ってくれるので、いつも綺麗な商品を使うことが出来ます。また掃除も会社側にお願いできるので、面倒な管理も必要ありません。

ミラーレスカメラレンタル会社の選び方

レンタルできる期間で選ぶ

ミラーレスカメラのレンタル期間は、最低でも2泊3日~が基本です。1泊2日で利用できる会社は殆どありません。受け取りと返却に丸1日かかることが主な理由であると考えられます。通常、ミラーレスのレンタル会社は、レンタル当日に商品が届くように配送します。その為、レンタル当日に朝一番から使うことは難しく、早くても午後からになってしまいます。また、返却日には24時までに返送処理を行う必要がある会社が多く、余裕を持って夕方には返却をすると考えると、2泊3日でちょうどいいのではないでしょうか。受取・返却を考えると、最低でも3泊4日はあった方がいいかもしれません。

値段の安さで選ぶ

ミラーレスのレンタル価格は、レンタルするカメラの定価によって変動します。定価が安いカメラであれば、2泊3日5000円前後から、定価が高いカメラでは、2泊3日1-2万円することも。いずれにしても、カメラの定価の5~10分の1以下でレンタルすることができるので、購入するよりかは断然お得ですよね。

レンタル価格は、会社によっても大きく異なります。あるレンタル会社ではミラーレスの本体だけで5000円であっても、他の会社ではレンズキットが付いて5000円ということもあり得ます。また、送料だけでも千円を超えるので、送料が無料かどうかも確認しておきたいところです。できるだけ安くレンタルしたい場合は、しっかりと価格を比較した上で、予約するのがおすすめです。

商品や機種・在庫の豊富さで選ぶ

商品の展開もレンタル会社によって様々です。ミラーレスで最新のモデルと言えば、ソニーのα6400やα6500が挙げられますが、取り扱っているレンタル会社は多くありません。最新のミラーレスをレンタルしたい場合は、商品展開が豊富な会社を選ぶのがおすすめですね。

商品数と合わせて注意したいのが、在庫数です。商品が豊富でも、在庫がないということが多々あります。特に7月から10月にかけては出掛ける人が多く、カメラレンタルのニーズも高くなります。ミラーレスレンタルの在庫も少なくなりがちなので、ネットから予約したにも関わらず、当日在庫がないと言うことも。。ネットでしっかりと口コミを確認した上で、レンタル予約するのがおすすめです。

受取・返却の便利さで選ぶ

ミラーレスレンタルの受取方法は会社によって様々です。宅配か店舗での直接受取が主流ですが、空港やホテルで受け取りができる会社も。空港やホテルで受け取りをすれば、旅行先で受け取ってそのまま使えるので、レンタル期間を短くできるだけでなく荷物にもならないので、とても便利ですね。

ミラーレスカメラレンタルサービスの使い方・やり方

サイト上でミラーレスカメラを予約

ネットで簡単に予約・決済が可能

一昔前のミラーレスカメラのレンタルと言えば、店舗で直接予約して受取に行く、というのが通例でした。しかし現在では、サイト上でレンタル予約と決済を行うことができ、家でミラーレスカメラを受け取ることが可能です。多くの会社でスマホから直接予約することができ、その場で予約が確定するので、いつでも思い立ったらレンタル予約をすることができますよ。

指定場所でミラーレスカメラを受け取る

自宅・空港・ホテルでミラーレスカメラの受け取りが可能

自宅をはじめ、空港やホテルなど自分が予約時に指定した場所でミラーレスカメラを受け取ることが可能です。ホテルの場合は、フロント宛に送られるので、チェックイン時に受け取ることができますよ。空港では専門のカウンターではなく、郵便局の窓口で受け取ることが可能です。旅行先や自分の受け取りやすさを考慮して、受取場所を決めるのがおすすめです。

ミラーレスカメラを使う

返却迄自由に利用可能

ミラーレスカメラを受け取ってから返すまでは、自由に使ってOKです。自分の思い思いの撮影をして、ミラーレスカメラを堪能してください。Wifi接続が可能な機種でしたら、撮影後すぐに、ご自身のスマホへ転送することができます。リアルタイムでSNSへアップできますよ。

ミラーレスカメラを返却(返送)する

全国から返却が可能

全国どこからでもミラーレスカメラの返却が可能です。返却期限は、レンタル終了日の24時まで。最終日まで思う存分ミラーレスカメラを使うことができますね。レンタルセットに、返送用梱包袋や伝票が入っているので、返却手続きは楽々。返送料も無料です。ミラーレスカメラを使い終わったら、最寄りの郵便局やコンビニから返送ができるので、返却に時間を取れらることもありません。

豊富なラインナップで幅広いユーザーに対応

2012年キヤノン初のミラーレスEOS Mの発表を皮切りに、現在まで8つの商品が発売。ミラーレスのシェア率は業界トップです。プロに人気な上位機種EOS M5から、初心者にも安心な入門機種EOS KissMまで幅広いユーザーに対応しています。キヤノンのミラーレスは、イメージセンサーの性能を重視。初中級者向けの一眼レフと同じイメージセンサーを使用しているため、高画質な写真撮影が可能です。

オリンパス PENシリーズ

小型軽量タイプで持ち運びに便利

オリンパスは、2008年ミラーレス業界にいち早く参入しました。オリンパスのミラーレスシリーズは2つ。本格的な撮影をしたい人向けのOM-D E-M10シリーズに対し、PENシリーズは初心者向けです。PENシリーズは、レンジファインダー式カメラで、小型軽量タイプのため、持ち運びに便利。アート機能に優れ、またレトロな見た目からも、特に女性に人気のシリーズです。

ソニー α6000シリーズ

イメージセンサー技術に優れている

a5000の上位機種として開発されたa6000シリーズ。高解像、高感度で上級者に人気のシリーズです。APS-Cサイズを採用していますが、元々ソニーは半導体開発に精通した会社。半導体のノウハウを活かしたイメージセンサー技術はトップクラス。5段階の手ブレ補正機能を内蔵したα6500やAF速度が0.02秒に高速化したα6400など、各機種個性豊かな特徴を持っています。

ミラーレスカメラレンタルでおすすめの商品

ミラーレスカメラ初心者におすすめの機種

キヤノン – EOS Kiss M(レンタル料金11,000円~)

動く被写体を取りたい方向け

2018年3月に発売されたキヤノンミラーレスの最新機種。Mシリーズの中で最も初心者向けのミラーレスです。瞬時にピントを合わせてくれるので、被写体が動いてもブレずに撮影することができますよ。運動会や旅行先でお子様を撮影したいファミリーにおすすめのモデルです。

オリンパス – PEN E-PL9(レンタル料金7,500円~)

持ちやすい女性に人気モデル

2018年3月発売のPEN E-PL9は、旧型モデルからダイヤルとグリップが大きくなり、さらに手に馴染みやすくなりました。可愛いデザインと選べるカラーバリエーションから、おしゃれな女性に人気のモデルです。

ソニー – α6000(レンタル料金 7,500円~)

圧倒的な軽量感で携帯に便利

α6000シリーズの初期モデルであるa6000は、2014年3月に発売。特徴は、なんといっても圧倒的な軽さ。ほとんどの機種が350gを超える中、α6000は285g。携帯性に優れた機種です。普段使いで気軽に撮影したい方におすすめ。

ミラーレスカメラ好きにおすすめの機種

ニコン – Z6 24-70(レンタル料金 30,000円~)

幅広い感度域で多種多様な場面に適している

2018年に登場したZ7とZ6シリーズ。中でもZ6 24-70は、ISO100~51200と幅広い感度域に優れたオールラウンドモデルです。パノラマ撮影や暗所での撮影など、多様な場面で撮影したい方に試していただきたい機種です。

フジフィルム – X-T2(レンタル料金 16,000円~)

4K動画が撮れる中~上級者向け

FUJIFILM X-T2は、2016年9月に発売。一眼レフを思わせるような高いAF性能が特徴。AF-Cのカスタム設定ができ、被写体に合わせた撮影が可能です。4K動画が取れることも人気の理由。仕事で使いたい方にもおすすめ商品です。

キヤノン – EOS M6 MarkⅡ(レンタル料金 14,000円~)

ハイスペックかつコンパクトな機種

一眼レフEOS 90Dとともに2019年8月に発表されたEOS M6。AFまわりのスペックは、最上位機種のEOS M5に劣りません。RAWの連続撮影可能枚数は、EOS M5よりも1枚多い約17枚。また、EVF内蔵していないため、コンパクトなサイズです。使用頻度が高く、気軽に持ち歩きたい方には便利です。

ミラーレスカメラレンタルでおすすめの会社比較ランキング

総合評価でおすすめのレンタル会社(安さ・便利さ・豊富さ)

モノカリ

当日レンタルOK

店頭受け取りであれば、最短2時間後からミラーレスのレンタルが可能。場所は新宿から2駅と好立地です。郵送でも最短2日で届けてくれますよ。自宅以外に全国の空港やホテル受取ができるモノカリならではのサービスも。急を要する方には特におすすめです。

マップレンタル

新宿駅近くの店舗で当日レンタルできる

店頭受け取りのみ当日レンタル可能。店舗は新宿駅近くのなので、都内勤務の方には便利ですね。しかし、約2800円からと料金面ではモノカリに一歩及ばす。送料も安くて往復1300円かかります。照明やストロボなどのアクセサリーを扱っているため、写真館のように本格的な撮影を試したい方にはおすすめです。

レンティオ

全国どこでも送料無料

レンティオは全国どこでも送料無料です。通常、東京23区のみや5,000円以上のレンタルなど条件付きで送料無料となる会社が多いです。しかし、レンティオは、モノカリやDMMいろいろレンタル同様、無条件で送料が無料。また、届け先は自宅以外に、国内(離島除く)であれば、宿泊先を指定することもできますよ。残念ながら、レンティオには空港受取サービスがありません。海外や離島への渡航で空港受取したい場合は、モノカリを利用しましょう。

レンタル料金の安さでおすすめの会社(泊数・送料・セット内容)

モノカリ

1泊からレンタルできる

他社のミラーレスの最短レンタル日数は、通常3泊4日から。しかしモノカリでは、なんと1日からレンタルが可能です。ミラーレスをお試しで使ってみたい方や数時間だけの使用したい方など、気軽に借りることができますね。

CameraRenta

長期レンタルがお得

長期のレンタルなら、CameraRentaがおすすめです。他社では、3泊4日で約7000円かかるところ、CameraRentaでは同じ金額で6泊7日借りることが可能。ヨーロッパやアメリカ方面など長期の旅行で使い方に嬉しいサービスですね。しかし、どの機種も在庫が少ないため、レンタル中で借りられないケースが多く見られます。また、取り扱い種類も少ないため、運よく使いたい機種が空いていれば、安くレンタルすることができますよ。

レンタルカメラショップ

0泊1日からレンタルが可能

3泊4日からしかレンタルできない会社が多い中で、レンタルカメラショップでは0泊1日からレンタルすることができます。古い機種が多いですが、Nikon DシリーズやCanon EOSといった人気商品が約3000円から借りることが可能。結婚式のように1日だけ使いたい方におすすめです。しかし、送料は1800円からと他社に比べて高く、トータル金額が割高になるケースも。送料無料のモノカリなら、送料を気にすることはありません。全体にかかる金額を計算してレンタル会社を判断しましょう。

商品の豊富さでおすすめの会社

レンティオ

圧倒的な品揃えの良さ

レンティオの特徴は、ミラーレスの品ぞろえの良さ。ミラーレスが欲しいけど、グリップの握り心地や写真の仕上がりなど、いろいろ使ってみてから買いたいという方におすすめです。しかし、最低レンタル日数は3泊4日なので、週末にちょっと使ってみたい場合は、躊躇してしますね。レンタルの気軽でいうなら、0泊1日からレンタルできるモノカリが利用しやすいですよ。

モノカリ

人気商品の取り扱いが豊富

モノカリは、レンティオに劣らず取り扱い商品が豊富。豊富なだけではなく、オリンパス PENやキヤノンEOS M10などの人気商品をもいつでも借りることができます。モノカリなら、風景撮影をしたいアウトドアや動く被写体を撮りたいコンサートなど目的に合った機種が見つかるはずです。

DMM いろいろレンタル

旧型モデルが8割を占める

ミラーレス含めカメラの商品取り扱い数が多く、また1泊からレンタルができるので気軽に利用できます。しかし、旧型モデルが8割を占め、最新機能を試してみたい中級者以上には物足りない品揃えです。誕生日会や懇親会などちょっとしたイベントで使ってみたい、またはコンデジ以上の画質でOKという方には問題なく利用できる会社です。

ミラーレスカメラをお得にレンタルするならモノカリがおすすめ

今回の記事では、ミラーレスカメラのレンタル会社の比較や詳しいサービスについてご紹介していきました。複数のレンタル会社がある中で、モノカリではよりお得に便利にレンタルできるサービスが提供されています。空港受取・1泊2日から・SDカード付属・業界最安値と、他社にはないモノカリならではのお得で便利なサービスが充実しています。ミラーレスカメラをレンタルしたいけれど、できるだけお得に借りたい、という人はモノカリで一度レンタルしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*