2018年ふるさと納税で貰えるipadの返礼品と還元率まとめ

手続きも簡素化され、ますます注目が集まっているふるさと納税。メリットが多いという話を聞いて、興味をお持ちの方も多いと思います。自転車などの日用品から掃除機炊飯器など家電関係も多く返礼品として用意されていますが、なんとアップルipadも返礼品として準備している自治体があるのはご存じでしょうか。タブレット返礼品の中でも洗練されたデザインや使いやすさでふるさと納税でも多くの寄附者を獲得しているiPad。ふるさと納税では寄附額が比較的高額なではないか?気になりますよね。ふるさと納税の返礼品としてお得に手に入る方法があるとすればうれしい限りです。今回はiPadをふるさと納税の返礼品として手に入れる方法や還元率、その詳しい種類などについてお伝えしていきますので、是非検討される際の参考にしてください。

総務省通達の影響とは

総務省の通達で家電製品は少なく

iPadも申し込みは早めに

総務省より、ふるさと納税での高額の返礼品が過熱しすぎているとの通達があり、還元率は30%程度に抑えるようにとの方針が示されました。自治体もその方針に従っている様子です。

iPadもまだ返礼品として存在しており、還元率も30%程度で範囲内ですが、なくなる可能性もありますので、注意が必要です。申し込みはお早めにされると良いかと思います。

iPadとは?

アップル社のiOSを搭載する高品質なタブレット

セキュリティーも比較的安心

iPadとはアップル社のタブレットで、すべてにiOSというOSを搭載。OSや外装も高品質で、アプリの内容もアップル社の審査が必要でセキュリティも比較的良好です。

直感的で使いやすくシンプルで美しい

アプリ間の連動も快適

iPadの特徴は直感的でシンプルな操作性やデザイン。説明書がなくても操作が分かりやすく使いやすい上に、シンプルな美しさが全てにおいて一貫しています。アプリも全て専用ですので、アプリ間の連動も快適です。

iPadと通常のタブレットとの違い

通常のタブレットはAndroidを搭載

基本となる土台が異なる

iPadと他のタブレットを区別するのはそのOSです。iPad以外の多くのタブレットにはAndroidなどのOSが搭載されており、タブレットの基本となる土台が違うということになります。

Androidの機種数は数千に及ぶ

多彩な機種を選びたい人向け

Android搭載のタブレットはさまざまなメーカーから販売されているため、その機種数は数千に及びます。しかし、iOSを搭載するのはiPadのみです。

ふるさと納税でiPadの返礼品が貰える自治体

佐賀県みやき町(寄附金額130,000円~)

最高級牛肉「佐賀牛」や大河筑後川のうなぎなどの豊かな恵み

iPadを返礼品として用意しているのは、現在佐賀県みやき町のみ。みやき町は最高級牛肉の「佐賀牛」の産地で、大河筑後川にはうなぎなどの豊かな恵みが溢れています。

筑紫平野の穀倉地帯は特選「さがびより」の産地

また、筑紫平野の穀倉地帯であり、そこでは「さがびより」というお米も生産されているため、おいしいお米や牛肉、水産物などの返礼品がたくさんあります。

小田原市はiPadの返礼品を廃止

以前は神奈川県の小田原市も返礼品としてiPadを用意していたようですが、残念ながら現在は廃止されているようです。iPadをふるさと納税の返礼品として欲しい方はみやき町への寄附を検討する必要があります。

なぜふるさと納税の返礼品でiPadの返礼品が貰えるのか?

高額の寄附金額が期待できる家電も多く用意

寄附しやすい返礼品を積極的に採用

iPadとみやき町の直接の関係は見当たりませんが、みやき町では高額の家電製品も多く返礼品として用意されています。高額の家電製品は多額の寄付が期待されることもその要因の一つだと思います。

町の宣伝効果も期待できる

iPadという人気の製品を返礼品として用意することで、みやき町に注目が集まり、町のことを知ってもらうきっかけになるのもうれしい効果であると考えられます。

ふるさと納税でiPadの返礼品分の寄附が全額控除できる年収目安

全額控除できる年収目安は約800万円~

約13万円の寄附金額が最低価格

iPadを全額控除できる年収目安は、独身もしくは配偶者控除のない共働きの夫婦で約800万円からです。また、配偶者控除のある夫婦のみの場合は850万になります。

単純に購入するよりもお得

全額控除に関しては、比較的高額な所得者となりますがiPadを単純に購入することを考えると、少しでもお得に買える場合は検討しても良いかも知れません。

ふるさと納税でiPadの返礼品に寄附申込できるサイト

みやき町ふるさと納税特設サイトも見やすい

iPadを返礼品としているみやき町のふるさと納税に申し込むには、町の公式サイトにふるさと納税特設サイトが用意されています。こちらは見やすく分かりやすい内容になっています。

ふるなびなら家電も多く掲載

また、ふるさと納税サイトの「ふるなび」なら、その他の家電などを返礼品とする自治体も分かりやすく表示されていますので、みやき町の寄附申し込みとあわせてご覧になってみてください。

ふるさと納税で貰えるアップル(apple)タブレットで人気の返礼品

アップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB (寄附金額330,000円~)

大容量で一番高性能なモデル

このモデルはWi-Fiでも使用可能な一方、Wi-Fi環境のないところでも事業者と契約すれば通信が可能です。容量も比較的大きいタイプで、データや動画をたくさんダウンロードしたい場合にも便利です。

また、iPadProはiPadの中でもビジネスモデルであり、その操作性は抜群に迅速で快適です。iPadを持つならこれを使ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

還元率は33%

このモデルの還元率は33%です。総務省の通達でも家電の還元率は30%程度に抑えるように通達が出ていますので、その範囲内になりますが、お得な返礼品といえます。

アップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi + Cellular 64GB (寄附金額270,000円~)

Wi-Fi環境がなくても通信できる

このモデルはWi-Fi環境以外でも通信可能で、それには通信業者との契約が別に必要となります。この容量は通常の利用範囲内では十分な容量です。不足分はクラウドのデータ保存等を活用すると良いでしょう。

こちらもiPadProのビジネスモデルで、操作性は快適です。画面も大きく、文字も見やすいので作業が大変にしやすいモデルと言えます。液晶画面の表示の美しさも特筆すべきものです。

還元率は34%

この返礼品の還元率は34%です。こちらも30%前後の還元率で総務省の通達の範囲になります。高額な家電を見直す流れもあり、早期の申し込みが必要かもしれませんが、大変にお得な返礼品です。

アップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi 256GB (寄附金額280,000円~)

Wi-Fi環境のみで使えるビジネスモデル

こちらのiPadはWi-Fi環境のみで使用でき、通信業者との契約をしてもそれ以外の場所では通信できません。しかし、通常の作業をするのに十分な容量を備えています。

iPadProというビジネスモデルですので、Wi-Fi環境さえあれば快適な操作性が確保されます。過去にはiPadProは重さがネックでしたが、最近は持ち運びにも苦を感じない程度に軽量化されました。

還元率は33%

この返礼品の還元率は33%です。その他の返礼品と比べても高い還元率と言えるでしょう。還元率の高い返礼品という一点で選ぶにしても、お得な返礼品と言えると思います。

アップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi 512GB (寄附金額330,000円~)

Wi-Fi環境で使える大容量モデル

こちらのモデルもWi-Fi環境のみで使用可能です。特徴としては、その大容量。ゲームやアプリなどで保存容量が多く必要な方にもオススメのモデルです。

iPadProのビジネスモデルなので、快適な操作性と他のノートパソコンを超える圧倒的なパワーも感じられます。さまざまな用途でのヘビーユーズにも耐えうるモデルです。

還元率は36%

こちらの返礼品の還元率は36%と他のiPadと同じく大変にお得な還元率になっています。いつまでもあるか分かりませんので、希望する方はお早めの申し込みが必要かも知れません。

アップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi 64GB (寄附金額230,000円~)

Wi-Fi環境のみで使用可能な小容量モデル

こちらの返礼品はWi-Fi環境のみで使用が可能です。こちらは他と比較すると小容量になりますが、本体への保存をそれほど想定していない方には有用なものだと思います。

こちらもビジネスモデルになりますので、操作性やパワーは圧倒的で他のノートパソコンを大きくしのぐものです。たとえ、容量がそれほどなくても、使用方法次第では使い勝手の良い返礼品になります。

還元率は33%

こちらの返礼品の還元率は33%です。その他の農産物などの返礼品は10−20%程度のものも多くありますので、大変にお得な返礼品と言えると思います。

アップル(apple)iPad mini 4 Wi-Fi 128GB (寄附金額150,000円~)

小回りのきくコンパクトモデル

こちらはiPadの中でもコンパクト設計のiPad miniです。日常生活の中で持ち運んで使用する場合や、家庭でのちょっと使いにとても良いモデルです。

コンパクトなサイズでも容量は十分ですので、大きなノートパソコンに決して劣るものではありません。操作性も快適で使いやすく、どこへでも一緒に行けるモバイル端末です。

還元率は33%

還元率は33%と、こちらも高い還元率となっています。通常の店舗で購入を検討するなら、ふるさと納税を検討してみる価値は十分にあると考えられます。

アップル(apple)iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular 128GB (寄附金額200,000円~)

コンパクトながらどこでも使用可能

このモデルはWi-Fi環境だけではなく、通信事業者との契約があればどこでも使用可能です。容量も十分で持ち歩いて使用するのに最適なモデルと言えます。

軽さはたった298グラムと驚くほどです。少し大きな画面でFaceTimeなどの画像通話も快適に行えます。通勤の車内などでも使用感が良いモデルです。

還元率は33%

還元率は33%とお得な返礼品と言えます。ある程度の寄附金額は必要ですが、単純に購入するよりお得感があると思います。家電製品の返礼品の中でもお得な部類に入ります。

アップル(apple)iPad Wi-Fi + Cellular 32GB (寄附金額180,000円~)

業者との契約でどこでも使用可能

スタンダードなサイズのiPadです。こちらはWi-Fi環境以外でも通信業者との契約でどこでも通信が可能になります。容量もある程度確保されており、クラウドサービスなどと併用すれば十分快適に使用できます。

iPadProは大きすぎるけれども、iPad miniでは小さいと感じる方で、ノートパソコンの代わりになるものを探している方にはこちらがフィットするかと思います。

還元率は32%

還元率は32%と、他のiPadと同じぐらいお得な設定となっています。還元率だけを比較しても、返礼品として指定する価値のある高い率と言えると思います。

アップル(apple)iPad Wi-Fi 128GB (寄附金額160,000円~)

Wi-Fi環境のみで使え容量も十分

スタンダードなiPadで、Wi-Fi環境のみで使用が可能なモデルです。Wi-Fi環境以外でもスマホのテザリングサービスやモバイルルーターなどを使用する場合はWi-Fiモデルで対応が可能です。

容量も十分に用意されていますので、通常の使用範囲では問題は感じないかと思います。その軽さの割には大変にパワフルで、複数のアプリケーションを使用しても快適な操作性です。

還元率は33%

還元率は33%です。大変にお得な還元率ですので、ふるさと納税をするという意義と合わせると、検討の価値があると思います。全額控除にならなくても、検討してみられると良い返礼品です。

アップル(apple)iPad Wi-Fi 32GB (寄附金額130,000円~)

最もスタンダードなiPad

こちらは最もスタンダードなモデルと言えます。Wi-Fi環境のみで使用が可能です。通常のノートパソコンと比較して購入を検討される方にはおすすめできる返礼品です。

容量はそれほど多くありませんが、使用方法やクラウドサービスとの連携で問題なく使用が可能になります。付属品も充実していますので、基本的な機能を求められる方には快適な使用感であると思います。

還元率は31%

還元率は31%と高い率になっています。iPadの還元率を考えると低い方ではありますが、ほぼ違いはなく他の返礼品と比べても高い還元率と言えると思います。

iPadの返礼品ならアップル(apple)10.5インチ iPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB がおすすめ

以上のように見ていくと、どれも還元率においては大変にお得な水準です。その意味では、最も高性能でWi-Fi環境以外でも使用でき、容量も十分なこのモデルがおすすめです。

その上で、持ち運びを重視するのか、それとも画面の大きさや操作の迅速さを必要とするのかなど、ご自身のニーズにあったモデルを選択して返礼品を申し込まれると良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。