ワクワクメールの特徴と効率よく女性と出会う方法まとめ!

出会い系サイトの老舗である、ワクワクメール。東京都内では、渋谷駅をはじめ主要ターミナル駅で大規模なプロモーションが行われており、知っている方も多いのではないでしょうか?累計の登録者数は800万人と、業界でも屈指のユーザー数がある出会い系サイトです。恋愛するのはもちろん、大人の関係になれる異性も探せる便利なサイトで、様々な目的に使うことが可能です。今回は、そんなワクワクメールの特徴や詳しい使い方、効率良く女性と出会う方法まで幅広くお伝えしていきます!ワクワクメールでママ活をしようとしている方は必見ですよ。

ワクワクメールとは?

業界大手のマッチングサイト

出会い系サイトの老舗であるワクワクメール。累計の会員数は800万人を突破し、依然として会員数が伸び続けているマッチングサイトです。18歳以上の男女しか使えないよう、年齢確認を徹底しており、クリーンなサイト運営をしている安心・安全のマッチングサイトです。恋愛はもちろん、ママ活やパパ活をする男女にもおすすめできるマッチングサイトですね。

ワクワクメールの特徴

ワクワクメールは幅広い年齢層が使っている

ワクワクメールを実際に使って分かったことは、幅広い年齢層の女性が使っているということです。20代前半の若くて可愛い女性はもちろん、4-50代のお金を持っている女性まで幅広い女性が使っているのです。ペアーズやゼクシィなど、通常のマッチングアプリは20代が中心の若い女性が多い印象ですが、ワクワクメールはそれとは対極にある印象ですね。ただ単に「恋愛がしたい」という目的だけでなく、「アダルト目的」や今流行りの「ママ活目的」にも適しているサイトと言えます。

女性ユーザーが活発・会うことを前提にしている

一昔前の出会い系サイトでは、アダルト目的で業者が横行していました。一方でワクワクメールでは、業者を撲滅するためのパトロールを24時間行っており、クリーンなサイト運営を行っています。そのためか、登録している女性ユーザーの多くは純粋に男性と出会いたいと思っている印象です。

スペックの高い女性が一定数いるサイト

ママ活目的で使いたい男性にとっては、女性ユーザーの質は死活問題ですよね。ワクワクメールでは、東京の渋谷をはじめ主要駅や主要都市で大規模なプロモーションを行っており、30代以上のビジネスウーマンが多数登録しているサイトです。全体のユーザー数が累計で800万人と国内トップクラスながら、30代以上のリッチな女性を獲得しているのもワクワクメールならでは。ママ活を行う男子は見落としてはいられない有料サイトということをまず覚えておきましょう。

ママ活目的の場合は真剣利用の主要サイトとして

質の高い女性が多数登録しているサイトだからこそ、ワクワクメールは主要出会い系サイトとして使いたいところ。一番失敗するパターンは、ワクワクメールを登録してサイトを適当にサーフィンして、1週間程で辞めてしまうこと。先ほどお伝えしたように、ワクワクメールは良くも悪くも日本屈指の登録者を誇ります。質の高い女性と出会うにも、しっかりとサイト内をリサーチ&アプローチを行う必要があり、1週間では探しきれない可能性が高いのです。まずは2-3ヶ月、ワクワクメールを真剣に使ってみて2-3人の女性と会ってみたあと、イククルやJメールを並行して利用するのがおすすめです。

アダルト目的ではない女性が多い

昔の出会い系サイトでは会えないことも多数ありました。今のマッチングアプリでも、女性と会うのは難しいと言われています。しかし、ワクワクメールでは会うことを前提に活動している女性が多く、サイト内ユーザーの活動がかなり活発な印象です。2-3通ですぐに会うことは難しいかもしれませんが、後ほど記載するように、しっかりとメッセージを交わせば会える可能性が高いサイトと言えます。

ワクワクメールで女性と出会う流れ

まずはワクワクメールに登録する

スマホでワクワクメールのトップページへ

下記のボタンからワクワクメールのトップページへいき、性別を選択。ジェンダーに何かしら理由がある方は、女性が恋愛対象=男性登録、男性が恋愛対象=女性登録、で進むようにしてくださいね。ここで性別をまちがえてしまうと、後から変更するのに時間がかかってしまうため、注意して選択するように。

会員登録内容の登録

会員登録画面では、
・ニックネーム
・住まい
・年代
・電話番号
の4項目を登録すればOK。
ニックネームは実名ではなく、架空の名前でも問題ありません。サイト内で異性とやり取りする
あだ名になるので、カタカナでわかりやすい名前がおすすめですね。

以外に簡単で安心な電話番号の確認

次に、電話番号の確認になります。ワクワクメールでは、電話番号の発信もしくはSMS確認が必須となっています。「SMSを送信する」をクリックすれば、1-2b秒で認証コードが届くので、3桁のコードを入力すればOK。

また、発信確認の場合、誰かと話すわけではなく、ワクワクメール側のシステムに繋がり、「そのまま切ってください」とシステムの声で案内があるだけなのでご安心を。電話自体も30秒程で終わるので手間がかからず簡単ですよ。

認証が完了したら、「ログインが完了しました!」の表示がされ、登録が完了しました。

「さっそく始める」をクリックして次に進みましょう!

プロフィールを充実させる

まずはプロフィールを充実させよう

ここでは、自分のプロフィールを簡単に登録していきます。
・職種
・年収
・身長
の3項目をプルダウンから選択すればOK。簡単ですね!終わったら、次へを押します。

次に、自己紹介文を登録します。
プロフィールの中でも、特段しっかり書いて欲しいのはこの自己紹介文です。自己紹介文は検索結果にも表示され、異性が注目する重要な部分になります。自分の特徴を象徴する文章を簡単にまとめて入力するのがおすすめです。

<目的別の例文>
・サイト利用目的を書く
(どうしてワクワクメールを使っているのか?)
– ママ活目的の場合
はじめまして。都内の企業に勤める会社員です。平日は定時で土日は休みなので夜は時間があり、結構暇しています。現在、恋人はいません。ただ、寂しがり屋な性格のため、年中人肌が恋しいというのはありますね。時間があって誰かと一緒にいたい・傍にいてくれる人が欲しい、という方は気軽にメッセージください!

入力が完了したら、次へ進みましょう。

次はプロフィール写真です。プロフィール写真は自分の一部が映っていればOK。顔が正面からわからなくても大丈夫です。自分をあまりさらけ出さなくても、雰囲気が分かる写真で大丈夫なので、安心して登録してくださいね。

女性を探す前に年齢確認をするのがおすすめ

一覧から女性を探す前に・・

これで登録が完了!と言いたいところですが、最後に一つ、年齢確認を行っておきましょう。年齢確認をすれば、異性とのメッセージや出会う場所のやり取りをスムーズに行うことができますよ。アプローチした後に年齢確認で手間取るのは避けたいところ。だから一番初めにサクッと行っておくのがおすすめです!

年齢確認をするために、まずは上部のバーをクリックします。

トップページでニックネーム部分をクリックします。

年齢未確認をクリックし、年齢確認画面へ。

ワクワクメールは万全の体制で年齢確認も安心

年齢確認には、身分証明証が必要になります。身分証明書はスマホカメラで撮影してサイトからアップするだけなので手間はかかりません。でも、中には出会い系サイトで身分証明書の提出って大丈夫なの?と心配になられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ワクワクメールでは、必要最小限の情報のみでOK。住所や名前などは必要なく、純粋に年齢だけを確認できれば問題ないのです。また、情報を確認後はすぐに破棄されるため、ずっと保持される不安もありません。他のマッチングアプリでは、年齢確認に関する書類の取扱いに関して、公式サイトで明記しているケースが少なく、ワクワクメールはそれだけ信頼できるサイトと言えますね。

下にスクロールし、「専用フォームから写真送信」の下にある「ファイルを選択」をクリックすれば、下から選択肢が出てくるので、いずれかを選択し、写真を送信してください。

掲示板で効率良くママ活をするポイント

ワクワクメールで女性を探すには掲示板が必須

ワクワクメールでは、他のマッチングアプリのように異性をスワイプするのではなく、掲示板で探すのが主流です。異性側も掲示板を見て探すので、他の出会い系アプリにはない積極さがあります。大人の掲示板には下記の10種類があります。

・すぐ会いたい
・今日じゃないけど・・
・アダルト・H
・アブノーマル
・Hなお話
・ミドルエイジ
・既婚者
・男同士
・画像付きの募集

ここでは、特にママ活目的に絞って重要な掲示板を紹介していきます。

トップページから募集へ

トップページの下に表示されている「募集」をクリック。募集=掲示板のことです。

掲示板の選択画面に移り、アダルト掲示板に進みます。

アダルト掲示板では3つの掲示板から探す

効率良くママ活をするなら、下記の3つの掲示板から女性を探していきます。

・大人の恋人候補
・ミドルエイジ
・既婚者

ポイントは30代以上の女性にアプローチしていくことです。若すぎるとお金を持っていなかったり業者の確率が高くなります。そのため、まずは30代以上からアプローチしていきましょう。

ママ活で狙うべきポイント

大人の関係を明言している女性

まず狙いたい女性は、大人の関係を明言している女性です。大人の関係=恋愛ではなく、割り切った関係ということ。もちろん、ママ活も含まれます。条件や詳しい目的はメールを送って確認してみましょう。

コメントを残す

*