おすすめのピンチハンガー人気ランキング!【引っ張るタイプも】

洗濯物を干すときには、衣服のタイプやサイズによって使い勝手の良いものを選びたいですよね。下着などを干すときにもプライバシーに配慮した干し方や風で飛ばされないよう気を付けたいもの。そこでおすすめなのがピンチハンガーです。竿をしっかり掴むものは風で飛ばされる心配がありません。使い勝手が良く引っ張るだけで取り込めるモデルも人気です。今回はそんなピンチハンガーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。使いやすいピンチハンガーを探している人はぜひ、参考にしてくださいね。

ピンチハンガーの特徴

タオルや下着類を狭いスペースで1度にたくさん干せる

洗濯物をクリップやピンチで挟んで固定するピンチハンガー。室内でも使えるコンパクトなタイプから、50ピンチ以上のピンチが付いた大型タイプがあります。全長は長いものでも80cmほどなので、狭いスペースで洗濯物を1度に干すことができます。特に下着類や靴下、ハンカチなど小さめの洗濯物を1度に干すときに重宝します。

物干しスペースに合わせて様々な形から選べる

ピンチハンガーには角型や、丸型、タンスに沿って干せる扇形など様々な種類があります。干す方法も物干し竿に干せるタイプはもちろん、ドアにや鴨居に掛けられるフック付きのものや、タンスの引き出し部分に引っ掛けて干すことのできるものもあります。物干しスペースの大きさに合わせて形を選んだり、室内干し用のピンチハンガーを選ぶこともできるでしょう。

ピンチハンガーの種類

プラスチック製

安価で手に入りやすく軽量で持ち運びがしやすい

軽く持ち運びのしやすいプラスチック製は、ピンチハンガーの定番ともいえます。カラフルな配色が特徴で、お好みのカラーを見つけやすいメリットも。しかし、劣化が他の素材よりも早いため外干しに使うと長く持たないのがデメリットです。接続部分やピンチ部分が割れてしまうと直すことができないので、新しく購入する必要があります。

しかしプラスチック製はメーカーによっては、100均でも販売されているほど安価な製品が豊富。気分を変えるためにも、頻繁に交換しても大丈夫という人には使いやすい素材と言えます。 プラスチック製の中には、UVカット材と強化剤を練りこんで耐腐性を向上させたピンチフックもあるので購入の際に参考にしましょう。

オールステンレス製

錆びに強く劣化しにくいので長期間の使用でも見ためは美しいまま保てる

丈夫で長い期間使用しても劣化しにくいのはステンレスの特徴。中でもフレーム、ピンチ共にオールステンレスのものは防錆性が高く美しい状態が維持できます。屋外や日光のよく当たるベランダでも、錆に強いため買った状態のまま長く維持できるでしょう。

鋼を使用している分、プラスチックよりもどうしても重くなってしまうのがデメリット。しかし、シンプルでスタイリッシュな見た目と耐久性で主婦層を中心に選ばれています。 ピンチ自体の強度も高いので、ジーンズなどの重ための洗濯物もピンチでしっかり挟んで干せるのもポイントです。

ピンチハンガーの選び方

ピンチに注目して選ぶ

ピンチの間隔が広いと洗濯物が乾きやすい

ピンチがたくさんついていればいるほど、小物がたくさん干せると思いがち。しかし重要なのは乾きやすさです。ピンチの間隔が狭いと風が入りにくく、乾くのに時間がかかることも。いつまでも乾かないと生乾きの原因にもなるので、ピンチ同士の間隔が広く、風が通りやすい形状のものを選びましょう。部屋干し用なら、ピンチの間隔が広いものを選ぶか間隔を広くして干すことができます。

収納時にピンチが絡まないリング付きはストレスなく開閉できて便利

洗濯物を干すときにストレスになるのは、ピンチ同士が絡まって開きにくくなる時です。ピンチ部分がリングで両吊りになっているものは、ピンチ同士が絡まるのを防ぐのでおすすめ。フレームとピンチをつなぐ形状を両吊りにすることで、他のピンチや鎖の侵入を防ぎます。絡まないピンチハンガーを選ぶ際には、両吊り方式のものを選ぶようにしましょう。

フックの形状で選ぶ

風が吹いても飛ばされにくいロック式

風が吹いても飛ばされない機能がついているピンチハンガーは、安定して干すことができるのでおすすめです。竿を挟み込んで固定できたり、物干し竿をつかんでロックできるものを選びましょう。フックが2、3個ついているものも洗濯物の量が少ない場合や、干す位置で重量が片寄る場合でも安定します。マンションや2階以上のベランダに干すならフック付きを選択しましょう。

室内でも外でも使える両用式も人気

物干し竿に干すだけでなく、室内干しをする時におすすめなのが室内干しに特化した形状のピンチハンガーです。特にドアや鴨居に掛けられるドアフックがついているものや、フックにどこでも掛けやすい工夫が施されているものがおすすめ。ご自宅の干したい場所に合ったフックがついているかを購入の際に確認しましょう。そうすれば雨天時でも、室内で洗濯物を干しやすくなります。

機能性で選ぶ

引っ張るだけで外せるタイプは家事の時短に最適

洗濯物を取り込む作業は面倒と感じている人もいるでしょう。洗濯物の数が多ければ多いほど、引っ張るだけで洗濯物が外せる機能は便利に使えます。片手で衣類を引っ張るだけで、回転式のピンチが回って洗濯物をスルリと離します。まとめて一気に取り込めるので、家事の時短に繋がると主婦層に人気。取り込みの時間を短縮して他の家事をすぐ始められます。

ベランダがない間取りならドアに水平に掛けられるタイプを

一般的なピンチハンガーは、ドアに引っ掛けるとハンガー部分が斜めになって洗濯物がくっついてしまうことも。ドアに引っ掛ける場合は。フレームがドアに水平になるものを選ぶことがポイントです。フック部分の角度を調節できるので、洗濯物が傾くことなく干すことができます。部屋干しをすることが多く、よくドアやカーテンレールに掛けることが多いなら、部屋干し用マークや表示があるものを選ぶようにしましょう。

ピンチハンガーのおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

アルミやステンレス製など強度の高いピンチハンガーが揃う

軽くて丈夫さが人気のアルミ素材や、錆に強く丈夫なステンレス製など強度の高いピンチハンガーを多く販売しているアイリスオーヤマ。ステンレスハンガーは特に絡みにくいピンチに力を入れており、開閉しやすくなっています。ピンチも単体でも販売しているので、追加購入も可能。

大木製作所

ステンレス加工メーカーの老舗がつくる18-8ステンレスハンガーが人気

1947年の創業以来、熟年のステンレス加工で手に優しく柔らかいタッチでピンチハンガーを作り上げています。1本の線材で作られるピンチは、生活感が出にくくデザイン性が高いのが特徴。口コミでもスタイリッシュで錆びにくいと高評価なコメントが多いのが特徴です。

NISHIDA(ニシダ)

丈夫で長持ちに特出した高耐食性めっき鋼板を使用

創業139年の老舗だからこそできる職人技で、丈夫で長持ちの洗濯用品を製造しています。スチール製品はすべて、熟練職人による職人技で作られています。強力で、高耐食性に優れたピンチは他のピンチハンガーとは一線を画した丈夫なつくり。挟む力が強いので、ジーンズなどの重たい服もしっかりつかみます。

ダイヤ

干し分けハンガーでどんな洗濯物も最適な干し方が叶う

幅が約10cmのスリムなピンチハンガーから84cmの大型まで様々なサイズが揃いうダイヤのピンチハンガー。また、干し分け機能で3つのピンチタイプから洗濯物を干し分けることも可能です。レギュラーピンチ、優しく衣類をつかむランジェリーピンチ、レギュラーよりも1.5倍バネが強力な強力ピンチの3種類。強力ピンチはジーンズ2本もラクラク干せる強力さが特徴です。

おすすめ&人気のピンチハンガーランキング

ステンレスでおすすめのピンチハンガー

東京ハンガー-ステンレスピンチハンガー(1,680円)

キャッチフック付きで強い風のバルコニーでも安心して干せる

このピンチハンガーの特徴は、強い風が吹いてもハンガーが落ちにくい防風対策です。通常のピンチハンガーは、強い風が吹くと物干し竿から外れて落ちてしまいますがこのピンチハンガーなら大丈夫。キャッチフック付きなので、しっかりと竿をキャッチするので下に落ちてしまう心配がありません。

ピンチ部分の形状も家事を楽にする特徴に。丸いフレームにピンチが掛かった状態でセットされ落ちにくいうえ、ハンガーの開閉時にもピンチが絡まることがありません。オールステンレスで高級感のある見た目で、長く使っても劣化しにくく美しい状態が維持できます。

大木製作所-ピンチが絡まないステンレスハンガー(3,856円)

耐久性に優れシンプルに美しいフォルムのピンチハンガー

1本の線材で作られたステンレス鋼は、オールステンレス設計なので耐久性に優れているのが特徴です。線材の両端を劣化を防ぐために溶接し、鎖が取れにくく雨による錆が発生しにくくなっています。長く清潔に、美しいフォルムが続くのは嬉しいですね。

ステンレスハンガーの中でも、一番破損しやすいピンチの吊り部分は両吊りで支えることで耐久性がアップ。シーンズなどの重たい洗濯物もしっかりキャッチします。錆びにくさ、耐久性、デザイン性と三拍子そろった高品質のピンチハンガーで本物志向の方におすすめです。

ニシダ-ピンチハンガー(1,599円)

高耐食性めっき鋼板を使用で浴室乾燥でも傷まない

フレームもピンチも錆びに強いメッキを使用し、どんな場所で干しても腐食しずらくなっています。スチールピンチには、衣服をしっかりつかむゴムもついているので、重たいものを干しても落ちる心配がありません。スカーフやレースなど薄くてデリケートな布も落ちずに乾かせます。

合計30個の洗濯ピンチは、円周に設置。内側にピンチがないので風が入りやすく洗濯物も乾きやすくなっています。生産工場でも、一つ一つ手作業で梱包し不良品のチェックもしているので安心です。

Kelly&Sally-折りたたみ伸縮ハンガー(1,380円)

伸び縮みする伸縮ハンガーでスペースを有効活用できる

ちょっと変わった形状の伸縮性ピンチハンガーです。横に伸ばした時の最大サイズは幅54cm、縦24cm。縦に伸ばした時は幅と横40cmと、伸ばす方向によってサイズを変えることができます。

閉じたときの幅は約4cmとスリムになり、置き場所にも困りません。竿の長さや洗濯スペースによって形状を変えられ、最大20個の小物を干すことが可能。ベランダが狭くて、洗濯物を干すスペースがない家庭にも使いやすい仕様になっています。

アイリスオーヤマ-ステンレスピンチハンガー(1,780円)

ステンレスフレームと衝撃や劣化に強いポリカーボネートピンチのいいとこどり

丈夫で錆びにくいステンレスフレームと、耐候性に優れたポリカーボネートを採用したピンチハンガー。ポリカーボネートとは、ヘルメットにも使われている衝撃にも太陽や湿度による劣化にも強い素材のこと。通常のピンチよりも大きなサイズで、洋服をしっかりつかみ取ります。

フレーム部分にはフックがついており、キャミソールやスカートを干すのに便利。44個のピンチが交互配列されていることで、洗濯ものも干しやすく乾きやすくなっています。使いやすく、強度も抜群な使いやすいピンチハンガーです。

引っ張るタイプでおすすめのピンチハンガー

Nishida-洗濯ピンチハンガー(2,999円)

2倍速で取り込めるすぐ取れ角ハンガー

平らなフラットピンチで、服に跡が付きにくくデリケートな衣類を干すのにも重宝するピンチハンガーです。横幅は94cm、縦は40cmと合計50個ものピンチ付き。サイズも大きく、ピンチ数も充分ついているのでタオルや洋服など干しやすいサイズになっています。

洗濯物がスルッととれるのに、1度取り付ければ強い風でも洗濯物が風で飛ばないのも魅力。口コミでは2倍速どころか4倍速に取り込めるので洗濯物を取り込む作業が一段と楽になったという意見も。洗濯物が多ければ多いほど、時短に繋がるので助かります。

ツウィンモール-ピンチハンガー(1,980円)

ドアや鴨居にも干せるドアフック付き

急な雨が降っても、内部フック付きなのでドアや鴨居にも干すことができます。壁や壁面に対して水平にピタッと設置でき、ハンガーが斜めにならない設計になっています。フック部分は低い位置でも高い位置でも掛けやすいようハンドル付き。背の低い女性でも場所を選ばず設置できるのも嬉しい。

洗濯物を下に引っ張ると、ピンチが開く設計。時間がないときもサッと洗濯物を取り込められます。ピンチ部分は動かすこともでき、洋服の種類やサイズに合わせて最適の位置で干すことも可能です。

まがり堂-ひっぱりハンガー(2,180円)

横に伸びるので収納は小さく洗濯物はたっぷり干せる

回転ピンチは干すときにはしっかり挟んで離しませんが、一度引っ張ると優しく洗濯物を離します。ピンチの数も14、16、29の3種類から選ぶことのできるほかカラーも5色から選べるのも魅力。それぞれの物干しスペースに合わせたピンチのサイズを選択できます。

洗濯物を引っ張るときには、洗濯物全体をつかんで引っ張るだけ。力を入れなくても引っ張る力と回転が相互に作用してスッと取り込むことが可能です。ピンチハンガーは伸縮し、コンパクトに収納も。部品の単品販売もしているので、長く使い続けられるでしょう。

エヌケーグループ-引っぱリンガー(3,678円)

フックとフレームには15年の保証付きで自信と信頼を提供

一般的にピンチハンガーには保証はありませんが、このピンチハンガーは家電製品より長い15年の保証がついています。壊れた場合はピンチ1個からでも購入可能。一度購入すれば、長く愛用できるでしょう。

フック部分は、特許を取得したちどりフックを採用。2本のフックで竿をしっかり掴みとり風が吹いても動きません。ハンガー自体には、UVカット材と強化剤を練り込むことで強くて丈夫なつくりなのも魅力。耐荷重は600gでたっぷり洗濯物を干すことができるでしょう。

ツウィンモール – 干し分けアルミハンガー(1,320円)

スリム幅を生かした小物干しに最適なピンチハンガー

サイズは幅74.5cm、縦16.5cmのスリムタイプのピンチハンガー。ハンガー同士の隙間にもセットしやすいので、物干しスペースを有効活用できます。子どもの洋服や下着類、ズボンなどの筒物の洗濯にも有効に使えるでしょう。

ピンチ同士は根元から持ってスライドさせば、動かすことも可能。干したい洗濯物に合わせて干し方を自在に変えられます。同シリーズの引っ張って取り込むタイプと同様、簡単に取り込むことができ家事の時短に効果的です。

プラスチックでおすすめのピンチハンガー

ダイヤ-室内干し角ハンガー(1,008円)

室内干し用フックを装備した角ハンガー

高いところ用、室内干し用、低いところ用のフックがあるので、外干しだけでなくドアフックやドアに掛けても干すことができます。低い場所に掛けるときには補助フックを掛け、バランスを保つことができるでしょう。雨の日や花粉の多い季節に、外で洗濯物が干せないときに便利です。

ピンチは合計36個。3種類のピンチが色分けでついているのもポイントです。青色は強力ピンチでジーンズも干すことができます。水色はレギュラーピンチ、ホワイトはソフトピンチでデリケートな布地を干すなど洗濯物に応じて干すことができて便利。

サンステージ-いちどにありがとう32ピンチ(3,262円)

レバーを握ると一列一斉に外れる画期的なピンチハンガー

片手でも洗濯物を干すことができるうえ、上部のレバーを握れば1列が一斉に開くので1つ1つピンチから外す必要がありません。ドアや鴨居にも掛けやすよう、釣り点が自由自在に調整できるのも嬉しい。どんな干し方やかけ方をしても重さが片寄る心配がありません。

竿に引っ掛けるフック部分は、シリコン樹脂製で劣化しにくいのもポイント。ロックも付いているので、ズレにくく強風時でも飛ばされません。ピンチ部分は着脱可能で、洗濯物の大きさやサイズに合わせてアレンジが効くのも魅力。他のピンチハンガーとは一線を画す機能が詰まっています。

サンステージ-39ピンチ洗濯ハンガー(1,850円)

キュートなカラーが魅力の伸縮自在のピンチハンガー

伸縮自在のピンチハンガーは、干すスペースに合わせて最適な長さに変えられるのが魅力。干す量によって片寄ってしまう洗濯物も、3つのフックでしっかり固定するので安定して干すことができます。39個の大きめのピンチでしっかりキャッチし風が吹いても飛ばされません。

伸縮ハンガーなので、広げるとサイズは一気に広く。風通しもよくなるので室内干しにも最適です。全5色のカラー展開で、落ち着いたナチュラルカラーからポップなカラーまで自分好みのカラーを選べます。今なら予備ピンチもついているので、劣化や紛失時にも便利。

リビングート-洗濯ハンガー(2,080円)

ピンチハンガー外側には隠しタオルも干せる便利なバー付き

ピンチハンガーの周囲には、幅65cmまでのバスタオルとフェイスタオルが2枚干せるバー付き。周囲にタオルを干すことで、女性の下着など目隠ししたい洗濯物を干すことができます。タオルバーにはストッパー付きで、ズレないようしっかり固定することもできます。

また、バー部分は耐久性と耐腐性の高いアルミを使用。外に置いたままでも錆びにくく長持ちします。物干し竿にしっかり固定できるダブルキャッチ式で、強い風でもピンチハンガーが落下することを避けられます。鴨居にも掛けられるキャッチフック付き。

ダイヤ-干し分け角ハンガー(935円)

強力ピンチを採用しているのでコンパクトサイズでもジーンズ2枚干せる

室内干しにも便利な角型のピンチハンガー。レギュラーピンチが12個と、バネの力が通常よりも1.5倍強力なピンチが8個ついています。強力ピンチは力を入れて開く必要があるので、指がフィットしやすいくぼみ付き。コンパクトでも工夫を凝らしたデザインになっています。

強力ピンチを使えば、ジーンズも2枚まで干せる強力さ。室内でも場所を取らずに干すことができるので便利に活用できるでしょう。本体を直角に立てれば、タンスなどの引き出しにも掛けられるつくり。1人暮らしや、物干しスペースのない単身者におすすめです。

まとめ

絡まないピンチと引っ張るタイプが人気

ピンチハンガーを選ぶうえでこだわりたいポイントは、洗濯物を干すという家事の時間を楽にさせる機能を選ぶことです。ピンチ同士が絡まないタイプは、開閉のストレスを感じず干し始められます。また衣服を引っ張って取り込めるタイプは、洗濯物を取り込む作業を楽にしてくれるでしょう。毎日使うからこそ、家事負担を和らげる機能選びは重要です。今回はピンチハンガーについて、人気のブランドを挙げながら詳しく解説しました。ぜひ皆さんも使いやすいピンチハンガーを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*