おすすめのシートヒーター人気ランキング!【車に後付け】

シートヒーターは、ひんやりせずに車のシートに座れる注目のアイテム。新車にオプションとして付いてくることもあり、魅力的に感じる方も多いでしょう。しかし、後付けできるシーターヒーターもおすすめです。後付けできるシートヒーターは、価格も安く取り付けも簡単。1つ取り付けておくと、燃費もおさえて寒い時期でも快適なドライブが楽しめますよ。今回は、シートヒーターのメリットやデメリットをお伝えし、選び方やおすすめの商品をご紹介します。冬のお尻の冷たさに耐えられないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シートヒーターとは?

スイッチ1つで車内がエアコンよりすぐに温まる簡易シート

エアコンを使うと、車内が温まるまでに時間がかかり、その間の寒さがつらく感じることはありませんか?シートヒーターは、スイッチを入れると電気の力でシート部分がすぐに温まるため、寒さに凍えることがなくなります。エアコンよりも燃費がおさえられることも大きな魅力。特に、エアコンで温まるのに時間がかかるハイブリッド車や、肌触りの冷たい合成皮革や本革シートの場合は備え付けておきたいアイテムです。

シートヒーターのメリット

体の芯から温め空気が乾燥するのを防ぐ

シートヒーターは、空気を乾燥させません。それは、急な温度変化で車内の湿度が下がってしまうエアコンとは違い、電気を使って熱を発することでシートのみを直接温めてくれるから。エアコンと併用した場合も、設定を弱めて使えるため乾燥をやわらげることができます。

座席ごとに温度調節が可能

後部座席も温まることもメリットのひとつです。エアコンだと、運転席や助手席は暖かくても後部座席が寒いと感じることがありますね。しかしシートヒーターは、取り付けるシートごとに温度調節が可能なので、車に乗っている全員が快適に過ごせます。

シートヒーターのデメリット

わずかに燃費に影響する

シートヒーターは、シガーソケットに差し込んで使うものが一般的。バッテリーを消費するので、わずかに燃費を下げます。しかし、コンプレッサーを回すエアコンと比べると、熱線を温めるだけのシートヒーターを使った方が燃費がおさえられます。

低温火傷に注意する必要がある

各メーカーが十分に試験を重ねて安全性の高いものを作っているのですが、シートを直接温めるシートヒーターは、長時間使い続けると低温火傷の怖れがあります。強めの設定の目安となる45度なら、3時間程度で低温火傷の心配があるので、長時間のドライブ時には十分な注意が必要です。長く運転する場合は、温まったら電源を切るなどたびたび休ませながら使いましょう。

シートヒーターの種類・取り付け方

カバータイプ

後付けで座席の上に敷くため取り付けやすい

座席の上に敷くタイプのシートヒーターで、座面のみのものと座面から背面までシートを覆うものがあります。腰の部分やヘッド部分で簡単に固定できるものがほとんどで、後付けで最も取り付け方が簡単なタイプです。冷却機能やマッサージ機能など、多くのバリエーションの中から選ぶことができるので、初心者におすすめです。

内部搭載タイプと比べると、ズレやすいのが気になるところ。きちんと固定できてズレにくいものを選ぶと快適に使えます。また、後付けタイプなので配線や見た目が気になる場合も。車のインテリアの邪魔をしないおしゃれなものを選ぶことも重要です。

内部搭載タイプ

シートの内部に貼るのでズレにくく見た目が綺麗

貼るカイロのように、シートの内部に貼るタイプのシートヒーターです。シートのカバーを外して取り付ける必要があり、配線も考えなくてはならないので取り付けは簡単ではありませんが、見た目が美しく仕上がります。一見普通のシートと変わりがないので、もともと搭載されているシートヒーターのような感覚で使うことができるでしょう。

カバータイプと同じような速熱性がある内部搭載タイプですが、配線はシガーソケットを使うものがほとんどなので、後部座席に使うのは避けた方が無難。コードが邪魔になって後ろの座席への出入りがしにくくなってしまう可能性があります。それでもやはり、見栄えの良さにこだわり後部座席に内部搭載タイプを使いたいなら、延長コードを用意しておきましょう。

シートヒーターの選び方

使える電源の種類から充電方法を選ぶ

使いやすさで選ぶならシガーソケット対応がおすすめ

シートヒーターを選ぶには、充電の仕方で選ぶ方法があります。販売されているシートヒーターのほとんどは、シガーソケットに対応しています。車に搭載されているシガーソケットに電源を差し込むだけで使えるので、電池切れの心配もなく使い方が簡単。はじめてシートヒーターを使う場合など、簡単で使いやすいものを探しているならシガーソケット対応モデルを選びましょう。

USBポート付きの車ならUSBで充電できるものも

乗っている車にUSBポートが付いているなら、USB充電型もおすすめです。USBに差し込むだけで使い方は簡単。そのうえ、シガーソケットだと1つの電源でいっぱいになってしまうことが多いところ、複数のUSBポート付きなら複数のシートの電源が使えます。運転席と助手席両、さらには後部座席と複数で使いたい場合に便利ですね。

使用する座席の位置で選ぶ

運転席や助手席には疲労の蓄積を軽減するクッション性が高いものを

シートを温めることの他に、シートヒーターの魅力はクッション性の高さ。クッション性の高いものを使うことで長時間座っていても疲れにくくなり、腰痛や肩こりの軽減にもつながることもあります。疲れがたまりやすい運転席や助手席には、ある程度厚みのある生地で背面まで高さのあるクッション性の高いものを使い、快適なドライブを楽しみましょう。

座面のみに敷く後部座席用のシートヒーターなら手軽に使用できる

乗る頻度の少ない後部座席には、座面のみのシートヒーターもおすすめです。背面がない分値段も安く、1,000円代から購入できるものもあるので、コスパ良く使えます。本体が安いだけでなく、1台で後部座席全面をカバーできるので、コスパが抜群です。お尻が冷たいと家族から不評の声が上がっている方は、座面のみの後部座席用のシートヒーターを検討してみましょう。

速熱性で選ぶ

1分ほどで急速加熱できるものなら待たずに温まる

シートヒーターを選ぶときには、速熱性があるものを選びましょう。シートヒーターの中には、30秒から1分ほどで一気に温まるものもあります。速熱性のあるものを選ぶと、すぐに温まるというシートヒーターのメリットを存分に感じることができます。スイッチを入れた途端に温まるので、温まるのを待っている間に寒さに震えることもなくなりますよ。

自動電源オフ機能付きなら異常加熱を防ぐ

急速に加熱できるシートヒーターは、加熱し過ぎないか心配になります。しかし、自動電源オフ機能が付いているものなら、異常な加熱を防ぎ、低温火傷や発火を予防してくれます。65度を超える高温になったり高音設定が一定時間継続されると、電源が切れたり自動で温度が切り替わるものなどがあります。これなら、車を出るときにスイッチを切るのを忘れても大丈夫ですね。

温度調節機能付きなら自分の好みの温度に調節可能

すぐに体を温めることができるシートヒーターですが、しばらくすると熱すぎると感じることも。また、寒い日には温まらないと感じる場合もあります。そんなときには温度調節機能付きのものがおすすめ。ちょうどいいと感じる温度に調節できるので、いつでも快適なドライブを満喫できます。はじめは良いのだけど、途中でシートヒーターが快適な温度でなくなってしまうとお悩みの方は、温度調節機能付きのものを選びましょう。

長く使用できるものを選ぶ

クーラー付きなら1年中快適なカーライフが楽しめる

長く使える機能が付いているかどうかも、シートヒーター選びで重要なポイントです。シートヒーターは、冬だけ使い夏はしまっておく方はいませんか?そんな方には冷却機能付きのシートヒーターがおすすめです。冷風を送る機能が付いたものなら、夏でも快適な車内環境が作れて便利。冬は体を温め、夏は冷やして1年中付けっぱなしで使えます。

水洗いできるものならシートを汚してもお手入れ簡単

車の中でふいにコーヒーをこぼしてしまうことはありませんか?特に子供やペット、お年寄りがいる場合は、食べ物や飲み物でシートを汚してしまうこともよくあります。そんなときには、水洗いできるものが便利。カバーを取り外して洗濯できるものなら、長く衛生的に使い続けることができます。電気製品なので洗えない場合もあるので、清潔に使いたいなら水洗いできるかどうかをチェックしておきましょう。

シートヒーターのおすすめブランド・メーカー

TOMBOY

取り付けが簡単でリーズナブルなシートヒーターを提供

車内アクセサリーを取り扱う錦産業のメーカーです。シンプルでリーズナブルなシートヒーターを提供しています。特に「ほっか」は、「安い」「簡単」「温かい」の3拍子が揃った逸品。初心者におすすめのお手頃なモデルが揃っています。

etcetera

機能性の高さを追求したシートヒーターを作るメーカー

カー用品やアウトドア用品を中心に展開するメーカーで、機能性に優れたシートヒーターを販売しています。3分で65度まで温まる速熱性のあるシートヒーターは、温度機能調整付きでクッション性が抜群。機能的で座り心地にまでこだわりを見せるシートヒーターが人気です。

日本ボデーパーツ工業

クーラー機能付きのシートヒーターを取り揃える

トラック用品やカー用品を展開するメーカーで、車用のシートヒーターの他にトラック用のシートヒーターも販売しています。「クール&ヒートクッション」は、クーラー機能の付いた数少ないシートヒーターのひとつ。冬は暖かく夏は涼しく使うことができます。

Clazzio

時代に合ったスマートなシートヒーターを作る

高級感のあるカー用品を取り扱うメーカーで、シートヒーターでは時代に合った最先端の機能付きモデルが人気です。USB対応の「ポータブルヒータークッション」は、コンパクトで持ち運びやすく見た目もスタイリッシュ。現代社会で使いやすいスマートさが魅力です。

おすすめ&人気のシートヒーターランキング

すぐに温まるおすすめのシートヒーター

TOMBOY-座・ほっか シングルサイズ(1,793円)

座面のみで省エネなシートヒーター

座面のみのシンプルで使いやすいシートヒーターです。置くだけで取り付けが簡単なうえ、裏面にはズレ防止のマジックテープが付いているので立ち上がるたびにズレてしまう心配がありません。国内で企画され中国で生産されていることが、安いのに安心して使える理由です。

温度調節機能付きのシートヒーターは、省エネに使いたい方におすすめ。もともと省エネ設計ですが、弱設定にしておけばさらにバッテリーに負担をかけずに燃費をおさえながら使えます。ただ、本革や合成革皮のシートの場合は熱が表面を傷めてしまう場合もあるので、間にクッションをはさんで使うようにしましょう。

TOMBOY-座・ほっか ダブルサイズ(2,893円)

背もたれまであるシートヒーターが体全体を温める

背面までカバーするタイプのシートヒーターは、温かさが抜群。背中までポカポカと温め、運転の疲れや肩こりをやわらげてくれます。コードが180cmと長めなので、軽自動車なら後部座席でも無理なく付けることができますよ。

お尻だけでなく、腰や背中まで温めたい方におすすめ。高さのあるシートが体の芯からポカポカと温め、冬のドライブのストレスがやわらげられます。寒さが苦手な父親や母親へのプレゼントとしても喜ばれますね。

Clazzio-シートヒーター コードレスリモコン 2席分(12,480円)

個別にコントロール可能なコントローラーが便利

リモコン付きのシートヒーターは、装着の手間がかかりません。それは、2席分のシートを一気に装着できるから。1つ1つ揃える手間が省けるだけでなく、それぞれのシートで個別に温度調節が可能なのでいつでも快適な温度で使えます。

リモコン操作ができるハイテクなシートヒーターは、夜によく運転する方におすすめ。3色の省電力LEDが温度の強弱を表示してくれるので、夜間のドライブ時にもすぐに温度を確認することができます。8分で強設定から中設定に切り替わったり、60分で自動的に電源が切れたりと高い安全性もあり、安心です。

すぐに温まるおすすめのシートヒーターの比較表

商品画像
ブランドTOMBOYTOMBOYClazzio
商品名座・ほっか シングルサイズ座・ほっか ダブルサイズシートヒーター コードレスリモコン 2席分
価格1,793円2,893円12,480円
特徴座面のみで省エネなシートヒーター背もたれまであるシートヒーターが体全体を温める個別にコントロール可能なコントローラーが便利
サイズ幅45×奥行45cm幅45×奥行43×高さ54cm背もたれ:幅23×奥行40cm
座面:幅30×奥行23cm
温度調節機能2段階2段階3段階

USB対応でおすすめのシートヒーター

BONFORM-即暖ヒータークッション ホットボア(1,870円)

持ち運びやすいシートヒーターで極上のリラックス空間を

USBタイプで持ち運びが便利なシートヒーターです。USBポートさえあればどこでも使えるので、車から持ち出してオフィスで使うのもおすすめ。通勤中は車に敷いて使い、会社に着いたらパソコンにつないで自分のデスクで使うといった使い方ができます。

中材にウレタンフォームを使用したシートヒーターは、座り心地の良いシートヒーターを探している方におすすめ。ふかふかの快適な素材が、極上の座り心地でリラックス空間を作り出します。オンオフ切り替えスイッチのみのシンプル設計なので、機械の操作が苦手な方にもおすすめです。

Clazzio-ポータブルヒータークッション(6,480円)

実用性の高さを追求したシートヒーター

USB接続タイプのシートヒーターで、実用性の高さが自慢。USBを差し込むだけでどこでも使えるのはもちろん、付属のコントローラーでは1度刻みに温度設定ができて快適に使えます。さらに、PVCというなめらかな素材を使っているので、さっと拭くだけでお手入れが楽にできます。

バルブをひねることで、自動的に本体が膨らむことも他のシートヒーターでは見られない特徴です。空気量をコントロールしてお好みの柔らかさで使うことができるので、いつでも快適な座り心地。また、空気を抜いて丸めると持ち運びも簡単にできるので、持ち運びやすく座り心地の良いものを探している方におすすめです。

USB対応でおすすめのシートヒーターの比較表

商品画像
ブランドBONFORMClazzio
商品名即暖ヒータークッション ホットボアポータブルヒータークッション
価格1,870円6,480円
特徴持ち運びやすいシートヒーターで極上のリラックス空間を実用性の高さを追求したシートヒーター
サイズ幅40×奥行40cm幅45×奥行45×高さ5cm
温度調節機能1℃刻みの調整可

クーラー付きでおすすめのシートヒーター

日本ボデーパーツ工業-クール&ヒートクッション(3,980円)

夏用に冷風クーラーも搭載

1年中快適なドライブをサポートしてくれるシートヒーターです。その理由は、冬はシートを温め、夏はパワフルな冷却ファンで体を冷やしてくれるから。冷却機能は、ただの風ではなくエアコンの涼しい風を送風してくれるので、車内が涼しくなります。

季節を問わず一年中使えるシートヒーターは、季節ごとにシートを付け替えるのが面倒な方におすすめ。寒い季節を過ぎても、付けっぱなしで使うことができて付け替えの手間が省けます。温冷の切り替えが、スイッチひとつで簡単にできることも魅力です。

TOMBOY-クール&ほっか ダブルサイズ(6,314円)

クーラーも使えて熱中症対策にも

寒さ対策にも暑さ対策にも使えるシートヒーターです。寒い時期にはじんわりとお尻から温め、暑い時期には冷風ファンで涼しくしてくれる優れもの。一度取り付けたら、一年中心地よく使い続けることができます。

座面にはクッション性がなく硬いのが欠点ですが、座って沈み込むのが嫌な方にはおすすめ。足腰の弱っている方でも立ち上がりが苦になりません。また、生地は通気性が良いため、夏場に汗をかいても蒸れずに使えます。

えびす-シートヒーター(2,990円)

マッサージ機能で極上のリラックス体験を

まるでマッサージチェアに座っているような高級感を味わえる冷、暖両用のシートヒーターです。3分で60度まで達する速熱性に加え、疲れた体を癒してくれるマッサージ機能付き。5種のマッサージを15分感で体験でき、極上のスパのような癒しを味わえます。

高級感のあるシートヒーターを探している方におすすめ。高品質なPUレザーを使い、スポーティーでスタイリッシュなルックスを叶えています。また、ただおしゃれなだけでなく、足元に付いているポケットに散らばりがちな小物を入れることができて実用的です。

クーラー付きでおすすめのシートヒーターの比較表

商品画像
ブランド日本ボデーパーツ工業TOMBOYえびす
商品名クール&ヒートクッションクール&ほっか ダブルサイズシートヒーター
価格3,980円6,314円2,990円
特徴夏用に冷風クーラーも搭載クーラーも使えて熱中症対策にもマッサージ機能で極上のリラックス体験を
サイズ幅48×奥行50×高さ53cm
温度調節機能ヒーター:無
涼風:無
ヒーター:無
涼風:2段階
ヒーター:無
涼風:無

軽自動車におすすめのシートヒーター

YMTREND-即暖カーシートヒーター(2,250円)

安全性を極めた温かみのあるモデル

高い安全性のあるシートヒーターです。60度を超えたり、ライター内のヒューズがショートしたら自動的に電源がオフになる仕組みを採用。座り心地の良いクッション性も備え、車での移動が安全かつ快適になります。

ふかふかのシートヒーターは、カラーバリエーションが豊富なので、車にお好みのインテリア空間を作り出したい方におすすめです。シックで落ち着いた色が揃っているので、理想の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。座るとほかほかと温まる、プレゼントとしても喜ばれる逸品ですね。

Royal Shop-シートヒーター(1,958円)

スイッチを入れたら約2分で温まる

速熱性に優れたシートヒーターです。スイッチを入れて約2分で温まるので、今までエアコンを使っていた方にはあっという間に感じるでしょう。2段階の温度調節機能付きなので、温かさの好みに合わせて使えます。

エコカーのエアコンは、効きが遅いのが悩み。出発してからエアコンが効き始めるまでの間に、体が震えてしまいます。しかし、すぐに温まるRoyal Shopのシートヒーターなら、寒さを我慢する必要はありません。じわじわと背もたれからも温めてくれ、冬の運転が楽になります。

軽自動車におすすめのシートヒーターの比較表

商品画像
ブランドYMTRENDRoyal Shop
商品名即暖カーシートヒーターシートヒーター
価格2,250円1,958円
特徴安全性を極めた温かみのあるモデルスイッチを入れたら約2分で温まる
サイズ幅53×奥行50cm幅47×奥行48×高さ96cm
温度調節機能自動調整2段階

後部座席におすすめのシートヒーター

etcetera-カーシートヒーターリアダブルダイヤキルト(2,480円)

ふかふかのキルト生地で後部座席をすっぽりカバー

後部座席は、エアコンの温度調節が届かずに肌寒く感じることも。そんなときに活躍するのが後部座席をすっぽりとカバーするシートヒーターです。強設定なら、3分で65度まで温まり、冷えた体を即座に温めてくれます。

寒いときの乗車のストレスをやわらげてくれるだけでなく、滑り止め付きなのでズレないことも大きな魅力。乗り降りしてもズレないので、毎回ずり落ちそうなシートを直す手間が省けます。キルト生地で座り心地が良いのも、後ろに座った方が快適に過ごせるポイントです。

ジェッカーズ-あったか シガーソケット式 汎用 シートヒーター(1,628円)

コスパの良いシートヒーターは家族サービスにおすすめ

リーズナブルな価格で購入できるシートヒーターです。幅は約131cmと広く、ワンボックスやミニバンなど、幅の広い車の後部座席に装着可能。後部座席全体をカバーするのに1,628円という価格は非常に安いです。

後部座席の乗り心地を良くしたい方におすすめ。頻繁に後部座席に乗ることが多い家族でも、約1.5cmの厚みのあるシートに座れば満足な乗り心地となることでしょう。後ろの席に座りたくなる家族が増えるかもしれませんね。

後部座席におすすめのシートヒーターの比較表

商品画像
ブランドetceteraジェッカーズ
商品名カーシートヒーターリアダブルダイヤキルトあったか シガーソケット式 汎用 シートヒーター
価格2,480円1,628円
特徴ふかふかのキルト生地で後部座席をすっぽりカバーコスパの良いシートヒーターは家族サービスにおすすめ
サイズ幅127×奥行50cm幅131×奥行49×高さ1.55cm
温度調節機能2段階2段階

まとめ

すぐに温まる速熱性のあるシートヒーターがおすすめ

シートヒーター選びで最もこだわりたいのが速熱性。1分程度ですぐに温まるものなら買ってよかったと思える最高の一品になるでしょう。さらに自動電源オフ機能付きなら安心して使い続けることができますね。今回は、冬のドライブが快適になるシートヒーターについて詳しく解説しました。是非みなさんも、お気に入りのシートヒーターで冷えを予防して、いつもの冬とは一味違う快適なドライブを楽しんでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*