2020おすすめのシャワートイレ人気ランキング!【リクシルやINAXも】

1日に何度も利用するトイレは、各家庭にとって欠かせない空間。特に温かい便座でおしりやビデを温水洗浄できれば、トイレタイムをより快適に使うことができます。そこでおすすめなのがシャワートイレ。備え付けのトイレに取り付けられ、リフォームすることなく温水洗浄機能を使うことができます。今回はそんなシャワートイレの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。自宅のトイレ空間をより快適なものにしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

シャワートイレとは?

温水洗浄機能が付いた便座

シャワートイレとはLIXILの登録商標で、温水洗浄機能の付いた便座のことをいいます。よく耳にするウォシュレットもTOTOの登録商標で、どの名称も製品名が一般的に認知されているのが特徴です。温水洗浄便座には、おしりを温水洗浄する機能や女性向けのビデ洗浄、暖房機能が搭載されています。この記事では温水洗浄機能の付いた便座を総称してシャワートイレと明記します。

備え付けのトイレ以外のメーカーでも取り付け可能

シャワートイレは日本の代表的なメーカーとして、TOTO、INAX(LIXIL)、Panasonicなどがあります。備え付けのトイレ本体のメーカーが違っていても、シャワートイレを取り付けることができるのは便利なポイントです。しかし、自動洗浄機能や水を自動でふきつける高機能タイプのシャワートイレは取り付けが難しい場合もあります。事前にどのメーカーのトイレにも適応するサイズかを確認して購入するようにしましょう。

シャワートイレの種類

瞬時に水を温めて放水する瞬間式

電気代が安く済みお湯切れの心配がない

シャワートイレは、温水を吐水して排水、排せつ後の洗浄をすることができるのが特徴です。シャワートイレは温水を作る方法によって作りが違うため、どの方式が良いかを事前に検討しておきましょう。使う時に水を瞬時に暖めて吐水する瞬間式は、吐水時に水を加熱するためお湯切れの心配がありません。また保温が不要なので、ランニングコストが安くすみます。

また内蔵タンクがない分コンパクトな設計なので、設置したときにトイレが広く感じられます。一人暮らしなど、間取りの狭いトイレにもスッキリと取り付けられるでしょう。ただ高価な製品が多く、初期費用が高いのがデメリット。それでもランニングコストは安くすむので、長期的に考えると使いやすいタイプといえます。

タンクで水を温めて置く貯湯式

申し分のない機能性でも価格が安価で手に入る

内蔵タンクに貯まった水を温水にして蓄えておく貯水式は、高機能なタイプでも安価で手に入るのが特徴です。安価なものは1万円以下で手に入るものもあり、リーズナブルでも基本の性能はきちんと搭載されています。初期費用をとにかく抑えたいという人におすすめですが、常時お湯を保温しているためランニングコストは高くなります。

ランニングコストを最小限に抑えるために、節電機能の付いたものを選びましょう。たとえば未使用時の時間を記憶して、ヒーターの電源を自動で切るタイプや便座の蓋を開けると瞬時に便座を温める機能のものなどがあります。搭載機能がある分価格は少し高くなりますが、長期的に見れば取り入れて損はない機能といえるでしょう。

シャワートイレの選び方

設置場所に合わせて操作パネルを選ぶ

壁に穴を開けられない賃貸なら操作一体型

便座本体の横に操作パネルのついた一体型は、価格が安価で手軽にシャワートイレを導入したい人におすすめです。またリモコン式と違って壁に穴を開けなくてよいので、賃貸住宅に向いています。ただ、操作パネルが便座から張り出しているため、掃除がしにくい点や体を回して操作するのが困難な人は使いにくいことも。ボタンが大きくて押しやすいものや、フラットな形状で掃除のしやすいものを選びましょう。

視認性が高く操作しやすいリモコン型

自分にとって手を伸ばしやすく、見やすい位置にリモコンを設置できるタイプは使い勝手がよいのでおすすめ。操作パネルが分離している分、本体の幅がスリムでトイレが広く感じられます。便器でトイレを圧迫しない分、奥の床まで掃除もしやすくなるのもメリットです。リモコン式は初期費用が高額になりますが、トイレを広く使える点と、操作性を考えると使いやすいタイプといえるでしょう。

あると嬉しい機能で選ぶ

衛生的に使用できるオート開閉機能

トイレに人が入ったのを察知すると自動で便座の蓋が空くオート開閉機能があります。トイレ使用後も、洗浄時に自動で便座が閉まるため手動で開閉する必要がありません。かがんで蓋を開ける必要がないので、中腰姿勢を取れないお年寄りやにも重宝するでしょう。また、手を汚さず開閉できるので衛生的に使うことができるのも便利なポイントです。

次の人も快適に使用できるパワー脱臭機能

便座に換気機能の搭載されたシャワートイレは、臭いを軽減して次に使う人も嫌なニオイを感じず使用ができます。蓋が開くのと同時に脱臭をはじめ、必要時には強力なパワー脱臭も行えるので、用途に応じて使用できるでしょう。製品によっては、脱臭フィルターの交換が必要なものもあるので事前にチェックしておくことをおすすめします。

汚れをつきにくくするプレミスト機能で掃除が不要な環境を

便器を使用する前に、水をふきつけて汚れの付着を抑えるプレミスト機能もおすすめです。水を吹きつけるものと、食器洗剤をタンクにセットして泡水を吹きつけるタイプがあります。泡タイプも専用の洗剤が不要なものだとコスパが高く機能的に使用できるでしょう。高機能なものほど価格も高価になりますが、掃除の回数が減るうえ、便器が汚れにくく掃除が楽になるのでおすすめです。

自動で便器洗浄を行うフルオートモデルも人気

便座から立ち上がると自動で洗浄を始める、ハンドル操作の不要なシャワートイレがあります。 また着座時間に応じて、水流の大きさを自動で察知し洗浄するフルオート洗浄機能も便利。 自動で洗浄するので流し忘れがないうえ、ハンドルを触らなくてよいので衛生的に使用できます。ハンドルに手の届きにくいお子さんのいる家庭や、とにかく手を汚したくない人に便利に使える機能といえます。

シャワートイレのおすすめブランド・メーカー

LIXIL

シャープのプラズマクラスターを導入した国内2位のシェアブランド

2011年にINAX、トステム、サンウェーブなどの日本を代表する住宅設備メーカーが統合してできました。各メーカーの良いところを併せ持ち、お手頃で機能性が高いシャワートイレが揃っています。トイレ掃除をより楽に、お手入れがしやすくするための機能や設計が人気です。

パナソニック

省エネ性能に特化したシャワートイレが特徴

これまでの陶器製とは違い、有機ガラス系新素材を採用し撥水性と水垢のつきにくいトイレが特徴です。家電作りに特化したメーカーだからこその機能が充実。除菌、防臭機能や泡を吐出して便器をコーティングするなどの高機能が揃っています。見た目にもスッキリとしたデザイン性の高さも魅力です。

東芝

ステンレス製ノズル採用でしっかり洗えて清潔に保てる

日本を代表する大手電機メーカー。生活家電を主につくっているのでシャワートイレの種類は多くありませんが、汚れが付きにくく手入れが簡単な製品が揃います。空気を温水に取り込んで噴射するエアインマイルド水流は、水道代の節約と優しい洗いあげで快適性に優れています。ステンレスノズルで抗菌効果が高くメンテナンスしやすいのも特徴です。

TOTO

トイレと衛生陶器が国内シェアナンバーワンの人気メーカー

国内シェアの60%を誇るTOTOは、節水、洗浄、清潔さのバランスが取れたシャワートイレが揃います。渦を巻くように水が流れることで、少ない水で便器ボウルをしっかり洗い洗浄できるトルネード洗浄が特徴。ランニングコストを抑える節電機能も充実しており、高価格帯でも絶大な支持を得ています。

おすすめ&人気の~ランキング

貯湯式でおすすめのシャワートイレ

LIXIL-シャワートイレKシリーズエクストラ(54,800円)

多彩な洗い心地とパワフル洗浄力が魅力

業界最大の1.5L/分の吐水量でたっぷりのお湯が使え、パワフル洗浄が可能です。スピードメーターのような操作部のデザインで、自分好みの水圧を選択できるのも嬉しい。便座の開閉や脱臭もフルオート機能なので、使う人すべてに優しく快適な設計になっています。

抗菌樹脂を使用した便座は、汚れが入りやすい継ぎ目がないので汚れてもサッとひと拭き、掃除もラクラクに叶います。また本体を簡単に着脱でき、持ち上げられるのもポイント。便器を持ち上げられれば、便器とすき間を簡単に掃除ができます。

ジャニス-温水洗浄便座(41,800円)

大きめの操作ボタンで視認性が高くお年寄りも扱いやすい

よく使うボタンは大きくはっきりと区分されているので、押しやすく間違いがありません。点字表記も加わったバイリンガル表示パネルで、視覚障害者にも配慮した設計になっています。取り付けも1人でしやすく初心者にも安心。

掃除がしやすい設計になっているのもこの商品のポイントです。蓋も本体もワンタッチで取り外し可能なので、狭い隙間も掃除しやすく蓋は丸洗いが可能です。同じシリーズで便座暖房のみの機能が付いたより安価な製品も用意されています。

TOTO-温水洗浄便座 (32,500円)

使用頻度の少ない少人数世帯におすすめのモデル

使用中は通常の脱臭、水を流した後は通常の脱臭から約2倍のパワー脱臭に切り替わって臭いをしっかり除き去ります。使用開始時から脱臭が自動で始まるため、ボタンを押す必要はありません。次の人に不快感を与えないので、安心してトイレから出られます。

便座に座ると自動で便器にミストを噴きつけて、水のクッションを作ります。1回に使う水の量は約20ccとごく少量なので水道代も少なくすみます。便器の陶器表面をツルツルに設計することで、ミストが便器表面に膜を作り汚れを落ちやすくします。

LIXIL-シャワートイレKAシリーズ(39,800円)

ノズル周辺も掃除が楽になる工夫が満載

LIXILのウォッシュノズル機能は女性に嬉しい機能が満載。ノズルを使わないときはノズルを自動で格納するので、男子小便時にもノズルが汚れる心配がありません。また、おしり洗浄とビデ洗浄でノズルが分かれているのもポイント。

女性が主に使うビデ用ノズルと分離されているのも、女性にとってあったら嬉しい機能といえます。便座から立ち上がると自動で便器の洗浄を開始するオート洗浄は、ハンドル操作が不要なのでそのままトイレから出ることができるのも嬉しい。

INAX-温水洗浄便座PASSO(74,000円)

シャープのプラズマクラスター鉢内除菌搭載のシャワートイレ

便器内に気流を発生させて脱臭するエアシールド脱臭機能が搭載。嫌なニオイを素早く消臭できるように工夫した作りになっています。ノズル部分は、使用後に銀イオン水を使って洗浄することで除菌効果も発揮されます。

便座は掃除がしやすいよう、継ぎ目がないフラットな設計。汚れが目詰まりせず、本体が汚れてもサッと拭きとれます。真上にしっかり上がる便座は、掃除する際にも便利。真上に便座自体が上がるため、隙間汚れが奥まで楽に拭き取れます。

瞬間式でおすすめのシャワートイレ

TOTO-瞬間式温水洗浄便座アプリコット(132,830円)

すべての欲しいが詰まった最上級モデル

トイレをより快適な空間にする機能がギュッと凝縮された瞬間式のシャワートイレです。便器に近づくと便器にフタが自動で開き、瞬時に便座を温めます。使う時だけ便座を温めるので、待機時の保温電力を抑えました。

使用前には便器ボウル面にミストを自動で吹きかけ、汚れを付きにくくします。またトイレ使用後と、8時間以上便器を使用していないことを察知すると、キレイ除菌水を吹きかけ、除菌と洗浄を自動でおこなうのでキレイがずっと続きます。

パナソニック-ビューティートワレ(63,300円)

泡の力でトイレ掃除が月一回で済む画期的なシャワートイレ

360度旋回しながら泡を噴出することで、広範囲にわたって便器内を洗浄し汚れが落ちやすくなるよう改良されました。水を流すたびに便器内を泡でコーティングするので、こびりつきや輪じみ汚れから守ります。

泡の素は専用洗剤が不要なのも嬉しいポイント。本体の袖部にある洗剤タンクに台所用洗剤を入れるだけなので簡単です。1回の補充で約900回の泡コートが可能。泡噴出口もスイッチ1つで洗浄でき、いつでも清潔に保つことができます。

TOTO-温水洗浄便座KMシリーズ(47,300円)

節電に力を入れた機能がいっぱいのシャワートイレ

便座と便蓋をダブルで保温するので、熱が逃げにくい構造になっています。寒い冬でもいつでも暖かさが続きます。従来の保温機能は蓋を閉じることで13%の節電が可能でしたが、ダブル保温便座で節電効果が30%アップしました。

他の製品にはないタイマー節電も搭載。1度設定すると、毎日同じ時間に便座ヒーターを自動で切って節電を開始します。またトイレの使用頻度を記憶し、普段使用しない時間は自動で便座を温度を下げて節電するエコ機能が充実した製品です。

INAX-温水便座 RVシリーズ(36,030円)

女性に優しいスリムタイプで掃除がしやすい

女性にとって優しい機能が詰まったシャワートイレです。ノズルを使わないときはノズルを収納することで、男性が使う時も汚れず清潔に保てます。掃除をしたい時はノズル部分が伸縮し、自動で洗浄を開始。ノズルの先端を取り外して簡単に交換も可能です。

おしりの洗浄時には、大きな水玉を連続噴射するバブルビート洗浄でパワフルな洗浄感を実現。ビデ洗浄ノズルと分かれているので衛生的にも安心です。横幅は42.5cmとスリムなデザイン。トイレ空間にゆとりが生まれ広々するのも嬉しいポイントです。

東芝-クリーンウォッシュ(33,084円)

着脱式ステンレスノズルでブラシや雑巾で簡単にお手入れ可能

東芝独自のヒーターユニットを採用し、おしりやビデ洗浄に使う水を瞬時に暖めます。必要な時に瞬時に暖めるので、保温電力が不要で経済的。温度も一定でお湯切れの心配もありません。省エネ効果が高く快適に使用できるでしょう。

ステンレス製の洗浄ノズルは、使う人に合わせてノズルの位置を調整できるのもポイント。前後7段階に調節できるので、適度な位置でしっかりと洗浄が可能です。洗浄の強さも4段階で調整可能。1人1人に合わせた快適な洗浄を実現します。

低価格でおすすめのシャワートイレ

パナソニック-ビューティートワレ(20,615円)

お手入れが楽々の設計でしかも省エネな高コスパトイレ

便座部分は、凹凸のないフラットな作りで汚れをサッと拭きとれるのが魅力。表部分はもちろん、裏面、ノズル部分もふき取りしやすい形状になっています。ビデなどのシャワーノズルも快適な使い心地を実現する工夫が充実しています。

気泡を含んだ脈動流で、水のボリュームと当たりの強さが安定して60秒間噴射します。冬場もシャワーノズルの温度が下がらず使えるので快適に使用できるのは嬉しい。ノズルを使用前と使用後に自動で洗浄するので、いつでも清潔に保てるのも安心です。

TOSHIBA-クリーンウォッシュ(22,800円)

座るとすぐにオート脱臭を始め嫌なニオイをこもらせない

着座すると自動で重量を察知し、脱臭運転を開始します。立ち上がってから約1分後に自動で停止するので脱臭ボタンを操作する必要はありません。着座の有無を的確に判断し、誤作動を防ぐために赤外線センサーも付いているので安心です。

東芝のウォッシュノズルは、本体内のエアポンプで水流に空気の泡を混入しながら発射させるエアマインド洗浄を搭載。柔らかいお湯なので肌に優しいのが特徴です。泡のはじける力で汚れもしっかり落とすこともできます。

パナソニック-ビューティ・トワレENXシリーズ( 23,630円)

洗浄メニューが充実して快適に使える高コスパモデル

便座裏には約3㎜の出っ張りを設け、小水の飛び散りや汚れから便座をガード。便座自体も、抗菌効果の高い銀イオンを練り込んだ素材を使用し、菌の繁殖を抑制します。便座が汚れにくいので、キレイが長持ちします。

洗浄ノズルは、ノズルが自動で動いて広範囲に汚れを洗浄するムーブ機能を搭載。洗浄の強さをリズミカルに変えて、おしりをマッサージするリズム洗浄もおすすめ。こだわりのノズルの機能で快適に心地よく使えるでしょう。

INAX-温水洗浄便座RGシリーズ(22,930円)

ハイレベルの基本性能を搭載したエントリーモデル

本体をスライドさせて簡単に着脱ができるので、便器と便座の奥の汚れもしっかり拭き取ることができる設計です。ノズル部分も先端を取り外して洗えるうえ、簡単に交換も可能。メンテナンスも簡単に叶います。

パワフルな洗浄力はそのままに、気泡を含んだシャワーで優しく汚れを落とします。着座と共に約1分間脱臭が始まるので次の人にも配慮した設計なのも嬉しい。洗浄感、デザイン性、快適性とどの性能もバランスの取れたスタンダードモデルになっています。

TOTO-貯水式ウォシュレット(26,440円)

初心者でもワンタッチで取り付け可能なモデル

便座と電源の配線をスッキリまとめられるので、見た目はスッキリとした印象に。一見、着脱式のシャワートイレとわからないほどのスタイリッシュな見た目なのが特徴です。便座と蓋はゆっくり閉まる仕組みなので、音がほとんどせず静かに閉まります。

便座とノズル部分、蓋部分は防汚性の高いクリーン樹脂を採用。汚れを弾いて、汚れを付きにくくするのでサッと拭いてお手入れできます。ノズル部分はウォシュレットの使用前後に水道水で自動で強力洗浄するのでお手入れも安心です。

まとめ

便座や便器の隙間まで掃除がしやすい設計や機能のものがおすすめ

シャワートイレを購入する上でこだわりたいポイントは、掃除がしやすい機能や設計かどうかという点です。便座ごとワンタッチで持ち上がるものは、隅まで掃除がしやすいのでおすすめです。また使用時に汚れを付きにくくする、プレミスト機能が搭載されているものも掃除が楽になるので便利でしょう。今回は、シャワートイレについて人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも、トイレ環境を良くするシャワートイレを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*