2020車用フロントカメラ人気ランキング!【広角タイプも】

前向き駐車をしたときに、目では確認できなかった障害物に車をぶつけた経験はありませんか?このような事故を防ぐのにおすすめなのが、車用フロントカメラです。前方の死角を広範囲にわたってモニターで確認できるので、障害物を発見しやすく事故防止につながります。今回は、車用フロントカメラの選び方から人気メーカーやおすすめ商品を詳しく紹介します。車用フロントカメラをお探しの方は、参考にしてください。

車用フロントカメラの特徴

前方の死角や左右の見通しが良くなり事故防止につながる

フロントバンバー下部は、運転席から見て前方の死角になる箇所をカバーしてくれるのが車用フロントカメラの特徴です。死角となる前方確認ができなかったことで、障害物に車をぶつけてしまうことがよくあります。車用フロントカメラを取り付けることで、前方や左右の死角を確認でき事故を未然に防ぎます。

自家用車にも後付けできる

車用フロントカメラは、車を購入後でも必要だと感じた時に後付けできるところも特徴です。また、小型に設計されており車検の規定内に設置可能なので、わざわざ取り外す面倒な作業を行う必要もありません。前方確認ができ事故防止に繋がることから需要が伸びてきており、配線がなく簡単に取り付けられるワイヤレスタイプなど種類も豊富です。

車用フロントカメラの種類

標準レンズタイプ

距離感がつかみやすい

車用フロントカメラの標準レンズタイプは、目で見えている風景をそのまま映し出してくれるのが特徴です。そのため、モニターに映った画像にもすぐに慣れます。また、障害物との距離感がつかみやすいところも特徴でハンドル操作を楽に行えます。

障害物との距離感がつかみにくいと車をぶつけやすくなるので、運転に自信のない方や運転初心者には標準レンズがおすすめ。また、ハンドル操作が楽に行えることからスムーズに前向き駐車をしたい方にもおすすめです。距離感のつかみやすい標準レンズタイプを取り付けて、ストレスのない快適なドライブを楽しみましょう。

魚眼レンズタイプ

広範囲を映し出す

車用フロントカメラの魚眼レンズタイプは、広範囲にわたって前方確認をできるところが特徴です。狭い道路や前方の左右を広く見渡したい道路を通るときに便利。しかし、モニターに映し出される画像は左右が湾曲しているので距離感がつかみにくく慣れが必要とされます。

このようなことから、運転に自信のある方や距離感をつかむのが得意な方におすすめします。また、ミニバンなど車高の高い車は意外と左右やフロントバンパー下部の確認がしにくい車種です。そのため、広範囲を映し出す魚眼レンズは車高の高い車種の取り付けにもおすすめです。

車用フロントカメラの選び方

既存のモニターに合わせて選ぶ

モニターのスペックに合った画素数だと綺麗に映る

車用フロントカメラの画素数は、31万画素や42万画素など数字が高くなるほどキメの細かいきれいな画像となりモニターが見やすくなります。しかし、モニターの画素数スペックと合わない画素数のフロントカメラを取り付けてしまうとモニターが対応できないのでカメラの性能を発揮することができません。モニターの画素数に合ったフロントカメラを取り付けることできれいな画像が映し出されるので、モニターの画素数スペックを確認して合うものを選びましょう。

互換性があるモニターと同じメーカーで統一するのもおすすめ

既存のモニターやナビに後付けで車用フロントカメラを取り付ける場合、モニターやナビとの相性を確認する必要があります。一番のおすすめは、相性がバッチリな同じメーカーのフロントカメラを選ぶことです。しかし難しい場合は、モニターの互換性を確認して相性の良いものを選びましょう。

防水性能で選ぶ

防水規格はIPコードで確認

車用フロントカメラの防水規格は、IPコードで表示されています。IPコードとは、世界共通で電気製品の防塵と防水の保護等級を表すコードです。保護等級は数字で表しており、数字が大きいほど保護力が高い。多くの車用フロントカメラに使用されているコードはIP67であり、6が防塵で7が防水の保護等級です。防塵の最高等級は6であり細かいホコリや塵が機械内に侵入するのを保護、防水の最高等級は8であり水の中での使用が可能レベルの高い防水保護性能となります。

雨に強いIP67以上の防水タイプがおすすめ

車用フロントカメラは車外に取り付けるので、雨やホコリに強い保護等級が求められます。推奨する保護等級はIP67以上。防水の保護等級7は、水の圧力に強く水没にも耐えられる保護性能です。梅雨時など雨が降り続くときや黄砂が舞う時期など、保護等級が高い方が安心。選ぶときは保護等級が表示されているIPコードの確認を忘れずに行いましょう。

便利な機能で選ぶ

広範囲を確認できる超広角タイプ

車用フロントカメラは前方の死角をカバーする役割があるので、視野角の広い方がおすすめです。視野角は、140°や170°といった度数で表示されています。数字が大きくなるほど広範囲を映し出す機種で、視野角170°以上になると超広角タイプと呼ばれてます。広範囲を確認できた方がより事故防止にもつながるので、選ぶときは視野角の確認も忘れないようにしましょう。

夜間でも見やすい暗視機能

夜間でも前方を確認しやすく、モニター映りがきれいな暗視機能。視界を悪くさせる暗闇でも赤外線やLDEライトなどで明るく照らすので、死角をカバーしてくれます。夜の運転は暗くて視界が悪くなるから苦手という方も、暗視機能付きなら安心。夜間の運転が多い方や、暗い場所に駐車スペースがある方におすすめの機能です。

車用フロントカメラのおすすめブランド・メーカー

KENWOOD(ケンウッド)

カーオーディオやナビが人気のブランド

ケンウッドのフロントカメラは、バックカメラ兼用のマルチビューカメラです。レンズが高性能であり、夜間などの暗闇時はライトの明かりだけで鮮明な映像を映し出す業界最高水準の暗視機能が魅力。もちろんケンウッドのナビとの相性も抜群です。

Queen(クイーン)

高画質でお手頃価格が人気のメーカー

Queen製のフロントカメラは、42万画素や100万画素など高画質で人気です。また、バックカメラやサイドカメラ兼用モデルやワイヤレスタイプなど種類も豊富。価格も100万画素¥2,980など、お手頃価格のため気軽に取り付けられるのも魅力ですね。

ビートソニック

車載用品が人気のメーカー

ビートソニックの車用フロントカメラは、視野角160°や180°の超広角タイプが特徴です。また、車に穴を開ける必要がないナンバープレートに取り付けられるのも魅力。フロントグリルに挟むだけの簡単設置の機種もあります。

carrozzeria(カロッツェリア)

カーオーディオが人気のブランド

カロッツェリアのフロントカメラは原色カラーフィルターを採用しており、色の再現性に優れているところが特徴です。バックカメラ併用機種もあり、利便性が高いです。軽量でコンパクト設計なところも魅力です。

おすすめ&人気の車用フロントカメラランキング

高画質でおすすめの車用フロントカメラ

クイーン-フロントカメラ(3,680円)

100万画素の超高画質タイプ

クイーン製のフロントカメラは、100万画素の超高画質と視野角170°の超広角タイプが特徴です。防塵と防水の保護等級はIP66。広角タイプなので前方の死角を広範囲でカバー、高画質なので画像の粗さがなく見やすいです。多くのフロントカメラは31万画素が主流なので、100万画素の機種は貴重ですよ。

高画質でコンパクト設計のフロントカメラをお探しの方におすすめです。総重量はわずか200gで高さ22㎜×横幅22㎜×奥行25mm。超小型タイプなので、設置場所に困ることがなく目立たなくて盗難されにくいです。

Fam Style-フロントカメラ(1,980円)

角度調整可能でお好みの角度が設定できる

6層のガラスレンズと明暗センサー搭載が特徴の機種で、バックカメラ兼用モデル。明暗センサーは、夜間に使用するとき自動でLEDライトが点灯するシステムです。暗闇でも画像が見やすく、ハンドル操作が楽になり前向き駐車をスムーズに行うことができます。

フロントカメラを設置した後に、自分好みの角度調節がしたい方におすすめの機種です。左右180度上下90°の範囲で調節可能。運転席から見やすい角度に調節できるので、自分から見た前方の死角をなくせます。

Green-CCDレンズフロントカメラ(2,800円)

高画質で広角タイプ

CCDレンズ搭載で、高画質と広角タイプのフロントカメラです。夜間は街頭や周囲の明かりに影響されにくいため、ノイズが発生しにくく見やすいですよ。超広角なので、左右の死角までしっかりカバーしてくれます。

設置場所が目立たない小型タイプをお探しの方におすすめの機種です。高さ21㎜×横幅22㎜×奥行23㎜の超小型設計なので、設置場所に困ることがなく気づかれにくいです。しかし、調整幅が狭く設置後の角度調整が難しいため角度チェックを行ってから設置しましょう。

クイーン-高画質フロントカメラ(2,980円)

埋め込み可能なフロントカメラ

42万画素で高画質のCCDレンズ搭載で、モニター映りがとてもきれいです。高画質なので暗闇でも見やすく映し出してくれて、夜間の運転をサポートします。他の製品は角度調節が狭いものが多いですが、360°回転するので設置後に自分好みの角度調節が可能です。

設置してあることが分かりにくい埋め込みタイプをお探しの方におすすめの機種です。IP66ですが、埋め込みタイプなので機械部分の露出が少なく安心。本体がブラックなので、ブラックのバンパーに埋め込むと目立ちません。

YS CUSTOM-CCDフロントカメラ(2,980円)

フロントカメラ専用機種で高画質

CCDレンズ搭載で、超高画質のフロントカメラ専用の機種です。広角レンズでもあるので広範囲の確認が可能。また、色の再現性に優れているカラーレンズも含まれているので、鮮明な画像で見やすいもの特徴です。

夜間の運転が多い方におすすめの機種です。暗闇でもきれいに映し出してくれる「低照度対応」なので、夜間の前向き駐車を安全にサポートしてくれます。また、ブラックシルバーホワイトの3色展開なので車のカラーに合った色を選べるのも魅力です。

高画質でおすすめの車用フロントカメラの比較表

商品画像
ブランドクイーンFam StyleGreenクイーンYS CUSTOM
商品名フロントカメラフロントカメラCCDレンズフロントカメラ高画質フロントカメラCCDフロントカメラ
価格3,680円1,980円2,800円2,980円2,980円
特徴100万画素の超高画質タイプ角度調整可能でお好みの角度が設定できる高画質で広角タイプ埋め込み可能なフロントカメラフロントカメラ専用機種で高画質
サイズ幅2.2×奥行2.2×高さ2.5cm幅8.6×奥行5×高さ3.5cm幅2.2×奥行2.3×高さ2.1cm幅2.8×奥行2.8×高さ2.3cm
画素数100万300万36万42万

小型でおすすめの車用フロントカメラ

ユアーズ-モニター付きフロントカメラ(10,000円)

汎用タイプで全車種に取り付け可能

高さ19.3㎜の超小型設計のフロントカメラです。小型を意識して製造されているので、設置後は目立ちにくく盗難の心配も不要。また、防塵と防水の保護等級はIP67なので雨の日やホコリが飛びやすい風が強い日でも安心です。

ナビやモニターがない方やフロントカメラ専用のモニターが欲しい方におすすめの機種です。4.3インチの小型モニター付きで、ダッシュボードに設置しても視界の邪魔をしません。また、折りたたみ可能なので使用しないときはコンパクトに収納できます。

glafit(グラフィット)-埋め込み対応フロントカメラ(5,480円)

一円玉サイズの超小型設計

一円玉よりも小さいのではと感じるほど、超小型設計のフロントカメラです。埋め込みにも対応した設計なので、丸型で目立ちにくいですね。また、サイドやバックカメラとしても使用可能なので利便性が高い機種です。

目立ちにくい小型タイプをお探しの方はもちろんですが、防塵と防水がしっかりしている機種をお探しの方にもおすすめです。最高基準のIP68の保護等級なので、台風で水没している道路を通っても安心。埋め込み設置なら外れる心配も不要です。

パネル王国-超小型フロントカメラ(18,480円)

埋め込み型で目立たない

全車種対応可能の超小型フロントカメラ。気になるそのサイズ感は、親指と人差し指で摘まんでも指の方が大きく見えるほど極小サイズです。埋め込み型なので、フロントカメラと同色のバンパーなら設置場所が目立ちません。

超小型で超広角フロントカメラをお探しの方におすすめの機種です。視野角180°の超広角タイプで、車の左右前方の死角をサポートします。魚眼レンズタイプなので距離感がつかみにくいですが、広範囲を確認するには最適です。

ケンウッド-フロントカメラCMOS-320(19,949円)

バックカメラ兼用

使用用途に合わせた4つのビューモード搭載で、見やすさをバックアップ。超広角モードのウルトラワイドビューや真上から見下ろす俯瞰ビューなど、自分に合った見え方を選べます。また、33万画素なので高画質も魅力です。

ケンウッドのナビやモニターをお持ちの方におすすめの機種です。ケンウッドのフロントカメラなので、同じブランドのモニターなら相性抜群できれいに映ります。カメラのサイズは、高さ23.4×横幅23.4×奥行26.1mmです。

シードスタイル-マイクロフロントカメラ(3,480円)

360°角度調整可能

フロントバンパーに埋め込み式の超小型フロントカメラ。様々な日本製ナビやモニターに対応しているため、モニターとの相性を確認しやすいです。また、360°角度調節可能なので、設置後に自分好みの角度に合わせやすいです。

日中も夜間もきれいに映してくれる車用フロントカメラをお探しの方におすすめ。OV7960チップを搭載していることで、日中はもちろんのこと夜間でも明るくきれいに映し出してくれて見やすいです。広角タイプなので、広範囲を確認したい方にもおすすめです。

小型でおすすめの車用フロントカメラの比較表

商品画像
ブランドユアーズglafit
(グラフィット)
パネル王国ケンウッドシードスタイル
商品名モニター付きフロントカメラ埋め込み対応フロントカメラ超小型フロントカメラフロントカメラCMOS-320マイクロフロントカメラ
価格10,000円5,480円18,480円19,949円3,480円
特徴汎用タイプで全車種に取り付け可能一円玉サイズの超小型設計埋め込み型で目立たないバックカメラ兼用360°角度調整可能
サイズ幅2.6×奥行2.8×高さ1.9cm幅2×高さ2cm幅2.3×奥行2.6×高さ2.3cm幅3×奥行2.4×高さ3cm
画素数32万34万33万

広角タイプでおすすめの車用フロントカメラ

カーエロクトロニクス-超広角フロントカメラ(8,800円)

狭い道路の前方左右確認に最適

広角レンズ搭載で、超広角192°の視野角を実現。前方はもちろんのこと、左右の死角を広範囲でサポートします。また、CCDセンサー搭載なので前方風景を高画質で映し出し、見やすくハンドル操作も楽に行えます。

狭い道路や通学路など人の往来が多い道路を運転する方におすすめです。狭い道路は、左右の死角が多くなるほか通行人や対向車との距離感も注意しなければいけません。そんなときに、広範囲の左右確認ができる視野角192°のフロントカメラは重宝します。

ビートソニック-フロントカメラ魚眼タイプ(12,395円)

ナンバープレートに設置可能

180°の超広角タイプで、31万画素の高画質が特徴の車用フロントカメラです。魚眼レンズタイプなので距離感をつかむまで慣れが必要ですが、広範囲の前方を確認できます。31万画素なので、夜間でもきれいに映し出し見やすいです。

軽自動車でナンバープレートに設置したい方におすすめの機種です。軽自動車専用でナンバープレートに設置するタイプなので、ナンバープレートと同じイエロー色。ナンバープレートのボルト部分に設置するので、簡単に設置できます。

BIG ROM(ビッグロム)-フロントカメラ(5,500円)

CMOC高感度センサー搭載

視野角170°で広角タイプの車用フロントカメラ。標準レンズタイプなので、前方の風景をそのまま映し出してくれて距離感がつかみやすく障害物を見つけやすいです。サイドやバックカメラ兼用なので、利便性も抜群です。

ミニバンなどの車高の高い車の設置におすすめ。車高の高い車は、前方の左右やフロントバンパー下部の死角が広く障害物にぶつけやすい車種です。広範囲の死角をサポートしてくれる広角タイプのフロントカメラを設置することで、事故防止につながります。

PORMIDO-フロントカメラ(5,500円)

SONY CCDセンサー搭載で超高画質

視野角230°の超広角タイプで、92万画素の高画質が特徴の車用フロントカメラです。SONYのCCDセンサー搭載で標準レンズタイプなので、高画質で前方の風景を目視と同じくらい正確できれいに映し出します。視野角230°は、左右の見通しが良くなり危険をいち早く察知できます。

高性能でありながらお手頃価格の車用フロントカメラをお探しの方におすすめの機種です。ステンレス製のカバーは丈夫なので、洗車機を使っても安心。また、防塵と防水の保護等級は最高基準のIP68なので雨やホコリにも強く高性能です

カロッツェリア-フロントカメラ(15,580円)

夜間も見やすい高性能カメラ

高画質で広角タイプの小型設計で、高機能な車用フロントカメラです。原色カラーフィルター搭載で、色の再現性が高く目視と変わらない風景を映し出します。また、視野角190°なので広範囲にわたって前方の死角をサポートします。

高機能な車用フロントカメラをお探しの方にもおすすめです。高さ23mm×横幅23mm×奥行24mmの小型設計なので、設置後は目立ちません。カロッツェリア独自の画像処理技術を採用しているので、画質に自信あり。夜間もみやすい高画質となっています。

広角タイプでおすすめの車用フロントカメラの比較表

商品画像
ブランドカーエロクトロニクスビートソニックBIG ROM
(ビッグロム)
PORMIDOカロッツェリア
商品名超広角フロントカメラフロントカメラ魚眼タイプフロントカメラフロントカメラフロントカメラ
価格8,800円12,395円5,500円5,500円15,580円
特徴狭い道路の前方左右確認に最適ナンバープレートに設置可能CMOC高感度センサー搭載SONY CCDセンサー搭載で超高画質夜間も見やすい高性能カメラ
サイズ幅2.5×奥行3.5×高さ2.5cm幅2×奥行2.2×高さ2.3cm幅2.3×奥行2.3×高さ3cm幅2.5×奥行2.5×高さ2.3cm幅2.3×奥行2.4×高さ2.3cm
画素数31万解像度:520
dpi
40万31万

まとめ

モニターやナビとの相性をチェックすることがポイント

車用フロントカメラは、画質のきれいさで見やすさが変わります。カメラの画素数も大切な要素ですが、ナビやモニターのスペックに合った画素数を選ばないときれいに映りません。そのため、選ぶときはモニターとの相性のチェックを忘れずに行いましょう。今回は車用フロントカメラについて選び方やおすすめ商品を詳しく紹介しました。見やすくて車に合った車用フロントカメラを、見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*