2020おすすめのFMトランスミッター人気ランキング!【Bluetooth対応も】

FMトランスミッターは、幅広い機器に音源を送信できるもので、古いオーディオはもちろん、iPhoneでいつも聴いている音楽を車でも聞くことを可能にしてくれます。そんなFMトランスミッターの選び方や音楽を聴くこと以外の便利な機能、さらにおすすめの商品をジャンル分けしてランキングでご紹介していきます。カーステレオでスマートフォン等の音楽機器に入っている曲を聴きたい方、Bluetooth機能を使ってステレオ周りをワイヤレスにしたい方には、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

FMトランスミッターの特徴

FMの周波数を使って音楽を車で聴くことが出来る

FMトランスミッターは、FMラジオの周波数を使って音楽を流すことができるオーディオ用アクセサリーです。接続した機器の音楽を再生するとFMトランスミッターが再生中の音楽をFMラジオの周波数に変換、送信します。その変換された周波数をラジオが受信して、再生中の音楽がラジオから流れる仕組みになっています。なので、FMラジオさえあれば、どこでも音楽を楽しむことが出来るというわけですね。Bluetooth対応のiPhone・iPad等はもちろん、Bluetoothに対応していないiPodやウォークマンでも大丈夫です。スマートフォンやiPod(MP3)やタブレットの曲をカーオーディオに接続して車で聴いたり、ラジオ機能搭載の機器に接続して屋外で聴くことも可能です。特に車での使用目的で作られているものが多いので、音楽を聴ける以外にも便利に使える機能が多く搭載されています。

充電用のコネクタがあれば音楽を聴きながらスマホを充電できる

スマートフォンを使って音楽を聴くと充電が減ってしまうのでは?と心配になりますよね。FMトランスミッターの多くは充電ポートを搭載しています。よって、スマートフォンやタブレットを充電しながら音楽を聴くことが可能です。USB式の充電ポートを搭載しているタイプが多く、ケーブルが付属されているものもありますよ。また、急速充電にも対応している商品も最近は多くみられます。車の中でお気に入りの音楽も聴きながら端末の充電ができるのは便利ですね。

FMトランスミッターの種類・使い方

シガーソケット式

車のシガーソケットに差し込むだけで使用可能

FMトランスミッターは車で使用されることを想定して製造されているため、電源はシガーソケットからとるものがほとんどです。家庭用コンセントの場合、電気は交流でACと表記されますが、車のバッテリーは直流という意味でDCと表記されています。自動車用電源は、普通乗用車でDC12Vで、トラックがDC24V。FMトランスミッターの中には24V入力に対応していない機種もあるので、トラックで使いたい方は故障を避けるためにも必ずここを確認して選びましょう。

普通車でシガーソケットがついてさえいれば、FMトランスミッターを差し込んでペアリング設定だけすれば使えるようになるので、配線等に悩まされることはありません。更にFMトランスミッター本体にBluetoothが搭載されているものを使えば、ワイヤレス環境を手にいれることができます。

オーディオプラグ式(電池式)

内臓バッテリー搭載だから車以外の屋外でも使用可能

最近はオプションでシガーソケットを付けるタイプの車もあります。そのため、車によってはシガーソケットが搭載されていない車種もありますよね。そんな時は、オーディオプラグ式のFMトランスミッターがおすすめ。FMトランスミッター本体を前もって充電しておくことで、シガーソケットに接続せずに使用が可能です。

シガーソケットが不要なので、シガーソケットのない車や車以外の屋外で使うことも可能です。そのため、ラジオ機能搭載機器を持っていけばキャンプや海などでも音楽を楽しむことができます。値段も格安なモデルが多いので、とりあえずFMトランスミッターを使ってみたいという方にもおすすめです。

FMトランスミッターの選び方

接続方法で選ぶ

高音質を楽しみながら快適なドライブをしたいなら有線タイプ

音にこだわるとなると有線に勝るものなしです。メリットはBluetoothのように音楽のデータを変換する必要がないため、音がプツプツときれることもなく、ザーというようなノイズが入ってきたりすることもないです。快適な音でドライブを楽しむことができます。デメリットとしては、有線なのでケーブルの線が絡まると邪魔になってしまうという可能性があります。安定した音で曲を楽しみたい方に、有線タイプはおすすめです。

コードレスで車内をすっきり見せたいならBluetoothタイプ

接続する機器を置く位置が定まらない場合や、線が絡まってしまったりする問題がコードレスなら解消され、車内をすっきりと見せてくれるのがワイヤレスの特徴。反対に有線タイプと異なり、無線機能特有のノイズなどの不具合が発生する可能性があります。しかしながら、このノイズを低減するために工夫を凝らしたモデルも登場してきています。ペアリングで手軽に接続するならBluetoothタイプがおすすめです。

対応周波数で選ぶ

設定可能な周波数が多ければ混線によるノイズを防げる

Bluetoothタイプでもやはり、音にこだわりたいという方は対応周波数も要チェック。FMラジオの周波数が幅広いものを選ぶと、それだけノイズの少ない周波数を選ぶ範囲が広がります。ノイズが発生した際には、別の周波数を切り替えることで解消することができますよ。一般的には「76.0~90.0MHz」に対応している物が多く、中には4チャンネルのみの対応というものがあります。幅が広いものは「87.5~108.0MHz」まで対応しており、ノイズに悩まされることが嫌な人は周波数を確認して選びましょう。

オートスキャン搭載なら最適な周波数を自動で選んでくれる

オートスキャン機能があれば最適な周波数を自動で選んでくれます。他県などに遠出する際や、電波障害などが起こった時には周波数を変えなくてはいけません。そんな時に、長押しやワンプッシュで勝手に周波数をキャッチして止まってくれます。それでも音が悪いなと感じれば、もう一度押すと再び異なる周波数を探してくれます。細かな設定が苦手な方にもオートスキャン機能はおすすめです。

便利な機能で選ぶ

ハンズフリー機能があれば運転中でも通話できる

ハンズフリー機能は電話を多く受ける方には必需品です。音楽を聴くのと同時に接続されるので、簡単で便利です。ながら運転を避けるためにも、通話はハンズフリー機能を活用するのがおすすめ。まだイヤフォンで通話している方や、ハンズフリー通話機能を導入しようとしている方は是非チェックしたい機能です。通話音声に力を入れているメーカーが多いのもFMトランスミッターの特徴です。

広い駐車場で車の位置を特定できるカーファインダー機能

この機能はアプリとの連動使用になります。大きなショッピングモールなど、駐車場が広くて自分がどこに車を止めたのか忘れてしまうという場面で役立つのがこの機能です。駐車場のどこにとめたのかを記録しておいてくれます。県外に出た時など、土地勘のない場所での駐車の際にも、車を探す手間が省けるのでとても便利ですよ。

リモコン付きだと後ろの席からでも操作可能

リモコン付きはファミリー向けのFMトランスミッターです。同乗者が複数いると、曲の変更や音量の上げ下げなど、頻繁に操作が必要になります。運転中に操作することで気を取られると危ないですよね。そんな時、リモコンがあれば後部座席から操作が可能になるため、誰でも簡単にFMトランスミッターが使用できます。

FMトランスミッターのおすすめブランド・メーカー

Anker (アンカー)

モバイルバッテリーでも有名なAnker

スマートフォンアクセサリーを作っていることで有名なAnker(アンカー)です。スマートフォン内の音楽を車内でワイヤレス接続して楽しみたい方には、やはりスマートフォンを知り尽くしたメーカーから発売されているものだと信用性が高いですよね。AnkerのFMトランスミッターは、カーファインダー内蔵モデルがあるので便利です。

JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)

特許も取得・最高峰のみを追求したトランスミッターを作り出す

JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)は車に使われるアクセサリーを主に作っています。ドライブレコーダーやシガーソケット等があります。車を知り尽くしたうえで、周辺機器を製造しているところに信頼が置けますよね。FMトランスミッターは国内大手通販サイトでベストセラーになることが多く、非常に満足度が高い商品ばかりを手掛けています。

Ewin(イウィン)

世界で信頼されているブランド

日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパなどでも有名な信頼度の高いブランドです。技適認証済みの製品で、保証も手厚い安心できる製品を製造しているのが特徴。品質の高い工場に送られるISO9001取得工場にて企画製造しています。また、充電ケーブル付きのトランスミッターなど、細かい配慮まで施されているところが安心感を与えてくれます。

ELECOM(エレコム)

高音質FMトランスミッターならPC周辺機器メーカーのELECOM

エレコムはマウス、キーボードなどを含む13の部門で業界トップシェアを誇るメーカー。Appleの正規ライセンスを取得し、iPhone・iPad専用のLightningコネクタ接続タイプのFMトランスミッターを展開しています。複数のBluetooth機器とのペアリングを可能にする、マルチペアリング機能において、接続台数の上限が高いのも特徴です。

おすすめ&人気のFMトランスミッターランキング

高音質でおすすめのFMトランスミッター

JAPAN AVE‐FMトランスミッター Bluetooth 4.2(3,480円)

高音質ATSチップ採用で安定接続を可能に

国内特許を取得した最高峰FMトランスミッターです。ノイズを極限まで軽減し、他では真似できない圧倒的クリアサウンドを実現しました。追求した高音質を再現するATSチップと途切れない安定接続を可能にした最新のBluetooth4.2も搭載されています。

ハンズフリー通話機能も搭載され、急速充電が3ポートあるので充電不足の心配はありません。簡単1分セットと言われているので、接続して設定するまでがとにかく簡単なのが魅力的です。とにかく高音質にこだわりたい、そして最新のものを試したい方にはおすすめです。

Ewin ‐FMトランスミッター Bluetooth4.2(2,980円)

品質の高いものを目指した最新モデルの登場

最新チップ搭載で雑音ストレスから脱却し、高音質でクリアなサウンドを実現しました。iPhone、android、Type-C兼用の充電ケーブルが付属されているので、充電ケーブルを別で買い足さなくていいのは嬉しいですよね。コンパクトなボディでありながら、ハンズフリー通話機能と急速充電の基本機能は搭載されているので、使い勝手が良さそうです。

人気が高く、選ばれるFMトランスミッターとして上位にランクインしています。そして常に品質向上のために進化続けています。高音質も楽しみたいけど、まずは安心、安全の商品を重視したい方で、コスパがいいものを選びたい方におすすめです。

ケンウッド(KENWOOD) ‐FMトランスミッター (5,900円)

ケンウッドならではの上質で洗練されたデザインと音質

カーステレオで有名なKenwoodの実力は本物です。今までのFMトランスミッターではもの足りなかった低音域を補うことで、より重厚感 のあるサウンドを体感できます。チャンネルを細かく設定できる141チャンネルデジタル選局を搭載しているので、ノイズを気にしなくていいというのには大いに納得です。

Kenwood商品が好きにはたまらないスタイリッシュなデザインなので、目を惹きますね。そして、4段階の角度に変化出来る細やかな調節が可能になっているので、ステレオ周りが狭い方には最適です。デザインと音質を重視したい方におすすめです。

LUFT-TSM‐FMトランスミッター78 X (3,280円)

コンパクトボディなのに高機能搭載なのが人気の理由

CDプレーヤーの音質と変わらない音で聞けて、地下や駐車場でもノイズが入りにくいのが特徴。特許技術 Quick Charge 3.0 搭載により、充電を約4倍の速さの急速充電を実現したことも、こだわりの一つです。ハンズフリー通話機能もついており、ライン通話でのハンズフリーも問題なく使え、音楽を楽しみながら様々なアプリも使用が可能です。

日本人による細やかなサポート運営がついているというところも満足度の高さに繋がっていそうです。FMトランスミッターを初めて購入する方で、失敗したくない方は手堅くいけるのでおすすめです。

エレコム‐FM トランスミッター‐EC-FM02BK(3,019円)

4チャンネルで選ぶだけなのに音の良さに定評あり

重低音モードを搭載しているので音の臨場感を実現させています。ボタンを押すだけでON/OFFの切り替えが可能なのも便利です。最大8台同時にマルチペアリングができ、「おまかせ充電」機能がついているのでiPhoneやAndroid等の端末を気にせず充電ができます。

ペアリングも充電も様々な機器に対応してくれるので、家族がバラバラの機種を使っている場合や多くの機器を使いたい方にはおすすめです。FM周波数は88.1/88.3./88.5/88.7MHzの4chから選択可能なので、選ぶのが簡単です。細かな設定を面倒だと感じる方にはぴったりです。

ノイズが少ないおすすめのFMトランスミッター

MAX光-FMトランスミッター Bluetooth 5.0+EDR‐2(4,538円)

CVCノイズキャンセリング技術はノイズと雑音を最大限に軽減

最先端のBluetooth 5.0+EDRが搭載されるため、信号が強くなり、10m長めの伝送距離iOSとandroidに対応可能、音飛びやノイズなどもありません。3ステップでペアリングが可能で操作が簡単です。3モード音楽再生(Bluetooth・AUX・TFカード)に対応しているので、どんな音楽機器でもカーステレオで楽しむことができます。そしてSiri Google Assistantを起動し、連絡先、アドレスを探す、ナビゲーションなどの音声操作ができるのが非常に便利です。

車内で電話をよくする人にとっての基本機能がそろっているので、ハンズフリー通話でもノイズなしで快適に話すことが出来ます。エアコン吹き出し口に簡単に設置して使えます。七色ライトなどのお洒落デザインもポイント。ノイズを徹底的に排除して最新式の機能を使いたい方にはおすすめです。

FMトランスミッター Bluetooth 4.0 BT-06(2,280円)

CVC技術で騒音を抑えて二重の音質を楽しませてくれる

エコーキャンセレーションとノイズ抑制(CVC)技術を駆使させ、強化されたサウンドを体験することができます。4つの音楽再生モードに対応しているので、どんな音楽機器でもカーステレオで楽しむことができ、幅広い機器でノイズを気にすることなく音楽を楽しめます。

1.3インチのスクリーンを開発したことで、電話、音楽、車のバッテリー電圧をよりよく見えて、他との違いをみせられるビッグLCDディスプレイが魅力的です。最も特徴的なのが、静電気防止設計なので静電気を防止したい方にはおすすめです。

Tinzzi FM‐トランスミッター bluetooth5.0 搭載(4,535円 )

最新の技術で優れた安定性と高音質をお届け

従来のBluetoothの約2倍の伝送速度のおかげで、安定した接続が可能です。そのためノイズが入ることのない高音質を提供してくれます。音源を再生しているような高音質サウンドを実現し、完璧な高音質な通話体験をお届けしてくれます。車載トランスミッターのBluetooth製品に関する技適認証とRS安全認証を取得しているので、商品の安全性も優れています。

周波数は87.5~108MHzの間で自由に設定可能なうえ、外車でも使用が可能。基本的な機能のハンズフリーはもちろん、3つの音楽再生モード(Bluetooth・AUX・TFカード)とスマートフォンとカーナビ機能と連動が可能なのも嬉しいところです。大型車や外車に乗っていて通話することが多い方、そして商品の安全性を重視する方におすすめです。

JAPAN AVE.‐ FMトランスミッター (2,980円)

独特なCVC騒音低減技術によりノイズをカットしてゼロへ

革新技術を駆使して音質を向上させ、141チャンネルの多さでノイズを徹底的にゼロに近い状態へ持っていき、文句なしの本物の音質を実現させました。Bluetooth 5.0搭載なので、従来のBluetoothデータのデータ転送速度高速化され、通信量は8倍にもなりました。急速充電は従来のものの4倍の速さです。

最新で必要な機能は揃っており、音楽リストを表示してくれる液晶ディスプレイがあるのも魅力的です。優れた機能が搭載されて、至れり尽くせりのFMトランスミッターです。見た目のデザインはスマートなので、出来る人の雰囲気を醸し出してくれますね。

General purpose‐FMトランスミッター-3.5mm ミニプラグ (875円)

オーディオプラグ式(電池式)だからシガーソケット不要

お使いのスマートフォンなどの3.5mmミニプラグに差し込むだけで簡単に使えるので、気軽にFMトランスミッターを取り入れることができます。FM電波の周波数は87.5MHzから108.0MHzの間で幅広いので、ノイズから逃れることもできます。ワイヤレスで使うことができますが、前もって充電しておく必要があります。

車内だけではなく屋外でも使用することができて便利。コスパ良さは断トツなので、お試しにFMトランスミッターを使ってみたいという方にはピッタリです。他のFMトランスミッターのような機能はないので音楽のみを楽しみたい人におすすめです。

エレコム-FMトランスミッターBt‐SV‐LAT-FMBTB05RSV(4,367円)

便利なリモコンとイコライザーで快適な音を楽しむ

後部座席にいる家族や友人も操作が可能なリモコン付きトランスミッターは本当に便利です。様々な音質で楽しめるイコライザー機能もついているので、雰囲気に合わせた様々な音も楽しむことが出来ます。車内を盛り上げてくれること間違いなしですね。

エレコムのFMトランスミッターには標準搭載されている「おまかせ充電」も、搭載しているので、充電する機種を自動的に判断してくれます。家族や友人を自分の車に載せて旅行やドライブによく行くという方には断然こちらがおすすめです。リモコン付きを使うと他のものは使えなくなりますよ。

アプリとの連携でおすすめのFMトランスミッター

Blue Music ‐FMトランスミッター ‐3R-BLMU01BK(2,480円)

完全ワイヤレスのFMトランスミッター

コンパクトなボディとコスパの良さが際立っています。ノイズは少なく、ハンズフリー通話や急速充電等の基本的な機能は備えています。完全ワイヤレスでスマートフォンをリモコン代わりにして操作が可能です。標準の音楽アプリやYouTubeなどの音楽だけでなくグーグルマップなど、音のでるアプリであれば併用することができます。

音楽を聴きながら、ナビを設定して案内してもらうこともできるのが、とても便利です。12v対応なのでトラックなどの大型車では使用が難しいですが、普通車での使用には満足のいく機能が満載のトランスミッターです。

Anker Roav-FM Transmitter‐F2 (3,198円 )

便利すぎるカーファインダー内蔵機能

アプリと連携することで駐車場所の記録やバッテリーの状況確認などが可能です。これでもう駐車場で車を停めた場所を忘れることはありません。シンプルな外見からは想像のできない高機能でRoav Chargerアプリを通して常に周波数を調整し、安定した接続を確保してくれます。

ハンズフリー通話はもちろん、2台同時に急速充電ができるのが意外に助かります。県外などによく出かける方で駐車場をよく利用する方には絶対おすすめ。専用アプリを使いこなすことで活用シーンの幅が広がります。

エレコム- FMトランスミッター Bluetooth4.2-LAT-FMBTB02BK( 2,265円)

専用アプリ「CarCon」を使って操作するアプリ操作

専用アプリは無料でダウンロードが可能。ナビアプリや動画コンテンツの音声視聴も可能です。イコライザー機能付きでPOP、ROCKなど合計7つのタイプから選ぶことができ、重低音ブースト機能を搭載し、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。76.0~108.0MHzのワイドチャンネル(321ch)なのでノイズに邪魔されることもありません。

8台のペアリング可能なので、家族全員のスマートフォンを登録してみんなで楽しむことが出来ます。iPhoneかandroidのみで使用する方で全ての操作をスマートフォンでしたい方におすすめ。

まとめ

車内での使い方を考慮して選ぶのがおすすめ

シンプルに音楽だけを楽しむものとしての域を超えて、多くの機能を搭載し、一度使えばFMトランスミッターなしでは不便と感じるほどまでに進化してきています。機能が多くても使わなければ意味がないものになってしまうので、ご自身の車での過ごし方について一度見直し、ご自身のスタイルに合ったものを選んでいきたいですね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*