おすすめのフィジェットキューブ人気ランキング!【2021最新】

現代人は日々目まぐるしく変わっていく世の中についていかなければなりません。やることが多すぎて身も心もへとへとになっている人も多いことでしょう。そんな現代人の抱えるストレスを、手軽に解消できる便利グッズがあることをご存じですか。以前ハンドスピナーという気分転換用のオモチャが爆発的にヒットしましたが、指を使って遊ぶ玩具はほかにもあります。その中の1つがフィジェットキューブです。この記事では、フィジェットキューブの選び方やおすすめ商品についてまとめました。日々のストレスを少しでも楽にしたい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

フィジェットキューブとは?

手持ち無沙汰な時に片手でいじくり回せる玩具

フィジェットキューブは、手持ち無沙汰を気軽に解消できる玩具として開発されました。フィジェットとは直訳すると手持ち無沙汰、という意味。仕事の合間や勉強中、またちょっとした待ち時間などどんな場所でも使いやすい、キューブ状の玩具です。フィジェットキューブの大きさは大体3cm程度、大きいものでも8cmくらいなので大人の手のひらにすっぽりとおさまります。ポケットやカバンの中に入れて持ち運ぶのも楽で、気軽に取り出して片手でいじることができますよ。

筋肉をほぐすことによって不安や緊張をやわらげ集中力を高める

フィジェットキューブの効果は、手持ち無沙汰の解消だけにとどまりません。手や足を規則的に動かすと、心を安定させるセロトニンという物質が分泌されることが分かっています。私たちは日ごろ、無意識にペン回しや貧乏ゆすり、爪をかむなどの行動をとることによって精神を安定させ、ストレスを解消しようとしているのです。けれどもこれらの行為は周りの人を嫌な気分にさせることも。そんなとき、誰にも迷惑をかけずに不安や緊張を緩和させられるのが、フィジェットキューブなのです。また指先を動かすと脳にもよい刺激となり集中力が高まるともいわれています。

フィジェットキューブの種類

6面タイプ

持ち運びに便利なコンパクトタイプで6つの基本的な機能がそろっている

フィジェットキューブの中でもっとも基本的なタイプです。もともとはアメリカのクラウドファンディングで提案された玩具で、玩具メーカーのantsy labs社が製作販売にたずさわりました。現在でも正規品と呼ばれるフィジェットキューブはantsy labs社製ですが、その後多くのメーカーが次々と類似品を発売しました。今ではいろんな種類のフィジェットキューブが販売されています。

6面タイプのフィジェットキューブは、大きさが3cm角で非常にコンパクトです。手のひらで遊んでいても目立たず、どんな場所でも使えます。また持ち運びも非常に楽。ボールペンをノックした時のような感触が味わえるクリック機能、電気のスイッチのように押し続けることのできるフリップ機能など合計6つの触り心地のいいギミックが集められています。

12面タイプ

6面タイプよりも機能が豊富で飽きることなく長く遊べる

6面タイプのフィジェットキューブが人気商品となったのを受けて、新たに開発されたのが12面タイプ。正十二面体の1つ1つに合計12種類の仕掛けが集められています。6面タイプでは物足りない方や、家でじっくり遊びたい人にぴったりのフィジェットキューブです。

大きさは8cm程度で機能数が増えた分だけサイズは大きめ。持ち運びには向きませんが、6面タイプには無い機能も盛り込まれていて長く遊べます。追加のギミックとしては柔らかいシリコンボールをつまめる機能や、指のマッサージができる突起など。また6面タイプと同じ機能も入っていますが、ボタンの感触は少し違っています。すでに6面タイプを持っている方でも十分に楽しめるよう工夫がほどこされています。

フィジェットキューブの選び方

遊び方で選ぶ

仕掛けをキューブの面1つ1つに盛り込んだボタン式

心地いい感触の仕掛けを、キューブの面1つにつき1つずつ盛り込んだタイプ。基本的には6面タイプのような立方体、または12面タイプのような正十二面体の商品が多いようです。またほかにもプレステ4のコントローラーのようなパッド状のものや、指に引っ掛けて使うリング状の仕掛け型フィジェットキューブも販売されています。

キューブをひっくり返して無限に形を変える形状変化式

別名インフィニティキューブとも呼ばれるタイプです。無限を意味するインフィニティという名前の通り、8個のキューブがつながっていて、キューブをひっくり返すことによって延々と形を変え続けることができます。こちらもクラウドファンディングで資金が集められ製作されました。両手でくるくる回して使いますが、慣れてくれば片手でも動かすことが可能。同じ動きを繰り返すことはストレス解消に非常に効果的だといわれています。

ハンドスピナーのようにスピンさせて遊べる回転式

数年前に爆発的にヒットしたハンドスピナー。海外ではハンドスピナーとは呼ばれておらず、フィジェットスピナーという名で販売されていました。ハンドスピナーはくるくる回り続ける玩具ですが、同じように回転する機能をもたせて販売されたのがスピン型のフィジェットキューブです。指で角部分をおさえて回転させ、べつの場所をおさえると回り方が変わるなど、ハンドスピナーよりも複雑な動きをします。

品質の高さで選ぶ

機能がより優れている商品を選びたい場合は正規品がおすすめ

現在フィジェットキューブは、類似品が数多く販売されています。正規品と類似品はほとんど見分けがつきませんが、ボタン部分の動きやすさや耐久性など、商品によっては類似品の方が品質がやや劣るケースもあるようです。外国製の玩具なので品質面に不安がある、という方はantsy labs正規品を購入することをおすすめします。正規品はantsy labs社の公式サイトでしか取り扱っていませんが、antsy labs社とライセンス契約を結んだzuru社の製品なら日本でも簡単に購入できますよ。

正規品にこだわらなければ低価格で購入することも可能

正規品なら品質は保証されているものの、購入価格はやや高めです。あまり費用はかけたくないという方や、試しにフィジェットキューブを買ってみたいという方には類似品の方がかえって良いかもしれません。類似品は圧倒的に値段が安く1,000円以下で購入できる商品も多数販売されています。また品質面もさほど正規品に劣っておらず、口コミ評価では類似品で十分楽しめた、という方もたくさんいるようですよ。

フィジェットキューブのおすすめブランド・メーカー

antsy labs(アントシィラブス)

クラウドファンディングによってフィジェットキューブを開発

フィジェットキューブは2016年9月にクラウドファンディングのKickstarter上で資金が集められ、アメリカの企業antsy labsの手によって作られました。現在日本ではantsy labs製のフィジェットキューブを取り扱っている会社はほとんどありません。by antsy labsと表記されていてもZURU製であることが多いようです。

リタプロショップⓇ

12面のフィジェットキューブを販売

子供用プロジェクターや無限ループパズルなど、遊び心のあるデザインのおもちゃや雑貨を多数販売している高知のショップです。12面タイプの仕掛け型フィジェットキューブを取り扱っています。品ぞろえが豊富でリーズナブルな商品が多く人気がありますよ。

HelloGO(ハローゴー)

フィジェットキューブのデザインが豊富

アイフォンケースなどのスマートフォン用品を販売しています。ストレス解消やADHD、自閉症や不安症への対策グッズとしてフィジェットキューブを販売しており、リング型やパッド型などいろんな形がそろっていますよ。

Olycism(オリシズム)

虹色のスピン型フィジェットキューブを販売

スマートフォン関連商品やMP3プレーヤーの販売を行う企業です。購入者の口コミ評価が高く、品質の高さで人気がありますよ。フィジェットキューブに関しては、虹色に輝くスピン型商品を販売しています。

おすすめ&人気のフィジェットキューブランキング

6面でおすすめのフィジェットキューブ

ヒロランド-フィジェットキューブブラック (1,010円)

シンプルなブラック

6つの面にそれぞれ6つのギミックが仕掛けられた基本的なタイプのフィジェットキューブです。派手すぎないブラックカラーなので、周囲に気づかれることなくひそかにストレスを解消できそうですね。サイズは3cm角で重さはたった40g。手の中にすっぽりとおさまります。

ボールペンをノックしている時のような感覚が味わえるクリック機能部分には、5つの押しボタンが用意されています。うち3つは軽快なクリック音が鳴りますよ。ほかにも小さなジョイステックや小さな円盤など触り心地のいい機能がそろっていて、効果的にリラックスモードに入れそうですね。

ユニオンプロデュース-フィジェットキューブ (2,035円)

5つのデザインからお好みのキューブを選べる

カラフルで可愛らしいフィジェットキューブが欲しいという方におすすめです。ホワイトピンクやグレイブラックなど2色で構成されていて、触り心地だけでなく見た目も華やか。ユニークなサイコロ型なので使わないときは部屋に飾っておくのもいいですね。子供向けの玩具としてもぴったりです。

耐衝撃性に優れたABS素材でできていて、長い間遊んでも壊れにくいように配慮されています。また各面にはそれぞれストレス解消、不安感解消に効果の高い機能が備わっています。いろいろ試してみて、自分が一番落ち着く仕掛けを見つけてくださいね。本体には専用ケースが付属品としてついています。

ファンシーショップあいぴー – スピンキューブ(1,540円)

持ち方を変えると回り方も変わる

かつて一世を風靡したハンドスピナーと同じく、ぐるぐる回転することによって心を落ち着かせて集中力を養ってくれるフィジェットキューブです。大きさは3cm角で重さは20g。とても軽く長い時間握っていても疲れにくい構造になっています。

使い方はとても簡単です。親指と人差し指でキューブの角をおさえ、もう片方の指で一気に回転させるだけ。おさえる場所によって回転の仕方が変わるので、飽きることなく長く遊べそうですね。色は3色から選ぶことができますよ。大人の暇つぶし用としてだけでなく、子供の集中力を養うグッズとしても使えます。

Olycism-キューブハンドスピナー (1,400円)

虹色に輝く回転型

同じく、回転型のフィジェットキューブです。キラキラと輝く虹色タイプで、1つ1つが少しずつ違う色をしており、見た目もとても美しく人気があります。回転時間は約1分から1分半。キューブ型なので回転時間は従来のハンドスピナーにくらべて短めですが横回転、縦回転など回し方を変えるとスピードが変化するので面白いですよ。

また、少し力を入れると角パーツを取り外すことも可能です。取り外した部品も回転させてコマのように使えるので面白い、という口コミも多くみられました。購入者の評価も高く、リピート買いする人も多いようです。大きさは28mm角でポケットの中にもおさまりやすいですよ。

zuru-レトロフィジェットキューブ (2,674円)

Antsy Labsの技術をつめこんだ高品質フィジェットキューブ

Antsy Labs社とライセンス契約を行った中国のメーカー、zuruが製作販売を行っている商品です。高品質のプラスチックで作られており、細かいパーツにいたるまで丁寧に作られているさまは、さすがに正規品といったところ。重量は68gです。

ボタンの押し心地や歯車の回転の仕方など、細かい部分まで配慮が行き届いているうえに、耐久性にも優れています。クラウドファンディングで作られた当時のままの品質で、フィジェットキューブを試したいという方におすすめですよ。

Antsy Labs-G4mer (5,800円)

初代フィジェットキューブの復刻版

米国のクラウドファンディング、キックスターターで出資した人にだけ配られた、初代フィジェットキューブの復刻版。Antsy Labs社が実際に制作した日本では手に入りづらい本物のフィジェットキューブです。ダイヤル面にはAntsy Labsのロゴが彫られています。

Antsy Labs社が作ったオリジナルのフィジェットキューブは、透明のスイッチ型カバーの中に梱包されています。またAntsy Labsのロゴ入り専用袋とステッカーも封入されていますよ。フィジェットキューブは2016年にキックスターター上で紹介され、希望額の20倍以上の資金を集めることに成功しました。

singway-無限キューブ (1,800円)

アルミ合金のシンプルなインフィニティキューブ

デザインは無機質でシンプル。ガジェット好きな方におすすめのインフィニティキューブです。直径1.9cmの小さなキューブが8つつながり合っていて、それぞれ好きな方向に回転させることができます。どんどん形が変わるのでやみつきになりますよ。

アルミニウム合金製で重量は約175g。仕掛けタイプのフィジェットキューブにくらべるとやや重みがありますが壊れにくく、慣れてくれば片手でも扱えます。飽きるまでいじって、好きな形に変形させたら飾っておいてもいいですね。クラフト紙の箱に入って届くので、プレゼントにもぴったりです。

Cdofo-フィジェットリングキューブ (1,009円)

しっかり握れるリングタイプ

リングタイプのフィジェットキューブです。穴部分に人差し指を差し込んだ状態で使うので安定感があり、手からすべり落ちることもありません。環境にも優しいABS素材製でしっかりとした作りです。4色展開で好きなカラーを選ぶことができますよ。

従来のフィジェットキューブと同じく、6つの面に6つの仕掛けが備わっています。なぞると落ち着く不思議なミゾや、延々とパチン、パチンと押せるスイッチなど。集中力が切れたときや、待ち時間の解消に役立ててください。直径が5.4cm、六角形の対角線部分が6cmとやや大きめです。

12面でおすすめのフィジェットキューブ

ユウショウショップ-フィジェットキューブブラック (1,280円)

12種類のギミックを備えたくさん遊べる

6つの仕掛けでは物足りない、という方にぴったりのフィジェットキューブ。従来の6面タイプに加えて、シリコンで作られたボールや音声調節に使うようなアジャスター機能がついています。また指のマッサージができるコーナーも。

ストレス解消、集中力改善、疲労緩和など、いろんな効果が見込める多機能タイプです。重量は95gで、大きさは8cm程度。持ち運ぶにはやや大きめですが、シリコン製のロープもついていて部屋の隅にひっかけることも可能。存在感があり、部屋のマスコットとしても重宝しますよ。

リタプロショップ-12面フィジェットキューブ (1,080円)

カラフルで可愛らしく子供でも楽しめる

ホワイトと黄緑の2色から選ぶことができる、カラフルなフィジットキューブです。視認性に優れたデザインで特に説明がなくても1人で遊べるため、幼い子供でもすぐに楽しめます。たくさんの機能が備わっているので持たせておけば、しばらく間を持たせることができるでしょう。病院の待ち時間など騒いでほしくない時などにぴったりですよ。

大小のシリコンボール1つ1つが顔になっており、とても可愛らしいデザインです。正十二面体のボディと相まって、まるでロボットのような雰囲気。暇つぶし用としても使えますし、子供部屋に飾っても似合いそうです。

低価格でおすすめのフィジェットキューブ

ダナクト-フィジェットキューブ (400円)

カラーバリエーションが豊富

全8色から選べるとてもカラフルなフィジェットキューブです。1個あたりの値段がとてもリーズナブルで、色違いでそろえるのもおすすめ。お手軽価格ですがボタン部分はしっかりノックでき、すべて音が鳴ります。歯車部分もほどよい反発力があり、ストレス解消に役立ちそうですね。

フィジェットキューブは、ADDやADHD、また自閉症対策にも効果が高いとされ、アメリカでは発達障害の方や子供のいる家族にも喜ばれているそうです。勉強している際につい消しゴムを削ったり、爪かみをしてしまう場合はフィジェットキューブを試してみてはいかがでしょうか。プレゼントにも適していますよ。

ハッピーパッチ - 無限ループ2色セット(330円)

2色まとめて届くお得なセット

キューブ1つ1つが丸みを帯びているので、ケガをしにくく安全に遊べますよ。柔らかい木目調のインフィニティキューブで2個セットになっています。友達や兄弟で一緒に使えそうですね。キューブ状態の時は約3.6cm角ですが、広げると横幅が7.6cmの長方形に変形し、手の中で無限に形を変えられます。

高価格帯のインフィニティキューブはアルミでできていますが、こちらはプラスチックである分だけ価格はリーズナブル。ただし強度に優れたABS樹脂製なので繊細な動きをしつつ優れた耐久性を発揮します。また軽いため長時間使用しても疲れにくく、手軽な形状変化式キューブを探している方におすすめですよ。

HelloGO-フィジェットキューブ (880円) 

人気の迷彩柄が登場

フィジェットキューブとしては珍しい、迷彩柄の商品です。1,000円未満の良心的な価格ですが、フリップ、クリック、スピンなどの6つの機能はきちんとついています。ボタン部分は2つが音なしバージョンなので、音を出せない場所でも安心して使えますよ。

フィジェットキューブにはworry stone-忘憂石をイメージした、ブリーズと呼ばれる滑らかなくぼみがある面も。指先でそっと触れることで精神を落ち着かせる効果があります。静かな場所で使う場合は、このブリーズや音なしボタンが便利です。

GILOBABY-10新機能おもちゃ (998円)

ポケットにおさまる薄型タイプ

フィジェットキューブによくある立方体や正十二面体ではありませんが、薄型タイプに仕上げられています。厚さは26mmでポケットの中に忍ばせやすい形をしており、持ち運びに便利です。機能は10種類。

また表面だけでなく脇や裏にも仕掛けがほどこされています。コロコロ転がせるローラーやザラザラこすれるコーナー、バネじかけで回転する部分など、立方体キューブには無い新しいギミックも満載です。重量も49.9gと非常に軽く、長時間使用しても疲れにくい構造になっていますよ。

Smato-フィジェットパッド (950円)

持ち運びに便利なコントローラータイプ

まるでプレステ4のコントローラーのようなパッド型。コントローラー状になった8面にそれぞれ仕掛けが盛り込まれています。ゲームをするときのように、両手でボタンを押したり、片手でふち部分の仕掛けをいじって遊べますよ。

ストラップがつけられるよう穴が開いており、重量もたった20gなので持ち運びに便利です。丸みのあるデザインはアクセサリーとしても使えそうですね。ギミックは合計8種類。ざらついた面をなぞるマッサージ機能や、ボタンを引っ張ってもとに戻すトグル機能などが追加されています。

まとめ

持ち運びに便利な6面の仕掛け型フィジェットキューブがおすすめ

現在多くの種類のフィジェットキューブが販売されていますが、最初にクラウドファンディングで注目を浴びたのは6面タイプの商品でした。6面のフィジェットキューブには、人間が心地よいと感じる機能がまとめて詰め込まれています。ですから基本の6面タイプでも十分にストレス解消効果が見込めるでしょう。もしどの商品を選べばいいか迷った時は、まず6面タイプのフィジェットキューブを購入することをおすすめします。とても小さく持ち運びにも便利ですよ。今回はフィジェットキューブについて、人気のブランド名をあげながら詳しく解説しました。ボールペンをカチカチする癖がやめられない、すぐに気が散って困る、という方はぜひ一度フィジェットキューブを試してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*