おしゃれでおすすめのチープカシオ人気ランキング!【コスパ最強】

腕時計はファッションの一部です。しかし見た目が良い腕時計ほど、高価格なものが多いのが悩みの種ですよね。そんな時におすすめしたいのがチープカシオです。価格が安いのにも関わらず見た目がおしゃれで、種類も豊富です。今回はチープカシオの種類や選び方、人気のチープカシオを詳しく解説します。これから新しく腕時計を買い替えたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

チープカシオとは?

カシオが展開するスタンダードでシンプルな腕時計

日本の時計メーカーであるカシオが販売している腕時計の中でも、特に価格が安いものをチープカシオと呼びます。若者の間で流行し、チプカシと略されることも。デザインはシンプルが基本で、最近では幅広い世代に人気です。

チープカシオの特徴

2,000円程度と価格が安い

チープカシオは900~3,000円と低価格なので気軽に購入可能。中でもラインナップが豊富なのは2,000円台のチープカシオです。たくさんの種類の中からお気に入りの一品を選びたい時は、2,000円台のチープカシオをチェックしましょう。

価格以上の耐久性と機能性を兼ね備える

価格が安い腕時計は壊れやすく、便利な付随機能が一つも搭載されていないこともあります。しかしチープカシオは安くても衝撃に強いのが特徴。2,000円台でもアラームやストップウォッチ機能を搭載した腕時計を購入することができます。

デザインが豊富で男女兼用でも使える

ベルト素材や文字盤の違いなどを合わせると、100種類以上のラインナップ。デザインも豊富なので、人とかぶることが少ないのも魅力です。尚、チープカシオの多くは男女兼用で使えるものがほとんど。家族や恋人同士でシェアするのも良いでしょう。

チープカシオの種類

アナログタイプ

時刻を直観的に把握できる

アナログタイプとはインデックスと針で時刻を表示するタイプのもの。短針と長針の位置から、瞬時におおまかな時刻を確認できます。中でもインデックスが1・2・3のように数字のモデルは、時刻を確認しやすくておすすめです。また針の動いた距離で時間の経過を知ることができるので、時間の流れを把握したい時にも便利ですよ。

チープカシオは大きく3つの種類に分類することができますが、中でもアナログタイプは一番スタンダードモデル。シーンを選ばず身に着けることができます。特にベルトが革素材のチープカシオは落ち着いた印象を与えるので、ビジネスシーンに最適です。

デジタルタイプ

正確な時刻が分かる

時刻がデジタル表示されるので、何時何分何秒まで把握可能。電車やバスの時刻表と現在時刻を確認するなど、正確な時刻を一瞬で確認したい時に便利です。またデジタルタイプの多くは日付と曜日も表示できるので、スケジュールを立てるのにも役立ちます。

ビジネスシーンでも使えるアナログタイプに比べ、デジタルタイプはスポーティーでカジュアルテイストが強めです。そのためメインの使いどころはプライベート。ベルトのカラーバリエーションも豊富なので、手持ちの服にコーディネートしてみてくださいね。

コンビネーションタイプ

アナログとデジタルの良いとこ取り

一見するとアナログタイプに見えますが、小さなデジタル窓も搭載。アナログ表示では直観的に、デジタルでは正確な時刻を確認することができます。アナログとデジタル両方のメリットを必要とする時におすすめ。2,000円台の安価なモデルもあるので、予算に合わせて選びましょう。

特徴はデザインの幅が広いところ。スポーツ仕様から落ち着いた印象のモデルまで多種多様です。特にスポーツ仕様のコンビネーションタイプは機能が充実。ワールドタイム表示機能やストップウォッチ機能などが搭載されています。自分へのご褒美や、プレゼントにしても喜ばれますよ。

チープカシオの選び方

使い方に合わせてバンドの材質を選ぶ

カジュアルダウンするなら樹脂素材

チープカシオの中で最もバリエーション豊富なのはバンドが樹脂素材のものです。アナログ、デジタル、コンビネーション、3つ全てのタイプで採用。カラーも多く、選択の幅が広いのも魅力です。そのため自分好みのデザインが見つけやすく、おしゃれに敏感な方におすすめ。手持ちの洋服の色と同系色のバンドを選んでみてくださいね。

丈夫で高級感のあるメタルバンドはビジネスに最適

ステンレススチールを採用しており、錆に強く耐久性に優れているのが特徴。長く使うには最適です。また光沢と重みもあるので、樹脂素材のベルトよりも高級感があります。ビジネスなど、かしこまったシーンでの使用におすすめです。カラーはシルバーがほとんどですが、中にはゴールドも。存在感を出したい時は、ベルトがゴールドのステンレス製がおすすめです。

革製は本革と合皮をカジュアルとフォーマルのシーン別で

革製といっても本革と合皮の2種類があります。本革は丈夫で長持ち。質感は高級感が漂い、フォーマルなシーンにおすすめです。一方合皮は劣化しやすいものの、軽くて水に強いといったメリットを持っています。使い勝手が良く、カジュアルにも最適です。また革製の時計でも、文字盤にゴールド色が入ったものがあります。ゴールドと革のコンビネーションは存在感が増すので、ファッションのワンポイントにもなりますよ。

寿命を考慮して電池タイプを選ぶ

長寿命タイプなら最長10年は電池交換が不要

電池式の腕時計は電池切れがネック。電池切れすると時刻を刻むことができません。また引き続き時計を使用するには電池交換をする必要がありますが、電池交換はプロに頼むのが一般的です。とはいっても電池交換だけのために店舗に行かなくてはならないのは何かと面倒ですよね。しかし電池が長寿命タイプなら大容量のバッテリーが内蔵されており、約7~10年電池交換不要。電池交換の手間を省くことができます。

電池交換の手間が気にならないなら通常のボタン電池タイプ

長寿命タイプは電池交換の手間を省ける反面、種類が少ないといったデメリットもあります。一方通常のボタン電池タイプは種類が豊富。多くのラインナップから自分好みのデザインや機能性を重視して選ぶことができるので、より使い勝手の良い腕時計が見つかります。尚、電池交換は精密ドライバーとピンセットがあればセルフでも交換可能。手先が器用な方はチャレンジしてみてくださいね。

ずっと電池交換が不要なソーラータイプも

電池交換のわずらわしさにとらわれたくない方におすすめなのがソーラータイプです。カシオ独自のソーラー充電システムであるタフソーラーを内蔵。太陽光だけではなく、蛍光灯などの光も動力に変えることができます。ちなみにソーラータイプはスポーツテイストなものがほとんど。ビジネスではなく、プライベートで使うのがおすすめです。

便利な付随機能で選ぶ

防水機能があれば雨の日も気にならない

機械は水が大敵。少しの水でも故障に繋がる恐れがあります。特に腕時計は常に身に着けておくものなので、水に触れてしまうリスクが多いのも否めません。しかし防水機能付きのモデルを選んでおけば大丈夫。雨の日でも気兼ねなく装着できます。中には水泳や釣りなど、水辺の遊びに対応した10気圧防水モデルも。使うシーンによっては、10気圧防水のような防水性能の高い時計を選んでおきましょう。

アラーム機能搭載なら物忘れを防止できる

決められた時間にアラームを設定しておけば、うっかりミスも軽減。他のことに気を取られ、約束の時間を忘れるといったことも減ります。しかも腕に装着しているので、アラーム音が聞き取りやすいのもメリット。せっかくアラームをセットしたのにも関わらず、アラーム音が聞こえないといった心配が少なくすみます。物忘れが多い方や、ひっきりなしに仕事がある方はアラーム機能搭載モデルをチェックしておきましょう。

暗い場所で時刻を確認する時はバックライト機能が便利

帰りが遅い方や、暗い場所で作業することが多い方にはバックライト機能搭載モデルがおすすめです。ボタンを押すだけでバックライトが点灯。文字盤が明るくなるので、光のない場所でも時刻が確認できます。中にはバックライトに残照機能が付加されたものもあり、ボタンを押した後も数秒間は点灯を維持。ボタンを押しっぱなしにしなくても点灯してくれるので、時刻を確認する時に便利です。

おすすめ&人気の チープカシオ ランキング

アナログでおすすめのチープカシオ

CASIO-MQ-24-7B2LLJF(1,260円)

シンプルだから使う場所を選ばない

白の文字盤に黒のインデックス。樹脂素材のベルト部分も黒で統一されており、見た目は非常にシンプルです。そのためフォーマルとカジュアルのどちらでも使用可能。様々なシーンに使いまわしすることができます。

日常生活防水機能がついており、手洗いや雨程度の水ならば濡れても大丈夫。突然の雨や手洗いのたびに、腕時計を外す必要もありません。重量は20gと軽量なので、軽い付け心地です。また文字盤の大きさは約38.8×33.8×7.8mmとほどよい大きさなので、男女兼用で使用できます。

CASIO-HDA-600B-1B(2,700円)

電池寿命10年

電池寿命は約10年。電池交換に悩まされることはありません。また10気圧防水機能があるので、水辺での使用にも最適です。しかも3,000円以内で購入できるとなると、かなりコスパが高いモデルということになります。

ベルトは樹脂素材で、全体的に黒がベース。ベルトと文字盤が黒色で統一されています。そのためスポーツテイストが強く、アウトドアなどに最適です。基本的にメンズ向けの時計ですが、女性がカジュアルダウンしたい時にもおすすめですよ。

CASIO-MTP-V001D-1B(2,100円)

嫌味のないスタンダードモデル

黒の文字盤にシルバーのベゼルが特徴。ベルトはステンレス素材となっており、どんな服にも合わせやすいデザインです。黒の文字盤が引き締まった印象も与えるので、ビジネスやフォーマルなシーンでも使用できます。

デメリットとしては重さが91gあること。そのためアウトドアなど体を激しく動かす時や、DIYなどのように手作業が多い時には不向きです。とはいっても普段使いには支障はありません。カフェや美術館巡りなど、様々な場面で使ってみてくださいね。

デジタルでおすすめのチープカシオ

CASIO- CA-53W-1(2,700円)

電卓機能搭載

0~9までの数字キーや、+-×÷の加減乗除キーを装備。電卓機能を兼ね備えた、一風変わった腕時計です。8桁までの計算ができるので、買い物の合計金額を確かめる時や、食事代を仲間内で割り勘する時にも便利です。

時刻は電卓キーの上部にデジタルで表示されていますが、時刻の表示窓はやや小さめ。時計本体の大部分を電卓キーが占めており、電卓の存在感の方が勝っています。そのため腕時計としては個性的で、ファッションのアクセントにおすすめです。

CASIO- W-59-1(1,990円)

どこか懐かしいレトロデザイン

黒の樹脂素材のベルトに、四角形のフォルム。デジタル液晶の表示窓の周りを、青の線で囲んでいるのが印象的なデザインです。また黄色や赤色、白色の文字がアクセントになり、レトロの雰囲気を増長させています。

2,000円以下という低価格ではありますが、ストップウォッチやアラーム機能を搭載。価格のわりには機能が充実しており、満足感の高い腕時計です。また5気圧防水なので、本格的な雨の日や、水仕事で身に着けても大丈夫ですよ。

CASIO- AE-1200WH-1A(3,200円)

ワールドマップを表示可能

ワールドタイムで設定した都市の位置を示すワールドマップ表示機能搭載。遠く離れた場所も身近に感じることができます。尚、ワールドタイムは世界48都市に対応しており、サマータイム設定可能です。家族が海外に暮らしている方や、海外出張が多い方におすすめですよ。

マルチタイム機能で異なる4都市を登録可能。表示切り替えや都市入替もスムーズにできるので、海外旅行の時にも便利です。また操作音のオン・オフの切り替え機能も搭載しており、飛行機など静かにしなくてはならない場所でも気兼ねなく操作できます。

CASIO- W-215H(2,000円)

豊富なカラーラインナップ

チープカシオは黒の配色が多い中、ピンクやパープルといった女性受けの良いカラーも展開しています。もちろん男性向けに黒やネイビーモデルもあるので、男女問わず身に着けることが可能。ちなみにカラーは8色展開しており、好みの配色を見つけやすいのも魅力です。

電池寿命は約7年。長寿命タイプの要件である電池寿命10年には届かないものの、2,000円という価格からしたら悪くはありません。またストップウォッチにはスプリット機能も付いています。マラソンなど、陸上競技のタイムを計る時に便利ですよ。

コンビネーションでおすすめのチープカシオ

CASIO- AQ-S810(5,907円)

ソーラー電池だから電池交換不要

カシオ独自のタフソーラー技術を装備しています。蛍光灯の光でも発電することができるので、デスクワーク中心の方にもおすすめ。一度フル充電時すればソーラー発電無しの状態でも約10か月は駆動するので、使い勝手が良いのも魅力です。

10気圧防水が付いており、アウトドアにおすすめ。しかも重さは40gと軽量なので、アクティブに活動する時でもストレスに感じにくいがメリットです。ワールドタイムやアラーム機能も搭載しており、旅のお供にも適しています。

CASIO- AW-49H-1B(2,300円)

見た目はシンプルだけど機能充実

黒が基調のボディに、アクセントとなるゴールドの長針と短針。シンプルではありますが、さりげないデザイン性もあります。アナログ表示のインデックスは分単位で表示されており、正確な時刻は下部のデジタル小窓で確認可能です。

シンプルな印象ではありますが、ストップウォッチやフルオートカレンダー、アラーム機能を搭載。生活に便利な機能が凝縮されています。文字盤は約45×38.6×9.5mm、重さは30gと軽量モデルなので、便利な付随機能を確保したコンパクトな腕時計を探している方におすすめです。

CASIO- AW-48HE(2,400円)

ゴールドのインデックスが特徴的

黒色樹脂素材のベルトに、金色のインデックスと長針・短針がひと際目立っています。また文字盤の色は4色から選択可能。中でもシルバーの文字盤はシルバーとゴールド、どちらのアクセサリーとも相性が良いので使いやすいですよ。

アナログ部分のインデックスは12分割。正確な時刻はデジタル液晶で確認可能です。文字盤がシンプルなので、アクセサリー感覚で身に着けることができます。尚、ストップウォッチやアラーム機能を搭載。実用性も兼ね備えています。

ゴールドでおすすめのチープカシオ

CASIO- MTP-V004GL-9A(2,400円)

温かみのある配色

文字盤のゴールドが落ち着きを与え、高級感すら漂います。またインデックスに数字が使われていないので、見た目もシンプルな装い。ベゼル部分には5分単位で印が、10分単位で時間が刻まれているので、一瞬で時刻を確認するのに役立ちます。

合成皮革のベルトは、ゴールドと相性の良いブラウン。型押し加工がされており、本革にも負けない重厚感があります。しかも合成皮革なら水にも強いので、雨の日でも安心です。外歩きが多いビジネスマンや、休日に散歩をする時などにもおすすめですよ。

CASIO- MTP-1095Q-1A(2,500円)

フォーマルなシーンに最適

ベルトは黒色の本革を使用しており、重厚感があります。本革は使い込むほど色合いや質感に味がでるので、時計を長く愛用する方におすすめです。但し、本革は水に弱いので、濡らさないように注意してくださいね。

デメリットは、機能性に欠けること。他のモデルでは2,000円台でも、ストップウォッチやアラーム機能が付いていることもあります。しかし2,500円で本革使用の腕時計を購入できるのはかなりお買い得です。誕生日プレゼントにしても喜ばれることでしょう。

CASIO- A178WGA-1A(5,800円)

全体がゴールドで目を引く一品

ゴールド色をしたステンレス素材で、ひと際ゴージャスな腕時計です。文字盤は正方形に近い形をしており、どことなくレトロな雰囲気も。デジタルの文字盤とゴールドのデザイン性が高く、おしゃれ上級者におすすめです。

デュアルタイム機能があるので、海外旅行時にも役立ちます。また残照機能付きのLEDバックライト搭載。フライト時、機内が暗くても時刻を確認するのに便利です。電池寿命は約10年あるので、旅行先で突然バッテリー切れになることも少ないでしょう。

まとめ

電池式でベルトが樹脂素材のチープカシオがおすすめ

電池式でも長寿命タイプを選べば約10年間は電池交換する必要がありません。またベルトが樹脂素材なら種類が豊富なので、自分好みの腕時計を見つけやすいのが魅力。今回はチープカシオについて詳しく解説してきました。是非自分に合ったチープカシオを見つけて、気分を盛り上げていきましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*