2020おすすめのBluetoothスピーカー人気ランキング!【コスパ最強】

好きな場所でお気に入りの音楽が聴けるといいですよね。スマホに入れているお気に入りの音楽をライブ感を味わいながら聴きたいという方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがBluetoothスピーカーです。スマホやパソコンのお気に入りの音楽をBluetoothスピーカーで聴くことで、臨場感のある音質を好きな場所で楽しむことができます。今回こちらの記事では、Bluetoothスピーカーを選ぶ基準について解説します。また、目的別でおすすめのBluetoothスピーカーを紹介します。

Bluetoothスピーカーの特徴

Bluetoothを搭載している機器とワイヤレスで接続が可能

Bluetoothスピーカーとは、Bluetoothのマークがついているスマホやタブレットの機器とスピーカーを無線でつなぐことができるスピーカーです。音楽を聴くときにイヤホンを差し込んで使う必要がないので、コードが邪魔にならなりません。また、スマホで音楽を聴くのに比べて、高音質・大音量が可能な商品が多数販売されているので、臨場感や深みのある音楽を楽しめます。

おしゃれなデザインのものは室内のインテリアとしても

いつでもどこでも音楽を楽しめることで人気のBluetoothスピーカー。使いたいシーンに合わせて様々なスペックの商品が販売されています。音楽を聴くことだけではなく、部屋のインテリアの1つとして楽しめるおしゃれなBluetoothスピーカーも多数販売されています。

Bluetoothスピーカーの種類

ステレオタイプ

臨場感のある立体的な音を味わえる

ステレオタイプのBluetoothスピーカーは、2つ以上のスピーカーからそれぞれ違う音が出る仕組みになっています。録音するときに音源の左右から録音をするため、再生するときも左右で違う音が流れてくる仕組みです。音に奥行きと立体感を出すことができ、臨場感のある音を楽しめるのが特徴です。

躍動するライブ感を楽しみたい方におすすめです。しかし、ステレオ再生が可能なBluetoothスピーカーだとしても、左右のスピーカーの距離が近い場合は立体感に欠ける場合もあります。内蔵されているスピーカーの装置が離れるほどに立体感が出るので、コンパクトなスピーカーよりも大型のスピーカーの方がステレオタイプを実感しやすくなりますよ。もしくは、ステレオ再生できるBluetoothスピーカーを2つ接続し、左右に配置することで立体感を出すこともできます。

モノラルタイプ

音質よりもコンパクトさと持ち運びやすさを優先

モノラルタイプは1つのスピーカーから音が出るタイプです。音声を録音するときに1つのマイクで録音し、再生する時も1つの音として再現されます。ステレオタイプのBluetoothスピーカーと比べて、立体感には乏しいですが、スピーカーが1つなのでコンパクトで持ち運びのしやすい仕様になっていますよ。また、お風呂場や狭い部屋で音がこもりやすい場所で使用する場合はモノラルタイプがおすすめです。

臨場感を求めない場合にもモノラルタイプはおすすめです。例えば、会議や研修などの大人数に音声を届けたい場合、全体的に均一に音が広がるので聞き取りやすくなります。また、モノラル仕様でも立体感のある音楽を楽しめるコンパクトなBluetoothスピーカーも販売されていますよ。

Bluetoothスピーカーの選び方

対応しているコーデックで選ぶ

高音質かどうかはコーデック(音声圧縮形式)によって異なる

コーデックとは音声を圧縮変換するときの方式のことを言います。コーデックの種類によって、音声をBluetoothスピーカーへ無線で伝送して再生するときの音質や音の遅延が変わってきます。圧縮率が少なくなっていくほど、音質がよく遅延が少なくなっていきますよ。Bluetoothスピーカーを購入前にコーデックを確認し、自分の持っている機器に対応しているか確認しておきましょう。

音質にこだわる方はハイレゾ音源に対応できる「LDAC」

Bluetoothスピーカーでは4種類のコーデックが対応しています。Bluetoothスピーカーに標準搭載されているのがSBCコーデック。SBCと圧縮率が同じでも高音質になるのがAACコーデックです。AACはApple製品で使われているコーデックで、iPhoneを使用している方はAAC対応のBluetoothスピーカーを選びましょう。aptXコーデックは主にAndroidで使用されており、圧縮率はAACよりも少なくより高音質になっています。この3つの種類よりも更に高音質でハイレゾを楽しめるのがLDACというコーデック。ソニーのBluetoothスピーカーでハイレゾの音源を使用している場合はLDACコーデックで躍動感を味わえますよ。

アンプ出力で選ぶ

W数が高いほど音量が大きくなる

アンプ出力とはスピーカーから音を出す為に必要な音響設備で、記号のW(ワット)で音の増幅の大きさを表しています。W数が大きくなればなるほど音量が大きくなります。また、1つのBluetoothスピーカーに2つのスピーカーユニットが搭載されている場合は、アンプ出力に例えば10W+10Wというような記載がされています。これは1つのスピーカーのアンプ出力は10Wという意味です。スピーカーのユニット数が増え、W数が大きいほど大音量で立体的な音楽を楽しめますよ。

大音量で楽しみたいなら20W以上がおすすめ

W数が大きいほど音が大きくなりますが、Bluetoothスピーカーをどんなシーンで使用するかを考えて適切なW数を選んでいきましょう。例えば屋外やアウトドアで音楽を楽しみたい場合は、遠くまで大音量で聞こえる必要があるので20W以上のアンプ出力があるスピーカーを選んでくださいね。反対に、リビングなど室内で静かに音楽を聴きたい場合は5W、室内で大音量で音楽を流したい場合は10Wもあれば十分に部屋に音楽が響き渡ります。

使い方に合わせて機能を選ぶ

アウトドアで使用するなら防水機能

アウトドアで音楽を楽しみたい方は、防水防塵のスピーカーがおすすめです。雨の日やビーチで使用する場合でもスピーカーの故障を気にせず使えますよ。他にも、360度タイプのスピーカーはどこにいても均一に音楽が楽しめるので大人数で聴きたい場合におすすめ。家事や作業をしながら楽しめる首掛けタイプや肩掛けタイプのスピーカーもあるので、移動しながらでも常に躍動感ある音楽が楽しめます。

簡単にペアリングしたいならNFC機能

Bluetoothスピーカーを使用するときは、普段使用しているスマホと接続するペアリングという作業が必要になります。しかし毎回接続作業をする必要がなく、機器同士をかざすだけで簡単に接続することができるのがNFC機能です。接続したい機器の両方にNFC機能が搭載されていれば簡単に使用できますよ。ペアリングのやり方や使い方がわからない方や、機器の使い方が難しいと感じる方はNFC機能が搭載されているBluetoothスピーカーを選びましょう。

Bluetoothスピーカーのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

低音にこだわりハイゾレを重視したメーカー

世界でもテクノロジー業界で有名なソニーは、Bluetoothスピーカーでも実力を発揮しています。最近のBluetoothスピーカーのトレンドとなっているネックスピーカーを開発したり、生でライブを体感しているようなハイレゾにもこだわって開発をしています。クオリティーの高い商品をお探しの方におすすめのメーカーです。

Bose(ボーズ)

音量の大きさと低音にこだわりのある商品多数

ボーズはアメリカのメーカーで、個人用だけではなく業務用のスピーカーも含めあらゆる音響機器を開発しています。低音から高音までを1つのユニットで構成しているフルレンジの構造です。小型でも重低音の利いた高音質な商品を開発していていて、スピーカー業界でも最先端のメーカーです。

JBL(ジェービーエル)

力強く低音が響き迫力がある商品が多数

JBLはスピーカーやヘッドホン、カーオーディオなどの家庭用の音響機器から、ライブ会場や映画館など商業用音響までも開発している老舗の音響メーカーです。JBLのスピーカーは低音まで音割れすることなくしっかり聴きとることができますよ。大音量で音楽を楽しめることで人気があります。

Anker(アンカー)

高音質でコスパ重視したい方におすすめのメーカー

アンカーは高音質でデザインがシンプルというだけではなく、更にコスパにもこだわっていています。5000円以下の商品も多数販売されていますよ。気軽にBluetoothスピーカーを取り入れて音楽を楽しみたい方におすすめのメーカーです。手のひらに乗るサイズの超小型のスピーカーなどの持ち運びにも便利な商品が揃っています。

Bluetoothスピーカーおすすめ&人気のランキング

コスパの良さでおすすめのBluetoothスピーカー

Anker(アンカー)-Soundcore 2(4,504円)

最大で24時間連続再生が可能で低音出力に自信のあるBluetoothスピーカー

アンカーのsoundcore2は最大で24時間再生ができるというところが魅力。コンパクトな見た目ですが低音がよく聞き取れる高音質なスピーカーです。スピーカー出力は6W+6Wなので、室内で音楽を聴くのには十分な音量といえます。 

防水規格はIPX7で、一時的な水没からもスピーカーを保護してくれます。また、2台同時にペアリングして使用すると左右から低音域のきいた音楽を楽しむことができます。このスペックで5000円以下で購入できるので大変コスパの良い商品です。

Anker(アンカー)-Soundcore Motion Q(4,999円)

360°どこでも音楽が広がり、持ち運びに便利なコンパクトタイプ

低音から高音までの音域を楽しめるフルレンジドライバーを搭載しているので高音質な音楽が360度どこにいても楽しむことができます。更にSoundcore Motion Qを2台ペアリングすることで、立体的な音を出すことが可能です。防水規格がIPX7で防水面でも十分な性能を持ち合わせています。

メッシュ生地で覆われていて上品な見た目です。コンパクトで持ち運びに便利なのと、スピーカー出力が16Wと音量も大きいので野外やアウトドアなどで大人数で音楽を楽しむときにもおすすめです。ストラップ付きなのでリュックや自転車に取り付けも可能ですよ。

VTIN-R2(3,999円)

衝撃吸収スタンドやbassモードで低音をクリアに聴きとれるBluetoothスピーカー

VTINのBluetoothスピーカーは12時間再生が可能。IPX6の防水規格になっているため、アウトドアや海やプールでの噴流水からも内部を守ってくれます。また、360度どこからもステレオタイプのサウンドが楽しめる構造になっていますよ。本体の底辺に4つの衝撃吸収スタンドがついているので、音の響きを抑えることができ低音が聞き取りやすくなっています。

シンプルな作りでボタンは大きめです。初めてBluetoothスピーカーを使用する方にもわかりやすい仕様になっていますよ。Bass+のボタンを押すと低音モードに変更し音の深みが加えられるので、思いっきり音楽を聴きたいときにおすすめです。

JBL-GO2(3,039円)

コンパクトで持ち運び自在なJBLのBluetoothスピーカー

見た目がコンパクトながらも高音質にこだわったJBLのBluetoothスピーカーです。また、防水規格がIPX7なので、お風呂場など狭い場所で使用するのに適しています。スピーカー出力は3Wですが、家事や作業をしながら音楽を楽しんだり、アウトドアでレジャーを楽しみながら音楽を持ち運ぶことも可能ですよ。

ハンズフリーにも対応。スマホにかかってきた電話を、スピーカーで通話できるようにハンズフリー通話に設定することができますよ。コンパクトで持ち運びに便利なので、いつでもお気に入りの音楽を楽しむことが出来ますよ。

Qtuo- QTOP (4,980円)

コンパクトでかっこいいデザインのBluetoothスピーカー

コンパクトですがスピーカー出力は20W。かなりの大音量で本格的な音楽を楽しむことができます。Bluetooth機能以外にオーディオ入力端子がついているので、ケーブルでつないで音楽を聴くことも可能です。

最大で25時間連続再生が可能です。一度充電するとバッテリーの持ちが良いので一日中使用していても平気ですよ。フックをかける部分がついてるため、リュックやカバンに取り付けて移動中も音楽を楽しめます。

SONY(ソニー)-SRS-XB12(6,024円)

アウトドア向けスピーカー

防水防塵機能が搭載されていて規格はIP67なので、アウトドアや水のレジャーでも安心して使用できます。近くにスマホがなくても、再生や停止、曲の選択が可能です。スピーカー一つで操作が可能なので、お風呂場でも気軽に使用できますよ。

ストラップ付きでコンパクトな作りになっているので、どこにでも引っ掛けて使えるので便利です。2台をBluetoothに接続して、ステレオサウンドを楽しめます。オートパワーオフ機能で、スピーカーを使用せず15分時間が経つと自動で電源を切れる機能が搭載。コンパクトでバッテリーの持ちが良いものを探している方におすすめです。

高音質でおすすめのBluetoothスピーカー

ULTIMATEEARS-MEGABOOM3(30,950円)

耐久性に優れ、防水防塵機能に加え水に浮くのが特徴のスピーカー

シンプルなデザインでシックなインテリアとしても活躍。360度サウンドで広く低音から高音までの音が行き渡ります。特徴は耐久性に優れていること。25種の耐久性テストをクリアしているので、衝撃にも強いので持ち運びや移動が多くても丈夫なので安心です。

また、防水防塵機能でIP67規格なので30 分水に浸っても内部を保護できます。水に浮く性質なので、海やプールのレジャーで無くしても探すのに苦労しませんよ。また、20時間再生が可能なので、外出先で使うことが多い方におすすめのスピーカーです。

JBL-FLIP5(9,790円)

防水機能と大音量でアウトドア向きのスピーカー

FLIP5は片手で持ち運びができるコンパクトタイプのスピーカーです。大きさは500mlのペットボトルと同じサイズなので持ち運びが簡単。カラー展開が豊富なのでお気に入りの色を見つけてみてくださいね。

IPX7の防水機能がついているので、突然の雨や海やプールなどのレジャーで使用して水濡れしても安心です。12時間連続して再生が可能で、スピーカー出力は20Wまで可能。一日中充電要らずで大音量を楽しめる、アウトドア向きのスピーカーです。

BOSE-SoundLink Revolve+(38,500円)

音量音質に優れスタイリッシュなデザインが特徴

シンプルでかっこいい印象のデザインが特徴的です。アルミニウム製でできており、高級感も感じられるデザインになっています。コンパクトなのに360度サウンドで高音質が広がり、12時間の連続再生が可能ですよ。

手元にスマホがなくても、マルチフォンクションボタンを使って、スピーカーからSiriやGoogle Nowに音声入力することができます。また、BOSEconnectのアプリと接続が可能。アプリでステレオモードにすると、楽器とボーカルの音が別々に出力されステレオサウンドを楽しむこともできます。

JBL-XTREME2(27,800円)

アウトドアに馴染むシックな色味で大迫力なサウンドを楽しめる

XTREME2はスタイリッシュなデザインです。本体にはショルダーストラップ付きで持ち運びに便利ですよ。また、IPX7の防水機能がついていて15時間の連続再生が可能な点から、アウトドア向きのスピーカーといえます。

JBLconnectのアプリとの接続が可能。2つのスピーカーを同時接続し、ステレオサウンドを楽しむこともできます。また、大迫力なサウンドが魅力のスピーカーで、野外で大人数で聴くにはもってこいの商品ですよ。

おしゃれなデザインでおすすめのBluetoothスピーカー

SONY(ソニー)- グラスサウンドスピーカー (38,291円)

リビングやベッドルームの癒やしのインテリアとして活躍

グラスサウンドスピーカーは360度サウンドスピーカーで、部屋のどこにいても均一に音が行き渡ります。ソニーならではのハイレゾにも対応。すぐそばで生演奏を聴いているような高音質で音楽を聴くことができます。

グラスサウンドスピーカーはLEDライトが付いています。32段階に細かく光を調整する事が可能です。リビングやベッドルームで、音楽を楽しみながら癒やしの雰囲気を演出したい方におすすめのスピーカーです。

LEPLUS-Classica Premium(8,778円)

木目調でレトロな印象のスピーカー

クラシカプレミアムは木目調で一見するとラジオの様に見えますが、パッシブラジエーターを搭載しているので低重音をしっかり表現してくれます。スピーカー出力は6W。室内で音楽を聴くには十分な音量です。

FMラジオが聴けたり、リモコン操作できたりと、機能が豊富です。部屋でくつろぎながらラジオを聴いたり映画を楽しんだりと幅広く利用できます。また、時刻が表示され、アラームとしても利用できる万能なBluetoothスピーカーです。

HARMAN/KARDON-SOUNDSTICKSBTJP(22,662円)

斬新なデザインで音質もクリアなスピーカー

サウンドスティックは、真ん中にサブウーハーが1つと左右にサテライトスピーカーという独特な形状のBluetoothスピーカーです。サテライトスピーカーには4つのコンパクトなスピーカーが内臓されています。デザインだけでなくクリアできれいな音質も持ち合わせています。

胴体がアクリル製でできており、内側の振動板がシルバーで中身が見える斬新なデザイン。持ち運びや耐久性よりも見た目重視でスピーカーを選びたい方におすすめです。左右にスピーカーを置いてステレオサウンドを存分に堪能できます。

+LUMBER-MOBILE SPEAKER(11,000円)

木製のスピーカーでお部屋のインテリアとして活躍

木製のデザインで、Bluetoothスピーカーとしては珍しい素材のスピーカーです。木目や色味がひとつひとつ変わってくるのでオリジナル感がありますよ。名入れも可能でおしゃれなプレゼントとしても最適です。

モバイルスピーカーはiPhone対応のBluetoothスピーカーです。衝撃や水濡れには弱いです。しかし、10m離れた場所からでも操作が可能なので、リビングに置いていても、手元のスマホで楽々操作できるので持ち運ぶ必要がありません。

JBS-Cork light(6,908円)

コルクライトとBluetoothスピーカーが一体になったおしゃれなスピーカー

コルクライトでインテリアとしての側面と、Bluetoothスピーカーとしての側面をもったおしゃれなスピーカーです。サイズが合えばいろんな色のビンに取り付けることができますよ。その時の気分に合わせて部屋の雰囲気を変えることができます。

使い方はお気に入りの瓶の口に挿し込むだけです。重さは100gでとてもコンパクトなスピーカーですが、しっかりと重低音が効いています。瓶のサイズによって音の感じ方が変わるのも面白いところです。

まとめ

外出先でも高音質で長時間使用できるタイプがおすすめ

Bluetoothスピーカーを選ぶときは高音質で長時間再生が可能なものを選ぶのがおすすめです。Bluetoothスピーカーで音楽を聴くメリットは、スマホやパソコンで聴くよりも大音量で迫力のある音楽を楽しめるところです。音量だけでなく音質にこだわることで臨場感のあるサウンドを楽しむことが出来ますよ。また、長時間再生できると外出先でのバッテリー切れの心配もありませんよ。今回はBluetoothスピーカーについていろんな角度からおすすめの商品を紹介してきました。ぜひお気に入りにのBluetoothスピーカーを見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*