おすすめのニッパー爪切り人気ランキング!【巻き爪に】

爪切りと言うと、テコ型の爪切りを想像する人が多いかもしれません。しかし、巻き爪で専門医に爪を切ってもらうときや、ネイルサロンに行くと、テコ型よりもニッパー型の爪切りで処理されることが多いです。プロのようにきれいに爪を整えたい人や、巻き爪や固くなった爪で悩んでいる人に、ニッパー爪切りはとてもおすすめです。しかし、ニッパー爪切りの刃の形状だけでも数種類あるので「一体どれを買ったらいいのかわからない」と悩む人が少なくありません。ニッパー爪切りについてあまり知らない人や、初めてニッパー爪切りを購入する人にも、ニッパー爪切りの使い方や種類、人気の商品などをわかりやすく紹介します。家族が巻き爪で悩んでいて、良い爪切りをプレゼントしたいと考えている人にもおすすめの内容なので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

ニッパー爪切りとは?

工具として使用するニッパーと似た構造の爪切り

ニッパー爪切りは刃の形状が複数あり、ハンドルのような持ち手が付属しています。ハンドルにはバネが付属していることが多く、爪を切るときの力を補助してくれる働きをしています。あまり力がない高齢者や女性、固い爪を切りたい人は、バネがしっかりしているニッパー爪切りがおすすめです。

テコ型の爪切りよりも、よく切れるので、じっとしていられない子供に使うと思わぬケガの原因になります。ニッパー爪切りは子供の手の届かない場所におき、なるべく子供には使わないでおきましょう。

ニッパー爪切りのメリット

スクエアカットが得意で巻き爪になりにくい

ニッパー爪切りは思い通りに爪を切ることができるので、巻き爪の固い爪を切ったり、巻き爪防止に爪をまっすぐ切り落とすことが可能です。テコ型の爪切りでは、刃が立たなかった爪でもニッパー爪切りなら簡単にカットできます。

精巧に作られているため切れ味が持続する

ニッパー爪切りはテコ型の爪切りに比べて価格が高いモノが多いですが、その分、時間と手間をかけて丁寧に作られています。ステンレス刃物鋼という耐久性の高い素材で作られているニッパー爪切りが多く、切れ味を損なうことなく何年も使い続けることが可能です。

ニッパー爪切りのデメリット

切った爪が飛び散りやすい

ニッパー爪切りは、強い力で爪をカットするため爪が飛び散りやすいです。ニッパー爪切りを使うさいは、ティッシュを敷くだけでなく、使用後に掃除機を使うなどして、飛散した爪でケガをしないように気を付ける必要があります。特に固い爪を勢いよく切ると、びっくりするほど遠くに爪が飛ぶことも。ニッパー爪切りを使うときは、刃でのケガだけでなく飛散する爪の扱いにも注意しましょう。

ニッパー爪切りには爪が飛散するのを防止するために、ガードが付属したタイプもあります。散らばる爪が気になる人はチェックしてみましょう。

通常の爪切りより扱いが難しい

ニッパー爪切りは、大きな刃が付いているので、切るときの使い方はもちろん、保管方法にも気を使う必要があります。そして、自分の爪を切るときはもちろんですが、他人の爪を切るときは特に細心の注意を払うようにしましょう。ちょっとした油断で大けがの原因になる可能性がありますよ。

ニッパー爪切りの扱いに不安を感じる人は、刃にキャップが付属しているものや、グリップ部分にストッパーが付属しているニッパー爪切りを選ぶのがおすすめです。特に子供がいる家庭では、子供の目の届かない場所に保管するようにしましょう。

ニッパー爪切りの使い方

一度に広い範囲を切るのではなく何回かに分けて切るのがポイント

ニッパー爪切りは刃にカーブが付いたものが多く、爪の真ん中から切れるタイプもあります。特に長めの刃の場合やテコ型の爪切りに慣れている人は、1度に広範囲を切ろうとして誤って肉を切り落とすことがあるので、必ず少しずつカットするようにしましょう。厚くなった爪は、爪と肉との境目がわかりにくくなっていることもあるので、慎重に爪切りを行ってください。少しずつ爪をカットすることは、ケガを防止するためだけでなく、爪に余分な圧力がかからないので、爪が割れたり、2枚爪になることを防ぐ目的もあります。

ニッパー爪切りは、テコ型の爪切りに対してよく切れるぶん、刃が大きいです。大きい刃は指を傷付ける原因になります。「なんだか切りにくいな」「おかしいな」と感じたら、無理に使うのはやめましょう。特に子供や高齢者に使うときは、細心の注意を払うようにしてくださいね。

ニッパー爪切りの選び方

切削刃の形状で選ぶ

巻き爪など厚い爪には喰切刃

巻き爪や変形している厚い爪は、薄い刃の爪切りだとうまく切れないことが多いです。そういった爪には、力が入りやすく固い爪に刃が負けない、凹刃や喰切刃と呼ばれる刃のニッパー爪切りがおすすめ。1度にスパッと切ることができるので、ズレて爪を切ったり、爪の表面だけが削れるようなトラブルが少ないです。

薄くよく割れる爪にはスリムニッパー

スリムタイプのニッパー爪切りは少しの力でスムーズに爪を切ることができるので、爪が割れやすい人、2枚爪になりやすい人におすすめです。刃が細いので、繊細なカットも得意。理想通りの形に少しずつ爪を切ることができます。甘皮処理にも使いやすいので、プロのネイルアーティストも使用していることが多いです。

付属の機能で選ぶ

爪飛びガード付きだと切った爪が飛び散らない

ニッパー爪切りは爪を切ったときに、周囲に爪が散らばりやすい特徴を持っているため、指の下にティッシュを敷いておいても、思わぬ方向に切った爪が飛んでいくことがあります。そんなニッパー爪切りの欠点をカバーするために、爪が飛び散りにくいガードが付属したニッパー爪切りがあります。

小さな子供やペットがいて、あちこちに爪が飛んだら心配だという人におすすめです。ガードは取り外しができるので、汚れたら拭いたり洗ったりすることができます。交換用の専用ガードが販売されているニッパー爪切りもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

やすりとセットだと仕上げに爪を整えられる

爪の形状によっては、ニッパー爪切りで少しずつ切っていると、ガタガタした爪になってしまうことがあります。そんなときには、爪用のやすりの使用がおすすめです。ニッパー爪切りの中には、専用のやすりとセットになったものがあります。

やすりは爪の切り口をなめらかにしてくれるので、肌や洋服を傷付けることがありません。特に切り口が鋭利なニッパー爪切りは、爪にするどい角ができてしまうことがあるので、できれば爪切りの仕上げにやすりを使うことを習慣づけるようにしましょう。

ニッパー爪切りのおすすめブランド・メーカー

匠の技

種類が豊富で使いやすい

匠の技シリーズのニッパー爪切りは、標準刃やスリムタイプ、喰切刃や巻き爪専門医が監修したものなど、種類がとても豊富です。どのニッパー爪切りも日本製で、独自開発の「ねじりコイルバネ」が使われています。この特殊なバネは、耐久性が高い上に固い爪でも切りやすいので、どのタイプのニッパー爪切りを選んでも満足できる使い心地を得られます。

suwada

職人手作りの高級品

1926年に創業して以来、ニッパー爪切りを中心に国内外で高い評価を受けているブランドです。新潟県三条市で職人の手によって作られる爪切りは、とても精巧。日本を代表する工芸品として数々の賞を受賞してきています。刃の切れ味を左右する嚙み合わせの調整は高い技術を持った職人ならではの仕事です。刃を合わせたときにわずかな光さえ漏れることがなく、いつまでも気持ちの良い切れ味を保ってくれます。購入したニッパー爪切りのメンテナンスを受け付けているので、良いモノを長い間使い続けたい人におすすめです。

CUTPIA (カットピア)

コスパの良いAmazonモデル

CUTPIA はAmazon独自のプランドなので、Amazonでしか購入することができません。CUTPIA のニッパー爪切りは刃物の本場、岐阜県関市の工場で作られた日本製です。1,000円台という購入しやすい価格ですが、切れ味や使い勝手がよく、リピーターも多い人気の爪切りです。スリムタイプだけでなく巻き爪用もあるので、用途に合わせて使い分けるのもおすすめです。

貝印

日本製の関孫六シリーズが人気

岐阜県関市で代々刃物を制作している関孫六が監修したニッパー爪切りは、使いやすい、切れ味が良いと人気があります。中でも日本製のニッパー爪切りは、中国製の関孫六のニッパー爪切りよりも少し値段は高くなりますが、固い爪でも切れやすいと高評価を受けています。中国製も日本製も同じように関孫六の名前が入ったパッケージなので、一見同じように見えます。日本製にこだわりたい人は、パッケージの裏面をよくチェックして購入しましょう。

おすすめ&人気のニッパー爪切りランキング

巻き爪におすすめのニッパー爪切り

北舟-巻爪用ニッパー爪切り(4,290円)

熟練の職人が作る高品質の日本製爪切り

刃の端から端までの長さは2㎝で、一般的なニッパー爪切りよりも長めに設計されています。ポイントは、長めの刃と持ち手のバネ。厚くなり指に食い込んだ爪でも、刃の角や全体を使って比較的楽にカットすることを可能にさせています。

ニッパー爪切りとしては、高価格帯ですが、劣化がしにくいステンレス刃物鋼で作られています。耐久性が高い素材なので、長い間使い続けることができますね。高級感のあるパッケージなので、プレゼントとしてもおすすめです。

匠の技-ニッパー式つめきり喰切型(3,073円)

切りにくい爪も楽々カット

よく切れる国産爪切りとして人気が高い匠の技シリーズ。そのなかでも、巻き爪や固い爪に特化した商品です。凹刃や喰切型と呼ばれる特殊な刃は、肉に食い込んだ頑固な巻き爪や、変形してしまい普通の爪切りでは切りにくい爪を切るのに適しています。

持ち手は太めな上、ゴム加工がしてあるので、握りやすく力を入れても滑りにくいです。テコ型の爪切りではうまく爪が切れなかった人におすすめ。握力が落ちてきた高齢者や女性へのプレゼントにも向いています。

日本製-斜刃ニッパー爪切り(4,950円)

80歳を超えた職人が1つ1つ作りあげる、こだわりのニッパー爪切り

刃物の街として有名な新潟の三条で作られるニッパー爪切りは、熟練の技を持つ職人が1人で作り上げます。全長は長めの13,5㎝。持ち手が長いため、身体が固い人や、かがんで足の爪を切るのが苦手な人でも爪が切りやすいです。

持ち手には凹凸の加工があり、滑り止めの役割をしてくれるので安全に爪を切ることができます。独特のカーブがある刃は切り口がわかりやすく、爪切りを失敗しにくいです。不器用な人でも操作しやすいのがポイント。

八鉄シリーズ-ニッパー爪切り巻き爪用(1,907円)

頑固な巻き爪もカットしやすい

巻き爪用に作られたニッパー爪切り。刃の角が鋭利で薄くなっているのが特徴です。指の肉に爪が食い込んで普通の爪切りではカットできない爪の人におすすめ。

角が鋭利だと、安全性が気になってしまいますが、爪切りを使わないときは、グリップ部分を固定可能です。固定さえ忘れずに行っておけば、誤作動によるケガを防いでくれます。ニッパー爪切りを安心して保管したい人にぴったりです。

巻き爪パチパチニッパー(1,760円)

高齢者でも操作しやすいニッパー爪切り

高齢者や力の弱い女性でも、簡単に爪が切れるように工夫されたニッパー爪切りです。力を入れやすい太めのグリップは、滑り止め付きで安心です。誤作動防止の安全レバーと、刃先を保護するキャップも付いているので、家の中はもちろん、バッグやポーチに入れて旅行先などで爪を切りたいときにも安全に持ち運びができます。

刃のカーブは手の爪を切るときにも、爪の形にフィットしてくれます。切れ味が良いので、2枚爪になりにくいです。軽く爪が切れるので、爪切りの時間を短縮したい人にもおすすめ。

切れ味でおすすめのニッパー爪切り

匠の技-ステンレス製ニッパーつめきり標準刃(2,545円)

足の爪も手の爪も切りやすいオールマイティな日本製の刃

匠の技シリーズのオリジナル「ねじりコイルバネ」は、5万回もの耐久テストをクリアしています。固い爪にも負けることがないので、安心して使えそうですね。弾力があり柔軟性が高いバネの効果で、手が疲れることなく爪を楽に切ることができます。

刃の先は、肌を傷付けないように、外側に反り返っています。爪の中央部分からカットすることも可能。普通の爪切りでは切りにくい、変形した爪の人にもおすすめです。

貝印-匠創ニッパー爪切り(3,240円)

安心感のある貝印ブランドのニッパー爪切り

先が鋭利な形になったニッパー爪切り。繊細なカットをしたい人におすすめです。ステンレス刃物銅を採用しているので、耐久性が高い作りになっています。

スプリングが付いたバネが持ち手に付いているので、固くなった爪でも楽に切ることが可能です。滑り止めのための凹凸も付いています。使い勝手の良さから、初めて使うニッパー爪切りとしても人気です。

SUWADA-爪切りブラックL(5,072円)

プロも認める切れ味抜群の爪切り

刃物の中でも特にニッパー型の製造が得意な「SUWADA」が手掛ける爪切りです。職人が手掛ける精巧なニッパー爪切りは、一生モノと言えそう。刃を閉じると左右の刃がぴったりと引っ付き、1枚の刃のように見え境目が分かりません。

完璧な嚙み合わせの刃は、どんなに切りにくい爪でも思い通りにカットすることができます。医療関係者やネイリストの愛用者も多い、信頼できるニッパー爪切りです。こだわりが高い人への、プレゼントとしてもおすすめ。

貝印-関孫六ニッパー爪切り日本製(3,891円)

人気が高い関孫六シリーズのニッパー爪切り

刀匠として有名な関孫六の27代目が監修したニッパー爪切りです。刃の力だけでなく、付属しているスプリングが固い爪をより切りやすくしています。本体には「関孫六」の刻印が施してあるため、高級感がある爪切りとしても人気があります。

「関孫六」シリーズのニッパー爪切りの中でも、日本製と書かれたタイプは人気が高いです。刃に付けるキャップが付属。ニッパー爪切りを持ち運びしたい人にもおすすめです。

匠の技-ステンレス製スリムニッパーつめきり(1,174円)

割れやすく弱い爪の人におすすめ

巻き爪や固い爪の人から人気が高いニッパー爪切りですが、爪が薄い人や割れやすく2枚爪になりやすい人にはスリムタイプのニッパー爪切りがおすすめです。爪を切る瞬間の衝撃が抑えてあるのがポイント。普通の爪切りだと、爪が傷んでしまうと悩んでいる人でも安心して使えます。

あまり力を入れなくても楽に爪が切れるねじりコイルバネが付属。握力が弱い高齢者や女性でも使いやすいです。刃の先端が細いので、細かいカットが可能。爪の形にこだわりがある人にもおすすめです。

使いやすいおすすめのニッパー爪切り

Uncle-ロングニッパー爪切り(10,780円)

とにかく持ち手が長い爪切りを探している人におすすめ

平均的なニッパー爪切りの全長は11~12㎝と言われています。しかし、妊娠中の人や身体が固い人の中には「もう少し長いと切りやすいのに」と不満を感じていることも。そんな人におすすめなのが、全長が20㎝もあるロングタイプのニッパー爪切りです。

1つ1つ手作業で時間をかけて作られるので、価格は高めですが、使い勝手は抜群。右利き、左利きでも使いやすいので、両方の手足の爪をキレイにカットできます。錆びにくい素材で作られているので、一生モノの爪切りとして満足できる逸品です。

匠の技-ニッパー爪切りつめ飛びガード付き(3,553円)

ニッパー爪切りの弱点を解決

固い爪でも切りやすいニッパー爪切りですが、爪が周囲に飛び散りやすいというデメリットがあります。ティッシュを敷いて爪を切っていても、どこか遠くに爪が飛んでしまい不衛生に感じる人も少なくありません。そんなニッパー爪切りの弱点を、刃の上の透明ガードが補ってくれます。透明ガードによって、爪が散らばりにくくなるので、衛生的で切った爪を踏んで痛い思いをすることもありません。

透明ガードは取り外し可能です。汚れたら洗ったり拭いたりしやすく、いつでも清潔に使うことができます。傷んだり失くしたときのための交換用ガードも販売されているので、長い間使い続けたい人にぴったりです。

グリーンベル-ニッパー爪切り(2,280円)

初めてのニッパー爪切りにおすすめ

全長11㎝、刃の長さ1,4㎝と少し小ぶりのニッパー爪切りです。刃の形はストレートタイプ。バネとキャップが付いているので、ニッパー爪切りに不慣れな人でも、安心安全に使うことができます。

甘皮処理にも使いやすい形状なので、ネイルが趣味の人にも人気です。自分に合ったニッパー爪切りが分からないときのビキナーモデルとも言えます。小さな子供と同居していて、できるだけ刃が小さいニッパー爪切りを探している人にもおすすめです。

グリーンベル-スリムニッパーつめきり(1,056円)

とてもコスパの良い日本製ニッパー爪切り

ギザ刃という、他のニッパー爪切りではあまり見ない特殊加工された刃を採用しています。刃がギザギザになっているので、爪が滑りにくく力の弱い女性や高齢者でもピンポイントで爪をキレイに切ることができます。利き手に関係なく操作しやすいハンドル式のグリップには、バネが付いているので少しの力で爪が簡単にカット可能です。

刃には少しカーブが施されているので、カーブに当たらないようにカットすることによって深爪を防止できます。シルバーや黒系が多い、ニッパー爪切りの中でも目立ちやすいピンクカラーが特徴的。引き出しやバッグの中に入れても一目で目につき安全です。

CUTPIA -ステンレス製巻き爪専用ニッパーつめきり(2,762円)

巻き爪専門医と開発した切りやすいニッパー爪切り

ストレートタイプや凹刃や多いニッパー爪切りですが、こちらは凸刃という特殊な形状です。特殊な形状が、爪を真ん中からカットしやすくしています。また、巻き爪や深爪になりやすい、爪の角の切りすぎを防ぐことが可能です。

グリップ部分には開閉5万回以上の耐久テストをクリアしたバネが付いているので、劣化することなく弱い力でも楽に爪を切り続けることができます。刃物の街として知られる岐阜県関市で作られているので、切れ味の良さは折り紙つき。切れ味の良い日本製のニッパー爪切りを探している人はチェックしてみましょう。

まとめ

爪に合ったニッパー爪切りを選ぼう

ニッパー爪切りは、刃の形状によって切りやすい爪が異なります。ひどい巻き爪や変形爪の人は、専用の爪切りを購入するのがおすすめです。爪の形状や悩みによっては複数のニッパー爪切りを使い分けるようにしましょう。ニッパー爪切りは普通の爪切りよりも切れ味が良い分、少しの油断でケガの原因になることもあります。特に高齢者や小さな子供がいる家庭では保管場所や爪を切るときには、細心の注意を払ってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*