2020おすすめのiPhone向けイヤホン人気ランキング!【純正も】

iPhoneで音楽を聴く時、どのようなイヤホンを使用していますか。様々なブランドが展開するiPhone向けイヤホンですが、種類豊富でどれを選んだら良いか悩んでしまいますよね。また、iPhone7以降、イヤホンジャックが廃止されたことで、驚いた方も多いでしょう。今まで使用していたイヤホンは使えないのかどうかも気になります。今回は、iPhone向けイヤホンの種類や機能、選び方を詳しく解説していきます。機械が苦手で、Bluetoothやハイレゾなどの用語が分からない方にも是非読んでいただきたいです。

iPhone向けイヤホンの特徴

iPhone7以降のモデルはイヤホンジャックが廃止に

iPhone7以降のモデルから、イヤホンジャックがなくなりました。その理由は、iPhoneの限られた面積を最大限に活用するためで、カメラの性能や防水性、バッテリー容量を向上させるためです。iPhone7以降のモデルで音楽を聴くには、Bluetoothイヤホンか、Lightning接続式のイヤホンが必要です。

iPhone向けイヤホン種類

Bluetooth接続タイプ

iPhoneとペアリング接続をするタイプ

Bluetooth接続タイプのイヤホンは、ワイヤレスで使用できるため、イヤホンコードが絡んだり、邪魔になったりすることがありません。また、断線の心配がないので、コードの断線でお悩みの方にもおすすめです。また、商品数が多いので、自分の用途に合ったイヤホンを探しやすいのもメリットです。

接続方法は、iPhoneとBluetoothイヤホンを近付け、Bluetoothイヤホンの電源をオンにします。iPhoneのiOSが最新バージョンになっていたら、「Bluetooth」をタップし、「自分のデバイス」に表示されているBluetoothイヤホンと接続します。覚えてしまえば簡単に接続できるようになるため、機械が苦手な方も是非挑戦してみてください。

Lightning接続タイプ

Lightning端子に差し込むタイプ

Lightningタイプのイヤホンは、Lightningコネクタに差し込んで接続します。Lightningタイプの特長は、Bluetoothタイプのように充電が必要ないため、聴きたい時にすぐ音楽を聴くことができる点です。また、Appleの純正品でも3,000円台とお求めやすい値段なので、価格を抑えたい方にもおすすめです。

イヤホンジャックがなくなり、「今まで使っていたイヤホンが勿体無い」と感じた方も多いはず。iPhone7以降のモデルには、「Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」が付属されており、iPhoneとイヤホンを繋ぐことができます。今まで使用していたイヤホンを使用できる配慮がなされているため、コード式のイヤホンが好みの方は、是非活用してみてください。

iPhone向けイヤホンの選び方

イヤホンの形で選ぶ

密閉性や装着感にこだわるならカナル型

カナル型イヤホンとは、耳栓のような形をしているイヤホンのことを言います。カナル型はインナー型や耳掛け型と比べて、最もフィット感があり、密閉性に優れているのが特長です。また、カナル型イヤホンは耳の奥に装着するため、クリアで鮮明な音をダイレクトに聴くことができます。臨場感溢れる音にこだわりたい方におすすめです。

軽い装着感で長時間の使用向きのインナー型

インナー型イヤホンとは、耳の中に挿入し、耳甲介という部分に軽く乗せ、フィットさせて装着するイヤホンのことを指します。このタイプは、耳の奥に挿入するカナル型に比べ、耳への負担を減らすことができるため、耳が痛くなりにくいのが特長です。また、カナル型と比較してサイズが大きく、発音振動版もより大きなサイズのものを使用しています。そのため、ダイナミックなスケールのサウンドを楽しむことができます。

耳への圧迫感を軽減させるなら耳かけ型

耳かけ型は、フックのように耳に引っ掛けて装着するイヤホンです。耳の中に挿入しないので、耳が痛くなってしまう方も安心して使用することができ、長時間の使用に適しています。また、密閉性が弱いため、周囲の音を拾いやすいという特長があります。周囲の音に気を配る必要がある、ランニング時などの屋外使用にもおすすめのタイプです。

対応コーデックで選ぶ

音声を圧縮する方式によって音質や音ズレの頻度が異なる

Bluetoothで音声を伝送する時、データ量を少なくするために、データは圧縮して送られます。コーデックとは、Bluetooth通信をする際の、音声を圧縮する方式の名称です。コーデックの違いによって、音質や音の遅延、つまり音ズレが変わってきます。スマホの機種によって、対応するコーデックが異なります。iPhoneが対応しているコーデックには、SBC、AACなどがあります。

iPhoneユーザーには「AAC」コーデック対応がおすすめ

主にiPhoneに対応した、高音質、低遅延のコーデックです。A2DPに対応したワイヤレス製品の全てがSBCというコーデックに対応しているのですが、AACはSBCよりも音質に秀で、遅延が少ないという特長があります。Appleに対応した製品を展開するBeats-by-Dr.DREは、iPhone製品との相性が良いためおすすめです。

ハイレゾ音源に対応しているかで選ぶ

ハイレゾの楽曲はCD音源を超えた高音質音源

ハイレゾ音源は、CDより詳細にデジタル化しているため、音の波形がより元の音に近い形で表されます。そのため、レコーディングスタジオで録音した音源に近い状態で再現されます。また、ハイレゾは、CDに収めきれなかった音の情報量をもっています。音の繊細さや太さ、細やかさ、表現力や奥行きといった音の量が、CDとは格段に違います。アーティストが歌う息づかいまで表現されており、まるでその場にいるかのような臨場感を細部まで味わえるのが特長です。

再生するにはハイレゾ対応のDACを内蔵したイヤホンが必要

DACとはDigital-Analog-Converterの略です。デジタル信号をアナログ信号に変換する回路を表します。音声の記録と再生において、音声の記録をするマイクも、再生するスピーカーも、アナログが基本です。デジタル音源を再生するには、録音する際はアナログからデジタルへ、再生する際にはデジタルからアナログへ変換する必要があります。DACはデジタルからアナログへの変換を行います。そのため、ハイレゾを楽しむためには、DACが内蔵されたイヤホンを選ぶ必要があります。

使用環境に適した性能で選ぶ

お風呂やスポーツで使用するなら防水性能を表す「IPX」の等級を確認

IPとは「International-Protection」コードのことで、スマホをはじめとした精密機器の、水などに対する保護性能を示しています。IPコードの中で、防滴、防水に対する保護等級を「IPX」と呼びます。防水性能がないものをIPX0とし、水中でも保護されるIPX8までの9段階で表されます。数字が大きいほど優れた防水性能をもちます。そのため、お風呂などの水場や、汗をかくスポーツ中などに使用する場合には、なるべくIPXの値が大きいものを選びましょう。

Bluetoothイヤホンを外出先で使用するなら連続再生時間は5時間以上

Bluetoothイヤホンは、イヤホンの大きさの都合上、バッテリー容量がどうしても小さくなり、連続再生時間が2〜3時間のものが多いです。充電ができない通勤中など、途中で充電が切れるのではないかと心配になりますよね。Appleの純正品であるAirPodsは、連続再生時間が5時間以上なので、外出中の使用も安心です。

使い方に合わせて機能を選ぶ

集中して聴くなら周囲の騒音を遮断するノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能には、周囲の騒音を遮断するアクティブノイズキャンセリングと、イヤホンの形で騒音を遮断するパッシブノイズキャンセリングがあります。それらを組み合わせることで、より静かな環境を作り上げることができます。集中して音楽などを聴くことが多い場合、備えておきたい機能です。自動で環境に合わせたノイズキャンセリングをしてくれるイヤホンや、スマホで調整することができるイヤホンも展開されています。例えば、音楽を聴きながらランニングをする際など、周囲の音に注意しなければならない状況で役立つ機能です。

ハンズフリーで通話するならリモコンマイク付き

音楽を聴きながらランニングしている際や、仕事の移動中に荷物で手が塞がっている際などに便利なのが、リモコンマイク付きのイヤホンです。リモコンで着信し、内蔵のマイクでiPhoneを持たずにハンズフリー通話をすることができます。音量の調節やSiriの起動ができるものもあるので、気に入った機能が付いているタイプを選ぶと良いでしょう。

iPhone向けイヤホンのおすすめブランド・メーカー

Apple(アップル)

iPhone向けイヤホンの純正品を扱う

Appleが展開するイヤホンは、iPhone向けに作られています。例えば、AirPods Proは、ノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲の音を遮断して音声に集中することができます。純正品ならではの、こだわりを感じてみてください。

canal-works(カナルワークス)

プロ仕様のイヤホンを一般向けに提供

カナルワークスは、ミュージシャンなどが使用するIEM(インイヤーモニター)を製作しています。ひとりひとり耳型を採り、自分だけのイヤホンを作ることにこだわりを持っています。一般向けに開発されたユニバーサルモデルで、プロ仕様のイヤホンを体験してみてください。

Ginova

音質やつけ心地の良いコスパの高いイヤホンを展開

ワイヤレスイヤホンの中では、格段にコスパの良い商品を取り扱っています。コーデックはAACで高音質でありながら、5,000円以下の商品が展開されています。見た目もシャープで格好良いため、気軽に様々なシーンで使用してみましょう。

オーディオテクニカ

イヤホンの種類の豊富さが売り

グラミー賞授賞式にマイクロホンを提供するなど、世界規模での実績を持つオーディオテクニカ。イヤホンの種類も豊富で、インナー型や耳掛け型、ワイヤレスタイプなど、10種類以上のイヤホンを揃えています。

おすすめ&人気のiPhone向けイヤホンランキング

Bluetooth接続でおすすめのiPhone向けイヤホン

canal-works(カナルワークス)-CW-U02(43,200円)

耳に馴染むプロ仕様のイヤホン

ひとりひとりの耳の形に合ったイヤホンを提案するカナルワークス。一般向けにユニバーサル化したこちらのモデルも、カスタムモデルと同様にハンドメイドで仕上げています。より多くの人の耳に合うよう計算されたデザインが特長です。

体温によって柔らかくなるイヤーチップを使用しているため、数十秒で耳に馴染むようになり、抜群のフィット感を生み出します。つけ心地や音質に優れた、自分の耳に馴染むイヤホンを探していた方におすすめです。

AirPodspro-MWP22J(35,000円)

機能性とスタイリッシュな見た目を追求したApple純正品

Appleの純正品であるAirPodsは、ケースから取り出したらすぐに使える優れもの。ケースを開けると、iPhoneにペアリングの表示が出るので、そちらをタップするだけで接続が完了します。機械が苦手という方も、簡単に扱うことができます。

ノイズキャンセリング機能を搭載し、包まれるようなサウンドを生み出します。一方で、周囲の音も聞こえるよう、外部音取り込みモードも備えています。見た目もシンプルで洗練されたデザインなので、音質や機能だけでなく、おしゃれさにこだわりたい方にもおすすめです。

QYC-T1ワイヤレスイヤホン(3,980円)

高機能でコスパの良いイヤホン

音が途切れにくく、超低遅延の同期を叶えたイヤホンなので、まるでその場にいるかのような臨場感ある音声を楽しむことができます。また、両耳での連続再生時間は4時間なので、比較的長く連続使用できます。

IPX4で防水仕様となっており、汗をかくスポーツ時にも最適。フィット感も抜群で、使用中に落としてしまう心配もありません。4.6gと軽量で小型なため、付け心地も快適です。さらに、高機能ながら4,000円を切る低価格でコスパの良い商品と言えます。機能性にこだわりつつ、価格は抑えたい方におすすめです。

Lazo-M1-Bluetooth5.0ワイヤレスイヤホン(3,980円)

iPhoneを触らずボタンひとつで曲のスキップができる

高音質なステレオサウンドで音楽を聴くことができます。人間工学を基に、耳にフィットする快適な使い心地を実現。オートペアリング機能搭載のため、2回目からはiPhoneとの接続が自動で行われます。スタイリッシュな見た目も人気の秘密です。

次の曲へのスキップ機能や前の曲に戻す機能を搭載しているため、その都度iPhoneを操作する必要がありません。ウォーキングやランニング中にこの機能が付いていると、歩きスマホ防止にもなり便利です。機能性とおしゃれさ、価格を抑えたい方におすすめです。

Beats-by-Dr.Dre-BeatsX-(10,280円)

高音質で8時間の連続再生が可能

Apple-W1テクノロジーを備えたことで、設定や切り替えがスムーズに行えます。臨場感のあるクリアな音が楽しめ、音に包まれるような体験を味わえます。高音域、低音域共に歪みのない音を実現しているため、ジャンルを問わず音楽を楽しめます。

連続再生時間はなんと8時間。さらにFast-Fuel機能により、5分の充電で約2時間の再生が可能です。外出中にバッテリーが切れてしまう心配もなく、安心して出かけられますよね。コンパクトで軽く、光沢感があるシンプルな見た目で、スタイリッシュなイヤホンを探していた方におすすめです。

Ginova-S9(5,880円)

IPXの高さで水場での使用が可能に

Ginova-S9は、有線イヤホンを超えるサウンドを提供します。Bluetooth-V5.0は、Bluetooth4.2と比較し、通信速度は2倍、通信範囲は4倍、帯域幅は8倍となり、安定した接続が可能となり、音飛びが起きにくいのが特長です。

IPX7で防水機能が高いため、お風呂などの水場でも使用できます。また、片耳だけ使用することができるため、ランニング中、自動車など周囲の音に気を付けたい時も便利です。人体工学に基づいたデザインで、耳の中にすっぽりと入れることができ、装着感の良さにこだわる方にもおすすめです。

Lightning接続でおすすめのiPhone向けイヤホン

Apple-EarPods-with-Lightning-Connector ホワイトMMTN2J/A(2,650円)

iPhoneの純正品ならではの高品質が魅力

内部スピーカーは、音の出力を最大にして、音の劣化を抑え込むように作られているため、高音質の音声を楽しむことができます。リモートコントロール付きなので、つまむだけで、音量の調整や音楽の再生、電話への応答や終了に対応します。

EarPodsは耳の形に基づいてデザインされており、多くの人の耳の形状に合うように作られています。iPhoneの純正品なので、スマホと共にイヤホンもApple製品で揃えたい方におすすめです。

LEPLUS-MFi認証Lightningイヤホン-(4,378円)

高級感漂うアルミニウムボディが魅力

アイフォンのLightningコネクタに差し込むだけで使用することができます。充電の必要がないため、音楽を聴きたい時にすぐ使用できるメリットがあります。アルミニウムのボディで、洗練された高級感漂うイヤホンです。

簡単に操作できるマイク付きのコンパクトリモコンを備えた、使い勝手の良さも魅力です。急に電話が掛かってきても、リモコンを使って着信することができます。6種類のカラーバリエーションから選ぶことができるので、お気に入りの一品がきっと見つかるでしょう。

エアージェイ-ライトニングステレオイヤホン(5,478円)

リモコンひとつで通話も音楽の再生もできる

Lightningコネクタに直に差し込めるタイプです。マイク機能の付いたリモコンにより、電話の応答や終了、音楽の再生やスキップ、バックスキップ、音量調整などが可能です。また、Siriを良く使用する方は、起動を手元でコントロールできるので便利です。

色は洗練された印象のブラック、ホワイト、個性的でクールな印象のブラック-レッドの3色です。ブラック-レッドは、人と違ったイヤホンが欲しい方におすすめです。こちらのイヤホンはiOS10以降に対応しているため、アップデートをしていないと音声が出ない、つまり使用できないため、注意しましょう。

マイク付きでおすすめのiPhone向けイヤホン

オーディオテクニカ-ダイナミックオープン型イヤホンレッド(1,566円)

iPhoneを取り出さずに音量の調整や通話も可能

インナー型で、カナル型にはない音の奥行きを叶えました。手元で音声の再生や音量調節ができるため、ウォーキング中に音楽を聴いている時などに、足を止めてiPhoneを操作する必要がありません。歩きスマホの防止にも繋がります。

こちらのイヤホンは、コンデンサーマイクを搭載しているため、電話が掛かってきた時も、iPhoneを取り出さずに電話に出ることができます。ポケットやバッグに入れたiPhoneを探す手間が省けます。イヤホンを使って通話をしたい方におすすめです。

ジーストリーム-Bluetoothイヤホン両耳タイプ(1,980円)

ワイヤレスで通話可能なイヤホン

イヤーフックが付いており、耳に引っ掛けるように装着するため、スポーツ中など激しい動きをした時も、外れにくくなっています。また、電源ボタンを押すだけで、ハンズフリーでの通話が可能なので、ランニング中に電話が掛かってきた際にも便利です。

ワイヤレス接続のため、コードが絡まる心配もありません。1.5時間程の充電で、連続再生時間は最大5時間です。IPX4の防水性能で、雨や汗に強く、日常的な使用の範囲内の生活防水性能を持っています。ランニングやウォーキングなど、スポーツの際の使用におすすめです。

磁気研究所-ステレオヘッドホンマイクMFi認証Lightning接続Lightningイヤホン(2,550円)

ハンズフリーで通話可能

Appleの正規ライセンスを取得しているため、iPhone‘のLightningコネクタに差し込んで使用できる便利なイヤホンです。S、M、Lの3サイズ展開なので、今までのイヤホンが耳の大きさに合わず悩んでいた方にもおすすめです。

ハンズフリーで通話することができ、Siriを起動することもできます。また、選曲や音量調節は手元のリモコンで行うことができます。これらは、移動中に音楽を聞いたり通話をしたりするのに便利な機能です。

Owltech(オウルテック)-STEREO-EARPHONES-Lightningコネクタ(3,510円)

高音質な有線タイプイヤホン

有線タイプなので、音質に優れた音楽を聴くことができます。Lightningコネクタに直接差し込むことができるため、簡単に使用することができます。また、ペアリングの必要がないため、機械が苦手な方でも扱いやすいでしょう。

リモコンとマイクが付いているため、歩きながら音楽を聴いている時に電話が掛かってきても、iPhoneを触らずにハンズフリー通話ができます。有線イヤホンなので、音の遅延や途切れもなく、動画の視聴にも適しています。

まとめ

ワイヤレスで使えるBluetooth式のiPhone向けイヤホンがおすすめ

通勤中やスポーツ時に音楽を聴くため、イヤホンを使用する方が多く見られます。通勤中には鞄を持っていて手が塞がっていたり、スポーツ中には激しい動きでイヤホンのコードが邪魔になったりするでしょう。そんな時、ワイヤレスで使用できるBluetooth式のイヤホンなら、iPhoneを操作したり、コードの絡まりを気にしたりする必要もありません。今回は、iPhone向けイヤホンの種類や選び方を詳しく見てきました。音質や機能、ブランドにこだわって、心地よいサウンドを楽しめるイヤホンを選びましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*