【カビ対策にも】おすすめのすのこのベッドまとめ!

お布団派からベッドに変えようと考えた際、一般的なベッドでは柔らかすぎて慣れない…、なんてことがあると感じます。特に長年お布団を愛用していた場合には、余計に移行が難しく感じることもあるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、ベッドの中でも「すのこベッド」です。豊富な形状のベッドが選べるので、本格的なベッドタイプからお布団と変わらないような寝心地のベッドまで好みで選ぶことが可能です。また、すのこベッドは一般的なベッドよりも通気性がいいので、湿気が多い日本でベッドを使う際にはとてもおすすめになるもの。今回はそんなすのこベッドの選び方、すのこベッドの人気ブランドやおすすめしたいすのこベッドをご紹介していきます。自身の好みや居住空間に合わせるためにも、参考にしてみて下さいね。

すのこベッドとは?

通気性の高いベッド

すのこベッドの一番の特徴といえば、やはりお布団とマットレスのどちらでも使えるという点でしょう。
一般的なベッドよりも通気性が高く、布団を敷いて使っていてもカビが生えにくいという大きな特徴があります。

洋室でも和室でも合う

すのこベッドには足が付いたタイプと、脚がついていない平たいタイプから選べるので、畳の部屋でも使いやすいという特徴もありますね。
部屋の和洋を問わないので、インテリアに合わせやすいといえるでしょう。

すのこベッドの種類

脚付きのすのこベッド

一般的なベッドと同じ形をしたすのこベッドですね。
足つきになる分高さがあるので、腰痛持ちの方でも楽に寝起きができるようになりますよ。
基本的にはフローリングのお部屋におすすめです。

折り畳み式のすのこベッド

名前の通りに折りたためるすのこベッド。
使わない時は重ねておくこともできるので、コンパクトに収納することもできますね。
和室や一般的なベッドでは落ちそうで怖い、という方におすすめできるでしょう。

すのこベッドの選び方

素材で選ぶ

湿気対策をしたいならヒノキがおすすめ

すのこベッドを選ぶ際に、一番気を付けるべき点が素材です。
素材を吟味しないと、寝ているときに軋み音がしたり湿気対策の意味がなくなってしまうことも。
特に湿気対策がしたい方はヒノキ素材がおすすめです。

費用を抑えたいなら杉・パイン材

素材で選ぶとしても、費用が高くなると難しい場合もありますよね。
そんな時におすすめになるのが杉やパイン材。
それぞれ成長が早かったり、柔らかく加工しやすい素材であることから安価なものが出回っています。

強度で選ぶ

すのこベッドでも布団対応していない物も

ベッドでも布団を使いたいと考えてすのこベッドを選ぶのなら、すのこベッドの強度に気をつけてみましょう。
実はすのこベッドでも、強度が低い場合は布団の対応不可、マットレスのみのものもあります。

布団は一か所に重さが集中する

布団は体の重さがダイレクトにすのこに伝わってしまうので、しっかりとした強度がないと壊れやすくなってしまうのです。
すのこベッドを選ぶ際には、布団でも対応できる強度かどうかも確認してみてください。

すのこベッドの人気ブランド

ひのきや

良質なヒノキ材のみを使った家具店

ひのきやは名前の通りに、紀州熊野で取れるヒノキだけを使った家具店。
すのこ専門店でもあるので、しっかりとしたつくりのすのこベッドを選ぶことができます。

家具職人のハンドメイド品

選び方でも紹介したように、すのこベッドは素材と強度が重要になります。
ひのきやのすのこベッドは、家具職人さんが一つ一つ丁寧に作り上げているので、良質なすのこベッドが欲しい方にピッタリなブランドですよ。

フランスベッド

信頼できる老舗のベッドブランド

良質なベッドを扱っていると聞けば、誰もが思い浮かべるフランスベッド。
意外に感じるかもしれませんが、このフランスベッドでもすのこベッドを取り扱っています。

国産メーカーなので品質にも納得

フランスベッドという名前から、海外ブランドだと思っている方も多いですがフランスベッドは国産メーカーです。
睡眠中の体を預けることを考えれば、国産メーカーである点もうれしいところですよね。

源ベッド

受注から生産まで全てを自社工場で

広島に本社を持つ源ベッドは、受注から生産まですべてを自社工場のみで行っています。
仲介が一切入らないことで、上質なすのこベッドを安価に取り扱うことができるのですね。

チヨダコーポレーションのプライベートブランド

ベッドメーカーとして有名なチヨダコーポレーションのプライベートブランドなので、製品に対する理解度が高いのも頷けますね。
本当にいいものを使いたい、と考える方にもおすすめできるでしょう。

ニトリ

気軽にのぞける気安い雰囲気がうれしい

多くの方が1度は入店したことがあるのではないでしょうか。
多数の店舗を抱えているので、実店舗に行きやすい点がとても便利なニトリもすのこベッドを購入する際には人気のブランドです。

幅広い価格帯と豊富な製品から選べる

ニトリでは幅広い価格帯から欲しいものを選ぶことができる、という点がありますね。
人によってお財布事情は異なるものなので、自分に合ったものを選べるというのは考えているよりも便利なことではないでしょうか。

IKEA

北欧家具ブランドならではのおしゃれなデザイン

意外にもIKEAでもすのこベッドの取り扱いがあります。
名前は「すのこベッド」ではないので、見落としがちですが、独特なおしゃれさは女性にこそお勧めできるブランドではないでしょうか。

組み立て式の家具が多い点は要注意

お洒落な家具を多く取り扱っているIKEAですが、実は組み立て式の家具が多いブランドでもあります。
女性1人で組み立てるのは難しい場合もあるので、手伝ってもらえる人を探しておいた方がいいですね。

収納スペースでおすすめのすのこベッド

B&Bスタイル-すのこベッド 6,980 円

ごくごくシンプルに作られているすのこベッドです。
脚付きとフロアタイプの両方を楽しめますが、脚は高めに作られているので脚付きベッドにすれば、十分な収納スペースをとることもできますよ。

すのこそのものを厚く作っているうえに、独自のフレーム構造を採用しているので、耐久性も抜群。
耐久試験では、700kg以上の荷重でも耐えることができたそう。
これなら少々寝相が悪くても安心できますね。

sumicia-ロフトベッドセミダブル 69,990円

収納スペースの他にも、十分な機能がプラスされたロフトベッドです。
ベッドサイズもセミダブルとなっているので、ロフトベッドにありがちな狭さを感じることもありませんよ。

ベッド外側には本棚、ベッド下は十分なスペースをとることができるので、お好みでさまざまな使い方ができるでしょう。
昇降は階段タイプなので、小さなお子さんから大人まで幅広い年齢層におすすめできますね。

neruco-LYCKA 39,800円

オーソドックスな、引き出しタイプの収納スペースがついたすのこ式ベッドです。
実は収納スペースはヘッドボード側にもあり、雑誌や本を収納できるオープンスペースがついています。

ヘッドボードは宮付きともなっており、2口コンセントまでついているので、ベッドでゆっくりとくつろぐことができるでしょう。
家に帰ったらベッドでゆっくりしたいと考える方におすすめですよ。

石崎家具-木製ハイベッド 16,900円

すのこ面までの高さは510cmに設定されているので、十分な収納スペース。
サイズが合った、ベンチチェストと引き出しがついていないベンチボックスがついてくるので、自由にレイアウトすることができますよ。

つくり自体はごくシンプルですが、素材はベンチチェストなども含めて、すべて天然の無垢材を使っています。
しっかりとしたつくりになっているので、シンプルなものを長く愛用したい方におすすめできますね。

neruco-リクライニングすのこベッド 36,800円

大容量の床下式収納スペースに、すのこベッドでありながらリクライニング機能が付いたすのこベッドです。
ベッドの面積をそのまま収納スペースに使えるので、大きな荷物もすっきり片づけることができますよ。

収納スペースの開閉はギア式になっているので、女性でも簡単に開け閉めできます。
布団を乗せたままでも開け閉めできる便利さなので、収納スペースが足りないと考えている方におすすめになります。

折り畳み式でおすすめのすのこベッド

リビングート-折り畳みすのこマット 18,250円

ベッドではないようにも感じますが、とても便利な床面に接して使うタイプの折り畳みすのこマットです。
天然の桐を素材に使っているので、とても軽く女性でも扱いやすいすのこマットになります。

ベルトをもって引っ張るだけで折りたたむことができるので、スペースを空けたい時はいつでも簡単にできますね。
また、省スペースで布団を干すこともできるので、きれい好きな方にもおすすめですよ。

アイリスオーヤマ-折り畳みすのこベッド 14,800円

すのこの素材はパイン材、フレーム部分はスチール製の折り畳みすのこベッドです。
フレーム部分がしっかりとしているので、折りたたむ際もグリップをもって引っ張るだけなのでとても簡単です。

マットレスではなく布団を使えば、睡眠時以外には布団を敷いたままでも畳んでおくことができます。
布団が好きだけれど足や腰の痛みがある方に、とてもおすすめできるすのこベッドではないでしょうか。

インテリアオフィス・ワン-すのこ折り畳みベッド 29,160円

鉄製のパイプではなく、珍しい総ヒノキでできた折り畳み式すのこベッド。
全てのパーツで国産ヒノキを使っているので、眠っているときにも爽やかな芳香を楽しむことができますよ。

随所に細やかで丁寧な仕上げをされているので、折りたたむ際に指を挟んでしまうということも少ないでしょう。
折り畳みベッドでも木のぬくもりが欲しい、という方にピッタリではないでしょうか。

KAGUDEPO-KAGUDEPO-折り畳みすのこベッド 28,600円折り畳みすのこベッド 28,600円

スペース的な問題ではなく、布団を干すために折り畳み式が欲しいという方にピッタリなすのこベッドではないでしょうか。
ぱっと見は一般的なベッドと変わらないので、インテリアにこだわる方にもおすすめですよ。

ベッドフレームとは別にすのこが独立しているので、お掃除の際にも便利ですね。
すのこ式のベッドは通気性がいいことが特徴ですが、やはりきちんと干した方が気持ちのいい睡眠時間をとれるのではないでしょうか。

アテックスダイレクト-ビアンコ 10,778円

折り畳みベッドに、便利さの他にもデザイン性も欲しいと考える方におすすめしたのが、こちらのすのこベッドです。
脚付きベッドの形をしながら、ごくシンプルに仕上げてあるのでインテリアの邪魔をしません。

折り畳みすのこベッドには珍しく、カラー展開も3色あるので選ぶ楽しさが増えますね。
さりげないサイドポケットにも、細やかなところまで気遣う心配りが見えるようです。

シンプルでおすすめのすのこベッド

RECOMMEND-すのこベッド 7,999円

すのこそのものにベッドとしての脚だけがついたような、ごくごくシンプルなすのこベッドになります。
使われている素材は天然パイン材なので、眠りにつくまでの間も爽やかな香りを楽しむこともできますね。

また、脚は取り外し可能となっているので、フロアベッドのように床に近い高さで使用することもできます。
洋室、和室を問わず使いやすいすのこベッドだといえるでしょう。

neruco-天然木頑丈すのこベッド 41,800円

オーソドックスなベッドの形をしたシンプルなすのこベッドです。
商品名に「頑丈」とあるように、耐荷重は驚きの600kgなので、どんな人でも安心して使用することができますね。

脚の高さを3段階で調節できるので、寝起きの際にちょうどいい高さにすることもできますよ。
すのこベッドだと軋み音がしそうで不安だと感じている方にも、安心しておすすめできるすのこベッドでしょう。

タンスのゲン-北欧産パイン使用天然木ベッド 8,980円

フィンランド産の天然パイン材を使用したすのこベッドです。
寒冷地で育った天然木は、木目が詰まるので固く頑丈、そして見た目の年輪もとてもきれいに育つので、家具を作るのにぴったり。

年輪そのものを楽しめるように、無垢材とラッカー塗装だけなので一つ一つのベッドが違う表情を見せてくれます。
自分だけのベッドが欲しいと考えている方にも、納得できるすのこベッドではないでしょうか。

COCOTERIOR- walto 39,960円

シンプルでありながら、スタイリッシュなヘッドボードが特徴的なすのこベッドになります。
フレームは高級家具にも使われているウォルナットなので、シンプルでありながら上品さも漂いますね。

すのこの素材は「桐」をチョイスされているので、熱伝導率が低く、暑い季節も寒い季節も快適な睡眠を得られるでしょう。
眠りにこだわりたい方にこそおすすめしたいすのこベッドです。

LOWAYA-ベッドフレームロータイプ 14,990円

フロアタイプのすのこのベッドになりますね。
お布団で眠る時のように、視点がごく低く作られているので圧迫感を感じさせることがありません。
お部屋を広く見せたい方にはピッタリなベッドだといえるでしょう。

フレームにマットレスを落とし込む「ドロップマット構造」なので、より低い視点を実現しています。
カラーバリエーションも豊富になっているので、お部屋の雰囲気に合わせてチョイスすることができるでしょう。

セミダブルのすのこベッド

インテリアオフィス・ワン-モダンステージベッド 49,900円

シンプルに見えてとてもデザイン性の高いすのこベッドになります。
セミダブルのフレームを購入しても、セミダブル以下のマットレスも使えるので、レイアウトのやり方も高い自由度で楽しめるでしょう。

しっかりとした厚みを持ったすのこを採用しているので、マットレスはもちろんお布団での使用も可能。
さまざまな楽しみ方ができるすのこベッドだといえますね。

源ベッド-ひのきすのこベッド 34,344円

細部にまで感じられるこだわりは、職人さんが一つ一つ丁寧に作り上げてきたからこそ。
なかなか見つけられない「無塗装」という特徴も、天然木のきれいな木目を楽しむための工夫の一つです。

フレームなど基本的なところがしっかりと作られているので、きしむこともなく安心して使用することができるでしょう。
一人でゆったりと眠りたい方にピッタリなすのこベッドです。

KAGLE-桐すのこベッド 57,780円

広島県の職人さんによって、一つ一つ作られているすのこベッド。
使われている材料は桐なので、セミダブルのベッドとは思えないほどの軽さを実現しています。

ごくシンプルなベッドだからこそ、安全性などの面から深いこだわりがあります。
フレームは釘などを一切使わない、日本の伝統技巧である「蟻組み」を使用しているので、きしむことなく安眠を叶えてくれるでしょう。

ニトリ-セミダブルベッドフレーム 34,900円

実店舗にもいきやすいニトリのすのこベッドは、デザイン性も高くなっているのでインテリアにこだわりがある方にもおすすめできるでしょう。
低い視点のベッドは部屋を広く見せる際にも有効です。

マットレスはダブルサイズまで使用可能。
寝心地やデザイン上のレイアウトなど、自分の好みで合わせることもできますね。
シンプルな生活をしたい方にもおすすめです。

Re:CENO-Polavis 25,800円

ヘッドボードにはコンセントと小物が置ける宮付き、そして側面には雑誌などを収納できるオープンスペースがついています。
脚の高さを段階で調整することもできるので、寝起きしやすい高さを追求することも。

シンプルに見えますがしっかりとしたつくりになっているので、マットレスだけではなくお布団での使用も可能です。
角部分も丁寧に仕上げられているので、自然な丸みを確認することができるでしょう。

まとめ

今回は人気が高くなっている「すのこベッド」についてご紹介してきました。
湿気が高い日本では、従来のベッドでは「カビ」の心配が多く、ベッドスタイルにあこがれるけれど衛生面が心配だと感じる方も多かったでしょう。
しかし、すのこベッドは湿気対策にもピッタリです。
また物によってはマットレスだけではなくお布団での使用も可能。
インテリア面からだけではなく様々な望みに即した、睡眠環境を用意することができるでしょう。
布団からベッドに切り替えたいと考えている方は、これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。