2020おすすめの無煙ロースター人気ランキング!【家庭用】

家で気軽に焼き肉を楽しみたいけど、煙が気になるという人は多いのではないでしょうか。ぜひ無煙ロースターを使ってみてください。無煙ロースターを使えば煙やにおいを気にすることなく焼き肉などを楽しめるので、アウトドアにもピッタリです。今回は、無煙ロースターの種類や選び方、おすすめの無煙ロースターをご紹介していきますので、無煙ロースターが気になっているという人はぜひチェックしてください。

無煙ロースターの仕組み

煙が出ないため臭いを気にせず楽しめる

無煙ロースターの大きな特徴が、焼き肉などをしても煙が出ない点です。煙が出ることによって、部屋の中に煙と臭いが充満し、服やカーペットなどに臭いが付いてしまいます。その臭いを取り除くのはとても大変です。無煙ロースターは煙を防ぐのと同時に臭いも防ぐ便利な商品です。

加熱部に油が落ちないような設計になっている

煙の発生を抑える仕組みにおいて重要になるのが油です。加熱部に油が落ちることによって煙が発生してしまうため、無煙ロースターは加熱部に油が落ちることがないような仕組みとなっています。その仕組みは商品によって異なりますが、多くの無煙ロースターに採用されているのが、油が穴の開いたプレートからプレートの下にある水を張った受け皿に落ちることにより加熱部に油が落ちない仕組みです。商品がどのような仕組みになっているかしっかりとチェックするのも重要なポイントです。

無煙ロースターの種類

ガス加熱式

野外でも使いやすい

ガス加熱式の大きな特徴は、電源コードを使用する必要がないという点です。アウトドアでも気軽に使用することができるのは魅力。家の中ではなく、キャンプや登山などで無煙ロースターを使用したい人はガス加熱式の商品をチェックしてください。

ガス加熱式を使用するときに 注意しなければいけない点は、ガスボンベがなくなったら使用することができないということです。ガスボンベの補充を忘れないようにすれば、いつでも快適に使用できます。

電気加熱式

家の中で気軽に楽しめる

電気加熱式は、コンセントでつなぐことができるため家で使いやすいという点です。ガス加熱式のように、ガスボンベがきれることを心配することなく使いたいときにいつでも使うことができます。家の中で使いたい人は電気加熱式がおすすめです。

一方で、野外で使用するには電源の確保などが必要になるため使いづらいと感じることもあるかもしれません。 野外で使う場合には、電源の場所と無煙ロースターの位置に気を付けて使用して下さい。電源がない場合には発電機を用意すれば使用できます。

無煙ロースターの選び方

熱源の場所で選ぶ

熱源は下にあるタイプが多い

一般的な無煙ロースターの熱源は下部に設置されているか上部に設置されています。2つのタイプの中で多いのが下部に設置されているタイプの無煙ロースターです。熱源が下部にあるタイプは、コンパクトに収納することができたり、狭い場所でも使いやすかったり、多くの無煙ロースターからより自分に合った商品を選ぶことができます。

熱源が上にあるタイプは肉の焦げ付きを防ぐ

熱源が上部にあるタイプの特徴は、上から熱を通すことでじっくりと食材に熱を加えることができること。プレート部分が熱くなりすぎないため、食材が焦げつくのを防ぐことができます。食材のおいしさによりこだわりたいという人はぜひ上部についているタイプをチェックしてください。下部に熱源が付いているタイプよりはサイズが大きくなるため、収納場所が制限されるため注意が必要です。

プレートの種類で選ぶ

波状タイプは油を落とせる

無煙ロースターで焼き肉をメインに楽しみたいという人は、波状のプレートが付いている商品をおすすめします。プレートが波状になっていることで、お肉から余分な油を落せるのがポイントです。余分な油を落とすことで、よりお肉をヘルシーに食べることができますし、お肉の油が苦手という人にもぜひおすすめです。

焼き肉以外も楽しみたいなら複数のプレートを活用

無煙ロースターは、自分がどういった料理を楽しみたいかでも選ぶプレートは変わってくるため事前に考えて置くことが大切です。お好み焼きなどを楽しみたい場合には平らなプレートをぜひ使用してください。平らになっていることにより、簡単にひっくり返すことができます。別売りでプレートが発売されている商品だと後から買い足すことができるのも便利です。

ファンが付いているかどうかで選ぶ

無煙ロースターでも完全に煙を防ぐことはできない

煙を抑えてに焼き肉が楽しめる無煙ロースターですが、完全に煙を防ぐことができるかというとそうではありません。多少煙がでてしまいますし、その煙の量は商品によって異なってきます。どの程度煙が出る商品なのかもチェックして無煙ロースターを選ぶことが重要です。

より煙を防ぎたい場合にはファンがあるタイプを

煙をできる限り抑えた無煙ロースターにこだわりたい人は、ぜひファンが内蔵されているタイプの商品を選んでください。ファンが煙を吸い込んでくれるため、煙が上がって部屋の中に充満するのを防ぎます。臭いが気になる人は、ファン搭載タイプの無煙ロースターがおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

プレートが取り外せるタイプは洗いやすい

無煙ロースターは油を使うため、商品自体がどうしてもべたついてしまいます。そのため使用した後にしっかりとお手入れをすることが大切です。無煙ロースターを選ぶときにはどのようにお手入れをすることができるかということにも注目してみてください。お手入れ方法をチェックするときにおすすめなのが、プレートが外しやすいタイプの無煙ロースターです。プレートは特に入念に洗う必要がある部分です。取り外してしっかりと油や汚れを落とすことができますし、隅々まで洗うことができるためおすすめです。

フッ素加工プレートは焦げや汚れを簡単に落とせる

焼き肉をして無煙ロースターを使い終わった後にプレートの焦げを落とすのはとても大変ですよね。しかしフッ素加工が施されたプレートであれば焦げや汚れがこびりつくことなく簡単に落とすことができます。お手入れのしやすさや洗いやすさを重視して選びたいという人は、ぜひフッ素加工のプレートかどうかもチェックしてください。

無煙ロースターのおすすめブランド・メーカー

イワタニ

ガス加熱式に強いガス専用メーカー

イワタニはガスがカセットコンロの商品を扱う会社です。ガス加熱式のカセットコンロが欲しいという人はぜひイワタニの商品をチェックしてみてください。リーズナブルな価格で優秀なガス加熱式の無煙ロースターを選ぶことができます。

ザイグル

熱源が上部にある無煙ロースターを発売する韓国メーカー

ザイグルは、韓国のメーカーで、他のメーカーの商品にはない独特なデザインの無煙ロースターが魅力です。上部に熱源が付いているタイプの商品を扱うことが特徴のため、上部に熱源が付くタイプの無煙ロースターが欲しいという人はぜひチェックしてほしいメーカーです。

ハーフェレ

可愛らしいデザインが魅力のドイツのメーカー

デザイン性にもこだわって商品を選びたいという人は、ハーフェレの無煙ロースターがおすすめです。ハーフェレはインテリア家具やキッチン用品を扱うドイツのメーカーです。シンプルでありながらおしゃれなハーフェレの無煙ロースターは、棚の中に収納せずに出したままにしていてもキッチンをスッキリと見せることができます。

杉山金属

シンプルなデザインが特徴の国内メーカー

杉山金属とは、新潟に本社を置くキッチン用品メーカーです。杉山金属の無煙ロースターは、シンプルかつ無駄のないデザインのため、誰も簡単に使うことができます。リーズナブルな価格の無煙ロースターを選びたいという人はぜひ杉山金属の商品をチェックしてください。

おすすめ&人気の無煙ロースターランキング

ガス加熱式でおすすめの無煙ロースター

イワタニ‐やきまる (7,007円)

焼き面の温度をコントロールして煙を抑える

プレートを高温化させすぎないことで煙を抑える仕組みの無煙ロースターです。焼き面を約210℃~250℃にコントールしてくれます。プレート部分の穴が開いていたり、溝ができていたりするなど、油をスムーズに落とすことができるのも嬉しいポイントです。

ガスコンロのため直火でお肉を焼くことができるのも魅力。よりお肉本来がもつおいしさを味わうことができます。お肉のおいしさにこだわって無煙ロースターを選びたい人におすすめです。

東方工業‐けむとうなかぁ~ (22,800円)

デザイン性が高い無煙ロースター

下の部分が木製のためデザイン性にも優れている無煙ロースターです。αカーボンという特殊な炭を使うことによって、遠赤外線を強く出すことができます。この遠赤外線が、よりおいしく肉や魚を焼くことができるポイントです。

数々のテレビ番組にも取り上げられるほど人気の商品です。人気商品を試したい人はぜひチェックしてください。収納することなくそのまま出しておいてもインテリアの邪魔をすることがありません。

ニチネン‐遠赤無煙グリル (21,780円)

セラミックバーナーが炭火に負けないおいしさを作る

遠赤外線の効果でおいしく肉を焼くことができる無煙ロースターです。この商品の特徴は熱を加える部分が上部についていることで、油を抑えることができるということです。下部には熱源はありませんが、上部からの電動熱により下からも熱を加えることが可能。

上部からも下部からもムラなく焼くことができるため、おいしい焼き肉を味わうことができます。プレートはフッ素加工が施してあるためお手入れが簡単なのも使いやすいポイントです。洗いやすさを求めている人におすすめします。

東洋‐極小煙セラロースター (32,900円)

独特な模様の網プレートが油をしっかりと落とす

テフロンコーティングがなされた網プレートで、できるだけ肉や野菜を冷めにくく、熱々の状態を保ってくれるのが魅力の商品です。プレートの下に水を入れたトレーを入れることで油が煙になるのを防ぎます。そのプレートもスライドすれば簡単に取り外せるためお手入れも簡単です。

炭火焼きのため、より肉をジューシーに焼くことができます。ぜひ炭火焼きならではのおいしさを楽しんでみてはいかがでしょうか。お肉の焼き方にこだわりたい人におすすめです。

ガス加熱式でおすすめの無煙ロースターの比較表

商品画像



ブランドイワタニ東方工業ニチネン東洋
商品名やきまるけむとうなかぁ~遠赤無煙グリル極小煙セラロースター
価格7,007円22,800円21,780円32,900円
特徴焼き面の温度をコントロールして煙を抑えるデザイン性が高い無煙ロースターセラミックバーナーが炭火に負けないおいしさを作る独特な模様の網プレートが油をしっかりと落とす
サイズ幅30.3×奥行27.8×高さ14.9cm幅25×奥行15×高さ11cm幅27.8×奥行26.7×高さ20cm幅38.9×奥行19.3×高さ13cm
プレート取り外し

電気加熱式でおすすめの無煙ロースター

ザイグル‐ボーイ2スペシャルセット (25,058円)

3種類のプレートであらゆる料理に対応

上部に熱源が付いているタイプの無煙ロースターです。上部に熱源が付いていて油が熱源に当たることがないため、煙が発生しない仕組みになっています。上からじっくりと熱を加えて焼くことができるため、お肉はジューシーな仕上がりに。

波状になっている丸形のプレートをひっくり返すと平らのプレートになっているため、お好み焼きや目玉焼きなどを簡単に焼くことができます。 様々な料理に対応した無煙ロースターなので焼き肉以外も楽しみたい人におすすめです。 1枚で2種類のプレートとなっているため、プレートの数を抑えることができるのもポイント。より場所を取らずにすっきりと収納できます。

ホクリク総業‐消煙グリルヘルシートーク (3,580円)

ハイパワーでジューシーに肉が焼ける

ホットプレートと似たような形のため、誰でも簡単に使うことができる無煙ロースターです。受け皿に水を入れて油を落とすことで煙を出さないような仕組みになっています。35.5×37×10.5cmと家族で使いやすいサイズなのも魅力。

1200Wのハイパワーで肉や魚を焼くことができるのも大きなポイント。うまみをしっかりと閉じ込めておいしく焼き上げることができます。パワーにこだわって無煙ロースターを選びたいという人は、ぜひこちらの商品をチェックしてください。

エムケー精工‐ヘルシーグリル (12,800円)

回転可能なヒーターでお手入れがしやすい

スタイリッシュなデザインが特徴的な無煙ロースターです。赤外線直下焼きのため、炭火焼きのようなおいしさを味わうことができます。よりおいしさにこだわって無煙ロースターを選びたいという人におすすめの商品です。

この商品の大きな特徴は、上からも下からも熱を加えることができるという点です。また、プレートを簡単に回すことができるため、焼きムラを防ぐのもポイント。上部にある加熱部は45度まで回転することができるためお手入れをするときに簡単に洗えます。

ザイグル‐ザイグルボーイ (22,000円)

カーボンヒーターで上部から加熱する

上部についている熱源を上下に動かすことができるため、強火、弱火などの調節を簡単にすることができる商品です。プレート自体に仕切りが付いていて材料を分けて焼くことができます。お肉と野菜を一緒に焼きたい場合など様々な食材を一度に楽しみたいという人におすすめ。

別売りのハーフプラットを使用すれば、半分は波状のプレート、半分は平面のプレートといった使い方も。一度に違う料理を作ることができます。焼き肉だけでなく複数の料理をその場に応じて楽しみたいという人はぜひこちらの商品をチェックしてください。

ピーコック‐電気焼肉器 (7,129円)

家族で使いやすい薄型無煙ロースター

ホットプレートのような形をした誰もが使いやすい形の無煙ロースターです。プレートに穴が開いていて油を落とすことができるため煙を少なくできるという仕組み。プレート部分は家族で使える大きなサイズですが薄型のため収納場所に困らないのも魅力です。

プレート部分は取り外して洗うことができるのも魅力。焦げや汚れを落としやすくお手入れが簡単です。お手入れのしやすさを重視したい人にもぜひおすすめします。

スターライフ‐スモークフリーグリル (12,078円)

温度調節がしやすいのが魅力

ダイヤルを回すだけで簡単に温度調節をすることができるため、食材に合わせて最適な温度で焼くことが可能です。低温で置いておくことで焦げを防ぐこともできます。水に油を落とすことで煙を少なくできる仕組みです。

コンパクトサイズのため、2~3人程度の使用がおすすめです。ノンスティック加工という、テフロン加工と同様に汚れやこびりつきを防いでくれる加工がしてあるためお手入れも楽に行えます。少人数で楽しみたい人におすすめです。

電気加熱式でおすすめの無煙ロースター

商品画像





ブランドザイグルホクリク
総業
エムケー
精工
ザイグルピーコックスターライフ
商品名ボーイ2スペシャルセット消煙グリルヘルシートークヘルシーグリルザイグルボーイ電気焼肉器スモークフリーグリル
価格25,058円3,580円 12,800円22,000円 7,129円 12,078円
特徴3種類のプレートであらゆる料理に対応ハイパワーでジューシーに肉が焼ける回転可能なヒーターでお手入れがしやすいカーボンヒーターで上部から加熱する家族で使いやすい薄型無煙ロースター温度調節がしやすいのが魅力
サイズ幅37×奥行44×高さ36cm幅35.5×奥行37×高さ10.5cm幅36×奥44.5×高さ30.5cm幅40×奥行40×高さ34.5cm幅46×奥行30.8×高さ7.9cm
プレート取り外し

一人暮らしにおすすめの無煙ロースター

ホクリク総業‐コンパクトグリルちょこちょこ焼き (3,580円)

コンパクトサイズで1人暮らしにぴったり

36×24.5×10.5cmとコンパクトサイズですが強いパワーでしっかりと肉や魚を焼くことができる無煙ロースターです。プレートは穴が開いていて、余分な油を下の受け皿に落とすことができます。その受け皿の中に水を入れると油が落ちても煙が出ない仕組みになっています。

焼き肉以外でも様々な使い方ができるのも魅力的なポイントです。1人暮らしだと、総菜を買ってきて食べることも多いのではないでしょうか。フライや唐揚げを温めることもできるため、サクサクのおいしい揚げ物を楽しむことができます。

ハーフェレ‐ ロータスグリル (21,120円)

電池タイプでどこでも使いやすい

ガスコンロタイプでもなく、電源に繋げるタイプでもない電池で使用する無煙ロースターです。ガスコンロを使用するのは怖いという人はぜひ使ってみてください。屋外でも屋内でも気軽に焼き肉を楽しめます。

35×36.8×23.4cmと1人でも簡単に扱うことができるサイズも魅力です。キャリーケース付きでほこりを避けることができ、収納しやすいので使わない時は邪魔にならず置いておけます。省スペースで収納したい人におすすめの無煙ロースターです。

長谷園‐やきやきさん 小 (11,000円)

グリル部分だけの無煙ロースター

ガスコンロの上に置いて使用するタイプの商品です。ガスコンロとグリル部分が別々になっているため、ガスコンロを別の用途でも使用することができます。コンロ部分が付いていない分すっきりと収納することができるのも魅力。

大きいサイズと小さいサイズの2種類がありますがこちらは小さいサイズのため1人暮らしの人でも扱いやすいのが嬉しいポイント。1人でも煙を抑えつつ簡単に焼き肉を楽しむことができます。ガスコンロを他の用途で使いたい人におすすめです。

一人暮らしにおすすめの無煙ロースター

商品画像


ブランドホクリク総業ハーフェレ長谷園
商品名コンパクトグリルちょこちょこ焼きロータスグリルやきやきさん 小
価格 3,580円21,120円 11,000円
特徴コンパクトサイズで1人暮らしにぴったり電池タイプでどこでも使いやすいグリル部分だけの無煙ロースター
サイズ幅36×奥行24.5×高さ10.5cm幅35×奥行36.8×高さ23.4cm幅27.5×奥行27.5×高さ10.5cm
プレート取り外し

まとめ

使用人数に合ったサイズ感でお手入れしやすいものを

無煙ロースターの選び方とおすすめの商品をご紹介してきました。何人で楽しむ予定なのか、電気加熱式かガス加熱式か、お手入れ方法はどうなっているかなどチェックするポイントはたくさんあります。より自分に合った無煙ロースターを選ぶ際には必要なポイントなので事前に確認の上選ぶのが大切です。海外の製品、日本の製品問わず様々なメーカーが優秀な無煙ロースターを発売しています。ぜひ多くの商品を比べてみて最適な商品を手に入れてください。

無煙ロースターに関するQ&A

魚を焼くのにおすすめの無煙ロースターは?

無煙ロースターをグリルがわりに使って魚も焼く場合は、横幅が大きめの無煙ロースターを選びましょう。アジやししゃもなど小ぶりな魚の場合20cmくらいの長さがあるものがおすすめ。サンマなど長さのある魚をまるごと焼く場合は横幅30cm前後の無煙ロースターを選ぶとよいでしょう。円形よりもスクエアタイプの方が使いやすく、余分な油を落とせる網が付いていると便利です。

炭火焼きの美味しさを再現できる無煙ロースターは?

炭火焼きが美味しい理由は、炭火が強い赤外線を発しているから。赤外線は素材の中まで熱が届きやすいため、ジューシーな焼き上がりになります。味にこだわりたい場合は、電気ヒーターではなく赤外線を放射して焼くタイプの無煙ロースターがおすすめですよ。肉だけでなく、魚の旨味や野菜の甘みもしっかりと引き立ててくれます。

無煙ロースターにガスボンベはどのくらい必要?

無煙ロースターのガス消費量によって多少異なりますが、強火で使用した場合約1時間ほど連続使用が可能です。実際には強火で使い続けることはまれで火力を落とす場面も多いので、3時間くらいは使い続けられるでしょう。使用する時間や頻度に合わせて、あらかじめ必要量のガスボンベを買い足しておくと安心です。

無煙ロースターで美味しく焼くコツは?

カルビやロースなどの赤身肉は、表面に焦げ目がつくくらいしっかりと焼いてから、火力の弱い場所で中まで火を通しましょう。ホルモンは傷みやすい部位なので特にしっかりと火を通します。逆にタンやレバーは焼きすぎると固くなってしまうので、中まで火が通らないうちに引き上げましょう。野菜は、焼く前に表面にオリーブ油を塗ると水分が蒸発しにくいですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*