2021おすすめの電気フライヤー人気ランキング!【洗いやすい】

揚げ物調理をしたときに気になるのが、油ハネや服や髪につく油のニオイではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが、油のニオイが気にならないノンオイルタイプの電気フライヤーです。また、 卓上でみんなでワイワイ言いながら、串揚げを楽しめる卓上型電気フライヤーもおすすめです。電気フライヤーは、一人用のコンパクトなタイプや家族で楽しめる大型サイズなど種類は様々。今回は、そんな電気フライヤーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説していきます。使いやすい電気フライヤーの購入を考えている人はぜひ、この記事を参考にしてくださいね。

電気フライヤーとは?

電気を使って揚げ物料理を楽しめる調理器具

スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。

電気フライヤーとはその名の通り、電気の力で揚げ物をおこなう調理家電のことです。火力を用いて行うよりも、温度調節がしやすく一定の温度を保つことができます。電気フライヤーにはオイルタイプとノンオイルタイプの2種類があり、どちらのタイプも火力で油調理を行うより手間が少ないのがメリットです。

電気フライヤーのメリット

調理温度を簡単に設定できるので揚げ物が失敗しにくい

てんぷらやかき揚げなど、メニューによって違う油の温度を適温に保つことができるのが電気フライヤーのメリット。高温でカラッと揚げたい時、低温でゆっくりじっくり揚げたい時などお好みのに合わせて調整することができます。 タイマー機能がついているものも多く、他の調理をしながら同時に行うことも出来るようになりました。

火を使わないので食卓を囲んで揚げ物が楽しめる

ガスでの油調理に比べて、電気フライヤーは引火の可能性がグンと低くなります。その性質から安全を考慮しながら食卓での調理も可能。近年では卓上用として開発された串カツ用フライヤーなどもあります。揚げたてをそのままテーブルで楽しむことができるでしょう。

オイルポットとしても使うことが可能

特にオイルタイプの電気フライヤーは、油処理が面倒なことも。一か月に何度も揚げ物をする機会がある方は、電気フライヤーにそのまま油を入れてオイルポット代わりに使うことも可能です。揚げ物のカスをしっかり取り除いておけば、そのまま電源をいれて繰り返し使えます。油をより綺麗に保ちたい人は、ろ過機のついたオイルポットを使うと良いでしょう。

電気フライヤーのデメリット

ものによっては油を多く使用する

一定の容量の油を入れることで、温度センサーが反応し温度調節が可能な電気フライヤー。たとえ少量の揚げ物でも、大量の油を使って調理をする必要があります。最低限必要な油の量は、各製品違うので購入の際にチェックすることをおすすめします。

残った油を処理するのが大変

大量に油を入れる電気フライヤーの場合に気になるのが、使用済みの油の処理ではないでしょうか。どんな油処理ができるのか事前にチェックしておくことや、油処理剤の併用することもおすすめします。また、油処理が不要なノンオイルタイプの電気フライヤーを選択することも出来るでしょう。

電気フライヤーの種類 ・使い方

オイル使用タイプ

油の温度を調整しやすく焦げにくい揚げ物メインのフライヤー

普段行っている揚げ物調理をより快適に楽しみたいなら、オイル使用タイプの電気フライヤーがおすすめ。今までの油調理とあまり勝手は変わらないので、初心者でも使いやすいでしょう。電気で温度を調節することができるので、今まで以上に簡単に美味しい揚げ物が出来上がります。

1人用のコンパクトなフライヤーでも2L以上の油が必要になるので、その点は注意しましょう。あらかじめ、最低容量を確認して購入することをおすすめします。また、唐揚げやフライドポテトなども揚げやすいバスケット付きのものを選べば、快適に揚げることができます。

ノンオイルタイプ

熱を循環させるコンベクション方式のフライヤー

中性脂肪が気になる人や、ヘルシー料理を心がけたい人におすすめなのがノンオイルタイプのフライヤーです。高温の熱風を本体に循環させて調理できるので、食材の持つ油で調理ができます。油分のない食材を揚げる際も、スプレーなどでシュッと吹きかけるだけ。

通常のオイルタイプよりも、最大99%のオイルカット調理が実現できます。またノンオイルタイプの電気フライヤーは機能面でも優れたものばかり。熱風で食材を温める機能を応用した炒め物料理や煮込み料理も電気フライヤーで叶えることができます。

電気フライヤーの選び方

容量に合わせて選ぶ

卓上用として使うなら1L前後の容量が使いやすい

電気フライヤーには、コンパクトサイズのものから大容量サイズまで様々な種類があります。毎日のお弁当作りや、1人分の油調理をおこなう場合は1Lから2Lほどのコンパクトサイズの電気フライヤーを選びましょう。また串揚げを卓上で行う時も、コンパクトならテーブルの上で邪魔にならないのでおすすめです。人数や揚げたい食材の大きさ、頻度に合わせて選ぶことをおすすめします。

大容量タイプは加熱時間も考慮して

電気フライヤーを使う際に考慮したいのが、大容量タイプゆえの注意点です。たとえば大容量タイプは、少量の揚げ物で済む場合も油全体を温める必要があるので加熱に時間がかかります。また、消費電力もその分高くなるので注意が必要です。購入の際には、電気代や効率を考慮して選ぶようにしましょう。油調理をする頻度が少ないなら、小さいサイズでも充分かもしれません。

便利な機能で選ぶ

温度調節機能は5度~10度刻みで設定できるとレシピの幅が広がる

電気フライヤーは大まかな温度調節ができるものと、5度刻みで細かく温度調節ができるものがあります。低価格のタイプは、大まかな温度設定のみのものが中心です。細かい温度調節で、食材ごとに温度調節にこだわりたいという人は高機能電気フライヤーを選びましょう。高機能製品はその分価格も高くなりますが、揚げ物が苦手の人は細かく調節できるものは失敗が少なく調理が可能です。

サーモスタット機能搭載なら一定の温度を保って高温になるのを防ぐ

電気フライヤーを選ぶ際には、安全機能にも注意して選びましょう。特に小さなお子さんやペットがいる家庭では、事故が起きないよう注意して選ぶことは大切です。油が高温になるのを防ぎ、一定の温度でそれ以上の加熱をストップさせるサーモスタット機能は安心。コードに引っかけてもすぐにプラグが外れてフライヤーの転倒を防ぐマグネットプラグもおすすめです。

タイマー機能搭載ならながら作業や切り忘れ防止に役立つ

長時間の加熱は、油の温度の上がりすぎて油が劣化する原因に。その点タイマー機能があれば、揚げ物が焦げるのを防ぐことができます。また万が一消し忘れても自動で電源が消えるので安心です。タイマー機能があるものは、アラームでお知らせするものがおすすめ。ながら作業しているときも調理の終わりがすぐわかります。安全機能の有無によって価格も変動しますが、より安全に使用するためには加えておきたい機能といえるでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

蓋をしたまま調理できると油はねや汚れが周りにつきにくい

揚げているときに蓋ができるタイプは、油ハネが起きにくくテーブルや食器に汚れが付着するのを避けることができます。 テーブルや壁紙が汚れないので、お手入れが簡単に済むでしょう。 ニオイが洋服や髪につくことも防げ、不快感を感じず調理ができます。蓋が透明のものは視認性が高く、調理中の食材の様子をしっかり確認することができるので便利です。

内釜が取り外せると丸洗いが可能

特に大容量タイプの電気フライヤーを購入するときには、洗いやすい設計のものを選ぶといつでも清潔に保てます。本体内部のバスケットや内鍋が外して洗えるものは洗浄がしやすいのでおすすめ。内鍋がフッ素加工が施されているものは、汚れが付着しにくくお手入れが簡単になります。汚れてもひと拭きできれいになるステンレス製もおすすめです。

電気フライヤーのおすすめブランド・メーカー

象印

生活家電を幅広く取り扱う調理家電のパイオニア

1918年の創業以降、電気ポットをはじめとした調理家電を幅広く開発。炊飯器やポットなど、調理後の温度を一定に保つ製品を数多く輩出しています、中でも象印の電気フライヤーは発売から10年経っても、廃れることのないロングセラーモデルとなっています。

フィリップス

ヘルスケアから調理家電まで生活に関わる家電を発信

どの家電もスタイリッシュなデザインに凝っていて、デザイン性が高いものが多いフィリップス。社内に多くのデザイナーを持つことで、フィリップスの家電すべてのテーマを統一させています。フィリップスの電気フライヤーは、油を使わないヘルシーなノンオイルタイプと空間をおしゃれに演出するデザイン性を両立させています。

山善

低下価格でシンプルな機能と使いやすさの家電が揃う

無駄のないシンプルなデザインと、オーソドックスな機能性で低価格化を実現させた山善。串揚げをおこなうのに特化した製品や、フタを裏返して油切りに出来るタイプなどシンプルながらも必要性を賄う機能がついているので安心。面倒な揚げ物の片付けも簡単に叶うフッ素加工の鍋を採用しています。

タイガー

主婦のこれがあったらいいを叶えた使いやすさが魅力

キッチンで使う調理器具を数多く輩出し、日本の食卓になくてはならない存在になっているタイガー。同ブランド発の電気フライヤーは、スタイリッシュでおしゃれな外観が魅力です。部屋のどこでも使いやすいよう3mのプラグや、内釜を取り外して丸洗いができるなど、忙しい主婦に喜んでもらえる機能が揃っています。

VPCOK

1台4役の多彩な高機能が魅力のネットショップ発のフライヤー

余計な油をしっかりカットして食材をカリッと仕上げるおすすめのフライヤー。VPCOKのパワーマジックフライヤーXLは、お惣菜や冷凍食品の温めにも特化した製品。余計な油はしっかりカットしますが、肉汁や歯ごたえなどに必要な脂は残すのでジューシーに仕上がります。油を使わないノンオイルタイプで後片付けも簡単です。

おすすめ&人気の電気フライヤーランキング

一人暮らしにおすすめの電気フライヤー

クイジナート-電気フライヤー(6,980円)

取り外しできるフタつきで油ハネを防ぐのでお手入れも簡単

90度から最大190度までの油調理ができる電気フライヤーです。バスケット付きなので大容量の揚げ物も一気に揚げることができます。幅は28.5cm、高さ19.5cmとテーブルでも場所をとらないコンパクトサイズなのもポイント。

卓上で揚げ物パーティするのにもおすすめのシルバーボディで、テーブルをおしゃれに彩ります。小型でコンパクトなボディは収納場所にも困りません。普段遣いはもちろん、使わない時も邪魔にならずに収納できます。

recolte-エアオーブン(9,900円)

容量2.8Lで1人分もみんな集まるパーティにも順応できる

大型ファンが最大200度の熱風を高速循環で送り込み、油を使わず調理を開始。この熱風が食材を最大360度まで包み込んでカラッと揚げることが可能になります。食材の油は内網の下におちるので、油を使わないだけでもヘルシーなのにさらにオイルカットでヘルシーに仕上げます。

また簡単操作でオーブンとしても使えるのが嬉しいですね。揚げ物以外も楽しめるのでロースト、グリル、ベイク、温めなおしなど調理をさらに楽しめます。2.8Lの容量を持ちながら、コンパクトサイズを実現。縦27cmと横21.2cmでA4サイズに収まります。

Licom-レトロ調熱風フライヤー(11,980円)

キッチンに置いてもおしゃれに決まるレトロデザインが魅力

レトロ調のスリムデザインで、スッキリ収納がしやすいフライヤー。横幅は196mmと場所を選ばず収納できます。おしゃれなデザインでも、申し分のない高機能が魅力。熱風で余分な油を落としながら調理するのでヘルシー調理が叶います。

付属の焼き網には、串も付いておりカラッと食材を揚げるのに役立ちます。付属のプレートの置き方を選べば、素材や料理の幅を広げながら調理を行うことができるでしょう。熱風フライヤーを最大限活用するためのレシピブック付きで、製品を最大限に活用することができます。

ROOMMATE-ゼロフライヤーミニ(3,990円)

オールホワイトでインテリアの一部としてもおしゃれに決まる

清潔感のあるオールホワイトの単色カラーが魅力のミニフライヤー。5,000円以内で購入できるノンオイルタイプのフライヤーです。本体上部の加熱ヒーターとファンで熱風を庫内に循環できます。低価格のノンオイルフライヤーを購入したい人におすすめ。

タイマーと温度設計の2つのダイヤル付きで操作も簡単。 本体上部には取っ手も搭載されているので、 片手で持ち運びが簡単に叶います。フライバスケット、バスケットパンは取り外して洗浄できるので、いつでも清潔に使用できます。

家族でおすすめの電気フライヤー

フィリップス-ノンフライ電気フライヤー(51,942円)

購入者の約90%以上が満足した人気のフライヤー

鮮やかなレッドカラーがキッチンで存在感を放つおしゃれなデザインが魅力。本体内部の底にあるヒトデ型のスターフィッシュデザインが、熱と空気を対流を促し均一に加熱します。最高約200度の熱風が上から下へと高速で循環させるので、油なしでもサクッとした仕上がりが実現します。

付属のダブルレイヤーを使えば、2段に分けて調理も可能。一度にたくさんの量を調理することができます。揚げ物以外の料理にも使えるノンフライヤーで料理の幅はより一層広がるでしょう。気軽に毎日使えるようお手入れが楽な構造もポイントです。

vpcok-ノンオイルフライヤー(11,999円)

家族みんなの鶏肉もらくらく調理ができる大容量サイズのフライヤー

油の調理をいっぺんに終わらせたい、そんな家庭におすすめしたい大容量サイズのフライヤー。3人から4人分の調理が一回で出来るので、家事の時短にもつながります。操作しやすいタッチパネルと表示で温度と時間を確認しやすいのもポイントです。

ディスプレイはLCDになっており、暗いところでも認識しやすい視認性が魅力。操作性も抜群なので、押し間違いを防止します。本体底面には、特殊な山を作ることで熱風の循環を促進、より効率的にノンオイル調理を行います。

象印-電気フライヤーあげあげ(6,380円)

19cmの海老も丸ごと入る大きめサイズのフライヤー

メタリックカカオカラーが美しいシャープなデザインの電気フライヤーです。最大電力は1000Wと、油の温度を160度から200度で調理が可能。ハイパワーで短時間で揚げるので出来上がりもカラッと美味しく仕上がります。

本体内部はフッ素樹脂加工が施され、焦げ付きや汚れが付きにくいのもポイント。お手入れがしやすくなっています。内部素材にはアルミニウム合金ダイカストを採用。熱伝導が高くスピーディーかつ簡単に揚げ物料理が楽しめることでしょう。

ikich-ELLESYE電気フライヤー

脂肪分最大83%カットの油で揚げないノンオイルタイプ

3.5Lの超大容量で、家族みんなの揚げ物が一気に出来上がります。内部は急速な熱風循環技術を採用し、たくさん入れても均等に加熱ができるのがポイント。目を離したすきに焦げてしまったという失敗もありません。0分から最大60分のタイマーも設定できほったらかし調理も可能です。

フライドポテトや肉やお菓子など計18種類のレシピメニューを掲載。レシピを参考にしながら食材やメニューに合わせて温度や時間をセットできます。バスケットとバスケットパンは分離して洗浄も可能。食洗器にも対応しており便利です。

山善-電気フライヤー (5,290円)

卓上で家族みんなで揚げ物が楽しめる電気フライヤー

揚げ物と串揚げが卓上で楽しめるおすすめのフライヤー。油の温度を一定に保ちながら、揚げ物を楽しめます。フライヤー内部は二層に分かれているのもポイント。仕切りには串揚げをしたときに、串が油に落ちないよう串ホルダーがついています。

また蓋を裏返して湯切り網をセットすれば湯切り網にも。フライドポテトや唐揚げを余すことなく一気に揚げられるバスケットもついています。子どもがコードを引っかけても安全なマグネットプラグ付き。5,000円台で快適な揚げ物を楽しめる高コスパ製品です。

ティファール-電気フライヤー(34,220円)

透明の蓋で中身が確認しやすい

熱風を攪拌させる羽が食材に均一に熱を当て、調理する自動攪拌調理が搭載。この技術はティファールの特許となり最大99%のオイルカットを可能にします。この羽の機能は、炒め物や煮込み料理にも応用出来て便利。羽を早く回せば炒め物やチャーハン作りが可能です。

羽をゆっくり回せば、熱風をゆっくり当てながらカレーやビーフストロガノフなどの煮込み料理も美味しく仕上がります。食材を入れてスタートボタンを押せば、自動で調理が開始されるので簡単です。透明の蓋で調理の状態が確認出来て安心。

丸洗いできるおすすめの電気フライヤー

ショップジャパン-ノンフライヤーカラーラ(29,040円)

バスケットをサッと丸洗いするだけでお手入れ完了

届いたその日から、揚げ物ライフが始められる嬉しいセット機能が魅力です。串付き2段ラックと、丸型鍋、セラミックナイフ、レシピブックもついた充実のセット。 バスケット内にあるウインドキャッチャーが理想的な熱流を作り出し、食材全体をムラなく加熱し旨味をしっかり閉じ込めます。

その仕組みで食材の表面に膜を作り、旨味を閉じ込めることで時間が経っても揚げたてのような満足感をキープ。付属の丸型鍋は蒸し料理や煮物、ケーキ作りも可能。料理の幅がより一層広がります。安心の2年保証付きです。

タイガー電気フライヤーはやあげ(6,600円)

見た目もスタイリッシュでインテリアにもよく馴染む

スタイリッシュな鍋の形のフライヤーは、初心者でも使いやすい形状。まるで火にかけているかのような調理ができます。どの位置からでも揚げやすいデザインは、テーブルの真ん中に置いてみんなで揚げ物を楽しむのにも向いています。

本体の底面がヒーターになっており、熱が均一に油全体に伝わる仕組み。鍋内部は外して丸洗い可能、フッ素加工が施されているので手洗いが簡単に叶います。コードはゆとりの3m、引っかけても安心なマグネットプラグという安全設計も安心して使用できるポイントでしょう。

まとめ

使う人数と頻度に合わせた電気フライヤーがおすすめ

電気フライヤーを選ぶうえでこだわりたいポイントは、使う人数と使用頻度に合わせて選ぶことです。少人数で使うことが多く、使用頻度が少ないならコンパクトで整理整頓しやすいサイズがおすすめです。一方家族の人数が多く、使用頻度が多いなら大容量タイプを選びましょう。油の処理が面倒で、ヘルシーに調理がしたいという人はノンオイルタイプという選択肢もあります。今回は電気フライヤーについて人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも油調理を一層快適にする電気フライヤーを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*