2021おすすめのサイクリング用メッセンジャーバッグ人気ランキング!【普段使いも】

街でよく目にするサイクリング用メッセンジャーバッグ。肩掛けで両手が空くので、自転車に乗るときに使いやすい人気のアイテムです。最近では、普段使いもできるおしゃれなサイクリング用メッセンジャーバッグが多数販売されています。今回は、サイクリング用メッセンジャーバッグのおすすめについて詳しく紹介します。安定して背負えるバッグを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サイクリング用メッセンジャーバッグの特徴

体にフィットするので安全に走行できる

メッセンジャーバッグとは、自転車に乗る人用に作られた肩掛けで使用するバッグ。ベルトを締めて背中にぴったりと巻き付くように背負えるのが特徴です。サイクリング用メッセンジャーバッグは、ズレ防止機能も備わっていることが多く、体にフィットして安定した走行ができます。

荷物の出し入れがスムーズに行えるよう開口部が広く作られている

普通のショルダーバッグとの違いは、開口部の広さ。サイクリング用メッセンジャーバッグは、開口部が広く開くものが多いので、荷物の出し入れがしやすいことも特徴です。仕切りの付いていないものも多いですが、本などの大きなものでも出し入れがしやすくて便利です。

サイクリング用メッセンジャーバッグの選び方

素材で選ぶ

通勤や通学に使うなら耐久性に優れたコーデュラナイロンや厚手の素材を

毎日使う学生や会社員の方には、耐久性の高い素材がおすすめです。ノートや教科書をたくさん入れても、破れる心配のないコーデュラナイロンなどの厚手の素材を選びましょう。コーデュラナイロンは、非常に丈夫で防水機能も持つメッセンジャーバッグに最適な素材。サイクリング用メッセンジャーバッグによく使用されているので、探すのに苦労はしないでしょう。

ラミネート加工が施された素材なら雨の日でも安心して使用できる

雨の日のサイクリングは、バッグだけでなく中身まで濡れてしまいそうで心配。そんなときには、ラミネート加工が施された素材がおすすめです。表面だけでなく、縫い目が濡れないか、また止水ファスナーがあるかどうかも確認しておきましょう。モバイル機器を入れるなら、ポケットの防水加工がされているかどうかもチェックしておきましょう。

ターポリン素材が使われていると汚れても水拭きで綺麗になる

ターポリンは、テントや横断幕に使われるビニール製の素材。雨に強いので屋外で使われることが多く、色落ちがないことも特徴です。しっかりと汗や雨から荷物を守りたいなら、ターポリン素材が使われているものを選びましょう。汚れても、固く絞ったタオルや雑巾でさっと水拭きするだけで綺麗な状態に戻るので、お手入れも簡単です。

使い方に合わせてサイズを選ぶ

普段使いなら5Lほどのサイズで快適に使用できる

スマホや財布、ペットボトルを入れておく程度なら、5L程度のサイズがあれば快適に使えます。あらかじめ何をバッグに入れるのかイメージしてからサイズを選ぶと、選びやすいでしょう。あまり大きすぎず背中に背負っても違和感のない5Lほどのサイズなら、大きな書類は入りませんが軽快な走りが楽しめます。

マチ幅が10cm以上あると見た目以上に収納力が高い

縦や横のサイズが小さくても、広めのマチが付いているものは収納力が抜群です。幅が広く小さく見えてもたくさんの荷物が入るので、荷物が増えてしまいがちな方におすすめ。 薄手のウインドブレーカーなど、入りにくい荷物も入れたいなら、マチ幅が10cm以上あるものを選びましょう。マチ幅が広いと中の物が見えやすく、探しているものが見つかりやすくなるというメリットもあります。

書類やノートを入れるならA4サイズが入るかもチェック

たくさん参考書や教科書を入れて持ち歩く学生や仕事で書類を多く使う方は 、A4サイズが入るかどうかもチェックしておきましょう。A4ファイルが入るものなら、容量が大きく水筒もすっぽり入ります。ただ、たくさん荷物を入れると肩紐が食い込んでしまうこともあるので、肩紐に痛み軽減のパッドが付いているものをおすすめします。

バッグのベルトで選ぶ

クロスストラップ付きなら走行中も邪魔にならない

サイクリング用メッセンジャーバッグが、いつの間にか前に回ってきてしまって不快な思いをしたことはありませんか?クロスストラップは、そんな状態を未然に防ぐことができます。クロスストラップは、肩掛けした斜めの肩ベルトに、肩ベルトをしていない方の脇の下から通したベルトで前で固定できるもの。バッグを後ろで安定させたい方は、クロスストラップ付きを選びましょう。

ショルダーベルトの長さを片手で操作できると使いやすい

普段はショルダーベルトを緩めて使い、自転車に乗るときにはショルダーベルトを締めたい方も多いでしょう。しかし、自転車を持ちながらベルトを締めるのは一苦労です。そんなとき、片手で操作できるものなら、さっとベルトの長さを調整してすぐに自転車に乗れます。より使いやすいものを探しているなら、片手でベルトの調整ができるものが便利です。

サイクリング用メッセンジャーバッグのおすすめブランド・メーカー

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

カジュアルで使いやすいデザインが人気

マンハッタンの街並みをイメージさせる赤いロゴが印象的な米国発のメーカーです。バックルを使用したものなど、実用的なメッセンジャーバッグが、日本でも人気。カジュアルで使いやすいイメージのものが多いです。

Timbuk2(ティンバックツー)

耐久性と防水性にこだわりを見せるメーカー

耐久性の高いメッセンジャーバッグを多く販売する米国のメーカーです。 頑丈な素材で中の荷物をしっかりと守ります。防水機能にもこだわりを見せ、ファスナーまで徹底的に水の侵入を防ぐものも販売しています。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

カジュアルでおしゃれなメッセンジャーバッグを取り揃える

カジュアルなシーンに大活躍するアウトドアアイテムを取りそろえる米国のメーカーです。耐水性の高い素材を利用した、おしゃれなメッセンジャーバッグを提供しています。バックルを利用した取り出しやすいバッグが揃っています。

ORTLIEB(オルトリーブ)

ユニークな近未来的デザインが魅力

ドイツの鞄メーカーで、サイクリング用のアイテムを数多く取り揃えています。スタイリッシュでスポーティーなデザインが多く、独自の防水ジッパーを使用していることが特徴です。他のメーカーでは見られない近未来的なデザインは斬新です。

おすすめ&人気のサイクリング用メッセンジャーバッグランキング

メンズにおすすめのメッセンジャーバッグ

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ) – マンハッタン ポーテージ メッセンジャーバッグ  ( 12,650円 )

さりげなくおしゃれで使いやすいメッセンジャーバッグ

14cmの幅広マチの付いたおしゃれなサイクリング用メッセンジャーバッグです。落ち着いたブラックをベースに、赤のアクセントが効いたデザインがさりげないおしゃれを演出。繊細な刺繍デザインですが、中を開けると鮮やかな赤が使われているところも素敵です。

おしゃれなだけでなく、機能的にも優れたモデルです。メッセンジャーバッグとしては珍しく、フラップ上部に小さなポケットが付いているので、スマホなどよく取り出す小物を入れておけます。バックル式でマジックテープのように劣化しないのもうれしいですね。

Timbuk2(ティンバックツー) –Especial Primo Waterproof Messenger Bag ( 19,635円 )

ドライバーから見えやすく夜の走行も安心

夜間でも快適な走行ができるサイクリング用メッセンジャーバッグです。縁とマーカー部分にはリフレクターが付いているので、夜でも他の走行者やドライバーから見えやすくなっています。継ぎ目がなく大きなリフレクターが付けられているため、夜の走行でも安心です。

継ぎ目がないことは、防水性を高めることにもつながっています。継ぎ目から水が浸入することがないので、雨の日でも安心。背中部分のジッパーポケットも防水になっているので、スマホや音楽機器を入れても大丈夫です。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) –ヘックスメッセンジャーM ( 13,365円 )

大容量で体にぴったりフィット

容量20Lの荷物がたっぷり入るサイクリング用メッセンジャーバッグです。約15インチまでのノートパソコンをしまえる容量があり、マチが12.5cmあるのでたくさんの荷物が入ります。丈夫なアルミフックで留められるので、中身が飛び出して落ちてしまう心配もありません。

ショルダーベルトが片手で調整できることも大きな魅力。自転車に乗りながら、体にフィットしやすいように長さを自由に変えることができます。素材は耐水性が高く、シンプルで飽きのこないデザインなので、長く愛用できるでしょう。

吉田カバンポーター ショルダー ポーター テラ ( 21,450円 )

たくさんの荷物をコンパクトに収納

カジュアルなシーンで大活躍してくれるサイクリング用メッセンジャーバッグです。撥水性のある生地は、軽量で使いやすさが抜群。内装にも撥水加工されたコーデュラナイロンリップストップ生地を使い、ペットボトルの水がこぼれても安心です。

小さく見えて大容量なことも特徴のひとつ。メインコンパートメントにはA4ファイルが入り、マチ幅は13cmあります。また、フロントポケットにもマチが付いており、小物もたっぷりとしまうことができます。

Timbuk2(ティンバックツー) -クラシックメッセンジャー  ( 8,748円 )

収納力と耐久性の高さが魅力のメッセンジャーバッグ

収納力の高いサイクリング用メッセンジャーバッグです。メインポケットは、A4ファイルはもちろん、B4ファイルや15インチのノートパソコンが入る大容量。さらに内部にペットボトルやサングラスなどが入るポケットや小物収容スペースが付いていて、綺麗に収納できます。

長く使ってもへたれにくいことも特徴。表面の生地には耐久性のある生地を使用し、裏地は防水性のある生地を使用しています。これなら、使った折りたたみ傘をしまって、多少濡れてしまっても大丈夫ですね。

レディースにおすすめのサイクリング用メッセンジャーバッグ

CHROME(クローム) – MINI METRO ミニメトロ メッセンジャーバッグ  ( 15,400円 )

大きいのにこなれ感のあるデザインが魅力

耐久性とデザイン性に優れたサイクリング用メッセンジャーバッグです。外側には丈夫な1,000デニールコーデュラを使い、こすれても破れる心配はなし。ベルトにはシートベルトに使われる強度のある素材を使用し、重い荷物も支えてくれます。

17インチのノートパソコンも入る大容量なので、たくさん荷物を持ち歩きたい方におすすめ。肩ベルトの幅も広く肩が痛くならないので、女性でも無理なく背負うことができます。大き目ですが、斜めがけしてもおしゃれなデザインなので街歩きにも最適です。

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ) – ナイロンメッセンジャーバッグ  ( 7,216円 )

実用性の高いメッセンジャーバッグは普段使いにも

使い勝手の良いサイクリングにおすすめのメッセンジャーバッグです。メッセンジャーバッグは、バッグをいちいち下ろして中身を出すのが面倒なもの。マジックテープ式のものなら、肩にかけたままでも簡単に中身を開けられます。

内側にポケットが1個のみなので中身がバラつきますが、マチが15cmもあるので、大きなものを入れるのにも便利。ウインドブレーカーなど、ちょっと肌寒いときに着る上着を入れて持ち歩くのも良いですね。普段使いもできるシンプルでおしゃれなデザインです。

ZERO CRASH(ゼロクラッシュ)メッセンジャーバッグ (金額)

今日の気分で紐のカラーを選んで

紐の色が選べる、新しいアプローチのサイクリング用メッセンジャーバッグです。10色の紐が付いていて、その日の気分に合わせて違う色のバッグを持ち歩くことができます。本体のカラーが選べるものはありますが、紐の色で違いを表現できるものは珍しいですね。

紐の色が選べるだけでなく、機能性が高いところも魅力。たくさんのポケットがあり、それぞれに小物を分けて入れることができるので取り出しやすいです。また、1,050デニールのコーデュラナイロンを使用していることが、水に強く頑丈で長く愛用できる理由です。

ルコックスポルティフサイクリング メッセンジャーバッグ  ( 2,000円 )

蒸れにくく疲れにくいメッセンジャーバッグ

英字のブランドロゴが爽やかな印象のサイクリング用メッセンジャーバッグは、長めのサイクリングに最適。ショルダーベルトと背面パネルがメッシュなので、長く背負っていても背中が蒸れません。また、クッション性のあるメッシュ生地を使っているので、体が痛くなることもありません。

使い勝手の良いメッセンジャーバッグは、ちょっとしたお買い物にも便利。ショルダーベルトにマジックテープ式の小型ポケットが付いているので、バッグを下ろさずにスマホや財布を取り出すことができます。リフレクター付きで夜のお出かけも安心です。

anello(アネロ)-メッセンジャーバッグ ( 3,190円 )

デイリーユーズにちょうど良いサイズ感で使いやすい

コンパクトで収納力の高い、サイクリングにおすすめのメッセンジャーバッグです。見た目は小さめなのにA4ファイルがすっぽり入る収納力があり、500mlのペットボトルも余裕で入ります。スマホや財布、飲み物を入れるのにちょうど良く、デイリーユーズにぴったりのサイズ感です。

使いやすさも特徴のひとつ。背負ったまま開け閉めしやすいマジックテープ式で、中にも表面にも多くのポケットが付いています。仕切りのないバッグと違いしまいたいところに綺麗に収納できるので、中の物を探すことがなくなります。

防水でおすすめのサイクリング用メッセンジャーバッグ

ORTLIEB(オルトリーブ) –メッセンジャーバッグ ( 16,683円 )

都会的なバッグでアウトドアまで楽しんで

都会的な印象のサイクリング用メッセンジャーバッグです。自転車旅行をした創設者が、ずぶ濡れになってしまった経験から作り上げました。A3サイズが入る収納力もあるので、たいていのノートパソコンが持ち運べます。

オルトリーブのメッセンジャーバッグは、IP64の完全防水。IP64とは、一時的に水没しても中身が濡れない非常に高い防水性です。川下りやウォータースポーツなどのアウトドアシーンでも、活躍してくれます。

majestic365mil(マジェスティク365ミル) -防水メッセンジャーバッグ ( 10,695円 )

一見防水に見えないおしゃれなデザイン

一見防水に見えない、コットンやポリエステルを使用したメッセンジャーバッグです。特殊な熱着加工で縫い目がなく、高い防水性を叶えています。防水なのに光沢のないソフトな生地なので、様々なコーディネートに合わせられます。

止水ジッパーを使用していますが、大雨の場合はジッパーから中に水が入ってしまうことも。水に濡れて困るものは、外ポケットには入れないようにして使いましょう。中にも小物が入るポケットがあるので、中身がぐちゃぐちゃになってしまうことはありません。

バトラーバーナーセイルズ – コーデュラウォータープルーフメッセンジャー  ( 9,900円 )

完全防水で快適なサイクリングを楽しんで

カジュアルでかっこいいメッセンジャーバッグは、水の侵入を徹底的に防ぎます。素材は完全防水のコーデュラナイロンを使用し、長めのマジックテープでしっかりと雨から荷物を守ってくれます。これなら、突然の雨にも慌てずに済みますね。

デイリー使いからレジャーまで、全てこのバッグ1つで済ませられることも魅力。ペットボトルや折りたたみ傘、そして薄手の上着や書類も入る収納力があるので通勤や通学に充分。また、水に強いので休日はキャンプなどのアウトドアにも使えますね。

GERRY-メッセンジャーバッグ ( 10,083円 )

使っていて楽しいメッセンジャーバッグ

ロールトップ式のサイクリング用メッセンジャーバッグは、雨に強いです。それは、 縫い目がないように処理される防水ウェルダー加工が施されているから。縫い目から水が入ることはなく、さらに止水ファスナー付きなのでどこからも水を侵入させません。

使っていて楽しいことも特徴のひとつ。上部をくるくると巻いて蓋をするユニークな作りなので、毎回開閉するのが楽しみになります。サラサラとした素材で、こすり傷くらいならさっと水洗いすることで簡単に落とせるので、お手入れも楽です。

SWISSWIN(スイスウィン)撥水加工メッセンジャーバッグ ( 3,980円 )

丈夫で使いやすいメッセンジャーバッグ

素材と機能性にこだわりを見せるメッセンジャーバッグです。メインの素材としては、お手入れが楽で水に強いターポリン素材を使用。そして背中に当たる部分には、耐久性が高いバリスティックナイロンを使用しているので、こすれても大丈夫です。

たくさんのポケットが付いて機能的なことも特徴のひとつ。それぞれのポケットにはクッション性に優れた高反発クッションを使用し、優しく荷物を守ります。小物を小さなポケットから取り出しやすいことも大きな魅力です。

まとめ

防水で雨に強いメッセンジャーバッグがおすすめ

サイクリング用メッセンジャーバッグ選びで一番重視したいのが、防水性。防水で雨に強いものなら、サイクリング時に突然雨が降り出しても安心です。防水のものは汗にも強いので、背中が蒸れて汗をかいても快適に使えますね。今回は、おすすめのサイクリング用メッセンジャーバッグについてご紹介しました。皆さんも、ぜひ日常生活で使いやすいものを見つけ、毎日のサイクリングを楽しんでみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*