おすすめの車中泊マット人気ランキング!【ステップワゴンにも】

バンライフのハッシュタグが550万を超えるなど、車と過ごす新しいライフスタイルが世界的に人気です。愛車を利用した車中泊は日本でも人気が高まり、老後の楽しみや自由な遊び方として受け入れられています。車さえあれば低コストで充実した1泊を実現できるのは、便利なアウトドア家具やカーアイテムが増えたからに他なりません。車中泊は快適に泊まるということを目的にしており、条件を満たせるアウトドア家具の1つとして、車中泊マットが注目されています。車中泊マットを使えばシートの段差や寒さを気にせず、ラグジュアリーな空間と快適な睡眠を得られるでしょう。今回はラゲッジスペースの居住環境を格段に上げる、車中泊マットの解説です。是非とも参考にして、愛車にピッタリなマットを見つけて下さい。

車中泊マットのメリット

車中泊でもゆっくり休むことができる

車中泊マットのクッションには幾つかの種類があり、好みに合わせて自分が快適に睡眠できるモデルを選べます。シートの段差による違和感を改善し、寝返りを打ちやすくすることも可能です。車内やテントの底冷えが気にならないのもメリットでしょう。1枚敷くだけで車中泊の環境が向上し、睡眠全般をサポートしてくれます。

ホテル代やテント設営が必要ない

車内を快適にして疲れない車中泊ができれば、旅先でホテルに泊まる必要はありません。ちょっとした宿泊費の節約に繋がります。近年は車で行けるキャンプサイトも充実しており、車中泊を前提にしたアウトドアも手軽です。テント設営の手間が省けて、少ない労力で快適に宿泊できます。

車中泊マットの種類

ウレタンマット

体格に合わせウレタンの反発力を選べる

エスティマやノアなどのミニバン、ハイエースのようなワンボックスは、広めのラゲッジスペースを確保することができます。そのため、アウトドアメーカー以外のマットが使われることも一般的です。家具メーカーや布団メーカーのマットレスが選ばれることは多く、広さを生かして居住性を向上できる、便利な方法になっています。かさばるアイテムを置ける、大きな車ならではのメリットでしょう。

その中でもトレンドになっているのがコンパクトになるウレタンマットで、快適な寝心地を体感できます。高反発ウレタンは大きな体格や寝返りが多い人に。低反発は痩せ型や安心感を求める人にと、体格や好みで寝心地を選べるのがメリットです。また、一般的な体重では高反発を選んでおくと、腰痛対策にもなります。

エアーマット

コンパクトになるマットでリーズナブル

エアーマットは空気を入れて膨張させる、化繊を使った車中泊マットです。反発力は空気圧で操作し、気室に空気を送るときに好みの調整ができます。中材が少なくコンパクトに丸めることができ、携帯性に優れているのが特徴です。材料が少なくて済み、リーズナブルになるのもメリットでしょう。

非常に手軽な特徴があるエアーマットですが、耐久度は他のマットに劣ります。穴が開いてしまうと修理が難しく、塞ぎにくい場所なら1箇所でアウトになることもあるでしょう。一方で空気を出し入れすればクッションを操作でき、体格や使い心地を気にする必要がありません。リーズナブルな消耗品とも言え、長持ちすればコスパは最高です。なお、サイズが大きい場合は電動ポンプがあると便利に使えます。

クローズドセルマット

優れた耐久度がある薄手のマット

クローズドセルはバックカントリーを中心に活躍するマットで、車中泊用としても注目されている種類です。サーマルマットとも呼ばれており、ポリエチレンなどのスポンジ素材で形成されています。ソロ向けマットで超極薄。高い保温性も持ち味です。

クローズドセルは幅が狭く薄いため、クッションという点では他マットに劣ります。一方、コンパクトに畳めるモデルもあり、車で持ち運ぶのは苦労しません。クッションを補うため、相性抜群の寝袋とセットにするのもおすすめです。水に強く穴が開いても使え、耐久度にも優れています。

インフレーターマット

栓を開くと自動で膨らむ

インフレーターマットはコンパクトに折り畳める、自動展開のマットです。クッションは主にウレタンが担っており、バルブを開いて内部に空気を送ると勝手に膨らみます。コンパクトに持ち運べてクッション性も抜群。大きなスペースがなくても快適さを確保できます。

中材のウレタンがかさばり、エアーマットやクローズドセルより畳むのは大変です。逆流防止の弁を外すなど手順があり、押さえるための力も要ります。一方、慣れてしまえば使い勝手はよく、耐久度が高い化繊生地も便利です。水気や結露に強い生地が多く、キャンプサイトなどにも気軽に持ち込めます。

車中泊マットの選び方

使用人数と車に合ったサイズを選ぶ

シングルは品揃えが豊富な幅60㎝が目安

マットの中材を問わず、シングルサイズは56㎝から65㎝が主流です。一部のエアーマットやクローズドセルが40㎝などの狭い幅を持ち、これらは携帯性に優れています。一方、車で持ち運ぶマットは携帯性重視ではなく、快適性を優先する方がいいでしょう。そのため、もっとも豊富に揃う60㎝付近を目安に、ゆったり使えるマットにするのがおすすめです。もちろん、スペースに余裕があれば、セミダブルやダブルサイズを選んでも構いません。

家族用には幅130㎝を目安にダブルサイズを選ぶのがおすすめ

後部座席を倒して家族で寝るなら、幅130㎝を目安にダブルサイズを選ぶのがおすすめです。また、シートを倒して寝室にするときは、隙間を埋めるとマットが動かず、快適に睡眠できます。そのため、連結マットを選んで2つのマットを使い、ラゲッジスペースの最小幅に近づけるのも有効です。寝室にするスペースを計っておき、ラゲッジスペースの最小幅に近いマットを選んで下さい。

長さ160㎝以下のマットは枕が一体化したモデルが減る傾向に

ワンボックスやミニバンで使いやすい170㎝以上の車中泊マットは、体全体をカバーすることができます。また、枕が一体化したモデルを選べるなど、元から非常に快適です。一方、160㎝以下のマットは近年170㎝を超える、成人男性の平均身長より短くなります。枕が一体化したモデルも減る傾向にあり、足元か頭をカバーできるクッションを用意するといいでしょう。枕代わりになるアイテムがあると、短めの車中泊マットも快適です。

マットの厚みで選ぶ

寝心地を重視するなら5㎝以上がおすすめ

車中泊マットは厚いほどクッションがあり、快適になります。一方、低い車に厚い車中泊マットを選んでしまうと、圧迫感が強くなります。また、かさばる厚めの車中泊マットは、狭い収納にも向かないでしょう。そのため、5㎝を目安にし、ラゲッジの高さに合わせて選ぶのがおすすめです。5㎝クラスの厚さはインフレーターマットにも多く、携帯性と寝心地の両方を確保できます。また、テントに敷いても石などの感触を緩和でき、汎用的な使い方が可能です。より携帯性を重視するなら、それより低い厚さにするといいでしょう。

冬場に使うなら底冷えを防ぐ厚手のモデルを

車中泊できる駐車場やキャンプサイトでは、アイドリングがマナー違反になります。ポータブル電源などがないと、暖房や電気毛布を使えません。冬場の車中泊には断熱対策が非常に有効であり、厚めの車中泊マットが効果的です。車中泊マットは厚ければ厚いほど、下から伝わる冷気を防ぎ、寒さから眠りを守ってくれます。天井の高さと相談しながら、なるべく厚いマットを冬の車中泊に選んで下さい。

特殊な加工を選ぶ

PVC加工やウレタン加工は水に強い

エアーマットやインフレーターマットは、テント内で使えるモデルが車中泊にも便利です。テント内で使えるマットは結露対策があり、水を弾くコーディングが施されています。PVC加工やウレタン加工された車中泊マットを選べば、結露しやすい冬の窓際も安心でしょう。サッと拭けば直ぐに乾くので、お手入れも簡単です。また、車中で飲み物を飲みやすくなります。

寝返りに強いノンスリップ加工

ノンスリップは名前の通り、裏地に施された滑り止めを指します。通常のツルツルした裏地よりもマットがズレにくいため、よく寝返りを打つ方におすすめの加工です。シングルサイズなどの横幅が小さいモデルも、ノンスリップなら快適に使えます。また、傾斜に強い加工であり、前席を倒して休むのにも便利でしょう。ちょっとした斜面にあるパーキングやテントでも、しっかり敷いて寝ることができます。

車中泊マットのおすすめブランド・メーカー

FIELDOOR(フィールドア)

自宅でも使える快適なマットを用意

おしゃれで快適なアウトドアグッズを展開するフィールドアは、女子ウケするメーカーとしても知られています。機能的なマット類は魅力で、インフレーターが車中泊用に人気です。また、どのマットも室内外の両方に選べ、自宅でも快適に使えるのが特徴です。

Coleman(コールマン)

タフな環境に強い車中泊マットを選べる

日本にも愛用者が多いコールマンは、車中泊マットも人気です。赤や緑、水色など、お馴染みのカラーバリエーションと豊富な種類があります。アウトドアシーンに強く耐水性に長けており、タフに使える車中泊マットを選べるでしょう。

Hilandre(ハイランダー)

こだわりの生地はテントでも快適

ハイランダーはリーズナブルさに定評があり、アウトドアグッズ一式を揃えるファンも多くいます。こだわりの生地を持ったリーズナブルなマットは、テント用などの買い足しにも有効でしょう。品質は決して、アップストリームのメーカーに負けていません。

ニトリ

折り畳みマットをハイエースやエスティマに

アウトドアメーカーではありませんが、ワンボックスやミニバンユーザーを中心に人気があります。リーズナブルながら高品質のウレタンマットを選べ、コンパクトになる折りたたみ式が車中泊に効果的です。車中泊専用のマットレスとして、非常におすすめでしょう。

おすすめ&人気の車中泊マットランキング

ミニバン用でおすすめの車中泊マット

フィールドア- 車中泊マット2個セット(16,500円)

ゆったり寝られる厚さ10㎝のインフレーターマット

フィールドアの連結可能なインフレーターマットです。別料金ですがインフレーターの枕を付けることができ、広い面積のウレタンフォームを持ちます。それが2枚組で価格的にリーズナブル。車中泊ファンにとって嬉しいメリットでしょう。

シングルとしては大きめの幅90㎝で、豪華なソロ泊に丁度いいマットと言えます。ラゲッジスペース対して汎用的で、100㎝付近の最小幅が多い、近年の乗用車事情に合っています。広いミニバンはもちろん、ワゴンやSUVのソロ泊にも便利でしょう。厚さも10㎝で申し分ありません。

フィールドア-車中泊マットLサイズ (12,100円)

フルフラットのミニバンに最適なセミダブル

フィールドアのインフレーターマットでは、もっとも大きいサイズです。高密度のウレタンフォームながらコンパクトに納まり、収納袋に入れると直径は25㎝まで縮小できます。収納後の長さ122㎝もミニバンのペースに収まりやすく、縦向きでも横向きでも保管できるでしょう。

幅120㎝のマットで、フルフラットのラゲッジスペースにはピッタリのサイズです。厚さは10㎝ありますが、段差がある車種に用いる場合は、フラットマットや毛布などで穴埋めするといいでしょう。Lサイズ同士の連結が可能で、2枚にすればテントの屋内演出にも便利です。区画サイトでのキャンプにも、おすすめのビッグサイズと言えるでしょう。

コールマン-アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド (6,954円)

フルフラットのラゲッジスペースに最適

厚さはフカフカな20㎝。ラゲッジスペースが高いミニバンの演出には最適です。幅が135㎝と大きめですが、空気圧を使うエアーマットで融通が利きます。厚みがあって段差を感じないことから、フルフラット以外の車種にも選びやすいでしょう。

70DポリエステルにPVC加工があり、高い耐水性があります。テント内に強いコールマンらしいメリットです。車内での飲食も可能でしょう。冬場の車中泊には特に便利です。また、大サイズながら2.5㎏と非常に軽量で、持ち運ぶこともできます。天日干ししやすいなど、メンテナンスが気軽なのも嬉しい点です。

カースター-車中泊ベッド (7,500円)

防水と防寒に長けた2WAY車中泊ベッド

スウェットスーツと同じ生地を使った、非常に珍しい車中泊ベッドです。長さは240㎝で頭部60㎝が枕代わりになり、折り畳むことで車長の短い車種にも対応します。幅が56㎝と少し狭く、1つよりも2つを並べるといいでしょう。計112㎝の長さは、フルフラットのバンにもマッチします。

コンパクトに収納できることから、常に積み置きしてもかさばりません。スウェット生地の裏は保温可能な日焼け面になっており、下からの冷気を防いでくれます。4㎝の薄さですがスウェットの防水力も加わり、オールシーズン便利に使えるでしょう。

ワック-車中泊マット 厚手 8cm (6,090円)

ピッタリ60㎝の幅はフルフラットのバン全般に合う

WAQ(ワック)はシンプルで使い勝手がいいデザインと、リーズナブルな価格が注目されているブランドです。キャンピングマットも例に漏れず、相場より安いインフレーターマットが車中泊に活用されています。厚さも8㎝あり、安っぽさは感じません。

幅60㎝のシングルであり、単品であれば車種に限らず使えるでしょう。連結させるとピッタリ120㎝で、フルフラットのラゲッジスペースに最適な面積です。大型バルブで展開が速く、ノンスリップ加工も忘れてはいません。そもそもアウトドア用のマットであり、水に強くキャンプサイトでも使えます。ワックはLEDライトなどのデザインも秀逸です。気に入ったアイテムをワックから用意すれば、ラゲッジスペースの統一感も得やすいでしょう。

ワゴン用でおすすめの車中泊マット

ハイランダー-スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) (7,280円)

幅93㎝は色々なラゲッジスペースに

セミダブルのインフレーターマットで、ソロ用にもおすすめです。収納袋に入れる非常にコンパクトで、縦48㎝の高さ20㎝まで縮小します。インフレーターマットとしては2.7㎏と軽く、持ち運びも可能でしょう。乗せっぱなしにしておくにも、便利なサイズ感です。

展開時の幅が93㎝で、ワゴン以外にも使いやすいでしょう。例えば最小幅が96㎝のセレナに選べるなど、ミニバン用にも嬉しいマットサイズです。PVC加工とノンスリップ加工が漏れなくついており、ラゲッジ幅より小さくてもズレの心配はないでしょう。

快適生活スマートライフ-車中泊エアーマット電動ポンプ付き (8,990円)

ラゲッジの最小幅に合わせて形が変わる

ラゲッジスペースに対して柔軟なモデルで、最小幅に合わせて形が変わります。そのため、車種を選ばずに、車中泊で用いることができます。ワゴンやSUVを使った流行りの車中泊にも、おすすめできるエアーマットです。

4つのバルブが付いた折りたためるマットで、使わない部分の空気を抜いておけば様々な広さになります。フルフラットを使わないソロ泊に。125㎝の幅を生かした家族泊にと、シーンを選びません。収納袋と電動ポンプ付きで、シガーソケットを使った自動展開ができます。エントリー用としても非常に選びやすいでしょう。

ロゴス-Bed Style(超厚)WIDEセルフエアマット (14,300円)

ステーションワゴンにも敷きやすい幅96㎝のマット

幅が96㎝ある広めのセミダブルインフレーターマットです。厚さは4.6㎝ですが、実際は5㎝くらいのフカフカ感があります。ネジ式のバルブは口で空気を入れることもでき、インフレーターマットながら、好みの硬さを得やすいのも魅力です。

シンプルカラーが主体でスタイリッシュなロゴスは、コレクション性が抜群です。一式を揃えて家具の統一感を計るのも、非常におすすめでしょう。このマットもグランベーシックシリーズの1つで、同シリーズのFUTONと合わせることができます。セット販売もあるので、布団まで必要なら要チェックです。

SUV用でおすすめの車中泊マット

ニトリ-6つ折りマットレス (3,045円)

短いSUVにも1つ折ることで対応

ニトリのベッド用マットレスですが、車中泊に合うメリットも多くあります。6つ折りでコンパクトになるため、持ち運びが面倒なら、車内に置いておくのもいいでしょう。厚さ3㎝の屋内用マットレスであり、もちろん自宅でも使えます。

6つのブロックがあり、ラゲッジスペースが短い車にも1つ折れば対応できます。幅は97㎝で、軽ワゴンからSUVまで、幅広く利用できるのがメリットです。専用カバーやスペアカバーを用意すれば、清潔感も維持しやすいでしょう。乗用車用のマットレスとして、非常におすすめです。

アカネエーショップ-車中泊エアーマット (5,880円)

電動ポンプ付きのSUV専用エアーマット

独立した気室を持つエアーベッドで、使わない面の空気を抜いておけます。シングルでもダブルでも使えるSUV専用であり、サイズなどに迷わず選べるのは嬉しい特長です。電動のエアーポンプとエアー枕が付属し、内容は非常にリーズナブル。エントリー用としても申し分ありません。

164㎝の長さと19㎝の厚さ、表面のディティールは非常にラグジュアリーです。SUV専用になっているだけあり、ラゲッジスペースをフルに生かした設置ができるでしょう。穴を塞ぎにくいエアーマットですが、補修キットが付属します。出先で修理しやすいなど、車中泊用のエアーマットに欲しい点を的確に抑えたモデルです。

ベアーズロック-車中泊マット 8㎝ (6,980円)

SUVにも2列で敷くことができる

シングルで幅が65㎝。連結が可能であり、ミニバンを中心に人気がある車中泊マットです。SUVと軽にも人気があり、軽には1枚、SUVには2枚敷きで使われています。厚さ8㎝の高反発ウレタンは寝心地がよく、体圧分散に優れているのが特徴です。

ベアーズロックはアウトドアの老舗であり、こだわった寝心地のマットやシュラフを展開しています。車中泊マットであるフィットキーパーも例に漏れず、多少の段差があっても姿勢が沈みません。適度な硬さのマットが寝姿勢をサポートしてくれます。底付きを感じさせない設計になっているのも、フルフラット以外の車種に用いられている理由でしょう。

エンキーオ-キャンピングマット (2,980円)

汎用的に使える軽量コンパクトなエアーマット

80Dポリエステルのエアーマットで、コンパクト収納できるのが持ち味です。幅65㎝は2枚で計130㎝と、SUVを含むフルフラット車全般に選べるでしょう。12㎝の厚さを持ちながら重量1.03㎏の最軽量クラス。テント内と併用するのも便利です。

リーズナブルですがインフレーター機能を持ち、ポンプを使わずに展開できます。サイズや付属品で荷物を圧迫することがない、スペースに嬉しい車中泊マットです。プールや海上に浮かぶマットであり、防水防湿を心配する必要もないでしょう。低コストで導入できるため、消耗品感覚で使えます。

まとめ

使い方や体格に合う快適な車中泊マットがおすすめ

車中泊マットはマットを敷くスペースに合わせてサイズ決め、好みや天井に合わせて厚さを選んで下さい。キャンプサイトにも持って行くなら薄め。車内専用なら厚さ10㎝以上も寝心地が良く、ラグジュアリーでおすすめです。また、寒い季節は厚いほど暖かで、使う季節も加味すると便利に使いまわせます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*