2021おすすめの40インチテレビ・40型テレビ人気ランキング!【壁掛けも】

大型テレビでも価格が手ごろな40インチテレビは、売り場で豊富な品揃えとなっています。 映像、機能、価格のバランスがよく、壁掛けにもしやすいサイズで人気。しかし、豊富にあるからこそ迷ってしまう場合もあるので、事前に40インチテレビの特徴を良く知っておく事をおすすめします。今回は、40インチテレビの特徴をはじめ、テレビの選び方、各メーカーの特徴を詳しく紹介していきます。テレビ選びに必要なポイントを解説しながら、いろんなニーズに応えるおすすめのテレビを是非ご覧ください。

40インチテレビの大きさは?

低価格のモデルが増え購入しやすいサイズ

40インチテレビの価格は、今では4万円前後のものが多く、6畳程度の部屋でも大画面で映像を楽しむ事ができます。 一人暮らしから家族で見る用途まで様々なシチュエーションで使えますよ 。購入しやすさから近年注目度が高まり、新技術が使用されている40インチテレビも多くなってきているのが特徴です。

「40インチ」より「40V型」の方が画面が大きい

V型とは実際に画像が映し出される画面の大きさを指しています。また、ブラウン管テレビなどで利用されていたインチや型という表示は、画面のさらに外側の枠の部分も加えた大きさになります。そのため、数字が同じでも実際に見える画面のサイズはV型表示のほうが若干大きめです。購入の際は、表示がインチなのか、V型なのかよく確かめる事がポイントですね。

40インチテレビの最適な視聴距離は?

約1.5m離すと綺麗に視聴できる

一般的にフルHDテレビの場合、画面の高さの約3倍、4Kテレビでは画面の高さの約1.5倍が適正視聴距離となります。40インチテレビの画面の高さは約50㎝なので、フルHDの40インチテレビであれば約150㎝ほど離れて見たほうがいいという計算ですね。 また、テレビをテレビ台に置くのか、壁掛けにするのかでも適切な視聴距離は変わってきます。目線よりも少し低くなるくらいの高さが、疲れにくい高さになるので、テレビを置く位置を決める場合は、座る高さも一緒に考える事が重要ですね。

40インチテレビの選び方

映像の解像度で選ぶ

寝室や子供部屋などに置くならフルHD

解像度には、標準画質のフルHDと高精細の4Kの2種類があります。フルHDテレビは4Kテレビに比べて、価格が安い傾向にあるのが特徴。もちろん、フルHDテレビでも問題なく綺麗な映像を楽しめます。特にこだわりがなく、短時間の使用や子供部屋にテレビを設置したいなどの理由で、出来るだけ安いものを置きたいという方には、フルHDテレビがおすすめです。

リビングに置いて高画質で映画など楽しむなら4K

現在、4K解像度のテレビの最小サイズは40インチになります。メインのテレビとしてリビングに置いたり、迫力のある映像を楽しんだりしたい方におすすめなのは4Kテレビです。二次元でも奥行きを感じられるほか、視聴距離が近くても綺麗に見えるというメリットを併せ持っているのが特徴。フルHDテレビの約4倍の高精細な画質は、映画を見る際の臨場感も高まりますよ。

録画の保存容量で選ぶ

リアルタイム視聴メインで録り溜めないなら500GB程度

40インチテレビは、別売りのブルーレイレコーダーや外付けHDDを接続して番組録画をするタイプと、本体に直接録画するタイプがあります。本体に録画するタイプなら別途付属品を購入する必要もなく、配線も少なくなって便利ですが、保存容量が大容量のものは高価になりがちです。しかし保存容量が500GB程度であれば安価に購入できるため、録画はしたいけど番組をたくさん録り溜める必要が無いという方であれば、容量が500GBの録画機能付きテレビがおすすめです。

家族がいたり録り溜めて休日にまとめて見たい方なら2〜4TB

HDDの容量が大きいほど、録画できる時間は長くなります。地上デジタル放送の場合、1TBの容量に約125時間の番組を録画することが可能。しかし、4K放送のようにデータ量の大きな番組の場合は、約65時間と短くなります。録画機能を頻繁に使う場合は、家族の人数や録画時間を考慮して、なるべく大容量のHDDを購入しましょう。

接続機能で選ぶ

家にインターネット回線と無線ルーターがあるならWi-Fi対応モデル

YouTube、Netflix、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービス、他にも豊富なコンテンツを40インチの大型画面で楽しみたい方におすすめです。Wi-Fi対応テレビなら、無線接続で配線作業が不要。テレビのWi-Fi設定画面にSSIDとパスワードを入れるだけでインターネットと接続可能です。なので、テレビ周辺がすっきりして見た目もきれいです。

HDMI端子は数が多いほうがおすすめ

40インチテレビの入力端子は、一般的なモデルだとHDMI端子が1つ、又は2つのものが主流です 。ゲーム機器やブルーレイレコーダーなどを複数接続したい場合は、端子が足りなくなってしまわないか事前にテレビの端子数をチェックするようにしましょう。また、後から接続機器を増やしたくなる場合も考えられるので、HDMI端子は多いほうが良いでしょう。

重量で選ぶ

搭載している機能やスピーカーによって重さが異なる

同じ40インチでも10kgを切るものから15kg以上のものまでかなり幅があります。 同じメーカーでも機種によって軽かったり重かったりして、ここのメーカーが一番軽いというのはありません。中には20kgを超える機種もあるので、欲しい機能を重視して選ぶようにするといいでしょう。

テレビ台の耐荷重は25㎏あれば安心

昔よりも重量が軽くなっているとはいえ、中には20㎏を超える機種もある40インチテレビ。床の上にそのまま設置するなら問題ないですが、テレビ台を使う場合は、事前に耐荷重を調べておきましょう。テレビの重量に対し、余裕を持たせたテレビ台を選ぶのがおすすめ。テレビを壁掛けにする場合は、使用する金具の耐荷重を調べるとともに、壁や柱の耐荷重についても確認しておきましょう。

40インチテレビのおすすめブランド・メーカー

SHARP(シャープ)

高精細・高色域・高輝度を可能にするアクオスエンジン で臨場感ある映像を実現

AQUOS(アクオス)で有名なSHARPは、画質と機能性の良さが特徴です。AIの機能が搭載された機種は、毎日の生活をより豊かにしてくれるでしょう。8Kテレビのために開発した映像エンジンをさらに磨きあげた、色再現を高めるリッチカラーテクノロジーは、画質にこだわる方におすすめです。

東芝

最大15日分の番組を保存し過去に戻れるタイムシフトマシン搭載

東芝レグザは、タイムリンクシフト機能が魅力の機種。 6チャンネル分の番組を好きな時に再生が可能なので、録画番組を欠かさず見たい方におすすめです。 テレビの方が視聴者に合わせてくれるという、大変便利な機能ですね。

モダンデコ株式会社

リーズナブルなのに高機能で高画質

リーズナブルな家具ブランドで有名なモダンデコですが、自社が展開する家電ブランドSUNRIZE(サンライズ)も販売しています。スタイリッシュなデザインで、家電と一緒にまるごと部屋もコーディネイト出来ますよ。お手頃価格も魅力的で、一人暮らしや若い方に人気のブランドです。

ハイセンス

最強のコストパフォーマンステレビ

最も安いテレビは1万円台から購入することができ、圧倒的なコスパが人気。4Kスマートテレビでも5万円台と、 価格の安さが一番の特徴です。また、レグザと共同開発されたレグザエンジンNEOにより、価格だけでなく高度な画質も楽しむ事が可能。レグザの値段で悩んだ方が購入する事も多いメーカーです。

アイリスオオヤマ

手が離せない時など便利な音声操作リモコン採用

音声操作リモコンでテレビのチャンネルを替えたり、電源の操作をしたりできるので、気軽にテレビを楽しみたい人に人気です。リモコンをつかむことなく入切できる音声操作リモコンは、話しかけるだけで操作可能。料理中で手が離せない時や、体の不自由な方にもおすすめですね。

おすすめ&人気の40インチテレビランキング

低価格でおすすめの40インチテレビ

maxzen-J40SK03 (26,300円)

余計な機能は省き必要な機能に絞ったジェネリック家電

とにかく一番安い40インチテレビが欲しい方におすすめなのがマクスゼン。テレビを見ることだけに特化したジェネリック家電です。 大手メーカーのような最先端機能は備えていませんが、 必要最低限の機能は揃え、価格は低く抑えられて幅広い層に人気の40インチテレビです。

紹介した03シリーズ全てのモデルに、1000日間のメーカー保証制度が付きます。内容は、購入から約3年間の保証期間中は、通常使用中の故障であれば、無料で交換・修理を行ってくれると言う大変手厚いもの。約3年の安心保証は心強いですね。

SUNRIZE (サンライズ)-tv40 (27,800円)

新生活にピッタリなモデル

マクスゼンとほぼ同じ機能を揃えた40インチテレビ。安く3波WチューナーフルHDテレビを購入したい方におすすめです。特に、良い機能は要らなくて安いテレビが欲しい方に必須のテレビですね。

唯一保証期間が違うところで、サンライズが3年間で1095日保証。マクスゼンが1000日保証となり、95日分サンライズの方が保証期間が長いので、長く保証期間が欲しい方にもおすすめです。 3年間の単身赴任だと、安心して購入できる保証期間ですね。

Hisense(ハイセンス)-40H30E (29,251円)

黒がきれいに見えるVAパネル採用

とても手に入れやすい価格で、コストパフォーマンスに優れています。 画質や音質も悪くなく、リビングではなく寝室や子供部屋にテレビを購入したいというような方におすすめです。重さも5.8㎏しかなく壁掛けにする事もできます。

臨場感豊かな音質を再現するスーパーバス機能や、録画番組の再生機能も充実。低コストの割に利便性が高いので人気です。同じ3波WチューナーフルHDテレビを、東芝で購入すると54,800円になるので、機能は一緒で価格を抑えたい方におすすめの機種ですね。

TEES(ティーズ) LE-4034TS  (28,970円)

日本メーカーのテレビボード搭載3派WチューナーフルHDテレビ

自社工場があるため、作ったものを問屋やお店を通さず直接販売することで、様々なコストダウンが可能。TEESの40インチテレビも、低価格で高品質なものになります。値段を気にせず購入できるのは一番の魅力ですね。

薄型でスタンド付きでも約7㎏しかない最軽量モデルの一つです。一人暮らしの方や、力のない方でも簡単に設置する事が出来ますよ。量販店での設置料を抑えて、出来る限り安く40インチテレビを購入したい方に是非おすすめの40インチテレビです。

低価格でおすすめの40インチテレビの比較表

商品画像


ブランドmaxzenSUNRIZE
(サンライズ)
Hisense
(ハイセンス)
TEES
(ティーズ)
商品名J40SK03tv4040H30ELE-4034TS
価格26,300円27,800円29,251円  28,970円
特徴余計な機能は省き必要な機能に絞ったジェネリック家電新生活にピッタリなモデル黒がきれいに見えるVAパネル採用日本メーカーのテレビボード搭載3派WチューナーフルHDテレビ
サイズ幅90.8×奥行20.4×高さ54.9cm幅90.6×奥行21.6×高さ58cm幅90.4×奥行20.4×高さ56.9cm幅112.7×奥行23.8×高さ70.9cm
重量(kg)5.07.15.910.7

一人暮らしにおすすめの40インチテレビ

SHARP(シャープ)-AQUOS 2T-C40AC2 (48,409円)

一人でも楽に設置可能な薄型軽量モデル

AQUOSの便利機能を携えた、シンプルな液晶テレビです。 USB外付けハードディスクが接続でき、テレビのリモコンで番組の録画や再生が可能。録画予約も電子番組表から選ぶだけの簡単操作です。

録画はあまりしないけれどAQUOSの2画面機能は欲しいという方や、AQUOSファミリンクを使い、オーディオやブルーレイレコーダーなどの周辺機器と連携させたい方におすすめ。AQUOSの最軽量モデルなので、1人でも楽々設置できます。

三菱- REAL  LCD-40ML8H(41,560円)

リモコン操作で画面を見やすい角度にオートターン

部屋のどこにいても、自分のベストポジションで視聴出来るのがオートターン。正面に戻すのもボタンひとつで済むので、テレビ本体に指紋や汚れがつきません。毎日使うものなので、 生活に密着した機能があるのはとても嬉しいと評判です。

三菱の40インチテレビは、外付けHDD対応で8台まで登録可能。HDDの容量を気にせずどんどん録画できます。テレビにHDD内蔵の上位機種もありますが容量が1TBしかありません。そのため、録画した番組を容量を気にすることなく撮りためておきたい方や、録画した番組を消すのがめんどくさいと言う方にはLCD-40ML8Hをおすすめします。

東芝-REGZA 40S22 (44,980円)

Wチューナーで裏録対応ハイビジョン液晶テレビ

高画質な映像が楽しめる、ハイビジョン液晶テレビです。フルHDではないものの、奥行きや細部の質感まできれいに見る事が出来ます。一人でゆっくり映画を楽しみたいという方や、裏番組録画出来る日本メーカーの40インチテレビを探してる方にピッタリですね。

東芝のS22シリーズは、レグザの中で一番安価で購入できる機種です。動画配信サービスは要らないし、ある程度の画質があればいい。レグザのリモコンで接続した外部機器を操作できるレグザリンクと、ゲームがスムーズに出来るゲームダイレクトの機能だけが欲しいという方は、東芝の40S22をおすすめします。

フナイ-FL-40H2010 (54,780円)

要なシーンでテレビ映像を静止できる静止画機能を搭載

フナイの特徴として、HDD録画の機能がテレビに搭載されていることが上げられます。機種によって、HDD容量が500GBから 1TBまであり、紹介するFL-40H2010は500GBになります。たまにしか録画しない方にとっては、外付けHDDをわざわざ購入しなくてもいいので便利です。

他には、 現在独占販売しているヤマダ電機のポイントがつきお得。また保証も他メーカーよりも長く、5年保証がついているので安心です。さらに、HDD長期保証や落雷保証までつけてくれて至れり尽くせりです。

一人暮らしにおすすめの40インチテレビの比較表

商品画像



ブランドSHARP
(シャープ)
三菱東芝フナイ
商品名AQUOS 2T-C40AC2REAL  LCD-40ML8HREGZA 40S22FL-40H2010
価格48,409円41,560円44,980円54,780円
特徴一人でも楽に設置可能な薄型軽量モデルリモコン操作で画面を見やすい角度にオートターンWチューナーで裏録対応ハイビジョン液晶テレビ要なシーンでテレビ映像を静止できる静止画機能を搭載
サイズ幅91.1×奥行23.9×高さ63.4cm幅90.6×奥行27.4×高さ55.7cm幅90.5×奥行16×高さ55.7cm幅87.5×奥行100.3×高さ48.5cm
重量(kg)9.510.77.59.9

4K対応でおすすめの40インチテレビ

SHARP -AQUOS 4TC40BH1  (60,800円)

シンプルモデルの4Kテレビ

4Kを含む各種系統のチューナーが2つ搭載されており、裏録画も通常番組1番組、4Kも1番組録画することが可能です。重さが約10㎏で壁掛けにも推奨されています。ですが、HDMI入力端子が4つ付いておりブルーレイ等つなぎ放題なので、テレビ台での使用をおすすめします。

4T-C40BH1は、シンプルモデルとして発表されたこともあり、 新開発の映像処理エンジンは搭載されていません。とは言え、高画質のテレビには変わりないので十分映像は楽しめます。そのため、とりあえず4Kテレビが欲しい 、仕様には特にこだわらないという方に、 SHARP AQUOS 4TC40BH1をおすすめします。

ORION (オリオン)- OL40XD100  (48,800円)

ジェネリック家電の4Kテレビ

USBの外付けHDDで録画することができ、裏録画まで出来る4Kテレビです。高機能な4Kテレビが、50,000 円以下で購入出来るのは一番の魅力ですね。つい画面に釘付けになってしまいがちな高画質ですが、ブルーライトガードのおかげで目の疲れを軽減させる事ができます。

映像エンジンには、国内で設計した新開発のボードを搭載することで高画質を実現 。海外メーカーだと機能や品質が少し頼りないけど、大手メーカーのものは高い、という場合に最適なテレビと言えるでしょう。4Kテレビが家にあるというだけでも気分が盛り上がりますね。

4K対応でおすすめの40インチテレビの比較表

商品画像

ブランドSHARPORION (オリオン)
商品名AQUOS 4TC40BH1OL40XD100
価格60,800円48,800円
特徴シンプルモデルの4Kテレビジェネリック家電の4Kテレビ
サイズ幅91.5×奥行23.1×高さ59.7cm幅91.7×奥行20.4×高さ58.4cm
重量(kg)10.67.2

ゲーム用のモニターでおすすめの40インチテレビ

東芝-REGZA 40V31(54,800円)

瞬速ゲームダイレクトにより操作の遅延を感じることなくプレイ可能

レグザの便利な機能が満載のフルHDテレビです。中でも瞬速ゲームダイレクトは、対戦格闘ゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームにおいてラグのないスムーズなプレイを可能にしてくれます。プレイ中のストレスを少しでも軽減させてくれるのは嬉しい機能です。

また、無線LANを内蔵しており、 Wi-Fi がすでに家にある方は、機器を追加しなくてもテレビをネットワークに接続できます。フロントスピーカー搭載で、 前に飛び出してくるかのような臨場感あふれる音も楽しめる機種になります。REGZA 40V31が一台あれば 、ほぼすべての希望は叶うと言っても過言ではない程、満足度が高い機種といえますね。

Hisense (ハイセンス) – 40H38E(31,800円)

臨場感ある音でゲームの世界に入り込む

ゲーム専用パネルとして、特に付帯機能は要らないという方におすすめの40インチテレビです。 スーパーバスの搭載で、低音域の厚みをアップ。そして、 高いコントラストを再現するVAパネル で、臨場感のあるリアルな音と映像両方を楽しむ事ができます。

ゲームで利用しなくなっても、3波WチューナーフルHDテレビなので、メインテレビとしても十分転用可能です。また、壁掛けにもすることができ応用自在な点も特徴です。ゲームの使用で画質にそこまでこだわらない場合は40H38Eをおすすめします。

アイリスオオヤマ-LUKA-LT-40A420 (32,800円)

速い動きもはっきりスポーツ観戦もゲームも楽しめる

お手頃価格で購入できるフルHDテレビです。ですが映像の質は十分きれいなものになり、応答速度も速くゲームをするのには十分です。 普段はあまりテレビを観ない、テレビの質にこだわらない、安いテレビで良いという人におすすめです。

LUKA-LT-40A420もWチューナーで録画機能があるので、ゲーム以外の使用目的でも楽しめる機種になります。また、豊富な接続端子の数々は 他のオーディオ・プレイヤー の接続にも困りません。ハイセンスと同様、応用自在な機種といえますね。

ゲーム用のモニターでおすすめの40インチテレビの比較表

商品画像


ブランド東芝Hisense 
(ハイセンス)
アイリスオオヤマ
商品名REGZA 40V3140H38ELUKA-LT-40A420
価格54,800円31,800円32,800円
特徴瞬速ゲームダイレクトにより操作の遅延を感じることなくプレイ可能臨場感ある音でゲームの世界に入り込む速い動きもはっきりスポーツ観戦もゲームも楽しめる
サイズ幅90.7×奥行15.5×高さ59cm幅90.4×奥行20.4×高さ56.9cm幅90.7×奥行21.9×高さ57.1cm
重量(kg9.55.96.6

壁掛けにおすすめの40インチテレビ

三菱(ミツビシ) REAL LCD-40LB8-SL(61,100円)

壁掛け設置に特化したスタンドレスモデル

壁掛けに最適な薄型デザインで、部屋をスタイリッシュな空間に演出します。余計な配線を見せずテレビを楽しみたい方におすすめです。 テレビにHDDやブルーレイレコーダーは内蔵されていないので、リアルタイムで視聴する方に最適。

動画配信サイトに対応しており、TSUTAYA TVやアクトビラは自宅にいながら映画やドラマを楽しめます。また、家庭内ネットワーク対応のレコーダーがあれば、パソコンと繋いでサーバーに録画・保存された番組を再生する事が可能。テレビをネットへつなげる事によって楽しみ方が広がりますね。

アイリスオオヤマ-Fiona- 40FB10P (28,600円)  

価格を追求しながらも多彩な機能が充実

3波WチューナーのフルHDテレビです。ただ、Wチューナーの1つは視聴専用チューナー。2番組同時録画には対応していません。 そのため、録画機能は特にこだわらなく、沢山の番組が見たいという方に是非おすすめです。

テレビに豊富な接続端子もあるのですが、本体は約6.24㎏とかなり軽め。なので、Fiona- 40FB10Pはモニターとしてスタイリッシュに壁掛けにする事をおすすめします。片手でも持ち上げられる程軽いFionaの40インチテレビは、女性から年配の方まで幅広く人気です。

壁掛けにおすすめの40インチテレビの比較表

商品画像

ブランド三菱(ミツビシ)アイリスオオヤマ-
商品名REAL LCD-40LB8-SLFiona- 40FB10P
価格61,100円28,600円
特徴壁掛け設置に特化したスタンドレスモデル価格を追求しながらも多彩な機能が充実
サイズ幅90.6×奥行10.4×高さ52.7cm幅90.6×奥行21.5×高さ56.8cm
重量(kg)7.66.2

まとめ

Wチューナー&外付けHDD対応の40インチテレビがおすすめ

40インチテレビを選ぶ時は、テレビで一番何がしたいのかが重要です。選ぶポイントはライフスタイルによって様々ありますが、種類の多い40インチテレビならきっとピッタリのものが見つかるはずです。新技術がたくさん詰まった、40インチテレビを部屋に置いて、生活を便利に過ごして下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*