2020おすすめの子供乗せ電動自転車人気ランキング!【おしゃれデザインも】

新生活に向けて、お子さまの保育園や幼稚園の送り迎えのために、自転車の購入を検討される方は多いと思います。そんな時におすすめしたいのが、子供乗せ電動自転車です。働くママにとって負担が軽くなり、お子さまとの時間を作る助けになるでしょう。しかし、値段も高く機能も様々で、どれが良いのか迷ってしまいますよね。今回は、子供乗せ電動自転車の種類や選び方について詳しく解説します。機能性や価格を重視したものだけでなく、おしゃれなデザインも紹介するので、ぜひご自分のスタイルにあった一台を探してみてくださいね。

子供乗せ電動自転車の特徴

子供や重い荷物を乗せても楽々走行で日々のストレスを解消できる

お子さまを乗せて自転車を漕ぐとき、走り出しはどうしてもふらついてしまうことがあると思います。万が一バランスを崩して転倒なんてことも。そんな時、子供乗せ電動自転車ならこぎ出しがスムーズで安心して自転車を走行することができます。

アシスト機能によるスムーズ走行で時短になり働くママの強い味方

通勤や送り迎えは毎日だからこそ、少しでも負担をなくしたいですよね。また、働くママにとって時短は重要です。子供乗せ電動自転車なら汗を流すような体力を使わずに、快適な走行が可能。坂道や長距離移動も非常に楽で通勤時間の短縮になります。

子供乗せ電動自転車の種類

前乗せタイプ

子供の様子が分かるので1歳~4歳までの小さいお子様に

初めて小さいお子さまを乗せながら運転することは不安がありますよね。そんな方にはフロント部分にシートが付いたものがおすすめ。対象は体重15kg以下、身長100cm以下のお子さまで、1歳頃から使用可能です。すぐにお子さまの様子を確認できるのでママにとって安心です。

標準搭載されているシートは、カバー付きやお子さまを包み込む設計のものが多くラインナップ。安全性や快適性に優れており、お子さまも安心して乗ることができますね。注意点として、設計上前幅をとるため、他の自転車と干渉しないかあらかじめ駐輪する場所をチェックしておきましょう。

後ろ乗せタイプ

6歳の卒園まで使用可能で、その後の普段使いにもおすすめ

お値段のはる子供乗せ電動自転車なので、より長く使うことができれば嬉しいですよね。後ろシートは、体重22㎏以下、身長115cm以下のお子さまが対象なので、長く使用できます。背中を向けて走行することになるので、心配でしたらお子さまの理解度に合わせて、2歳以上のお子さまを乗せるのが良いでしょう。

標準で付いているシートもお子さまの成長に合わせて調節できるのでママも安心です。簡易的な前乗せチャイルドシートを取り付けて3人乗りにした場合でもカゴが使えるので便利。保育園や仕事の荷物など、働くママにとって荷物が入るのはありがたいですね。普通自転車としても使えるので経済的です。

子供乗せ電動自転車の選び方

安心して走行するために安全性を重視して選ぶ

「BAA」や「SG」マーク付きの安全基準を満たしたモデルを

自転車の安全性は、 子供を安心して乗せるために見逃せないポイントですよね。安全性の基準となる1つ目のポイントは、BAAマーク。BAAマークとは、フレームの頑丈さやブレーキ性能など、約90箇所の厳しい検査に合格した自転車のみに貼付されるマークです。2つ目は、SGマーク。SGマークとは、安全性品質を定めた基準に適合していることを表す認証印で、前記のBAAマークと同等の性能と考えて良いでしょう。より安全性を高めるために、マークの有無をチェックしましょう。

子供を2人乗せるなら「幼児2人同乗基準適合車BAA」マーク付き

幼児2人同乗基準適合車マークは3人乗り(幼児2人同乗)が可能な証。BAAマークと一緒に貼付されており、一般的にチャイルドシートが付いている2人乗り自転車の前か後ろに貼られていることが多いです。子供を乗せる場合、チャイルドシート(幼児用座席)とヘルメットの着用の義務があります。

子供の予測できない転倒に対応するならハンドルロック付き

子供の乗せ下しといった不安定な場面では、ハンドルがぐらついたり、自転車が倒れたりしないようにハンドルを固定する機能が役に立ちます。購入時にチェックしておきたいポイントですね。ハンドルロックは主に2種類あります。1つ目は、スタンドを立てると同時に自動でハンドルロックされる仕様。主にヤマハやパナソニックで採用されています。自転車を降りなければロックができないので、少し面倒なところもありますが、操作忘れがないので安心です。

2つ目は、手元でハンドルロック・解除ができる仕様です。主にブリジストンで採用されています。自分の好きなタイミングでロックをできる事がメリット。信号待ちなどで、後ろに乗っているお子さまを確認するとき、ロックをかけてから振り返ればより安全です。しかし、ロックの解除を忘れてしまうと走り出したときに危険なので、十分な注意が必要です。

運転する人に適したタイヤのサイズを選ぶ

安定感を重視するなら小さめ20インチ

子供やたくさんの荷物を乗せて運転することに不安がある方もいるでしょう。運転に自信がない方や小柄なママには、20インチの小さめタイヤがおすすめ。万が一ふらついても、地面に足をしっかりつける事ができるので、安心感があります。また、座面も低いので、子供の乗せ下しもしやすいです。年々体重が重くなるお子さまを毎日乗せ下しすることは意外と重労働なので、重要なポイントです。見た目も小さくて可愛くおしゃれですね。

身長の高いパパともシェアして乗るなら26インチ

26インチの大きめタイヤは一般的な普通自転車のタイヤと同じ大きさ。誰が乗っても違和感なく使用できます。また、小さめタイヤよりペダルを漕ぐ回数が比較的少なくなるため、速度も出やすく移動距離が長い方に最適。さらに、子供が大きくなったらシートを外し、普通の電動アシスト自転車として使用できるのも便利ですね。

走行距離に合った性能を選ぶ

バッテリーの容量「Ah」に比例して走行距離は長くなる

バッテリー容量はAhの値をチェックします。数値が大きいほど長距離を走ることができ、値段も高くなります。容量は主に6Ah~20Ahとさまざまで、どれを選んで良いか悩むポイントでしょう。そこで、長距離移動や使用頻度が多い方には15Ah前後がおすすめ。標準モードで約60km走ることができるので、週5で使用する場合、片道6kmを走ることができます。10分で大体2㎞の距離の走行が可能とされているので、バッテリー容量が15Ahあると片道30分の走行が可能な計算です。坂道などの状況によりバッテリー消費は違うので一概には言えませんが、バッテリー容量が大きいと充電する頻度も少なくなるメリットもあります。

坂道など体力が不安な方はアシストモードが変更できるものを

子供乗せ電動自転車の最大の特徴はアシスト機能があり、ハンドルのボタンで程度を変更できます。坂道の時は、アシスト力がある強モードに変えることで少ない力でも安定した走りを可能にします。しかし、アシスト力を強めるほど消費電力が大きいので平地ではエコモードにするなど走行条件に合わせてモードを切り替えるのが良いでしょう。

子供乗せ電動自転車のおすすめブランド・メーカー

パナソニック(Panasonic)

バッテリー容量は業界最高レベルの大手電機メーカー

家電製品で有名なパナソニックですが、製造から組立てまですべて純日本製にこだわり続けるメーカーです。他社よりバッテリー容量の大きいモデルがあることが特徴。また、ベビー用品メーカーcombiとチャイルドシートの共同開発をし、お子さまの安全面にもこだわった商品を採用しています。子供の乗せ電動自転車はギュットシリーズが有名です。

ヤマハ (YAMAHA)

初めて電動アシスト自転車を作ったメーカー

ヤマハはマイルドな漕ぎ出しが特徴で、初めて乗る方でも安心して乗り出すことが可能です。また、アシストパワーを自動コントロールしてくれるスマートパワーモードを採用し、より効率的なスムーズな走行を実現。定番から明るくビビットなものまでカラー展開が豊富なところも人気です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

両輪駆動やカーボンベルトを採用したタイヤメーカー

世界で初めてチェーン部分にカーボン製ベルトを採用したタイヤメーカーならではの商品を展開。走りながら充電できる両輪駆動の自転車も魅力です。また、HYDEE Ⅱやbikkeシリーズはデザイン性が高いおしゃれな自転車が多く、ママだけでなくパパにも人気があります。

丸石サイクル

明治から続く老舗の自転車メーカー

丸石サイクルは120年の歴史を持つ老舗メーカーで、子供乗せ自転車を世界で初めて開発しました。バッテリー容量は他社に比べてまずまずですが、その分コストを抑えたお買い得モデルをラインナップ。また、ダブルdeドライブと言って、前輪はモーターの力、後輪は人の力の前後駆動を採用しています。

おすすめ&人気の 子供乗せ電動自転車ランキング

低価格でおすすめの子供の乗せ電動自転車

ブリジストン-アシスタ C STD(123,800円)

大容量バッテリーながらお手頃価格でコスパ重視な一台

車体の真ん中にモーターが設置され、後輪に人の力とモーターの力が働くタイプです。後ろから押してもらえる感覚でアシストされます。バッテリー容量は12.3Ahと大きく、1充電あたりパワーモードで46kmの走行が可能。値段を抑えたい長距離移動の方におすすめです。

テモトデロックや、雨の日でもしっかりストップするスマートコントロールブレーキを搭載し、安全性にもこだわっています。また、20インチの太めタイヤを使用しているので安定感があります。お子さまを安全に乗せながらコスパの良い一台です。

ブリジストン-アシスタファイン(105,702円)

必要な機能だけを残しつつ低価格を重視したモデル

26インチと大きめタイヤで、バッテリー容量は6.2Ahを搭載。送り迎えやちょっとした買い物などに便利です。チャイルドシートはワンタッチでカゴに変身できるので、お子さまが大きくなってからも普段使いとして長く使いたい方におすすめ。

定番色から明るい色まで豊富な6色展開で、カジュアルなデザインです。後輪をロックすると、ハンドルも固定できる一発二錠機能やヘッドレスト付きチャイルドシートを搭載。価格を抑えつつも、安全性にも配慮されているのでお子様を安心して乗せることができます。

丸石サイクル-ふらっかーずアクティブアシスト(118,030円)

スポーティな前乗せ小径タイヤモデル

スタイリッシュなデザインで、子供乗せ自転車で 人気のふらっかーずアクティブの電動アシストモデルです。ハンドル一体型のベビーチェアでお子さまの様子も確認でき、安心感があります。また、ベビーチェアは荷物カゴとしても使用可能。

グリップ力の強い幅広20インチタイヤを使用。前輪はモーターの力、後輪は人の力の前後駆動のダブルdeドライブを採用し、両輪で地面をキャッチするため安定感があります。高輝度LEDオートライトやスタンドを立てると自動ハンドルロックされるので、安全面にも配慮。価格を抑えながらもかっこよく乗りこなしたい方におすすめです。

前乗せタイプでおすすめの子供の乗せ電動自転車

パナソニック-ギュットクルームEX(165,000円)

コンビと共同開発した最上位モデル

前乗りというと、小さいお子さまを乗せるので安全面は特に気になりますよね。シートには車のチャイルドシートにも採用しているコンビのエッグショックのクッションが使われており、衝撃にも安心感があります。さらに、カバーやインナーシートなど、様々なオプションアクセサリーも展開。気候や天候に合わせて子供をチャイルドシートに乗せることができるので、小さいお子様を乗せるのも安心ですね。

キーを出さずにワンタッチ開錠できるラクイックという機能を搭載。まだ抱っこも多い年頃なので、カバンに入れたまま開錠できるのはママにありがたい機能ですね。また、スタンドを立てると同時にハンドルロックされるので、目が離せない子供の転倒予防になります。

ブリジストン-BIKKE POLAR (133,426円)

運転に不慣れや小柄な方へ安全性にこだわったモデル

ビッケシリーズで一番安定感があるモデル。乗り降りのしやすいフレーム形状で、リアタイヤは少し太めの仕様なので安定した走りが可能です。小柄な方も乗りやすいですね。また、フロントタイヤはマンション等の駐輪場を考慮して細めの仕様です。

ゆったり乗れる広々シートで、クリップバーやフットレストなどお子様に合わせて簡単に調節ができます。バッテリー容量も15.4Ahと大きく、一充電あたりの走行距離はオートモードで78km可能。前乗せのシートなのでお子さまの様子を確認しながら長距離運転ができるので安心です。

ヤマハ-PAS Kiss mini un(129,800円)

小さなお子さまを包み込むまゆ型シートを標準装備

すっぽり包み込んでくれるチャイルドシートなので、冷たい風や強い日差しからお子さまを守ります。その他に5点シートベルトなど安全面にもこだわった設計。幅広タイヤで20インチを採用したことで低重心となり、走行の安定感もあります。自転車デビューする方や小柄な人にぜひ試してもらいたい一台です。

軽い操作で、雨の日も確かな効き目の2ピボットFブレーキやオートライトも搭載。オートライトはセンサーが明るさを感知し、暗くなったら自動でライトが点灯。お出かけを快適にする充実の装備と機能が備わっています。

後ろ乗せタイプでおすすめの子供の乗せ電動自転車

パナソニック-ギュット・アニーズ・DX・26(136,000円)

長身の方も乗りやすい26インチタイヤを使用

子供乗せ電動自転車は20インチの小さめタイヤが多い中、こちらは26インチと大きめです。バッテリー容量も16Ahと大容量。チャイルドシートを卒業してからも普通自転車として長く使いたい方におすすめ。

気になる安全面は5点止めの巻き取り式シートベルトを採用しているので、動くお子さまもラクラク装着可能です。また、スタンドを立てると同時にハンドルロックされる機能付き。荷物も積みやすいワイドバスケットなのでお子さまとのお買い物にも便利ですね。

ブリジストン-bikke GRI DD(137,989円)

夫婦で共有できるスタイリッシュなデザイン

ママが扱いやすい安全・安心機能とパパが乗りたくなるアクティブなルックスを取り入れているのが特徴。前後でタイヤの大きさが違い、スタイリッシュでおしゃれなデザイン。前輪が24インチ、後輪が20インチと後輪が小さめタイヤなのでお子さまの乗せおろしも楽々です。

忙しい人にとってメンテナンスの簡単さも重要ですよね。 bikke GRI DDはカーボンベルトを採用しているので、強度も強く、チェーンのように外れることや錆びの心配はありません。油いらずのメンテナンスフリー。忙しい共働き世帯に最適です。

ヤマハ-PAS Babby un SP(133,900円)

大容量バッテリー搭載の軽量コンパクトモデル

全長を抑えたコンパクト設計で、小回りが利きます。また、車体前後の重量バランスに優れているので前輪が軽く、お子さまを乗せたままでも段差もラクラク。小柄のママでも扱いやすいですね。新型リヤチャイルドシートが装備されており、頭を包み込むヘッドレストでお子さまをしっかりガードしてくれます。

バッテリー容量は15.4Ahと大きめです。また、充電速度が速いのが特徴で、充電がない場合でも30分で約20%充電することが可能。アシスト機能にスマートパワーモードが搭載されているので、状況に応じて自動でパワーコントロールしてくれます。自分で走行モードを変更する必要がないので便利ですね。

丸石サイクル-ふらっか~ずココッティアシスト(126,500円)

お手頃価格でかわいいのにたのもしい小径タイプ

色は3色展開の淡い色合いで、かわいらしい印象です。レトロ調のおしゃれなテリー型サドルで20インチの小さめタイヤを採用しています。テコの原理で踏むだけ簡単に立てられるFRワイドスタンドなので女性もらくらく。

ディスプレイはやバッテリー残量をはじめ走行距離や速度が表示され、USB出力が可能なコネクタも装備。直感的な操作ができ、4モードの切替ボタンでアシスト力をコントロールできます。お手頃価格ながらスペックも申し分ない一台です。

おしゃれでおすすめの子供の乗せ電動自転車

ルイガノ-ASCENT deluxe(159,980円)

カナダのスポーツメーカーでスポーティなデザイン

ルイガノで初めて3人乗りに対応した電動アシスト自転車。車体カラーには、ブランドカラーのLGホワイトだけでなく、アンティークピンクやスモークブルーなどポップなカラー展開。子供乗せを卒業したあとも普段使いできるおしゃれなデザインです。

手元で簡単に操作できるハンドルロックや暗さを感じると自動点灯するランプヘッド等、お子様と安心・安全に同乗できる装備が満載。L型形状のスタンドを立てる時も楽々できます。タイヤサイズ20インチなので小柄なママにおすすめ。

ブリヂストン-HYDEE.2(144,661円)

雑誌VERYと共同開発したハンサムバイク

2歳半以上の子どもを持つママを対象に、今欲しい自転車を雑誌でリサーチし、ブリヂストンと共同開発した自転車です。シンプルで直線的なボディで、タイヤは26インチと大きめを採用。スタイリッシュでカッコイイ印象のデザインなのでパパも使う方におすすめですね。

おしゃれなデザインだけでなく、両輪駆動モーターを採用し、自動充電機能が装備されています。こまめな充電が可能になることで長く走れる上、バッテリーの寿命も長持ちするメリットがあります。おうちでの充電回数も減り、働くママたちには嬉しいですね。

ヤマハ-PAS Crew Disney edition(144,900円)

ディズニー仕様のクラシカルなデザイン

遊び心のあるオリジナルフレームでミッキーマウスがデザインされています。車体のいたるとこにミッキーが隠れているのでお子様と一緒に探してみると楽しいですね。イラストも主張しすぎず、さりげなく車体カラーに馴染むデザインです。

タイヤサイズは24インチとパパにもママにも使いやすいモデルです。また、22リットルの大容量バスケットを採用しているため、買いすぎてしまっても大丈夫。デザインだけでなく機能も充実しており、お出かけが楽しい時間なりそうですね。

パナソニック-ギュットクルームR・EX(159,800円)

バリエーション豊かな6色展開

ベーシックな色から明るい色までデザイン豊富。特に、他の自転車にはないオレンジとグレーのツートンカラーはおしゃれですね。フォルムもU型アルミフレームで丸みのある優しい印象があり、跨ぎやすい設計です。

安全に運転するためにお子さまのシートも気になりますよね。ギュットクルームR・EXのヘッドカバーは、コンビが独自開発した衝撃吸収素材のエッグショックが内蔵されています。また、業界で初めてサンシェードを標準搭載。クッション性も良く、夏の日差しからお子さまを守ることできママも安心ですね。

まとめ

子供の乗せ電動自転車は使う人や使用頻度によって選ぶのがおすすめ

子供の乗せ電動自転車は誰が使用するかによって選び方が大きく違ってきます。まずは、お子さまの年齢や、 誰が使用するかなどを確認し、そのあとに使用頻度や性能をみて選ぶのが良いでしょう。今回は種類や価格、そしてデザイン性に分けておすすめの子供の乗せ電動自転車をご紹介しました。ぜひご自分にあった子供の乗せ電動自転車を手に入れて、お子さまとの快適で安心安全な自転車ライフを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*