2021おすすめのカラーレーザープリンター人気ランキング!【A4・A3対応も】

印刷速度が非常に高速なレーザープリンター。オフィス用だと思っている方も少なくないはず。しかし、現在では安価なモデルもたくさん販売されており、ビジネスだけでなく、家庭で使えるレーザープリンターもあります。今回は、そんなレーザータイプの中でもカラー印刷に対応したレーザープリンターをご紹介。メリットやデメリット、種類や選び方まで解説しています。オフィスや家庭でのご使用に、ぜひ参考にしてくださいね。

カラーレーザープリンターとは?

レーザープリンターとインクジェットプリンターの違い

プリンターは主に、インクジェットプリンターとレーザープリンターの2つに分けられ、大きな違いは印刷方式です。インクジェットプリンターはインクを使いますが、レーザープリンターはインクの代わりにトナーと言う粉を使います。また、印刷の方法も大きく違い、レーザープリンターはドラムと言われる感光体にトナーを噴きつけ、感光体についたトナーを用紙に押しつける印刷方法です。印刷するときに、レーザー光線で用紙に文字などを印刷するので、レーザープリンターという名前がつけられました。最近ではレーザーの代わりにLEDを使ったものがあり、LEDを使ったプリンターもレーザープリンターの一種です。

カラー印刷に対応したレーザープリンター

インクジェットプリンターはカラー印刷対応が一般的です。一方、レーザープリンターの種類は、モノクロのみとカラー対応の2種類。レーザープリンターはオフィスで使われることが多く、モノクロ印刷のみで十分なオフィスもあります。しかし、プレゼン資料などをカラー印刷するために、カラー対応機種の需要も高くなりました。今回は、特にカラー印刷に対応したレーザープリンターを紹介します。

カラーレーザープリンターのメリット

色を効果的に使った資料作成が可能

インクジェットプリンターのインクは、グレーやライトシアンのようにバリエーションが豊富です。一方、カラーレーザープリンターは黒、青、赤、黄の4色のトナーパウダーを使って色を表現します。そのため、微妙な色具合の表現は苦手です。反面、プレゼンテーション用の資料のような「くっきり」した印刷はカラーレーザープリンターの得意分野。図などを多用して説得力を持たせる資料には、カラーレーザープリンターを使うとよいですね。

印刷1枚あたりのコストが安い

機種にもよりますが、1枚印刷するのにかかる金額はインクジェットプリンターが約6円、カラーレーザープリンターが約3円です。インクとトナーを比較したとき、トナーの持ち具合に驚かされます。トナーそのものの値段はインクよりも高いのですが、長い目で見ると安いことがほとんど。トナーで印刷できる枚数はインクに比べて、およそ25倍多くの印刷が可能とされています。1度トナーを交換すれば長期間使用でき、メンテナンスにほとんど手間がかかりません。その特徴からオフィスなどでよく使用されているのです。

文字印刷の速度が速い

インクジェットプリンターしか使ったことがない方は、初めてカラーレーザープリンターを使うと印刷速度に驚きます。爆速というのにふさわしく、圧倒的な速さです。カラーレーザープリンター最大のメリットと言えるでしょう。インクジェットプリンターは、ヘッドが用紙の上を何往復もして色をつけていきますが、カラーレーザープリンターはトナーのついた感光体を用紙に押し付けるだけ。まるでペタッとハンコを押すように印刷が完了します。大量に印刷してもすぐに終わらせてしまえるのがメリットです。

カラーレーザープリンターのデメリット

本体・トナー価格が高い

最近では比較的安いモデルも登場していますが、一般的には高価なモデルが多いです。また、トナーも1つの色だけで数千円はかかります。4色だと2〜3万円かかるので、家庭用インクジェットプリンター本体の約2台分ですね。ランニングコストは低いのですが、1回にかかる費用が大きいのは難点です。しかし、安いモデルもありますし、そもそも自分に必要な機能を考えれば、ハイエンドモデルのような高価なモデルを選ぶ必要はありません。3万円程度のカラーレーザープリンターで事足ります。

また、トナー交換も節約する方法があります。それは互換トナーを選ぶこと。インクもそうですが、純正品はメーカー保証がある反面、非常に高価。その点、互換品はメーカー保証がない分とても安価です。ただし、印刷の品質は製品によって大きく変わるので、その点だけ注意しましょう。

カラー対応でも写真の印刷には不向き

インクジェットプリンターは標準でカラー印刷に対応していますが、レーザープリンターは、カラー印刷対応とモノクロ印刷のみの2種類があります。インクジェットプリンターは、多いもので6色のインクを使って色を表現しますが、カラーレーザープリンターは4色のトナーしかありません。さらに、解像度もインクジェットプリンターの方が高いので、本来の色を再現するという点もインクジェットプリンターに1歩譲ります。つまり、写真のような繊細な色使いを表現するのは、カラーレーザープリンターには向いていません。

写真をメインで印刷する方は、インクジェットプリンターの方がおすすめ。しかし、文書や資料がメインで、たまに写真を印刷したいという方なら、レーザープリンターを購入して写真はお店で印刷してもらうのも良いでしょう。今ではコンビニでも印刷サービスを実施しているので、手軽にできますよ。1枚30円ほどなので、たまに印刷する程度なら大きな出費にもなりませんね。

カラーレーザープリンターの種類

複合機タイプ

コピー・スキャナー・ファックスなど機能が多彩

印刷だけでなく、スキャンやFAXなど多くの機能を搭載した複合機タイプは、利便性を求める方におすすめ。ビジネスでは、コピー、スキャナー、ファックスのほぼ全てが必要です。メインで使うカラーレーザープリンターの購入を考えているオフィスは、複合機タイプが必須でしょう。

家庭では必須とまでは言えませんが、いずれの機能もあると便利には違いありません。特に子供がいる家庭では、活躍が期待できます。急に身分証のコピーが必要になることもあるでしょう。学校の書類などを電子管理するのにスキャナー機能が役立ちます。

単機能タイプ

シンプル機能でサイズも値段もコンパクト

余計な機能を一切排除した印刷特化の単機能タイプ。印刷のみできればいいという方は、単機能タイプのカラーレーザープリンターを選べば問題ありません。機能がシンプルなので、価格も安くなり、本体サイズもコンパクトで、多少狭い場所でも設置することが可能。

家庭でも印刷しかしないという方は単機能タイプがあれば十分です。また、写真も文書もたくさん印刷したい方は、サブプリンターとしてもおすすめ。写真印刷はインクジェットプリンターに任せて、文書や資料をカラーレーザープリンターで印刷しましょう。2台分の場所が必要なのは難点ですが、かなり高効率で印刷ができます。

カラーレーザープリンターの選び方

用紙サイズで選ぶ

A4サイズは多くのカラーレーザープリンターが対応

ビジネスシーンでも家庭でも、現在もっとも多く使われているのはA4サイズの用紙でしょう。A4サイズは基本的にどのカラーレーザープリンターでも対応しているので、A4より大きいサイズの印刷が必要ない場合はどのレーザープリンターを選んでも問題ありません。価格や機能を抑えたタイプを選ぶこともできるでしょう。

A3サイズを印刷するなら家庭用ではなくオフィス向けを

ビジネスシーンでは、設計図面やポスターなどA3サイズじゃないと困ることが多々あります。ビジネス、家庭問わずA3サイズの印刷が必要なら、必ず対応しているカラーレーザープリンターを選びましょう。ただし、A3サイズの印刷に対応しているカラーレーザープリンターは大きいので、設置場所が大変です。家庭で使用する場合は、特に気をつけましょう。

印刷速度で選ぶ

業務用などで大量に印刷したいなら1分間に20枚以上が目安

オフィスなど、業務用で大量に印刷が必要になる場合は、1分間に20枚以上の印刷速度を持ったレーザープリンターがおすすめです。1分間に20枚以下のモデルだと、せっかくのレーザープリンターの良さが半減し、ストレスを感じてしまいます。それにほんのわずかな時間でも、印刷待ちの時間は無駄ですよね。印刷にかかる時間を最小化して、他の時間を確保できればもっと業務の質を上げられます。また、最近では1分間に30枚以上印刷できるモデルも販売されているので、予算など問題なければ、そちらを選ぶとさらにストレスが軽減されますよ。

家庭で使うなら速度を抑えた低価格モデルがおすすめ

家庭で何かを印刷するときは、大量に印刷することはほとんどないでしょう。家族で印刷を順番待ちすることもなかなかないので、印刷速度が速くてもその恩恵を感じづらいです。そのため、印刷速度を重視するよりもできるだけ本体価格が安い機種を購入した方が、結果的にコストがかからない場合もありますよ。

カラーレーザープリンターのおすすめブランド・メーカー

CANON(キヤノン)

入門機から高機能機まで多彩なラインナップ

プリンターといえばキヤノンを思い浮かべる人が多いでしょう。TVのCMでもよく見る有名な日本メーカーです。カラーレーザープリンターのCMはあまり見ることがありませんが、業務用や家庭用など非常に多彩。レーザープリンターは「Saterα(サテラ)」シリーズ。シンプルな機種から高機能な機種まで多くの機種があるので、自分の用途に合わせて選べます。また、たくさんの機能を搭載しているものもあり、多目的での使用を考えている方にもおすすめ。

EPSON(エプソン)

優秀な印刷速度と高い耐久性

キヤノンと同じく、日本で有名なメーカーですね。エプソンもTVで見かける人が多いのではないでしょうか。カラーレーザープリンターも、家庭向けからオフィス向けの複合機タイプまで幅広く取り揃えられています。特にユーザーからは印刷速度や、壊れにくいといった耐久性が評価されているようです。

brother(ブラザー)

ファックス機能を搭載したモデルが多い

ブラザーは、ファックスやミシンも開発しているメーカー。そのノウハウを活かしてファックス機能を搭載したカラーレーザープリンターが多いのが特徴です。機種は「JUSTIO(ジャスティオ)」シリーズで、どちらかといえばオフィス向けの製品に力を入れています。

RICOH(リコー)

高いコストパフォーマンスが高評価

リコーは事務機器や光学機器の製造メーカーですが、家庭ではあまり見ることがありません。カラーレーザープリンターもほとんどがオフィス向け。しかし、実は日本国内シェア率ナンバーワンを誇るメーカーです。トラブル時にわかりやすいガイダンスや簡単なトナー交換など、ユーザーファーストな設計。機能性が高い上、価格がお手頃なので高評価を得ています。

おすすめ&人気のカラーレーザープリンターランキング

オフィスにおすすめのカラーレーザープリンター

brother(ブラザー)-MFC-L8610CDW (66,372円)

たくさんの機能が高水準でまとまったビジネスエントリーモデル

高耐久、低ランニングコストを実現したブラザーのビジネスエントリーモデルです。約20万枚耐久で、毎日プリントするようなオフィスでも安心して使えます。印刷速度は1分間に約31枚なので、ストレスなく使えるのもいいですね。

自動両面プリント機能があるので、用紙代も節約。紙資源も節約できるので、地球環境にも優しい優れものです。コストパフォーマンスがいいので、初めてカラーレーザープリンターを導入する方におすすめ。

CANON(キヤノン)-MF743Cdw (67,482円)

用紙の両面を同時に扱える器用なカラーレーザープリンター

両面原稿を同時にスキャンできるカラーレーザープリンター。いちいち手動で差し替える必要がないのは便利ですね。ファックスでも受信した文書を自動で両面に出力する機能があります。印刷速度は1分間に約27枚なので、十分な速度。

最大で940枚の給紙ができます。したがって、複数の部署で共有する場合でも用紙切れを心配する必要はありません。1台のカラーレーザープリンターで済ませたい方におすすめです。

brother(ブラザー)-MFC-L9570CDW (98,872円)

リーズナブルのブラザーのフラッグシップモデルは高機能

ブラザーのカラーレーザープリンターのフラッグシップモデル。フラッグシップというだけあって、高性能な機種です。プリントやスキャンなどはもちろん、用紙補充やトナー交換なども、ほぼ全てが前面から行えます。

背面から排紙する機能を使わないのであれば、ギリギリまで壁に寄せて使用することも可能。場所に限りのあるオフィスや、家庭でも高性能のモデルを置きたいという方におすすめです。印刷速度は1分間に31枚の高速印刷なので、大量印刷にはもってこいですよ。

RICOH(リコー)-C261SF (53,200円)

オフィスユースなコンパクトプリンター

オフィスで使うならリコーは選択肢から外せません。ボックス型のコンパクトなサイズで、ちょっとしたスペースに置くことができます。

印刷速度は1分間に20枚なので、特に問題ないレベルです。ファーストプリントも14秒とスピーディ。気軽に印刷できますね。メインとして使うのはもちろん、サブプリンターとしてもおすすめです。

EPSON(エプソン)-LP-S6160 (36,800円)

A3対応で写真印刷も可能な優等生プリンター

高耐久、高速印刷が可能なオフィス向けA3対応カラーレーザープリンターです。印刷速度は1分間で25枚と高性能。さらに約60万枚の耐久性があり、オフィスのような酷使する環境でも問題ない1台です。

解像度が1200dpiあるので、カラーレーザープリンターでも写真が鮮やかに印刷可能。資料に写真を入れるなど、文書以外に写真を印刷する必要がある方におすすめです。A3サイズに対応しているので、用途を選ばず使用することができますね。

家庭用でおすすめのカラーレーザープリンター

brother(ブラザー)-HL-L8360CDW (40,150円)

家庭で使っても高速印刷は優秀

自動両面プリントで用紙コストが激減できるカラーレーザープリンターです。ビジネスでも使用できるスペックですが、サイズ、値段ともに家庭用としてもおすすめです。1分間に31枚の印刷速度は、ブラザーだからこその高速印刷です。

スマートフォンやタブレットからのワイヤレス通信が可能なので、モバイル端末から簡単に印刷できます。PCと接続する必要がないので、手軽に使いたい方におすすめ。家庭でも簡単に高速印刷を体験できますよ。

FUJI XEROX(富士ゼロックス)-DocuPrint CP310 dw (37,700円)

LEDを使って高解像度を実現

コンビニのマルチコピー機などでも使われている富士ゼロックス。家庭用ではあまり馴染みがありませんが、ビジネスではよく使われています。だからと言って、家庭で使えないということではありません。

印刷速度も1分間28枚と申し分ない性能で、スマートフォンやタブレットからの印刷にも対応しています。LEDヘッドを使うことで高解像度化も実現。1200×2400dpiというハイエンドモデル並みの出力が可能です。

OKIデータ-C332dnw (29,980円)

家庭用として使うなら最高機種

このカラーレーザープリンターはミドルレンジの王様、とでもいうべき性能です。性能面ではビジネス向けハイエンドモデルには及びませんが、家庭で使用するにはかなりの高スペック。印刷速度は1分間に26枚なので、十分に実用レベルです。ランニングコストも安価で、30万枚の高耐久。

本体サイズはインクジェットプリンターの一回り大きい程度なので、無理なく設置できます。低価格なのでインクジェットプリンターからの乗り換えなど、入門機として最適です。

FUJI XEROX(富士ゼロックス)-DocuPrint CP400 d (31,800円)

カラーレーザープリンター界の最速スプリンター

とにかく印刷速度を重要視する方におすすめのカラーレーザープリンター。その速度は驚異の1分間35枚。さらに、ファーストプリントも10秒未満と高速です。耐久性も十分で、30万枚の高耐久が魅力。

置き場所を選ばないコンパクトな設計で、はがきの大量出力まで可能。シーンを選ばず活躍してくれます。

低価格でおすすめのカラーレーザープリンター

CANON(キヤノン)-LBP7010C (17,142円)

破格の安さでお試し用に最適

超低価格なカラーレーザープリンター。その分性能は控えめですが、とりあえず試してみたい方にはおすすめです。本体サイズはコンパクトに仕上がっており、場所を選びません。ただし、Wi-Fi接続には未対応なのでPCと有線接続しなければならず、おのずと場所は決まってしまいそうです。

印刷速度は1分間で4枚と、かなりの低速。ただし、これはカラー印刷の場合のみ。モノクロ印刷だと1分間に16枚印刷が可能です。どちらにしてもレーザープリンターとしての恩恵は少なめですが、値段を考えるとむしろ速い方。インクジェットプリンターより安価なのは何より魅力です。

RICOH(リコー)-C260L (20,350円)

最低限の機能を持つ高コスパモデル

値段も機能もサイズも、すべてがコンパクトなカラーレーザープリンター。必要最低限な性能は満たしており、家庭で使用するには十分といえます。印刷速度は1分間に20枚と及第点。

自動両面出力も可能です。Wi-Fiに対応しているので、好きな場所に設置できます。キヤノンのLBP7010Cより少し性能が上なので、使い勝手の良い入門機に向いています。

CANON(キヤノン)-LBP621C (21,850円)

ちょっとしたアクセントが家庭用にマッチ

低価格帯の中でも、実用レベルの性能を持つカラーレーザープリンターです。コンパクトでWi-Fi接続にも対応しているので、家庭使用でも自由に設置できます。印刷速度は1分間18枚。20枚には届きませんが、値段を考えると高コスパですね。

デザインは上面に緩い傾斜があり、インテリアとしてもおしゃれです。家庭用として、ちょっとしたアクセントになるので、デザイン面でもおすすめ。

brotehr(ブラザー)-HL-L3230CDW (25,972円)

低価格カラーレーザープリンターでは最高のコストパフォーマンス

オフィスで活躍することも可能なハイコスパモデルです。低コストで高い性能を持っているので、これを選べばとりあえず間違いありません。印刷速度は1分間に24枚と十分に高速。印刷コストもカラー1枚17.4円と、同価格帯の他社プリンターよりも安価です。

自動両面プリントにも対応しており、用紙の節約が可能。トナーセーブ機能ではトナーの消費量を抑えることができ、解像にこだわる必要がない文書も柔軟に対応できます。オフィスや家庭でも使用でき、高速プリントができる安価なモデルならこれ一択ですね。

まとめ

自分の使用用途にピッタリなカラーレーザープリンターがおすすめ

カラーレーザープリンターを選ぶなら、まずは自分にあった機能を考えましょう。コピーやスキャナーなど必要な機能がある場合は、それを優先して選べば問題ありません。しかし、機能面で同程度なら決め手となるのは印刷速度。速度こそがレーザープリンターの最大の特徴です。たくさんのメーカーからたくさんの機種が出ているので、自分にあった1台が必ずあります。さまざまな観点から自分に必要なポイントを整理していけば、おのずと自分にあった1台が見つかります。ぜひ今回の記事を参考に、ベストなカラーレーザープリンターを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*