おすすめの塗装ブース人気ランキング!【ダンボール製も】

エアブラシは工具メーカーが扱う屋外用ばかりではありません。模型メーカーや文具メーカーも、便利な屋内用の小型モデルを扱っています。模型作りやアートなどに用い、屋内で用いる方も多いでしょう。塗装は美しい作品に欠かせない工程ですが、プライベート空間の臭いや汚れが懸念されます。高圧のスプレーなど、ミスト塗装を使うモデラーは特に、気を遣う問題でしょう。今回紹介する塗装ブースは、汚れや臭いの悩みを解決してくれる絶好のアイテムです。スプレーミストやシンナー液などを気軽に使えるスペースで、臭いも外に送り出してくれます。解説を参考にして、使いやすい塗装ブースを見つけて下さい。

塗装ブースの特徴

屋内を汚さずに塗装できる

何の用意もない部屋でプラモデルなどを塗装しようとすると、塗料の飛沫が床や壁に付着します。塗装ベースの周囲には飛沫を防ぐフードがあり、内側に向けて塗装すればミストは飛び散りません。臭いやミストを吸引してくれるモデルも豊富で、部屋を汚さずに本格的な塗装を行えます。

塗装しやすいように設計されている

塗装ブースは自作も人気です。一方、自作モデルは上級者向けの塗装ブース。塗装しやすい環境を体験している方が、製作は圧倒的に有利です。闇雲に作ってもフードが手に当たるなど、かえって塗装を邪魔します。一方、誰でも塗装しやすいように設計されているのが、市販ブースの強みでしょう。市販の塗装ブースはエントリー用にも気軽に選べますよ。

本格的な模型作りには必須

プラモデルなどを美しく仕上げるには、塗装の工程を避けて通れません。塗装にはラッカー系、エナメル系などの臭いや毒性がある塗料、シンナーなどの洗浄液が必要不可欠です。プライベート空間で本格的な模型作りを行うには、塗料から部屋を守る塗装ブースが必須と言えます。

塗装ブースの種類

ダンボールタイプ

リーズナブルな簡易の塗装ブース

ダンボールでできた、自分で組み立てる塗装ブースです。簡易的で塗料の臭いは吸引できません。しかし、スプレーなどの塗料が散らないよう、フードなどはしっかり付いています。1,000円ほどが主流で非常にリーズナブル。たまの塗装や1回限りにも使う、使い捨てのようなモデルです。

いつでも組み立て可能で、どこにでも置くことができます。値段も含めて非常にお手軽。いきなり高いブースを買いたくない方は、効果を知る意味でダンボールを試してみるのもおすすめです。何度か使ったのちに模型作りを続けるなら、長く付き合える電動のモデルを選ぶといいでしょう。

電動タイプ

ファンを動かして塗料や臭いを吸引する

電動で吸引ファンを動かし、ダクトで窓から外に臭いを排出してくれる塗装ブースです。同時にミスト状の塗料も回収してくれます。ダンボール製と違って置くスペースに条件があり、コンセントや窓の近くがおすすめです。また、50㎝から75㎝ほどの奥行が必要で、スペースによっては設置できないモデルもあるでしょう。

模型の塗料にはエナメルやラッカーがあり、スプレーやエアブラシを吹くと部屋に独特の臭いが充満します。塗装後のエアブラシなどを掃除する、クリーン液にもシンナーの臭いがあり、換気は非常に大切と言えるでしょう。本格的な塗装には、電動の塗装ブースが便利です。

塗装ブースの選び方

吸引ファンの違いで選ぶ

馬力があるプロペラファンは高圧力の塗装に

電動式のファンには2つの種類があります。1つ目のプロペラファンは、壁に張り付いている換気扇や、パソコンを冷やしているDCファンと同じ構造です。プロペラファンはパワー型で吸引力が強く、よく自作の塗装ブース用に選ばれています。長時間の作業に耐え、たくさんの塗料を吹いても吸引できるのが特徴でしょう。高圧力のスプレーなども、プロペラファンがあると勢いよく吹くことができます。ファンが単純構造なので、掃除が楽なのもメリットです。

静かなシロッコファンは集合住宅におすすめ

シロッコファンはキッチンのレンジフードや、埋め込み式の換気扇に使われているタイプです。プロペラファンより吸引力はありませんが、コンパクトで静かなのはメリットでしょう。よく集合住宅の換気扇にも用いられるファンで、塗装ブースは比較的、静かに使うことができます。会社帰りなど、夜間の作業にもシロッコファンがおすすめですよ。集合住宅に住んでいる場合は音以外にも排気臭の苦情があり、使うときは気を付けて下さい。

ツインファンもスプレーなどで塗装ができる

シロッコファンはプロペラファンよりコンパクトで、1つのブースに2つ用いることも可能です。パワー面がプロペラに劣っていても、2つ装備していれば2倍の吸引力になります。ツインファンなら、スプレーなどの高圧ミストを吹いても臭いが残りません。

模型に使うスプレーやコンプレッサーは高圧のエアーです。高圧力で塗料のミストを吹くと、単体のシロッコファンは吸引が追いつかないこともあります。吸引力が不足すると臭いやミストの排気が不十分になるので、高圧力で長時間の塗装をするときは気を付けて下さい。

作業スペースに合ったサイズで選ぶ

幅40㎝を目安にすると塗装がしやすい

塗装ブースの幅が狭すぎると、スプレーやパーツを持つ手がフードに当たってしまい、作業効率が下がります。そのため、成人男性の肩幅である40㎝を目安に、幅を選ぶといいでしょう。女性の肩幅でもブースの空間が使いやすくなります。カープラモやラジコンのボディー、大スケールのガンプラなど、ワンパーツが大きい場合は特に40㎝以上を選んで下さい。

省スペースには折りたたみ式がおすすめ

電動の塗装ブースはファンを含めると、奥行が75㎝以上に達するモデルもあります。アパートなど、プライベート空間が限られると、常設できないこともあるでしょう。ダクトやフードを分解してコンパクトにできる折りたたみ式なら、普段は作業スペースを空けておけます。パーツを箱にまとめて一か所に収納できる、コンパクトな塗装ブースも選べますよ。

窓との距離を考慮してダクトを選ぶ

1.5mより遠い窓には延長できるダクトを

塗装ブースのダクトは1.5mほどが主流になります。窓から1.5mを超えるとダクトが長い塗装ブースでも、届かないケースがあるでしょう。優秀なファンが付いていても、届かなければ外に排気ができません。そのため、窓から遠い場所には、ダクト延長できるモデルを選ぶのがマストです。繋ぎ目がピッタリになる専用の延長ダクトだと、空気漏れなどが未然に防げます。そのため、パーツ類が豊富なメジャーメーカーを選ぶのがおすすめでしょう。スムーズな延長ができます。

フレキシブルダクトは設置の微調整が可能

蛇腹状になっているフレキシブルダクトは、ダクトの向きをコントロールすることができます。壁際にデスクを置いているなど、窓が直ぐ後ろにない環境におすすめです。窓と作業台の段差も、フレキシブルダクトで解消できますよ。また、伸縮が可能であり、距離の微調整にも重宝します。窓から少し距離がある場合も、フレキシブルダクトを選ぶと失敗がありません。

お手入れしやすいフィルターの構造で選ぶ

フィルター交換できるブースはメンテナンスしやすい

排気を担うファンは前面のフィルターで、塗料の粒子をカットしています。フィルターは長く使っていると目詰まりして効果が落ちるため、定期的な交換が必要でしょう。専用のフィルターがある塗装ブースは、入れ替えるだけで簡単にメンテナンスできます。

消耗品である一方、オプションにフィルターを用意していないモデルもあります。交換は市販の汎用フィルターを選び、カットしてサイズを合わせるといいでしょう。少し手間ですが色々なフィルターを試せます。10枚セットの格安フィルターや吸着性が高い高性能タイプなど、違いを試してみるのもおすすめです。自作ブースの作成にも、経験が役立つでしょう。

平型のダクトは臭いの戻りを防ぐ

掃除機のノズルに似ている平型のダクト。窓の隙間に差し込んで排気できるのが、最大のメリットでしょう。丸型より部屋の環境に優しいダクトです。丸型ダクトのように大きく窓を開けると換気はできますが、風などで臭いも戻って来ます。一方で平型ダクトは狭い幅による換気が可能。臭い戻りを防止します。また、虫が多い夏場には、侵入を防ぐのにも役立ちますよ。

塗装に便利な機能で選ぶ

細かな塗装をスムーズにするライト付き

ガンプラの関節やメカパーツ、フィギュアの塗装などは、細かい作業が求められます。小さなパーツは影ができると見にくくなり、作業効率は落ちるでしょう。塗装に失敗してしまうと、余計な作業も増えます。天井にライトがある塗装ブースは手元が明るくなり、小さなパーツの視認性も上がりますよ。細かな塗装が多いモデラーには、ライト付きがおすすめです。

スプレー塗装しやすい回転台付き

塗装棒を差したパーツや直に置いたパーツを、手で回しながら塗装できる回転台。あると作業は非常に捗ります。自分が見やすい位置から塗装ができ、色ムラの確認にも便利です。また、スプレーやエアブラシを、色々な場所に動かす必要がありません。一定の距離と角度で安定した塗装ができます。ムラが少なくなると、塗装は以前より美しく仕上がるでしょう。

塗装ブースのおすすめブランド・メーカー

タミヤ

最王手メーカーでオプションも充実

プラモデル用の接着剤やラジコンが有名なタミヤ。ミニ四駆が懐かしいという方も少なくないでしょう。世界有数の模型メーカーであり、日本でも最王手です。スプレーワークシリーズが人気で、エアブラシは必ず模型店で目にします。スプレーワークシリーズはビギナーに使いやすいことから、同シリーズの塗装ブースも通販中心で人気です。

アネスト岩田

業務用のブースも扱う世界的なメーカー

エアブラシ、コンプレッサーを世界規模で販売するグローバルメーカーです。90年もの長きに渡り20カ国以上で使われる塗装ブースは、信頼性が魅力と言えるでしょう。工場などで使う大型から小型のホビー用まで、高性能の塗装ブースが揃っています。

エアテックス

強力吸引のスプレーブースが魅力

エアブラシを使うアーティストなどが愛用しているメーカーです。コンプレッサーや卓上スタンドなどの周辺機器も人気で、ヒットアイテムの中に塗装ブースが含まれます。強力な吸引力が持ち味で、高圧の塗装を物ともしません。

ガットワークス

巷で人気のネロブースを手掛けるメーカー

ネロブースという塗装ブースがボビー向けで、ホットな話題にもなっているメーカーです。ネロブースには部屋に置けるミニモデルがあり、巷では吸引力やメンテナンス性が最強とまで言われています。価格帯は跳ね上がりますがユーザーは多く、モデラーは要チェックですよ。

おすすめ&人気の塗装ブースランキング

ダンボールでおすすめの塗装ブース

3M-スプレーブース (1,045円)

模型用にも流用されている手軽なスプレーブース

3Mは世界的な規模で、化学製品や電気素材を扱っているメーカーです。日本でもオフィス関連のアイテムが人気で、のりや粘着メモ、ラベルは定番でしょう。スプレーブースも元々はA4サイズの書類などに、のりスプレーを吹くための道具です。塗装ブースの手軽な代用として人気があります。

塗装の過程で汚れると、使い捨てることになるでしょう。そのため、趣味で長く模型作りを続けるなら、予備のつもりで買うのがマストです。一方、狭いスペースでも塗装しやすい角度のブースができます。初心者のお試し用や自作ブースの参考、部品にするなど、体験用に役立つでしょう。

プロクソン-スプレーブース交換用本体 No.22752 (1,870円)

市販の換気扇フィルターが使える

プロクソンは作業用の工具が有名なメーカーで、ホビー用のミニコンプレッサーやエアブラシも扱っています。コンプレッサーとブラシのセットが比較的リーズナブル。趣味用に人気があり、スプレーブースとセットで揃えるのもおすすめです。

プロクソンのスプレーブースは本来、ダンボール製の本体にシロッコファンが付いた電動モデルです。しかし、本体は汚れると丸ごと交換ができ、単品としても売られています。裏面を紙などで塞げばスプレーボックスに早変わり。お手軽な使い捨てとしても利用できます。

エアブラシ用でおすすめの塗装ブース

タミヤ-ペインティングブースII シングルファン (12,732円)

3段階のフィルターで目詰まりを起こしにくい

タミヤの人気シリーズ、スプレーワークの塗装ブースで、シロッコファンを1基搭載しています。フードは折りたたみ式を採用。吸引力はエアブラシ向けです。スプレーは処理能力を超える可能性が高く、同社ダブルファンのモデルが便利でしょう。

臭いの除去には定評があり、高い効果が期待できます。塗料ミストはブースの中心部で吹くと3回フィルターを通ることになり、目詰まりも起こしにくい構造です。表面塗装のサーフェイサーなどが苦手なため、仕上げ向きでしょう。クリア仕上げや迷彩など、柔らかく吹く塗装で活躍します。

イリイ-エアブラシ用スプレーブース TR-155SB (23,214円)

静音性が高いライト付きのブース

シロッコファン1基の塗装ブースで、エアブラシの塗装におすすめです。2つ並べてツインファンにすると、スプレーミストにも対応できます。明るいライトと回転台は細かな作業に嬉しい装備。作業効率を上げてくれるモデルです。

静音性に優れた塗装ブースで、1基ならデスクトップパソコンが頑張っている程度の音です。静かなため、夜間でも家族や隣人の邪魔にならないでしょう。ACアダプターではなく、ボタンで巻取るコードを採用。折りたたみ後はコンパクトになるなど、意外な部分の機能性が購入後に評価されています。

GSIクレオス-Mr.スーパーブース FT03 (15,840円)

省スペースに設置できるコンパクトさが魅力

通常、塗装ブースの奥行は50㎝を超えます。一方でMr.スーパーブースFT03は29㎝。幅も37㎝しかありません。しかし、最大150㎝まで伸縮するフレキシブルダクトを搭載しており、フィルターは2段構えになっています。設置性は非常に優秀。省スペースの常設におすすめです。

シロッコファンを搭載した塗装ブースで、スプレー塗装は対応外です。幅も他の電動式ブースより一回り小さく、ワンパーツが小さい模型に向いています。スケールの小さなガンプラなどが例になるでしょう。また、クリア塗装や迷彩など、エアー圧が少ない仕上げの作業にも最適です。

プロクソン-スプレーブース (6,267円)

ダンボール製の本体が簡単に扱える

スプレーボックスとして使えるダンボール製の本体に、シロッコファンが1基付いたモデルです。長時間のスプレー塗装など、強い圧力の噴射には耐えられません。一方、簡易的とは言え、エアブラシ塗装で起こる臭いや飛沫の問題は解決できます。

交換できる本体には通常の塗装ブースにないメリットがあります。スプレーを吹くと汚れてしまうフードをフィルター込みで気軽に交換でき、外観をキレイに保つことが簡単です。メンテナンスが面倒なら、ファンの掃除だけで性能を保てるでしょう。市販の換気扇フィルターをカットして使えるので、交換用フィルターも直ぐに用意できますよ。

サンコー-LEDライト付パワフルファン塗装ブース (14,290円)

コストパフォーマンスがいいエントリー向けのモデル

スプレーを強く吹くと臭いが残るため、通常のエアブラシ塗装に使われています。そのため、強力なファンを求めている場合は、別モデルがおすすめでしょう。一方、塗装のしやすさでは人気になっており、エントリー向けの性能が秀逸です。

まず、幅42㎝で高さが33㎝あり、一般的なシングルファンより広めのブース内を確保できます。また、3方向から照らしてくれるLEDライトは非常に明るく、影が塗装の邪魔になりません。作業を効率化できる要素が揃っており、電動では中間クラスの価格帯です。リーズナブルなエントリー用を探している方は、チェックするといいでしょう。

スプレー用でおすすめの塗装ブース

タミヤ-エアーブラシシステム No.34 (23,100円)

部屋の環境に合わせて設置できる

タミヤの主流モデルで、シロッコファンを2基搭載した塗装ブースです。同シリーズのシングルファンは控えめな値段ですが、模型ファンは吸引力が強いエアーブラシシステム No.34を選ぶ傾向にあります。下地などで欠かせないスプレー塗装もできる性能が、選ばれている理由でしょう。

ダクトが上部に配置されており、省スペースでの設置が可能です。折りたたみ式で収納はコンパクト。幅40㎝で奥行が53㎝と、展開したサイズも控えめです。作業場所が省スペースの方にもおすすめでしょう。長さ50㎝の連結ホースが4本あり、窓から離れている机にも便利です。作業スペースの環境に合わせて設置できます。

アネスト岩田-マジカルサクション MX3430 (17,325円)

効率よく作業できる強力モデルで初心者にもおすすめ

145㎝まで延長できるフレキシブルダクトが付いています。本体の奥行は59.5㎝ですが、実際にダクトを付けて常設するなら、75㎝ほどのスペースを見込んでおくといいでしょう。折りたたみ式なので、省スペースでは片付けながら使うのがおすすめです。

プロペラファンなので吸引力が強く、音は掃除機より少し静かな程度です。そのため、休日などに行う、日中の作業に向いています。奥行がある幅42㎝でブース内が広く、便利な回転台付きです。塗装しやすいモデルと言え、初心者にもおすすめですよ。

エアテックス-スプレーブース レッドサイクロン (26,576円)

吸引力と明るいLEDの評価が高い

自作PCなどに使われるような、力強いDCファンを搭載したモデルです。2台を合わせてツインファンで使うことができ、高圧のスプレーミストや湿気をガンガン排気してくれます。ダクトやフィルターなどのオプションは、通販でも手軽に購入可能。メンテナンス性も高めです。

折りたたんで収納するときは、LEDライトを外さないといけません。一方、ライトの位置は秀逸。手元を明るく照らして、作業効率を上げてくれます。非常にコンパクトな収納サイズも、吸引力やライトの明るさに加えて好評。面倒に感じる取り外しですが、サイズを抑える工夫としても捉えることができます。世界標準のACアダプターが付いており、渡航者にもおすすめですよ。

ガットワークス-ネロブースmini 模型用塗装ブース (44,000円)

大風量のシロッコファンを搭載した話題のモデル

業務用に見えますが模型用の塗装ブースです。設計者は模型雑誌のライターで、空間設計と施工のプロでもあります。強力なシロッコファンを搭載した、デスクに置ける50㎝四方のモデル。家庭用のハイパワー塗装ブースとして話題になっています。

騒音値は公表43㏈(デシベル)です。プロペラファンなどは60㏈を超える音ですが、ネロブースは静かな住宅地ほどの音で使えます。また、構造上の工夫でシロッコファンを守るフィルターを必要とせず、メンテナンス性も高いと言えるでしょう。専用フィルターはありませんが、ファンの汚れが気になるようなら、市販の換気扇フィルターも使えます。磁石で天井に貼り付けるといいでしょう。

高儀-EARTH MAN スプレーブースセット HCPP-150 (15,444円)

最初の1台として長く使えるモデル

強力なプロペラファンを搭載しており、吸引力に定評があるモデルです。一方、通常の換気扇と同じくらいの音があり、夜間の作業には向きません。また、後ろ向きに出るダクトが場所を取り、設置には75㎝程度のスペースが必要です。

一方、使い勝手がよく、塗装に便利な性能は魅力です。平型のダクトで強力に排気でき、塗料や臭いの戻りが気になりません。また、回転台も付属しており、作業効率を上げてくれます。別売りの交換フィルターや市販の換気扇フィルターが使え、メンテナンス性も良好です。最初の1台に選ぶと長く使えますよ。

まとめ

スペースに合った作業しやすい機能の塗装ブースがおすすめ

塗装ブースは設置スペースに条件があり、場所に合わせる、または置き場所を作ってから選ぶのが大切です。次に吸引力やライトなどの機能を加味して、使いやすいモデルを決めて下さい。スプレーなどの高圧塗装が多いなら、吸引力が高いブース。細かな塗装が多いならライト付きなど、塗装する模型をイメージしながら選ぶといいでしょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*