おすすめのキャンプ用薪ストーブ人気ランキング!【コンパクトサイズも】

冬場のキャンプや肌寒い夜にする屋外アウトドアで、火の暖かさを感じながら暖を取ったり調理を楽しみたくありませんか。キャンパーが憧れのアイテムであるキャンプ用薪ストーブは、キャンプやアウトドアを最高に盛り上げてくれるおすすめのアイテムです。最近では持ち運びがしやすくコンパクトタイプや、料理も可能な薪ストーブなど多くの種類が販売されています。今回はそんなキャンプ用薪ストーブの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。キャンプを寄り楽しくするアウトドアアイテムをお探しの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

キャンプ用薪ストーブのメリット

ストーブ内部の空気調節が可能で長時間の燃焼に最適

キャンプで夜過ごすときは、たとえ火を消した後でも暖かさが持続することがポイントです。その点、遠赤外線効果で暖かさが持続する鉄製はおすすめ。またテント内で使用する時には、一酸化炭素中毒にも注意しながら暖を取ることも大切。アウトドア用の薪ストーブには外につながる煙突が付いているので、室内に煙が充満せず安全にテント内でストーブを使うことができます。

上部がフラットなデザインだと調理や湯沸かしも可能

薪ストーブは上部の天板がフラットなものが多いのが特徴です。ストーブで暖を取りながら、上部の天板で調理することが可能になります。種類によっては、天板部分がサイズ調節できるものがあり、鍋やフライパンのサイズに合わせてピッタリのサイズを設置することができるものも。ストーブの燃料を調理に使えるため、一石二鳥です。天板でお湯を沸かせば加湿効果と、温かいお湯をいつでも飲むことができ寒いキャンプに最適でしょう。

キャンプ用薪ストーブのデメリット

組み立てや片付けに手間がかかる

特に鉄製やスチールを使用した薪ストーブは、重量が重く持ち運ぶのに苦労することも。また暖かさが持続する分、完全に冷めるまでには時間がかかるので火を消してから待つ必要があります。片付けを完了させる時間を逆算して火を消すことや、サイズが小さいものを選んで冷める時間を短縮させることもできます。取っ手付きのものや細かく分解できるものは、持ち運びがしやすく片付けがしやすくなるのでおすすめです。

キャンプ用薪ストーブの種類

鉄製

遠赤外線効果で体の芯まで暖かさが続く

熱に強く優れた蓄熱性のある鉄製は、本格的な薪ストーブを楽しめるのでおすすめ。火を起こして暖かくなるには時間がかかりますが、一度火が入れば冷めにくく長く暖かさを持続できます。また鉄製は、遠赤外線効果で身体の芯部まで暖かさを感じられるのも魅力。火を消しても身体に暖かさが持続します。

鉄の特性上、錆びやすい鉄製の薪ストーブは錆止め加工や定期的なお手入れが大切です。それでも長く使うごとに味のある表情になるので、道具にこだわるキャンパーに愛されています。再塗装や、シーズンオフに行う油塗りなどメンテナンスを楽しむこともできるでしょう。

ステンレス製

持ち運びがしやすくお手入れが簡単

ステンレス製の最大の特徴は軽量で持ち運びがしやすいという点です。種類によってはパーツごとに分解ができ、コンパクトにまとめることができます。軽いので専用バッグなどで背負って持ち運びができるのも嬉しい。荷物を最小限に抑えながらも、薪ストーブを楽しみたいという人に最適です。

またステンレスは錆びに強く腐食しにくい素材なのもポイント。丸洗いをしたり、汚れたら拭き取ったりと手入れが楽なのもメリットです。ただ、熱伝導は鉄より劣るため熱くなりすぎたり、すぐに冷めてしまうなど扱いが難しいのがデメリット。それでも長く使い続けられる耐久性や、スタイリッシュなデザインで人気が高くなっています。

キャンプ用薪ストーブの選び方

機能で選ぶ

ガラス窓付きなら炎を見ながらゆっくり過ごすことも

揺らぐ炎は、人の心臓の鼓動と同じリズムのためリラックス効果が高いといわれています。炎を眺めながらリラックスした時間を過ごしたいという人は、ガラス窓付きの薪ストーブを選びましょう。暗闇の中で炎を眺めながら心身共に暖まることができます。ガラス窓に動物や植物のシルエットが映る細工が施されているものなど工夫が施されているものもおすすめ。また、中の薪の残量や炎の大きさで火力調節がしやすいメリットもあります。

グリル機能付き薪ストーブなら様々な調理に使えて便利

薪ストーブで暖を取りながら、調理を楽しみたいなら調理機能のついた薪ストーブがおすすめ。天板部分に鍋ややかんを置くグリルが付いていたり、かまどやバーベキューグリル付きは薪ストーブの汎用性を高めます。天板のサイズが広ければ広いほど、調理スペースが確保できますし、余熱で煮込み料理やお湯の保温をすることも可能です。

煙突の種類で選ぶ

長めの煙突がついているなら大型テントにも対応

テント内で薪ストーブを使う時には、一酸化炭素中毒にならないために煙突が付いたものを購入しましょう。付属で付いているものや、別売りで購入する方法があります。テント内で使用するなら、説明書の指示をよく読みテントの大きさに合わせて煙突を選ぶことがポイント。中には薪ストーブ自体にテント内での使用を禁止しているものもあります。薪ストーブを使う際の条件と、安全な仕様で事故を避けることが大切です。

高温になる煙突からテントを守る煙突ガード付きを

煙突をテント内から外に繋げるときに気を付けたいのが、煙突の熱さでテントの布が溶けること。煙突とテントが接触しないよう空間を開けることや、煙突ガードを使うことができます。断熱材を使っているテントを選ぶこともポイントです。煙突ガードや、高温になる筒部分を保護するプロテクターなどもおすすめ。安全対策を考えて、プラスで用意することができるでしょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

専用の収納ケース付きなら移動時に車内の汚れも気にならない

炭や煤で汚れてしまう薪ストーブは、持ち運ぶ際にも注意が必要です。車などでの移動の際でも、汚れで車内が汚れないよう専用の収納ケースがあるものがおすすめ。ステンレス製なら、軽量で軽いうえ小さく分解できるものも多いので持ち運びに便利です。すべてひとまとめにできる収納バッグなら、パーツをまとめて入れられ紛失の心配もありません。

煙突が炉内に入れられるタイプはコンパクトに収納できるのでおすすめ

コンパクトに持ち運べるタイプとしておすすめなのが、炉内に煙突やパーツを収納できるタイプです。鉄製、ステンレス製かかわりなく用いられている機能でコンパクトに持ち運べるので便利。特に鉄製はかさばればかさばるほど、持ち運ぶのが複雑になりがち。炉内にまとめられるなら、重い鉄製でも効率よく持ち運ぶことができます。

キャンプ用薪ストーブのおすすめブランド・メーカー

ホンマ製作所

鋳物やステンレス製など素材が異なる薪ストーブが豊富

あらゆる種類の暖房器具を専門に販売しているホンマ製作所。軽量で移動が簡単なステンレス製薪ストーブや、かまど型薪ストーブ、炎が眺められる窓が付いた時計型など様々な種類が販売されています。どのストーブもスタイリッシュな武骨なデザインで長く飽きずに使い続けられるでしょう。

キャプテンスタッグ

アウトドア用品を中心にシリーズで揃えられる

コンパクトで使いやすい薪ストーブが揃うキャプテンスタッグ。アウトドアシーンに合わせた角型の薪ストーブは、様々な調理方法が楽しめます。汎用性が高く、使うシーンも広がるので最大限に活用可能です。どの商品も持ち運びしやすくコンパクトになるうえ、専用バッグ付きのものも。

Mt.SUMI

二次燃焼で効率よく火を燃やせる機能性の高い薪ストーブ

サイズや仕様の異なるストーブが揃いますが、その中でも炎を効率よく発生させ排煙を抑えることで、環境汚染を最小限にできる二次燃焼ストーブが人気です。炎をしっかり確認できる大窓ストーブや、コンパクトに持ち運びがしやすいミニタイプなど好みやスタイルに合わせて選ぶことができます。

新保製作所

本格的な鉄製薪ストーブは1度使ったらやみつきに

薪ストーブを作り続けて50年の老舗メーカーの新保製作所。価格帯も広く5千円台から10万円ほどと予算に応じて選べます。新保製作所の別の特徴は、豊富な煙突の品揃え。丈夫なステンレス製や、マトリョーシカ煙突などテント内で快適に使えるオプションが豊富です。鉄製ストーブも重さは8Kgから12Kgと扱いやすいサイズ感も魅力。扱いやすく運びやすいのでプロキャンパーに人気です。

おすすめ&人気のキャンプ用薪ストーブランキング

鉄製でおすすめのキャンプ用薪ストーブ

新保製作所-薪ストーブ(18,650円)

美しい火の煌めきを見られる耐熱ガラス窓付き

暖かさと目に癒しを与える炎で、心身共に温まれる薪ストーブです。厚さ5㎜の耐熱ガラス製の窓は、900度に昇る温度上昇にも耐えられるので曇りなく炎を外から眺めることができます。曇りにくいうえ、ガラス窓は取り外しが可能なので丸洗いも可能です。

サイズは横幅33.5cm、奥行き68cmと大鍋が2つにポットが1つ置ける余裕の大きさ。天板で調理をしながら、お湯を沸かしたり煮込むことができます。セットの煙突はストーブ内に収納することも可能。コンパクトに1つにまとまって保管ができるのも嬉しいですね。

キャプテンスタッグ-角型薪ストーブ( 19,600円)

高さ調節が可能で場所に合わせて使用できる

煙突の高さも、脚の高さもシーンに合わせて調節できる便利な角型薪ストーブです。キャンプ時には長い煙突を付けて、かまどやダッチオーブンを。アウトドアでは脚をハイにして網を取り付ければバーベキューが楽しめます。

薪や炭を入れられる扉が大きいので燃料を入れやすいのもポイント。中の燃料の燃え具合や本数を確認しやすいので火力調節がしやすいでしょう。重量も鉄を使っていても全体で約10Kgと持ち運べる重量なのも嬉しい。持ち運びがしやすい専用バッグも付いています。

ホンマ製作所-クッキング薪ストーブ(13,713円)

気軽に薪ストーブ料理が楽しめる丁度良い大きさが魅力

ミリタリーグリーンの本体がおしゃれなデザインが魅力。アウトドア時に出すだけでなく、庭に置きっぱなしにしていても絵になるでしょう。本体は鉄製なので、錆が発生しないよう雨風の影響を受けにくい軒下などに置くのも良いですね。

サイズは直径35cmほどの円形のコロンとしたフォルム。サイズも小さいので邪魔になりません。取っ手も付いているので持ち運びしやすいのもポイント。高さが94cmと女性が調理しやすい高さと、4枚の鉄プレートで鍋の大きさに合わせて天板を調節できる汎用性が魅力です。

Mt.SUMI-アウトドアオーブン薪ストーブ(59,400円)

二次燃焼構造で燃焼力が高い薪ストーブ

縦型の形状が良い空気循環を促し、燃焼効率を高めて熱伝導を高める仕組み。またストーブ内部で発生した可燃性ガスを再燃焼させる、二次燃焼が発生し効率よく炎が燃えるのが特徴です。そのためオーブン料理や天板上での煮込みなど、効率よく調理が可能です。

縦47cm、横幅29cmのオーブンで内部には仕切りが付いているのでオーブン料理も簡単。付属のピザストーンを使えば、美味しくピザも焼けます。大きなガラス窓で中のオーブンの様子がしっかり確認できるのも嬉しい。

アネヴェイ-フロンティアストーブ(64,680円)

スタイリッシュにアウトドアを楽しめるおしゃれな外観が魅力

付属のパーツはすべて本体内に収納できる薪ストーブです。取っ手が付いているので、持ち運びしやくキャンプ初心者でも一人で組み立てが可能。セット購入すれば煙突ガードも付属されます。テント内で煙突が使用できるので、キャンプがより一層楽しくなるでしょう。

フラットな天板と、取り外し可能なアッシュトレイは掃除がしやすく便利。窓部分はアクセントとなる木製の取っ手付きで、細部までこだわったデザインなのも魅力。キャンプのおしゃれな相棒になること間違いない商品です。

ステンレスでおすすめのキャンプ用薪ストーブ

ホンマ製作所-だるま型薪ストーブ(10,693円)

独特の形状が燃焼効率を上げて炎が持続

キャンプやアウトドアは荷物が多くなりがち。コンパクトサイズで6.6Kgと軽量な設計のなので持ち運びしやすいのが特徴です。薪ストーブ初心者でも組み立てしやすく、誰でも使いやすい構造なのもポイント。最大熱出力が3,200kcalと火力が高く効率よく火を起こして持続させます。

高火力のおかげで30L以上の大鍋ややかんの水も軽々沸かすことが可能。天板には5枚のプレートで鍋の大きさによってサイズを調整できるのも便利です。手前と奥側と2つ鍋を置くことができるので、同時調理も可能で炊事効率もアップするでしょう。

work tuf-薪ストーブ(49,500円)

広々とした内部は薪をたっぷり入れられ燃焼効率をアップ

フロントとサイドに取り付けられた耐熱ガラスは、内部の炎を観察するのに最適な構造。サイドからも正面からも炎の揺らめきに癒されながら過ごすことができます。炎を見ながら天板で調理も可能なので、癒しと満腹感を同時に得られるでしょう。

燃焼時に発生する空気を未燃焼の煙に当てることで、二次燃焼を発生させ効率よく炎が発生。強くパワフルな炎が長時間持続、暖かさが続くでしょう。軽量で扱いやすいので、持ち運びもしやすい。煙突や脚などのパーツを、本体内に格納できるのでコンパクトに納まります。

ホンマ製作所-薪ストーブ(26,300円)

ブラック耐熱塗装仕様で作りも見た目も頑丈な薪ストーブ

オールブラックで、重厚感がありながらも温かみのあるデザインが魅力の薪ストーブ。鉄のような丈夫な見た目ですが、オールステンレスに耐熱塗装を施しているのでお手入れが楽なのはポイント。雨風に晒されても劣化しにくいのも特徴です。

だるま型ストーブの魅力でもある、燃焼効率の高さと持続性も併せ持っているので薪ストーブとして言うことがありません。ガラス窓は他の薪ストーブに比べて大きくありませんが、3面付いているので中の様子はしっかり観察可能です。重量は7Kg以下で女性でも持ち運びがしやすいのもポイント。

G-Stove-Heat Viewストーブ(51,700円)

ノルウェー発の機能性と携帯性に優れた薪ストーブ

錆びに強いオールステンレス製で、耐熱温度は1000度。どんな過酷なアウトドアシーンにも順応する頼もしい薪ストーブです。本体の扉部分には、空気調整口があるので開閉することでストーブ内の温度の強弱を調整することができます。

工具は一切不要で、初心者でも簡単に組み立てが可能なのも魅力。基本セットでも充分な内容ですが、必要に応じて自分流にカスタマイズも可能。延長煙突や、煙突ガード、レインストッパーなど好きなデザインにカスタマイズができます。少しずつアイテムを増やしていく楽しみも経験できるでしょう。

VICTORY CAMP-薪ストーブ(143,000円)

他にはない大型のデザインガラス窓が幻想的な炎を作り出す

1番に目を惹くのが幻想的に炎を表現できる精巧に作られた影絵のデザイン。空気が縦回りに対流する構造、炎が横に揺れずに綺麗な縦揺らぎを実現します。1度火が入ると、畜節熱でもテント内はしっかりポカポカ感が持続。

抜群の暖房効果と大型ガラスから映し出される炎の迫力は圧巻。浮かび上がるシルエットで夜のアウトドアも一気に雰囲気がアップします。ストーブ上部はフラットな構造なので、炎を見ながらお湯を沸かすことも可能です。

コンパクトでおすすめのキャンプ用薪ストーブ

オガワ-ちびストーブ(38,280円)

重量約5.2Kgと軽量コンパクトで持ち運びがラクラク

専用のキャリーバックに入れて、バッグ感覚で持ち運びができるコンパクトサイズの薪ストーブです。煙突や脚は薪ストーブ内に収納できるので、コンパクトに1つにまとまります。取り付けも差込口にはめたり、手で締めて固定するだけなので工具も不要で簡単。

フロント部分には吸気口もあり、火力や燃焼時間を調節することが可能。天板の蓋は3段階で外れ、調理器具の大きさに合わせて大きさを調節し直火調理が叶います。中カゴ付きで、炭を入れれば火力を安定させたり長時間の煮込み料理をするのにも最適です。

キャプテンスタッグ-かまど型薪ストーブ(16,280円)

アウトドアシーンに合わせて5つの用途で使える薪ストーブ

焚き火、かまど、バーベキュー、ダッチオーブンなど薪ストーブに加えて様々な使い方が可能です。高さがあるので薪を立てて入れることも可能。長い薪や枝でもラクラク入れやすい構造になっています。薪でも炭でも入れられるように2段式の目皿が付いてるので汎用性が高くなりおすすめ。

本体上部には扉が付いており、オーブン料理や燃料のつぎ足しにも便利に使えます。脚部も4本の太い素材でしっかり支えるので、重いやかんや鍋を置いても問題ありません。天板には網を敷いてバーベキューも可能。用途やシーンに合わせて自分好みの使い方が叶います。

ecozoom-Versa薪ストーブ(23,800円)

本体に断熱材を使用した少ない燃料で燃焼効率をアップ

わずか数本の薪でも調理ができる火力を起こせるほど、燃焼効率の高い構造が魅力です。直火焚きの半分以下の燃料で火が起こせます。その秘密は断熱材を使用した内部構造。ストーブの外側に熱が奪われないので熱が内部でしっかり蓄熱されます。

断熱材のメリットは金属の本体が高温になりすぎて火傷することがないこと。ハンドル部分にはシリコンカバーも付いているので、着火していても移動が簡単に叶います。燃焼炉の高温を効果的に循環させるため、調理時間の短縮にもつながり大鍋での料理も簡単です。

Tschum-POSHEHONKA薪ストーブ(33,000円)

ソロキャンプにも最適なコンパクトで扱いやすいサイズ

シンプルで洗練された武骨スタイルが特徴のミニ薪ストーブです。オールハンドメイドで作られたこだわりのあるデザインで、どんなキャンプシーンでもぴったりマッチします。無駄な装飾の一切ないインダストリアルな表情は男性キャンパーにも人気。

フロントのフタは外せる構造。外して使えば広々とした口で薪を入れやすくなるのもポイント。別売りでの販売が多い断熱煙突や、火の粉の発散を防ぐスパーク・アレスターも基本セットについているのでお得。場所を選ばずに、すぐに始められます。

まとめ

安全に使える構造と機能性で選ぶ

薪ストーブを選ぶ時のポイントは、自分が何を重視して使いたいかを考えることです。炎を眺めながらリラックスしたいなら大きな窓のついたものを。汎用性重視なら、調理ができるタイプを選ぶことができるでしょう。テント内で使う時の煙突の有無や安全に使用する機能にも注目して選びましょう。今回は薪ストーブについて人気のブランドを挙げながら詳しく解説しました。ぜひ皆さんもキャンプをより快適にする薪ストーブを選んでくださいね。

コメントを残す

*