2020おすすめの壁掛けテレビ人気ランキング!【薄型で軽量】

私達の生活に娯楽をもたらすテレビ。置き型テレビではなく、家の壁に直接テレビを取付けられる壁掛けテレビは、テレビ台を置くスペースを省き、部屋を広々と使うことが出来ます。また、デザイン性だけでなく、地震が起きた際の転倒防止にも繋がります。今回は様々な壁掛けテレビの選び方をご紹介しますので、ぜひご家庭に合った商品を見つけて下さいね。

壁掛けテレビのメリット

テレビ台不要でお部屋を広々使える

通常テレビを置く際に必要不可欠なテレビ台は、部屋が狭くなるだけでなく、その周辺にもデッドスペースが生まれます。場合によっては、1畳程度の無駄なスペースが出来ることも。壁掛けテレビは、壁に直接テレビを設置する為、テレビ台の購入費用と、置くスペースを省くことが可能です。

テレビ周辺の掃除が楽になる

壁掛けテレビを設置することで、テレビ台周辺や、テレビの裏側に溜まるホコリを防ぐことが出来ます。また、火事の原因となる配線付近のホコリも未然に防ぐ事が可能です。日々の掃除の手間を必要最低限に抑えることが出来ますよね。

地震が起こっても転倒の心配がない

壁掛けテレビは、地震に備える耐震性があります。テレビが倒れると、テレビ本体が壊れる可能性があるだけでなく、床が傷ついてしまう場合もあります。重たい電化製品が落ちた際の大惨事を防げる為、小さなお子様がいるご家庭でも安心ですね。

インテリアとしておしゃれ

テレビ台が不要になると、室内のレイアウトの幅が広がります。また、壁にテレビが設置されている部屋は、スタイリッシュな空間にもなりますよね。屋内を広く使用したい方だけでなく、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

壁掛けテレビのデメリット

強度のある壁以外は設置できない

壁掛けテレビを設置する際、テレビを支える取付け家具が必要です。壁掛けテレビ本体と、金具の両方の重さに耐えられる壁でなければ設置は出来ません。心配な方は、テレビのサイズを小さくして、重量を軽くする方法がおすすめですよ。

配線が垂れ下がるので不格好

通常、テレビ台の後ろに隠れている配線が、壁掛けテレビだと丸見えになり、不格好になります。壁掛けテレビ本体で上手に隠すことをおすすめします。難しい場合は、ケーブルソックを使用し目立たなくする方法も。壁と似たような色のケーブルソックを選ぶと、配線が目立ちにくくなりますよ。

壁ギリギリに設置してしまうと配線の取り外しが困難

壁にくっつけてテレビを設置する程、奥行きが生まれ部屋が広くなります。しかし壁ギリギリに設置すると、テレビの裏側にある配線に手が届かなくなり、取り外しが困難に。壁とテレビの間に余裕を持たせることで、ハードディスクやゲーム機などの追加の配線を挿入し易くなりますよ。

一度設置すると壁に穴が開くので模様替えが難しい

配線を伸ばすとテレビの位置を変えられる通常のテレビとは異なり、壁掛けテレビは壁に穴を空けて金具で固定されている為、容易に移動が出来ません。設置する際に、場所を入念に考える必要があります。外からの光の入り具合や、照明などの映り込みにより見えづらくなる場合もある為、外的要因も考慮することをおすすめしますよ。

壁掛けテレビの選び方

高さを考慮しながらインチ数を選ぶ

テレビを見る際は、床に座って見たり、ソファーやテーブルなどから見る場合など、シチュエーションによって様々です。仮に46インチの壁掛けテレビを、床からテレビの中心までの高さを100cmの壁に設置した場合、ソファーやテーブルからは違和感無く視聴出来ます。床に座って見る際は、人によっては少し高く感じることも。しかし、ソファーなどの家具と異なり、本人のみが移動をして距離を取るだけで済みます。また、最適な視聴距離は、画面の高さ×3倍です。

6畳程度なら40~42インチ

1インチは2.54cmですが、42インチのテレビは縦×横の長さが52.3×93.0cm。最適な視聴距離は、画面の高さ×3倍ですので、42インチの場合は52.3×3=約150cmが最適位置です。6畳は約9.7㎡ですが、この広さであれば、42インチの壁掛けテレビが見やすいでしょう。少し大きいと感じる方は、一回り小さい40インチをおすすめします。

8畳程度なら46インチ

46インチのテレビは縦×横の長さが57.25×101.65cm。46インチの場合は57.25×3=約160cmが最適な視聴位置です。8畳は約14㎡ですから、この広さであれば、46インチの壁掛けテレビが見やすいでしょう。寝室に置く場合は、寝ながら見ることを想定すると、目線が少し上になり疲れやすくなるので、一回り小さいサイズがおすすめです。

10畳以上なら50インチ以上

50インチのテレビは縦×横の長さが62.23×110.49cm。50インチの場合は62.23×3=約180cmが最適な視聴位置です。10畳は約16㎡ですから、この広さであれば、50インチ以上の壁掛けテレビが見やすいでしょう。また広い部屋になるほど、遠くからテレビを見る場合もある為、少し大き目のサイズを選ぶと映像の迫力が増します。

画素数で選ぶ

画素数が高いほど綺麗に映る

映像の質を決める要素として、画素数が重要です。画素数とは、点の数のことを指し、点の数が多い程、綺麗な映像を見ることが出来ます。同じ大きさのテレビ画面であれば、画素数が高いほど精密で美しい映像を見ることが可能に。また、垂直方向の画素数×水平方向の画素数を、解像度と呼びます。解像度は、フルハイビジョンと4Kで差異があります。

43インチ前後ならフルハイビジョン

現在主流のフルハイビジョンの解像度は、4Kの4分の1です。つまり、フルハイビジョンは4Kと比較すると、点の数が少なく、画質が落ちます。画面が大きくなる程映像が引き伸ばされ、画質は荒くなる傾向に。しかし43インチ前後のサイズであれば、問題なく見られる画質です。また、フルハイビジョンの価格はお手頃な為、大画面を購入されない方は、フルハイビジョンをおすすめします。

50インチ以上なら4K

大画面で迫力のある映像を見たい方は、4Kがおすすめです。50インチ以上の大画面で映像が引き伸ばされても、4Kであれば画質は鮮明です。また、4Kは視聴距離が短くても見やすい構造な為、視聴距離を取りにくい部屋に設置したい方にもおすすめですよ。youtubeの4K動画を、そのまま4K画質で見ることも可能です。

搭載機能で選ぶ

動画を楽しむならインターネット接続可能なモデル

壁掛けテレビで、オンデマンドやyoutubeを見たい方は、インターネットの接続が可能なものを選ぶと良いでしょう。壁掛けテレビで好きな動画やライブ映像を見ると、ホームシアターの気分を味わえますね。また、接続方法が有線LANと無線LANがあるので、壁掛けテレビがどちらに対応出来るのか確認することも重要です。

高い場所に設置するなら角度調整が可能なモデル

壁に設置スペースが無い場合、高い場所に壁掛けテレビを設置する方法があります。その場合は、上下の角度が調整出来るタイプをおすすめします。テレビ画画面を下に向けることで、見やすくなりますよ。また、低い位置に壁掛けテレビを設置すると、日光が画面に反射する場合がある為、予め上の方にテレビを掛けて、角度を下向きに調整する置き方もあります。

壁掛けテレビのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

最先端技術を活かした鮮明な映像と音響

滑らかな表現力と美しい映像に定評があるソニー。動物の速い動きなども滑らかに、鮮明に映し出します。ソニーはオーディオ機器でも人気のあるメーカーで、音響面も高精密に作られています。テレビでは出しにくい低音や、声のボリュームを調整する機能を持つテレビも。主力シリーズはブラビアです。

TOSHIBA(東芝)

テレビを視聴しながら録画番組を探せる録画機能が充実

レグザを主力シリーズに持つ東芝は、画質が綺麗なだけでなく、録画機能も充実しています。テレビを視聴しながら、他のネット動画や録画番組を探すことが可能。また、番組表を素早く操作出来る機能も備わっている為、録画にこだわりたい方におすすめです。

Panasonic(パナソニック)

幅広いサイズ展開と軽量化

高精密な画質を映し出すパナソニックは、サイズ展開が豊富です。10~85インチまで扱っている為、設置する部屋に合わせて好みのサイズを選べますね。また、音声操作やマイチャンネル機能があり、操作面でも充実しています。主力シリーズはビエラです。

SHARP(シャープ)

色彩表現に優れている

フルハイビジョンから4Kまで豊富な種類を取り揃えているシャープ。アクオスが主力シリーズですが、4K対応モデルには鮮明な色彩表現を映し出すことが可能な為、地デジ放送も4K相当の画質で見ることが出来ます。どのシリーズにも定評があります。

おすすめ&人気の壁掛けテレビランキング

リビングに置きたい55インチ以上の壁掛けテレビ

ソニー-有機ELテレビ BLAVIA A1シリーズ KJ-55A1 (324,360円)

4K高画質とリアルな音声を楽しめる

ソニーの技術が詰まった4K対応の有機ELテレビです。引き締まった黒色や光の表現力にが優れ、コントラストや鮮やかな色彩を再現する高画質テレビ。音は、画面全体を振動させることで音声を出す方法により、テレビの中の被写体から音が出ているような臨場感を味わえます。

55インチとダイナミックな画面と共に、高画質と高音質を味わえる為、よりテレビに没頭出来ます。また、ネット配信動画やブルーレイソフトも視聴可能で、様々な動画を高画質で楽しみたい方にもおすすめです。音声検索ボタンがリモコンに搭載されている為、これまで以上に操作が楽になりますよ。

パナソニック-VIERA TH-55EX750 (235,000円)

リアリティー溢れる4K液晶テレビ

高画質でリアリティー豊かなビエラは、ヘキサクロマドライブを搭載し、色を実物通り忠実に再現します。ダイナミックサウンドシステムにより、力強い低音も楽しめます。同時に、クリアボイス機能も内蔵されている為、音質にこだわりのある方におすすめですよ。

また、4K液晶テレビで55インチの為、家で映画のようなダイナミックで迫力ある映像を楽しみたい方にもおすすめです。さらに、見たい番組を一覧で表示するアレコレチャンネルが内蔵されています。アレコレチャンネルにより、番組表が見やすくなりますよ。

LG-液晶テレビ OLED55C7P (221,650円)

高性能でお手頃な価格

有機ELの壁掛けテレビの中では、比較的お手頃な価格の商品です。艶があり滑らかな動きを映し出す画面と、あらゆる方向から立体的に音を響かせることが出来ます。壁掛けテレビに求められる没頭感を演出し、4Kだけでなく、8Kにも対応可能。

Wi-Fi機能に対応している為、youtubeなどのネット動画を画面に映し出すことが出来ます。リモコンも操作し易くなっているので、お子様からお年寄りの方まで、幅広い世代で使えますよ。リビングに皆で集まって、テレビやネット動画を楽しみたい方におすすめです。

寝室に丁度良い46インチ前後の壁掛けテレビ

東芝-REGZA 50M510X (149,800円)

高音質と高画質を実現した4Kテレビ

高画質にこだわったレグザは、美肌リアライザーにより、人の肌の質感を美しくリアルに再現します。クリアブラックパネルによって、引き締まった黒も再現します。普段見ている地上デジタルを、さらにクリアに映し出し、4Kにも対応可能。

音質にもこだわっていて、オンキョーと共同開発したスピーカーが内蔵されています。透明感のある響きと、低音は厚みのあるサウンドが耳に届きます。また、番組を視聴しながら、別の2番組を同時録画出来る機能もありますよ。

シャープ-AQUOS LC-50U45 (78,000円)

リッチカラーテクノロジー搭載で臨場感溢れる映像

液晶パネル生産の圧倒的なシェアを誇るシャープが生み出す映像は、臨場に感溢れています。リッチカラーテクノロジーにより、自然な発色や、色彩豊かな表現力が魅力的。50インチで、4K液晶テレビです。

ネットフリックスやyoutubeなどでの4Kネット配信に対応していて、鮮明な映像でネット動画を楽しめますよ。Bluetoothにも対応。また、録画機能も充実していて、2番組同時録画が可能です。

ソニー-BLAVIA KJ-43X8500G (108,909円)

4K対応でネット動画アプリの追加も可能

4Kに対応した液晶テレビで、高精密な映像を楽しめます。白飛びしやすい明るい部分や、見にくくなりがちな暗い部分をしっかり表現し、立体感溢れる映像を見ることが出来ます。軽めのテレビな為、壁掛けテレビとして使い易い商品ですよ。

リモコンにgoogleアシストボタンが搭載されていて、ボタンを押して会話をするように声で見たい動画を探すことが可能です。AndroidTVアプリにも対応。ネット動画やゲームの他に、ネットショッピングなどの好みのアプリを入れる事が出来ます。

パナソニック-VIERA TH-49GX855 (111,001円)

4Kチューナー搭載の液晶テレビ

液晶テレビに4Kチューナーが搭載されている為、専用チューナーを購入することなく4K画質の視聴が可能です。録画も可能で、4K画質のままハードディスクへ入れることも出来ます。また、美しい色彩にこだわっているので、4Kだけでなく、地デジ放送も鮮明な映像で楽しめますよ。

ネット動画にも対応していて、好きな時間に、お気に入りのドラマや映画を楽しめますよ。スマートスピーカーと連動して、次に見たいコンテンツを簡単に検索することが可能。スマートフォンとの連携も出来る為、録画した番組を屋外で見ることも出来ます。

薄型でおすすめの壁掛けテレビ

ソニー-BLAVIA KJ-65A9G (462,330円)

スタンドを取り外すと奥行が5.5cmの薄型

X1Ultimateプロセッサーを搭載したことにより、有機ELの高画質な映像をさらに引き出すことを実現した、4K有機ELテレビです。スタンドを取り外すと、奥行が5.5cmと薄いです。圧迫感の無い壁掛けテレビを探している方におすすめですよ。

映像と音が一体化したような臨場感を味わえ、画面自体を振動させて高音質を創出します。また、様々なコンテンツを簡易操作で行える為、ネット動画やTV番組切り替えも簡単。本体に内蔵されているマイクを使用することで、ハンズフリーでアプリ起動やコンテンツ検索が可能です。

LG-OLED77C9PJA (540,000円)

迫力ある77インチの有機ELテレビ

壁掛けテレビとして、ホームシアターなどを満喫出来る大型の有機ELテレビです。大画面でありながら、薄型のフレーム幅は2.5mmと薄い為、すっきりとした印象に。壁から映像が浮かび上がるように設計されたデザインが魅力です。

AIによって周囲の明るさを把握し、昼の自然光や、夜の照明の明るさに合わせて、映像の輝き具合を調整します。映像に合わせて音があらゆる方向から響くように設計されている為、映像世界の中に居るような体験が出来るのも特徴。映画館のような雰囲気を味わいたい方におすすめです。

動画再生可能でおすすめの壁掛けテレビ

ソニー-BRAVIA J-49X9000E 49V型 (124,665円)

音声検索機能で動画や音楽サービスを簡単に使える

上品な輝きと深みのある色合いにより、立体感のある映像を映し出します。鮮明な映像でありながら、明るい部分に電力を集中させることで、無駄な消費電力をカット。高画質4Kにモデルで、幅×高さ×奥行は、109.3×63.1×6.2mmとスリムで上品なデザインです。

AndroidTV機能が搭載。音声検索によって、様々なアプリからインターネット動画や音楽サービスなどが簡単に操作でき、楽しむことが可能です。壁掛けをした際に、美しい佇まいになるよう設計されたテレビです。

パナソニック-VIERA TH-49EX600 (164,800円)

動画だけでなくパソコンとしても使用可能

アフレコチャンネル搭載により、テレビもネット動画も切り替えずに選んで見ることが可能。操作が楽な為、頻繁にネット動画を見たい方におすすめです。無線LAN搭載で、youtubeやamazonプライムなどが大画面のテレビで楽しめますよ。

パソコン機能が付いている為、マウスとキーボードをテレビに繋ぐことで、パソコンとしても使えます。従来のテレビ以外の使い方が実現可能に。4Kに対応しているので、画質や音声共にテレビ機能も充実しています。

パナソニック-TH-65EZ1000 (378,300円)

専用の無料アプリでタブレットでも映像を楽しめる

パナソニックのシステムスピーカーが搭載され、映像と音声共に高性能です。4K対応の有機ELテレビで、豊かな色彩表現と、クオリティの高いハイコントラストが特徴。ビエラならではの光の表現力があります。

専用の無料アプリをダウンロードすることで、スマートフォンやタブレットに映像を映し出すことを実現。また、2つの裏番組を録画することも可能です。高額ですが、壁掛けテレビに没頭出来る商品を探している方にとっては、魅力的なテレビです。

まとめ

薄型で動画視聴可能な壁掛けテレビがおすすめ

壁掛けテレビを存分に楽しみたいなら、テレビを見るだけでなく、ネット動画などのお気に入りコンテンツを視聴出来る壁掛けテレビがおすすめです。テレビの楽しみ方の幅が広がるでしょう。また、薄型を選ぶことで、壁への負担を減らせ、壁と映像が一体化したような迫力ある映像を満喫出来ますよ。ぜひお気に入りの壁掛けテレビを見つけて、家の中での娯楽時間を充実させて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*